果南「善子可愛い談議」

シェアする

善子-アイキャッチ31
果南「最近思うんだけどさ」

鞠莉「どうしたの?」

果南「善子って善い子だよね」

鞠莉「わかる」

ダイヤ「急にどうしたんですの?」

果南「いやだって、善子って第一印象があれじゃん?」

ダイヤ「まあ確かにあまり良くはないですね」

鞠莉「oh......、結構はっきり言うのね」

ダイヤ「事実ですから」

果南「でも実際話してみたら礼儀正しかったじゃん?」

ダイヤ「そうですね、花丸さんと同じくらいには礼儀正しかったですし、言葉遣いもしっかりしてましたからね」

鞠莉「まあ最初はだいぶ萎縮してたみたいだからねぇ」

果南「普段堕天使キャラで強気なのに上級生の前では大人しくなる善子可愛い」

ダイヤ・鞠莉「「わかる」」

ダイヤ「礼儀正しいと言えば、この前善子さんが家に来た時の話なのですが」

pixiv: 果南「善子可愛い談議」 by ゆき

スポンサーリンク

果南「えっ、ずるい」

ダイヤ「ルビィと遊ぶために来ただけですけど」

鞠莉「それでも休みの日に会えるなんてずるい」

ダイヤ「ええ⋯」

果南「それで、家に来て何があったの?」

ダイヤ「ああそうでした、善子さんが家に来た時になんと手土産を持ってきていたのですよ」

鞠莉「あら、しっかりしたご両親なのね」

ダイヤ「ご両親が持たせたものじゃなくて自分で買ってきたものらしいですよ?」

果南「それは善い子っていうレベルを超えてるね」

ダイヤ「しかも、自分の靴をちゃんと揃えるだけでなく適当に脱いだルビィの靴も直していたのです」

果南「ルビィ⋯」

鞠莉「それなら私だって善子の礼儀正しい出来事があったわよ」

ダイヤ「別に対抗するようなことでもないでしょうに」

果南「まあまあ」

鞠莉「そう、あれはギルキスを結成したばかりの頃の話よ⋯」

果南「えっ?長くなる感じ?」

鞠莉「そうねぇ、文字に起こすと10万文字ってところかしら」

果南・ダイヤ「「カットで」」

鞠莉「Why!?」

ダイヤ「善子さんって妹みたいで可愛いですよね」

果南・鞠莉「「分かる」」

ダイヤ「この前善子さんが家に来た時の話ですが⋯」

果南「ずるい」

鞠莉「まあまあ、どうせまたルビィと遊びに来た時でしょ」

ダイヤ「ああ、その時は私に勉強を教えて欲しいって言って家に来た時です」

鞠莉「ずるい」

果南「勉強だったら私でも鞠莉でも良いはずのになんでダイヤなの!」

鞠莉「いや、果南は⋯ねえ?」

ダイヤ「ええ、果南さんはちょっと⋯」

果南「酷くない!?一応受験生だから私もそれなりに勉強してるよ!?」

鞠莉「まあ冗談は置いといて、どうしてダイヤなの?」

ダイヤ「花丸さんに勧められたからって言ってましたよ」

鞠莉「ダイヤ1年生に好かれすぎててずるい」

果南「ほんとだよ」

ダイヤ「果南さんだって2年生に好かれてるじゃないですか」

果南「まあ千歌と曜は幼なじみだからねぇ」

鞠莉「もしかして私だけ好かれてない⋯?」

果南「鞠莉は私たち3年生に好かれてるでしょ?」

鞠莉「かなーん!」

ダイヤ「茶番はこれぐらいにして、そろそろ本題に戻っても良いですか?」

鞠莉「本題ってなんだっけ?」

果南「善子がダイヤの家に行った時のことでしょ?」

ダイヤ「ええ、それで勉強を教えていたのです」

鞠莉「二人っきりで?」

ダイヤ「はい、そうですけど」

果南・鞠莉「「ずるい」」

ダイヤ「ルビィが勉強したくないからと逃げただけですわ」

果南「さっきからルビィのイメージがどんどん下げられてるような⋯」

鞠莉「んー、でもルビィらしいんじゃない?」

果南「ええ⋯」

ダイヤ「それで、演習問題を解かせていたんですけど、正解するたびにこっちを子犬のような目で見つめてくるのです」

果南・鞠莉「「可愛い」」

ダイヤ「なので撫でてあげると本当に嬉しそうな顔をするのです」

果南・鞠莉「「可愛い」」

ダイヤ「その後にハッとなって『こ、この堕天使ヨハネの頭を触るとはなんたる不遜!でも、たまになら触ることを許可しなくも⋯ってなんでもない!なんでもないから!』と、顔を真っ赤にしながら言われたのです」

果南・鞠莉「「もうやめて、死ぬから」」

ダイヤ「⋯そうですか、まだまだ善子さんの可愛い話があったのですが残念です」

鞠莉「そうだ!善子の可愛いエピソードなら私にもあったわよ!」

果南「いやだからなんで張り合うのさ」

鞠莉「だって悔しいじゃない!私だって善子と仲良いのよ?」

果南「それは知ってるけど」

鞠莉「ここで善子の可愛いエピソードを語れないと負けた気がするの」

果南「そ、そう⋯」

鞠莉「それで!この前ギルキスで練習してた時のことなんだけど!」

ダイヤ「長くなります?」

鞠莉「話したいから今度は短くする!」

ダイヤ「ならいいでしょう」

果南「えっ、語るのって許可制なの?」

鞠莉「あれは夏休みも中盤に差し掛かった頃だったかしら、善子がクッキーを作って持ってきたのよ」

果南・ダイヤ「「えっ⋯」」

鞠莉「それがすっごく美味しかったのよ!」

果南「へえー、善子ってお菓子作りは上手なのかな?」

ダイヤ「わざわざ辛くしようとしなければちゃんとしたのが作れるのでは?」

果南「あー確かに」

鞠莉「それでね、私と梨子で善子のこと褒めたらすっごい嬉しそうな満面の笑顔で『また作ってくるね!』って言われたのよ!」

果南・ダイヤ「「あー尊い」」

鞠莉「果南はなにか善子の可愛いエピソードないの?」

果南「エピソードって訳では無いんだけど、最近昼休みは善子と屋上で過ごしてるんだけど」

鞠莉「えっ!?聞いてないわよ!」

果南「そりゃ言ってないからね」

鞠莉「ずるい!私も誘ってよ!」

果南「えー、昼休みぐらいしか善子と二人きりになる機会とか無いんだから良いじゃん」

ダイヤ「それで、屋上で普段どうやって過ごしてるのです?」

果南「基本善子に膝枕してあげながら日向ぼっこしてるかな」

鞠莉「ずるい!」

ダイヤ「甘えてくる時の善子さんって可愛いですよね」

果南「わかる」

鞠莉「私甘えられたことないんだけど!?」

ダイヤ「鞠莉さんは甘える相手というより一緒に悪ふざけする相手だからじゃないのですか?」

鞠莉「ぐぬぬ⋯」

果南「まあでも、今みたいに寝ようとしてる時に自分の話をされて起きるわけにもいかず、耳まで真っ赤にしながら寝た振りしてる善子が一番可愛いよね」

ダイヤ・鞠莉「「わかる」」

善子「ちょっ!?気付いてたのなら話やめなさいよ!」

鞠莉「だって善子の反応が可愛かったんだもん」

果南・ダイヤ「「わかる」」

善子「わかるなー!」

ダイヤ「照れてる善子さんも可愛いですわね」

果南・鞠莉「「わかる」」

善子「うるさーい!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「善子可愛い談議」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。