穂乃果・リ`・ヮ・)「「焼き芋食べたいな~~!」」海未・/cVσ_VσV「「!」」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ6
2: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:12:33.78 ID:Gwlsjwm0.net
―ーー道端―ーー

焼き芋屋トラック『いしやき~~いも~~♪』

穂乃果「焼き芋屋さん待って~~」タタタ

リ;´>-<)「待って~~」タタタ

穂乃果「う~~、焼き芋屋さんの車が全然止まってくれないよ~~」汗 タタタ

リ;´・-・)「あっ!?」ガッ(石につまずく)

リ´×-×)「あいたっ!!」ズザッ(転ぶ)

穂乃果「ホッノちゃん!?」

リ´;-;)「痛いよ~~……」ポロポロ

穂乃果「大丈夫?ホッノちゃん?」

リ´;-;)「うう……」ポロポロ

?「ホッノ~~!」タタタ

元スレ: 穂乃果・リ`・ヮ・)「「焼き芋食べたいな~~!」」海未・/cVσ_VσV「「!」」

スクフェス総選挙
3: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:14:50.53 ID:Gwlsjwm0.net
/cV;`_V´V「大丈夫ですか!?」

リ´;-;)「ウッミちゃん?」グスッ

穂乃果「ウッミちゃん!どうしてここに?」

/cVσ_VσV「ホッノが泣いている声が聞こえましたので、海未の家から飛んで来ました!」

穂乃果「(ここから、海未ちゃんの家までかなり離れているんだけど……)」汗

/cV;`_V´V「むむ!ホッノ!怪我をしているではないですか!!」

リ´;-;)「痛いよ~~」ポロポロ

穂乃果「焼き芋屋さんの車を追いかけている途中で、ホッノちゃんが石につまづいちゃって……」

/cVσ_VσV「そうだったのですか……。わかりました!ならば、ホッノの怪我を私が治しましょう!」

穂乃果「え?」

/cV`_V´V「はぁ!」ピカァ

リ´;-;)「!」

リ`^ヮ^)「怪我が治った!ウッミちゃんありがとう!!」

/cV^_V^V「怪我が治ってなによりです」

穂乃果「ウッミちゃん凄い!?」

?「ウッミ!こんな所にいましたか!」

/cVσ_VσV「!」

リ`・ヮ・)「!」

穂乃果「!」
4: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:17:07.60 ID:Gwlsjwm0.net
海未「いきなり家から飛び出していきましたから、探しましたよ!」

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「穂乃果ではありませんか!」

海未「一体ここで何かあったのですか?ホッノの泣き声が聞こえた途端に、ウッミが家を飛び出して行きましたから、きっと何かがあったと思うのですが……」

穂乃果「(海未ちゃんも、ウッミちゃんと同じく聞こえてたんだ……)」汗

/cVσ_VσV「穂乃果とホッノが焼き芋屋の車を追いかけている途中で、ホッノが石につまずいて怪我をしたんです。そして怪我をしたホッノを私が治したのですよ」

海未「そうだったのですか……、大変でしたね……。でも、ホッノの怪我が治って良かったです!」

リ;`゜ヮ゜)「あ!」

/cVσ_VσV「!」

ほのうみ「「!」」

リ;´・-・)「焼き芋屋さんの車、もう遠くに移動しちゃった……」

穂乃果「あ……」汗
6: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:19:35.22 ID:Gwlsjwm0.net
リ´;-;)「焼き芋が買えなくなっちゃった……」ポロポロ

穂乃果「仕方ないよ……、また今度にしよ?ホッノちゃん……」

リ´;-;)「うう……」ポロポロ

/cVσ_VσV「……」

海未「……」

/cVσ_VσV「ホッノ」

海未「穂乃果」

リ´;-;)「?」

穂乃果「?」

/cV`_V´V・海未「「私達が焼き芋を買って来ます!!」」キリッ

リ´;-;)・穂乃果「「!?」」

/cVσ_VσV「焼き芋を必ず買って来ますから、泣かないで下さい」

リ´;-;)「ウッミちゃん……」

穂乃果「でも……、焼き芋屋さんの車はかなり遠くに移動しちゃってるよ?」

海未「大丈夫です!必ず、焼き芋を買って来ますから、心配しないで下さい!」

海未「ウッミ!行きますよ!」タタタ

/cV`_V´V「はい!」タタタ

リ`・ヮ・)・穂乃果「「二人とも!ファイトだよ!!」」
8: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:26:40.37 ID:Gwlsjwm0.net
/cVσ_VσV「焼き芋屋の車はどこまで移動したのでしょうか?」タタタ

海未「まだ、そう遠くへは移動してないはず……」タタタ

女の子「わ~ん!ママ~!どこにいったの~~!!」泣

/cVσ_VσV「!」

海未「!」

/cVσ_VσV「あの女の子は、迷子でしょうか?」

海未「こちらは急いでいるのですが……、仕方ありません」

海未「ウッミ!あなたは、焼き芋屋の車を追いかけて下さい!」

海未「私はあの女の子と一緒に、あの子の母親を探して来ます!」

/cVσ_VσV「わかりました!焼き芋屋の車はこちらに任せて下さい!あの女の子の母親探しは、海未に任せます!」

/cVσ_VσV「それでは!」タタタ
9: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:29:48.81 ID:Gwlsjwm0.net
―ーー街中の道端―ーー

/cVσ_VσV「焼き芋屋の車はどこまで移動したのでしょうか……。街中まで来てしまいましたよ……」

うわー! キャー!


/cVσ_VσV「何でしょう?騒がしいですね?」

/cV;σ_VσV「ん?」

豚A「フゴッフゴッ」

豚B「……」ズドド

男「ひぃぃぃ!こっちくんな―ー!」タタタ

にこ「ちょっと!にこのスカートはあんたの餌じゃないわよ!!」バシッバシッ(鞄で叩く)

豚C「……」ガジガジ(にこのスカートに噛みつく)

トラック運転手「誰かーー!トラックの荷台から逃げた豚を捕まえるのを手伝ってくれ―ー!!」ギチギチ(豚にヘッドロック)

豚D「フガガガ!!!」(苦しんでいる)

/cV;-_V-V「やれやれ……。これでは焼き芋屋の車を探すどころではありませんね……」

/cVσ_VσV「仕方ありません!やりますか!!」
10: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:32:59.43 ID:Gwlsjwm0.net
豚A「フゴ?」

/cV`_V´V 「はあ!」ビシッ

豚A「フガッ!?」

豚A「……」チーン(気絶)

男「助けて~~!!」泣 タタタ

豚B「……」ズドド

/cV`_V´V「ぬん!」ドゴッ

豚B「!?」

豚B「……」チーン(気絶)

にこ「いい加減にしなさいよ!この豚ぁ!!」バシッバシッ(鞄で叩く)

豚C「……」ガジガジ(にこのスカートに噛みつく)

/cV`_V´V「ふん!」ドムッ

豚C「ブホッ!」

豚C「……」チーン(気絶)

にこ「やった!助かった!今のうちに、ここから離れるにこぉ~~!!」タタタ

トラック運転手「おお!あの娘、強いな!!」ギチギチ(豚にヘッドロック)

豚D「……」チーン(気絶)

トラック運転手「あ……」汗
11: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:36:34.54 ID:Gwlsjwm0.net
豚E『(俺は人間に食われる訳にはいかない!)』ズドド

/cV`_V´V「逃がしません!はぁ!!」ヒュッ(パンチ)

豚E『はあ!』ピョン(ジャンプ)

/cV;σ_VσV「な!?かわした!?」

豚E『俺は生きのびて自由になる!自由をこの手にぃぃぃぃぃ!!』ズドド

?「ふんっ!」ドゲシッ(キック)

豚E『ぐはぁ!』

/cVσ_VσV「!」

豚E『お、俺は……じ、自由になり……たい……』

豚E『……』チーン(気絶)

?「ふう……」

/cVσ_VσV「海未!」

海未「ん?ウッミ!」

/cVσ_VσV「海未がここにいるって事は、迷子の女の子の母親は見つかったのですか?」

海未「ええ、女の子の母親を見つける事ができました。その後、ウッミの後を追いかけたのですが……」

海未「街中に到着したら、何かいきなり豚が現れて、つい蹴り倒してしまいましたけど……。この豚は何ですか?」

豚E「……」チーン(気絶)

/cV;-_V-V「トラックの荷台に入っていた豚が逃げ出したのですよ。それで私が豚を捕まえようとしたのですが、この豚が私の攻撃をかわして逃げようとしたのですよ……」汗

海未「そうでしたか……、大変でしたね……」汗
12: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:46:21.65 ID:Gwlsjwm0.net
おじさん「た、助けて―ー!」

豚F「フゴッフゴッ」

海未「まだ、豚がいましたか!」

/cV`_V´V「助けましょう!」

海未・/cV`_V´V「「たあぁぁぁぁぁ!!!」」ドゴッドムッ

豚F「フゴッピギィッ!?」

豚F「……」チーン(気絶)

海未「大丈夫ですか?」

おじさん「ああ、大丈夫だ!それと商品の焼き芋も無事だ!ありがとう、お嬢ちゃん達!」

海未「え……?焼き芋?」

/cV;σ_VσV「あ!よく見たら、焼き芋屋の車があるじゃないですか!」

海未「……ということは、おじさんは焼き芋屋さんですか?」

おじさん「ああ、そうだが?」

/cV^_V^V「ついに見つけましたね!海未!」

海未「ええ!これで焼き芋が買えますよ!」
13: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:48:13.56 ID:Gwlsjwm0.net
トラック運転手「誰か豚を捕まえるのを手伝ってくれ~~!!」泣

豚共「「「フゴッ!ブヒッ!ブギィッ!」」」

/cV;-_V-V「あ!そういえば、まだ豚が残ってました……」

海未「ならば、二人で力をあわせて残りの豚を気絶させましょう!!」

/cVσ_VσV「ええ!」

―ーー数分後―ーー

豚共「「「……」」」チーン(気絶)

おじさん「ほい!焼き芋だよ!熱いから気を付けな!」

海未「やっと、焼き芋が買えました!」

/cV^_V^V「ホッノと穂乃果が待っています!さあ、はやく帰りましょう!」タタタ

海未「ええ!」タタタ

トラック運転手「お嬢ちゃん達、ありがとな~~!」
14: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:51:51.62 ID:Gwlsjwm0.net
―ーー道端―ーー

海未「穂乃果~~!」タタタ

/cV^_V^V「ホッノ~~!」タタタ

穂乃果「海未ちゃん!」

リ`・ヮ・)「ウッミちゃん!」

海未「焼き芋を買ってきました!」

穂乃果「わあ~、焼き芋を買ってきてくれてありがとう!海未ちゃん!ウッミちゃん!」

リ`^ヮ^)「ありがとう!海未ちゃん!ウッミちゃん!」

穂乃果「じゃあ、一緒に焼き芋を食べよっか!海未ちゃん!」

リ`^ヮ^)「一緒に食べようよ!ウッミちゃん!」

海未「え?いいんですか?」

/cVσ_VσV「ホッノ……」

穂乃果「穂乃果達が焼き芋を食べられるのは、海未ちゃんとウッミちゃんのおかげだもん!これは、穂乃果とホッノちゃんからのお礼だよ!」

リ`・ヮ・)「それに、みんなで焼き芋を食べた方が絶対美味しいと思うんだ!」

海未「ふふ、穂乃果とホッノらしいですね」

/cV*´_V`V「本当にそうですね」
16: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 21:54:02.71 ID:Gwlsjwm0.net
穂乃果「はい、海未ちゃん!穂乃果の焼き芋を半分あげる!」

海未「ありがとうございます!穂乃果!」

リ`・ヮ・)「ウッミちゃんは、ホッノの焼き芋を半分あげるね!」

/cV;_V;V「ホッノの焼き芋を半分貰えるなんて、私は幸福者です!!」ポロポロ

リ´^ヮ^)「大袈裟だな~~、ウッミちゃんは」

穂乃果「それじゃあ、焼き芋食べよっか?」

海未「はい!」

リ`・ヮ・)「食べよ!食べよ!」

/cV`_V´V「はやく、ほの焼き芋が食べたいです!」

穂乃果「じゃあ、みんなで一緒に……」

穂乃果・海未・リ`^ヮ^)・/cV^_V^V「「「「「いただきます!!」」」」」






おわり
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『穂乃果・リ`・ヮ・)「「焼き芋食べたいな~~!」」海未・/cVσ_VσV「「!」」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。