ことり『小夜啼鳥協奏詩』

シェアする

ことり-アイキャッチ6
2: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:07:24.45 ID:7dP38iPT.net
ーーー小さい頃から隣にいて

いつのまにか好きになっていて

大切な思い出もたくさん作った

どんなときもずっと支えてくれた大切な人

最初で、最後の初恋でした

これはことりだけの心にしまう物語

静かに流れる悲恋のお話……

元スレ: ことり『小夜啼鳥協奏詩』

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:09:58.53 ID:7dP38iPT.net
好きになったきっかけは覚えていない

物心つく頃から一緒にいた

ちょっと引っ込み思案な所とか

時々見せるカッコいい所とか

弓をしてる時の凛々しい顔とか…

きっと好きな点を上げたらきりがないくらい好き

そんな海未ちゃんとスクールアイドルをやれたことはとっても嬉しかった
4: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:12:42.30 ID:7dP38iPT.net
高校を出たあと、ことり達は初めて別々になった

ことりは夢を叶えるため

海未ちゃんは家を継ぐため…

会えない日々は少し寂しくはあったけど不安はなかった

大好きな服飾に打ち込めて時々大好きな人には電話ができる

そんな生活が五年続き、ようやく日本で仕事ができるようになった
5: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:15:28.51 ID:7dP38iPT.net
会うのは卒業して以来

胸が高鳴らない訳がない

きっともっと可愛くなってるんだろうな

服沢山作ったけど気に入ってくれるかな?

そんな事を考えていると遠くからことりを呼ぶ声

海未ちゃんは高校の時みたいに、ううん

もっともっと綺麗になっていた
6: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:19:10.09 ID:7dP38iPT.net
こっちに少し駆け足で近づいて来てくれる海未ちゃん

ああ、その辺は全然変わってないな

その時急に司会が真っ暗になった

『だ~れだ♪』

こんなイタズラをする人は一人しかいない

もう一人の幼馴染、太陽のような眩しい人
7: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:22:38.26 ID:7dP38iPT.net
穂乃果ちゃんも一緒に来てくれたんだ

名前を呼ぶと今度は全力で抱きついてきた

もう、苦しいよ~

その後ろでは海未ちゃんが優しい顔でことり達を眺めていた

ただいま、海未ちゃん、穂乃果ちゃん

……………………

穂乃果ちゃんが落ち着いたところでどこか食べに行くことになった

折角だしお酒も飲もうかな
8: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:25:53.37 ID:7dP38iPT.net
沢山飲むぞ~!と張り切る穂乃果ちゃん

明日も仕事でしょう! と怒る海未ちゃん

それに笑っちゃうことり

小さい頃からなにも変わっていない幸せな関係

そう、なにも変わっていなかった

ことりは勇気が出せずにここまで来ちゃったんだ
9: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:29:21.30 ID:7dP38iPT.net
振り返れば恐れていたんだと思う

中学のときも、高校のときも

外国に行くときだって見送りに来てくれていたのに

ことりは勇気が出なかった

よく言っているのに本気で言えなかった

『好き』 たった二文字の言葉を

でも心のどこかでずっとこのままだと思っていた

きっと三人で集まって笑っても過ごしていくと


…そうはならなかった
10: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:33:15.29 ID:7dP38iPT.net
お酒は進み、色んな話題に飛んで行く

学生時代の話や仕事の話

近況報告も兼ねて沢山ファッションの話もした

離れていた時間を取り戻すよういっぱい、いっぱい

そして酒が進むとやっぱり恋の話になる

その話題を振ったとき海未ちゃんの顔が赤くなった
12: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:36:55.40 ID:7dP38iPT.net
なんだろう?

恋愛に奥手の海未ちゃんの事だ

ついに好きな人ができてしまった?

それとも誰かに言い寄られているとか?

頭の中がグルグル回っていることりを他所に二人はヒソヒソ話している

でもまだ取り戻せる、今度こそ私は一歩前に進むと決めたんだから

『ことりちゃん、実はね…』
13: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:40:50.49 ID:7dP38iPT.net
きっとことりはこの日の事を一生忘れないだろう

夢だと思いたかった 幻だと思いたかった

けど、これは現実なんだ

ことりが勇気を出さない間に誰かに抜かされてしまった

この事実を受け止めなきゃいけないんだ

目の前にいる海未ちゃんの幸せそうな顔と薬指に光る物がそれをはっきりと示していた






指にキラリ光る、婚約指輪を
14: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:45:44.11 ID:7dP38iPT.net
頭が真っ白なことりを他所に、教えてくれなかった理由を教えてくれた

きっと言ってなかった事を怒っていると思われたのだろう

二人の話によると

相手は貧乏な人で海未ちゃんの家柄もあり中々相談できなかったこと

その関係で口止めされていたこと

ついこの間プロポーズされたからこの機会に話すと決めたこと

聞けば納得できる話だ

確かに海未ちゃんの家系ならそんな問題もあるのだろう

それでも、それでも、それでも…

その瞬間、フラッと力が抜けた
15: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:50:17.14 ID:7dP38iPT.net
目が覚めたらことりの家にいた

高校まで住んでいた家だ

頭がズキズキ痛む、飲み過ぎたのかも知れない

でも頭だけじゃなくて心も痛んでいた

さっきあったことを忘れてしまいたくて布団に潜り込もうとした

携帯がなる

何か、嫌な予感がする

それでも仕事関係かもしれないのでことりは見てしまった

さっきあったことは確かに現実だと証明する家まで運んでくれたメールだ

もう寝よう

今度こそ、ことりは深い眠りに落ちていった…
16: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:54:37.10 ID:7dP38iPT.net
次の日

ゆっくりと体を起こす

正直あまり元気ではない

昨日の事で頭がいっぱいなんだ

仕事関係は片付けて来たので当分はお休み

誰かに会おうか

なんとなく頭に浮かんだ相手にメールを送る

『久しぶりに日本へ帰って来たんだ、今日会えないかな?』
17: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 22:58:54.91 ID:7dP38iPT.net
程なくして、相手は家にやって来た

『本当に久しぶりやね、元気にしてた?』

希ちゃん、いつも一歩引いた場所で皆を見ていた人

卒業したあとも仲良くしていたので聞いてみたいことは沢山あった

だけど言葉が出なかった

ただ唇が震えているのだけが分かる

不思議そうに見つめ返す希ちゃん

ね、ねえ 何で…何で
19: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:03:06.36 ID:7dP38iPT.net
どうやって婚約者とあったの!?

なんで海未ちゃんは好きになっちゃったの!?

いつから付き合っていたの!?

ことりじゃ……ダメだったの?

口が止まらない

捲し立てるように言葉が出てくる

止めようとしても動いてしまう

希ちゃんからしたら唐突でビックリしたかもしれない

それでも希ちゃんは黙って聞いてくれた
20: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:09:05.09 ID:7dP38iPT.net
希ちゃんはただ静かに抱き締めてくれた

ことりはいつの間にか泣いていた

後悔が止まらない

悲しみが止まらない

そもそも何に怒りをぶつけているかすら分からなかった

……………………

暫くしてことりが落ち着いた時に気づいた

海未ちゃんが好きなことを人に伝えたのは初めてかもしれない

ずっと一人で20年近く抱えていたものがようやく降りた

それが出来たときは、あまりにも遅すぎた
22: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:14:32.54 ID:7dP38iPT.net
それから海未ちゃんの話を沢山した

友達と恋バナは合わせるだけだったことりが
初めて自分の恋を話した

積もった思いも、もう届かないことも

そして私は人として思ってはいけないことを考えてしまった

とられちゃったんなら奪えばいいんだ

簡単なことだ

今のことりなら海未ちゃんに見合う事も沢山あるはずだ

収入も、容姿も、思い出も、何もかも

今のコトリナラデキルハズ
24: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:19:23.96 ID:7dP38iPT.net
そうと決まれば行動を始めよう

希ちゃんは気づいたらいなくなっていた

いついなくなったか分からない

けどそんな事はどうでも良かった

どうやって私のものにしようか

きっと海未ちゃんは忘れているだけ、騙されているだけ

優しいから、疑えないからそう思わされているんだ……

そんな事を考えていると一件のメールが来た

海未ちゃんからのメールだ

世界で、誰よりも、一番に愛してる海未ちゃんからのメールだ
27: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:25:05.29 ID:7dP38iPT.net
「すみません、急に呼び立ててしまって」

気にしないで海未ちゃん

海未ちゃんが呼ぶなら世界の果てからでも飛んで行くよ?

それにしてもお休みの日に連続でことりの所に来るなんて

やっぱり思ってた通りなんだ

今こそ伝えなきゃいけない

ただの言葉じゃ足りない想いを

やっと話せるようになった想いを

そう伝えようとした時

想像外のお願いが飛んできた


「私のウエディングドレスを作ってくれませんか?」
28: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:28:54.57 ID:7dP38iPT.net
へ?

うえでぃんぐどれす……?

すぐに言葉を飲み込めなかった

「そうです、 急で申し訳ないのですが…」

遠い昔に同じ言葉を聞いた気がする

二人で交わした、大切な約束

いつだったっけ

あれは小学校に入ってすぐの時

そうだ、あの時だ
29: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:33:53.24 ID:7dP38iPT.net
ーーーーーーーーーーーー

ことりはいつも絵を描くのが上手ですね


うん! しょうらいはふくをつくるんだ~♪

そうなんですか じゃあ私のふくも作ってくれますか?

うん! かわいいウエディングドレスを作るね! ぜったいきてよ!

わかりました やくそくですよ

うん! やくそく…

ーーーーーーーーーーーー
30: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:37:27.44 ID:7dP38iPT.net
ああ…… 覚えていてくれたんだ

小さい頃に交わした取るに足らない約束を覚えていてくれたんだ



その約束が少しだけズレていたんだ……

今の海未ちゃんはことりのものじゃない

どこか誰かが幸せにしてくれているんだ

そんな幸せを少しでも支えられるなら

作るよ


世界一素敵なウエディングドレス
31: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:41:39.52 ID:7dP38iPT.net
私は家に帰るなり私は服のデザインに取りかかった

今までに一番の、大切な人の門出を祝う一着を作るんだ

そう思うと気合いが入った

やれるだけ完璧にしよう

想いを捨て去れるくらい完璧なものを

とにかく多くのアイデアが欲しい

今までかいた数百冊のスケッチブック

その全てを洗い出すことにした
33: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:45:37.65 ID:7dP38iPT.net
これも違う… これも

沢山のアイデアが詰まったスケッチブック

そのどれもが今のイメージに入らなかった

少し焦りが出てきた時 いつものスケッチブックとは違うノートが出てきた

どこにでもある、普通の大学ノート

けれどタイトルになぜか惹かれた

小夜啼鳥協奏詩……?

何のノートだろう
34: 名無しで叶える物語 2017/11/08(水) 23:50:29.03 ID:7dP38iPT.net
中を見てすぐに思い出した

これは中学の時に書いたポエムのノートだ

海未ちゃんに感化されて少しだけポエムを書いていた時期があったんだ

中には海未ちゃんへの思いが詰まった詩が沢山かかれている

そうそう、この時期は海未ちゃんポエムがマイブームになってたんだね

本当はこのノートなんか置いといて他のスケッチブックを見なきゃいけないのに

1ページ1ページ、ノートをめくっていた
56: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 21:49:52.01 ID:H8DOYlVd.net
静かに夜は更けていく

部屋のなかでただページをめくる音だけが聞こえる

きっと一番純粋だった頃の嘘偽りない気持ち

それが沢山込められていた

楽しいことを分かち合いたい

悲しいことを聞いて欲しい

苦しい気持ちを背負ってあげたい

自分を確かめるように文字に目を通す

心の中で新しい決意が固まってゆく

きっと次が最後のチャンスだ

そう思えた
57: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 21:54:14.31 ID:H8DOYlVd.net
服を作り始めて数ヶ月

日本に来るタイミングで海未ちゃんを呼び出した

名目は試作品を来てもらうこと

その言葉は嘘じゃない

もうひとつの目的は相手を見定めること

告白されてから暫く、話しには聞いていたが顔を合わせたことはなかった

どんな人なのだろうか

色んな気持ちが混ざっている

いい人であって欲しかったのか

救いようのないダメ人間であって欲しかったのか

分からなかった
58: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 21:57:10.88 ID:H8DOYlVd.net
少しでも嘘があれば問い詰めてやる

少しでも邪な気持ちがあれば引き裂いてやる

例え猫を被っていても引きずり出す

そんな覚悟を持って望んだ運命の日


二人がやって来た

さあ本性を見せて

貴方は本当に……



海未ちゃんを幸せにできるの?
59: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:03:59.77 ID:H8DOYlVd.net
隣にいる人を一目見ただけで分かった

分かってしまった

婚約者の目はどこまでも真っ直ぐな目をしていた

仕事で何百何千の取引先やお客様を相手にしているから分かってしまった

どこか不器用でそれでも偽りのない

海未ちゃんに似ていて、お似合いで

幸せにできると直感してしまった

それを感じてしまったことが

堪らなく悔しかった
60: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:09:49.88 ID:H8DOYlVd.net
試作品を受け取った海未ちゃんは別の部屋へいく

それを見送り、婚約者の目を見つめた

もちろん婚約者の瞳にはことりが映っている

ことりと何が違ったんだろう

前に踏み出す勇気だと思っていた

でも、それだけじゃなかった

ことりは何処かで海未ちゃんはことりのものだと思っていた

けど婚約者は違う

婚約者は海未ちゃんを思いやる気持ちを痛いほど感じられた

ことりも持っていたはずの相手を思いやる気持ち

それを失ってしまったことが

ことりとの差だったんだね
61: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:13:59.46 ID:H8DOYlVd.net
海未ちゃんが戻ってくる

海未ちゃんは恥ずかしそうに、それでいて幸せそうに服を見せる

そこには妬みや偽り、恨み辛みなんて一切ない穏やかな空気が流れていた

婚約者もそれに笑顔で答えている

もうここにことりの居場所はない

大切な人の幸せを壊したくない

今日からは親友として会おう

初恋から十数年

ことりが園田海未を諦めた瞬間でした
62: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:21:50.94 ID:H8DOYlVd.net
ことりが二人と別れて数時間

私は大きなピアノのある一室に来ている

かつてメンバーだった、真姫ちゃんの私室だ

『頼まれていた仕事、完成したわ』

そうぶっきらぼうに言いながら数枚の紙を差し出した

そこにはことりの書いていたポエムに音符が乗っていた

ことりが想いを込めた海未ちゃんへの言葉が詰まった歌だ

だけどこの歌にはことりが持っているノートのとは違うところがある
63: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:31:42.17 ID:H8DOYlVd.net
それは二部重奏になっていること

本来はことりと海未ちゃんで歌いたかった曲

だから音程は一つで十分だった

だけど婚約者に合わせて少し低音と高音の二部に変更

本来無かった部分に一パートしっかりと書かれていた

それはことりと海未ちゃんが別々の道を歩んでいく思いも込められていて…

本当に良かったの?と言いたげにことりを見ている真姫ちゃん

もしかしたらずっと前から初恋の事を知っていたのかもしれない

でもゴメンね、もう決めたの

ことりも変わらなきゃダメだって
64: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:35:17.94 ID:H8DOYlVd.net
そう考えるとこの『小夜啼鳥協奏詩』は曲名として相応しくないのかも

変わるために、変えなきゃいけない

ことりが海未ちゃんのために書いた曲で今は二人のために変わっている

何がいいんだろう

海未ちゃんに込めた想いを一言で表せるもの



そうだ

新しい曲名は…
65: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:40:46.42 ID:H8DOYlVd.net
結婚式当日

仕事の予定をすべて断り三度日本へ帰って来た

前と違ってとても晴れ晴れな気持ち

頼まれた衣装も過去最高に仕上げた

溜め込んだ想いも全て吐き出した

そして作った歌も二人に渡した

もう悔いなんてない

ことりは式場に入る

懐かしい面々が迎えてくれた

高校時代と変わらない、温かい時間

後は式が始まるのを待つだけだね
66: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:45:08.69 ID:H8DOYlVd.net
『新郎新婦 入場です』

大きな拍手と共に新たな一組の夫婦が入ってくる

海未ちゃんはやっぱり綺麗だった

ことりの全ての技術と気持ちを込めた最高のウエディングドレス

それに飲まれることなくバージンロードをしっかりと歩んでいた

ことりも誰にも負けないくらい拍手を送る

この幸せが少しでも長く続くように

ことりの決断が間違いじゃなかったと願うように

ただ拍手を送る
67: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 22:55:29.15 ID:H8DOYlVd.net
『汝は夫である…』

誓いの言葉が始まる

健やかなる時も、病めるときも

どんな障害も二人で乗り越える誓いの言葉

その問いに対して

『誓います』

とはっきり答える海未ちゃん

新郎も同じように答え 誓いのキス

ことりは静かに二人を見ていた

二人なら苦難を乗り越えてゆける

穂乃果ちゃんなんて涙で顔がぐちゃぐちゃになっている

ことりも泣いてしまった

頬を一筋だけ、流れていった
68: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 23:02:54.70 ID:H8DOYlVd.net
その後、二次会が行われた

厳粛な結婚式とは違い楽しくわいわいと騒ぐ時間

それぞれ思い思いの時間を過ごしている

感動の涙は引っ込み、ことりも笑顔が戻っていた

……そろそろ時間かな

『今から南ことりさんから受け取った歌を歌いたいと思います』

そう海未ちゃんが言うと穏やかなイントロが流れる

二人は近づき、歌い始めた
69: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 23:08:54.84 ID:H8DOYlVd.net
最初に海未ちゃん

次に新郎さん

そして二人で歌っていく

二人の声は息ピッタリでとても美しかった

ことりが想っていた言葉が二人の口から歌われている

ことりが海未ちゃんを想っているように

二人はお互いを想って歌っているのだろう

覚悟していたのに、もう悔いはないはずなのに

最後まで聞くことが出来なかった

ことりは二番が終わった間奏の間にこっそり会場を後にした

扉の向こうでは最後のサビが流れる
70: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 23:13:44.42 ID:H8DOYlVd.net
嬉しいから会いたいよ

寂しいから会いたいよ

楽しい悲しいそして

会いたくなるんだ

どんなときも


会場から大きな拍手が聞こえる

心なしか二人の笑い声も聞こえた






おめでとう海未ちゃん

幸せになってね

おしまい
72: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 23:15:28.70 ID:H8DOYlVd.net
海未視点も書きたかったけど結婚相手が伏せにくくなっちゃうジレンマ
お相手はご想像にお任せ

上手く書けそうならまた書く

おやすみ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり『小夜啼鳥協奏詩』』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。