曜(22)「鞠莉ちゃんをセフレにしたい」

シェアする

曜-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 19:28:56.28 ID:7Dlaa4Zr.net
プルルル

曜「ん?誰だろうこの番号…」ピッ

曜「もしもし?」

鞠莉「曜?久しぶりね♪」

曜「もしかしてその声は…鞠莉ちゃん!?」

鞠莉「イェース♪」

曜「久しぶりだね!日本に帰ってきたの?」

鞠莉「ついさっき帰ってきたところよ、それで今からヘリに乗って家に帰るところよ♡」

元スレ: 曜(22)「鞠莉ちゃんをセフレにしたい」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 19:30:38.65 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「そうなんだ~!
せっかくだからさ、Aqoursの皆で飲みに行かない?
ほら、善子ちゃん達も成人したし!」

鞠莉「そうね~…いいかもね♪」

曜「でしょ?」

鞠莉「それもいいけど…折角だから2人っきりで飲まない?」

曜「へ?」
3: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 19:34:09.38 ID:7Dlaa4Zr.net
ブロロロロ

曜「ま、鞠莉ちゃんの家で食事なんて…よかったのかな…」

鞠莉「もちろ~ん♪
今からちょうどディナーの時間だし、ひとりでご飯食べてもつまらないじゃない?」

曜「それもそうだよね」

鞠莉「うんうん、だから今日は遠慮しないでいいのよ?」

曜「うん…///」

鞠莉「?どうしたの?」

曜「いや…その…鞠莉ちゃんの服…すごい胸元開けてるから…///」

鞠莉「あらあら…そんなに気になる?」

曜「うん…っていうより鞠莉ちゃん…おっきくなった?」

鞠莉「少しは…おっきくなったのかしら?」
8: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:01:29.48 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「もう…エッチなんだから♡」

曜「ま、鞠莉ちゃんがそんな服着てるからだよ!」

鞠莉「ふぅ~ん」ニヤニヤ

鞠莉「あ、そろそろ着くわよ?」

曜「わぁ…おっきいなぁ…」

鞠莉「ん?私の胸が?」

曜「ち、違うよ!」

鞠莉「またまた~」ニヤニヤ

鞠莉「ま、いいわ私の部屋に行きましょ?」
9: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:03:23.66 ID:7Dlaa4Zr.net
ガチャ

曜「こ、ここが鞠莉ちゃんの部屋…」

鞠莉「どうかしら?
眺めもよくて最高でしょ?しかも防音、なにしてもほかの人には聞こえないってわけ♪」

曜「……///」ボフン

鞠莉「あ~、今エッチなこと考えてたでしょ?」

曜「ち、違うから!///」

鞠莉「リアリィ~?」

曜「うっ…///」

鞠莉「やっぱり♡」
11: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:31:27.60 ID:7Dlaa4Zr.net
コンコン

鞠莉「ん?」

執事「お嬢様、お食事をお持ち致しました」

鞠莉「ありがと♪ほら、曜の大好きなハンバーグよ♡」

曜「わぁ…美味しそう…!」

鞠莉「たくさん食べてね♪」

曜「ありがとう!いただきま~す!」
12: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:32:52.88 ID:7Dlaa4Zr.net
モグモグ

曜「美味しい~っ!」

鞠莉「そういえば…」

曜「?」

鞠莉「千歌っちとはアレからどうなったのかしら?」

曜「!?」ゲホッ

鞠莉「ちょっ、大丈夫?」

曜「う、うん…突然千歌ちゃんの名前出されたらびっくりするよ…」
13: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:38:32.48 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「それで?何かあったの?」

曜「な、何も無いよ…」

鞠莉「えぇぇ!?嘘でしょ!?」

曜「ほ、ホントだよ…」

鞠莉「じゃあもしかして曜って……ヴァージンなの?」

曜「……///」
15: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:45:29.16 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「そ、そういう鞠莉ちゃんはどうなのさ!」

鞠莉「私?」

曜「そ、そうだよ!
バカにしてるけどさ!鞠莉ちゃんはどうなの?」

鞠莉「う~ん…取り敢えずヴァージンは高校時代に既に捨てたわよ?」

曜「う、嘘…」

鞠莉「もちろん果南とダイヤに捧げたわ♡」

曜「え、じゃあ果南ちゃんもダイヤさんも…?」

鞠莉「もちろんデース♡」
16: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:50:31.47 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「し、知らなかった…果南ちゃんはともかくダイヤさんまで…しかも高校生の時になんて…」

鞠莉「あ~、ちょっと誤解してるかも
高校時代に、とは言ったけど正確には高校の卒業式の日にね♪」

曜「うぅ…それに引き換え私は…」

鞠莉「そんなに気にする?」

曜「気にするよ!」

鞠莉「そうねぇ…ん~」
17: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:56:17.07 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「そんなに気にするんなら卒業させてあげよっか?」

曜「へっ…?///」

鞠莉「私がリードしてあげるから今日ヴァージンを卒業しましょ?」

曜「だ、ダメだよ!そういうのは好きな人とじゃないと…!///」

鞠莉「もう…そんな事言ってるからハタチ過ぎてもヴァージンなのよ?」

曜「うっ…返す言葉もない…です…」

鞠莉「ほら、おいで?」

曜「ご飯は?」

鞠莉「食事はいつでもできるわよ♪
それよりもっと刺激的なことしましょ?」
18: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 20:58:14.27 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「服、脱がせるわよ?」

曜「んっ……///」

鞠莉「オゥ…♡」

曜「ど、どうかな…変じゃない、かな…///」

鞠莉「全然変じゃないわよ、むしろナイスバディよ♪」

曜「……///」

鞠莉「ほら、今度はあなたが私を脱がせる番よ?」
19: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:00:44.85 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「う、うん…///」

鞠莉「ほら、こうするのよ…」

曜「うん……///」

鞠莉「んっ♡」

曜「や、やっぱり…すごい大きい…」

鞠莉「そうかしら?」

曜「うん…触っていい?」

鞠莉「もちろん♡」
20: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:03:44.09 ID:7Dlaa4Zr.net
ムニッ

曜「凄い…」

鞠莉「ほら…もっと触っていいのよ?」グイッ

曜「わっ…///」

鞠莉「曜のも触ってあげるわ…♡」

曜「んっ…♡な、なんだかやらしいよ…///」

鞠莉「そういう事してるんだから当たり前でしょ?」フフッ

曜「た、たしかに…///」

鞠莉「ほら…足開いて?
舐めてあげる♡」

曜「き、汚いよ!」

鞠莉「汚くなんてないわよ♪
ほら…んっ」ペロッ
21: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:09:14.08 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「もう濡れてるの?」

曜「だ、だって…///」

鞠莉「ベリ~キュート♪
曜ってば感じやすいのね♡」

曜「そ、そうなのかな?
自分じゃよくわからないけど…///」

鞠莉「すごい感じやすいタイプよ?」

グチュッ

曜「んっ…なに…っこれ…♡」

鞠莉「あぁ…いいわねその顔…もっと見せて?」

曜「やっ…恥ずかしいっ…///」

鞠莉「顔隠すの禁止よ♡」

曜「ん~っ…///ぁ…っ…凄いっ♡」

鞠莉「あらあら…そんなに気持ちいい?」

曜「自分の時と…あっ…///」

鞠莉「へ~♪
自分でシてるのね♪」
22: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:12:05.59 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「へ、変かな……///」

鞠莉「ノンノン♪大丈夫よ?」

曜「うぅ……///」

鞠莉「さ、そろそろラストスパートかけようかしら?」

曜「へっ///」

グチュッ ジュルルッ

曜「やっ♡なにこれ…凄いっ♡
初めてなのにぃ…!鞠莉ちゃん…鞠莉ちゃんっ!」ギュッ

鞠莉「あらあら…♡
そんなに気持ちよかった?」

曜「うん…♡」
23: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:16:27.05 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「あ、あのね鞠莉ちゃん……///」

鞠莉「ん~?」

曜「その、さ……えっと…」

鞠莉「?」

曜「私の…セ、セフ…っ///
セフレになってくれないかな!」

鞠莉「セフレ…つまりセックスフレンドってことかしら?」

曜「こ、こんなこと言うなんて最低な事かもしれないけど…その、すごい気持ちよくて…///」

鞠莉「そうねぇ…」

曜「や、やっぱり無理だよね!」

鞠莉「セフレ…じゃなくて彼女じゃダメ、なのかしら?」
24: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:19:57.06 ID:7Dlaa4Zr.net
曜「か、彼女!?」

鞠莉「ダメ、かしら?」

曜「で、でも鞠莉ちゃんは果南ちゃんとかダイヤさんと…」

鞠莉「ふふっ、あのねさっきのは冗談よ♪」

曜「えっ、えぇ!?」

鞠莉「実は私ヴァージンなの♪」

曜「で、でも色々詳しかったよ?」

鞠莉「本での知識よ♡」
26: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:29:23.57 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「もちろん…曜がまだ千歌っちの事を想い続けてるなら諦めるわ」

曜「わ、私は…その……」

鞠莉「曜の事が…好きなの」ギュッ

曜「っ…///」

鞠莉「……どう、かしら…?」

曜「その、私…いつまでもひとりの人追いかけすぎてたみたい…」

鞠莉「それって…」

曜「うん…私、鞠莉ちゃんが好き!」

鞠莉「私と…付き合ってくれるの?」

曜「うん、よろしくね鞠莉ちゃん♪」
27: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 21:30:51.04 ID:7Dlaa4Zr.net
鞠莉「その…お願いがあるんだけど…いいかしら?」

曜「?」

鞠莉「曜の…ファーストキスが欲しいの…///」

曜「うん…しよ…?///」

チュッ

鞠莉「…♡」

曜「鞠莉ちゃんのファーストキスも貰っちゃったね…♡」

鞠莉「これからも…よろしくね、曜♡」


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜(22)「鞠莉ちゃんをセフレにしたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。