千歌「対象をとる?とらない?」

シェアする

千歌-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 11:17:57.13 ID:HHdgo0OR.net
梨子の部屋にて

梨子「ごめんね、あまり片付いてなくて」

千歌「いいよいいよ。無理言ったのは私達なんだし」

曜「千歌ちゃんの部屋よりも片付いてるから大丈夫だよ!」

千歌「それは言わないで!」

梨子「あはは...」

梨子「飲み物持ってくるから、座って待ってて」

ようちか「はーい」

バタン

千歌「よいしょと...ん?」

曜「千歌ちゃんどうしたの?」

千歌「ベッドの下に怪しい箱が...」イソイソ

曜「これは...もしかすると例のアレでありますか!?/////」

千歌「梨子ちゃんのお宝セットかもしれないね/////」

千歌「...」

千歌「見ちゃう?」

曜「いや...でも...私そんな趣味は/////」チラチラ

千歌「オープン!」

曜「はぁぁ/////」

千歌「...」

曜「はわわ/////...カード?」

梨子「お待たせー」

ようちか「あ」

元スレ: 千歌「対象をとる?とらない?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 11:26:15.43 ID:HHdgo0OR.net
梨子「もう!プライベートなんだから勝手に見ないで!」プンスコ

千歌「ごめんなさーい」

曜「わーでも懐かしいなぁ。昔遊んだことあるよね?」

千歌「あー、何枚か持ってたよね」

梨子「ホント!?じゃあルールとか知ってる!?」

曜「知ってるよ!いっせーのせでめくったカードの星が多かったら勝ちなんだよね?」

千歌「そうそう!で、絵がカッコよかったら特別に勝ちみたいな」

梨子「ぜんっぜん違うわよ!」

ようちか「え?」

梨子「いい?これはちゃんとした遊び方があるの。そんなトランプでも出来そうなルールじゃないんだよ?」

千歌「そ、そうだったんだ」

曜「確かにドローがどうとか昔見たアニメで言ってたような」

梨子「折角だから2人にちゃんとした遊び方を教えてあげる」

千歌「別にいいよ~」

梨子「勝手にベッドの下を漁ったのはどこの誰かしら...?」

千歌「えぇと...」

曜「やってみようよ。私、ちょっと興味あるし」

千歌「曜ちゃんがそう言うのなら」

梨子「それじゃ決まりね」
5: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 11:35:05.64 ID:HHdgo0OR.net
そんなこんなで

千歌「なるほど、色にはちゃんとした役割があったんだね」

曜「千歌ちゃん、ルールは覚えた?」

千歌「うん!完璧!」

梨子「5、6回説明したかいがあったわ...」

千歌「よーし、早速やってみよー!」

曜「でも、私達カード持ってないよ?」

千歌「ウチにまだいくつかあったかも...ちょっと取りに行ってくる!」ダッ

曜「あっ、千歌ちゃん!」

梨子「今回は私のを貸してあげるよ。また新しいのは買いに行こう?」

曜「いっぱいあるんだね...」

梨子「これくらいは普通だと思うけどな」

曜「初心者でも出来そうなのってあるかなぁ?」

梨子「うーん...だったらこれかな?」スッ
9: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 11:45:05.42 ID:HHdgo0OR.net
曜「おぉ...強いカードがこんな簡単に」

梨子「ちょっと触っただけで基本的な回し方が出来るなんて...」

曜「ほら、パターンが簡単だから」

梨子「器用な人って羨ましい」

千歌「はぁふぅ...お、お待たせ」ドサッ

曜「カビくさっ!」

梨子「どこにあったのそれ...」

千歌「物置だよ?」

梨子「そんなもの家に入れないで!!」

曜「うわー、懐かしい箱だなぁ」

千歌「よいしょと」パカッ

梨子「見るからに古いのばかりね。ちょっと見てもいい?」

千歌「いいよー」

梨子「うわ...うわぁ!」

曜「千歌ちゃん見て見て!こんなに強いカードが簡単に出せるんだよ!」

千歌「おぉ...これ星幾つだろう」ヒ-フ-ミ-

梨子「!?」

梨子「(な、何で初期青眼の白龍のシークレットがあるの...?)」プルプル

千歌「お客さんからの貰いものばっかりでごめんね。そんなに強いの無いでしょ?」

梨子「そ、そうね...」スッ

梨子「千歌ちゃん」

千歌「はい?」

梨子「後でじっくーーーーり見せて」
10: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 11:47:54.59 ID:HHdgo0OR.net
千歌「ねぇ梨子ちゃん、私にもカード貸して~」

梨子「うん、いいよ。千歌ちゃんにはこれがいいかな」スッ

千歌「白いのとか黒いのとかある...」

曜「私のには無いよー」

梨子「テーマによって使ったり使わなかったりあるのよ」

千歌「よーし、曜ちゃん!勝負だ!」

曜「負けないよ!」

梨子「ゆっくりやって行こうね。よく分からないところは私が教えるから」
16: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 12:01:36.68 ID:HHdgo0OR.net
ようちか「じゃんけんぽん!」

千歌「勝ったー!」

曜「千歌ちゃんからだね。いいよー」

千歌「え、後からでいいよ。だって先攻は攻撃出来ないんでしょ?それに、ドローもできないからいい事ないもん」

曜「いいの?」

千歌「曜ちゃんからどーぞ」

曜「それじゃあ、私から」

曜「えぇと...手札から『天帝従騎イデア』を召喚するね」

千歌「何それー?」

曜「イデアの効果発動するけど...何かある?」

千歌「何かあるのかな?」

梨子「特にないわね。続けて」

曜「じゃあ、デッキから『冥帝従騎エイドス』を特殊召喚するよ」

千歌「いきなり2体も...」

曜「エイドスの効果、通常召喚に加えて1度だけアドバンス召喚が出来るよ」

千歌「アドバンス?」

梨子「生け贄召喚だよ、千歌ちゃん」

千歌「あっ、そーだった」

曜「イデアとエイドスをリリースして、『冥帝エレボス』を召喚!」

千歌「うわっ!もう強そうなのが出てきたよ...」
20: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 12:09:10.01 ID:HHdgo0OR.net
梨子「エレボス効果は?」

曜「使わない」

千歌「攻撃力は...2800!?何これ!ズルじゃん!私の手札に2800より高いのいないよ!!」

梨子「千歌ちゃん、言っちゃダメだよ...」

千歌「あっ!」

曜「ふふふ、さぁ千歌ちゃん!私のカードを倒してみよ!」

千歌「何か敵のキャラクターっぽい!」

曜「善子ちゃん好きそうだよね~


曜「あ、後フィールド魔法『真帝王領域』を発動するね。私の所にアドバンス召喚したモンスターがいるから、千歌ちゃんはエクストラデッキからモンスターを召喚できないよ」

千歌「エクストラデッキ?」

曜「千歌ちゃんの持ってる黒いのとか白いのが出せなくなるんだよ」

千歌「は?」

千歌「ちょ、ちょっと待ってよ!どうすればいいの!?」

梨子「モンスターかあの魔法カードを破壊するしかないわね...」

千歌「容赦なさすぎるよ...」

曜「ターン終了だよ♪」
24: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 12:36:11.41 ID:HHdgo0OR.net
千歌「じゃあ私の番だね。ドロー」スッ

梨子「いいの引いたじゃない」

千歌「えぇとこの効果は...」

千歌「フッフッフ、曜ちゃん...私の勝ちは確定したよ」

曜「ホント?」

千歌「手札から『サイクロン』を発動!魔法罠カードを1枚破壊するよ!」

曜「あぁっ、私のカードが...」

千歌「よーし!これで色々出せる!はず...だよね?」

梨子「この手札なら...うん、一応」

千歌「手札から、何て読むんだろう...げ、げんえいきしだん」

梨子「『幻影騎士団(ファントムナイツ)』よ」

千歌「『幻影騎士団ダスティローブ』を召喚するよ!」

曜「おぉ...全然知らないカードだよ」

千歌「そして、フィールドに幻影騎士団がいる場合に手札から『幻影騎士団サイレントブーツ』を特殊召喚するよ」

曜「おぉ~!」

梨子「それで、2つでオーバレイするのよ」

千歌「何それ?」

梨子「説明したじゃない!同じレベル同士を合わせてエクシーズモンスターが出せるって!」

千歌「そっか、そうだった!えっと、この二つを合わせてオーバレイするよ!」

千歌「えっと、3のカードは...あったあった」

曜「何が出るのかな...」

千歌「梨子ちゃーん、何を出せばいいのー?」

梨子「」スッ

千歌「あっはい。『幻影騎士団ブレイクソード』を特殊召喚!」

曜「うわっ!めっちゃ光ってる!」

千歌「キラキラしてるね...まるでスクールアイドルみたい!」
28: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 12:49:38.24 ID:HHdgo0OR.net
曜「千歌ちゃんが出したのはどんな効果なんだろう...」

曜「えっ、強くない?」

千歌「フフン、手札には無くとも曜ちゃんのカードを倒すことは出来るのだ!」

曜「そんなぁ!」

千歌「ブレイクソードの効果で、素材を落とすんだけど...素材って何?」

曜「合わせたカードの事じゃない?」

千歌「あぁそっか。1つを取り除いて...自分及び相手のカードを1枚ずつ」

千歌「って、私のカードも破壊しちゃうじゃん!これじゃあ攻撃できないよ!」

曜「あららー残念。でも私のエレボスが」

梨子「ちゃんと効果読んで」

千歌「ほぇ?エクシーズ召喚されたカードが破壊された場合、墓地の幻影騎士団モンスタ2枚を特殊召喚...」

千歌「おおっ!また帰って来るんだ!」

曜「えぇーなにそれー!」

千歌「じゃあ私のブレイクソードと曜ちゃんのカードを破壊!そして墓地からさっき合わせたカードが帰って来るよ!」

曜「ガラ空きだよ...」

千歌「2枚で攻撃!」

梨子「待って!」

千歌「?」

梨子「ブレソの効果で蘇生したモンスターはレベルが1つ上がってるの。つまりランク4が立てられるのよ?闇属性限定だけど」

千歌「???」

梨子「つまり、2枚で攻撃するよりもエクシーズモンスターの方が沢山ダメージを与えられるってこと」

千歌「なるほど!」

千歌「えっと...これでいいのかな?2枚でもう1回エクシーズ召喚!闇のカードは...あっ!『ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン』を出します!」

曜「カッコいいカード!」
30: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 12:54:06.90 ID:HHdgo0OR.net
千歌「でしょー?それに、攻撃力は2500もあるんだよ!」

曜「2500!?4分の1以上も受けちゃうのか...」

曜「よーし、ばっちこい!」

千歌「何とかドラゴンで曜ちゃんに攻撃!」

曜「ぐわー!やーらーれーたー!」8000→5500

千歌「で、おしまいかな」

梨子「これ伏せて」スッ

千歌「あっ、罠カードを伏せて終了ね」

梨子「言っちゃダメだって!」

千歌「えぇー、でも出す時にはちゃんと言わないと」

梨子「伏せる時は言わなくてもいいんだよ。相手に何を伏せたかバレちゃうから」

千歌「はーい」
32: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 13:05:00.70 ID:HHdgo0OR.net
曜「私のターンだね。ヨーソロー!」スッ

曜「えっとじゃあ墓地のエイドスの効果。このカードを除外してエイドス以外の墓地の攻撃力800、守備力1000のモンスターを特殊召喚するよ」

千歌「そんなの出してもこのドラゴンには勝てないよ?」

曜「イデアを特殊召喚するね。で、特殊召喚したイデアの効果」

千歌「あっ、そんな効果があるんだ」

曜「いや、さっきもやったけど...」

千歌「あれ?」

曜「何かある?」

千歌「うーん、何も無いかな」

梨子「えっ」

梨子「発動しなくていいの?」

千歌「うーん、まだここじゃないかなーって」

曜「何かあるみたいだね...でもいかせてもらうよ!」

曜「デッキからエイドスを特殊召喚するね。で、エイドス効果」

千歌「ここだ!罠カードを出すよ!『幻影霧剣』!」

曜「何かカッコいいカードが出た!」

千歌「このカードがフィールドにいる間、黒い方の効果は無効になるよ!」

曜「うわっ、コンボが...」

千歌「また2800のカードが出てきたら困るもん」
34: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 13:13:58.90 ID:HHdgo0OR.net
曜「うーん、じゃあ手札から魔法カード『帝王の烈旋』を発動するね」

梨子「あっ...」

千歌「何それー?」

曜「えっと、アドバンス召喚するとき、1度だけ相手フィールドのモンスターを1体代わりにリリースできるんだって」

千歌「えっ、じゃ、じゃあ私のドラゴンは」

曜「ふふふ、イデアと千歌ちゃんのドラゴンをリリースして、『天帝アイテール』をアドバンス召喚!」

千歌「ぎゃー!また2800が!!しかも私のフィールドには何も無いし!!」

曜「アイテールの効果発動!手札、デッキから帝王魔法罠カード2種類墓地に送ってデッキから攻撃力2400以上で守備力1000のモンスターを特殊召喚するよ!」

千歌「ま、待って!そんな強いのいっぱい出ちゃ...」

梨子「まだ耐えられるわ。大丈夫」

曜「冥帝エレボスを特殊召喚するよ!」

千歌「に、2800が2枚も...」

曜「攻撃だよ!2枚で千歌ちゃんにダイレクトアタック!」

千歌「うわー!」8000→1400
36: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 13:20:05.04 ID:HHdgo0OR.net
曜「それで、墓地に送った『汎神の帝王』の効果、このカードを除外してデッキから帝王魔法罠カードを3枚千歌ちゃんに見せる。千歌ちゃんはその中から1枚選んでね」

千歌「う、うん...」

曜「えぇと...これとこれと、これでいいかな」

曜「はい」つ領域領域進撃

梨子「うわぁ...」

千歌「えっと...領域ってまたエクストラデッキから出せなくなるんだよね。『進撃の帝王』って言うのは」

千歌「アドバンス召喚したモンスターは効果の対象にならず効果で破壊されない!?」

千歌「じゃあブレイクソードの効果は...」

曜「残念だけど受けないね」

千歌「そ、そんなぁ!」

曜「さぁ、どうする?」

千歌「...」
37: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 13:31:10.78 ID:HHdgo0OR.net
千歌「し、進撃の帝王で...」

曜「りょーかいであります!じゃあ進撃を手札に加えて、選ばれなかったカードはデッキに戻すね」シャッフルシャッフル

千歌「...」

千歌「梨子ちゃん、これ勝てるの?」

梨子「次の引き次第かな?」

千歌「うわぁん!梨子ちゃんがこんな弱いデッキを渡すからだよー!」

梨子「よ、弱くなんかないよ!曜ちゃんの手札がたまたま良かっただけだから...」

曜「進撃の帝王を発動、で終了かな」

曜「その時にアイテールの効果で出したエイドスは手札に戻るよ!」

千歌「あっ、そうなんだ...良かった」

千歌「って良くないよ!まだ2800残ってるじゃん!しかももう体力1400しか無いし!!」

梨子「千歌ちゃん、ここで千歌ちゃんの実力が試される時だよ!」

千歌「う、うん...私のターン」

千歌「ドロー!!」

千歌「...!」チラ

千歌「終わった」

梨子「まだ終わってないわ!千歌ちゃん!幻影騎士団は倒れない!」

千歌「えっ?」

梨子「幻影は墓地効果があるの。まだまだひっくり返すチャンスはあるよ!」

曜「そんな効果があったんだね...」

千歌「よ、よし!」
39: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 13:45:19.64 ID:HHdgo0OR.net
千歌「でも何か効果があるのかなぁ...」ジ-

千歌「こ、これは!」

曜「何か見つかったの?」

千歌「墓地のダスティローブの効果!このカードを除外して、デッキからダスティローブ以外の幻影騎士団カードを手札に加えるよ!」

曜「ふむふむ」

千歌「サイレントブーツを加えるね」

曜「どうぞ」

千歌「で、手札から『幻影騎士団ラギットグローブ』を通常召喚!」

曜「新しいカードだ...」

千歌「そして、フィールドに幻影騎士団がいるから手札に加えたサイレンブーツを特殊召喚!」

曜「ま、まさか...!でも進撃の効果でアイテールは破壊されないよ!」

梨子「違うのよ、曜ちゃん」

千歌「よーし、もう1回ブレイクソードを出します!」

千歌「そしてブレイクソードの効果!このカードと、曜ちゃんの進撃の帝王を破壊!」

曜「モンスターだけじゃないの!?」

千歌「フッフッフー、さっき気付いたんだよ」

曜「くそー、これじゃあアイテールが...でもさっきのドラゴンを出しても攻撃力は上回らないよ!」

千歌「ブレイクソードの効果で墓地から特殊召喚した2枚を合わせてエクシーズ!もう1回何とかドラゴン!」

千歌「そして、このカードの効果!素材を2枚落として曜ちゃんのカードの攻撃力は半分に!」

曜「んなぁ!?」

千歌「その分だけ何とかドラゴンの攻撃力は上がります!」

曜「えっと...じゃあアイテールが1400で千歌ちゃんのが3900!?」

千歌「いっけぇ!曜ちゃんのカードに攻撃!」

曜「うわー!」5500→3000

曜「で、でももうその効果は使えないよ!」

千歌「ドラゴンの攻撃力はずっと上がったままなのだ!」

曜「嘘...」

千歌「これでターン終了!」

梨子「やったね千歌ちゃん♪」
40: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 14:01:08.88 ID:HHdgo0OR.net
梨子「でもホントは一気にケリを付けられたんだけどね」

千歌「そうなの?」

梨子「うん」

曜「ふー、良かったぁ」

千歌「もー!先に言ってよー!」

梨子「だってそれじゃあ曜ちゃんが可哀想だもん」

千歌「む~...」

曜「私のターンだね。ヨーソロー!」スッ

曜「フッ」

千歌「えっ」

曜「墓地のエイドスの効果」

千歌「あぁまた2体出てくる...でも、アドバンス召喚しても2800だもんね!」

曜「イデアを出してイデアの効果」

千歌「どうぞどうぞ」

曜「エイドスを特殊召喚するよ」

千歌「またこのパターンだ」

曜「まぁね」

曜「で、2体をリリースして手札からエレボスを召喚!」

曜「エレボスの効果!デッキから帝王魔法罠カードを2種類墓地に送って、千歌ちゃん手札、フィールド、墓地のカードから1枚デッキに戻すよ!」

梨子「あっ...」

千歌「えっちょっ待って...それじゃあ」

曜「さよーなら、千歌ちゃんのドラゴン」

千歌「あぁー!」

曜「よーし、千歌ちゃんにダイレクトアタックだ!」

千歌「ぼ、墓地の幻影霧剣の効果!除外して墓地のブレイクソードを特殊召喚するよ!守備にして!」

曜「くそー、勝ったと思ったのに」

曜「じゃあブレイクソードに攻撃で」

千歌「ふー、危なかったぁ」
50: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 19:48:40.75 ID:sI8tTsXn.net
千歌「この罠カードで特殊召喚したら墓地に行かないんだよね」

千歌「除外...ってさっきもなんだけど、どこに置けばいいんだろう?」

梨子「私は千歌ちゃんみたいにデッキの隣に置いてるけど」

曜「ちゃんとした置き場所ってないんだね」

梨子「うん...そこは人それぞれだから」

曜「私はこれでターンエンドかな」

千歌「あうぅ...これ、大丈夫かな」

千歌「ドロー!」スッ

千歌「何か強そうなの引いたけど、どうなのかな?」

梨子「うーん...今来てもって感じだね」

千歌「そっかぁ。じゃあ負けたかな?」

梨子「墓地に幻影残ってるよ」

千歌「あっ、そっか」

千歌「えぇと、サイレントブーツの効果...さっき曜ちゃんのカードが止まったのは」

梨子「剣のカード」

千歌「あっそっか。幻影霧剣を手札に加えます」

曜「うっ...また効果を止められる」

千歌「これは攻撃も出来なくするんだよ!」

曜「えぇっ!?」

曜「めちゃ強いじゃん。しかも永続だからずっとなんでしょ?」

千歌「うん」

曜「(あーでも、リリースすればいいのか)」

千歌「1枚伏せて終了ね」
51: 名無しで叶える物語 2017/10/24(火) 19:56:26.29 ID:sI8tTsXn.net
曜「私のターン」スッ

曜「(よしっ!いける!)」

曜「手札のアイテールの効果!このカードが手札にある場合、墓地の帝王魔法罠カードを1枚除外してアドバンス召喚が出来る!」

千歌「と、罠発動!」

梨子「できないよ」

千歌「えっ」

梨子「アイテールは手札で発動する効果なの。幻影霧剣はフィールだけだから発動出来ないのよ」

曜「出したとしてもエレボスが無効になるだけだね」

千歌「そ、そんなぁ!じゃあ2800が2体出てきて...1枚しか止められないってことは」

梨子「千歌ちゃんの負けだね」

千歌「うぅ...曜ちゃん強すぎだよ!私と同じ初心者なのに!」

曜「神引きしたからね。運も実力の内だよっ!」

千歌「くっそー!」1400→0
54: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 00:48:12.52 ID:BcZ10OlD.net
千歌「はー負けちゃった。でも、結構面白いね!」

曜「ちゃんとしたルールで遊ぶと楽しいんだね」

梨子「良かった...そうだ。これを機に二人もデッキを作ってみたら?」

千歌「えぇっ!?結構難しそう...私に出来るかな」

梨子「最初から組んであるデッキが売ってるから、それを基本に作っていったらいいと思うよ。曜ちゃんの使ったデッキも元々組まれてたデッキにアレンジしただけだから」

曜「へー、市販のデッキなのにこの完成度」

梨子「しっかり組んでくれているから、全然闘えるよ」

千歌「じゃあそれで組んでみよーかなー」

梨子「何かあったら私も手伝うから!」

千歌「ありがとう!」
55: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 00:50:27.90 ID:BcZ10OlD.net
~数日後~

千歌「梨子ちゃん!勝負だよ!」

曜「2人で遊びまくって結構ルールも覚えたよ!」

梨子「そ、そうなんだ...」

梨子「(私も誘って欲しかったな)」

千歌「いざ勝負!私の無敵のデッキが今か今かと震えてるよ!」プルプル

曜「千歌ちゃんが手を動かしてるだけじゃん」

千歌「バレたか」

梨子「ふふ、受けて立ちます」
56: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 00:57:14.41 ID:BcZ10OlD.net
梨子「何のデッキにしたの?」

千歌「お店の人に聞いたら天使のが最新だって言ってたから、それにした」

曜「私は帝」

梨子「曜ちゃん、気に入ったんだね」

曜「結構回しやすいからね」

曜「それに、売ってたストラク結構レギュレーションに引っかかってるカード多かったし。恐竜とか」

梨子「帝も汎神やられてるけどね」

曜「まぁ制限なのは当たり前な気がするけど」

梨子「全盛期は凄かったわよ」

曜「うわー、やってみたかったなぁ」

千歌「もー!私を置いてかないで!」

梨子「わかってるよ、千歌ちゃん」

千歌「早くやろうよ!梨子ちゃん幻影使ってもいいよ?」

梨子「いいえ、私はお気に入りを使わせてもらうから」

曜「(梨子ちゃんのお気に入り...何だろう)」
57: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 01:07:19.39 ID:BcZ10OlD.net
ちかりこ「じゃんけんぽん!」

梨子「やった!先攻貰います」

千歌「どうぞー」

梨子「スタンバイからメイン...」パチパチ

梨子「...」パチパチパチ

梨子「手札から『テラフォーミング』を発動」

千歌「えっと、フィールド魔法カードを手札に加えるんだっけ?」

梨子「そうよ。何かある?」

千歌「んーん、止められそうなものないから進めて」

梨子「じゃあデッキから『トリックスター・ライトステージ』を加えるわ」

曜「うわっ!いやらしいデッキ...」

千歌「何だっけ...地味ーにダメージ受けていくんだよね」

梨子「ふふ...地味な私にピッタリのテーマだよ」

曜「(梨子ちゃんブレてるなー)」

梨子「続けるね。加えたライトステージを発動するわ」

千歌「はーい」

梨子「それで、発動処理としてデッキからトリックスターモンスターを1枚加えるわ」

曜「キャンディナだろうね」

梨子「ご名答」

千歌「えぇっと...魔法罠使う度にダメージ受けるんだっけ」

梨子「良く知ってるね」

千歌「スマホで対戦動画とか見たりしたから」

曜「千歌ちゃん、結構ハマるととことんやるタイプだから」

梨子「納得」
58: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 01:12:50.86 ID:BcZ10OlD.net
梨子「それじゃ、加えた『トリックスター・キャンディナ』を通常召喚するわね」

梨子「キャンディナの効果、マンジュシカサーチ」

千歌「あー、このパターン何回も見た」

梨子「マンジュシカ効果」

千歌「手札から増殖するGを発動だよ!」

曜「おぉ、握ってたんだ...」

梨子「千歌ちゃんの手からGが出てくるなんて...」

千歌「あ、梨子ちゃんの後ろに本物が」

梨子「ウオオオオアアアアアアアアッッッッ!!!!!」

梨子「...って、いないじゃない」

千歌「嘘でーす」

梨子「もう」

曜「え、何今の」
59: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 01:19:01.18 ID:BcZ10OlD.net
梨子「『トリックスター・マンジュシカ』を特殊召喚するね。で、キャンディナは手札に」

千歌「特殊召喚したから1ドロー」

梨子「じゃあマンジュシカの効果で200ダメージね。それと、ライトステージの効果でさらに200ダメージ」

千歌「あぁっ!マンジュシカに増殖するGは撃っちゃダメだったんだ!」8000→7600

曜「手札にカードが増える度にだもんね」

梨子「2枚伏せてエンドよ」

千歌「やっちゃったー」

千歌「私のターン、ドロー」スッ

千歌「で、ダメージか」7600→7200

曜「チクチク削られるね」

梨子「ドローフェイズに罠カード発動!『トリックスター・リンカーネーション』!」

千歌「うっわマジか...」

曜「テラフォとリンカネ素引きは強い」

千歌「結構いい手札だったのにー」

千歌「200×6だから1200か」

梨子「あとライトステージとね」

千歌「キツいなぁ」7200→5800
66: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 10:02:22.79 ID:F+nDHKyU.net
千歌「う~ん...取り敢えず『天空賢者ミネルヴァ』を召喚」

梨子「知らないカードだ」

曜「ストラクの新規だったはず。だよね?」

千歌「うん。で、効果はお互いにカウンター罠を発動する度に打点500アップ」

千歌「聖域あったらカウンター罠サルベージ出来るんだよ」

梨子「今ないから追加効果は無し、と」

千歌「そゆことー」

千歌「バトル。ミネルヴァでマンジュシカ攻撃」

梨子「じゃあダメステ開始時に手札のオネスト効果」

千歌「うっそ...」

曜「梨子ちゃんの初手良すぎじゃない?」

梨子「うん、今回ホントにヤバいくらい神引き」

千歌「で、ミネルヴァの攻撃力分受けるのかー」5800→4100

梨子「あ、後ライトステージもね」ニッコリ

千歌「あーそっか。これトリックスターの戦闘ダメージになるんだね...」4100→3900

曜「千歌ちゃんが動くだけで4000近く削られたよ...」

曜「あ、因みに今のは千歌ちゃんと近くをかけて」

ちかりこ「説明はいいから!」

千歌「しかも私のを取らないでよー!」

曜「ごめんごめん」
67: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 10:09:58.74 ID:F+nDHKyU.net
千歌「メイン2、『解放のアリアドネ』セッティング」

曜「出た出た、千歌ちゃんのお決まり」

梨子「えっと...カウンター罠のライフコストが無くなるんだよね」

千歌「そうそう。神のシリーズがノーコストで発動できるの」

梨子「...割と壊れてるよね、それ」

千歌「まぁ」

千歌「で、2枚伏せてエンドで」

梨子「私のターンね。ドロー」スッ

梨子「フィールドのライトステージの効果。千歌ちゃんの右側の伏せカード対象で」

千歌「えっ、何かあるの?」

梨子「エンドフェイズまで対象のカードは発動出来ず、その時に発動するか墓地送るかダメになるの」

千歌「何それ!?知らないよそんな効果!」

梨子「カウンター罠多めの千歌ちゃんのデッキには結構痛いんじゃないかな」

千歌「ふふ、何とか致命傷で済んだかな?」

梨子「それは済んでない気が...」

曜「因みに何だったの?」

千歌「これ」チラ

曜「あー」

曜「(強烈なはたき落としかー。キャンディナ効果止められたね~)」
69: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 10:24:58.68 ID:F+nDHKyU.net
梨子「それじゃあ手札からキャンディナ召喚」

千歌「2体目のマンジュシカは出させないよ!『神の警告』発動!」

梨子「あら」

千歌「ライフコストも必要ないから、どんどん使いまくるよ!」

梨子「でもま、ガラ空き出しいけるかな」

曜「あー、終わったかな」

千歌「しまった...墓地にトリックスター行ったらリンカーネーションの効果が!」

梨子「ふふふ」

梨子「墓地のリンカーネーション効果、除外して墓地のキャンディナを蘇生」

千歌「あーまた負けるのー!?」

曜「戦闘ダメージでお終いだもんね」

梨子「で、エンドかな」
70: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 10:33:25.50 ID:F+nDHKyU.net
千歌「へ?」

梨子「だって...折角千歌ちゃんがルールや効果を覚えてくれたんだもん。楽しまなくっちゃ♪」

千歌「梨子ちゃん...!」

曜「(いや違う...!楽しむためなんかじゃない!梨子ちゃんは千歌ちゃんをじわじわ嬲るつもりなんだ!)」

千歌「発動出来ないから墓地送りかー」

梨子「(強烈なはたき落とし...どっちもどっちだったわね)」

千歌「じゃあいくよ?ドロー」

千歌「で、ライフが削れるのか」3900→3500

千歌「あっ、でもいいの引いたかも」

千歌「じゃあスタンバイからメ」

梨子「罠発動、『威嚇する咆哮』このターン千歌ちゃんは攻撃宣言が出来ません」

千歌「えー、折角いいカード引いたのに」

千歌「まぁ仕方ないか。手札から『力天使ヴァルキリア』召喚」

梨子「また知らないカードだ」

千歌「えっと...効果は自分がモンスター効果と魔法罠の発動を無効にした時にデッキから光属性天使をサーチ」

千歌「でもサーチしたら結局ダメージ受けるんだけどね」

千歌「攻撃したいけど出来ないからなぁ...エンドで」
73: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 13:33:51.37 ID:F+nDHKyU.net
梨子「私のターンね」スッ

梨子「スタンバイからメイン入ります」

千歌「どうぞ」

梨子「2体のトリックスターでリンクするわ」

千歌「おおっ!リンク召喚だ!私も何枚か買ったよ!」

曜「色々出来て強いよね。リンクって」

梨子「『トリックスター・ホーリーエンジェル』をリンク召喚するわ」

千歌「キャンディナとマンジュシカはいいの?」

梨子「楽しまなくっちゃね♪」

梨子「そして、手札からライトステージ発動」

千歌「うわっ!張替え!?」

曜「おぉ」

梨子「発動処理としてデッキからトリックスターモンスター...リリーベルでいいかな」

梨子「リリーベルの効果発動。手札に加えた時に特殊召喚できるわ」

千歌「それは待った!手札の『朱光の宣告者』の効果を発動するよ!」

千歌「イーバとこのカードを墓地に送って、梨子ちゃんのモンスター効果を無効にして破壊!」

曜「出た、千歌ちゃんの宣告者」

梨子「まさか握ってたなんて...」

千歌「そして墓地に行った『イーバ』の効果、フィールドにはいないから墓地の天使族2枚除外して、レベル2の光属性天使族モンスターを手札に加えるよ!」

千歌「朱光と紫光の宣告者を加えるね」

梨子「くっ...罠かモンスター効果を止められる...!」

曜「この動き初めてだよ...千歌ちゃんやるなぁ」

千歌「ふふふ、舐めプは厳禁だよ?梨子ちゃん」

梨子「...そうね」
75: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 13:40:23.52 ID:F+nDHKyU.net
千歌「そして、力天使ヴァルキリアの効果。無効にしたから光属性天使族をサーチ」

梨子「そう言えばそんな効果だったわね」

千歌「ここはオネストだよね」

梨子「くぅ...これはちょっとマズいかも」

曜「手札誘発入れてないの?」

梨子「ううん、入れてるんだけど来ない」

曜「あー、あるよね。どうでもいい時に来るやつだ」

梨子「1枚伏せてエンドで」
81: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 18:48:40.60 ID:MH2TYgvi.net
千歌「私のターン!」スッ

千歌「スタンバイからメイン...」

梨子「どうぞ」

千歌「ほっ、何も無かった」

千歌「バトル。ヴァルキリアでホーリーエンジェルに攻撃」

千歌「ダメステ開始時に手札のオネスト効果」

梨子「...仕方ない」8000→6200

千歌「2枚伏せてエンド」

梨子「(これでオネストは気にしなくていい...でも千歌ちゃんの手札には宣告者が)」

梨子「(これに賭けるしか...)」スッ

梨子「!!」

梨子「取り敢えずライトステージの効果で千歌ちゃんの右側の伏せカードを封じるわ」

梨子「(多分カウンター罠...大丈夫なはず)」

千歌「くっそー」

曜「何だったの?」

千歌「これ」

曜「(通告か...ずっと握ってたんだ)」

梨子「よし、手札から『死者蘇生』を発動するわ!墓地からリリーベルを蘇生!」

千歌「待った!カウンター罠『魔宮の賄賂』!」

梨子「なぁっ!?」
82: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 18:49:43.73 ID:MH2TYgvi.net
千歌「蘇生は無効だよ。でも梨子ちゃんは1枚ドローができる」

曜「このドローにかかるね...」

梨子「お願い...来て!」スッ

灰流うらら「>ω</」

梨子「」

曜「あっ」

千歌「よーし、それでヴァルキリアの効果でサーチを」

梨子「うららで」

千歌「ありゃー」

曜「苦しいなぁ梨子ちゃん」

梨子「ターンエンドよ」
83: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 18:57:43.10 ID:MH2TYgvi.net
曜「て言うか千歌ちゃん、朱光で止められたんじゃ...」

千歌「あっ!!」

千歌「すっかり忘れた...」

曜「ちゃんと手札確認しないから」

梨子「ふぅ...忘れてくれてて良かった」

梨子「(私も忘れてたんだけどね)」

千歌「じゃあ行くよ。ドロー」スッ

千歌「よし」

千歌「手札から『豊穣のアルテミス』を召喚」

千歌「このカードはお互いがカウンター罠を発動する度に私がドローできるの」

梨子「中々凶悪ね」

千歌「マンジュシカいるとキツいけどね」

千歌「バトル!2体で攻撃!」

梨子「通すわ...」6200→2800

千歌「よしっ!梨子ちゃんのライフを上回ったよ!」

曜「千歌ちゃんが逆転した!」

千歌「ターンエンド!」
91: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 22:08:04.05 ID:MH2TYgvi.net
梨子「私のターンね...」スッ

梨子「シャイニングドロー!!」

千歌「り、梨子ちゃんがシャイニングドローを...」

千歌「って、シャイニングドローって何?」

曜「さぁ」

梨子「知らないの!?」

ようちか「」コクリ

梨子「うぅ...恥ずかしい思いしただけだよ/////」

梨子「肝心のカードは...?」

梨子「っしゃ!」グッ

曜「梨子ちゃんがガッツポーズを...」

千歌「さぁ来い!因みに宣告者握ってるよ!」

梨子「ふふっ」

曜「梨子ちゃんが笑った...!?」

梨子「私は、手札から『ブラックホール』を発動!」

千歌「なあっ!?」
92: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 22:25:11.44 ID:MH2TYgvi.net
曜「あーそっか。千歌ちゃん握ってたの紫光だもんね」

梨子「サヨナラ、千歌ちゃんのモンスター」

千歌「くっそー!勝ったと思ったのにぃ!!」

曜「引き強いなぁ梨子ちゃん」

梨子「そして自分フィールドにモンスターが存在しない時、手札から『WW-アイス・ベル』を特殊召喚召喚」

千歌「知らないカードだ。私の見た動画にはこんなのいなかったよ」

梨子「そしてアイスベルの効果、デッキからWWモンスターを特殊召喚するわ。私が出すのは『WW-グラス・ベル』!」

曜「(あー、千歌ちゃん負けたな)」

千歌「チューナーだ...でも、7シンクロならまだライフは残るよ!」

梨子「それはどうかしら?」

千歌「ほぇ?」

梨子「グラスベルの効果にアイスベルの効果をチェーン発動!千歌ちゃんに500ダメージ!そして、グラスベルの効果でデッキからグラスベル以外のWWモンスターを手札に加える!」

千歌「こんなところでも地味ダメージ...」3500→3000

梨子「私が加えるのは『WW-スノウ・ベル』!」

梨子「そしてスノウベルの効果!風属性モンスターが2体以上存在し、風属性以外のモンスターが存在しない時に手札から特殊召喚!」

千歌「わらわら出てきたよ...」

千歌「げっ!スノウベルっていうのもチューナーじゃん...」

梨子「アイスベルとグラスベルでチューニング!『WW-ウィンター・ベル』をシンクロ召喚!」

梨子「そしてウィンターベルの効果!グラスベル対象、対象のモンスターのレベル×200ダメージ!」

千歌「800!?ちょっ...待って!これ攻撃食らったら」3000→2200

梨子「そして2枚でチューニング!『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』!」

曜「出たー耐性持ちクリスタル」

千歌「さ、さんぜん...」

梨子「バトルよ!クリスタルウィングで千歌ちゃんにダイレクトアタック!!烈風のクリスタロス・エッジ!!」

千歌「うぼぁー!」2200→0
94: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 22:43:20.88 ID:MH2TYgvi.net
千歌「いやー、負けちゃったよー」

曜「何で朱光使わなかったの?」

千歌「へ?」

曜「いや、WWのどっかで朱光使えば止められたのに...」

千歌「あ」

曜「もー!うららの時も言ったじゃん!ちゃんと手札を確認してって!」

千歌「いやー梨子ちゃんに気迫に押されちゃって...たはは」

梨子「そ、そんな...気迫だなんて」

曜「凄かったよ!何だか本物の遊戯王っぽかった!必殺技とか叫んでたし」

梨子「恥ずかしい.../////」

千歌「もうちょっと効果を覚えるようにするよ。次は負けない!」

梨子「私もよ」

曜「それじゃあ、次は私と」

???「待ちなさい!!」

ようちかりこ「!!!???」

ダイヤ「このわたくしを差し置いてデュエルなどぶっぶーですわ!」

千歌「ダイヤさん!」

曜「いつの間に!?」

梨子「(あれ?鍵開けっ放しだったっけ!?)」

ダイヤ「遊戯王で遊ぶというのに、浦の星チャンピオンのわたくしを呼ばないなど言語道断ですわ!」

千歌「そんなのあったんだ」

曜「絶対参加数少なそー」

ダイヤ「お黙りなさい!」
96: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 22:47:21.63 ID:MH2TYgvi.net
ダイヤ「とにかく、遊戯王をするというのならわたくしも参加せざるを得ませんわ」

ダイヤ「さぁ!どなでもかかってきなさい!いざ勝負ですわ!!」

梨子「私が相手になります」

千歌「梨子ちゃん!?」

曜「大丈夫なの!?ダイヤさん一応チャンピオンらしいし...」

梨子「大丈夫、任せて」グッ

千歌「これって...レベルの高い人同士のデュエルが見られるってことだよね?」

曜「参考になりそう」

ダイヤ「因みにこれは乱入ではありませんからペナルティ-2000はありませんわ」

梨子「いや、そこに拘らなくても...」
97: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 22:53:06.30 ID:MH2TYgvi.net
梨子「...これでいいか」

ダイヤ「複数のデッキをお持ちですのね」

梨子「色々持ってると動きとかわかりますし」

ダイヤ「わたくしは始めた時からこのデッキただ一つ、改良に改良を重ねた最強のデッキですわ」

千歌「ラーメン屋さんのスープみたいだね」

曜「創業以来継ぎ足し継ぎ足しした秘伝のデッキ!であります!」

ダイヤ「梨子さんからの先攻で構いませんわよ」

梨子「えっ、いいんですか?」

ダイヤ「それくらいのハンディキャップは必要ですもの」

梨子「じゃあ...スタンバイからメイン」

梨子「手札から『SPYRAL-ジーニアス』を召喚」

梨子「そして魔法カード『機械複製術』を発動」

千歌「うわぁ...」

曜「ダイヤさん、骨は拾ってあげますよ」
99: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 23:09:54.31 ID:MH2TYgvi.net
ダイヤ「」

千歌「ダイヤさーん?」

曜「千歌ちゃん...これは闇のデュエルだったんだよ」

千歌「そんな...ダイヤさん」

梨子「ごめんなさいダイヤさん...」

ダイヤ「」

千歌「て言うか梨子ちゃん作ってたんだ。SPYRAL...」

梨子「昔から作りたかったし、それに」

梨子「ダンディとジーニアス...」

千歌「強いもんね~その二人」

曜「(なんか違うような...)」

ダイヤ「はっ!デュ、デュエルは!?」

千歌「終わりましたよ」

曜「ダイヤさん、切り札がアークナイトじゃ流石に勝てませんよ...」

ダイヤ「...そのようですわね」

ダイヤ「所詮わたくしは井の中の蛙だったというわけですか」

梨子「そりゃまぁ浦の星だけですし」

曜「井の中どころかプラケースレベル?」

ダイヤ「ボロクソですわね」
100: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 23:19:29.56 ID:MH2TYgvi.net
ダイヤ「決めましたわ」スック

千歌「?」

ダイヤ「もっともっと浦の星のデュエルを強くするためにデュエル部を設立しますわ!」

曜「えぇ!?」

梨子「突然人の家に上がり込んできてデュエル挑んでボコられて気を失って正気を取り戻したら何を言い出すかと思えば...」

ダイヤ「対戦相手が壁しかいないとデュエルも強くなりませんし」

曜「壁かよ」

梨子「そりゃあチャンピオンにもなるよ...」

千歌「いいですね!やりましょう!」

ようりこ「千歌ちゃん!?」

ダイヤ「もう一人はルビィを入部させますわ。さぁ今すぐ申請しに参りましょう!」

曜「ちょっ...私これ以上部は掛け持ち出来ないって!」

ダイヤ「そんなもの会長権限で何とかなりますわ」

梨子「横暴すぎる...」

ダイヤ「さぁ皆さん!わたくし達のデュエル道が新たに始まりますわ!!」

千歌「おー!!」

ようりこ「やれやれ」

千歌「ところでずっと気になってたんだけど、対象を取る取らないって何?」
101: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 23:20:30.31 ID:MH2TYgvi.net
おしまい
(クソみたいなプレイングで)すまんな
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「対象をとる?とらない?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。