【かなにこ】深夜のラジオ

シェアする

にこ-アイキャッチ47
にこ「あーもう勉強したくないわねー」

にこ「ちょっとラジオ聞いて頑張ろうかしら」

にこ「ポチッと」

pixiv: 【かなにこ】深夜のラジオ by VOLVOX

スポンサーリンク

プ、プ、ポーン

果南「さあ時刻は深夜1時!始まりました、真夜中の~ミッドナイト!」

にこ「どんなタイトルよ…真夜中の真夜中じゃないの」

果南「いやー最近めっきり寒くなってきたね」

にこ「いやこれから夏本番なんだけど…」

果南「こんな時間だと、テスト勉強しながら聴いてる、黒髪でツインテールで低身長な貧乳の子もいるんじゃないかな?」

にこ「それ完全ににこのことよね!?低身長とか貧乳とか何気にディスってるし!誰か見てんの?気持ち悪いわよ…」

プ、プ、ポーン

果南「さあ時刻は1時1分!」

にこ「毎分やるのこれ!?もう面倒くさいわよ何これ!」

果南「早速レスラーからのおはがき行きましょう」

にこ「リスナーでしょ!何よレスラーって!」

果南「新宿区北早稲田2-100-500にお住まいのまちだりょう君、ペンネーム"絶対匿名希望"さん」

にこ「全部言っちゃってるじゃないの!住所言ったわよ今!?」

果南「プロレスラーの方ですね」

にこ「あっレスラーでよかったのね」

果南『いつも試合中聴いてます』

にこ「どうやって聴いてんのよ、会場に流れてんの?」

果南「さ、続いてはFAXですね」

にこ「聴いてるだけ!?くだらないしそんなはがき読んでんじゃないわよ!」

果南「東京都北区にお住まいのきききのきたろうさん」

にこ「くだらないわよもう」

果南「ペンネームは"あべゆういちろう"さんです」

にこ「きききのきたろうが本名!?いやさっきから本名読みすぎでしょ!」

果南『"秘密の話は、どこで誰が聞いてるかわからない"という例えで、"壁に耳あり障子に目あり"と言いますよね』

にこ「有名なことわざね」

果南『私はこの"目あり"を、"メアリー"という外国人女性だと、ずっと勘違いしていました』

にこ「ふふっ、面白いわね」

果南『こんな勘違い、よくありますよね』

にこ「まあ何回かあるわね」

果南「あっはっはっはwwwww」

にこ「えっそんなに面白いの?」

果南「壁に耳ありってなんだよwwwww」

にこ「そっち!?そこちゃんとしたことわざの部分でしょ!?」

果南「ありがとうございます」ビリッ

にこ「これ破ってるわよね!?ビリビリ聞こえてんだけど!?」

果南「続いてのFAXを紹介しまーす」

果南『先日、一人暮らしの僕のもとに、実家の母から荷物が届きました』

果南『開けると中には、油でビチョビチョのコロッケが入っていました』

果南『なんだこれ!?と思ったら、一緒に母からの手紙が入っていて』

果南『"あなたが大好きだった近所のお肉屋さんのコロッケを送ります。揚げたてで美味しいよ!"と書いてありました』

にこ「なるほどね」

果南『揚げたてのコロッケが僕に届くのは次の日だと気づかない母親』

にこ「ふふっ」

果南『そんな母親を、初めて可愛く思えました』

果南「…さんからのお便りです」

にこ「ペンネームだったの!?長すぎるでしょどう考えても!」

果南「えー『いつも聴いてまーす』とのことですねー」

にこ「いや聴いてる報告はいいわよもう!」

果南「たくさんのお便り募集してまーす」

果南「お便りを紹介した皆さんには、番組特製ステッカーと、現金100万円を差し上げまーす」

にこ「100万円あげちゃうんだ!?さっきのなんて『ラジオ聴いてまーす』って報告だけだったわよ!?」

果南「あっはっはっはっはっはwwwwwww」

にこ「えっ何かすごい笑ってんだけど何?」

果南「壁に耳ありってなんだよwwwww」

にこ「まだ面白かったの!?そんな面白くないでしょこれ!」

果南「さあ、この辺で曲いってみましょう」

果南「この季節にピッタリのこの曲、μ'sの『夏色えがおで1,2,Jump!』」

果南「そして、こちらも海が似合う曲、μ'sの『Shangri-La Shower』」

にこ「μ'sづくしね」

果南「2曲どうぞ」

マナt(フェスティバー♪

にこ「待ちなさい待ちなさい!おかしいでしょこれ!」

にこ「何同時にかけてんのよ!しかもどっちもμ'sだから余計に紛らわしいわ!」

果南「ちょっと聴きづらかったね」

にこ「聴きづらいわ!聖徳太子じゃないんだから…」

果南「では、静かな1曲聴いてください、高橋七段対渡辺六段です、どうぞ」

タンッ

にこ「何よこれ」

タンッ

オウテ!

にこ「将棋!?えっなに将棋の一局!?なにこれ全然面白くないわよ!?」

果南「はい、えー気迫溢れる一局、ダイジェストで聴いてもらいました」

にこ「伝わるかそんなの!」

果南「流石高橋七段でしたね」

にこ「どっちがよ!どっちが高橋七段よ!わけがわからないわ…」

果南「さあ、ここで重大発表なんですが、なんとこの真夜中のミッドナイト、今日で最終回・・・」

にこ「あっ終わっちゃうんだ」

果南「まあ番組は終わりますけどね、お便りはどんどん読んでいきたいと思ってます」

にこ「どこで読むのよ!勝手に家で読むだけでしょこれ!」

果南「さあ、真夜中のヘッドバット、そろそろお時間となってしまいました」

にこ「もう番組名も変わっちゃってるじゃないの!何よヘッドバットって!」

果南「お相手は、DJ KANANと?」

にこ「…あと誰いたのよ!?」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【かなにこ】深夜のラジオ』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。