ハニーオレンジな二人

シェアする

花丸-アイキャッチ17
今日は楽しみにしていた新作「のっぽ」の発売日。普段と変わるはずもない売り場すらもキラキラと輝いて見えた。売り切れるはずもないが、いつもよりも早めに買いに来てよかった。

そんなことを思っていると、腹部からぐ~と可愛らしい音が聞こえた。無事にお目当ての「のっぽ」を購入できた安堵感からか、己の胃袋が空腹を告げている。部室に到着して早々だが、腹ごしらえをしよう。

「いっただきま~す」

pixiv: ハニーオレンジな二人 by ホイミン小川

スポンサーリンク

ガブリと一口。はちみつの甘みが広がり、みかんの酸味と香りがふっと鼻腔を抜けていく。うん。期待以上。

「おいしいじゅらぁ……」

「何がそんなに美味しいの?」

背中から、はちみつみたいに甘い声が聞こえた。

「ずら!!」

「驚かせちゃった!?ごめんね……てへへ」

声の主は千歌ちゃん。

「また、のっぽパン食べてるの?」

「そうずら!新作の『はちみつみかん味』が出たんだ」

「みかん!!」

『みかん』という目ざとく反応する千歌ちゃん。そうだった。この先輩は三度の飯よりもみかんが好きな先輩だった。そうなると、この後の反応は……?

「ねえねえ、花丸ちゃん……いや、花丸さん。千歌も一口食べたいかなーって」

……やっぱり。マルだって鬼じゃない。美味しいものは、誰かと一緒に食べたほうが美味しく感じるんだから。のっぽをちぎって千歌ちゃんに向ける。

「仕方ないずら~。一口だけだよ、はい」

「あーん」

「何してるずら?」

食いしん坊な先輩は、口を開けて間抜け面をさらしている。歯並びがキレイだなーと、変なところに目が行ってしまう。

「え?ここは、あ~んって食べさせてくれる流れじゃないの?」

「えぇ……?」

「ねえねえ、いいじゃ~ん。ルビィちゃんや善子ちゃんには、やってあげてるんでしょ?」

「ずらぁ……」

「私には、出来ないの?」

上目遣いで甘えた声を出してくる先輩に、思わずときめいてしまう。なんとなく憎めない、この先輩には敵わない。

「……仕方ないずら……。はい、あ~ん」

「あ~ん……。うーん、み・か・ん!!美味しい!!」

「そんなに喜んでくれると、こっちもうれしいずら」

「うん。のっぽパン自体も美味しいけど、花丸ちゃんが食べさせてくれたからこそ、美味しかったのかな」

「ずらっ!?」

「私もお返しにキャンディを……って、持ってないや。じゃあ、これで許してくれないかな花丸ちゃん」

そういうと、千歌ちゃんが顔をこちらに近づいてくる。いったい何を?と思っているさなか、唇に柔らかい感触。それに続いて、みかんの香りと蜂蜜のような甘さ。

「え?」

「えへへ。花丸ちゃんが可愛くって……つい。嫌だった?」

先輩が少し眉をハの字にしてこちらを見つめるが、ドキドキして、言葉が紡げない。

「えっと」

「ごめんね」

言葉を紡がなきゃ。ふと、持ったままの『のっぽ』に気が付く。

「そ、その、もう一口。もう一口食べるずら?」

『のっぽ』をちぎって、千歌ちゃんに向ける。少し、千歌ちゃんが面食らっている。

「今度は口をあけてくれないずら?」

初めてのキスは、はちみつみかんの味がした。




梨子「どう!コラボ『のっぽパン』のコマーシャル案。これで行きましょうよ!!!!」

曜「よーそろ……(困惑)」

ルビィ「うゆ……(困惑)」

鞠莉「シャイニー……(困惑)」

果南「えっと……(困惑)」

善子「ちょっと上級リトルデーモンすぎるわ……てか、アダルトデーモンね。リリー。」

ダイヤ「音ノ木ではウケそうですが、ハレンチすぎますので、ぶっぶーですわ」

梨子「ぬぅわんでよ!!」

善子「てか、あの二人が、こんな風になるわけないじゃない。見てみなさいよ」



千歌「ねえねえ、何食べてるの?花丸ちゃん!!」

花丸「カレーずら」

千歌「カレーって、それのっぽパンじゃん!!」

花丸「カレー味ののっぽずら」

千歌「そんなのあるの?」

花丸「カレーおいしいずら」

千歌「食べたい」

花丸「ダメずら。ダイヤさんのプリンでも食べてればいいずら」

千歌「ええー。けちんぼ。食べたい食べたい食べたい食べたい!!!」

花丸「限定品だからダメずら。冷凍庫にルビィちゃんのアイスがあるから、それは食べていいずら」

千歌「じゃあ、そうするー」



ダイヤ「……」

ルビィ「……うゆ……」

梨子「まあ、色気よりも食い気よね……。じゃあ、善子ちゃんが色気たっぷりに『のっぽ』を咥えてる感じでCM作ればいいか」

善子「え?」

ルビィ「それがいいよ。善子ちゃん、えっろいし」

ダイヤ「そうですわね。それでいきましょう」

善子「え?」




善子「え?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ハニーオレンジな二人』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。