千歌「カレーたべたい」

シェアする

千歌-アイキャッチ37
1: 名無しで叶える物語 2017/11/24(金) 23:56:25.71 ID:dkF13jQ6.net
千歌「...」シャンシャン

ハナテ-ヒビケ-

志満「ねぇ千歌ちゃん」

千歌「今忙しいから後で」シャンシャン

志満「じゃあそれやりながらでいいから聞いて。お醤油買い忘れたからおつかい行ってきてほしいの」

千歌「えーめんどくさい」シャンシャン

トキ-メキ-エクスペリエ-ンス

志満「じゃあ残ったお釣りは小遣いにしていいわよ」

千歌「どうせ5円くらいしか残らないような金額しか持たせないんでしょ」

志満「...」

志満「行かないと千歌ちゃんだけ晩御飯抜きよ?」

千歌「...」

千歌「気ままなピーナッツ」ボソ

ビュンッ!ドスッ!

志満「今死ぬのと後で死ぬの、どっちがいいかしら...?」

千歌「行ってきまーす!!」ダッ

※ 気ままなピーナッツ(管理人)

元スレ: 千歌「カレーたべたい」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:00:55.41 ID:SlOHAnBd.net
千歌「あー重た」キコキコ

千歌「全く...志満姉は人遣いが荒いんだから」キコキコ

千歌「ていうかこんな重い醤油を何で買い忘れるかなぁ...絶対わざとだよね」キコキコ

モワー

千歌「...いいにおい」

千歌「どこからかカレーの匂いがする」

千歌「...」

千歌「カレーが食べたくなった」
6: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:05:41.14 ID:SlOHAnBd.net
千歌「ただいまー」

志満「おかえりなさい。ありがとうね」

千歌「ふー重たかった」

千歌「志満姉志満姉、今日の晩御飯は?」

志満「今日は麻婆豆腐よ」

千歌「カレー食べたいんだけど」

志満「カレー?また今度ね」

千歌「カレーが食べたいよ!イチローなんか毎日カレー食べるんだよ!?」

志満「でももう材料買っちゃったし...」

千歌「むー」
8: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:10:10.10 ID:SlOHAnBd.net
~千歌の部屋~

千歌「あのいい匂いがまだ鼻に残ってるよ...カレー食べたいなぁ」

千歌「麻婆豆腐も悪くないんだけど、今はカレーだよ。なうで食べたい料理ランキング第1位」

千歌「程よく辛くてあったかご飯によく合って...」

グー

千歌「想像しただけでお腹すいてきちゃったよ」

千歌「あぁ...カレー」

千歌「...」

千歌「そうだ。あの手があった」

千歌「早速>>10に電話しよ」
9: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:11:31.45 ID:ro5GrsCY.net
ルビィ
10: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:11:46.53 ID:wnRuEdgg.net
かなーん
11: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:11:52.07 ID:/5eTgbja.net
ルビィ
12: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:17:44.62 ID:SlOHAnBd.net
『もしもーし、千歌どしたん?』

千歌「あ、果南ちゃん?今暇?」

『うんまぁ...暇っちゃ暇だけど』

千歌「じゃあさじゃあさ、今からウチに来ない?」

『何かあるん?』

千歌「いやー、お腹空いちゃってさ」

『また差し入れ?程々にしときなよ』

『で、今回は何かなん?』

千歌「カレー」

『カレー?』

千歌「うん、カレー食べたい」

『カレーねぇ...』

『まぁ取り敢えず今から千歌んとこ行くよ』

千歌「はーい待ってるねー」ピッ

千歌「さてさて、果南ちゃんはカレー持ってきてくれるかなん?なーんて」
14: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:21:40.05 ID:SlOHAnBd.net
~数分後~

コンコン

果南「千歌ー、来たよー」

千歌「うーい」

果南「こんな時間にカレーなんて食べて大丈夫なの?」

千歌「食べたい時に食べる。これって本能だと思うんだよね」

果南「何言ってんだか。太るよ?」

千歌「動くから大丈夫!」

果南「じゃあ今度曜の家までランニングね」

千歌「オゥフ」

千歌「それでそれで、持ってきてくれた?」

果南「あぁうん、一応ね」

果南「はい」

>>17 果南の持ってきたもの
17: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:23:19.84 ID:D8FcDd0R.net
ビーフストロガノフ
19: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:33:59.63 ID:SlOHAnBd.net
千歌「えっ、ちょっ待って」

千歌「えっ...嘘、ガチ?」

果南「何焦ってんの」

千歌「だって1人目で持ってきてくれたのと果南ちゃんがまともなもの持ってきくれたことに困惑して」

果南「失礼だなぁ、割と毎回まともなんだけど」

果南「それに、カレーじゃなくてビーフストロガノフだよ」

千歌「へ?」

果南「牛肉を煮込んだ料理だよ。要はビーフシチューだね」

千歌「ちーがーうーだーろー!ちがうだろー!!」ガタッ

果南「おっきい声出さないでよ...」

千歌「私はカレーが食べたいんだよっ!ちょっとぬか喜びしちゃったじゃん!!」

果南「そんないきなりカレーの用意なんて出来ないし」

千歌「逆にこれがある方がびっくりだよ!」

果南「レトルトだからね」

千歌「んもー!いっつも果南ちゃんはろくなの持ってこないんだから!!」

果南「ごめんごめん。で、お味は?」

千歌「普通に美味いっす」
20: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:37:18.26 ID:SlOHAnBd.net
果南「あ、ホントだ。うまっ」

千歌「今のレトルト、馬鹿にできないね」

果南「そうだね」

千歌「さてと、次行ってみよう」

果南「まだ食べるの?」

千歌「カレーじゃないし」

果南「いやまぁ私お腹すいてるから食べるけどさ。何が来ても」

千歌「カレーだったらあげないよ」

果南「なんでさ」

千歌「カレーだから」

果南「意味わかんない」

千歌「よーし、じゃあ>>23に連絡するね」

果南「はいよー」
23: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:39:40.72 ID:UZddQ5Ze.net
梨子ちゃん
24: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:43:40.99 ID:SlOHAnBd.net
千歌「『空腹 差し入れ カレー』っと」

果南「...何でそんなキーワードだけなの」

千歌「ちょっと秘密部隊みたいでカッコよくない?」

果南「カッコよくはないかな」

千歌「えー」

ピロンッ♪

『取り敢えず家に行けばいいのね』

千歌「いえーす」

果南「梨子も大変だね...こんな変なのが家の隣だって」

千歌「えへへ」

果南「褒めてない褒めてない」

梨子「千歌ちゃん!また差し入れ?」

果南「あっ来た。超早じゃん」
26: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:47:12.77 ID:SlOHAnBd.net
千歌「梨子ちゃんやっほー!」

梨子「果南さんこんにちは...というかまたこのメンバーですか?」

果南「今のところはね。にしても今度はカレーだってさ」

梨子「だんだん千歌ちゃんの物乞いが激しくなってきましたね...」

果南「そのうちお金要求されるよ」

梨子「可能性は大ですね」

千歌「そんな事しないよっ!!」

千歌「で、梨子ちゃん」スッ

梨子「わかってる。ちょっと待ってね...あったあった。はいどうぞ」

>>28 梨子の持ってきたもの
28: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 00:50:25.99 ID:2KOKUCsm.net
シチュー
36: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:08:37.29 ID:SlOHAnBd.net
千歌「し、シチュー...」

梨子「ほら、白いカレーだと思えば」

千歌「思えるわけないよっ!ていうか白いカレーって何!?」

梨子「えっ?知らないの?東京では割と有名だったんだけど...」

果南「へー、ホントにあるんだ」

千歌「都会基準で考えないでよ!カレーと言えば茶色!!これ常識!!」

千歌「全く...梨子ちゃんは時々田舎モンを馬鹿にするんだから」モグモグ

果南「食べるんだ...」

梨子「ホントに白いカレー知らないんですか?」

果南「うん、グリーンカレーなら知ってるけど白いのはね」

果南「てかこれシチューだよね」

梨子「はい。昨日シチューだったので」

千歌「パンかライスが欲しくなってきたよ」モグモグ
37: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:16:16.79 ID:SlOHAnBd.net
千歌「ふぅ、ごちそうさま」

梨子「よかったー食べてくれて」

果南「ここまでシチュー連チャンか」

梨子「えっ、果南さんもシチュー持ってきたんですか」

果南「うん、正確にはビーフストロガノフだけど」

梨子「えっ!?」

果南「何そのリアクション」

梨子「果南さんがそんな横文字知ってるなんて思いもしませんでした...」

果南「おい」

千歌「どんどん行ってみよー!」

梨子「晩御飯大丈夫?」

千歌「3人いるし、3等分だから大丈夫だよ」

梨子「私も食べるの!?」

千歌「当たり前じゃん!チーム焼き芋なんだよ?」

果南「いや、そんなチームないから」

千歌「次は>>40に電話しよ」
40: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:19:52.73 ID:RyW7fMZo.net
ダンスなう姉
44: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:40:31.27 ID:SlOHAnBd.net
『もしもし?』

千歌「こんちかー」

『どうかされたんですか?』

千歌「カレー」

『はい?』

千歌「カレー」

『は、はぁ...カレーですか』

千歌「よろしくお願いしますねー」ピッ

果南「いや言葉足らずすぎでしょ」

梨子「今のでセイントスノーの人に伝わったの?」

千歌「大丈夫だよ。多分」

梨子「多分って...」

果南「まぁでも、北海道ならスープカレーとか有名だよね。もしくはシーフードカレーとか」

千歌「うん!待ちきれないよ!」

梨子「どうやって来るんだろう...」
45: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:44:24.37 ID:SlOHAnBd.net
聖良「うぅ...」ヨロヨロ

千歌「あっどうもどうもいらっしゃい」

聖良「何なんですか!?突然床が飛び出してここまで飛ばされたんですよ!?」

果南「なにそれ、道産子ジョーク?」

聖良「ホントなんですって!!」

千歌「そんなことより、カレー持ってきてくれました!?」

梨子「そんなことよりって...」

聖良「あぁ、差し入れだったんですか。一応持っては来ましたよ」スッ

千歌「わーい!なにかなー?」

>>48 聖良の持ってきたもの
48: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:45:33.31 ID:jSxP/EhY.net
カレイドスコープ
51: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 10:56:36.03 ID:SlOHAnBd.net
千歌「は?」

果南「万華鏡?」

梨子「(ま、マン毛!?)」

聖良「万華鏡って、英語でカレイドスコープって言うんですよ」

果南「だから...カレーってこと?」

聖良「はい!」

千歌「」ポカッ

聖良「いたっ」

千歌「聖良さんってそんな人だったんですね...」

聖良「だって、すぐにカレーなんて用意できるわけ無いじゃないですか!」

千歌「んもー!聖良さんのバカー!!だからって万華鏡はないよ!!食べ物ですらないよ!!」

果南「まぁまぁ、落ち着きなよ」

梨子「こ、これが落ち着いていられますか!せ、セイントスノーのまんげを千歌ちゃんが...!!」ハァハァ

果南「千歌、殴るならこっちでしょ」

千歌「そうだね」ゴッ

梨子「まさかのグー!?」

聖良「で、では私は帰りますね...?明日も学校なので」

千歌「どうやって帰るんですか?」

聖良「」
52: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 11:01:53.96 ID:SlOHAnBd.net
千歌「ふぅ、何とか小包におさまって良かったね」

梨子「関節がありえない方向に曲がってたような気がするんだけど...」

果南「大丈夫でしょ?ダンスやってるんだし」

千歌「はーあ、カレー食べたかったなぁ」

果南「ところでさ、万華鏡どんな感じ?」

千歌「そういや覗いてなかったよ」スッ

千歌「...」

梨子「どうなの?」

千歌「なんかキラキラしてた」

果南「そらそうよ」

梨子「万華鏡だもの」

千歌「ほらもっとさ、72時間剣で刺し続けられたり黒い炎が出てきたり時空を歪めたりするのかなーって」

果南「何言ってんの...」

梨子「うちは一族じゃないんだから...」

千歌「さてと、気を取り直して次行ってみよー」

かなりこ「おー」

千歌「次は>>55に」
55: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 11:03:50.12 ID:JsXZfZ6X.net
花丸
56: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 11:15:14.06 ID:SlOHAnBd.net
『もしもし?』

千歌「あっ、花丸ちゃん?」

『どうかしたんですか?』

千歌「いやー、今カレーが食べたくてさぁ」

『カレー』

千歌「花丸ちゃん、ダッシュね」

『えっ』

千歌「はいよーいドン!」

『あっあの!カレーってどうすればそれより曜s』ブツン

千歌「花丸ちゃん来てくれるって」

果南「あの子がカレーなんて持ってくるかねぇ」

梨子「い、一応存在は知ってそうだけど」

千歌「大丈夫でしょ。流石にカレーみて未来ずらとは言わないよ」
57: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 11:23:57.51 ID:SlOHAnBd.net
花丸「はぁふぅ...」ヨタヨタ

花丸「ち、千歌さん...来ました」

千歌「おー、花丸ちゃん...って凄い荷物だね」

花丸「よ、よいしょ」

花丸「多分このお鍋にカレーが入ってたと思うずら」

千歌「ありがとう花丸ちゃん」

果南「まさか花丸がカレーを知ってたとは」

梨子「カレイを持ってくると思ったのに」

花丸「そんなことしないよっ!流石にマルでもカレーはしってます!!」クワッ

千歌「どれどれ...」パカッ

>>60 鍋に入ってたもの
60: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 11:28:59.72 ID:ZCvUkDtN.net
カレイの煮付け
65: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:26:21.40 ID:Q4QRQeXJ.net
カレイの煮付け「」

千歌「」

カレイの煮付け「」

千歌「」

果南「わーおこりゃまた鉄板ネタを...」

梨子「花丸ちゃん、さっき言ったことは...」

花丸「間違えちゃったずら。てへっ」

千歌「てへっ、じゃねぇよふざけんな」

果南「まぁまぁ、花丸も悪気があったわけじゃないんだし」

梨子「いや、悪意しか感じられませんけど...」

千歌「んもー!こんな鍋まで用意して何でカレイの煮付けなの!!」

花丸「この前の仕返しずら」

千歌「あれは私関係ないじゃん!!」

花丸「だって千歌さん助けてくれなかったし」

果南「あれ?」

梨子「ほら、■■■よ」

果南「あー」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
66: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:32:02.71 ID:Q4QRQeXJ.net
千歌「くそっ、美味しいのが腹立つなぁ」モグモグ

果南「うん、こんな美味しい煮付け食べたの初めて」モグモグ

梨子「手作り?」

花丸「ばーちゃんの手作りずら」

梨子「うん、流石だね」モグモグ

花丸「えへへ」

千歌「って、これで納得しかけたよ!カレー!カレー!!」

果南「もういいじゃん、結構食べたでしょ?」

千歌「諦められないよっ!」

果南「はぁ...」

花丸「じゃあマルはこれで...」

梨子「またね、花丸ちゃん」

千歌「よーし、>>69ならカレーを持ってきてくれるはず!!」
69: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:35:32.22 ID:UZddQ5Ze.net
ルビィ
71: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:42:39.48 ID:Q4QRQeXJ.net
千歌「...」プルルル

果南「毎度毎度大変だね」

梨子「ルビィちゃん、殆ど呼ばれてるような気がします」

『もしもし?』

千歌「あっルビィちゃん?」

『カレーですか?』

千歌「凄い!何でわかったの!?」

『今までの経験から今回はカレーだろうなと思いまして』

千歌「うんうん、流石ルビィちゃん!」

『もう向かってます』

千歌「頼んだよー」ピッ

果南「...ルビィ何て?」

千歌「私が言う前にカレーって察して向かって来てるんだって」

果南「ルビィ...可哀想に」

梨子「完全に千歌ちゃんのパシリと化してるわね」
72: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:52:21.93 ID:Q4QRQeXJ.net
ルビィ「えっほ、えっほ」

ルビィ「千歌さーん!」

千歌「あ、ルビィちゃん!」

ルビィ「持ってきました」

千歌「おーえらいえらい。お礼にこれあげるよ」

ルビィ「わぁい飴ちゃん!ルビィ飴ちゃん大好き!」

果南「ルビィって飴やっとけば何でも言うこと聞きそうだよね」

梨子「凄くわかります」

ルビィ「...なにこれ」

千歌「海苔の佃煮味だって。お客さんにもらったんだ」

ルビィ「おろろろろろ」

果南「うわっ!」

梨子「まぁ当然の反応よね...海苔の佃煮味って」

千歌「で、これが差し入れかぁ...なーんだ?」パカッ

>>75 ルビィの持ってきたもの
75: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 14:54:24.23 ID:qug7wGGM.net
カレーピラフ
82: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 22:23:44.93 ID:SlOHAnBd.net
千歌「...」

果南「おっ、これカレーじゃない?」

梨子「カレーの匂いがします」

千歌「ライス?」

ルビィ「ピラフです」

千歌「うーん、違うんだよねぇ...カレーと言えばライス?これ常識だよ?」

ルビィ「えっでも千歌さんカレーとしか言いませんでしたし」

果南「うん、それじゃカレーピラフでも正解だよね」

千歌「えー...」

梨子「私はカレーピラフはアウトな気がします」

梨子「やっぱりカレーと言われたらライスを持ってくるべきかと」

果南「自分シチュー持ってきたよね?ビーフストロガノフ持ってきた私が言うのもなんだけど」

ルビィ「ホントろくなの持ってこないですね」
83: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 22:47:18.62 ID:SlOHAnBd.net
千歌「ピラフか...セーフなのかな。でも食べたいのはライスだし」

果南「ほら、持ってきた時に混ざったって考えたら」

千歌「あー」

梨子「でもピラフなんでしょう?ライスじゃないのよ?」

果南「ピラフも実質ライスでしょ」

梨子「千歌ちゃん、どうなの?」

千歌「アウト?いや、セーフ?」

千歌「でも1番近いのを持ってきてくれたのは確かだよ」

ルビィ「えへへ、やっぱりルビィが1番の舎弟ですねっ!」

梨子「そんな趣旨だったっけ...?」

果南「いやいや、ルビィだけだって」

ルビィ「えぇっ!?」
85: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:06:23.71 ID:SlOHAnBd.net
ルビィ「それじゃ、お邪魔しました」ペコリ

千歌「はーい、またよろしくねー」

果南「いやー美味かった」

梨子「殆ど食べてましたよね...」

果南「お腹減ったからさ」

梨子「そろそろ晩御飯の時間ですもんね」

果南「千歌、どうすんの?」

千歌「取り敢えず最後にもう一人だけ呼ぼうかなって」

梨子「もう遅いからよっちゃんとか曜ちゃんは可哀想だよ?」

果南「曜は...どうなんだろ。地球の裏側から連絡しても来そうだけど」

千歌「曜ちゃんはアルカトラズにいるからなぁ...」

梨子「あ、そうなんだ」

果南「カレーライスを持ってきてくれそうな人かぁ」

千歌「よし、決めた」

千歌「>>88、お願いします!」
88: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:11:09.61 ID:ZUUdrbj2.net
鞠莉(とヘリコプターにすし詰めにされた残り全員)
90: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:19:00.59 ID:SlOHAnBd.net
『こちらは、留守番電話サービスです』

千歌「あれー?留守電だ」

果南「珍しいね。鞠莉が電話出ないなんて」

梨子「何かあったのかな」

千歌「うーん...じゃあ他の人を」

バラバラバラバラ

果南「うるさっ!!」

梨子「果南さん千歌ちゃん!見て!!」

千歌「ヘリコプターだ!!」

果南「あのアパッチは...!」

鞠莉「はーい☆」

3人「鞠莉(さん)!!!」
92: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:22:58.80 ID:SlOHAnBd.net
鞠莉「バラバラバラバラバラバラ

鞠莉「~!!」

果南「何言ってんのかぜんっぜんわかんない!!」

千歌「あっ、よく見ると他のみんなも!」

ダイヤ「~!」

善子「~!!」

曜「」

果南「何で呼んだの...ていうか曜いるんだけど」

梨子「あっ、もしかして曜ちゃんを助けるために...!」

千歌「あのヘリこっちに近づいてない?」

果南「ちょっ、やばいって!」

バラバラバラバラバラバラバラバラ

鞠莉「とうっ!」クルクルシュタ

鞠莉「チャオー☆」

善子「生徒会長...」ギュ

ダイヤ「もう大丈夫ですわ...ここは日本ですもの」ナデナデ

曜「」
93: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:28:50.05 ID:SlOHAnBd.net
千歌「留守電だったからどうしたのかと思いましたよ」

鞠莉「ソーリー、電源切ってたのよ」

千歌「そうだったんですか」

善子「もうお肉食べられない...」ガクガク

ダイヤ「人ってあんなにも脆いものだったのですね...」ガクガク

鞠莉「もう、スクールアイドゥなんだからあれくらい慣れなくちゃNOよ?」

ダイヤ「もう二度と見たくありませんわ!」

鞠莉「あっそうそう、今日はちかっちに差し入れを持ってきたのよ!」

千歌「おぉっ!」

ダイヤ「人の話を聞いてます!?」

果南「差し入れ、カレーだったら面白いのにね」

梨子「カレーは前に持ってきましたから」

果南「そうなん?」
94: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:33:59.83 ID:SlOHAnBd.net
鞠莉「よいしょと。はいどうぞ」

千歌「わー、何かなー?カレーかなー?」

鞠莉「果南と梨子がいるってことは...また差し入れミッション?」

ダイヤ「カレーと言ってるということは、そうみたいですわね」

善子「はぁ...懲りないわねぇ」

千歌「善子ちゃんに頼めばカレー持ってきてくれた?」

善子「当たり前でしょ!?」

千歌「ええ子や...」グスッ

梨子「流石よっちゃん」

善子「/////」

千歌「さてさて、気になる中身は...っと」パカ

曜「」

>>97 鞠莉の差し入れ
97: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 23:37:10.37 ID:R5SdCjPe.net
う○こあじのカレーライス付き
98: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 00:07:37.97 ID:xAl6+AWp.net
千歌「カレーだ!カレーだよ!!」

鞠莉「イエース!ホテルの新作カレーよ☆」

千歌「わーい!やったぁ!!鞠莉さんありがとう!」ギュ

鞠莉「オゥ」

果南「よかったね。千歌」

梨子「やーっと食べられるのね」

鞠莉「冷めないうちに召し上がれ」

千歌「はーい!」

千歌「うーんこの匂いだよ~」

果南「確かに、カレーの匂いって食欲そそられるよね」

梨子「お腹減っちゃった」

曜「」

千歌「いただきまーす!」パク

千歌「...」

鞠莉「どう?美味しい?」

千歌「...何だろう。苦い」

鞠莉「でしょ?ちょっとしたアレンジカレーなのよ」

千歌「苦み?渋み?何かそんな味が強いです...」

果南「どれどれ...うっ」

果南「うぇ、マズイ」
100: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 00:13:05.91 ID:xAl6+AWp.net
梨子「そうかな?何だか懐かしい味がするんだけど」

鞠莉「えぇっ!?」

梨子「どうかしたんですか?」

鞠莉「いや...別に」

千歌「鞠莉さん、これ何の味なんですか?」

鞠莉「その内商品化するから、ヒ・ミ・ツ☆」

千歌「そうですか...てゆーか商品化するんですか?」

鞠莉「そうよ。ドッキリカレーとしてね」

千歌「売れないと思います...」

千歌「...まずい」モグモグ

果南「まぁ、ゴールに辿り着けたのはよかったじゃん」

千歌「そだね」モグモグ

ダイヤ「マズイマズイと言いながらも食べるのですね...」
102: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 00:21:31.62 ID:xAl6+AWp.net
千歌「鞠莉さん、本当にありがとうございました」

鞠莉「いいのよ。ちかっちに食べてもらいたかったから」

梨子「千歌ちゃん、結構カレー食べたけど晩御飯大丈夫なの?」

千歌「平気だよ。げふっ」

千歌「私の胃袋はブラックホールなのだ!」

果南「こりゃスペシャルトレーニングだね」

千歌「それはちょっと...」

曜「」

善子「てか、曜さん脱獄してから一言も喋ってなくない?」

ダイヤ「あれだけ過酷な環境だったんですもの。無理もありませんわ...」

千歌「そうだったんだ」

曜「...」プルプル

梨子「曜ちゃん?」

曜「...ぅ」

ダイヤ「曜さんが口を開きましたわ!」

果南「そんな大げさな」

千歌「どうしたの?気分悪いの?」

曜「ぅ...」

曜「うんこ」

千歌「?」

千歌が曜の発した言葉を理解するまで残り114514秒
103: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 00:22:30.45 ID:xAl6+AWp.net
おしまい。糞みたいなオチですまん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「カレーたべたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。