真姫「美味しいペヤングの食べ方」

シェアする

ペヤング-アイキャッチ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:16:26.27 ID:m0uHRslXO
穂乃果「はーい。真姫ちゃんこっち、こっち~」

真姫「なんなのよ?」

穂乃果「いやぁ、実は真姫ちゃんにこないだフランス料理をご馳走になったでしょ?」

前作 フランス料理
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1508939498/

真姫「あ~…あったわね。それで、なによ?」

穂乃果「だから、今度は穂乃果がお返しに真姫ちゃんにお返ししてあげようと思ってさ」

真姫「別にそんなのいいのに」

穂乃果「多分真姫ちゃん食べた事ないと思うよ~」

真姫「へ~。じゃあ、せっかくだし頂こうかしら」

穂乃果「うん。じゃあ、用意してくるね?」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510053386

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

穂乃果「フランス料理!」

元スレ: 真姫「美味しいペヤングの食べ方」

スクフェス総選挙
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:26:50.42 ID:m0uHRslXO
穂乃果「では、用意出来ました」

真姫「これは?」

絵里「インタント食品みたいだけど」

真姫「絵里?居たの?」

絵里「ずっと居たわよ?なんなら、穂乃果よりも早く部室に来てたんだけど」

真姫「そうだったの」

穂乃果「うん。これはね、カップやきそばなんだけど。ペヤングって言うんだよ」

真姫「へ~。カップやきそば…食べた事ないわ」

穂乃果「だと思ったよ。真姫ちゃんが食べた事なくて美味しい物って何かなって考えた時ペヤングが思い浮かんだんだよね」

絵里「私も食べた事ないわ。カップラーメンならあるけど」

穂乃果「じゃあ、二人とも初心者なんだね?」

真姫「初心者って大袈裟よ」

穂乃果「いや~そんな事ないと思うよ?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:33:40.16 ID:m0uHRslXO
穂乃果「じゃあ、先ずはペヤングを食べるにあたって確認作業があります」

真姫「確認作業?」

穂乃果「うん。先ずは海未ちゃんの有無を確認します」

絵里「海未の有無?」

真姫「日本語として間違ってない?」

絵里「えっと…このペヤングと海未になんの関係があるのかしら?」

穂乃果「ペヤングの容器を見てください」

真姫「容器?」

絵里「ん~………特に何もないけど」

穂乃果「いや、絵里ちゃん。裏じゃなくて蓋の方だよ」

真姫「あっ、なによこれ」

絵里「え?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:43:24.22 ID:m0uHRslXO
穂乃果「気づいた?」

真姫「カロリーが1081kcalってなによ。成人男性の一食分の摂取カロリーを超してるじゃない。って言うか気づいてはいたけど…超大盛りって何よ?これ普通じゃないの?」

絵里「え?本当…穂乃果…あなた…」

穂乃果「そうなの。超大盛りなの。大盛りじゃなくて超大盛り!こんなの食べてる所を海未ちゃんに見つかったら大目玉だよ」

真姫「だから太るのよ」

絵里「またダイエットしたいの?」

穂乃果「大丈夫だよ~。今日だけだからさ」

真姫「って言うか私、少食なんだけど」

穂乃果「平気だよ。意外とペロッと食べれるからさ。ね?本当に美味しいだからさ」

絵里「まあ、そこまで言うなら。今日だけよ?」

真姫「大丈夫かしら…」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:49:08.11 ID:m0uHRslXO
穂乃果「はい。それじゃあ、これからペヤングを作ります」

真姫「え?」

穂乃果「え?何?」

真姫「あ、いや…」

真姫(そっか。カップ麺なんだものね。そのまま食べれないのよね)

穂乃果「真姫ちゃんは作り方なんて知らないでしょ?」

真姫「カップ麺の作り方くらい知ってるわよ。お湯を入れて3分でしょ?」

絵里「流石に今の時代食べた事なくてもそれくらいは知ってるわよね?」

真姫「当然よ」

穂乃果「そっか。じゃあ…作ろうか?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 20:59:21.29 ID:m0uHRslXO
真姫(こんなの簡単よ。容器からビニールを剥がして蓋を開けてお湯を注いで3分待って終わりでしょ?)

絵里「あら?」

真姫(何よ?何かあったの?)

穂乃果「どうしたの?」

絵里「容器を開けたらなんか入ってたんだけど…かやく?かやくって何かしら?後、ソースとふりかけって…中に入れていいの?」

穂乃果「かやくだけね?他のはダメだよ?蓋の所に書いてあるでしょ?」

絵里「あっ、本当だわ。蓋に作り方が書いてあったのね」

真姫(普通気づくでしょ。こんなに目立つ様に書いてあるんだから。絵里って基本しっかりしてるけどたまに抜けてるわよね。まあ、それでも穂乃果や凛に比べたら全然平気だけど)

穂乃果「もうね。穂乃果は一回お湯を入れる前にソースを入れちゃって大変な目にあったんだから」

真姫(やっばり、穂乃果も失敗してるんじゃない)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 21:11:58.35 ID:m0uHRslXO
穂乃果「それでは、かやくを麺の上にドバッと入れちゃって下さい」

真姫(ドバッとって言う程の量でもないけど…)

穂乃果「二人とも入れた?」

絵里「あの…」

穂乃果「今度はどうしたの?」

絵里「この…茶色のは何かしら?」

真姫(確かに…私も思ったわ。まあ、見た感じ肉何でしょうけど。あまり見栄えが良くないわよね)

穂乃果「ふふ~ん。これはねぇ…」

絵里「これは?」

穂乃果「何だと思う?」

絵里「え?教えてくれないの?」

真姫(何勿体ぶってるのよ。お肉でしょ?それとも違うの?もっと意外な物なの?)

絵里「もしかして…お肉?」

穂乃果「正解!」

真姫(でしょうね。そんな勿体ぶる程の物でもないじゃない。それにしても…もうちょっと形はどうにかならなかっのかしら?)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 21:46:41.76 ID:m0uHRslXO
穂乃果「さあ、かやくを入れたら次はお湯を注ぎます」

絵里「お湯沸かしてないわよ?」

穂乃果「ちゃんと用意してるよ~。ほら、ポット」

絵里「あら!用意良いわね」

真姫(本当。こういう時ばっかりだけど)

穂乃果「じゃあ、入れてくね?」

ジョ~

真姫(それにしても…よくよく考えると凄いわよね。麺を乾燥させてお湯さえあれば食べれる様にするなんて。今じゃ当たり前なんだろうけど当時はとても画期的だったはずよね。きっと試行錯誤を繰り返し、失敗もしたでしょうね)

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫(私達の生活はそういった人達によって支えられてるって事を忘れてはダメね)

穂乃果「真姫ちゃんてば。おーい」

真姫「え?あっ…何?」

穂乃果「タイマーセットしたからさ。音が鳴ったらお湯を捨ててね?」

真姫「え、ええ」

絵里「ねえ、穂乃果?あなた…タイマーを2分40秒にセットしたわよね?容器には3分って書いてあるけど?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 21:55:12.51 ID:m0uHRslXO
穂乃果「あ~うん。それくらいが一番いいんだよ」

絵里「そうなの?」

穂乃果「うん」

真姫「ダメよ」

穂乃果「え?」

真姫「3分間って書いてあったんでしょ?」

絵里「え、ええ」

真姫「それは開発した人が研究に研究を重ねた結果一番美味しく食べれる時間が3分って事になったって事でしょ?開発した人達の努力を無駄にする気?」

絵里「え?ま、真姫?どうしたの?」

穂乃果「いや…あのね?タイマーを2分40秒にしたのには理由があってね?」

真姫「理由?」

穂乃果「お湯を捨てるまでの時間もあるわけでしょ?タイマーを3分にしたらその間も合わせて3分以上掛かっちゃうでしょ?だからそれを考慮して2分40秒にしたんだよ」

真姫「そ、そうだったの?」

穂乃果「うん。それこそ、穂乃果だって何回も研究して2分40秒が一番最適だって発見したんだから」

絵里「なるほど。そういう事だったのね」

穂乃果「うん」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 22:02:25.21 ID:m0uHRslXO
真姫(私は何も知らないのに穂乃果に偉そうにあんな事を言って…考えが浅かった…恥ずかしい)

ピピピピ

穂乃果「あっ、なんて話している」

真姫「え?」

絵里「時間ね?この端の部分を剥がせばいいかしら?」

穂乃果「うん。そうだね。昔はもっとこう…蓋がプラスチックのやつでさ。湯切りが上手くいかなくって麺を流しになんて事もあったんだけどね。今はそんな心配しなくていいんだもんね」

絵里「そうなのね。昔は大変だったんだ」

穂乃果「うん。大変だったよ」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 22:07:22.62 ID:m0uHRslXO
絵里「さて、じゃあ私からお湯を切るわね」

穂乃果「うん」

絵里「よっと…」チョロチョロチョロ

バコン

絵里「キャアア」バサァ

穂乃果「あっ!」

真姫「ああっ!」

絵里「イヤァァァァ。め、麺がぁぁぁぁ」

穂乃果「あちゃ。言い忘れてた。やっちゃったかぁ」

真姫「絵里?大丈夫?火傷してない?」

絵里「私は大丈夫。お湯も被ってないし。でも…麺が…私の麺が…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 22:15:40.76 ID:m0uHRslXO
穂乃果「やるんだよね、最初は。シンクの音にびっくりして」

絵里「これ…拾って食べる訳にはいかないわよね?女子高生としてアウトよね?」

真姫「絶対にアウトよ」

穂乃果「安心してよ。他の人が来た時の為にもう一個用意してあるからさ」

絵里「で、でも…」

穂乃果「大丈夫。初めてなんだから仕方ないよ。ビギナーズラックなんてそうそう起きるもんじゃない」

絵里「穂乃果…」

真姫「たったの3分。私達もそれくらい待つから」

絵里「真姫…」

穂乃果「一緒に食べよう?」

絵里「ええ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 22:32:05.98 ID:m0uHRslXO
絵里「待ってて二人とも。すぐに追いつくから」

穂乃果「うん」

真姫「待ってるわ」

~数分後~

穂乃果「さあ、やっとここまで来たね。蓋を開けるよ?」

絵里「ええ」

真姫「了解」

穂乃果「わぁ~このペヤングの麺の独特の匂い。堪らない~」

真姫(え?そうかしら?そんなに…食欲はそそられないけど…)

絵里「穂乃果?次はどうするの?」

穂乃果「ソース、ふりかけを麺の上にかけてソースが満遍なく行き届くまで掻き混ぜます」

絵里「普通に掛けていいの?」

穂乃果「そうだよ」

真姫「両方ともいっぺんに掛けていいのよね?」

穂乃果「うん。掛けていいんだよ」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 22:48:08.69 ID:m0uHRslXO
穂乃果「さあ~掻き混ぜよう!」

絵里「ええ」

穂乃果「簡単でしょ?」

真姫「そうね。凛の得意料理がカップラーメンって言うのも納得ね」

穂乃果「じゃあ、さっそく頂きましょうか?」

絵里「ええ」

真姫「そうね」

穂乃果「頂きます」

絵里、真姫「頂きます」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:02:28.79 ID:m0uHRslXO
真姫「……」ツルツル

絵里「……」パクパク

穂乃果「どう?おいしい?」

絵里「ハラショー。凄く美味しいわ。ね?」

真姫「ええ。正直びっくりだわ。実はね…お湯を入れただけでこんな美味しい物が食べれるなんて」

穂乃果「でしょ?でね~実はね…」

真姫「何よ?」

穂乃果「目玉焼きを持った来てるんだよね」

真姫「目玉焼き?」

穂乃果「うん。この目玉焼き…ちょっと冷えちゃってるけど…目玉焼きをペヤングの上に乗せると……ほら?少し豪華になった感じがするでしょ?」

絵里「ハラショー。確かにお祭りで売ってるやきそばとかって目玉焼きが乗ってる事もあるものね」

穂乃果「そうなの。これがペヤングと合うんだよ。他にも今日は無いけどご飯を入れてそば飯にしても美味しいんだよ。花陽ちゃんに怒られちゃいそうだけどね」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:09:35.53 ID:m0uHRslXO
真姫「へ~そうなの…」

穂乃果「うん」

真姫(穂乃果がそこまでしてくれるのは凄く有難いんだけど…まだ半分しか食べてないのに…結構お腹いっぱいなんだけど…)

穂乃果「いやぁ~美味しいね~。ね?」

絵里「え?ええ…そうね…」

真姫(ほら。絵里ももう限界来てるじゃない。やっぱり、普通で十分だったのよ)

穂乃果「あれ?二人とも急に口数が減ったね?」

真姫(どうして穂乃果は平気そうなのかしら?胃袋がでかいのね。きっと…)

穂乃果「もしかして、二人とも…お腹いっぱい?」

絵里「え?」

真姫「う、うん。やっぱり、超大盛りは女の子には無理よ」

穂乃果「穂乃果も女の子なんだけど?」

真姫「穂乃果と花陽は別よ」

穂乃果「え?花陽ちゃんと同じ扱いなの?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:16:17.76 ID:m0uHRslXO
穂乃果「そっか…食べられないかぁ」

ガチャ

凛「あれ?なんか凄い匂いがするにゃ~」

希「三人で仲良くペヤング食べてるやん。ウチらも呼んでくれれば良かったのに」

穂乃果「凛ちゃん、希ちゃん」

真姫「狙ったように現れたわね」

絵里「ちょうど良かったわ。食べきれなかったのよ。二人も食べる?」

凛「え?いいの?ラッキーにゃ」

希「これ超大盛りやん。こんなん食べきれる訳ないやんか」

絵里「穂乃果は食べきったわよ?」

希「え?本当?」

凛「だから太るんだよ」

穂乃果「いや、大丈夫だから」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:20:42.95 ID:m0uHRslXO
凛「ん~美味しいにゃ~」

希「そうやね。たまに食べるとやっぱり美味しいわ」

穂乃果「うんうん。ペヤングは皆んなを幸せにするね」

真姫「少し大袈裟だけどね」

絵里「でも、美味しかったわ。量さえ間違えなければ」

穂乃果「あはは。そうだね。さっ、後は海未ちゃんにバレないように片付けちゃおう」

凛「え?バレたらまずいの?」

希「まあ、超大盛りはカロリーオーバーやもんね?」

穂乃果「そう言う事」

絵里「全く。今日だけよ?」

穂乃果「はーい」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:25:10.43 ID:m0uHRslXO
ガチャ

海未「ごきげんよう」

穂乃果「あっ、海未ちゃん!」

真姫「遅かったわね」

海未「ええ、ちょっと…って何ですか?」

穂乃果「え?」

海未「部室のこの臭いは。あなた達…カップやきそばを食べたでしょう?」

穂乃果「あっ、しまった…換気をするの忘れてた…」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/07(火) 23:25:45.83 ID:m0uHRslXO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「美味しいペヤングの食べ方」
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『真姫「美味しいペヤングの食べ方」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。