千歌「スクールアイドル部って文化部だよね?」

シェアする

千歌-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:12:42.25 ID:ILOT+zD/.net
曜「え?運動部でしょ?」

千歌「ええーっ!違うよぉ?!文化部だよ?ね?梨子ちゃん」

曜「だから運動部だって。ね?梨子ちゃん」

梨子「ええっ…?」

元スレ: 千歌「スクールアイドル部って文化部だよね?」

スクフェス総選挙
2: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:13:14.79 ID:ILOT+zD/.net
千歌「梨子ちゃん!」

曜「梨子ちゃん!」

梨子「え、えっと…」


梨子「わ、私は…運動部、だと思うな…」

曜「だよね!」

千歌「えー違うのにぃ…」

梨子「ご、ごめんね、千歌ちゃん」
3: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:14:17.46 ID:ILOT+zD/.net
千歌「ちなみに!ちなみに、だよ梨子ちゃん!」

梨子「う、うん…」

千歌「…どういうところが運動部だと思うのかな?」ズイッ

梨子「ち、近いよ千歌ちゃん…」

曜「千歌ちゃんだけに?」

梨子「ッ!くだらない…っふふ」


曜「ちなみに今のは近いと千歌をかけた――」

千歌「説明しなくていいから!」


梨子「――なん…ですって…!?」

曜「千歌ちゃんが…駄洒落をスルーした…?!」
4: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:15:00.81 ID:ILOT+zD/.net
千歌「もー、曜ちゃん!話そらさないでよー!」

曜「ご、ごめんごめん…つい」


千歌「――で、梨子ちゃん」ズイッ

梨子「は、はい!」

千歌「どうしてスクールアイドル部が運動部なの?」


梨子「だって、運動量が凄いから…」


千歌「それだけ?!」

梨子「えっと、うん」

千歌「えぇ~…それだけで運動部って言えるかなぁ~?」
5: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:15:50.70 ID:ILOT+zD/.net
曜「じゃあさ、逆に千歌ちゃんはなんで文化部だと思うの?」

千歌「歌うから!」

曜「千歌ちゃんだって梨子ちゃんと変わらないじゃん」

千歌「そうかな?だって歌う部活は全部文化部じゃない?」


曜「野球の応援って結構歌ってるような――」

千歌「応援はノーカン!」

曜「だよね…」


梨子「はっ?!甲子園で校歌を…」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「ですよね…あはは」
6: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:16:33.96 ID:ILOT+zD/.net
千歌「ほらね?文化部でしょ?」

曜「んー私はそれでも運動部だと思うけどなー」

千歌「ほぅ…理由を聞いてもいいかな?」

曜「うん、あのね…千歌ちゃんは歌う部活だから文化部だと思ってるんだよね?」

千歌「そうだよ」

曜「でもさ…考えてみてよ」


曜「だったら踊る部活は運動部なんじゃないかな?」


千歌「!!」
7: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:17:13.68 ID:ILOT+zD/.net
曜「新体操もそうだし、チアやダンスもそうだよね?」

千歌「チ、チアとかダンスがある学校なんてすごくすご~く少ないんじゃない?だったら――」

梨子「まって、千歌ちゃん」

千歌「!」

梨子「今、調べてみたら首都圏だけでチア部がある学校は100校くらい…ダンス部にいたっては500校くらいあるらしいわ!」

千歌「ええっ?!そ、そんなに…?」


曜「ふっふっふ~」
8: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:18:03.55 ID:ILOT+zD/.net
曜「千歌ちゃん、スクールアイドルは歌って踊ってするものだよね?」

千歌「う…」

曜「千歌ちゃんが歌う要素を重視するのはわかるよ?でも――」


曜「だったら、この踊る要素も無視できないんじゃないかな?」イギアリ!


千歌「うぬぬ…おのれ曜ちゃんめ…」


梨子「ちなみに体操部は120校くらい、新体操は50校弱くらいしかないんだって、意外だね」
10: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:19:00.34 ID:ILOT+zD/.net
―――


善子「ヨハネ、降臨!」

花丸「お疲れさまずらー」

ルビィ「え?なに?この空気…?」


曜「ふふ~ん♪」

千歌「むむむ~!」


梨子「あはは…実はね――」
11: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:20:14.85 ID:ILOT+zD/.net
――

善子「ふ~ん、文化部か運動部か、ねぇ」

花丸「えぇ~…そんなことで…」


ルビィ「…そんなに揉めることかなぁ?」


ようちか「!?」グルンッ!

ようちか「」ツカツカツカツカツカツカ

ルビィ「ピギ…ッ!?」


曜「今のは聞き捨てならないね」ズイッ

千歌「うん、聞き捨てならないよね」ズイッ

ルビィ「はわわわわわ……」ガクガク


善子「ち、ちょっと!ルビィが怖がってるじゃない!!」
13: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:21:15.15 ID:ILOT+zD/.net
――

善子「」ウデグミ

花丸「」ヨシヨシ

ルビィ「うぅ…」ナミダメ


梨子「ふたりとも…脅すようなことしたらダメだよ?」

千歌「はい…」

曜「反省してます…」


花丸「大丈夫?」

ルビィ「うん、ありがとう花丸ちゃん」

善子「まったく…!」


ようちか「うぅ…ごめんなさい」
14: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:22:11.32 ID:ILOT+zD/.net
梨子「じゃあ…聞いてもいい?」

ルビィ「はい」

梨子「ルビィちゃんは、スクールアイドル部は文化部と運動部どっちだと思う?」


ルビィ「ルビィは…文化部だと思います」


千歌「!」パァァ

曜「くっ…!」
15: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:23:02.90 ID:ILOT+zD/.net
千歌「信じてたよぉ~ルビィちゃんはわたしの味方だって~♪」ダキッ

千歌「一目見たときから絶対スカウトする!って決めてたもん♪はぁ~相変わらず可愛いなぁ♪」ヨォ~シヨシヨシヨシ

ルビィ「えへへ…♪」


曜「いや、なんの話?」

梨子「もう全然関係ないこと言ってる…」

千歌「いいの!もうルビィちゃんはこっちのものだから!」
16: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:23:55.08 ID:ILOT+zD/.net
曜「いちおう聞いていいかな?文化部だと思う理由」


ルビィ「スクールアイドルは文化です!」キッパリ


曜「…うん」

ルビィ「」エッヘン

曜「え?終わり?」

ルビィ「そうですけど?」

曜「えぇ…これは、どうなんだろう…?」


千歌「理由なんてどうでもいいの!梨子ちゃんだって似たようなもんじゃん!」

梨子「わ、私?!私のはまともじゃないかな?」

曜「くっ…それを言われると…!」

梨子「曜ちゃん?!」
17: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:24:54.33 ID:ILOT+zD/.net
千歌「とにかく、ルビィちゃんはこっち側ね♪」モッギュー

ルビィ「うん♪」


曜「ま、まぁまぁまぁこれで2対2だし、これからだよね」

千歌「何言ってるの?」

曜「え?」

千歌「ルビィちゃんがこっちに来たってことはシャロンの過半数を獲得したってことだよね?」


千歌「だったらシャロンの分の3票はこっちの票なんじゃないかな?」ドドン!


曜「い、いくらなんでも横暴だーー!!」
19: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:26:16.03 ID:ILOT+zD/.net
曜「そんなの認められるわけないじゃん!」

千歌「いいや、もう決めたよ!ユニットリーダーの権限において決定事項だよ!」

曜「ユニットリーダーにそんな権限ないし!」


梨子「あのー、千歌ちゃん?」

千歌「なに梨子ちゃん?いくら梨子ちゃんでもシャロン内の出来事に――」

梨子「いや、そもそもそんなこと言い出したら…」


梨子「千歌ちゃんの票は2年生票でこっちの票になるんじゃない?」


千歌「あ――」

曜「そ、そうだよ!さすが梨子ちゃん!」
20: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:27:16.18 ID:ILOT+zD/.net
曜「さあ、どうするの~千歌ちゃん?」ウリウリ


千歌「…」


千歌「善子ちゃんは文化部か運動部かどっちだと思う?」

曜「あ、無かったことにした」

梨子「ある意味潔いというか…」


善子「ヨ、ヨハネよ!」

花丸「あーあ、持ちネタなのに出遅れちゃったずら」

善子「う、うるさいっ!てかネタじゃないわよ!」
21: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:28:04.86 ID:ILOT+zD/.net
千歌「で、どっち?」

善子「スクールアイドル部でしょ?だったら――」


曜「まって、2対2の今…次の1票は結構大事な票なんじゃない?!」ヒソヒソ

梨子「うーん、かもね」ヒソヒソ

曜「ヨーシコー!!」

善子「ヨハネよ!」


花丸「おっ、今度はタイミングばっちりずら」

ルビィ「良かったね、善子ちゃん♪」

善子「そこ!うるさいわよ!」
22: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:29:42.20 ID:ILOT+zD/.net
曜「私たち、同じ路線の仲間だよね!」

善子「ええ…ってそれ今関係あるの?」

曜「いつも次止まりますのボタン私が押してあげてるよね!」

善子「毎回勝手に押してるだけじゃない」

曜「寝過ごしそうになったら起こしてあげてるよね!」

善子「それいつも私の役目よね?!」


曜「だめだ梨子ちゃん!私は頼りにならない!!」


梨子「えぇ…」

曜「梨子ちゃんなんかないの?ギルキスつながりで」

梨子「いや、特には…」


善子「…ねえ、もう言っていい?」
23: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:30:33.50 ID:ILOT+zD/.net
善子「コホン――」


善子「私は、文化部だと思うわ!」ギランッ


千歌「お、やった!」

ルビィ「わあ、ルビィたちとおんなじ♪」


曜「そっかー」

梨子「しょうがないね」


善子「なんかリアクション薄くない?!」


花丸「」モソモソ

善子「みんなで話してる時に食べるなーっ!」
24: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:31:26.22 ID:ILOT+zD/.net
善子「ほら、ルビィの時みたいに理由とか聞かないの?」


千歌「あーなんで?」

善子「雑…っ!まあいいわ、よくぞ聞いてくれました!この堕天使ヨハネが――」

曜「そういうのいいから」

善子「くっ…!」


善子「――いい?アイドルっていうものがそもそもこの下界においてはサブカルチャーなのよ!故に――」


千歌「なんだ、つまりルビィちゃんと同じってことだよね」

曜「だね」


善子「…いいわよ…もういいわよそれで……」

花丸「うんうん、善子ちゃんは頑張ったずら」ヨシヨシ
25: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:32:48.55 ID:ILOT+zD/.net
曜「でもこれで3対2かぁ…」

梨子「ちょっと不利になったね」


千歌「よーし、このまま1年生コンプリートしちゃうよー!」

ルビィ「おー♪」

善子「フッ、このヨハネにかかればずら丸のひとりやふたり――」


花丸「あ、ごめん、オラあっち側ずら」


善子「はいぃ?!」

曜「えっ?ほんと?!」

花丸「うん」
27: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:33:34.86 ID:ILOT+zD/.net
ルビィ「そんな…花丸ちゃん」

花丸「ごめんね、ルビィちゃん」


曜「…ってことは3対3?」

梨子「あっという間に並んだね」


千歌「は、花丸ちゃん理由は?運動部だと思う理由はなに?!」

曜「千歌ちゃん、理由なんてどうでもいいんじゃなかったの?」

千歌「い、いちおうだよぉ~いちおう」
29: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:34:45.01 ID:ILOT+zD/.net
花丸「…えっとね、マル考えてみたんだ」

花丸「確かに千歌ちゃんの言った「歌う部活」は文化部だし、曜ちゃんの言った「踊る部活」は運動部ずら」


花丸「じゃあなんでそうなのかな?って」


花丸「たぶん「部活動は授業の一環」って聞いたことあるから、そうなんじゃないかな?って思って当てはめてみたんだ」

花丸「そしたら「歌う部活」は授業でいうと音楽だし、「踊る部活」は授業でいうと体育だな、って分かったずら」


花丸「じゃあスクールアイドルは?」

花丸「…これは色々解釈があるかもしれないけど、マルは授業でやるなら体育かな?って思った」


花丸「だから、スクールアイドル部は運動部ずら」
30: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 01:35:41.36 ID:ILOT+zD/.net
よしるびようちかりこ「……」


花丸「あ、あれ…?オラ、なんか変なこと言ったずら…?」


善子「いや…なんていうか…」

曜「私たちよりよっぽど考えてるな、って」

梨子「そう考えると私たちの理由って…」

ルビィ「うん…少し短絡的っていうか…」

善子「考え直した方がいいかも?」


千歌「ダ、ダメだよ!1票は1票だからね?!」
49: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:09:39.85 ID:YXly9Zn2.net
―――


ダイヤ「遅れてしまい、申し訳ありませんわ」

果南「みんなお疲れー、って…あれ?」


どよ~ん


果南「…どしたの?」

ダイヤ「皆さん落ち込んで…?座り順もいつもと違うみたいですし…」

果南「確かに…こっちが千歌、ルビィちゃん、善子ちゃんで…」

ダイヤ「こちらが曜さん、梨子さん、花丸さん」

果南「…なんの並び?」

ダイヤ「さぁ?」
50: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:10:44.53 ID:YXly9Zn2.net
――

ダイヤ「…そういうことでしたの」

果南「そんなの考えるまでもないよ」


千歌「えっ?!」


ダイヤ「そうですわね」クスクス

果南「まったく、こんなことで熱くなれるなんて、みんな若いな~」フフ

曜「…じゃあふたりはどっちかわかってるの?」

ダイヤ「ええ、もちろんですわ」

果南「そうそう、普通に考えればわかることだからね」

善子「…じゃあ言ってみてよ」
51: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:11:22.47 ID:YXly9Zn2.net
だいかな「そんなの――」


ダイヤ「文化部に決まっているじゃないですか」
果南「運動部に決まってるよ」


だいかな「――んん??」
52: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:12:55.06 ID:YXly9Zn2.net
ダイヤ「――ちょっと果南さん?こんなときに冗談はやめてもらえませんこと?」

果南「ダイヤこそ、善子ちゃんじゃあるまいし、なんの冗談?笑えないね」


ダイヤ「はい?」

果南「なんだって?」


曜「冗談は善子ちゃん、なんちゃって♪」

善子「ちょっと!空気読みなさいよ!」

花丸「善子ちゃんがそれを言うずら…?」


千歌「善子…っ、冗談は…よ、よし…っぷぷ」プルプル

ルビィ「…ウケてる…あれで…?」

曜「じゃあ冗談はなしこちゃんで」キリッ

千歌「ぶふぉっ!!」

梨子「それもう悪口じゃないかな?!」
54: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:14:21.61 ID:YXly9Zn2.net
ダイヤ「スクールアイドルは只の部活に非ず。今やスクールアイドルはひとつの文化ですわ!これを文化部と言わずして何と言いますの!」

果南「わかってないねダイヤは。スクールアイドルは体が資本!生半可な鍛え方じゃろくにパフォーマンスも出来ないんだよ。間違いなく運動部だね!」

ダイヤ「果南さんともあろう人がなんと浅はかな。単に運動量の話ならば運動部に限らずとも、吹奏楽やブラスバンド、演劇や声楽といった部活でも運動部並みに鍛えていますわよ?」

果南「わかってないのはそっちでしょ?鍛えるって言っても体を鍛えるのと肺活量を鍛えるのじゃまったく別物だよ。そんなこともわからないの?」

ダイヤ「なんですって?!」

果南「なにさ?!」


梨子「…いつの間にかすごくヒートアップしてる…」

ルビィ「とりあえず座ろう?お姉ちゃん…」

ダイヤ「ルビィ…そうですわね。少し頭を冷やしましょう」

曜「果南ちゃんも」

果南「…ああごめん、ちょっと熱くなっちゃった」
55: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:15:15.25 ID:YXly9Zn2.net
――

千歌「――だからさぁ、リーダーと生徒会長がこっち側なんだからもう文化部でよくない?」

曜「だーかーら、さっき1票は1票だって言ったの千歌ちゃんじゃん!まだ4対4でしょ?」


花丸「こっちには浦女のヒーロー曜ちゃんと、マルのお姉さま梨子ちゃんと、みんなのお姉ちゃん果南ちゃんがいるずら」

ルビィ「こっちだってAqoursの誇る黒澤シスターズがいるもん!ね?サファイアちゃん」

善子「サファイアって誰よ?!」


果南「まったく、ダイヤは頭が固いんだから…」

ダイヤ「果南さんこそ、脳筋で困りますわ」


梨子「はわわ…みんなギスギスしすぎだよ…アイスティーでも飲んで落ち着こう?」

鞠莉「あ、私はコーヒーで♪」
56: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:16:25.35 ID:YXly9Zn2.net
 
 
梨子「…ん?」
 
 
鞠莉「ん??」
 
 
57: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:17:45.59 ID:YXly9Zn2.net
梨子「鞠莉ちゃん?!」

鞠莉「イエーッス♪みんなのマゥリィよ♪おまたせ☆」シャイニー

梨子「い、いつからそこに?!」

鞠莉「ちょっと前から♪みんなと~ってもエキサイトしてるんだもの♪つい眺めちゃったわ☆」テヘ

梨子「…止めようとは思わなかったの?」

鞠莉「どうして?ケンカならまだしもディスカッションでしょ?どんどんやればいいじゃない♪」

梨子「そういうものですか」

鞠莉「そういうものよ♪梨子ももっと頑張って、ファイトだよ!」

梨子「いや、私は――」


千歌「あー!いつの間にか鞠莉ちゃんがいるー!!」
59: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:19:09.22 ID:YXly9Zn2.net
曜「ほんとだ!全然気づかなかったよー!」

果南「鞠莉?え?いつの間に…?」

ダイヤ「…大方言い争う私達をニヤニヤと眺めていたのでしょう」ハァ


善子「…でも9人目の鞠莉が来たと言うことは…?」

ルビィ「はっ?!今4対4だから…」

花丸「鞠莉ちゃんの票で雌雄が決するずら…!」


千歌「!!そうだよ!今!この時こそ!」


千歌「決着の時!!」


よしるびまる「ゴクリ…!」
60: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:19:51.94 ID:YXly9Zn2.net
千歌「さあ鞠莉ちゃん!」

曜「聞いてたんならなにで割れてるかわかってるでしょ?」

鞠莉「オフコース♪スコーゥアイドゥが文化部か運動部か、でしょ?」

ダイヤ「その通りですわ。鞠莉さんなら当然――」

果南「運動部だよね?」

善子「ちょっと!そういうのは――」

花丸「アリずら」

ルビィ「あはは…」

梨子「もう…ちゃんと聞こうよ…」


曜「うんうん、梨子ちゃんの言うとおり」

千歌「そうそう、梨子ちゃんの言うとーり!」
61: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:20:55.64 ID:YXly9Zn2.net
曜「さあ」

千歌「鞠莉ちゃん」

ようちか「どっち?!」


鞠莉「ん~…どっちっていうか…」


鞠莉「そもそもどうしてそんなことで争ってるの?」


ようりこよしるびまるだいかな「!?」

千歌「……」
62: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:21:35.62 ID:YXly9Zn2.net
ダイヤ「そういえば…どうしてでしょう?」

果南「…さあ?私たちが来たときにはもう始まってたから…」

善子「それを言うなら私達だって…ねえ?」

ルビィ「うん、千歌ちゃんと曜ちゃんが…」

花丸「すでに争ってたずら」


千歌「……」


曜「あれ?最初ってどんなだっけ?」

梨子「確か千歌ちゃんが「スクールアイドル部って文化部だよね?」って言い出して…」

曜「ああ、そうそう、確かそんな感じだった!」

鞠莉「じゃあ、ちかっちが言い出しっちなのね?」


千歌「!!」
63: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:22:21.20 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「じゃあさっきからずっと黙っちなちかっちにクエスチョンでーす♪どうしてこんなこと言い出したの?」


千歌「…別に、なんとなくだよ」


曜「…ウソだね」

梨子「ええ、嘘ね」

千歌「な…っ?!」


曜「ふふふ、あまり私たちを舐めないでもらいたい!」

梨子「曜ちゃんほどじゃないけど、私だって少しは千歌ちゃんの考え、わかるんだよ?」

曜「そういうこと!さあ、観念するんだね!」


千歌「うぬぅ…」
64: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:23:04.35 ID:YXly9Zn2.net
千歌「――っていうかさぁ!」

ようりこ「!?」

千歌「なんで言い出したかなんて関係ないんだよ!」

梨子「な…っ?!」

千歌「だってそうじゃん、それ聞いたら答え変わるの?違うでしょ?」


曜「……確かに…」

梨子「曜ちゃん?!」

千歌「今は…今はそんなことより、鞠莉ちゃんの方が先だよ!」クルッ

曜「確かに!」クルッ

梨子「」


花丸「あーあ、もう乗せられちゃったずら」

善子「味方してた梨子が不憫ね」
65: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:24:01.48 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「……なるほど、わかったわ」

千歌「わかってくれた?」

鞠莉「つまりちかっちは私がどっちか言うまでは理由を言いたくないのね?」

千歌「……」

鞠莉「それにしても…」


鞠莉「この話、今しなきゃいけないこと?」


千歌「――!?そ、それは…」メソラシ


鞠莉「…ま、いいわ。」

鞠莉「言いたくないなら言わなくてもいいし、確かにそれで答えが変わるのかって言われると…ま、ちかっちの言うとおりだしね♪」
66: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:24:57.84 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「まず私が答えを出しましょう!」

鞠莉「だからそれでみんな恨みっこなし、いい?」


ダイヤ「…ええ、分かりましたわ」

果南「私も、多数決には従うよ」

ルビィ「みんながそれでいいなら…」

花丸「マルも異存はないずら」

善子「ま、しょうがないわね」

梨子「わかりました」

曜「ヨーソロー!」

千歌「…わかったよ」


鞠莉「…よろしい!では私の結論は――」
68: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:26:35.16 ID:YXly9Zn2.net
 
 
鞠莉「スクールアイドル部は、文化部でーす!」


鞠莉「あ、ちなみにこれは理事長としての見解でもあるから決定次項ね☆」
69: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:28:33.35 ID:YXly9Zn2.net
曜「あちゃ~…そっちかぁ…」


ダイヤ「フッ…流石は鞠莉さん――」ファサッ

善子「なかなかの働きね、誉めてあげるわリトルデーモン」ギラン

ルビィ「わあー♪ほんとに姉妹みたい♪」


花丸「せめて…せめて理由を…マルは『納得』したいだけずら…『納得』は全てに優先するずら…」ブツブツ

果南「はは…花丸ちゃんは一番しっかりと考えてたからね…」
70: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:29:45.02 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「ん?理由が欲しいの?」

花丸「ずら!」

鞠莉「んー…えっとね…」

鞠莉「実はあのμ'sの部活もなんと文化部だったのよ♪ねーダイヤ?」

ダイヤ「はい?…ええ、そうですわね。ですが――」

鞠莉「ね?」

花丸「なるほど、前例があったんだ…なら仕方ないね」

千歌「」ホッ

梨子「…?」


ダイヤ「ちょっと、鞠莉さん?確かに――」

果南「ダイヤ」フルフル

ダイヤ「果南さん…?」
71: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:31:20.73 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「――そんなことより、ずっと気になってたことがあるんだけど」

果南「なに?どうしたの?」

鞠莉「マゥリィ的にはこんな話よりずっと不思議なことが起きてるのよね…いや、起きていないと言った方がいいのかしら?」

ダイヤ「…なんですの?勿体ぶらすに教えてください」

鞠莉「うん、あのね――」


鞠莉「ダイヤも果南もいるのになんで練習もしないでこんなことしてるのかな、って」


だいかな「?!」

鞠莉「ふたりが揃ってるのに、まだ練習始めてないなんて…アンビリーバボー☆」
72: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:32:03.70 ID:YXly9Zn2.net
果南「やば…っ!今何時?!」ガタッ

ダイヤ「鞠莉さん!気づいていたのならもっと早く――!」

鞠莉「言ったよー?『この話、今しなきゃいけないこと?』って」

ダイヤ「それは千歌さんにでしょ?!…ってそんなこと言ってる場合じゃ――」

果南「みんな!急いで準備して!練習!」


1、2年生「はーい!」


鞠莉「うふふ♪慌てるみんなもプリティね♪」

ダイヤ「言ってる場合ですか!貴女も準備なさい!」

鞠莉「はーい♪」


―――
73: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:33:12.73 ID:YXly9Zn2.net
―――

果南「――じゃあ今日はここまで!」


8人「「お疲れさまでしたー!」」


花丸「はぁーっ…疲れたずら…」

ルビィ「そう?ルビィはまだまだいけるよっ!」

善子「ルビィって…踊るときだけやたらと体力あるわよね…」


梨子「曜ちゃん、ちょっと…」

曜「んー?なになにー?」

梨子「しーっ!あのね――」


果南「ほーら、暗くなる前に閉めちゃうからみんな部室へ行った行った!」
74: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:34:06.49 ID:YXly9Zn2.net
――

曜「ちーかちゃん♪今日は一緒に帰ろ?」

千歌「え?どしたの?」

曜「ちょっと話したいことがあって…寄ってって良いかな?」

千歌「ふ~ん…うん、いいよ!」

曜「じゃあ久しぶりに2年生会議やろう!スリーマーメイド会議!ね?梨子ちゃん」

梨子「もう!それは忘れてってば!」

千歌「梨子ちゃんも?ふふ、なんか楽しそう♪」


ダイヤ「…鞠莉さん、ちょっとよろしいですか?」

鞠莉「ダメよ!マゥリィには果南っていう心に決めたヒトが…!」

ダイヤ「なっ!ち、違いますわ!そういうことではなく!」

果南「…何の話してるんだか」
75: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:34:59.81 ID:YXly9Zn2.net
――

鞠莉「――で、話って?」

ダイヤ「何故、あの時花丸さんの質問をはぐらかしたのですか?」

鞠莉「ホワッツ?何の話かしら?」

ダイヤ「とぼけないで。確かにμ'sは文化部だった。それは嘘じゃない」

鞠莉「でしょー?だったら――」

ダイヤ「でもそれは彼女達の部活が「アイドル研究部」だったからでしょう?スクールアイドル部の私達とは違いますわ」

鞠莉「……」

ダイヤ「最近まで詳しくなかった花丸さんなら誤魔化せたでしょうけど、私はそうはいきませんわよ?」

ダイヤ「さあ、仲間に隠し事をする正当な理由を聞かせてもらいましょうか!」


果南「――私も聞きたいな、その話」
76: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:36:37.62 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「果南?!」

果南「私もさ、気になってたんだよね。鞠莉の態度が」

ダイヤ「え?ち、ちょっと待って…果南さんはあの時鞠莉さんに助け船を出していたではないですか。ですから私はてっきり――」

果南「あの時はね。鞠莉には鞠莉の考えがあるんだろうな、って思ったから。だからあの場ではああした」

果南「でも後で絶対に訳を聞こうと思ってたから…今はダイヤと同じ気持ちかな」

ダイヤ「…そうでしたか」


ダイヤ「――だそうですよ?鞠莉さん?」

鞠莉「…ワーォ、これはカンネンするしかなさそうね」

果南「そうだね、そうしてくれると余計な手間が省けて助かるよ」

鞠莉「ち、ちょっと…話さなかったら何するつもりだったのよ…?」
77: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 01:37:37.35 ID:YXly9Zn2.net
鞠莉「――っていうか、ふたりは気付かないの?」

だいかな「?」

鞠莉「ちかっちがなんであんなこと言い出したのか」

果南「え?鞠莉はわかるの?!」

鞠莉「オフコース♪もっちろん♪」

ダイヤ「…それと、鞠莉さんの態度がなにか関係があるんですの?」

鞠莉「おおありよ、だから私は文化部に決めたんだもの。ぶっちゃけ理由なんてどーでもよかったの♪」

果南「つまり、鞠莉は千歌の為に文化部にした、ってこと?」

鞠莉「イグザクトリー♪」

ダイヤ「どうしてまた、そんなことを…」

鞠莉「ん~…あのね、ちかっちは――」


―――
2: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:10:25.22 ID:t90Q39ku.net
―――

千歌「――で、話したいことって?」

曜「え?」

千歌「ん?曜ちゃんが話したいことがあるからって家に来たんだよね?」

曜「…?」

千歌「??」

曜「!あ、そうだった!」

千歌「そうだった…?」

曜「えっと、なんだっけ…?そうそう」


曜「今日の千歌ちゃん、様子が変だったよ!どうしたの?」キリッ


千歌「今は曜ちゃんの方が変だと思うけど…」

梨子「あはは…」

※ ここから2スレ目です(管理人)

元スレ: 千歌「スクールアイドル部って文化部だよね?」2

3: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:11:15.10 ID:t90Q39ku.net
千歌「それに、変ってどこが?」

曜「えっ」

千歌「わたし、どこか変だった?」

曜「えっと…」


梨子「――私も、変だと思ったよ?」

千歌「梨子ちゃんまで?!」

梨子「部室での話、いつもの千歌ちゃんだったらあそこまで引っ張って、みんなを巻き込んで争ったりしないんじゃないかな?」

曜「確かに」

千歌「…っ!」

梨子「それに言い出した理由も…絶対になんとなくじゃないでしょ?」

千歌「そ、それは…別に理由なんて…」
5: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:12:04.48 ID:t90Q39ku.net
曜「それは、ウソだね!」

梨子「やっぱり」

千歌「…」

梨子「ねえ千歌ちゃん、ちゃんと教えて?」


千歌「……この会議、言い出したの梨子ちゃんでしょ?」


梨子「えっ?」

曜「な、なに言ってるの千歌ちゃん!今日は私が――」

千歌「曜ちゃんは私が嘘ついて誤魔化さないように梨子ちゃんが用意した嘘発見器でしょ?」

曜「なんでわかったの?!」

梨子「曜ちゃん!」

曜「あ…」
6: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:12:45.92 ID:t90Q39ku.net
千歌「ふっふっふ~あまり私を舐めないでもらいたい!」

千歌「私だって少しは梨子ちゃんの考え、わかるんだよ?なんてね♪」

曜「うぬぬ…おのれ千歌ちゃんめ…」

千歌「ふふ~ん♪」


梨子「…はぁ、わかりました、正直に言います」

梨子「確かに、私が曜ちゃんに声をかけて集まってもらいました」

千歌「やっぱり!」フフン

梨子「じゃあ次、千歌ちゃんの番ね」

千歌「へ?」

梨子「私は正直に白状したから、次は千歌ちゃんの番、ね」ニコッ

千歌「――!」


曜「すごい…もはやどっちが優勢なのか私にはわからない…!」
7: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:13:35.78 ID:t90Q39ku.net
梨子「私はもう千歌ちゃんには隠し事も、やましいことも無いよ?」

梨子「千歌ちゃんはどうかな?」

千歌「…っ!」


曜(言い切った!あれだけ自分の部屋で話し合いするの断固拒否ってたクセに言い切ったよ!梨子ちゃんすごい!)


曜(…いつか行く機会があったら色々調べてみよう)
8: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:14:43.24 ID:t90Q39ku.net
梨子「私はね、千歌ちゃんの本心が聞きたいの…」

梨子「だって、千歌ちゃんは私がここに来て初めて出来た友達で…一番大好きな親友だと思ってるから!」

千歌「!!」

梨子「隠し事なんて…悲しいな…」

千歌「…」


曜(あれ?ひょっとして梨子ちゃん私がいること忘れてる?)

曜(?!うわ今目が合った!てことは私のこと認識した上でさっきのセリフなんだ…)

曜(で、今の視線で私へフォローした、と…こわ!梨子ちゃんこわ!)
9: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:15:46.27 ID:t90Q39ku.net
千歌「……わかった」

ようりこ「!!」

千歌「全部、ちゃんと話すよ。私だって、梨子ちゃんのこと、親友だと思ってるから」

梨子「千歌ちゃん…」パァァ

曜(え?私は?)


曜「え、えっと…じゃあ聞いていいかな?どうして千歌ちゃんはあんなこと言い出したの?」

千歌「うん、あのね――」

曜「あ、私も聞いていいんだ」

千歌「?」

梨子「どうしたの?変な曜ちゃん」クスクス

曜「っ!ご、ごめんごめん、続けて続けて」

千歌「うん、実は――」


――
10: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:16:27.38 ID:t90Q39ku.net
 
 
ようりこ「ええーっ?!スクールアイドル部で文化祭に出たかっただけーっ??」
 
 
11: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:17:20.19 ID:t90Q39ku.net
千歌「あはは…そうなんだよね…」

曜「それで、文化部にこだわってたの?運動部じゃ出れないから?」

千歌「うん…」

梨子「あっきれた…」

千歌「ぅ…ごめんなさい…」

梨子「ああいや、責めてるわけじゃなくて…何て言うか、そうならそうと言ってくれれば…」

千歌「だって…普通に「出たい」って言ってもみんなが「なに言ってるの?スクールアイドル部は運動部じゃん」ってなったら終わっちゃうじゃん」

曜「そんなの、言ってみないとわからないじゃん」

千歌「わからないから、せめて曜ちゃんと梨子ちゃんは味方にしてから言いたかったの!」
12: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:18:51.98 ID:t90Q39ku.net
千歌「そしたらふたりとも運動部って言うし…」

梨子「それは…だって、知らなかったから…」

千歌「説得しようと思ったら曜ちゃんがなんでかものすごく頑固だし…」

曜「いやあ…なんか熱くなっちゃったんだよね…あはは」


千歌「――このままだとまずいぞ、って思ったけどどんどん意見が割れてくし、みんなギスギスしていくしで本当のこと言い出せなくなっちゃって…」

千歌「それで、結局Aqoursを真っ二つにしちゃった…わたし、リーダーなのに…」


曜「それは別にいいんじゃない?」

千歌「へ?」
13: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:19:27.02 ID:t90Q39ku.net
千歌「…怒らないの?」

曜「なんで?別にケンカしたわけじゃないでしょ?意見が割れて揉めるくらい良くあることじゃん」

千歌「…そうなの?」

梨子「わ、私は部活で揉めたことないから…でも鞠莉ちゃんも言ってた「ケンカならまだしもディスカッションでしょ?どんどんやればいいじゃない♪」って」

千歌「…そういうものなんだ」

梨子「そういうものらしいよ?」
14: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:20:04.86 ID:t90Q39ku.net
千歌「なんだー!心配して損したー!」

梨子「心配?」

千歌「うん、てっきり今日は曜ちゃんが梨子ちゃん連れて私を怒りにきたのかと…」

曜「私が?千歌ちゃんを?ないない」フリフリ

千歌「だよね、良かったぁ~」


梨子「――でも、ちゃんとみんなに話さなきゃね」
 
 
15: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:20:53.89 ID:t90Q39ku.net
ようちか「へ?」

梨子「私たちはこれで良かったけど、ひょっとしたら気まずく思ってる人もいるかもしれないでしょ?」

曜「確かに…」

梨子「だから、ね?千歌ちゃん、明日ちゃんとみんなに話そう?」

千歌「…うん、わかった、明日みんなにちゃんと正直に話して謝るよ」


曜「でも、明日は大丈夫だよね」

千歌「なんで?」

曜「だって、少なくとも私と梨子ちゃんは味方だから、それなら言いやすいんでしょ?」

千歌「…そっか、そうだよね」フフッ
16: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:22:01.04 ID:t90Q39ku.net
千歌「あーあ、今日の話もこういうスタートだったら楽だったのになー」

曜「だよねー、でも私は今でも運動部だと思ってるけど」

千歌「またそこからやるの?!」

梨子「うふふ…曜ちゃんったら」

曜「は、はいっ!ごめんなさい!」

千歌「どうしたの?」

曜「いや、なんか…梨子ちゃんの目がちょと、コワい…かなって」

梨子「やだ、そんなことないよー」

曜「うん、そんなことなかったよーそろー(棒」

千歌「変な曜ちゃん」クスクス


曜(あれは、猛禽類の目だった…っ!)


―――
17: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:23:13.22 ID:t90Q39ku.net
―――

曜「大丈夫?千歌ちゃん」

梨子「無理しないでね」

千歌「大丈夫、ちょっと待ってね…すぅーっ…はぁーっ…」

千歌「よし!」


ガラッ


千歌「みんな!昨日は――」


果南「あ、やっと来た。遅いよー3人とも」

千歌「あ、れ――?」
18: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:23:49.80 ID:t90Q39ku.net
ダイヤ「とりあえず、座って下さいな」

梨子「は、はい」


曜「ねえねえ、なんで誰も着替えてないの?」

ルビィ「今日は緊急ミーティングなので」

千歌「きんきゅうみーてぃんぐ?」

善子「昨日の話に関係してるみたいよ?ほら文化部がどうのって…」

花丸「それで、3年生が話があるって…鞠莉ちゃんはもう寝てるけど」


鞠莉「」Zzz…
19: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:24:36.73 ID:t90Q39ku.net
千歌「そ、その事なんだけど…!ごめんなさい!私――!」

果南「千歌、いいからとりあえず座ってよ」

千歌「で、でも――」

ダイヤ「鞠莉さん!ちゃんと起きて下さい!貴女が発案の会議なのでしょう?!」

鞠莉「ん~?あー…グッモーニン☆エブリワン♪」

千歌「あ、あの…鞠莉ちゃん…」

鞠莉「あ、ちかっちがいるならちかっちに任せるわ♪」

千歌「え?」

鞠莉「今日の議題は「スクールアイドル部は文化祭で何をするか」だから。ヨロシクね☆」


ようちかりこ「ええーっ?!」
 
 
20: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:25:19.04 ID:t90Q39ku.net
千歌「なんで、文化祭のこと…?」

果南「やっぱり、そうだったんだ」

千歌「え?」

ダイヤ「鞠莉さんが気付いたのですわ。千歌さんは文化祭に出たくてああ言ったのではないか、と」

ルビィ「ルビィはお姉ちゃんから聞いて…」

花丸「うん」

善子「まったく、それならそうと最初から素直に言いなさいよ!」


千歌「…みんな、怒ってないの…?」
21: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:25:58.61 ID:t90Q39ku.net
果南「幼なじみの千歌がやりたいって言うなら、一緒にやるのは当たり前でしょ?それに――」

善子「嫌だったら嫌って言う!…わよ」

ダイヤ「その通り!さすがサファイア、善い子でちゅね~」ナデナデ

ルビィ「さすがルビィの妹!お姉ちゃんも鼻が高いよ~」ナデナデ

善子「なんで私がルビィの下なのよ!てかなんでサファイア?!もっと私にふさわしい宝石があるでしょ?!」


曜「突っ込むとこそこ…?」
22: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:26:38.44 ID:t90Q39ku.net
花丸「じゃあ黒澤黒曜石?」

鞠莉「黒澤ブラックダイヤとか♪」

善子「なんでよ!オニキスとかあるでしょうが!」


梨子「えっと、何の話をしてるのかな…?」


千歌「みんな…!良かった…」

曜「ね?だから言ったじゃん。誰も怒ってないって」

千歌「うん」
23: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:27:31.15 ID:t90Q39ku.net
ダイヤ「コホン、とりあえずミーティングを始めますわよ。時間は待ってはくれないのですから」

果南「そうそう、ただでさえ練習時間はいくらあっても足りないのに、文化祭に出るならなおのことムダには出来ないからね!」


千歌「――その前に、やっぱりちょっといいかな?」

鞠莉「…ふふ、どーぞ♪」

千歌「ありがと…」


千歌「わたし、みんなに聞いてほしいことがあるの」

千歌「まず昨日のこと…わたしの考えなしのせいで迷惑かけてごめんなさい!」

千歌「嫌な気分になった人もいるかもしれないけど、悪いのは全部わたしだから他の人を悪く思わないであげてください」

果南「千歌、それはもう――」

千歌「違うの果南ちゃん、本当に言いたいのはここからなんだ」
24: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:28:20.68 ID:t90Q39ku.net
千歌「鞠莉ちゃんが言ったように、わたしは文化祭に出たかった、だからスクールアイドル部を文化部だってみんなに認めて欲しかった」

千歌「手段はちょっとアレでごめんなさいだったけど…けど認めてくれて嬉しかった。ありがとう」

千歌「でもね…もう認められたから今さらなんだけど…どうして文化祭に出たかったのかって理由だけは、みんなに聞いてほしいと思ったの…」


千歌「ううん、正直に白状させて下さい!」


善子「ま、断る理由は無いわね」

花丸「そうずらね」

ルビィ「聞かせて、千歌ちゃん!」

ダイヤ「…私が言えたことではありませんが、普段ご自分の事をあまり話さない千歌さんがそこまで言うのですからきっと大切な事なのでしょう」

果南「だね。いいよ、千歌」


ようりこ「」コクン

千歌「うん!」
25: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:29:09.60 ID:t90Q39ku.net
千歌「――わたし、このAqoursが大好き!」

千歌「学校を救うために活動してるわたしたちだけど…もちろん、それが一番大事だってわかってるけど…」

千歌「わたし、スクールアイドルとしてだけじゃなく、普通の友達として、このメンバーでたっくさん思い出を作りたいんだよ!」


千歌「だって、奇跡みたいな偶然が重なって集まったこのメンバーですごせるたった1度しかない高校生活だから…それに…それに……っ!」


曜「千歌ちゃん」ガンバルビィ

梨子「千歌ちゃん」ガンバルビィ

千歌「…!」


千歌「それにっ!この9人ですごせる時間はたった一年しかないから!」


ダイヤ「千歌さん…」
26: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:30:03.25 ID:t90Q39ku.net
千歌「学校行事、全部…1回しかないから…」

鞠莉「ちかっち…」

千歌「だから…ひとつも、無駄にしたくない…っ」

果南「千歌…」


千歌「だから…お願いします!Aqoursの練習もちゃんとやります!もっとしておけば良かったなんて言わなくていいように、ちゃんとしっかりやります!」

千歌「だから…このメンバーで思い出を作るのに少しだけ協力して下さい!」


ダイヤ「――ハァ…千歌さん、貴女という人は…」


ダイヤ「ぶっぶ~!ですわ」

千歌「ぅ…」
27: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:30:54.28 ID:t90Q39ku.net
果南「…だね。そんなの認められない」

千歌「果南ちゃん…」

鞠莉「そうね~、私もちょ~っと賛成しかねるかな?」

千歌「鞠莉ちゃんまで…」


曜「なんで?!千歌ちゃんこんなに頼んでるのに!」

ルビィ「お姉ちゃん!どうして!?」


ダイヤ「…わかりませんか?では逆に問います」

ダイヤ「そんな生半可な気持ちでいったい何が成せるというのですか?」


千歌「!」
28: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:32:27.86 ID:t90Q39ku.net
ダイヤ「「少しだけ協力して下さい」?ふざけないで下さい!」

千歌「ぅ…」

果南「そうそう、やるからには「少しだけ」なんて半端はなし、だよ」


千歌「…へ?」


鞠莉「片手間にやったってつまんないもの…やっぱりやるなら全力で燃えないとノーシャイニーよ?」

千歌「それって…」

ダイヤ「何かを掴むために何かを諦めない、もうお忘れですか?いくら学校の為とはいえ、自分を蔑ろにするのは――」


ダイヤ「ぶっぶ~、ですわよ♪」


千歌「ダイヤさん…!」
29: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:33:51.45 ID:t90Q39ku.net
千歌「それじゃあ…!」

ダイヤ「ええ、やりますわよ!やるからには全力で!」

果南「そもそも今日はそのための緊急ミーティングだからね」

鞠莉「うんうん♪じゃ、おやすみ~♪」

ダイヤ「鞠 莉 さ ん ~ !」

鞠莉「ノォー!ジョークだってば!イッツジョーク☆」

ダイヤ「おだまらっしゃい!おふざけにも時と場合が――」

果南「こらこら、ミーティングするんじゃないのー?」
30: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:34:33.16 ID:t90Q39ku.net
花丸「せっかく良い感じに纏まりかけたのに…」

ルビィ「でも、こういうのがわたしたちらしい…のかな?」

善子「にしても時間がないって言ってる本人達が一番時間潰してどーすんのよ…」

梨子「うふふ…仕方ないよ。ああでもしてないと…」

花丸「してないと?」

梨子「上級生の威厳が保てないんじゃないかな?みんなみたいに」クスクス

曜「ねー?1年のみんなも、口では何だかんだ言いながら昨日の梨子ちゃんみたいにニヘラニヘラしてるもんねー?」


よしるびまる「!」///


梨子「よ、曜ちゃんもだったでしょ!」

曜「まあまあ、それだけ千歌ちゃんの想いがみんなに伝わったってことだよね。良かった良かった」
31: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:35:24.87 ID:t90Q39ku.net
千歌「みんな…ありがとう…!」


千歌「よぉ~っし!やるからにはさいっこうの文化祭にしよー!!」

ようりこ「おー!」


善子「フッ、仕方ない…このヨハネが――」

ルビィ「ふふっ、善子ちゃんまだニヤついてる…♪」

花丸「きっと「みんなで文化祭なんてリア充まっしぐらずら~」とか思ってるんじゃない?」

善子「違うわい!てかそれずら丸じゃない!」


ダイヤ「最高の文化祭にするには、まずは何をするのか、が大事ですわね」

果南「準備の時間も予算も限られてるわけだしね…」

鞠莉「やりたくてやりたくて仕方なかったちかっちはなにか案があるんじゃない?」


千歌「えっ…?!」ドキッ
33: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 02:36:31.21 ID:t90Q39ku.net
梨子「む、曜ちゃん!」

曜「むむ…!これは図星のリアクションであります!」ヨーソロ

千歌「今回曜ちゃん凄すぎない?!」

曜「…今回の事件は曜を一回りも二回りも成長させてくれた…」トオイメ

千歌「なんで?!」


ダイヤ「そんなことより…」ポン

果南「あるんだよね?案が…」ポン

千歌「ヒッ…?!」


鞠莉「さ、聞かせて貰おうかしら☆」


千歌「う、うん、実は――」


おしまい
36: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:22:35.79 ID:t90Q39ku.net
おまけ


かなまり「劇をやる?!」

ダイヤ「!!!」


千歌「うん…浦女に演劇部はもう無いけど、前に使ってた衣装やセットは取ってあるから使っていいって先生が…」

果南「それなら内容次第じゃ稽古だけでやれるかも…」

鞠莉「もーぅ、そんなことまで調べてるなんて、ちかっちったらいつから考えてたのー?」

千歌「えへへ…」


ダイヤ「でしたらロミオとジュリエットをやりましょう!!」


曜「うわ?!ビックリした…!」
37: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:24:23.84 ID:t90Q39ku.net
善子「き、急にどうしたのよ…?」

ルビィ「たぶん…昔μ'sも文化祭かなにかでロミオとジュリエットを披露したって聞いたことあるから、それじゃないかな…?」

花丸「でもロミオとジュリエットかぁ~ いいかも」


曜「そうなるとキャストはどうなるんだろ?千歌ちゃんがロミオ?」

千歌「いや!ここは果南ちゃんがロミオで鞠莉ちゃんがジュリエット!」

鞠莉「あら、いいじゃない♪」

果南「ええ!?わ、私?!」


梨子「 わ か り ま す ! ! 」


ルビィ「ぴぎゃあ?!」
38: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:26:12.30 ID:t90Q39ku.net
梨子「鞠莉ちゃんほどバルコニーが似合う人はいないし、果南ちゃんほど男装が似合う人もいません!まさにベストマッチ!!」

梨子「それにああ…運命に引き裂かれるかなまり…なんて尊い…」


千歌「…どうしたの?」

曜「なんかスイッチ入っちゃったみたい…?」


ダイヤ「どうして?どうして私がロミオじゃないんですの?!」ズイッ

千歌「ち、近いですダイヤさん…」


善子「今度はなに?!」

ルビィ「μ'sの時はロミオ役が絢瀬絵里さんだったからお姉ちゃんもロミオやりたいんだと思う」
39: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:27:28.79 ID:t90Q39ku.net
果南「そんなにやりたいんならさ、ダイヤに譲るよロミオ役」

ダイヤ「本当ですかっ?!」

千歌「えぇ~…ダイヤさんにはジュリエットに毒リンゴを渡す魔女をやって欲しかったのにぃ」

梨子「ど、毒リンゴ…?」

善子「ちょっと待ちなさいよ!」

ルビィ「あはは…さすがにおかしいよね」


善子「魔女役ならこの堕天使ヨハネが適任に決まってるじゃないの!」ギランッ


花丸「あ、わかってなかったずら…」

曜「え?なになに?なにがおかしいの?」
40: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:28:36.97 ID:t90Q39ku.net
千歌「えー、でも善子ちゃん、魔女は最後六人の小人に倒されるんだよ?」

善子「え…それは…ちょっとイヤかも…」

花丸「もうそれほとんど白雪姫ずら」


梨子「ええと…それで…毒リンゴを食べたジュリエットはどうなるの?」

曜「あれ?梨子ちゃん知らないの?ジュリエットはロミオのキスで生き返るんだよ!」

花丸「それは眠れる森の美女ずら!!」


鞠莉「結局私は姫なの?美女なの?」
41: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:29:31.52 ID:t90Q39ku.net
ダイヤ「千歌さぁ~ん?どうして私だと倒されても構わないと思ったんですの~?」ズズズイッ

千歌「あ、あはは…そうじゃなくて単に大人なダイヤさんに小人は似合わないなって…」

ダイヤ「…なるほど、それもそうですわね」

果南「い、いいんだ、それで…」


花丸「そんなことより根本的な問題が…」

千歌「そうなんだよ花丸ちゃん!」ガシッ

花丸「ひゃいっ!?」

千歌「本来なら小人は七人だもんね」ウンウン

花丸「いや、そうじゃ――」

千歌「だから花丸ちゃん!」ググッ

花丸「ずらっ?!」
42: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 07:30:33.67 ID:t90Q39ku.net
千歌「今回は多少わたしたちに合わせて脚本変えなきゃいけない!わかるよね?」

花丸「う、うん…まぁ…」


千歌「だからお話に詳しい花丸ちゃんには脚本を書いて欲しいの!」


花丸「え、ええーーっ?!」


千歌「花丸ちゃんの脚本で、3年生メインキャストによる「ロミオとジュリエット」…完璧だよ!完璧な布陣だよ!」

千歌「これで、文化祭の主役はスクールアイドル部のモノだよっ!」

ようまり「おおーっ♪」


ダイヤ「いや、やっぱり待ってください!こんなの――」

花丸「こ、こんなの――」


だいまる「こんなの絶対ロミオとジュリエットじゃなぁーーーい!!」


おしまい
スクフェス総選挙

シェアする

フォローする

『千歌「スクールアイドル部って文化部だよね?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。