千歌「パンツが無くなってる…」

シェアする

千歌-アイキャッチ23
千歌「どうして…?」

曜「千歌ちゃーんおはヨーソロー!」

千歌「曜ちゃん…」

曜「ん?どうしたの?」

千歌「千歌のパンツが無くなってるんだけど、曜ちゃんなにか知らない?」

曜「…」

千歌「その反応…やっぱりなにか知ってるんだ!答えて、曜ちゃん!」

曜「いや、あのさ…」

千歌「なに!?」

曜「無くなったのってわたしのパンツでしょ?」

pixiv: 千歌「パンツが無くなってる…」 by しずく饅頭

スポンサーリンク
千歌「そうだけど?あ、正確には千歌が持ってる曜ちゃんのパンツね」

曜「はぁ…」

千歌「そんなことより、どこにいったか知ってるんでしょ?教えてよーちゃん!」

曜「いや、この前普通に持って帰ったけど」

千歌「なんで!?」

曜「だってわたしのだし」

千歌「曜ちゃんのだから千歌が持ってるんじゃん!」

曜「うん、一回日本語の意味を考えて喋ろっか」

千歌「曜ちゃんのパンツ。千歌ほしい。だから持ってる。オッケー?」

曜「ノーだね」

千歌「なんで!?」

曜「常識的に考えてみよっか」

千歌「うーん…幼馴染のパンツを欲しがるのは当たり前として…なにがおかしかったのか…」ムムム

曜「そっか、千歌ちゃんの常識はそこからか」

千歌「曜ちゃんの部屋にだってわたしの下着置いてるじゃん。おかしくないよ」

曜「よく泊まりに来るからであって、千歌ちゃんの目的とは違って邪な意味はないからね」

千歌「その言い方だと、まるでチカが不純な目的で曜ちゃんのパンツを所持してるみたいに聞こえるよ?」

曜「違うの?」

千歌「わたしは純粋に曜ちゃんのパンツが欲しくて持ってるだけだよ」

曜「人のパンツを欲しがることを純粋な思いと受け取っていいのかな」

千歌「だからパンツちょうだい?」

曜「急に欲望を前面に出してきたね。今までちゃんと抑えてたんだね。えらいね」

千歌「今穿いてるのがいいな」

曜「否定しなかったから期待させちゃったね?ダメだよ」

千歌「」ゴソゴソ

曜「ねえ、何処からともなく取り出したその箱に書かれた『曜ちゃんの私物』ってなにかな?」

千歌「ちょっと息苦しくなってきたから」スーハースーハー

曜「それって二日前に無くしたと思ってたわたしの体操服だよね?正直いじめで隠されたのかと思って凹んでたやつだよ」

千歌「曜ちゃんをいじめるようなやつがいたらわたしが許さないよ!」スーハースーハー

曜「この状況はもはやいじめと認識してもいいんじゃないかって思い始めてきてるよ」

千歌「そんな!」スーハースーハー

曜「少なからずショック受けてくれるんだったらまずはそれをやめよっか」

千歌「曜ちゃん、人は酸素がないとどうなると思う…?」

曜「何が言いたいのかは伝わったからやめようか」

千歌「…」スッ

曜「とりあえず返してもらうね」スッ

千歌「…」ガシッ

曜「…」ググッ…

千歌「…」プルプル

曜「…」グイッ

千歌「!」

曜「で、その箱には他になにが入ってるのかな?」

千歌「…」ウルウル

曜「体操服取られたからって泣きそうになってもダメだよ」

千歌「チカの宝物なのに…」

曜「せめて盗んだもの以外を宝物にしてほしいかな」

千歌「だって、梨子ちゃんと善子ちゃんはお互いのパンツ盗み合って宝物にしてたよ?」

曜「あれは拗らせすぎた結果だから真似しちゃだめなやつだよ」

千歌「わかった」

曜「で?」

千歌「?」

曜「その箱にはあとなにが入ってるの?」

千歌「…言わなきゃダメ?」

曜「上目使いしてもダメだよ」ドキドキ

千歌「…」ゴソゴソ

千歌「…はい」ポン

曜「…」

競泳水着「」

曜「マジか」

千歌「や、でもこれあれだから」

曜「千歌ちゃん、マジか…」

千歌「いや、あのね、これほんとは曜ちゃんのじゃなくてね」

曜「え?でもわたしが使ってるやつと同じだよ?」

千歌「サイズ見て?曜ちゃんのより少し小さいでしょ?」

曜「ほんとだ」

千歌「曜ちゃんが試着しにいって、小さいからってわたしにひとつ大きいサイズ持ってきてって頼んだことあったよね」

曜「あったね」

千歌「何を隠そうあのとき曜ちゃんが一度着た水着なのだ」

曜「…そっか」

千歌「だからこれは曜ちゃんのじゃないからセーフだよね」

曜「うん…」

千歌「あとは…これだけだよ」ポン

枕「」

曜「え?」

千歌「?」

曜「え、なにこれ」

千歌「枕だけど…」

曜「なんでわたしの枕がここにあるの?」

千歌「我慢できなくて拝借したからだよ」

曜「や、そうじゃなくて、わたしが今朝起きて着替えて家出るまでベッドにあったよ?」

千歌「あー、それ違うの。あっちはスペア」

曜「スペア?」

千歌「曜ちゃんの枕はチカが定期的に入れ替えてるの」

曜「なんのために?」

千歌「曜ちゃんの匂いが薄れてきたなーって思ったときが交換時だからね」

曜「つまり、わたしは自分の枕がローテーションされてることに気付いてなかったと」

千歌「そうなるね」

曜「…」

千歌「…」

曜「没収」バシッ

千歌「えええええええええ!?」

曜「うわ、本当に一緒だ…頭置いたときのへこみ具合とか…どうやって再現したの?」

千歌「曜ちゃんの頭の形と重さくらい完璧に把握してるからね。交換前にはいい感じに使った感が出るように押しつぶしたりしてるよ」

曜「なんでわたしの頭の形と重さまで完璧に把握してるの?」

千歌「ほら、お泊りしたときとかに勝手に曜ちゃんを膝枕してるから」

曜「気付かなかったよ」

千歌「たまに寝言でわたしの名前呼んでくれるよ?」

曜「まあ、お泊りしたときはいつも千歌ちゃんの隣で寝てるからね」

千歌「ということは今日も?」

曜「考えさせて」

千歌「泣いちゃうかも…」

曜「泣きたいのは親友が変態だった事実をついに正面から受け止めざるを得なくなったわたしだよ」

千歌「変態じゃないよ。曜ちゃんが好きすぎるだけだよ」

曜「世間一般ではそういう人を変態って呼ぶこともあるんだよ」

千歌「世の中間違ってるよ」

曜「少なくとも今間違ってるのは千歌ちゃんだよ」

千歌「わかったよ、間違いを認めるよ」

曜「よかった。これでまた親友に戻れるね」

千歌「え?」

曜「ん?」

千歌「チカは全てをさらけ出したんだから、もう曜ちゃんとは切っても切れない仲になったんだよ」

曜「うん、理解が追いつかないね」

千歌「恋人以上夫婦未満ってところかな」

曜「幾分か状況がわかりやすくなったけど認めないよ?」

千歌「だよね。やっぱりちゃんと告白からだよね」

曜「そうだね、それは間違ってないね。珍しく」

千歌「曜ちゃん、わたし高海千歌はあなたのことが好きです」

曜「…はい」

千歌「パンツもほしいし、使用済みの体操服越しに呼吸しないと息苦しくなるくらい好きです」

曜「はい」

千歌「なんならこの間こっそりベッドの下に隠れて曜ちゃんの部屋で一夜過ごしたくらいには好きです」

曜「あっはい」

千歌「この想い…受け止めてくれますか?」

曜「わたしには無理かな」

千歌「今の流れで?」

曜「今の流れだからこそだよ」

千歌「あれだけたくさんあなたを愛してますって伝えたのに?」

曜「伝え方にいささか問題があったかな」

千歌「じゃあどうすればよかったの?」

曜「そうだなぁ…」スッ

チュッ♡

千歌「…」

曜「言葉を並べるより、こんなふうにストレートなほうがわたしは好きかな?」

千歌「…」

曜「あれ?千歌ちゃん?」

千歌「」

曜「…気絶してる」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「パンツが無くなってる…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。