曜「千歌ちゃんの書いた歌詞」

シェアする

曜-アイキャッチ16
曜「梨子ちゃん、ちょっといい?」

梨子「何?曜ちゃん?」

曜「『少女以上の恋がしたい』ってあるじゃん」

梨子「うん」

曜「意味深じゃない?」

梨子「何よ急に」

pixiv: 曜「千歌ちゃんの書いた歌詞」 by 大豆粉

スポンサーリンク
曜「例えばさ、一番最初の」

『知りたい 触れたい』

曜「どこに触れたいんだろうね」

梨子「何を想像してるの?」

曜「いやでもさ、千歌ちゃんだって年頃の女の子だよ?そういうこと妄想してもおかしくないよ」

梨子「妄想してんのは曜ちゃんでしょ…
普通に考えて、手を繋ぎたいとかそれくらいじゃないの?」

曜「キスとかは?」

梨子「…まあ、あるんじゃない?」

曜「うわ、そんな事考えてんだ〜梨子ちゃんのエッチ〜」

梨子「張り倒すわよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曜「でもここだけじゃないんだよ、他にも」

『抱きしめて 抱きしめて』

曜「ベッドの中で?」

梨子「なんで一線越えてるのよ」

曜「『だってあなたを知りたい』って」

梨子「だからといって身体に聞くことないじゃない」

曜「でもほら、行為の時に相手の敏感な部分を知っておくのって大事じゃない?」

梨子「他に知りたいことあるでしょ…」

曜「じゃあ梨子ちゃん私について何か知りたいことある?」

梨子「そうね……」

梨子「………」

曜「………」

梨子「無いわね」

曜「ちょっとショックなんだけど」

梨子「ふふ、冗談よ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梨子「それで?これで終わり?」

曜「いや、こんなものじゃないよ」

梨子(まだあるの…?)

『私が強くもとめる あぶない情熱』

曜「積極的な千歌ちゃん…アリだね!」

梨子「曜ちゃんの好みじゃない」

曜「わざわざ『あぶない』って接頭語使ってる所とか怪しくない?」

梨子「『大人の』とか『夜の』とかつけるだけで怪しく聞こえる日本語が悪いと思うわ」

曜「じゃあ私も被害者だね」

梨子「曜ちゃんは多分自分の欲を抑えきれてないだけだと思うよ」

曜「まあそれはともかく、梨子ちゃんも積極的な千歌ちゃんとか好きでしょ」

梨子「そうね」キッパリ

曜(ハッキリ言ったな…)

梨子「でも普段はあんなに元気全開な千歌ちゃんがいざ付き合うとなったら急に大人しくなる方がギャップがあっていいんじゃない?」

曜「まあ私はどんな千歌ちゃんも好きだけどね」

梨子「だったら一線越えた妄想だけじゃなくて純粋な恋してる千歌ちゃんでもいいじゃない」

曜「私は千歌ちゃんの歌詞から千歌ちゃんの思いを感じ取ってるだけだよ?」

梨子「『自分に都合よく解釈して』が抜けてるわよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曜「で、極めつけがこれ!」

『あなたとしたいって いけないこと?』

梨子「…別に普通だと思うんだけど」

曜「ここさ、何回聞いても」

『あなたとシたい イケナイこと』

曜「って聞こえるんだよね」

梨子「それはもう完全に曜ちゃんのせいだよ…」

梨子「…っていうか、ここ歌ってるの曜ちゃんじゃない!?」

曜「いやあ、千歌ちゃんの思いが伝わってきちゃって」テヘヘ

梨子「自分の邪念を他人のせいにしないの」

曜「でもさ、そもそも『少女以上の』ってだけで一線越える気まんまんじゃない?」

梨子「曜ちゃんの大人の階段は行為までの二段しかないの?」

曜「幸せな家庭を築くまでの三段があるよ」

梨子「そっちに増えても関係ないし、三段でも少なすぎると思うけど…」

曜「とにかく!これは千歌ちゃんを問い詰める必要があると思うんだよ!」

梨子「そんなに気になるんなら本人に聞けばいいじゃない」

曜「聞いたよ」

梨子(聞いたんだ…)

曜「そしたらさ…」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーー

千歌「ええっ!?歌詞の意味!?」

千歌「それはその、あの……//」

千歌「あっ!私用事あったんだ!じゃあね!//」

ーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曜「って感じで」

梨子「……」

曜「怪しくない?」

梨子「…確かに」

曜「でしょ?」

曜「だからさ、梨子ちゃんに頼みがあるの」

梨子「頼み?」

曜「私と一緒に、千歌ちゃんにこの歌詞について聞き出してみようよ」

梨子「何で私まで?」

曜「ほら、私ってこう見えて以外と照れ屋さんだからさ?多分肝心なとこで言葉を濁しちゃうと思うんだよ」

曜「だからそうなったら梨子ちゃんフォローお願い!そういう話慣れてるでしょ?」

梨子「私をどういう風に思ってるの…?」

曜「え?でも梨子ちゃんちにあった薄い本…」

梨子「やめて!」

曜「本当にお願い!私1人じゃ不安なの!」

梨子(私にこんな話できるなら大丈夫だと思うんだけど…)

梨子「…まあ、いいよ」

曜「やったぁ!梨子ちゃんがついてるなら怖いものなしだよ!」

梨子「まったく…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千歌ハウス

千歌「あっ!梨子ちゃんに曜ちゃん!いらっしゃ〜い」

曜「千歌ちゃんヨーソロー!お邪魔しま〜す!」

梨子「お邪魔しまーす」

千歌「で、今日はどうしたの?」

曜「実はね…その…」

曜「その…」

千歌「?」

梨子(……あれ?)

曜「いや、その//、今日は話があるっていうか//」

千歌「話?なんの事?」

曜「いや別にね!?大した事じゃないんだけどね!?//」

梨子(なんで急に照れてるの!?)

梨子(私にはあんなに涼しい顔で話してきたのに…ん?)

千歌「?」

曜「///」

梨子(ああ…)

梨子(曜ちゃん本人を前にすると急に緊張しちゃうタイプね)

梨子(こんなんでよく1回聞けたわね…まったく…)

梨子「千歌ちゃん?曜ちゃんちょっと歌詞について相談があるらしくて、ね?」

曜「!そ、そうそう!そうなんだよ!」

曜(ナイス梨子ちゃん!)

千歌「歌詞?新しいアイデアとか?」

曜「いや、そうじゃなくて…その…」

曜「…」グッ

曜「『少女以上以上の恋がしたい』ってあるじゃん?」

千歌「うん」

曜「あれさ…」

曜「千歌ちゃん、変な事考えてたでしょ!」

千歌「ええっ!?」

梨子(直球すぎない!?)

曜「私にはわかるよ!例えば…」

(梨子にした話を繰り返す)

曜「これが証拠だ!言い逃れはできないよ!」

梨子(正直危ういにも程がある証拠だと思うんだけど…)

梨子(千歌ちゃんの反応は…)

千歌「…//」

梨子(えっ?)

千歌「わ、私ちょっとトイレ行ってくる!//」

梨子(えぇ…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曜「ほら!梨子ちゃんもいまの反応見たでしょ?」

梨子「多分曜ちゃんが思ったより遠慮なく話したからってのもあると思うけど…」

梨子「でも、確かにそれだけじゃない気もする」

曜「でしょ?だから私が助けてあげないと」

梨子「助ける?」

曜「欲求不満な千歌ちゃんの相手になるんだよ」

梨子「」

曜「これは私にしかできないことなんだ」

曜「千歌ちゃんが怪しい男や金髪シャイニーに手篭めにされる前に私が助けないと!」

梨子「鞠莉さんをなんだと思ってるのよ…」

曜「このままじゃ千歌ちゃんが危ない!」

梨子「曜ちゃんの頭の中の方が危ないと思うわ」

曜「とにかく、私は何があっても千歌ちゃんを守るんだ!」

梨子「言葉だけ聞いたら立派なんだけど…」

梨子(それにしても…本当に曜ちゃんの予想が当たってたのかしら?)

梨子(なんというか…照れ方も少しわざとらしかった気が…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千歌視点

千歌「……」

千歌「…ふふふ」ニヤリ

千歌「計画通り!」

千歌「まんまと釣られたね曜ちゃん…」

千歌「曜ちゃんってばいつもは私と仲良してくれるのにこういう話になると急に消極的になっちゃって…」

千歌「私はいつでもどんと来い!なのに…」

千歌「だから!」

千歌「この鞠莉さん直伝の『誘い受け』で曜ちゃんの思いを伝えてもらうのだ!」バーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
回想

鞠莉「曜がヘタレ?」

千歌「そんなハッキリ言ってないけど…でもすぐに照れちゃうんだよ…」

鞠莉「つまりヘタレってことじゃない」

千歌「ちょっと曜ちゃんに厳しくない?」

鞠莉「別に曜だけじゃないわ」

鞠莉「私はね、もう自分の気持ちは隠さないって、決めたの」

鞠莉「そうやって誤魔化して生きてたら、いつか私みたいに取り返しのつかないことになるわ」

千歌「……」

鞠莉「だから!」

鞠莉「もちろん曜にもそんな思いはさせないわ!」

千歌「鞠莉さん…」

鞠莉「という訳でちかっち!曜を押し倒しなさい!」

千歌「強引すぎない!?」

鞠莉「既成事実を作ればこっちのものよ!」

千歌「ちょっと両極端すぎない?」

千歌「それに…私はどっちかというとうじうじしてる曜ちゃんじゃなくて…」

千歌「曜ちゃんからの言葉が欲しくて…」

鞠莉「……じゃあ、こういうのはどう?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千歌「出来たよ!」

鞠莉「どれどれ…?」

鞠莉「…ちょっと、分かりにくすぎないかな?」

千歌「曜ちゃんならきっと大丈夫!内心いろんなこと考えてるから!」

鞠莉「そ、そう…」

鞠莉「とにかく、その歌詞で曜から何か反応があったら思わせぶりな態度をとること!」

鞠莉「そして曜を自然と思いを打ち明ける展開まで引き込むのよ!」

千歌「分かった!ありがとう!」

(理事長室を出る)

鞠莉「ふう…」

鞠莉「まあでも、あの2人なら大丈夫よね…」

ガチャ

果南「鞠莉ー」

鞠莉「Oh!果南!どうしたの?」

果南「話聞いてたよ」

鞠莉「えっ?」

果南「まったく…鞠莉はいつからあんな偉そうなこと言えるようになったんだか…」

鞠莉「失敗っていうのはそれを繰り返させないように出来るからこそ価値があるのよ?」

果南「そうじゃなくてさ…」ドンッ

鞠莉「」ビクッ

果南「鞠莉だって、こうされると大人しくなるでしょ?」

鞠莉「//」

果南「鞠莉のヘタレ♡」

鞠莉「ひゃい……//」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
回想終わり

曜「そろそろ帰って来る頃かな」

梨子「で?これからどうするの?」

曜「考えてない」

梨子「…えっ?」

曜「いやぁ…こうすれば千歌ちゃんから何か話してくれるかなぁって」

梨子(結局千歌ちゃんまかせなのね…)

梨子(……よし!)

梨子「曜ちゃん」

曜「何?」

梨子「そうやって待ってばかりだと、誰かに先を越されちゃうかもよ?」

曜「え?」

ガチャッ

千歌「おまたせー」

曜「あ、おかえr」

梨子「千歌ちゃん、これ何を考えて書いたの?」

ようちか「えっ?」

梨子「答えて?」

梨子「千歌ちゃん、これ誰かのことを思って書いたんじゃないの?」

千歌「え?あ、まあ…」

梨子「そして、その誰かは案外近くの人だったりして…」

千歌「う、うん…」

梨子「それって…」

曜「…//」

千歌「…//」

梨子「私の事?」

曜「」

千歌「……え?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千歌「ちょっ、ちょっと待って梨子ちゃん」

梨子「よかった…実は私もそうなの」

梨子「私もね、ずっと千歌ちゃんともっと一緒になりたいって思ってたの」

千歌「い、いやその」

梨子「今まで勇気が出なかったけど、でも千歌ちゃんがこんなに勇気を出してくれたんだもん、私もそれに応えないと、ね?」

千歌「り、梨子ちゃん…」

梨子「千歌ちゃん、好きよ」

曜「!」

梨子「私、もっと千歌ちゃんのこと知りたいの」

千歌「で、でも…」

梨子「私じゃ嫌?」

千歌「あ、あうう…」

千歌(ど、どうしよう…まさかこんなことになるなんて)

千歌(梨子ちゃんだって大切だけど、でも私は曜ちゃんの事が…)

梨子「千歌ちゃん…」(顔に近づく)

千歌(あ、ああ…私のファーストキスが…)

千歌(曜ちゃんに捧げると決めたのに…)

曜「……ダメッ!」ドンッ

梨子「きゃっ!」

千歌「!」

曜「千歌ちゃんは…」

曜「千歌ちゃんは私が守るんだ!」

千歌「曜ちゃん…」

曜「ごめんね千歌ちゃん」

曜「私、何度も挑戦しようとしたんだけど、その度に勇気がでなくて…」

曜「千歌ちゃんにじれったい思いさせちゃったね」

千歌「……」

曜「でも…」

曜「やっぱり私、千歌ちゃんを誰にもとられたくない!」

千歌「!」

曜「千歌ちゃん」

曜「大好きだよ…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千歌「う…」

千歌「うわああああん!曜ちゃあああん!」ダキッ

曜「千歌ちゃん…」

千歌「私も!私も曜ちゃんのこと大好き!」

千歌「ずっと…ずっと待ってた……!」

曜「ごめんね…」ナデナデ

曜「もう、隠したりなんかしないから…」ギュッ

千歌「曜ちゃん…」ギュッ

梨子(やれやれ…)

梨子(2人ともこんなにお互いのことを思ってるのに…)

梨子(じゃあ、私はこれで…)

曜「梨子ちゃん!」

梨子「何?」

曜「ありがとう」

梨子「…お礼を言われる事なんてなにもしてないよ」

曜「ううん」

曜「勇気を出すきっかけを作ってくれたのは梨子ちゃんだよ」

曜「梨子ちゃんがああやったくれなかったら…多分私はもっと千歌ちゃんを苦しめてたと思う」

千歌「……」

曜「だから、もう一度言わせて」

曜「ありがとう、梨子ちゃん」

梨子「…そんなに私にばっか礼を言ってたら、千歌ちゃん嫉妬しちゃうわよ?」

千歌「そうだよー梨子ちゃんばっかりずるいよー」ツンツン

曜「いてて、…えへへ♡」

梨子「ふふっ♪お幸せに♪」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次の日の朝

千歌「梨子ちゃんおはよー」

梨子「千歌ちゃんおはよ…って、曜ちゃん?」

曜「梨子ちゃん!おはヨーソロー!」

梨子「おはよう…って私より早く千歌ちゃんに会いに来たの?」

曜「うん!梨子ちゃんに負けないためにね!」

曜「まあ善子ちゃんが1人になるから毎日って訳にはいかないけど…」

千歌「むー!曜ちゃんってば、私より善子ちゃんが大事なのー!」ゲシゲシ

曜「いたた!ごめんってば千歌ちゃん!」

千歌「ふんだ!曜ちゃんなんて知らないもんねー!」

曜「ちょっ!待ってよ千歌ちゃんー!」

梨子(1日にしてベッタベタになったわね…)

梨子(……『少女以上の恋がしたい』か…)

梨子(次はもうちょっと、大人な恋の歌になるといいね♪)

梨子「もー!私を置いてかないでー!」

おわり






スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「千歌ちゃんの書いた歌詞」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。