穂乃果「実はことりちゃんと付き合ってたの」海未「」

シェアする

ほのうみ-アイキャッチ2
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 09:53:32.03 ID:Ezqnrr1ao
海未ちゃんが若干クズなので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388969611

元スレ: 穂乃果「実はことりちゃんと付き合ってたの」海未「」

スポンサーリンク
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 09:58:22.29 ID:Ezqnrr1ao
海未「いつから…ですか…?」

ことり「つ、つい最近からだよ!」

穂乃果「べ、別に隠してたわけじゃ…」

フフッ

海未「別に怒ってなどいませんよ」

穂乃果「え…?」

海未「それならばそうと早く言ってくれれば、もっと二人きりにさせられたでしょうに…」

ことり「海未ちゃん…」
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:01:34.83 ID:Ezqnrr1ao
海未「でも次はなしですよ」

海未「ちゃんと言ってくださいね」

穂乃果「ウッ…」

穂乃果「海未ちゃん…ありがとう!大好き!」ギュッ

海未「もう… ことりが妬いてしまいますよ?」

穂乃果「はっ! ごめんことりちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃんずるい!」

穂乃果「え?」

ことり「わたしも!」ギュッ

海未「二人とも… 仕方がないですね…」

穂乃果「えへへ~」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:04:05.81 ID:Ezqnrr1ao


海未「さて、では私は帰りますね」

ことり「えっ!?」

海未「私がいてはお邪魔でしょう?」

穂乃果「そんなことないよ!」

ことり「海未ちゃんを除け者にしたいわけじゃないのに!」

海未「いいんですよ…私がそうしたいのですから」

ことり「でも…」

海未「それに私はそろそろ家の用事があるので…」

穂乃果「ならしょうがないね…」

海未「あ、あと私は明日朝から弓道部の練習があるので、午後からのμ'sの練習は二人で来てくださいね?」

ことり「うん…」

海未「ではまた明日会いましょう」

穂乃果「じゃあね…」
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:08:57.48 ID:Ezqnrr1ao


海未(穂乃果とことりが…)

海未(嬉しいような寂しいような…)

海未(私はこれからどうすればいいのでしょうか…)

海未(幸いにも明日から土曜日…)

海未(月曜日までゆっくり考えればいいでしょう…)
7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:11:20.39 ID:Ezqnrr1ao


海未「ふぅ…」

海未(弓道部の練習も終わってしまいましたし、後はμ'sの練習だけですね…)

海未(ちょっと早いですが部室に行ってみましょうか…)
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:13:21.16 ID:Ezqnrr1ao

海未(おや? 誰かいますね?)

海未(誰でしょうか…?)
9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:15:15.06 ID:Ezqnrr1ao


海未(…穂乃果とことりですか…)

海未(邪魔しちゃ悪いですね)

海未(どこか別の場所に行きましょうか…)

海未(音楽室なら…真姫がいるかもしれませんね…)
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:17:36.45 ID:Ezqnrr1ao


海未「失礼しますね」

真姫「あら? 海未じゃない? 新しい歌詞でもできたの?」

海未「いえ…そういうわけでは…」

真姫「あ、そうなの… なら何の用なの?」

海未「いえ… 特に用があるわけでは…」

真姫「ならどうしたのよ」

海未「いえ…」

真姫「元気ないわね? 何かあったの?」

海未「何かあったかと言われればあったのかもしれませんね…」

真姫「何よ… はっきりしないわね…」
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:20:39.57 ID:Ezqnrr1ao
海未「…真姫は…」

真姫「何よ」

海未「…真姫は花陽と凛が付き合ったとしたら… どうしますか?」

真姫「は? 何よその質問は」

海未「か、仮の話ですよ、仮の!」

真姫「穂乃果とことりのこと?」

海未「ど、どうしてそれを!?」
12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:23:49.73 ID:Ezqnrr1ao
真姫「だって前から付き合ってるじゃない」

真姫「二人との付き合いに悩んでるなら今更って感じね」

真姫「どうして今頃なのよ」

海未「…」

真姫「…海未?」

海未「…真姫は知っていたのですか…?」

真姫「え? 何を…?」

海未「穂乃果とことりが付き合ってることを、です」

真姫「気付いてたけど…」

海未「…他の皆さんは?」

真姫「気付いてたと思うけど…」
13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:25:56.49 ID:Ezqnrr1ao
海未「…」

真姫「え? もしかして… ずっと気付いてなかったの?」

海未「はい… 昨日初めて知りました…」

真姫「そ、それは…」

真姫「し、仕方ないわよ!」

真姫「海未は弓道部とかで忙しいじゃない!」

真姫「私たちにも穂乃果とことりが直接言ってくれたことはないもの!」

海未「フフフ…」

真姫「う、海未?」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:28:03.04 ID:Ezqnrr1ao
海未「あの二人に一番近いのは私のはずでしたのにね…」

海未「このような大事なことも教えてもらえない…」

海未「これでは幼馴染失格ですね…」

真姫「そ、そんなことないわよ!」

真姫「穂乃果とことりだって隠したくて隠してたわけじゃ…」

海未「いいんですよ真姫」

真姫「え…?」

海未「それはわかってますよ」

真姫「海未…」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:28:54.42 ID:Ezqnrr1ao


海未「さて、これからどうしましょうか」

真姫「? どうって何をよ」

海未「あの二人との関係と言いますか… 距離感と言いますか…」

真姫「そんなの今のままでいいじゃない」

海未「できると思いますか?」

真姫「あなたならできるわよ」

海未「無理です」

真姫「どうしてよ」

海未「…真姫は…」

真姫「何よ」

海未「真姫は凛と花陽が付き合ったとして、今のままでいられると思いますか?」

真姫「それは…」

海未「きっとできないでしょう」
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:30:20.71 ID:Ezqnrr1ao
真姫「でもっ…」

海未「でも?」

真姫「穂乃果とことりだってそれを望んでると…」

海未「穂乃果とことりの本心は私にはわかりません」

海未「もしかしたら私のことを邪魔だと思っているかもしれませんよ?」

真姫「…っ」

海未「そう思われてないといいですね」

真姫「あの二人がそんなこと思うわけないでしょ!」

真姫「きっと関係を壊したくないから黙ってたのよ!」

海未「…真姫は優しいですね」

真姫「…そんなことないわよ」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:32:51.95 ID:Ezqnrr1ao
海未「…折角ですし私たちも付き合いましょうか」

真姫「え?」

海未「付き合いませんかと言ったのですよ」

真姫「…何でよ」

海未「なんででしょうかね…」

真姫「私は穂乃果とことりの代わりじゃないわよ?」

海未「そんなことわかってますよ」

海未「真姫は私のことがお嫌いですか?」

真姫「そんなことないわよ!」

海未「ならいいじゃないですか」
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:35:01.40 ID:Ezqnrr1ao
真姫「…嫌よ」

海未「どうしてですか?」

真姫「私を逃げる口実に使うつもりでしょう」

海未「…」

海未「…そんなこと、ないですよ…?」

真姫「…嘘つき」

海未「…」

真姫「もう練習始まるし行くわよ」

海未「あ、はい…」

真姫「今のことは忘れてあげるから…」

真姫「もっとちゃんと考えなさい」

海未「…やはり真姫は優しいです」

真姫「そんなことないわよ…」
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:36:20.92 ID:Ezqnrr1ao


海未(私もあの二人から離れる時期なのでしょうか…)

海未(高校を卒業してもずっと一緒にいられるわけではないですしね…)
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:38:09.34 ID:Ezqnrr1ao






絵里「ねえ海未」

海未「なんですか、絵里?」

絵里「ちょっと話があるのよ… 着いて来てくれる?」

海未「構いませんよ」
21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:39:35.32 ID:Ezqnrr1ao


海未「校舎裏なんかに呼び出して… 告白ですか? 別に付き合ってもいいですよ?」

絵里「…ねえ」

海未「なんでしょうか?」

絵里「あなたって彼女いるのよね?」

海未「そうですね、いますよ?」

海未「それがどうかしましたか?」

絵里「…何人いるの?」

海未「え~とですね… 今は何人いるんでしょうか…」

海未「すいません、入れ替わりが激しくて今何人か…」

絵里「…もうやめない?」

海未「何をですか?」

絵里「彼女をとっかえひっかえするのをよ!」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:40:59.61 ID:Ezqnrr1ao
海未「どうしてですか?」

絵里「あなたの評判を下げることにつながるからよ!」

海未「私の評判が下がっても絵里は困りませんよ?」

絵里「それは…」

海未「それは?」

絵里「あなたの変な噂が流れればアイドル活動にも影響が出るじゃない!」

海未「それもそうですね…」

絵里「なら…」

海未「では絵里」

絵里「何かしら?」

海未「他の子とは別れるんで、付き合っていただけますか?」

絵里「…え?」
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:41:25.26 ID:Ezqnrr1ao
海未「付き合いませんかと言ったのですが…」

絵里「それは聞こえたけど…」

海未「どうしますか?」

絵里「海未は私のこと好きなの?」

海未「当たり前じゃないですか」

絵里「…それはLikeで? それともLoveで?」

海未「さあ?」

絵里「さあって… そんな軽い…」

海未「付き合うなんてそんな大したことじゃないですよ」

海未「で、どうするんですか?」
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:41:54.25 ID:Ezqnrr1ao
絵里「…」

海未「…では交渉決裂ということで」

海未「私は帰らせていただきますね」

絵里「…ちょっと待って」

海未「どうしましたか?」

絵里「付き合うわ…」

海未「何にですか?」

絵里「海未と付き合うって言ってるのよ!」

フフッ

絵里「…何がおかしいの」
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:43:31.97 ID:Ezqnrr1ao
海未「絵里は可愛らしいですね」

絵里「なっ…」

海未「折角ですが遠慮しておきますね」

絵里「ど、どうしてよっ」

海未「嫌々付き合うって言ってくる人と付き合うと思いますか?」

絵里「…」

絵里「…穂乃果とことりが寂しがってるわよ」

海未「なら私と付き合いますかと伝えておいてください」

絵里「う、海未っ」

海未「冗談ですよ」

海未「そろそろ人を待たせてるんで行きますね」

海未「それでは」

絵里「…さよなら」
26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:45:32.91 ID:Ezqnrr1ao





真姫「…」
27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:46:44.49 ID:Ezqnrr1ao


真姫「ねえ海未」

海未「どうかしましたか真姫? 私と付き合ってくれる気になりましたか?」

真姫「あなたねえ…」

海未「いつもの冗談ではないですか」

海未「そんなに怒らないでください」

真姫「アホらし…」

海未「それでどうかしたんですか?」

真姫「新曲のことで話があるのよ」

真姫「放課後音楽室まで来てくれない?」

海未「構いませんよ」

海未「あなたからの恋文でも楽しみにしときますね」

真姫「ハア…」
29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:48:29.19 ID:Ezqnrr1ao


海未「失礼しますね」

真姫「やっと来たわね」

海未「すいません、少しばかり可愛い子猫ちゃんを宥めるのに時間がかかってしまいまして」

真姫「怒る気にもなれないわ」

海未「真姫から怒っていただけるならうれしいですね」

真姫「…」

海未「…真姫?」

真姫「本当…?」

海未「何がですか?」

真姫「あなたのこと怒れば喜んでくれるの?」
30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:49:05.67 ID:Ezqnrr1ao
海未「はい?」

真姫「だから… あなたのこと怒れば… あなたは喜んでくれるの?」

海未「愛さえあれば私はいくらでも喜びますよ」

真姫「もし私があなたのことを好きだって言って… 他の子と別れてって言ったら別れてくれるの?」

海未「…どうでしょうね」

真姫「絵里とは約束してたじゃない!」

海未「見てたのですか…」

海未「のぞき見は感心しませんよ」

真姫「…」
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:50:30.98 ID:Ezqnrr1ao
海未「絵里はああ言えば引くとわかってたから言ったのですよ」

海未「真姫はああ言っても引かないでしょうし」

真姫「…じゃあどうすればいいのよ」

海未「何のことですか?」

真姫「あなたが女の子をたぶらかすのはやめさせるにはどうすればいいのよ!」

海未「たぶらかすなんて… 向こうから好きと言ってくるんですよ?」

真姫「真面目に答えて」

海未「…」

海未「そうですね…」

海未「…」
32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:51:44.71 ID:Ezqnrr1ao
真姫「はやく答えなさいよ」

海未「真姫はやはり優しいですね」

真姫「…」

海未「こんな私を心配してくれる」

海未「あなたは将来いい人を見つけられますよ」

海未「だから…」

海未「だからこんな人に構わないでください」

真姫「…どうして」

真姫「どうしてそんなこと言うの」

海未「どうしてでしょうね…」
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:52:39.53 ID:Ezqnrr1ao
海未「こんな私をずっと気にかけてくれるのがあなただけだからでしょうか…」

海未「みんな何かを言いたげな目で私を見て…」

海未「でも何も言わず…」

海未「そんな中でしっかり伝えてくれるのがあなただけだからでしょうか…」

海未「凛も花陽もにこも希も絵里も、穂乃果とことりでさえも…」

海未「もう何も言ってくれません…」

真姫「自業自得じゃない」

海未「わかってます!」

海未「そんなことぐらい…」

真姫「…」
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:53:26.89 ID:Ezqnrr1ao
海未「もうどうすればいいかわからないんです…」

海未「もうあのころには戻れないんですね…」

真姫「当たり前じゃない」

海未「あの時ああしなければこのようなことにはなってないのでしょうね…」

真姫「それはどうかしらね」

海未「…何が言いたいのですか」

真姫「ずっと同じような日々が続くわけじゃないってことよ」

海未「それでも… 私は… あの時に戻りたいです…」

真姫「戻ってどうするのよ」

海未「こんな馬鹿なことを止めさせたいです…」

真姫「だからよく考えなさいって言ったのに…」

海未「…」
35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:53:57.85 ID:Ezqnrr1ao
真姫「ねえ海未」

海未「…なんでしょう」

真姫「私と付き合わない?」

海未「…え?」

真姫「だから、この私と付き合わないかって言ってるのよ」

海未「どうしてですか? こんな私と…」

真姫「前に告白されたじゃない」

真姫「その答えだと思っておきなさい」

海未「忘れろと言ったのは真姫ではありませんか…」

真姫「いいじゃない別に」

真姫「あなたも覚えてたわけだし」
36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:54:47.59 ID:Ezqnrr1ao
海未「他の子とは別れないって言いましたけど… いいんですか?」

真姫「いいわよ別に」

真姫「近づいてきた人を片っ端から追い払えばいいんでしょ」

真姫「簡単じゃない」

海未「できるんですか?」

真姫「当然じゃない」

真姫「私を誰だと思ってるのよ」

海未「真姫は… 優しいですね」

真姫「そんなことないわよ」

真姫「だから今から、あなたにはつらいことをやらせてあげるわ」

海未「え…?」
37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 10:55:39.92 ID:Ezqnrr1ao
海未「穂乃果、ことり」

穂乃果「な、何かな海未ちゃん…?」

ことり「ど、どうしたの…?」

海未「すみませんでした」

穂乃果「い、いきなりどうしたの海未ちゃん!」

ことり「そ、そんなことしなくても」

海未「いいのです」

海未「穂乃果とことりには大変心配をかけました」

海未「どれだけ謝っても足りません」

海未「元のような関係に戻れなくても、こんな私でも、仲良くしてもらえますか…?」
38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:11:46.07 ID:Ezqnrr1ao
穂乃果・ことり「「海未ちゃん…」」

穂乃果ことり「「海未ちゃ~ん!」」

海未「ちょっ…」

ギュー

穂乃果「穂乃果寂しかったよおお」

ことり「ことりもおお」

海未「すみません…」

穂乃果「海未ちゃん! すみませんはナシ!」

海未「え…」

ことり「謝罪なんていらないよ!」

海未「穂乃果… ことり…」

海未「ありがとうございます…」
39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:12:35.38 ID:Ezqnrr1ao
海未「はい!」

ことり「ことりもだよ?」

海未「もちろんですよ」

ことり「えへへ~」

穂乃果「海未ちゃん大好き!」

海未「私もですよ、穂乃果」

ことり「ことりも大好きだよ!」

海未「もちろんことりもですよ」
40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:22:12.30 ID:Ezqnrr1ao
穂乃果「海未ちゃん…」

海未「どうしました?」

ことり「ちゃんと言ってよお!」

海未「な、何をですか?」

穂乃果「穂乃果たちのこと、どう思ってるか!」

海未「そ、それは…」

ことり「それは…?」

海未「…きですよ…」

穂乃果「聞こえないよ海未ちゃん?」

海未「もう! 大好きって言ったんですよ!」

穂乃果・ことり「「海未ちゃん…」」

穂乃果「穂乃果も…」

ことり「ことりも・・・」

穂乃果・ことり「「大好きだよ!」」
41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:22:46.99 ID:Ezqnrr1ao

真姫「…」

真姫「ねえ海未」

海未「ま、真姫!? いたのですか!?」

真姫「ええ、最初からずっとね」

真姫「そんなことはどうでもいいのよ」

真姫「私のことは?」

海未「え?」

真姫「だから、私のことはどう思ってるの?」

海未「そ、それは…」

真姫・穂乃果・ことり「「「それは?」」」
42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:23:57.53 ID:Ezqnrr1ao
海未「そ、それはですね…」

海未「す、す、す…」

真姫・穂乃果・ことり「す?」

海未「もういいじゃないですか!」

海未「後で真姫と二人っきりの時に言います!」

真姫「ヘタレ」

海未「ゔっ」

穂乃果「この間まで公衆の面前で後輩を口説き落としていた海未ちゃんが…」

ことり「昔の海未ちゃんに戻っちゃったね」

真姫「まあいいけど」
43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:24:27.54 ID:Ezqnrr1ao
真姫「さて、次は他のメンバーのところに行かないとね」

海未「ま、真姫…」

真姫「何よ? 文句ある?」

海未「いえ… ないです…」

真姫「じゃあ行くわよ」

海未「はい…」


穂乃果「海未ちゃん… 尻に敷かれてるね…」アハハ

ことり「海未ちゃんらしいと言えば海未ちゃんらしいんね」アハハ
44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:24:58.53 ID:Ezqnrr1ao


海未「そういえば真姫」

真姫「何よ」

海未「私も真姫から好きだと言ってもらえてないのですが…」

真姫「言ってほしいの?」

海未「できれば…」

真姫「…海未にはまだ早いわね」

海未「な、何ですかそれは! ずるいです!」

真姫「だって海未は私があなたのどこに惚れたか知らないでしょう?」

海未「当たり前じゃないですか! 聞いてないんですから!」

真姫「そのうち教えてあげるわよ」

海未「やはり真姫はずるいです…」
45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:25:57.07 ID:Ezqnrr1ao
真姫「私の忠告を聞かなかった罰よ」

海未「いつ教えてもらえるんですか?」

真姫「さあね?」

海未「ずるい・・・」

真姫「逆に聞くけど、海未は私のどこが好きなの?」

海未「それは…」

海未「わたしにずっと手を差し伸べてくれたからでしょうか…」

海未「何度も否定されますけど、やはり真姫は優しいです」

真姫「海未にだけね」

真姫「なんで私が海未に優しいと思う?」

海未「放っておけなかったからですか?」

真姫「違うわよ」
46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:26:52.01 ID:Ezqnrr1ao
海未「ではどうしてですか?」

真姫「偽善みたいなものよ」

真姫「無償の愛じゃなくて、見返りを要求するようなね」

海未「それでも、真姫はやはり優しいです」

真姫「だって海未のこと好きだもの」

海未「なっ…」カアア

真姫「海未、顔真っ赤よ」フフッ

海未「誰のせいですか、誰のっ」
47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 12:28:19.09 ID:Ezqnrr1ao
終わり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「実はことりちゃんと付き合ってたの」海未「」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「実はことりちゃんと付き合ってたの」海未「」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。