千歌「みかんたべたい」

シェアする

千歌-アイキャッチ32
1: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:34:51.55 ID:HwIsx1Yd.net
千歌「たっだいまー!」ドタドタ

志満「おかえりなさい」

千歌「おぉっ!こたつだ!!」

志満「これから寒くなるって天気予報やってたから、出したのよ」

千歌「こたつー!」ズボ

志満「先に手を洗ってから」グイ

千歌「はーい...」

志満「おやつあるから、洗ったら食べてちょうだいね」

千歌「やったぁ!」

元スレ: 千歌「みかんたべたい」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:41:47.27 ID:HwIsx1Yd.net
千歌「ふー...あったかい」

志満「お茶置いておくわね」

千歌「志満姉ありがと」

千歌「はーぁ、もう今年も終わりかぁ...」

志満「1年あっという間ね」

千歌「3年になって、受験があって...」

千歌「やだなぁ」パリポリ

千歌「...」ズズ

千歌「ぷはー、ごちそうさま。志満姉、みかんない?」

志満「ごめーん、昨日全部食べちゃったのよ」

千歌「うぇー!無いのー!?こたつと言ったらみかんなのに!」

志満「ごめんね。明日買ってくるから」

千歌「うぅ...仕方ない。今日は我慢しよう」

千歌「あ」

志満「なぁに?」

千歌「あるじゃん。手っ取り早くみかん食べられる方法」

志満「そんなのあるの?」

千歌「>>5に電話しよう」
5: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:43:42.65 ID:mzlbiIki.net
パシ……じゃなくてルビィちゃん
9: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:48:21.69 ID:HwIsx1Yd.net
千歌「ルビィちゃんに電話しよーっと」

千歌「ホント便利だよ」プルル

『もしもし?』

千歌「あっルビィちゃん?」

『こ...今度は何持ってくればいいんですか?』

千歌「ん?みかん」

『みかん?それなら家にあるんじゃ』

千歌「無いの。あったらルビィちゃんに電話なんてしないでしょ?」

『ピギッ...で、ですよね』

千歌「ダッシュね。それじゃ」

志満「ルビィちゃんって、黒澤さんのところの」

千歌「うん、そうだよー」

志満「あんまり後輩に無理言っちゃダメよ?私、そろそろ戻るから」

千歌「はーい」

千歌「みかんまだかなー?」
10: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:54:32.55 ID:HwIsx1Yd.net
~数分後~

チカサ-ン

千歌「あっ、きたきた」トタタ

ルビィ「ピギ...ピギ...ダッシュで持ってきました」

千歌「いやー待ってたよ!こたつあるから上がって上がって!」

ルビィ「お邪魔します」


ルビィ「うゆぅ~」ヌクヌク

千歌「お茶どうぞ」スッ

ルビィ「あっ、ありがとうございます」

ルビィ「」ズズズ

ルビィ「ほぁぁ...」ホッコリ

ルビィ「あの...」

千歌「なぁに?」

ルビィ「ルビィ、毎回呼ばれてる気がするんですけど」

千歌「だってルビィちゃん呼ばないと始まらないし。ほら、取り敢えずビール的な」

ルビィ「そ、そうなんですか...」

千歌「それで、みかんは?」

ルビィ「はい。ここに...」ガサガサ

>>12 ルビィの持ってきたもの
13: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 22:55:05.73 ID:b3QUZvyy.net
晩白柚
16: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:04:31.07 ID:4U/Nm7RR.net
デデーン

千歌「えっ...なにこれ」

ルビィ「みかんですけど」

千歌「いや、デカくない?」

ルビィ「みかんです」

千歌「そっかーみかんかー」

千歌「いやいやいや!どう見てもみかんじゃないよ!!これあれだよね?晩白柚だよね!?」

ルビィ「おねいちゃあがみかんだって言ってたし」

千歌「それはアレだよ!ゲームは何でもファミコンって言っちゃうお母さんと一緒のやつだよ!!」

千歌「こんなん食べたくないよ!皮もおっきいし絶対不味いじゃん!」

ルビィ「うゅ...」

千歌「ちょっと包丁とってくるね!」

ルビィ「えっ...まさかルビィ、殺されちゃうの!?」

千歌「んなわけないでしょ!手じゃ剥けないからだよ!」

ルビィ「あー」
17: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:12:23.29 ID:HwIsx1Yd.net
ルビィ「ばんぺいゆってどんな果物だろう...」

ルビィ「えっ、1玉1500円くらいするの...?」

ルビィ「確かにいい匂いはするけど」スンスン

ルビィ「千歌さんなんかにあげなきゃよかったかも」ボソ

ガシッ

ルビィ「!!!???」

???「チカチャンナンカ...?」

ルビィ「ピ...ピ...」

ルビィ「ピギャアアアアアアア!!!!!!!」

千歌「どうしたの!?」ダダッ

ルビィ「い、今...足を誰かに掴まれて!!」

千歌「えぇっ!?」バッ

千歌「誰もいないよー?」

ルビィ「それはそれで怖いよぉ!!」

曜「もー、ルビィちゃんは怖がりなんだから」

千歌「あれ?曜ちゃん来てたんだ」

曜「うぅん、ずっと千歌ちゃんの部屋にいたよ?」

千歌「そっかー」

ルビィ「え...さっきいませんでしたよね?というかずっといたんですか...?」ガクガク

曜「うん?」

ルビィ「な、何でもないです...」
20: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:16:05.35 ID:HwIsx1Yd.net
ルビィ「と言うか何で刺身包丁なんですか?」

千歌「これしか見つかんなくって」

千歌「それじゃ...入刀!」プルプル

ルビィ「あぁ...もっと指を曲げて」

千歌「とうっ!」サクッ

ルビィ「ぎゃあっ!!」

千歌「よーし、切れた」

ルビィ「千歌さん、代わりましょう...見てて怖いです」

千歌「ほぇ?」

曜「いつか指をすっぱり切るよ...その切り方じゃ」
24: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:28:07.96 ID:HwIsx1Yd.net
ルビィ「」スッスッスッ

千歌「すご...めっちゃ綺麗に切れていく」

曜「おぉ...成長したね。ルビィちゃん」

ルビィ「えへへ」

千歌「去年のクリスマスの?」

曜「そうそう」

ルビィ「ルビィはやればできる子ですから」

曜「自分で言うか」

千歌「晩白柚って、こうして見るとグレープフルーツみたいだね」

曜「そうだね。でも味はどうなんだろう?」

ルビィ「ささ、どうぞ」

千歌「ではいただきます」

千歌「...」

ルビィ「ど、どうでしょうか...?」

千歌「思ったよりも美味しい!」

曜「グレープフルーツをさらに甘くした感じがあるね」

ルビィ「うん、美味しい!」

千歌「でもやっぱりみかんだよ!みかんが食べたい!」
27: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:35:29.00 ID:HwIsx1Yd.net
ルビィ「ではさようならー」フリフリ

千歌「またねー」

千歌「晩白柚美味しかったね」

曜「うん」

千歌「でもみかんには届かないね。まさに未完の大器って感じ」

千歌「あっ、今のはみかんと未完をかけて」

曜「千歌ちゃん、新鮮な女子高生のレバーって美味しいのかな?」

千歌「ごめんなさい2度と言わないので刺身包丁をこっちに向けないでください」

曜「ちぇー」

千歌「さてとー、次に行こっか」

曜「うん、そうだね」

千歌「曜ちゃん、その首の掻き傷どうしたの?」

曜「へ?」

千歌「さっきから気になっちゃって」

曜「これ?ちょっと部活で色々あって...」

千歌「そうなんだ。大変だね」

曜「大変だよ~」

千歌「よーし、じゃあ>>30に連絡しよう」
30: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:38:11.92 ID:PzU1hh5o.net
聖良
33: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:45:33.83 ID:HwIsx1Yd.net
千歌「聖良さんに連絡しよー」スカイプルル

曜「セイントスノーの?」

千歌「そうだよ?」

曜「でも北海道にいるんだよね?」

『もしもし千歌さん?』

千歌「あっ、聖良さんこんちかー」

『ふふ、こんにちは。今日はどうかされたんですか?』

千歌「はい、実はみかんが食べたくて」

『みかんですか?みかんならスーパーで売ってるんじゃ...』

千歌「寒いし買いに行くのめんどくさいです」

『そ、そうなんですか...』

千歌「それで、聖良さんにお願いひたくて」

『私に!?』

千歌「はい!」

『ち、ちょっと待ってくださいね?これラーメンの時と同じやつですよね?』

千歌「あー、そう言えばありましたね」

『もう嫌ですよ!戦闘機に乗るのは!!何とか自分でしてください!!みかんくらい簡単に手に入るでしょ!?』

千歌「違うんです...!私は...私は聖良さんがいいんです!!」

聖良『えっ.../////』

千歌「今はものすごく聖良さんのみかんが食べたいんですっ!!」
36: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:53:41.80 ID:HwIsx1Yd.net
聖良『私のみかんが...食べたい』

聖良『ですが北海道から静岡まではかなりの距離が...すぐに持っていくことは難しいです』

曜「おい道産子」

聖良『あなたは...渡辺曜さん』

曜「千歌ちゃんがみかんを食べたいって言ってるんだよ?答えはイエスかハイしか無いんじゃないかな?」

曜「ね?五体満足で大会に出たいでしょ?」スッ

聖良『ヒッ...わ、わかりました』

聖良『えぇと...北海道から沼津までの最短時間は』

ネエサマ!ヘヤニワ-ムホ-ルガ!!

聖良『えっ、キャアァーッ!!!!』

ドシーン!

聖良「いたた...」

千歌「待ってました!」

聖良「へ?ここは...」

千歌「私の家です」

聖良「えぇーっ!?」
37: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:58:21.42 ID:HwIsx1Yd.net
千歌「聖良さん!会いたかったです」ギュ

聖良「はぅ」

聖良「で、でも何故一瞬で静岡まで来ることが出来たのでしょうか」

曜「奇跡だよ!」

千歌「それ私の!」

聖良「奇跡...」

聖良「なわけないと思います。どう考えてもワームホールだと思います」

ようちか「デスヨネ-」

聖良「あ、取り敢えず千歌さんにこれを渡しておきます」スッ

千歌「みかんかな?みかんだよね?」

曜「みかんだったらいいのにね」

聖良「あの...曜さん、刺身包丁を振り回すのはやめて欲しいです」

曜「なんで?」

聖良「ヒッ...い、いえ...特に理由は」

曜「だよね」

>>40 セイラさんの持ってきたもの
40: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:59:44.86 ID:UHn4EZ/w.net
ほたて
43: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:08:13.81 ID:xAIb0C/s.net
千歌「ほ、ほたて...?」

聖良「あ、あの...みかんが家になくて。ほら、ほたてのみかんって似てるかなーって思ったので!!」

千歌「文字数しかあってませんよ...」

曜「千歌ちゃん、今夜はジンギスカンだよ♪しかも産地直送」

聖良「ひいっ!」

千歌「でもほたて美味しそう。こんな大きなほたては見たことないよ。ありがとうございます」

聖良「い、いえいえ...こちらこそ期待に添えずすみません」

千歌「よーし、折角だから焼いて食べよー!」

曜「わーいほたてー!」

聖良「(もう帰りたい...)」
44: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:12:50.36 ID:xAIb0C/s.net
千歌「美味い!」

曜「バターと醤油がたまらないね!」

聖良「よ、喜んでいただけて安心しました」

千歌「いいなー北海道、うにとかいくらも食べ放題なんでしょ?」

聖良「食べ放題という訳では...」

曜「今度の旅行は北海道がいいなぁ...ねぇ千歌ちゃん?」

千歌「函館行くじゃん」

曜「どうせ気がついたら北方領土に変わってるよ」

聖良「で、では私はこれで...」

千歌「はーい、また会いましょう」

曜「またねー」

聖良「...」

千歌「聖良さん?」

聖良「これ、どうやって帰るんですか?」
45: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:20:26.99 ID:xAIb0C/s.net
ミギャアアアアア

千歌「いやー理亞ちゃんが通信ケーブル持ってて良かったね」

千歌「さてとー、次に行きますか」

曜「おー!」

千歌「そろそろみかん食べたいけどな」

曜「そうだね」

千歌「んーと...次は誰にしよう」

曜「私は?」

千歌「みかん持ってるの?」

曜「ううん、でもたわわに実った果実ならあるよ」ポヨン

千歌「あーはいはい、ごちそうさま」モミモミ

曜「あっ...んん/////」ビクン

千歌「よし決めた。>>48に連絡」
48: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:23:10.91 ID:mSHuHMkL.net
善子……ママ
49: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:31:48.61 ID:xAIb0C/s.net
千歌「善子ちゃんに連絡だ。善子ちゃんは神だから絶対みかん持ってきてくれるよ」プルル

曜「善子ちゃん、今日は出かけるって」

『はい津島です』

千歌「あっ、高海ですけども。善子さんいますか?」

『ごめんね、善子今出かけてるのよ~。何かマンガがどうこう言ってたわ』

千歌「あっ、そうなんですか。わかりました。ありがとうございます」

『もし良かったら善子に伝えておくけど』

千歌「いえ、大した用じゃないですし。みかんが食べたかったくらいですから」

『みかん?みかんね、わかったわ』

千歌「へ?」

『ちょっと待っててね。すぐ向かうわ。それじゃ』

ツーツー

曜「善子ちゃん出たの?」

千歌「お母さんだった。すぐ向かうってことは...ここに来るの!?」
51: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 00:59:38.85 ID:xAIb0C/s.net
~数分後~

ブロロロロ

アノ-

千歌「あっ、この戦車アニメに出てきそうな声は」トタタ

善子ママ「こんにちはー」

千歌「こ、こんにちは!」ペコリ

曜「(善子ちゃんにそっくり!)」

善子ママ「えぇと、高海千歌ちゃんよね?」

千歌「は、はい。そうです、私が高海千歌です」

善子ママ「はじめまして、津島善子の母です。善子がいつもお世話になってます」ペコ

千歌「いえいえそんな!」

善子ママ「で、あなたが曜ちゃんよね。善子からよく聞く子」

曜「はい、そうです」

善子ママ「んー、確かに善子とは違う雰囲気を感じるわね。何かこう...バーって感じの」

曜「あはは...」

善子ママ「っと、ここに来た目的を忘れてたわね。千歌ちゃん、みかんが食べたいのよね?買ってきてあげたわよ」

千歌「えぇっ!?そんなとんでもないです!」
54: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:05:24.32 ID:xAIb0C/s.net
善子ママ「いつもお世話になってるから、そのお礼」

千歌「え、でも申し訳ないですよ」

善子ママ「んもぅ、子供が遠慮しないの。ほら、受け取って」

曜「千歌ちゃん、折角買ってきてくださったんだから」

千歌「うん、そうだね。ありがとうございます」

善子ママ「これからも善子が色々迷惑かけるかもしれないけれど、よろしくお願いします」

千歌「は、はい!こちらこそよろしくお願いします!」

善子ママ「それじゃあね。今度はウチに遊びに来てね」

曜「わかりました~」

千歌「(やけに重いな...何入ってるんだろう)」チラ

>>57 善子ママの持ってきたもの
57: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:08:51.63 ID:/2pA41tw.net
デコポン
59: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:15:46.38 ID:xAIb0C/s.net
千歌「(あれ?何かでっぱりなくない?)」

千歌「あの...開けてもいいですか?」

善子ママ「どうぞどうぞ」

パカ

千歌「えっ...」

善子ママ「あら?どうかしたの?もしかして...運んでくる途中で傷んじゃったとか?」

千歌「これ...デコポンです」

曜「あっ、何かでっぱりがあるよ」

善子ママ「えぇっ!?嘘でしょ...?ちゃんと買ってきたはずなのに」

善子ママ「(あっ、でも確か)」

ーー
ーーー
ーーーー

善子ママ「みかんあるかしら?」

青果屋「今日はデコポンがお買い得だよ!」

善子ママ「あらほんと、美味しそうね」

善子ママ「これにするわ」

ーーーー
ーーー
ーー

善子ママ「(千歌ちゃんには黙っておこう)」

善子ママ「きっと青果屋の人が間違えたんだわ。文句言いに行ってくる」

千歌「あっ、いいですいいです。デコポンも美味しいので」
60: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:20:45.23 ID:xAIb0C/s.net
千歌「はい...ホントにありがとうございます」

曜「千歌ちゃん、元気出して!」

善子ママ「そ、それじゃお邪魔しました~」スタコラ

ブロロロロロ

千歌「...」

千歌「デコポンか」

曜「千歌ちゃん、デコポンって美味しいの?」

千歌「清見オレンジとポンカンの合いの子だからね。甘くて美味しいよ」

千歌「ま、実質みかんだしもうこれでいいかな」

曜「えっ、やめるの?」

千歌「いやー、何かもう自分で買ってきた方が良さそうな気がして」モグモグ

千歌「んー!美味しい!曜ちゃんもどうぞ」

曜「はむ」

曜「美味しい...でも千歌ちゃんが食べたいのはデコポンじゃないでしょ?」

千歌「まぁね」
61: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:24:22.85 ID:xAIb0C/s.net
千歌「よーし、じゃあ次行くか~」

千歌「取り敢えずみかんまで辿り着こう」

曜「それでこそ千歌ちゃんだよ!」ギュ

千歌「鬱陶しい」バッ

曜「んもぅ...」

千歌「えっと...誰にしようかな」

千歌「あっ、>>64にしよーっと」

曜「(あぁ千歌ちゃん千歌ちゃん千歌ちゃン千歌ちャン千歌チャン千カチャンチカチャンチカチャン!)」
64: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:26:30.26 ID:Toz20YiD.net
梨子ちゃん
66: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:36:24.95 ID:xAIb0C/s.net
千歌「おーいりーこーちゃーん!」

曜「は?」

千歌「りこちゃーん!いるー?」

梨子「...」

梨子「なに?」

千歌「あっ、もしかして寝てた?」

梨子「うん」

梨子「あら、曜ちゃんもいるんだ」

曜「梨子ちゃんおはヨーソロー!」

梨子「おかしいなー、何でおはようの挨拶と共に包丁を顔の前に突きつけられてるのかなー?」

曜「寝起きドッキリ?」

梨子「リアクションのとれないドッキリはNGよ」

千歌「死んだら確かにリアクションとれないもんね!」

梨子「で、どうしたの?」

千歌「みかん食べたいです」

梨子「家にあるんじゃないの?」

曜「無いから頼んでんだよ馬鹿か?」

梨子「ねぇ、曜ちゃんピアノ線で首が切れるマジックやってみない?」

曜「んー、梨子ちゃんがお手本見せてくれたらやってもいいかな」

千歌「じゃあ私が2人にやってあげるよ!たのしそー!」
68: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:42:57.19 ID:xAIb0C/s.net
梨子「なるほど察したわ。みかん持ってきて欲しいのね」

千歌「そういうことです」

曜「梨子ちゃん家にある?」

梨子「どうだろ。あったような気がするんだけど...ちょっと見てくるね」トタタ

千歌「困ったら梨子ちゃんに頼むのが一番だからね」

曜「へー、じゃあ私は千歌ちゃんが困る前にお願いを聞いてあげるよ」

千歌「そうだね。幼馴染が気持ち悪いのが困ってるかな」

曜「気持ち悪い幼馴染はいないから残念だね」

千歌「は?」

梨子「ごめん、みかんってこれしかなかった」

腐ったみかん「」

千歌「...こりゃいかん」

曜「何でもってきたん」

梨子「代わりにこれでもいいかな?」

>>70 梨子の持ってきたもの
70: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:44:26.04 ID:nGOfwnJ/.net
寿太郎みかんアイスゼリー
72: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 01:50:19.52 ID:xAIb0C/s.net
千歌「こ、これは...!」

曜「凄い...千歌ちゃんがパッケージの表紙だよ!」

梨子「ファンの子がくれたんだよ。3本もらって2つはいつか渡そうと思って」

千歌「ありがとう梨子ちゃん!」ビリ

梨子「あっ、ちなみに袋はこっちで預かるね」

千歌「え?」

曜「んー、みかんって感じがして美味しい」

千歌「何だか安心する味だよ...」

梨子「美味しいでしょ?」

千歌「うん!クソ寒いけどね」ガタガタ

梨子「千歌ちゃん薄着だもん」

千歌「部屋はあったかいんだよー!」

曜「そうそう」モグモグ

梨子「じゃあまた明日ね。おやすみなさい」

千歌「はーいおやすみー」
76: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:16:48.11 ID:evh7vqnk.net
千歌「もう真っ暗だよ...流石にダメかな」

曜「何で?」

千歌「いや...迷惑じゃん」

曜「千歌ちゃんのお願いならみんないつでも聞いてくれると思うけどなー」

千歌「いやいや、それはないよ」

曜「私だったらいつどこでだって」

千歌「気持ちだけ受け取っとくね」

千歌「...でもなんか消化不良だし、最後にもう一人だけ呼んでみよっか」

曜「みかん持ってきてくれるといいね♪」

千歌「うん」

千歌「えっと...>>78に電話っと」ピポパ
78: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:22:14.57 ID:I2FCpmmF.net
花丸
79: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:37:36.93 ID:evh7vqnk.net
『もしもし?』

千歌「あっ、花丸ちゃん?ごめんねこんな時間に」

『ううん、本読んでたから平気です。どうかしたんですか?』

千歌「いやー、みかんが食べたくてさぁ」

『あっ、もしかして差し入れですか?』

千歌「そうそう!今から来れそう?」

『もちろん!すぐい向かうずら!』

『全然呼ばれなかったから嬉しいずら~』

千歌「あれ?そうだっけ?ごめんごめん」

『では失礼しますずら』ピッ

千歌「花丸ちゃん呼んだのいつだっけ...」

曜「お寿司の時じゃない?」

千歌「えっ、そんな前!?うわー、申し訳ないことしたなー」

曜「ホントだよ。私と花丸ちゃんはどれだけ辛かったか」

千歌「...ねぇ、曜ちゃん来た時花丸ちゃんよりも後だったよね?何で知ってるの?」

曜「エスパーだもん」

千歌「エスパーだからかー」
81: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:39:42.46 ID:evh7vqnk.net
~数分後~

花丸「こんばんは~」

千歌「いやーよく来てくれたよ。ありがとう」

花丸「あっ、曜さんも」

曜「花丸ちゃんこんばんヨーソロー!」

花丸「語呂が悪いずら」

曜「うん」

千歌「寒かったでしょ?こたつあるから入って入って」

花丸「お邪魔しまーす」
82: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:46:45.04 ID:evh7vqnk.net
花丸「はぁ~...ぬくぬくずら」

千歌「お茶どうぞ」

花丸「ありがとうございます」

千歌「花丸ちゃんとこたつって似合う」

花丸「えっ?そ、そんなことないと思うけど」

曜「あー、和と和な感じだからかも」

千歌「何かこう...こたつで本読んでるのが凄く絵になる」

花丸「今本読んでないんですけど...」

曜「写真とっとこ」パシャ

千歌「これは...かわいい!」

花丸「恥ずかしいずら/////」

花丸「あっ、そうだ。差し入れ差し入れ...」ガサゴソ

花丸「はいどうぞ」

>>85 花丸の持ってきたもの
85: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 11:53:19.75 ID:o8gRFeyZ.net
86: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:00:37.46 ID:evh7vqnk.net
千歌「えっ...」

花丸「あれ?オラみかん持ってきたはずなのに」

千歌「あ、あはは...花丸ちゃんったらうっかりなんだから~」

千歌「はーぁ、みかんはまた今度でいいか」

花丸「ご、ごめんなさいずら」

曜「」スック

花丸「よ、曜さん...?」

曜「ねぇ、千歌ちゃんを何だと思ってるの?」スッ

花丸「ひっ!」

曜「みかん持ってこいって言ったよね?なにこれ?笹?」

花丸「ほ、ホントにみかんを持ってきたはずなんです!」

曜「じゃあ食べてよ。花丸ちゃんがさ」

花丸「えっ」

曜「花丸ちゃんにはこれがみかんに見えるんだよね?なら食べられるじゃん」

曜「ほら、早く」

花丸「千歌さん...助け」

千歌「よしっ!ヒラメ釣れた!」
87: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:04:55.33 ID:evh7vqnk.net
曜「ねぇほら、ねぇったら!」グイ

花丸「い、嫌ずら...こんなの食べても美味しくないずら」

曜「それはパンダに失礼だよ?」

花丸「マルは人間ずら!」

曜「しょうがないなぁ...じゃあ私が食べさせてあげるよ」

曜「ほーら、口開けて?」スッ

花丸「ひいっ!」コロン

花丸「あっ」

曜「何これ」

千歌「あっ!みかんだ!」

花丸「思い出した!ポッケとこっちの鞄にみかんを入れて来たんだった」

千歌「わーい!みかんみかーん!」

曜「よかったね千歌ちゃん!」

千歌「うん!」

花丸「」
88: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:08:22.68 ID:evh7vqnk.net
千歌「本当にありがとう花丸ちゃん!」

花丸「い、いえいえ...それよりも」チラ

曜「んー!おいひい!」

花丸「(何とか思い出せたけど、あのままだったらどうなってたんだろう...)」

千歌「はい、花丸ちゃん。あーん」

花丸「ずらっ」パク

千歌「こたつでみかんって美味しいね!」

花丸「うん、美味しいずら」

千歌「あっそうだ。曜ちゃん、そろそろ帰んなくていいの?バス無くなるよ?」

曜「大丈夫だよ。千歌ちゃんちに隠れ家を作ったから」

千歌「じゃあ安心だね!」

花丸「やべぇずら」
90: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:23:41.61 ID:evh7vqnk.net
花丸「ではお邪魔しました」

千歌「また明日ね~」

曜「...」

千歌「さてと、晩御飯たべよ」

曜「結構色々食べてたけど、大丈夫?」

千歌「へーきへーき」

志満「千歌ちゃん、そろそろご飯よー」

志満「あら、曜ちゃん来てたの」

曜「はい。ずっといました」

志満「それじゃご飯食べてく?キャンセル出ちゃって元々出す料理が余っちゃったのよ」

千歌「わーい!ご馳走だー!!」

曜「たーだめし!たーだめし!」

志満「あら?刺身包丁こんなところにあったのね」

志満「何かに使ったの?血がついてるけど」

千歌「晩白柚切っただけだよ?」

志満「そう...拭き忘れかしら」
91: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:31:42.26 ID:evh7vqnk.net
~お風呂場~

千歌「はー」

曜「冬のお風呂っていいね」

千歌「うん、気持ちがさっぱりするよ」

千歌「そう言えば笹はどうしたの?」

曜「玄関に置いといたよ」

千歌「来年の七夕まで持つかなぁ」

~リビング~

ナンデヤネ-ン!

千歌「アハハ!」

曜「なぜ笑うんだい?」

千歌「ほぇ?」

~千歌の部屋~

美渡「じゃあね、おやすみ」

千歌「おやすみー」

曜「おやすみなさい」

千歌「...さて、明日も学校だし寝よう!」

曜「そうだね。また明日」

千歌「はーい」

曜「っと、その前にカメラと盗聴器をセットして...」

曜「おやすみ千歌ちゃん」

千歌「おやすみ曜ちゃん」

パカッ

千歌「...」

千歌「」ピポパ

千歌「もしもし?警察ですか?」
92: 名無しで叶える物語 2017/11/22(水) 12:32:07.83 ID:evh7vqnk.net
おしまい
曜ちゃんは次は元に戻ります
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「みかんたべたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。