善子「あれ?ずら丸、ちょっと太った?」

シェアする

花丸-アイキャッチ17
善子「あれ?ずら丸、ちょっと太った?」

ルビィ「よ、善子ちゃん……」

花丸「やっぱり、わかるずら?」

善子「わかるわよ。それで、原因はなんなの?また、食べすぎちゃったの?」

花丸「そうずら。最近、食べ過ぎちゃってるんだ……。節制するように気を付けてはいるんだけど」

pixiv: 善子「あれ?ずら丸、ちょっと太った?」 by ホイミン小川

スポンサーリンク

ルビィ「ぅゅ……。花丸ちゃん、のっぽパンを持ちながらそんなこと言っても……って、のっぽパンを持ってない!!」

善子「い、いつものパターンじゃない……ですって……」

花丸「二人とも酷いずら……。今回は、オラ、ちゃんと間食を我慢出来てるのに……」

ルビィ「ご、ごめんね花丸ちゃん」

善子「でも、だったら、どうして太っちゃうのよ」

花丸「実は……」


(花丸の回想)

ダイヤ「さて、練習も終わりましたし、思う存分プリンを食べましょう!」

ダイヤ「なんと、あの伝説のゴージャスセレブプリンを手に入れることができましたわ」

ダイヤ「家の冷蔵庫に置いておくと、ルビィに食べられてしまうかもしれないから、学校の冷蔵庫に置いておきましたわ」

ダイヤ「さあ、頂きましょう。生徒会室ならば、家みたくルビィに邪魔されませんし」

パクッ

ダイヤ「う~ん、ゴージャス!!」

コンコン

花丸「ダイヤさーん」

ダイヤ「そして、セレブな……あ…じ……」

花丸「歌詞のことで相談に乗ってほしいんだけど……。お邪魔だったずら?」

ダイヤ「そ、そんなことありませんわ。相談ですわね?これを食べてからでもよろしいですか」

花丸「大丈夫ずら」

ダイヤ「それじゃあ、食べてしまいましょう」

花丸「……」ジー

ダイヤ「うっ」

花丸「……」ジー

ダイヤ「ううっ……」

花丸「……」ジュル

ダイヤ「……花丸さんも一口どうですか?」

花丸「いいずら?」パアア

ダイヤ「一緒に食べたほうが、美味しく感じますわ。はい、あーん」

花丸「え?」

ダイヤ「あっ……。つい、ルビィにやっているようにしてしまいましたわ。すみません、花丸さん」シュン

花丸「べ、別に嫌じゃ無いずら。いただきます。あーん」パクッ

ダイヤ「美味しいじゅらあああ」パアア

花丸「…………」ムラッ

ダイヤ「もう一口いかがですか?」

花丸「え?いいの?」

ダイヤ「いいんですわ。はい、あーん」

花丸「じゃあ、あーん」パクッ

花丸「うーん、本当に美味しいじゅらあああ」パアアアアアア

ダイヤ(かわいい。悶絶するくらいかわいいですわ)

これを繰り返すこと、数度

花丸「マル、ダイヤさんのプリン、全部食べちゃったずら……。ごめんなさい」シュン

ダイヤ「全然気にしておりませんわ。私もたっぷりと堪能しましたし」

花丸「え?」

ダイヤ「いえ、なんでもありませんわ!!」

花丸「でも、ダイヤさん、ほとんどプリン食べてないずら……」

ダイヤ「それでは、花丸さんをいただきますわ」

花丸「ずらっ!?」

ダイヤ「って、冗談ですわ……」ナデナデ

花丸「びっくりしたずら……(一瞬、目が本気だったような)」

ダイヤ(花丸さん、可愛すぎますわ)ナデナデナデナデ

(回想終わり)



花丸「これ以降、ダイヤさんが、マルにいろいろと食べさせてくれるんだ」

ルビィ「ふーん……」

花丸「あれ?ルビィちゃん?」

ルビィ「な、なんでもないよ!!」

善子「今の話を聞くと、ずら丸が太っちゃったのは、ダイヤさんにお菓子を食べさせられてるからってこと?」

ルビィ「そ、その、断ればいいんじゃないの?」

花丸「な、なんだか断りづらくて……。それにダイヤさんに食べさせてもらうの、嫌じゃないし」テレテレ

善子(かわいい)

ルビィ(かわいい)

花丸「でも、そうすればいいずら?」

善子「“守ったら負ける。攻めろ!”って言うじゃない?」

ルビィ「き、聞いたことないけど……?」

花丸「どういうことずら」

善子「言葉のとおり、攻めればいいのよ!こんな感じで……ごにょごにょ……」

花丸「ずらぁ……」

ルビィ「うまくいくかなぁ?」

善子「大丈夫よ!」


よくじつ!!

ダイヤ「花丸さん?アイスクリームを食べさせてあげますわ!」

花丸(……来た!)

花丸「ダ、ダイヤさん、たまには、オラが食べさせてあげるずら!!」

ダイヤ「どういうことですの?」

花丸「ダイヤさん、花丸ママの言うことが聞けないの?」

ダイヤ「え?」

花丸「はい。あーん」

ダイヤ「え?え?……あーん」パクッ

花丸「おいしい、ダイヤさん?」

ダイヤ「お、美味しいですわ」

花丸「それじゃ、もう一口。はい、あーん」

ダイヤ「あーん」パクッ

花丸「上手に食べられたわねー。いい子いい子」ナデナデ

ダイヤ「も、もう一口……」

花丸「焦らないでほしいずら。はい、あーん」

ダイヤ「あーん」パクッ

花丸「どう?」

ダイヤ「美味しいですわ。あ、あと、もっと撫でてほしいんですが……」

花丸「ダイヤさんは甘えんぼずら~」ナデナデ

ダイヤ「最高ですわ~」ホクホク


すうじつご!!

善子「どう、うまくいった?」

花丸「うまくいったというか、うまく行き過ぎたというか」

ルビィ「花丸ちゃん、スッキリしたね」

善子「よかったじゃない!でも、うまく行き過ぎたって……」

花丸「ダイヤさんが、しょっちゅう甘えてくるずら。これだと、今度はダイヤさんが太っちゃうずら」

ルビィ「あ、それなら大丈夫」

善子「何それ?」

花丸「それにしても、善子ちゃんの作戦は完璧だったずら」

善子「ヨハネ!」

花丸「すごいずら。どうして、そんな作戦思いついたずら」

善子「ま、堕天使ヨハネに不可能はないのよ」

善子(言えないわ。ずら丸に甘える妄想をしまくっていたから、ついつい提案してしまった、なんて言えないわ)

善子(それにしても、ずら丸のママ力は本物だったわね。あのダイヤが陥落しちゃうんだから)

善子(てか、ダイヤが羨ましすぎて堕天しそう……)

花丸「ふーん。よくわからないずら」


黒澤家にて

ダイヤ「はあ……。ちょっと、体重が……」

自分のおなかを見てひとりごちていると、部屋をノックする音が。

ルビィ「お姉ちゃん、ちょっといい?」

ダイヤ「ピギャッ!?ル、ルビィでしたか……。どうかしましたか?」

ルビィ「お姉ちゃん、ちょっと太った?」

ダイヤ「そ、そう見えますか?」

ルビィ「ねえ、お姉ちゃん……。ルビィ、簡単なダイエット方法知ってるんだ?」

ダイヤ「ほ、本当ですか?」

ルビィ「教えてほしい?」

少し近づいてくるルビィに、たじろぎながらも頷く。

ルビィ「こうするんだよ!」

刹那、ルビィに押し倒されてしまう。

ルビィ「どういうこ……」

言葉を繋げられなかった。ルビィの唇に口を塞がれてしまったのだ。

ルビィ「お姉ちゃん。最近、花丸ちゃんに甘えてるんだって?お姉ちゃんは、ルビィのモノなのに……」

ルビィのまっすぐな瞳に、体も動かせず、声も出ない。

ルビィ「これから、たっぷりとダイエット、しよ?」

ダイヤ「ちょ、ルビィ!あ、あ、あ」

|c||^.-^||「アッー!!」

翌日、ベッドでツヤツヤになっているルビィが発見され、ダイヤは静かにダイエットに成功した
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「あれ?ずら丸、ちょっと太った?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。