花陽「あぁん♥真姫ちゃんのお口気持ちいいよぉ!♥」ズン ズン ズン ズン

シェアする

花陽-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:00:39.66 ID:v//fw7eO.net
真姫「んもっ!んもっ!んもっ!んもっ!」ジュポジュポジュポジュポ

花陽「真姫ちゃんの唾液でぬるぬるの舌におちんちんヌリュヌリュ擦り付けるの気持ちいい~!♥」ヌリュヌリュヌリュヌリュ

花陽「あ、キタ♥キタキタ♥精液登ってきたよ、真姫ちゃん!」ガシッ

花陽「このままお口に射精するからねっ!?♥」ズンズンズンズン!

真姫「!!」

花陽「ああ、射精る♥射精る射精るっ♥んくぅぅぅぅ♥♥♥」ビュクビュクビュク♥

真姫「ん…!んむぅ…!」

真姫(!!なによこの量…!?)

花陽「飲んで♥飲んでぇ~♥」ガシッ

ドプドプドプドプ♥

真姫「んん~~!…んく…んく…」

真姫「…ごくん……ぷはっ」

花陽「はぁ…♥はぁ…♥ありがとう、真姫ちゃん…」

元スレ: 花陽「あぁん♥真姫ちゃんのお口気持ちいいよぉ!♥」ズン ズン ズン ズン

スクフェス総選挙
2: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:01:34.77 ID:v//fw7eO.net
花陽「はぁ…♥絵里ちゃん…!♥絵里ちゃんの腋ぃ…!♥」ニュクッ ニュクッ

絵里「…」

絵里(何を言いだすかと思えば、よりにもよって私の腋におちんちん擦り付けたいだなんて…)

絵里(すっごく変態なことしてるような気分だわ…)

花陽「ただでさえスタイル抜群で体格の良いの絵里ちゃんのエッチな腋の窪みにおちんちん擦り付けられるなんてっ!♥興奮するっ!♥幸せっ!♥♥」ニュルッニュルッニュルッ

絵里(そんなこといわれると…///こっちまで変な気持ちに…///)

花陽「うっ、射精るっ!!」ドプドプッ♥ビュクッ♥

絵里(わ、熱っ…!)

花陽「はぁ…♥はぁ…♥」

絵里(ああ…私の腋が花陽のでドロドロに……)ベットォォォ…

絵里(なんかこれ、クセになりそう…♥)ゾクゾク
3: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:02:43.80 ID:v//fw7eO.net
花陽(背面座位:下)「凛ちゃん、気持ちいいですか~?♥」ヌチュ ヌチュ

凛(背面座位:上)「にゃ…♥にゃ…♥」ヒクッ

凛(なんで…こんな…)

花陽「凛ちゃんのおまんこ、トロトロしてきたね~?気持ち良くなってる証拠かな?」ヌチュ ヌチュ

凛「!////」キュンッ

花陽「あ♥いま花陽のおちんちん『キュンッ』って締め付けてきたね?♥やっぱり気持ちいいんだ~?♥嬉しい♥」

凛「んふぅぅぅ…いやぁぁ……♥」

花陽「あ、そろそろ出そう♥」ゾクゾク⤴⤴

花陽「凛ちゃんの中に出すね♥」ヌヂュヌヂュヌヂュヌヂュ

凛「あっ♥あっ♥あっ♥あっ♥」

花陽「ん…!んぅぅぅぅぅ…!♥♥」ビュクビュクビュク♥

凛「ひっ!?♥あぁぁぁぁぁぁ!!!!♥」

凛(出てる…!かよちんの熱くてドロドロしたのが流れ込んでくるよぉ…♥)

花陽「…んっ…♥んっ…♥」トピュッ…ピュク……

花陽「…はぁ~♥」

花陽「…凛ちゃん、好き……ちゅっ♥」

凛「んっ♥かよちん…♥ちゅぷ…ちゅっちゅっ…♥」トロ~ン
5: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:03:48.79 ID:v//fw7eO.net
希「ほらほらぁ♥」ムニュムニュ

花陽「ふっ…♥んふぅっ…♥あひっ…!♥」

希「ウチのパイズリ攻撃に手も足も出ないようやね♪」スリュッ スリュッ モニュッ

花陽(なにこれ…すごい…♥すごいよ!♥)

花陽(温かくて、柔らかくて、吸い付いてきて……おっぱいってこんなに気持ちよかったの…!?)

希「ウチのおっぱいの中に我慢汁溢れとるよ~、もうベチャベチャやんw」ネッバァァァ

希「じゃあそろそろラストスパート行ってみよか?」

ニュコッニュコッニュコッニュコッ

花陽「あ、射精るっ!射精るぅぅ!!♥」ゾゾゾ⤴

花陽「うひぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!♥♥♥♥♥」

ドロッ ドロドロッ…ビュクビュク……

希「あん♥」(熱っ♥おっぱいの中でおちんちん暴れてる…♥)

トク……トクン

花陽「ふーっ…♥ふーっ…♥」ピク…ピク…

希(果てたみたいやね…)ナデナデ

花陽(はぁ…♥希ちゃんおっぱいパイズリ射精さいこぉう~♥)
6: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:05:11.56 ID:v//fw7eO.net
花陽「はぁ~~♥にこちゃんのお腹~!♥」ヌリュッヌリュッヌリュッ

花陽「にこちゃんの未発達ロリボディにおちんちん擦り付けるの気持ちいい~~!!♥♥♥」

にこ「うぅ…」

にこ(なんかすごくいけないことしてる感じで変な気分……)

花陽「華奢でスレンダーな身体に程よくついた腹筋におちんちんがヌリュヌリュ擦れてたまらないよぉ~♥」

花陽「あ~、イクイク!!にこちゃんの無垢な思春期ボディに精液ぶちまけます!!」

花陽「おほぉぉぉぉぉぉ♥♥♥」ドピュドピュドピュッ!

にこ「きゃっ!」ピチャピチャッ!

にこ(熱っ…!ドロドロしてるし、髪にもかかっちゃった…)

花陽「はぁ…はぁ…♥にこちゃんの身体さいこう…♥」
7: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:06:14.15 ID:v//fw7eO.net
海未「花陽、どうですか…?」シコシコ

花陽「うん、気持ちいいよ海未ちゃん♥」

海未「そうですか、良かったです」シコシコ

花陽「ごめんね海未ちゃん、こんなこと手伝ってもらっちゃって…」

海未「いいんですよ、花陽。苦しいんでしょう?仲間が困っていたら協力するのは当たり前です」チュコチュコ

花陽(はぁ~♥海未ちゃんを騙してご奉仕させるの最高~♥)

花陽(本当はオナニーなんて手慣れてて自分で処理できるんだけどねっ♪)

花陽(困ってる後輩を助けるために慣れない破廉恥なことを率先して頑張る海未ちゃん健気で可愛いよぉ!♥)

花陽(あ、そろそろ…)ビクッ

花陽「あの…海未ちゃん…?」

海未「?」

花陽「お口で…して…」

海未「えぇ!?」

花陽「あ!いやなら良いんだけど…」

海未「…いえ、後輩のためです!恥ずかしいですが一肌脱ぎましょう///」

花陽(海未ちゃんチョロ過ぎです!)

海未「あ~ん…」

海未「あむっ!///」

花陽「ひっ♡」

花陽(あの海未ちゃんが恥ずかしそうに花陽のおちんちん咥えてるの見たら、それだけで…もう…♥)

花陽「射精るッ♥」ドピュッ♥ビュルルルル♥

海未「んむぅッ!?」(ちょ…!いきなり!?)

ビュクッ…ビュクン……

花陽「はぁ…♥はぁ…♥」

海未(う、生臭くて…苦いです…)クチャクチャ

花陽「海未ちゃん、気持ち良かったよ…♥ありがとう」

海未「あ、はい。お役に立てて良かったです」

花陽(あぁ~♥何この背徳感♥♥クセになりそうだよぉ~♥♥♥)ゾクゾクッ♥
8: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:10:01.46 ID:v//fw7eO.net
ことり「睾丸、おちんぽ汁、亀頭、おまんこ、ペニス、ヴァギナ~」ボソボソ

ことり「おちんぽビンビン、ザーメン精子、ドピュドピュ中出し~♥」ボソボソ

花陽「あぁ…♥あぁぁぁ…♥♥」ビクンビクンッ!

花陽(ことりちゃんの淫語責めいいよぉ…♥)

ことり「あはっ♪ことりがエッチなこと言っただけでおちんちんビクビク反応してる~♪」

ことり「こんなことされて悶えてるなんて、情けないと思わないの?」

花陽「しょ、しょんにゃ~…♥」

ことり「まぁ、花陽ちゃんエッチなこと大好きだもんね♥花陽ちゃんにとっては性欲を満たすためならプライドを捨てるくらいどうってことないよね♪」

ことり「理性壊れちゃったのかなぁ?もう脳味噌までおちんちんに支配されてるんじゃない?」

ことり「そもそも女の子なのにこんなもの生やしちゃう時点で、性欲の塊もいいところだよね」

ことり「そのおちんちんでどれだけの女の子を犯してきたの?」

花陽(もう…限界…♥)

花陽「ねぇ、ことりちゃん…?」

ことり「ん?」

花陽「その………しゃ…しゃせ…!」

ことり「…?」

花陽「しゃせぃ…!///したぃ…んだけど…」

ことり「…なに?イキたいの?」

花陽「!」コクコクッ

ことり「…まぁ、ことりもそろそろ飽きてきたし?最後に花陽ちゃんが情けなく射精するところ見て帰ろっかな」

花陽「!」パァァァ

ことり「すぅぅぅぅぅ…」

ことり「あん♥ん、ふぅっ♥ん♥あぁん♥うぅん♥あふん♥あっ♥んぁ♥あぁん♥」ボソボソッ

花陽「~~ッ!!♥♥♥」

ビューッ!ビュクビュク!ドピュッ♥

ことり「ぷっw本当に射精してるよ」

花陽「はぁ…♥はぁ…♥」

ことり「触れてもないのに喘ぎ声だけで射精までしちゃうなんて、これはもう本物の変態さんだね♪」

花陽(脳トロ喘ぎ囁きボイスさいこぉ~♥)
9: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:10:38.42 ID:v//fw7eO.net
花陽「はぁ…はぁ…♥」シコシコシコシコ

花陽「うっ!」ドピュドピュドピュッ!

ランチパック「」ベチャッ ドロ~ッ

花陽「はい、穂乃果ちゃん!花陽の精子和えランチパック、召し上がれ!」

穂乃果「はぁ…!はぁぁぁ……!」ドクン…ドクン…

花陽「どうしたの、穂乃果ちゃん?食べないの?穂乃果ちゃんの大好きなランチパックだよ?」

穂乃果「…」

穂乃果「…パクッ」

穂乃果「もぐ…もぐ…」ニチャッ ニチャッ

花陽(穂乃果ちゃん花陽の精液食べてる♥花陽の精子咀嚼してる♥)ムクムク

穂乃果「もぐ…もぐ……うぷっ…!」

穂乃果「………もぐ…もぐ…」ジワッ

花陽(涙目になって食べてる!♥花陽の精子そんなに美味しいのかな?♥)ゾクゾク

穂乃果「…んく…んく……!」

穂乃果(喉に絡みついて飲みにくいよ…)

穂乃果「…ごくん……」

花陽「どう?穂乃果ちゃん美味しかった?♥」ハァ ハァ

穂乃果「……………うぷっ…」

穂乃果「うぼぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」ビチャビチャビチャビチャ

花陽「ほ、穂乃果ちゃん大丈夫!?!?」

~~~

花陽「穂乃果ちゃん、もう大丈夫…?」サスサス

穂乃果「……うん」

花陽「よかった」

花陽「じゃあご飯の続きしよっか!」

穂乃果「!!?」ザワッ

花陽「はい、新しいランチパックだよ」スッ

ランチパック「」ドッロォォォ

穂乃果「…はぁ…!はぁぁぁ…!!」
11: 名無しで叶える物語 2017/10/25(水) 16:14:25.62 ID:v//fw7eO.net
おわり♨
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『花陽「あぁん♥真姫ちゃんのお口気持ちいいよぉ!♥」ズン ズン ズン ズン』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。