俺君「娘さんを僕にください!」娘父「μ'sのかよちんも幸せにできない貴様に?」

シェアする

花陽-アイキャッチ26
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:19:34.11 ID:YnX8BOvG0
俺君「必ず幸せにします!娘さんを僕に…」

娘父「μ'sのかよちんのことも幸せにできない男が娘を幸せにできるわけがないだろ!」


ラブライブSS
俺君

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510759173

元スレ: 俺君「娘さんを僕にください!」娘父「μ'sのかよちんも幸せにできない貴様に?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:21:36.48 ID:YnX8BOvG0
娘父「ふざけるな!貴様にうちの娘はやれん!やれるか!」


俺君「何故です!必ず幸せにしてみせます!娘さんを僕にください!」


娘父「だから言っただろ!μ'sのかよちんも幸せにできない男に娘を幸せにできると?」

俺君「それは…」


娘父「ふざけるな!かよちんも幸せにできない男にうちの娘はやれん。さぁ、帰ってくれ」

俺君「…」

娘父「聞こえんのか?帰ってくれ!!」


俺君「では、μ'sのかよちんを幸せにしたら娘さんとの結婚を許してくれるんですね」


娘父「さよう」


俺君「分かりました。必ずμ'sのかよちんを幸せにし、娘さんと結婚を認めもらいます!いいですね!」


娘父「うむ。よかろう」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:31:53.53 ID:YnX8BOvG0
花陽「はい、アルパカさんおみずだよー。ふふっ」


花陽「はぁ…今日のお弁当はなにかなー♪るんるん」


俺君「こんにちは。かよちん」

花陽「あっ、おはよ…えぇっ!?」


俺君「天気もいいし、いい日だね」

花陽「あっ…あぁ」


俺君「突然だけど今、君は幸せかい?」


花陽「いやぁぁぁ!!ダレカタスケテェェェェェェ!」

ダッダッダッダッダッ…


ババッ!


凛「助けに来たにゃ!」

花陽「り、りんちゃん!」

凛「かよちん!
花陽「りんちゃん!」

俺君「なるほど…君はμ'sの凛ちゃんだね?」


凛「だ!だれにゃ!」

花陽「それが知らない人なの…」


俺君「凛ちゃんになら分かるだろ?どうすればかよちんを幸せにできるんだい?」


凛「えっ…かよちん、幸せじゃないの?」

花陽「えぇ…幸せだよ?みんなと出会えて…みんなと一緒に…とにかく幸せだよ!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:34:02.77 ID:YnX8BOvG0
凛「ほら!かよちんは嘘つかないよ!かよちんは幸せにゃ!分かったらお引き取りください!」


俺君「それだけじゃダメなんだよ!!」

りんぱな「ひぃぃ!!」ぎゅっ


凛「か、かよちんは凛の後ろに!」ぎゅっ


花陽「だめ!凛ちゃんだって怖いんでしょ?無理しちゃだめ!花陽だって凛ちゃんを守る!」

凛「かよちん…」


俺君「さぁ!共に幸せになろう!かよちん!!」

りんぱな「いぃぃぃぃ!!!」ぎゅっ


凛「にゃぁぁぁぁぁ!!!」
花陽「ダレカタスケテェェェ!!!」


「失礼ですが、どちら様ですか?」


俺君「ん?」

絵里「うちの生徒に何か用でも?」

りんぱな「絵里ちゃん!」ぎゅっ


絵里「怖かったでしょ?凛、花陽。いいから私の後ろに」

凛「うん!」
花陽「絵里ちゃん!」


俺君「なんだこの賢いかわいいオーラは…あっ!?もしや君がエリーチカだね!」

絵里「なるほど…ファンの方ですね」

俺君「いや、違う。僕はただかよちんに幸せになって欲しくて…」


絵里「申し訳ありませんが私達はスクールアイドルである前に学生であり女性です。」


俺君「うん」


絵里「10代の女の子が見知らぬ男の人に声をかけらてどれだけ恐怖を感じるか…分かりませんか?」


俺君「…」


絵里「お引き取りください。納得していただけないなら…申し訳ありませんが警察を呼ばせていただきます」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:36:06.35 ID:YnX8BOvG0
絵里「私達にはこの子たちを守る義務があります。μ'sのメンバーである前に、凛と花陽は私の可愛い後輩です。2人を守るためならどんな手でも使います」


花陽「絵里ちゃん…」ぎゅっ
凛「絵里ちゃん…」ぎゅっ

絵里「大丈夫よ。私に任せて」にこっ

りんぱな「…うん」コクン


絵里「さぁ、すみやかにお引き取りください」

俺君「……だめだ」

絵里「はぁ…では警察を」


俺君「μ'sのかよちんを幸せにしないと、俺は結婚できないんだ!」

俺君「それがお父さんとの約束なんだ…」

俺君「あいつを幸せにできるのは世界中探したって俺しか居ない…だから結婚したい!」


俺君「頼む!かよちん…君を幸せにさせてくれ!!」


凛「だからかよちんは幸せにゃ!」


俺君「じゃあどうしてお父さんは結婚を認めてくれないんだ!」


凛「そ、そんなのしらないよ!」


絵里「そう。そんなことは知りません。失礼ですが、私達には全く関係のない話…」


俺君「だが…俺はかよちんを幸せにしないと!」


花陽「あ、あの!」


俺君「かよちん!どうした?君が幸せになれることがあるなら俺は命をかけて…」



花陽「帰って欲しいです!」


俺君「!」


花陽「しいていうなら…その…あなたに帰って欲しいです!」


俺君「!!」


俺君「…ほほぅ。興味深い」キリッ


絵里「…」イラっ


凛「絵里ちゃんがとてもとても静かにイライラしてるにゃ…」ぶるぶる
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:39:22.01 ID:YnX8BOvG0
俺君「なるほど…俺が家に帰れば、かよちんは幸せになるんだな!」


花陽「は、はい!幸せになります!」


俺君「では帰ろう!俺も幸せになる…かよちんもお幸せに!では!」


俺君「アジュー!」



絵里「…」イラっ

花陽「お、怒らないで…すんなり帰ってくれたんだし…」


凛「ふぅ…やっと居なくなってくれたにゃ」

絵里「大丈夫?2人とも…変なや嫌な事をされたり…」


凛「されてないよ!ねっ」

花陽「うん…」


絵里「…まったく、困ったものね。理事長に報告しておくわ」


花陽「う、うん…」

凛「かよちん…?大丈夫?怖かったよね…凛、それなのにかよちんを守れないで…」


花陽「私…今すごく幸せなの」

凛「えっ…」

花陽「それなのに、私の幸せな気持ちはファンのみんなに伝わってなかったんだね…」


絵里「花陽…」

凛「そんなことない!みんなちゃーんとかよちんが幸せだってことは…」


花陽「…あのね!私…わがまま言ってもいいかな?」

絵里「?」
凛「?」

花陽「ひとつだけお願いがあるの!あのね…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:41:30.27 ID:YnX8BOvG0





俺君「幸せにしてきました!」


娘父「たわけ!」


俺君「!!」


娘父「言葉巧みに門前払いされただけじゃないか」

俺君「ほほう、たしかにー」


娘父「…」イラッ

俺君「しかし、μ'sのかよちんを幸せにしたことには違いない!と、いうことで…」


娘父「認められるか!」



俺君「そ、そんなぁ!」

娘父「はよ帰れ。今日はμ'sの新曲発表のネット配信日なんじゃ」

俺君「俺は…俺は…俺は娘さんと結婚したくて…!!」


娘父「おっ、始まった始まった。むむ?かよちん1人しかおらんぞ」


俺君「えっ…」

花陽『えっと…は、はじめまして!…じゃない人もいますね?あぁ…間違えちゃった…うぅ』


花陽『ファンの皆さんこんにちは。μ'sの小泉花陽です。今日は新曲の発表!の、はずなんですけど…わがままを言って、こういう場を設けていただきました。』



花陽『つい先日、私を…私のことを幸せにしたいという人が現れました』


娘父「むっ」

俺君「えっ…」


花陽『私は…悲しくなりました。だって、私はすごく幸せなのに…ファンの方達には伝わってなかったんだなって…』

花陽『夢だった…ただの夢で終わると思ってた…それなのに、今私は…私はアイドルに…っうっ』


『かよちん…がんばれ!』

花陽『えっ…』


『がんばるにゃー!!』

花陽『凛ちゃん…うん!』
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:43:26.07 ID:YnX8BOvG0
『花陽!泣くんじゃないわよ!』


花陽『真姫ちゃん…』


『頑張って!花陽ちゃん!』

花陽『ことりちゃん…』


『アイドルなら与えられたステージを最後までやり切るのよ!』

花陽『にこちゃん…うんっ!』


『そうです!練習の成果をここで見せてください!』

花陽『海未ちゃん…!』


『そんな難しく考えなくてもええやん?いつもの花陽ちゃんでがんばって』

花陽『希ちゃん…』


『花陽…しっかりね!』

花陽『絵里ちゃん…うん!』

『花陽ちゃん…!』

花陽『穂乃果ちゃん…!』



『私達が見守ってるから…ううん。画面の向こう側のみんなも、花陽ちゃんのことを見守ってるから!!!』


花陽『穂乃果ちゃん…みんな…!』

花陽『私は…私は…!!』


花陽『すぅ…はぁ…うん!』


花陽『初めて作詞に挑戦してみました。本当はみんなと一緒に歌いたかったけど…この歌は私1人で歌ったほうがいいってみんなが…だから!』


花陽『ある出会いが私を変えてくれて…やりたいことを見つけて…それが嬉しくて嬉しくて幸せすぎるこの気持ちを歌にしてみました…聞いてください』



花陽『なわとび』


娘父「…」


俺君「かよちん…」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:45:26.25 ID:YnX8BOvG0
娘父「かよちんは…今幸せなんだな。夢が叶って…大好きな仲間たちと一緒に…愛されていて…うん。幸せなんだな」


俺君「お父さん…」


娘父「私は勘違いしていた。かよちんは幸せだったようだ」

俺君「…と、いうことは」


娘父「気づかせてくれてありがとう。娘を…どうか娘を…」

俺君「…」


娘父「…」ぷるぷるぷるぷるぷるっ

俺君「お父さん…」


娘父「娘との結婚……認めてやってもいいだろう!!」

俺君「お父さん…!お父さんっ!!」ガシッ

娘父「どうか娘を幸せにしてやってくれ!!」ガシッ!

俺君「もちろんです!お父さん!」


娘母「あら、お話がまとまった?」
娘父「あぁ、あいつになら娘を任せてやってもいい」

娘母「おやまぁ」
俺君「お母さんもありがとうございます。俺は…あいつと結婚します!」

娘母「だって、娘ちゃん。パパが俺君との結婚認めてくれるって」

娘「…」


俺君「改めて…幸せにするよ。俺と結婚してください」


娘「断る」


俺君「え」


娘「かよちんの学校まで押しかけるとかマジありえない。」

俺君「え」


娘「そういうことをする人は無理」

俺君「いや、あれは」


娘「帰って」

俺君「えっと…」


娘「大嫌い」

俺君「おうふ」
娘父「おうふ」
娘母「おうふ」


おしまい
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/16(木) 00:46:44.67 ID:YnX8BOvG0
ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『俺君「娘さんを僕にください!」娘父「μ'sのかよちんも幸せにできない貴様に?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。