曜「果南ちゃん、鞠莉ちゃん貸してよ」

シェアする

曜-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:31:30.77 ID:8iRz9NfL.net
果南「鞠莉を?」

曜「うん、果南ちゃんの言うことなら何でも聞くでしょ?」

果南「そうだけど…何するつもり?」

曜「そりゃ…童貞を卒業したいんだよ」

果南「付き合ってるんだから千歌に頼めばいいじゃん」

曜「千歌ちゃんに頼んでもヤらせてくれないんだよね、曜ちゃんは私の身体しか興味無いの?って言われるし」

果南「ふ~ん、まぁいいけど
鞠莉呼べばいいの?」

元スレ: 曜「果南ちゃん、鞠莉ちゃん貸してよ」

スクフェス総選挙
2: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:33:36.85 ID:8iRz9NfL.net
曜「うん」

プルルル

鞠莉「かなぁん♡果南からラブコールなんて珍しいわね♪」

果南「曜が鞠莉に用があるからうちに来て」

鞠莉「ちょっとー…久しぶりに電話したのにその態度はないんじゃない?」

果南「私を怒らせないで」

鞠莉「っ…ご、ごめん…嫌いにならないでよ…?」

ピッ

曜「…果南ちゃんいつもそんな態度とってるの?」

果南「こうした方が鞠莉依存してくれるからね」
5: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:36:04.48 ID:8iRz9NfL.net
ブロロロロ

鞠莉「遅れてごめんなさい…その、急いんだんだけど…」

果南「鞠莉、私が言い訳嫌いなの知ってるよね?」

鞠莉「………」コクッ

果南「曜のお願い聞いてあげたら許してあげるよ」

鞠莉「わ、わかったわ…
それで曜、用事って何?相談事?」

曜「うん、まぁ…そんな所かな」

鞠莉「私でよければ力になるからなんでも言ってみて?」
6: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:39:15.34 ID:8iRz9NfL.net
曜「うん、その…ヤらせてくれないかな?」

鞠莉「What?ごめん、よく聞こえなかったんだけど…もう1回言ってくれる?」

曜「鞠莉ちゃんとヤりたいんだけどさ…いいかな?」

鞠莉「ヤりたい……なっ///
何言ってるのよ!そんなのダメに決まってるじゃない!」

曜「そっか…」

鞠莉「だって私には果南がいるし…ほら、曜だって千歌っちがいるじゃない♪」

果南「鞠莉」

鞠莉「ち、ちょっと待ってよ!
お願い聞くとは言ったけどこんなのって…!」

果南「そう、なら聞かなくてもいいよ」

鞠莉「本気なの…?」
8: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:41:15.50 ID:8iRz9NfL.net
果南「そっかそっか、鞠莉は言うこと聞けないんだね」

鞠莉「果南!わ、私は果南以外の人とシたくない!」

果南「別にいいよ、私はダイヤと付き合うことにするから」

鞠莉「…そんな…っ…
………わかった…いいよ、その代わり…1回だけだから…」

果南「だってさ、曜
よかったじゃん」

曜「う、うん…」
9: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:43:01.99 ID:8iRz9NfL.net
果南「じゃあヘリに乗って曜連れていきなよ」

鞠莉「ま、待って!
その…曜にされる前に…果南と…シたい…///」

果南「疲れてるから無理」

鞠莉「お願いだから…っ!」

果南「鞠莉」

鞠莉「……うん……行こ、曜……」
11: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:46:25.23 ID:8iRz9NfL.net
ブロロロロ

鞠莉「うっ…うぅ…果南…っ…」

曜 (気まずいなぁ…)

鞠莉「曜…なんで千歌っちとシないのよ…私には果南がいること知ってるでしょ…?」

曜「そ、それは……」

鞠莉「ねぇどうして!」

曜「千歌ちゃんが…させてくれないから…かな?」

鞠莉「……そう…」

曜「………」
12: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:48:40.96 ID:8iRz9NfL.net
鞠莉「さぁ…着いたわ」

曜「うん」

鞠莉「………こっち…」

曜「………」

鞠莉「………ねぇ」

曜「うん?」

鞠莉「……果南って……ううん、何でもない」

曜「そっか…」
13: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:50:56.15 ID:8iRz9NfL.net
ガチャ

鞠莉「シャワー、先入ってきていいから」

曜「うん」

パタン

シャーッ

曜 (まさか果南ちゃんと鞠莉ちゃんがあんな関係だとは思わなかったなぁ…)


曜 (何はともあれ今日で童貞卒業だ!
千歌ちゃんで卒業出来ないのはちょっと残念だけど、まぁ鞠莉ちゃんでもいいかな)
14: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:55:20.06 ID:8iRz9NfL.net
パタン

曜「でたよ」

鞠莉「……じゃあ、今度は私の番ね」

パタン

シャーッ

曜 (ん?果南ちゃんからLINEが来てる)

果南 曜へ
鞠莉の事だから本番直前に喚いたりするかもしれないけど、そうなったら私に言いつけるって言ってみて
そうしたら100%言うこと聞いてくラルと思うから

曜 果南ちゃんの名前を出せばいいんだね、わかったよ

曜 (本当にこれでいうこと聞いてくれるのかなぁ)
15: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:57:42.94 ID:8iRz9NfL.net
パタン

鞠莉「おまたせ……」

曜 (鞠莉ちゃんの目が真っ赤だ…泣いてたのかな)

鞠莉「ね、曜?」

曜「ん?」

鞠莉「今なら…今ならまだやり直し聞くし…やっぱりやめにしない?
ほら…千歌っちにも悪いし、ね?」

曜「でも……」

鞠莉「……そうだ♪果南にはヤらせてくれたって言ってくれない?
その…こういう事はダメだけど、それ以外なら何でもやってあげるから…
何だったらお金でもいいわよ?」

曜「……果南ちゃんに言うよ?」
16: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 17:59:40.18 ID:8iRz9NfL.net
鞠莉「!…な、何を言うの?」

曜「鞠莉ちゃんがヤらせてくれなかったって
果南ちゃんとの約束破ったって」

鞠莉「そ、それはダメ!
………そう…そうだよね…うん……わかった…その代わり本当に1回だけだから…」

曜「ありがとう」

鞠莉「………うん」
17: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:02:14.27 ID:8iRz9NfL.net
曜「ほら、服脱いでよ」

鞠莉「………」スルスル

曜「うわぁ、やっぱり大きいなぁ…」

鞠莉「……そう、かしら…」

曜「うん」

鞠莉「……その、目隠し付けていい…?」

曜「どうして?」

鞠莉「その……果南以外の人とシたくないけど……目隠しすれば頭の中で果南と置き換えるから…それで…」

曜「果南ちゃんに」

鞠莉「わかった!わかったから…目隠ししなくていい…から…」
19: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:04:11.37 ID:8iRz9NfL.net
鞠莉「曜の服も…脱がせるわね…」

スルスル

曜「……」

鞠莉「もう、大きくしてるのね…」

曜「うん」

鞠莉「…手で…シてあげる…」コスコス

曜「や、胸でしてくれないかな?」

鞠莉「……」ムニュッ

曜「っ…♡」

鞠莉「気持ち、いいの…?」
22: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:07:40.18 ID:8iRz9NfL.net
曜「うん…凄く…♡」

鞠莉「そう……」

鞠莉 (果南も最初のウチは喜んでくれてたっけ…
可愛いよって何度も髪を撫でながら言ってくれた…)

曜「鞠莉ちゃん…口でシて?」

鞠莉「えっ……」

曜「気持ちいいらしいからさ、口でするの」

鞠莉「……んっ……っ…」グッポ

曜「すご…い…っ…♡」

鞠莉 (果南と最初にシた時は口でシたんだっけ…
果南が我慢出来ずに出しちゃって、何度もごめんって謝って…最後にハグしてくれて…っ)
27: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:11:23.00 ID:8iRz9NfL.net
鞠莉「どほ…?ひほひいい?」

曜「しゃ…喋りながらされるのやばい…♡」

鞠莉「そほ……」

曜「鞠莉ちゃん…っ♡」ドピュッ

鞠莉「んんっ!?」

曜「…はぁ…はぁ…」

鞠莉「………」

曜「飲んで、くれる?」

鞠莉「………」ゴクッ

鞠莉 (果南のより少しサラサラしてる…果南のはもっと粘っこくてドロっとしてるから…喉に絡みつくのよね)
28: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:14:51.07 ID:8iRz9NfL.net
曜「鞠莉ちゃん、その中に入れたい…」

鞠莉「もう、元気なのね」

曜「うん……///」

鞠莉「ゴム、付けるから待ってて」

曜「……ゴム、つけたら童貞卒業にならないんじゃないかな」

鞠莉「え……?」

曜「やっぱり生で中で出してこその卒業だと思うんだけど…」

鞠莉「で、でも……それは千歌っちと…」

曜「ね、お願い!」

鞠莉「そ、そんなこと言われても…私には果南が…」

鞠莉 (初めて挿れる時、果南はゴム付けてくれたんだっけ…
付け方が分からなくて何度も途中で取れちゃって…それでも何度も付け直してくれたのよね)
31: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:17:09.23 ID:8iRz9NfL.net
曜「その…あんまり言いたくないけど、果南ちゃんに言わないと…」

鞠莉「……っ、1回、だけだからね」

曜「ありがとう!」ギュッ

鞠莉 (あぁ…今優しく抱きしめてくれているのが果南だったら…相手があの頃の果南だったら……)

鞠莉「……ここ、ここの穴に…入れるの…」
32: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:19:43.44 ID:8iRz9NfL.net
曜「こう…?」

鞠莉「そう、そう……」

曜「鞠莉ちゃんの中…すごい暖かい…」

鞠莉「うん……」

鞠莉 (果南も最初はそうやって言ってくれた…鞠莉の中凄いあったかいよって…)

曜「ね、動いていい?」

鞠莉「うん…曜のリズムで動いていいから、私には遠慮しないで?」

曜「う、うん…
っ…うっ…凄いっ…♡」

鞠莉「そう…そんな感じで…」
35: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:22:48.09 ID:8iRz9NfL.net
曜「鞠莉ちゃん…っ♡」トローン

鞠莉「気持ち…いいの?」

曜「うん…っ♡溶けちゃいそう…っ!」

鞠莉「そっか…」

曜「はぁっ…んっ…ぁ…っ…♡」

鞠莉 (最初の頃はあんなに愛を感じさせてくれたのに…いつから果南はあんなに冷たくなっちゃったんだろう……)

曜「鞠莉ちゃんもっ…気持ち…いい?」

鞠莉「うん……」
38: 名無しで叶える物語 2017/10/14(土) 18:26:36.88 ID:8iRz9NfL.net
曜「鞠莉ちゃんっ……♡」

鞠莉「うん、いいよ
出して…受け止めてあげる」

曜「っ…ぁ…くっ…♡
イくっ……♡」ドピュッ

鞠莉「………んっ…曜の精子が私の中に…」

曜「はぁ…はぁっ…
鞠莉ちゃん…ありがとう…」

鞠莉「ん…」

曜「……その、凄い気持ちよかったよ」

鞠莉「そう…よかったわ」

曜「うん……」

鞠莉 (果南…果南にもう1度…愛を捧げてもらうだけで…満足なのに…)



おしまい
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『曜「果南ちゃん、鞠莉ちゃん貸してよ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。