ダイヤ「果南さんとお泊りなんて」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:16:52.19 ID:kGt2c7p1.net
果南「お邪魔しまーす」

ダイヤ「あら…時間通りに来るなんて明日は雨ですわね」

果南「嬉しいくせに」

ダイヤ「…別に、時間通りに来るなんて普通ですわ!」

果南「はーい、あ、差し入れ持ってきた」

ダイヤ「あら…そんな気を使わなくても」

果南「ダイヤの好きな抹茶プリン」

ダイヤ「すぐお茶を淹れますわ!!」キラキラ

果南(かわいい…)

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

ダイヤ「あっ…傘を忘れましたわ…」

元スレ: ダイヤ「果南さんとお泊りなんて」

スクフェス総選挙
2: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:24:39.86 ID:kGt2c7p1.net


果南「そういえばさ」

ダイヤ「……」モグモグ

果南「ダイヤの家に泊まるのって久し振りだよね」

ダイヤ「……」モグモグ

果南「あの頃はよく遊んでたけど…」

ダイヤ「…」モグモグ

果南「…ダイヤ?」

ダイヤ「…ん…あっ…なんですか?」

果南(かわいい)
5: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:31:30.92 ID:kGt2c7p1.net
ダイヤ「あ、少々お待ちを」

果南「トイレー?」

ダイヤ「違います」

果南「……」

果南「…んー」ノビー

果南(しかしいつきても広い部屋…)

果南(ダイヤの部屋には入れてくれないのかな…ってなに考えてるんだ私)

ダイヤ「おまたせ致しました」

果南「おー…ん?…なにそれ?」

ダイヤ「これですか?」

ダイヤ「電気マッサージ器ですけど」

果南「……あー……そういう…」
8: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:36:08.93 ID:kGt2c7p1.net


ダイヤ「ぁ''ー…最近衣装作りやらで肩が凝ってましてね…」ヴヴヴ…

果南「………」

果南(うん、そうだよね、ダイヤだもんね)

果南(女子高生がアレを見てえろい代物って思う方がおかしいんだよ、そもそもアレはただのマッサージ機!なにもおかしくない!)

ダイヤ「…あー」ヴヴヴ

果南「…」

果南(いや…アレを普通の使い方してる人なんて初めて見た…正直)

果南「…ねぇダイヤ…それさ」

ダイヤ「あー…え?あ…す、すいません!私とした事が…///」

果南「え?あ、あぁいや!って、やっぱりダイヤもそういう__」

ダイヤ「はい、果南さん」スッ

果南「え?」
10: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:39:05.65 ID:kGt2c7p1.net
ダイヤ「私ばかり使ってしまって…ですがうちには一本しかありませんので」

果南(そりゃそんなの何本もいらないよね)

ダイヤ「ですから果南さんもこれを使って気持ちよくなってください」ニコッ

果南「……お」

果南「おん…」
12: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:48:16.21 ID:kGt2c7p1.net
ダイヤ「どうぞ!」スッ

果南「う、うん」

果南(うわ…こんななんだ…)ヴヴヴ

果南「じゃあ…」スッ…

ダイヤ「…あの…なぜわたくしに?」

果南「え!?あ…いや…なんとなく?」

ダイヤ「はぁ…」

果南「…」

ダイヤ「…」

ヴヴヴ…

果南(何してるんだ私)

ダイヤ「……っ…」

果南(ん?)
13: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:51:56.93 ID:kGt2c7p1.net
ダイヤ「あ…あの…っ…も、もういいですよ?」

果南「……いや」

果南「もう少しだけ」

ダイヤ「…っ!?」

ダイヤ「か、果南さっ…あっ!♡」ビクッ♡

果南「…!」

ダイヤ「く、くび…ぁっ♡…く、首はだ…んっ♡」

果南「…っ///」

ダイヤ「か、果南さっ♡…や、やめっ♡くすぐったいですわっ…ぁっ♡」

果南「…だ、ダイヤ__」

ガラッ!!!

ルビィ「お姉ちゃん?いる?」
14: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 20:54:49.28 ID:kGt2c7p1.net
果南「…///」

ダイヤ「はぁーっ///…はぁ…///」

ルビィ「ど……どうしたの?2人とも」

ダイヤ「い、いえ?なんでもない…っです…どうしたの?」

ルビィ「あっ…えっとね?」

ルビィ(ん?あれって…あっ)

ルビィ「…ううん!なんでもない!ルビィこれから善子ちゃんちに遊びに行くね!」

ダイヤ「は、はぁ…あまり遅くなってはダメよ?」

ルビィ「はーい…!」チラッ

果南「っ!?」ビクーン
16: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 21:05:23.50 ID:kGt2c7p1.net
果南「……」

ダイヤ「……」

ぺしっ

果南「いたっ!」


__
____


ダイヤ「もうすっかり暗くなりましたわね」

果南「そうだね…早いなー」

ダイヤ「…そういえば、私の部屋は布団が1人分しかございませんわよ」

果南「知ってるよ」

ダイヤ「果南さんは床です」

果南「…まだ怒ってるのー?」

ダイヤ「当然ですわ!私をあんな辱めにあわせるなんて!」

果南「辱めって…」

ダイヤ「まったく果南さんはほんとにまったく」

果南「……」

スッ…

ダイヤ「…!」

私の横で怒ってるお姫様の肩を掴んで抱き寄せる

少し強引だったけどダイヤは私の顔を見た瞬間目を閉じてくれた

そして

そして私はダイヤに人生で267回目のキスをした
18: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 21:12:50.80 ID:kGt2c7p1.net
ダイヤ「……っ……!…んっ…ぁ」

果南「…っ…機嫌…直してくれた?」

ダイヤ「…ばか…またそうやってあなたは///」

果南「…」ギュッ…

ダイヤ「……果南さん、言っておきますけど今日は__」

オシタオシー

果南「ん?」

ダイヤ「…しませんわよ?」

果南「何を?」

ダイヤ「この前は流されてしまいましたが、今日は健全なお泊まりなので__」

果南「だから、何を…しないの?」

ダイヤ「な…何をって……なっ///」

果南「教えて…」スッ

ダイヤ「だっ…んっ!?……ぁっ…ん…♡」

果南「…っ…♡」

ダイヤ「っま…まちなさっ♡…果南さんっ!」グイー

果南「ん…もう…なに?」

ダイヤ「それはこちらのセリフですわっ///…とにかく今日はダメです!」

果南「そんな事言って…ダイヤだって濡れて」

ダイヤ「隣の部屋にはお父様がいます」

果南「え''」

ダイヤ「大声出しますわよ?」

果南「申し訳ありませんでした」
19: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 21:20:27.99 ID:kGt2c7p1.net


ダイヤちゃんのお部屋

ダイヤ「さて、では寝ますか」

果南「私の布団が見当たらないんだけど?」

ダイヤ「果南さんは廊下で」

果南「ごめんてば!」

ダイヤ「はぁ…しかたありませんから私と一緒に寝ることを許可してあげます」

果南「ははぁーっ」

ダイヤ「不埒な真似をしたら追い出しますからね?」

果南「心得た」

20: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 21:26:48.72 ID:kGt2c7p1.net
もぞもぞ…

ぎゅっ

ダイヤ「って…なぜ私に抱きつくのですか」

果南「だって狭いんだもん」

ダイヤ「1人用ですから当然ですわ」

果南「……ダイヤいい匂いする」

ダイヤ「っ!?ちょっと!嗅がないで!///」

果南「いいじゃん…ダイヤの匂い私好きだよ…」

ダイヤ「っ……もう…///」

「ねぇダイヤ、何かおはなしして?」

「だーめ、もう寝ますわよ」

「えーはやいー」

「ちょっ…触ってますわよ!///」

「だって狭いから…」

「またそんな!…ほら!これでいいでしょ?」

「…結局ダイヤも抱きつくんじゃん」

「せ、狭いからですわ///」

「かわいいよ」

「…ばか///」

__
_____

黒澤父「…」ギンギン
21: 名無しで叶える物語 2017/11/03(金) 21:29:12.49 ID:kGt2c7p1.net
おまけ


善子「あんたさー何かあると私の所に来る癖やめなさいよ」

ルビィ「だってー」

善子「…今日は何があったの?」

ルビィ「心配してくれるんだ」

善子「べつに」

ルビィ「…お姉ちゃんを果南ちゃんに取られた」

善子「え?」

ルビィ「多分今頃えっちしてる」

善子「えっっ」


おわりよ
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『ダイヤ「果南さんとお泊りなんて」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。