ツバサ「μ'sの感動回をA-RISEもやってみた」

シェアする

A-RISE-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 19:55:41.42 ID:AdP7KK9i.net
【UTX学院 会議室】

英玲奈「なんだ?急に呼び出したりして」

あんじゅ「レッスン終わったし帰りたいんだけど」

ツバサ「…」

ツバサ「今日集まってもらったのは他でも無いわ」

ツバサ「実は…ここだけの話なのだけれどね」

ツバサ「昨日、μ'sの9人が遊びに行って、最後海岸で感動の嵐に包まれた話だったでしょう?」

英玲奈「三年生が卒業したらμ'sをおしまいにする話か?」

ツバサ「ええ、そうよ。ふふっ、貴方もいち早くチェックしてるのね♪」

英玲奈「うるさい」

元スレ: ツバサ「μ'sの感動回をA-RISEもやってみた」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 19:58:06.99 ID:AdP7KK9i.net
ツバサ「…実はあの後、スクールアイドルファンの中で、急激にμ'sの株が上昇したのよ」

あんじゅ「別にそういう目的じゃ無いと思うけどー?」

ツバサ「その通り。純粋なμ'sだからこそ、自然とファンが共感できるストーリーが産まれるの」

ツバサ「ほーんと、μ'sって素敵よね」

ツバサ「はぁー、羨ましいわ」

英玲奈「…一体何が言いたいんだ」

ツバサ「…」

ツバサ「私達もあんなストーリーを描きたいのよ!」

ツバサ「もう皆3年でしょ?もうすぐ卒業なのに今まで一度もあんな熱い展開無かったじゃない!」
3: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 19:59:29.15 ID:AdP7KK9i.net
英玲奈「我々は自然発生したグループでは無いからな」

あんじゅ「仲間であると同時にライバルだからしょうがないわ。気を抜くと入れ替えられちゃうし」

ツバサ「そう、その通り」

ツバサ「もはや貴方達に対してそんなノスタルジックな感情には一切なれないわ」

英玲奈「面と向かって言われると少しは傷つくぞ」

あんじゅ「じゃあこの話はこれで終わりって事で私は帰るわね~」


ツバサ「待ちなさい!!」

ツバサ「そこで…これよ!」

英玲奈「なんだこの台本然とした資料は?」

あんじゅ「まさか…」
4: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:01:07.71 ID:AdP7KK9i.net
ツバサ「ふふ…。自然に出来ないなら…作ればいい」

ツバサ「昨日徹夜して私達の感動ストーリーを執筆してきたわ!」

ツバサ「この通りに行動すれば必ず感動を生み出せるはずよ!」

英玲奈「誰に対する何の感動なんだ…」

あんじゅ「不毛すぎ…」


ツバサ「今思えば私達レッスンくらいでしか顔会わせないでしょう?」

ツバサ「一緒に遊んだ事なんて一度も無いわ」
5: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:02:25.55 ID:AdP7KK9i.net
あんじゅ「まーね。皆車通学だし、住んでるところも全く違うしー」

英玲奈「遊び…か。確かにμ'sは遊びにも本気という印象で好感が持てるな」

あんじゅ「でも今更何して遊べば…あっ」

ツバサ「そう…だからこその感動ストーリーなの!」

ツバサ「じゃあ早速今週土曜日9時に学園前に待ち合わせね!皆で遊びに行くわよ!」

英玲奈「…はぁ、仕方ないな…ツバサは…」

あんじゅ「私は少し楽しみだわ♪貴方も楽しみなくせに?」

英玲奈「うるさい」


===================
6: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:03:56.45 ID:AdP7KK9i.net
【土曜日9:00 @ UTX学園前】

ツバサ「よし!みんな来たわね!」

英玲奈「いつも以上にテンション高いな」

あんじゅ「ふゎ~ぁ… 朝早い…友達と遊ぶって大変なのねぇ」

ツバサ「できるだけ遊べる時間は長い方が良いじゃない!」

ツバサ「私も友達と遊んだことなんて無いけど、大体相場はこんなものだと思うわ」

英玲奈「…で?どこにいくんだ」

ツバサ「」ニヤリ

ツバサ「みんなの行きたいところ全部行こうよ!!」ドヤァ

英玲奈「口調変わってるぞ」
7: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:05:23.73 ID:AdP7KK9i.net
あんじゅ「行きたいところかぁー。うーん…あまり思いつかないわね…お洋服のショッピング、とか?」

ツバサ「あんじゅ…普通…普通すぎるわ!却下よ!!」

あんじゅ「行きたいところ全部って言っておきながら酷くない?」

ツバサ「というわけで、貴方達に任せておいても拉致が開かないので」

英玲奈「えらい言われようだな…」

ツバサ「ここからは台本の通りに行動するわ!!」

あんじゅ「旅のしおりみたいね」

英玲奈「友達と遊んだ経験が無いような者が考案したプランに乗っかって大丈夫なのだろうか…」

ツバサ「だいじょーぶ。経験は無いけど、これでも色々調べたんだから」

あんじゅ「まぁいいわ。そこまで言うならツバサのプランに付き合ったあげる」

英玲奈「まず初めはどこに行くんだ?」

ツバサ「まず初めは…」

ツバサ「秋葉原のアイドルショップよ!!」


========
8: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:07:02.41 ID:AdP7KK9i.net
【アイドルショップ】

英玲奈「アイドルショップって…思い切りμ'sと行動パターンが被っているじゃないか」

ツバサ「μ's…?ホワット…?どなたディスカ…?」

英玲奈「なんだろう。μ'sマニアのテンプレ解答と言えばいいのだろうか」

ツバサ「私達アイドルしてるわりに、アイドルショップ来たこと無いでしょう?」

ツバサ「他のアイドルの偵察も兼ねて来たってわけ」

あんじゅ「まぁツバサにしてはマトモね」

英玲奈「それにしてもまだ入口だが、商品の量が凄まじいな…」

あんじゅ「グッズがいっぱい目に入ってきちゃって立ちくらみしちゃう…」

ツバサ「貴方達どれだけ世間に疎いのよ。こんなの普通よ普通」

ツバサ「ってうわっ!μ'sグッズのコーナーがあるわよ!!英玲奈、あんじゅ!!」

英玲奈「…ツバサも似たようなものじゃ無いか」

あんじゅ「ふふっ、ツバサかわいいー♪」
9: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:07:49.30 ID:AdP7KK9i.net
英玲奈「しかし凄いなμ'sコーナーは。ライブの映像が流れているぞ」

ツバサ「一日中いても飽きないわねコレは」

あんじゅ「せいぜい居ても一時間でしょ…」


英玲奈「そういえばA-RISEコーナーはどこにあるのだろうか?」

あんじゅ「自分のコーナーが作られてるって確信しちゃう英玲奈かわいい」

ツバサ「ふふっ。それでこそスクールアイドルの頂点に立ち続ける女よ!」

英玲奈「ちゃ、茶化すな!///」

あんじゅ「A-RISEのコーナーはμ'sコーナーの裏にあるみたい」


=========
10: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:09:14.33 ID:AdP7KK9i.net
【A-RISEグッズコーナー】

英玲奈「おお…私達のグッズが山ほどある…」

ツバサ「いつの間にこんな種類が作られていたのかしら」

あんじゅ「私はグッズ作成に判を押した記憶は無いわよ?」

英玲奈「この世界に肖像権なんて概念は存在しないから仕方ない」


英玲奈「…ん?な、なんだこの破廉恥なグッズは!///」

あんじゅ「んー?…ぅわ!最悪…」

ツバサ「どれどれ?…へぇ、英玲奈とあんじゅのオッパイマウスパッド、だって」

ツバサ「いいじゃない。アイドルなんだからセクシーさも一つの武器よ♪」

あんじゅ「他人事だと思って…」

英玲奈「そういえばツバサのは見当たらないな」

ツバサ「私のは一番人気で売れっちゃったのよ、きっと」フフン

あんじゅ「初めて人気No.1じゃなくて良かったと思ったわ」

英玲奈「このマウスパッドの使い方がわからない…」
11: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:10:35.39 ID:AdP7KK9i.net
ツバサ「すみません、店員さん。この商品の『綺羅ツバサ』バージョンを探してるのですが」 ← 一応軽い変装してる

店員「えーと、このマウスパッドですか?」

ツバサ「ええ」

店員「これは…ええーと。英玲奈バージョンとあんじゅバージョンの2種類しか発売されていないですね。」

ツバサ「…は?」

店員「申し訳ありませんが、調べたところ今後の発売予定も無いようです」

ツバサ「…ちなみに、こちらのμ'sバージョンは誰のがあります?」

店員「…ええーと、矢澤にこと星空凛以外は全て発売中ですね」

ツバサ「…」

店員「それでは失礼致します」

ツバサ「」
12: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:11:58.59 ID:AdP7KK9i.net
あんじゅ「…ぷっ」

英玲奈「クククク…」

ツバサ「わ…笑うにゃー!!」///

あんじゅ「な~にそれ?星空さんの真似~?フフ…」

英玲奈「あまりの屈辱に頭のネジが飛んだか…ククク…」

ツバサ「む、胸の大きさで商品化が決まるなんて、そんな馬鹿げた話ある!?」

英玲奈「世の中には需要と供給というものがあってな」

あんじゅ「だいじょーぶ!胸が小さい娘が好きな人だっているんだから気にする必要ないわ。私みたいにね♪」

ツバサ「胸の大きい人に言われても慰めにしかならないわ…」
13: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 20:14:06.36 ID:AdP7KK9i.net
=========

店員「ありがとうございましたーー!」

ツバサ「青春ってほろ苦いのね…」

英玲奈「青春関係あるか?」

あんじゅ「ツバサちゃんのスペシャルお悩みタイムも良いけど、次どこ行くか決めましょう♪」

英玲奈「あんじゅもノリノリだな」

あんじゅ「こんな身近に面白いネタが転がってるなんて…やっぱりお外出なきゃダメだなって思ってね♪」

ツバサ「ネタってゆーなー!」////


英玲奈「で、次はどこに行く?」

ツバサ「次は台本通りだと、皆でボウリングよ!!」
26: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 21:44:27.32 ID:AdP7KK9i.net
=======

【ラウンド◯ン】

あんじゅ「ボウリングなんて一度もやったこと無いわよ?」

英玲奈「同じく。ルールもイマイチだ」

ツバサ「私もやったこと無いけれど、こんなの誰だってできるでしょ?」

ツバサ「今はPリーグって大会で女子プロボーラーがアイドルみたいに可愛いんだから♪」

英玲奈「アイドルに関しての知識だけは末恐ろしいな…」
27: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 21:45:59.35 ID:AdP7KK9i.net
あんじゅ「入り口で立ち止まって無いで早くいきましょー?」

ツバサ「ええ」

英玲奈「ええと、あそこが受付か。受付用紙に名前を書いて持っていくみたいだ」

あんじゅ「名前を書くのね。でも本名は顔バレが怖い…」

ツバサ「こういうものは大抵ニックネームを書くものなのよ?」

英玲奈「ニックネームか…そういえば人生で一度もあだ名らしいあだ名で呼ばれたこと無いな…」

あんじゅ・ツバサ「同じく…」
28: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 21:47:02.43 ID:AdP7KK9i.net
ツバサ「じゃあ今からニックネームを決めましょう!ボウリングの間だけはその名前で呼びあうのよ♪」

あんじゅ「なんか楽しそう!」

英玲奈「わ、私にも遂にあだ名が…(しんみり」


ツバサ「じゃあ、あんじゅは私がつけてあげるわ♪」

ツバサ「そうね…」

ツバサ「『アンアン』とかどうかしら?」

あんじゅ「アンアン///なんかこそばがゆいけど…ツバサが決めてくれたからそれでいいわよ///」

ツバサ「やったわ♪よろしくね?アンアン!!」

ツバサ「じゃあアンアンが英玲奈のニックネームを決めてあげて」
29: 名無しで叶える物語 2017/11/09(木) 21:48:19.15 ID:AdP7KK9i.net
あんじゅ「えーいきなり言われても…どうしよう…」

英玲奈「なんか緊張するな…」

あんじゅ「じゃあー、英玲奈はこれから『エレン』ね?」

ツバサ「さっすがアンアンはセンスあるわね」

英玲奈「エレン///わ、悪い気はしないな…うん///」

あんじゅ「じゃあ~エレンが最後にツバサのニックネームを決めてあげて?」

英玲奈「ううん…。ツバサ…ツバ……『つば九郎』とかどうだ?」

ツバサ「絶対嫌よ!なんで私が毒舌系マスコットなのよ!?」

英玲奈「冗談だ冗談(結構似合ってると思うが…)」

英玲奈「ツバサはこれから『キャプテン』と呼ぼう」

あんじゅ「キャプテン翼…A-RISEのリーダー…いいんじゃ無いかしら♪」

ツバサ「うう…私だけあんまり可愛くない…でも呼ばれて悪い気はしないわね///」

英玲奈「じゃあ、アンアン、エレン、キャプテンで受付しよう」
37: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:20:22.96 ID:wNEKTZ8Y.net
=======

【受付完了】

ツバサ「よーし、やってやるわ!」

英玲奈「キャプテン、はしゃぐと転ぶぞ」

ツバサ「もう!子供じゃないんだから…エレンはお母さんみたいね」

英玲奈「こんな手が焼ける娘は勘弁だ」

あんじゅ「で、どうすればいいの~?キャップ」
38: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:21:03.61 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「まぁ普通に考えて、このボールで前にあるピンに当てて、たくさん倒せばいいはずよ」

英玲奈「…ピンまで結構遠くないか?」

ツバサ「20m程あるらしいわ」

あんじゅ「遠さもそうだけど、横に溝があるじゃない。落ちたら一巻の終わりね…」
39: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:22:01.18 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「考えてても仕方ないでしょ。まずは私からいくわ!」

ツバサ「えい!」


コロコロコローーーガタンッ!!!…コロコロコローー


ツバサ「うっ…」

あんじゅ「ほらー言ってるそばから溝に落ちたじゃない…」

ツバサ「うるさいわね!」

ツバサ「ボウリングは2回投げれるの知らないの?次で必ず仕留めて見せるわ!えいっ!」


コロコロコローーーガタンッ!!!…コロコロコローー


ツバサ「…」

あんじゅ「…」
40: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:23:11.39 ID:wNEKTZ8Y.net
英玲奈「よし。次は私の番だな」

英玲奈「こんなもの、物理を専攻している私からしたら些細なゲームだ」

英玲奈「文系のキャプテンとの違いを魅せてやるさ」

英玲奈「…はぁ!!」


ギュイイイイイイイイインーーーガタンッ!!!…ギュイイイイイイイイインーー


ツバサ「ガターに落とす計算でもしてたの?理系女子さん」クスクス

英玲奈「くっ…」

英玲奈「20mって本当なのか!?角度の計算が合わないぞ!」

あんじゅ「計算通りに投げれれば誰だって苦労しないわよー」
41: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:24:22.97 ID:wNEKTZ8Y.net
英玲奈「さっきの微調整をしてもう一投だ!」

英玲奈「はぁっ!!」


ギュギュイイイイイイイイインーーーガタンッ!!!…ギュイイイイイイイイインーー!


ツバサ「ププッ…ボールの勢いだけ無駄にいいわね」


…ガタッ!!ポーーーン!!!! (1本倒し)


A-RISE「!?」

ツバサ「エレンのガターになったボールが最後の最後勢いで浮き上がって端っこのピンが倒れたわ…」

あんじゅ「あんなのありー?」

英玲奈「あ、ありだろう!スコアボードにもキチンと1本が記録されているぞ!!」

あんじゅ「ボウリングって奥が深いのねぇ」クルクル
42: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:25:22.48 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「さて、次はアンアンの番ね」

あんじゅ「物理とかよくわから無いけど、フィーリングでなんとかなるかしらー?」

あんじゅ「うう…ボールが想像以上に重いわね…ううう…」

英玲奈「あんj…アンアン大丈夫か?」

あんじゅ「ありがとうエレン。重いから両手持ちで行こうかしら…」

ツバサ「両手持ちで、か弱い女性をアピール。アンアンやるわね」

あんじゅ「誰へのアピールなのよぉ」
43: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:26:25.94 ID:wNEKTZ8Y.net
あんじゅ「うーん…えいっ!!」


コロコロコロコロ…


英玲奈「おお!方向が抜群だぞアンアン!」

ツバサ「これストライクいけるんじゃない?」


コロコロ… コロコロ…


ツバサ「ん…?」


コロコロ…コロ……ピタッ(静止)


A-RISE「!?」

ツバサ「あ、あまりの遅さにレーンの途中でボールが止まった…!?」

英玲奈「力不足にも程があるだろう…アンアン…」

あんじゅ「なにこれぇ…どうすればいいの…」
44: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:28:05.42 ID:wNEKTZ8Y.net
======

あんじゅ「ありがとうございます、係員さん」ペコリ

係員「い、いえ///どう致しまして…(物凄く美人…)」


ツバサ「アンアンは力無いんだから子供用のボールで投げなさい?」

あんじゅ「あ、これ軽い。これならいけるかも!」

あんじゅ「えいっ」


コロコロコロコロ…ガシャン… パタパタパタ…(5本倒し)


英玲奈「おお!やはりアンアンはコントロールがいいな!」

ツバサ「凄いわ!アンアン」

あんじゅ「何かここまで褒められるとどうしていいかわからないわね///」
45: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:29:05.08 ID:wNEKTZ8Y.net
あんじゅ「もう一投…えいっ」


コロコロコロコロ… カコーン…(1本倒し)


英玲奈「堅実にピンをゲットしていくな」

ツバサ「よし!次は私の番ね!!リベンジしちゃうんだから♪」


コロコロコローーーガタンッ!!!…コロコロコローー
コロコロコローーーガタンッ!!!…コロコロコローー


ツバサ「」

あんじゅ「キャップって実はアイドル以外の事に関してはからっきしよねぇ…」

英玲奈「まぁ私も似たようなものだから、あまり気にするな」
47: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:30:08.79 ID:wNEKTZ8Y.net
ーーーーーーーー その後も似たような展開が続き…

7フレーム終了時点
ツバサ: 0
英玲奈: 35
あんじゅ:48


ツバサ「」チーン

英玲奈「(おい…流石にこれは声のかけようが無いぞ…アンアン…)」

あんじゅ「(アドバイスできるほど私も上手くないし…どうしたらいいのかしら…)」


バン!!!(消灯)


英玲奈「!?」

あんじゅ「何が起きたのかしら?停電…??」
48: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:31:23.25 ID:wNEKTZ8Y.net
係員「さーて♪皆さんお待ちかねのムーンライトストライクゲームの時間がやってきました♪」

係員「皆様にはここでボールを一斉に投げてもらいます!」

係員「ストライクを出されたお客様には、当店オリジナルのプリクラ機の無料撮影チケットをプレゼントしちゃいます♪」

係員「みなさーん!ご準備をお願いします♪」


ツバサ「…」

英玲奈「ま、まぁマイペースにな、キャプテン」

あんじゅ「皆注目してるけど気にする必要は無いわ?ストライクは難しいし」
49: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:32:13.80 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「エレン…アンアン…」

ツバサ「気遣い…ありがとう。今まで迷惑かけてごめんなさい」

ツバサ「でも…こういう展開の時こそ、奮い立つのが真のキャプテン…じゃ無いかしら?」

英玲奈・あんじゅ「キャプテン!!」

英玲奈「(そう…いつだってそう…こんなツバサだからこそ、私達はずっと貴方について行きたいと思ったんだ…)」


ツバサ「どんな結果になるか私にも分からない…でもワクワクしてきたわ」

ツバサ「…ムーンライトストライクゲームが…始まる」
50: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:33:23.54 ID:wNEKTZ8Y.net
係員「それでは皆さん、準備はいいですか~?いきますよー!」

係員「3…2…1…Let’s GO!!♪」


ツバサ「…ふぅ」

ツバサ「いける」スッ…


コロコロコロコロコローーー


英玲奈「おお良いぞ!」

あんじゅ「完全にストライクコース!」


コロコローー … パカーン!!!!バラバラバラ……(9本倒し)


英玲奈「ああ…1本残り…」

あんじゅ「惜しいけど…この観衆の中での集中力…凄かったわ」
51: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:34:03.75 ID:wNEKTZ8Y.net
グラ…グラ…グラ…


ツバサ「最後の貴方も…一緒に倒れなさい?」


グラ…グラ…パタン (ストライク)


ツバサ「ふぅ…やったわ」ニッコリ

あんじゅ「す…凄い…」

英玲奈「本当にこの人は…」


係員「今回ストライクを取ったのはーー!こちらの女性の方のみでしたーー!!!」

係員「皆さん、盛大な拍手をお願い致します!!♪」


ワーワー!! パチパチ!!
52: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 05:34:56.59 ID:wNEKTZ8Y.net
========


ツバサ「皆には負けちゃったけれど、すっごく楽しかったわ?」

英玲奈「私こそツバサに完敗だ…」

あんじゅ「同じく…」

ツバサ「?」


ツバサ「それじゃ皆、次は貰った撮影チケットで、プリクラを撮りにいくわよ♪」
61: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:10:59.23 ID:wNEKTZ8Y.net
【プリクラ撮影機前】

ツバサ「これが…伝説のプリクラ…」ゴクリ…

英玲奈「いつもなら突っ込むところだが、私も少し感動を覚えている…」

あんじゅ「友達同士でプリクラ撮るなんて発想がまず無かったわ…」


ツバサ「まずは係員さんに撮影チケットを交換してもらいましょう」


ツバサ「失礼します。こちらの撮影チケットを頂いたのですが…」

係員「ありがとうございます。こちらのプリクラ機を一回無料にさせていただきますねっ」

係員「よいしょっと。はい、こちらご利用頂けますので♪」

ツバサ「ありがとう」ニッコリ


英玲奈「よいしょっとは、良いショットとかかっているのだな、うん」

あんじゅ「ものすごくつまんないわ…英玲奈…」
62: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:11:54.55 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「それじゃあ…撮りましょうか?」ドキドキ

あんじゅ「ええ…」

英玲奈「…これは結構狭いな…うう…」

あんじゅ「キャッ!/// 英玲奈今私のお尻触ったでしょ///」

英玲奈「さ、触ってない!触っていたとしても決してやましい気持ちは無い!!」

ツバサ「何バカやっているのよ…」
63: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:12:54.31 ID:wNEKTZ8Y.net
あんじゅ「ツバサちゃんはちっこいから先頭の真ん中ね?」

ツバサ「言われなくてもわかってるわ…」

あんじゅ「良い子良い子♪」ナデナデ

ツバサ「////」

英玲奈「あんじゅだけずるいぞ!」

英玲奈「私にも良い子良い子させてくれ」ナデナデ

ツバサ「もう!いい加減にして!////」

英玲奈「良い加減で撫で撫でしてるのに何を怒ることがあるのか」

あんじゅ「ツバサちゃんが世界一可愛いのが悪いわ♪」

ツバサ「ナニソレイミワカンナイ」


英玲奈「じゃあ一枚目はツバサを撫で撫でするシーンにしよう」

あんじゅ「賛成~」

ツバサ「もう勝手にすればいいわ…」
64: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:13:33.00 ID:wNEKTZ8Y.net
あんじゅ「ええっと、これは写真を撮る機械なのね」

英玲奈「ふむ、写真と落書きの機種は別れているのか」

ツバサ「スクフェスACのサテライト筐体とセンター筐体みたいなものね」

英玲奈「…まぁ、間違っては無いだろうが」

あんじゅ「あんまりメタメタしてると消されちゃうわよ?」

ツバサ「ナニソレコワイ」
65: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:14:21.13 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「じゃあ撮るわよ!」

英玲奈「よし!」ナデナデ

あんじゅ「いいわよ~」ナデナデ

ツバサ「せ~の!//// ラブライブ!♪」


パシャ!!


あんじゅ「さすがトップアイドルなだけあって、皆写真映りいいわね」

英玲奈「なんか我々楽しみすぎでは無いだろうか」
66: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:15:10.23 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「じゃあ次は二人であんじゅに抱きついて撮るわよ!」

英玲奈「よしきた」

あんじゅ「はぁ~?///なんでそうなるのよ!////」

ツバサ「さっきのお返しよ!」ベー


ツバサ「じゃああんじゅを真ん中にして!ほら~ギューーー!!」

英玲奈「ギューー」

あんじゅ「うううぅ…///くるしぃ…///」
67: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:15:42.31 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「ふふっ。それじゃあいくわよ!せーの!」

A-RISE「ラブライブ!」


パシャ!!


ツバサ「ふふっ、あんじゅが可愛く撮れてる♪」

英玲奈「うん、これは永久保存版だな。スマホケースに貼っておこう」

あんじゅ「もう!お金取るわよ!!」プンプン

ツバサ「怒ったあんじゅは更に可愛いわ」ニヤニヤ

あんじゅ「…もう!」////
68: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:18:23.32 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「じゃあ最後は英玲奈がターゲットよ!!」

あんじゅ「いいわねぇ~フフフ…」

英玲奈「ふ、二人とも目が怖いぞ…」

ツバサ「あんじゅ?どうやって撮るか決めちゃって!」

あんじゅ「そうね~。じゃーあー…ツバサと私が英玲奈のほっぺにチューするところ♪」

英玲奈「はああああああー!?何だそれは!?」

ツバサ「あんじゅ…グッジョブ…」

英玲奈「親にもキスなどされた事ないのに…」

あんじゅ「じゃあ英玲奈の初めて、私たちがもらっちゃうわ♪」
69: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:18:57.56 ID:wNEKTZ8Y.net
ツバサ「じゃあいくわよ♪せーの、ラブライブ!」


チュッ


パシャ!


A-RISE「//////////////」

英玲奈「なんでキスしたお前たちが恥ずかしがってるんだ///」

ツバサ「だって…」////

あんじゅ「ねぇ…?」////

ツバサ・あんじゅ「私もはじめてのちゅーだし」/////
70: 名無しで叶える物語 2017/11/10(金) 20:19:55.03 ID:wNEKTZ8Y.net
=========

係員「ありがとうございましたー!!」


英玲奈「よし。これは二人の分だ」

あんじゅ「ありがとう。どこに貼ろうかしら」

ツバサ「私、穂乃果さんに配っちゃおっと♪」

英玲奈「そ、それだけはダメだ!!!」

あんじゅ「いいじゃない♪A-RISEの人気が更に上がるかもしれないわ♪」


ツバサ「あっ…そろそろ12時…」

あんじゅ「お腹空いたわねぇ」

ツバサ「そう来ると思ったわ!じゃあ次の行き先を発表するわ」

英玲奈「どこだ?」

ツバサ「次の行き先は…秋葉原の王道…メイド喫茶よ!!」
76: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 03:27:54.25 ID:zMK8Mqav.net
=========

【メイド喫茶前】

あんじゅ「前から一度行ってみたかったのよねぇ、メイド喫茶」

英玲奈「私はかなり恥ずかしいんだが…」

ツバサ「秋葉原のスクールアイドルが何言ってるのよ」

ツバサ「メイドの格好して歌ったこともあるじゃない」

英玲奈「現実のメイドさんに会うのはやはり緊張するだろう///」

あんじゅ「現実のメイドさんは欧州とかに行かないと会えないでしょー」
77: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 03:29:12.30 ID:zMK8Mqav.net
ツバサ「入るわよ?あんじゅ、英玲奈を引っ張ってきて」

あんじゅ「任されたわー」


カランカラン~♪


メイドA「おかえりなさいませ、お嬢様方!」

ツバサ「ふふっ、ただいま」

英玲奈「貴方もお疲れ様だな」

あんじゅ「ハロ~、お出迎えどうもありがとぉ」
78: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 03:30:13.60 ID:zMK8Mqav.net
メイドA「あっ…あああ…アライ…」

ツバサ「しぃーーーー」

ツバサ「…ふふ、びっくりさせてゴメンなさいね?」

メイドA「も、申し訳ございません…お嬢様に向かって気が動転するだなんて…」

あんじゅ「こちらこそいきなりでごめんなさいね~」

英玲奈「それだけA-RISEが愛されているということ。嬉しい限りだ」

メイドA「滅相もございません…」
79: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 03:31:23.07 ID:zMK8Mqav.net
ツバサ「今日は私達プライベートで遊びに来たの」

メイドA「そ、そうだったのですね。ずっと前から大ファンだったのでビックリしました…」

あんじゅ「そうなの?とっても嬉しいわぁ~」

メイドA「プライベートでしたら…一番奥の静かな席にご案内させて頂きますね」

ツバサ「お気遣いありがとう。とても嬉しいわ」ニッコリ

ツバサ「…後でこっそりサイン書いたげる。他のメイドさん達には内緒よ?」ウインク

メイドA「/// あ、ありがとうございます!!感激です…」

メイドA「それでは、こちらへどうぞ」ニッコリ
80: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 03:32:46.31 ID:zMK8Mqav.net
=======

英玲奈「ふぅ、ようやく一息つけるな」

あんじゅ「朝から歩き回ったから、ちょっと疲れたわねぇ」

ツバサ「貴方達、おばさん臭いわよ」

あんじゅ「おばさんはメイド喫茶には来ないから大丈夫ー」


メイドB「おかえりなさいませ♪ご主人様~」

英玲奈「ああ…癒される声だ」

あんじゅ「でも何か聴いたことあるような…」

ツバサ「…あら?貴方もしかして…」

メイドB「…えぇ!?皆さんもしかして…」


A-RISE「ミナリンスキー!?」

ことり「A-RISE!?」
89: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 20:53:02.68 ID:pp0J4d4b.net
=======

ツバサ「まさか…ここがミナリンスキーさん…いえ、南さんのお店だったなんて知らなかったわ」

ことり「最近はμ'sの練習に集中してるんですけど、今日だけはどうしても出勤して欲しいってお願いされちゃって…」

ことり「まさかA-RISEの皆さんに来てもらえるなんて…とても光栄ですっ!」

英玲奈「本当にたまたまなんだが…これも何かの縁。今日は楽しませてもらおう」

あんじゅ「(実はμ'sの感動回に触発されて…なんて絶対に言えないわね…)」
90: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 20:54:02.03 ID:pp0J4d4b.net
ツバサ「それにしても」

ツバサ「実物のミナリンスキーさんは恐ろしいほど魅力的ね」

英玲奈「お人形さんみたいとは、貴方のことを言うのだろうか」

あんじゅ「このお店ってお持ち帰りシステム無いのかしらー?」クルクル

ことり「そ、そんな…/// こ…ことり…照れちゃいますっ…///」エヘヘ


A-RISE「…」キューン


英玲奈「(かわいい)」

あんじゅ「(かわいい)」

ツバサ「かわいい」

ことり「えっ///」

英玲奈・あんじゅ「(このポンコツバサ…!!)」
91: 名無しで叶える物語 2017/11/11(土) 20:55:02.93 ID:pp0J4d4b.net
ツバサ「それじゃあメイドさん?注文…いいかしら」

ことり「は、はいっ!!お手柔らかにお願いしますっ…///」


ツバサ「『ぴぴよぴよぴよ♪ひよこさんライス』と『あちゅあちゅココア』 指名メイドはミナリンスキーさんで」

英玲奈「『まぜまぜ♪かるぼなぁ~ら』と『メイドがお絵かき♪あいちゅキャラメルラテ』 指名メイドはミナリンスキーさんで」

あんじゅ「『つん★でれ♡パフェ』と食事後に『メイドと記念撮影』 指名メイドはミナリンスキーさんで」

ことり「か、かしこまりましたっ////失礼致しますっ///」タッタッタッ


A-RISE「…」

A-RISE「」ニヘラァ
99: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:30:01.23 ID:JatrnRSN.net
=========

10分後


ことり「お待たせしました、お嬢様♪」

A-RISE「」ワクワク

ことり「(知り合いでましてやA-RISEの皆さん…緊張するなって言う方が無理だよぉ…///)」
100: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:31:55.05 ID:JatrnRSN.net
ことり「ツバサお嬢様?こちら『ぴぴよぴよぴよ♪ひよこさんライス』になります♪」

ツバサ「あら…なんて可愛らしい」

ツバサ「…このことりも…いつかツバサが生えて飛んでいくんでしょうね」キリッ

ことり「はぅ…///ことり…ツバサ…///」

英玲奈「(それを言いたい為だけに頼んだのか…)」


ことり「実はこのレシピはミナリン発案なんですっ」

ツバサ「あらほんと?ふふっ、とても美味しそう」

ことり「それでその///私が考えたひよこさんのセリフを言わせてもらいますっ////」
101: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:33:37.05 ID:JatrnRSN.net
ことり「…」

ことり「ピピヨピヨピヨ、ちゅんちゅんちゅん♪」

ことり「今日はツバサお姉ちゃんに来てもらえて、と~っても嬉しいちゅん♪」

ことり「ツバサお姉ちゃん…早くわたしを、召し上がれ♪」

ことり「」////


ツバサ「」

ことり「ツ、ツバサさん…?」

英玲奈「あまりの可愛さに放心状態になっているだけだ」

あんじゅ「A-RISEではよくある光景よ。気にしないでー」

ことり「はい…」///
102: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:34:39.24 ID:JatrnRSN.net
ことり「お次は英玲奈お嬢様の『まぜまぜ♪かるぼなぁ~ら』になります♪」

英玲奈「とても美味しそうだ」

ことり「でも、まだこれで終わりじゃ無いんですっ」

英玲奈「ふむ…」

ことり「最後にお嬢様と私が協力して具材を混ぜて完成になります♪」

英玲奈「協力には力を惜しまない、何でも頼んでくれ」


ことり「それじゃあこのトングを両手で持ってもらえますか?」

英玲奈「うん、持った」

ことり「それでは…」スッ…

ことり「失礼致します///」ギュー
103: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:35:37.73 ID:JatrnRSN.net
英玲奈「!?(南さんの両手が私の手を包み込みように…///)」

ことり「それじゃあ一緒に混ぜましょうっ?///」

ことり「ミナリンと一緒に『おいしくな~れ、おいしくな~れ』って唱えながら混ぜてくださいねっ?」

英玲奈「わ、わかった///」

ことり「いきますよ~」ギュー


ことり・英玲奈「おいしくな~れ♪おいしくな~れ♪」グルグルグルグル

ことり「はいっ///完成ですっ///」

英玲奈「あ…ありがとう…///」
104: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:36:51.41 ID:JatrnRSN.net
あんじゅ「ふふっ、みんな順調にミナリンさんに骨抜きにされてるわね♪」

ことり「それじゃあ最後…」

あんじゅ「あら~嬉しいわ♪」

ことり「…何言ってるの?」

あんじゅ「えっ」

ことり「な、何で貴方の注文まで私が聴かないといけないの…!?めんどくさっ…」

あんじゅ「な、なんで…?」

ことり「あっちにあるから勝手に自分で持ってくれば…?」オシボリポイッ

ことり「」スタスタスタ…


あんじゅ「あっ…ミナリンさん…」

あんじゅ「行っちゃった…」
105: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:37:31.77 ID:JatrnRSN.net
ツバサ「こ、これは…ギャップが凄いわね…ツンデレパフェ…」

英玲奈「ツンデレパフェの『ツン』の部分か…」

英玲奈「あ…あんじゅ…大丈夫か…?」


あんじゅ「…」

あんじゅ「あぁ…」


あんじゅ「…ミナリンさん素晴らしいわ…ぞくぞくしちゃうぅ…!!!」(恍惚)

英玲奈「心配して損した…」
106: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:38:38.25 ID:JatrnRSN.net
=======

3分後


ことり「お待たせしました~」

ことり「こちらツバサお嬢様ご注文の『あちゅあちゅココア』になりますっ♪」

ツバサ「あら、ありがとう」


英玲奈「熱々って…極度の猫舌が何故頼んだのか…」

ツバサ「…」

ツバサ「」ニヤリ

英玲奈「…はっ!?」
107: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:39:55.80 ID:JatrnRSN.net
ツバサ「…ミナリンさん。これ…熱くて飲めそうも無いわ…」

ことり「も、申し訳ありませんっ…お嬢様」

ことり「じゃあ今から私がふぅふぅして冷ましてあげますっ!」


ことり「ふぅー ふぅー♪」

ツバサ「ミナリンさん、いいわ。その調子」


ことり「ふぅー ふぅー ふぅー♪」

ツバサ「ふぅふぅしてるミナリンさんも可愛いわね」
108: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:41:08.03 ID:JatrnRSN.net
ことり「一度飲んで貰えますでしょうか?お嬢様」

ツバサ「ええ」

ツバサ「」カチャッ ススー


ツバサ「…あつっ」ベェ…

ことり「も、申し訳ありませんっ、お嬢様…!!」

ツバサ「貴方が謝ることでは無いわ」

ことり「そ、そのぉ、もしお嬢様がよろしければ…一緒にふぅふぅしませんか?」

ツバサ「えっ?いいのかしら…」

ことり「はい!私嬉しいですっ♪///」

ツバサ「わ、わかったわ///」
109: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:42:08.99 ID:JatrnRSN.net
ことり「じゃあいきますよ~顔を近づけてくださいねっ」

ツバサ「は、はい/// (ミナリンさんの顔が目の前…)」

ことり「せ~のっ」


ことり「ふぅー ふぅー ふぅー♪」

ツバサ「ふぅー ふぅー ふぅー」


ツバサ「(ああっ///ことりさんの温かい吐息が私まで届いて…///)」


ことり「ふぅー ふぅー ふぅー♪」

ツバサ「ふぅー ふぅー ふぅー」


ツバサ「(ずっとこうしていたいかも…///)」
110: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 03:43:05.60 ID:JatrnRSN.net
ことり「…お嬢様?お嬢様?大丈夫ですか?」

ツバサ「…はっ!?気が飛んでたわ…」

ことり「ふふっ。ふぅふぅ頑張っていただいておりましたものね♪」


ことり「もう一度飲んで貰えますでしょうかっ?」

ツバサ「わかったわ」

ツバサ「」カチャッ ススー

ツバサ「うん!美味しいわ」

ことり「そうですかっ♪じゃあ…大成功ですねっ///」

ツバサ「そうね///」
121: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:05:45.14 ID:JatrnRSN.net
ことり「英玲奈お嬢様、かるぼなぁ~らのお味はいかがですか?」

英玲奈「うん、本当に美味しい」

ことり「それは良かったですっ!」

ことり「それでは『メイドがお絵かき♪あいちゅキャラメルラテ』をこれからミナリンが作っちゃいますっ♪」

英玲奈「!!」


ことり「何か描いて欲しいものありますかぁ~?」

英玲奈「な、なんでもいいのか?」

ことり「絵は得意なのでどんとこいですっ!」エッヘン

英玲奈「そうだな…どうしようか…」
122: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:07:56.68 ID:JatrnRSN.net
英玲奈「それなら…ツバサの似顔絵で頼む」

ツバサ「な、なんで私なのよ?///」

英玲奈「うーん、冷たいあいちゅツバサを飲みたくなった」

ツバサ「私が冷たいみたいな言い方やめてよ…///」


ことり「ツバサさんですね?頑張って描いちゃいますよ~」

ことり「」フンフン♪

英玲奈「おぉ…特徴をとても捉えているな」

ことり「好きだから~してあげたい~♪望むこと~なんでも~♪」フンフン♪

あんじゅ「ツバサかわいい!!」

ことり「」フンフン♪

ことり「よいしょっ♪ は~い完成です!!」


ツバサ「に、似てる、のかしら?」

英玲奈「ああ、まさにクールビューティーだ」

ツバサ「ものは良いようね…」

ことり「喜んで貰えてよかったです~♪」
123: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:10:15.62 ID:JatrnRSN.net
あんじゅ「あ、あのミナリンさん?」

ことり「んー?」

ことり「あ、あんたまだ何も食べて無かったの!?」

ことり「自分で持って来なさいってさっき言ったじゃないっ!」

あんじゅ「えっ…だってどこにあるか分からないしぃ…」ウルッ…

ことり「」ハァー…


ことり「ちょっとこっち来なさいっ!!」グイッ

あんじゅ「え!?ちょ、ちょっとー!」ダレカタスケテー

ツバサ「モグモグ…」チョットマッテテー

英玲奈「ズルズル…」チョットマッテテー
124: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:11:34.11 ID:JatrnRSN.net
=======

ことり「はいっ!これっ!」

あんじゅ「あ…美味しいそうなパフェ…ありがとう」

ことり「も、もう!(皆の前だと恥ずかしくて渡せないって何で分からないのよ!?)」

あんじゅ「え、なに?」

ことり「な、なんでも無いわよ!」


ことり「そ…それで…早く食べたら…?」

あんじゅ「食べたいんだけど…立ったままだしぃ…」

ことり「わ、私のパフェは立ったままじゃめんどくさくて食べられないって言うの!?」

あんじゅ「い、いや…そうじゃないけどぉ…」
125: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:13:46.76 ID:JatrnRSN.net
ことり「…」

ことり「しかたないわねっ…ひ、一口だけなんだから…///」

あんじゅ「…?」

ことり「器しっかり持ってなさいっ!!」

あんじゅ「え!?あ…うん…」

ことり「…」

ことり「ほらっ!あ、あーん…////」

あんじゅ「!?」


ことり「は、早く食べなさいよ…!皆に見つかっちゃうでしょ////」

あんじゅ「あ、あーん…」

ことり「///」

あんじゅ「もぐもぐ…」

あんじゅ「!! すっごく美味しわ、ミナリンさん!!」

ことり「き、気安く名前で呼ばないでよっ…////」

ことり「ほらっ!後は自分で食べれるでしょ!?」

ことり「私は仕事に戻るから…」

あんじゅ「うん」

ことり「の…残さず食べなさいよっ!///」
126: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:14:41.98 ID:JatrnRSN.net
=======

英玲奈「あんじゅ遅いな」ズルズル

ツバサ「どうなったのか気になるわね」モグモグ


あんじゅ「…」

英玲奈「あ、あんじゅおかえり」

あんじゅ「…」

ツバサ「あら?パフェ手に入ってよかったわね」

ツバサ「どうだったの?ツンデレ」


あんじゅ「…」

あんじゅ「…明日も…来ようかしら…」

ツバサ「そ、そんなに!?」
127: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:15:20.46 ID:JatrnRSN.net
=======


ことり「皆さん!本日はありがとうございましたっ♪」

ツバサ「ミナリンスキーさんがお相手でホント良かったわ?」

英玲奈「さすが伝説のメイドさんなだけはある」

あんじゅ「こんな楽園が有っただなんて、知るのが遅くて悔しいわぁー」

ことり「あ、あはは…」
128: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:16:32.18 ID:JatrnRSN.net
ことり「それでは最後に皆で写真を撮ってお別れですっ♪」

ツバサ「そうだ。皆でやりたいポーズがあるの」

ことり「え?何ですか?」

ツバサ「ふふっ、A-RISEポーズ♪ 指で『A』の文字を作るのよ♪」

ことり「あっそれ知ってます!!でもことりがやっても良いのかなぁ?」

英玲奈「良いに決まっている」

あんじゅ「私たちもうお友達でしょー?」フフッ

ことり「では…お言葉に甘えて♪」


メイドA「それでは皆さんいきますよ~♪」

メイドA「はい!アライズ♪」

カシャッ

A-RISE・ことり「♪」
129: 名無しで叶える物語 2017/11/13(月) 22:17:18.47 ID:JatrnRSN.net
======

英玲奈「いろんな意味でお腹いっぱいだ…」

あんじゅ「ちょっとあの可愛さに嫉妬しちゃう自分もいるわ…」

ツバサ「ミナリンはミナリン、自分は自分よ!」

ツバサ「私達だって十分可愛いでしょっ♪」


英玲奈「…しかし本当に今日は素晴らしい日だな」

あんじゅ「ツバサァー 次はどこいくのぉ~?」

ツバサ「居酒屋ハシゴ2件目みたいな言い方やめなさい…」

ツバサ「次は…そうね、神田明神にお参りに行こうかしら♪」
138: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:37:46.26 ID:8HbHkpuT.net
========

【神田明神】

あんじゅ「久々…でも無いわね、神田明神」

英玲奈「年末にこの3人で来て…その時だったな、高坂さん達と会ったのは」

ツバサ「ふふっ、私達の夢をあの子達に託したのよね」

英玲奈「μ's…いい結果が出るといいな」

あんじゅ「そうね♪」


ツバサ「…今日は明るい神田明神。毎年大晦日にしか来ないから少し新鮮だわ」

英玲奈「…お参り、していくか」

あんじゅ「こんな頻繁に来ちゃって…神様に呆れられないかしらぁ?」


???「神様は、いつも自分の心の中に寄り添ってるん。だから大丈夫♪」クスッ

A-RISE「えっ?」
139: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:39:09.46 ID:8HbHkpuT.net
希「こんにちは、お三人さん」

ツバサ「あら…東條さん。こんにちは」

英玲奈「なぜだろう…奇遇…という感じはしないな」

あんじゅ「神田明神といったら貴方よね♪」

希「うーん、まるでウチが神田明神に住み着いてるみたいな言い方やなぁ」

ツバサ「えっ、違うのかしら?」

希「違うに決まってるやんっ!!」

ツバサ「ふふっ、冗談よ、冗談」
140: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:40:55.84 ID:8HbHkpuT.net
希「年末に会って以来やね。あの時はあまり話せんくてごめんね?」

あんじゅ「気にしないで?貴方と絢瀬さんと矢澤さん、とても忙しそうに仕事してたもの」

英玲奈「大晦日に働くというのも大変だな」

希「んーん。ウチが働きたいから働いてるん。神田さんの近くにいるとほっとするんよ」

ツバサ「本当にこの場所が好きなのね」

希「ウチがいつもμ'sの皆を見守ってきたように…この場所はいつもウチを見守ってくれてるん」

希「お母さんみたいな場所、すごくほっとするんよ」ニコッ

ツバサ「…貴方って、高坂さん以上に不思議な人ね?」

希「穂乃果ちゃんより上いっちゃったかぁ」アチャー
141: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:41:52.81 ID:8HbHkpuT.net
希「…ここでずっと話しててもあれやし、A-RISEの皆さんも神様にご挨拶してきたら?」

ツバサ「是非そうさせて貰うわ?いくわよ、英玲奈、あんじゅ」

英玲奈「何を祈るかな…」

あんじゅ「ふふっ、もう決まってるくせに♪」

英玲奈「なっ///私はそんなに乙女では無いぞ…///」

あんじゅ「どうだか~♪」

ツバサ「馬鹿やってないで早く行くわよ?」

希「(プライベートになったらA-RISEも意外と砕けるんやね)」クスッ
142: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:42:43.56 ID:8HbHkpuT.net
========


パンッパンッ

ツバサ「………」

英玲奈「………」

あんじゅ「………」
143: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:44:12.88 ID:8HbHkpuT.net
========

ツバサ「…さてっと。どうしようかしら、時間はまだあるし」

希「それやったらおみくじでも引いていかん?」

希「ウチがおごったげるで」ニシシ

あんじゅ「奢ってもらって引くおみくじほどありがたみが無いものは無いから自分で引くわ…」

英玲奈「そういえば大晦日は結局おみくじ引かなかったな」

ツバサ「じゃあせっかくだから皆でおみくじひきましょ?」

ツバサ「貴方も引く?」

希「ウチはええよ」

あんじゅ「なんでー?」

希「何回引いても大吉しか出ないから飽きたん」

英玲奈「あ…ありがたみが有るのやら無いのやら…」
144: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:45:25.05 ID:8HbHkpuT.net
希「じゃあ、この箱の中から1本選んで?」

希「結果はウチが読み上げたげるから♪」

あんじゅ「なんで赤の他人に自分の運勢をいち早く読み上げられなきゃならないのよぉ…」

英玲奈「あんじゅ、もう無理だ。何故かこの人には勝てない」

ツバサ「ふふっ、じゃあよろしく頼むわ?」

希「頼まれたん♪」


ジャラジャラ…

ツバサ「えいっ」

英玲奈「これだ」

あんじゅ「よいしょっ」
145: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:46:49.95 ID:8HbHkpuT.net
希「じゃあ皆おみくじ棒を渡してくれる?」

希「…えーと、ツバサさんがこれで、英玲奈さんがこれ、あんじゅさんがこれやね」

希「じゃあ…結果発表いくよー」

A-RISE「」ドキドキ


希「今年の運勢は…ツバサさんが>>3つ下、英玲奈さんが>>4つ下、あんじゅさんが>>5つ下やね」

00:00:00:0【0】
0: 大吉
1: 大吉
2: 中吉
3: 小吉
4: 吉
5: 吉
6: 末吉
7: 凶
8: 凶
9: 大凶
148: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:52:27.30 ID:fiJ1UBpI.net
いいやん
149: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:55:33.27 ID:WG/CkvdZ.net
https://i.imgur.com/gjutXYK.jpg
150: 名無しで叶える物語 2017/11/14(火) 23:57:17.31 ID:vBhNIDbX.net
ほい
160: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 22:59:10.73 ID:UNnxo+WJ.net
希「今年の運勢は…ツバサさんが大吉、英玲奈さんが凶、あんじゅさんも大吉やね」

希「明暗がくっきり別れたやんなぁ」

英玲奈「わ、私は…もうダメだ…」ガックリ…

希「まぁまぁ、おみくじは運勢そのものよりも、中に書いてることを真摯に受け止める事が大事なん。皆で見てみよ?」

あんじゅ「そうよ英玲奈?あんまり落ち込まないで?」

ツバサ「私達の過半数が大吉なのよ?きっと3人で居れば問題ないわ♪」

英玲奈「みんな…うん、そうだな」フフッ

希「(ホント…良いグループやなぁ)」
161: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:01:31.14 ID:UNnxo+WJ.net
ツバサ「じゃあまずは英玲奈から見てみましょ?」

英玲奈「そうだな…何か参考になりそうな事…」

英玲奈「あ…『願事: 他人を助ける事。そして他人の助けによって達せられる』、か…」

あんじゅ「私はいつも英玲奈に助けられてるわよ?」

ツバサ「ふふっ、私もよ?」

希「もしかしたら、英玲奈さんの願いって、もう二人によって叶えられてるのかもしれんね♪」

英玲奈「あっ///う、うん…そう…かもしれないな」
162: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:02:37.08 ID:UNnxo+WJ.net
あんじゅ「え~?本当にそうなのー!?どんな願事か教えてよ~!」

英玲奈「ふふ…それこそ、内緒だ」

ツバサ「英玲奈ったら勿体ぶるわね?言ってくれてもいいじゃない」

英玲奈「…だって、おみくじには、こう書いてるからな」

英玲奈「『争事: 先に言うと負ける』」

英玲奈「おみくじに書いていることは…絶対だ」

あんじゅ「なーにそれぇ」

ツバサ「ふふっ、英玲奈に元気が戻って良かったわ♪」

希「英玲奈さんの願事。きっと…とても素敵な事なんやろうね」
163: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:03:39.21 ID:UNnxo+WJ.net
あんじゅ「…じゃあ次は私のおみくじね」

あんじゅ「えっと…『願事: あせるな、人に任せるが吉』」

ツバサ「ふふっ、なーにそれ。かんっぜんに人頼みじゃない?」

英玲奈「あんじゅらしいな」

あんじゅ「でもこれ…当たってるかも…」

希「神田明神のおみくじはよく当たるって評判なんよ?」

英玲奈「毎回大吉が出る貴方が言っても説得力が無いぞ…」

希「んー?ウチはμ's 一のスピリチュアルガールやから当然やん♪」

ツバサ「スピリチュアル…とても便利な言葉ね」フフッ
164: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:04:29.83 ID:UNnxo+WJ.net
ツバサ「じゃあ最後は私ね。『願事: 早く叶いて喜びあり。人を敬いてせよ』…だって」

あんじゅ「いいじゃない。ツバサの願事、もう叶っちゃうんじゃない?」

英玲奈「でも、誰を敬うんだろうな」

ツバサ「…そんなの決まってるわ。…まぁ、言わないけどね♪」

あんじゅ「ええー気になる!!」

ツバサ「じゃあ、次、ラブライブ優勝したら教えてあげる♪」ベェー

英玲奈「教える気無いじゃないか…」
165: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:05:31.47 ID:UNnxo+WJ.net
=======

希「また来てなー♪」

ツバサ「ええ、近いうちに必ずね」

あんじゅ「いろいろありがとう♪」

英玲奈「次は大吉を引けるようにリベンジする」





希「…ほんと、なんでウチらA-RISEに勝てたんやろうなぁ」

希「A-RISEのチームワーク…」

希「ふふっ、願事、きっと3人とも…一緒なんやろうね」
166: 名無しで叶える物語 2017/11/15(水) 23:06:27.87 ID:UNnxo+WJ.net
================
============
========


パンッパンッ

A-RISE「(卒業してからも…ずっと3人で居られますように…♪)」


========
============
================



英玲奈「…少ししんみりしてしまったな」

あんじゅ「次はどこに行くのかしらー?」

ツバサ「次は…ゲームセンターでスクフェスACに挑戦よ!!」
176: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 04:02:24.63 ID:NVkgB+GN.net
【ゲームセンター】

英玲奈「ゲームセンターでスクフェスACに挑戦」

英玲奈「どこぞの課長みたいだな」

ツバサ「あの人はリズムゲームとか絶対に無理でしょう」

あんじゅ「スクフェスACって何なの?」

ツバサ「あら?あんじゅ知らないの?」

ツバサ「穂乃果さん達が機械の中でリズムに合わせて踊るゲームなのよ!」

あんじゅ「え!?μ'sってゲーム化されてたの…?」

あんじゅ「知らなかったわ…」

ツバサ「μ's自身も知らないうちにゲーム化されていたらしいわ」

英玲奈「…もう訴えたら勝てるんじゃないか?」
177: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 04:03:31.52 ID:NVkgB+GN.net
あんじゅ「ツバサはやった事あるの?」

ツバサ「んーん、これが初めて」

ツバサ「一人でゲームセンターって行き辛いのよね」

英玲奈「今は幸運にも誰もやっていないようだ」

ツバサ「じゃあ早速始めるわよ!」
178: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 04:05:15.79 ID:NVkgB+GN.net
英玲奈「…で、どうするんだこれは」

ツバサ「えーっと、まず初めにNESiCAというカードを購入する必要があるみたい」

あんじゅ「待って、ツバサ」

あんじゅ「NESiCAが無くても単発で遊ぶ分には問題無いみたいよ?」

ツバサ「…それじゃあ獲得した穂乃果さん達を記録できないじゃない!!?」

あんじゅ「ひぃ…!」

ツバサ「万が一ゲーム終了後にSRでも出たらどうするつもり!?!?」

英玲奈「マ…マジギレじゃ無いか…」

ツバサ「…皆、NESiCAを購入するわよ」

あんじゅ・英玲奈「…はーい」
185: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 21:53:59.11 ID:NVkgB+GN.net
ツバサ「皆購入したわね♪じゃあ早速始めましょう!」

英玲奈「ウッキウキだなツバサ」


ツバサ「まずはコインを入れてNESiCAをここにかざすのよ」

英玲奈「ふむ。最近のゲーム機はよくできているな」

あんじゅ「こんなちっさいカードの中にデータが記録されるなんて凄いわね」

ツバサ「データが実際に記録されるのは遠隔にあるサーバよ」

ツバサ「このカードはID情報を持ってるだけ」

あんじゅ「へー」
186: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 21:55:06.96 ID:NVkgB+GN.net
> 名前を入れてください!


あんじゅ「名前だってー。さっきのニックネームでいく?」

ツバサ「だ、だめよ!!」

英玲奈「なんでだ?」

ツバサ「も、もしかしたらμ'sがその名前で呼んでくれるかもしれないじゃない!!」

ツバサ「その時になって自分の名前で呼ばれないのは嫌だわ!!!」

※呼びませんし後から名前は変えれます

あんじゅ「またツバサのμ's熱が始まっちゃったぁ」

英玲奈「そんなこと言ってる間に時間が無くなってしまうぞ」
187: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 21:55:59.60 ID:NVkgB+GN.net
ツバサ「と、とにかく自分達の名前でいくわよっ!」

あんじゅ「はいはい」





英玲奈「よし、入力完了だ」

あんじゅ「さて、次は何をするのかしら」


> 最初のメンバーを選んでねっ!


ツバサ「あ、ああ…μ'sのみんなが動いているわ!!!」

あんじゅ「すっごーい!皆かわいぃ~♡」

英玲奈「この選択肢は凄く重要な気がするな…」

ツバサ「じゃ…じゃあ最初のメンバーを選ぶわよ…」ゴクリ…
188: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 21:56:36.04 ID:NVkgB+GN.net
選択メンバー
ツバサ: >>1つ下のレス
英玲奈: >>2つ下のレス
あんじゅ: >>3つ下のレス

00:00:00:0【0】
1: 穂乃果
2: ことり
3: 海未
4: 花陽
5: 凛
6: 真姫
7: にこ
8: 絵里
9: 希
0: レスに書いているμ'sメンバー
189: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 21:58:54.24 ID:PzF6DmH7.net
花陽
190: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:01:27.12 ID:TY3tlqAw.net
絵里
191: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:12:52.40 ID:J/KaeHgx.net
んみ
193: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:39:43.20 ID:NVkgB+GN.net
ツバサ「私は花陽さんにするわ!」

ツバサ「あ!ふふっ、照れ屋で頑張り屋のところがとても可愛らしいわ♪」

英玲奈「高坂さんじゃなくてよかったのか?」

ツバサ「もう!前から言ってるでしょう?私はμ'sの箱推しだって♪」

ツバサ「あなた達も早く選ばないと時間が来ちゃうわよ?」
194: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:40:36.41 ID:NVkgB+GN.net
英玲奈「私は…南ことりにしよう」

あんじゅ「あらぁ~?」

ツバサ「ヘェ~」クスクス

英玲奈「な…何が言いたいんだ?」

あんじゅ「別にぃ~」

ツバサ「さっきのミナリン症候群がまだ完治してないんだって思っただけよ♪」

英玲奈「べ、別にそんなつもりは…!」

英玲奈「無い…とは言えないな…」

英玲奈「南ことりの手…とても温かかった…///」
195: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:41:22.21 ID:NVkgB+GN.net
あんじゅ「はいはい、ご馳走さま」

あんじゅ「私は~海未ちゃんがいいな~」ポチッ

ツバサ「海未さんも可愛いわよね♪あんじゅわかってるわ!」

あんじゅ「うん、ほんとかっこいい!海未ちゃん大好き♡」

あんじゅ「英玲奈とはまた違った格好良さがあるわ♪」

英玲奈「わ、私はかっこよくなんか無い…」

あんじゅ「ごめんごめん、英玲奈は可愛い!♡」

英玲奈「そ、そういうことを言ってるんじゃ無い!!」////
196: 名無しで叶える物語 2017/11/17(金) 22:42:28.18 ID:NVkgB+GN.net
> 楽曲を選択してね!


あんじゅ「早くプレイしましょ~」

ツバサ「えっと、リーダーの私が楽曲を決めるのね」

英玲奈「どれにする?」

ツバサ「ふふっ、まずはやっぱりこの曲でしょう」

あんじゅ「かんっぜんにフルハウスだったものねぇ」

英玲奈「園田海未がこんな歌詞を書けるとは度肝を抜かされたものだ」


ツバサ「せ~の!」

A-RISE「Snow halation!」
204: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 19:54:55.18 ID:lAi1u5qV.net
=======

タララランララン~♪

あんじゅ「す、凄い…」

英玲奈「なんだこれ…完全にμ'sじゃないか…」

英玲奈「」…チラッ


ツバサ「凛さんがにゃーにゃー目になってて可愛い!!」

ツバサ「あ…ああ…絵里さんのダンスかっこいい♡とても綺麗///」

ツバサ「うわわ!ほ、穂乃果さんのウインクっ////」

ツバサ「真姫さん!!カメラ目線こっちに頂戴!!♪」


英玲奈「…本当に前からやりたかったんだな」クスッ

英玲奈「しかし…」

あんじゅ「えいっ えいっ あっ… えっえい!!」

英玲奈「…思ったよりも難しいなぁ、これ」
205: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 19:56:25.39 ID:lAi1u5qV.net
======

ゲーム終了後

ツバサ「ふぅ…思っていた通りの面白さね!」

英玲奈「どう見ても想像以上に感じているように見えたが」

あんじゅ「ふふっ、ツバサはこのゲームにはまっちゃいそうね」

あんじゅ「私もとても面白かったけど、押すタイミングが掴めなくて難しかったわ」

ツバサ「私もスコアだけならそうね…μ'sの踊りを見ちゃって失敗するパターンもあったけど」

英玲奈「ノーツの押すタイミングは慣れが必要だな」

ツバサ「よーっし!じゃあもう一回やるわよ♪」

ツバサ「…っとと、後ろに並んでる人がいるから順番交代ね」

英玲奈「人気ゲームだから仕方ない」
206: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 19:58:06.66 ID:lAi1u5qV.net
========

あんじゅ「今気づいたけど、プレイ映像が上のディスプレイにも映るのね」

ツバサ「そうよ♪だから待ってる間に他人のプレイ映像見るだけでも楽しいってわけ♪」

英玲奈「前の女の人は矢澤にこをセンターにしているようだな」

あんじゅ「にこちゃんは女性人気が凄いから~」

ツバサ「私もにこさん大好きよ♪」

ツバサ「小さい体で精一杯アイドルしてるとこが特に♪」

英玲奈「シンパシー、というやつか」

ツバサ「…何か言った?」

英玲奈「別に」
207: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 19:59:03.59 ID:lAi1u5qV.net
あんじゅ「LOVELESS WORLDの難易度Challengeを選んだようね」

ツバサ「いい曲よね…LOVELESS WORLD」

英玲奈「始まるようだ」


…ミツメテヨ…ミツメナイデ

A-RISE「!?」

あんじゅ「な…何この速さ!?」

英玲奈「目が追いつかないぞ」

ツバサ「に…人間の動きじゃ無いわね…。あと希さん可愛い」
208: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 20:00:14.55 ID:lAi1u5qV.net
ハジメテヨ…コンナニダレカ…イトシク…

あんじゅ「中盤になってもコンボが途切れていないわよ」

英玲奈「何が何やらわからない」

ツバサ「この人…相当やり込んでるわね…。あと海未さん可愛い」


ラブレスワールド~♪

あんじゅ「も、もうすぐ曲が終わるわよ…」

英玲奈「が、頑張れ!!」

ツバサ「わ…私もあそこまで上達してみたいわ…。あと花陽さん可愛い」


タタン…

あんじゅ「ふ…フルコンボ!!!」

英玲奈「良いものを見せてもらった…」

ツバサ「ここまでの努力は生半可なものでは無かったでしょう…。全員可愛い」
209: 名無しで叶える物語 2017/11/18(土) 20:01:35.40 ID:lAi1u5qV.net
ガタッ!!

???「や…やったわ!!」

???「ついにラブレスフルコン…!!!」

???「イエス!イエス!!イエス!!!」


ツバサ「…ふふっ、おめでとうございます」ニッコリ

???「んー? あ、ありがと…」

???「う…!??」

A-RISE「!?」

A-RISE「にこさん!?」「にこちゃん!?」「矢澤にこ!?」

にこ「ア…A-RISE!?」
214: 名無しで叶える物語 2017/11/19(日) 04:14:45.22 ID:uY2vDf1D.net
にこ「な…なんでA-RISEがこんなところに…!?」

ツバサ「それはこっちの台詞よ。まさかプレイヤーがにこさんだったとは…ね」

にこ「(じ…自分で自分をセンターにしてるのバレちゃった…?)」

にこ「(うぅ…恥ずかしい…)」


ツバサ「にこさんってプライベートでは髪を下ろしているのね♪」

ツバサ「とてもキュートで愛らしいわ♡」ウインク

にこ「そ…そんなこと////」カァァーーー

にこ「(ツ…ツバサちゃんに褒めてもらっちゃった///う…嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい!!!/////)」
215: 名無しで叶える物語 2017/11/19(日) 04:17:13.03 ID:uY2vDf1D.net
ツバサ「ところで、にこさん…折り入って頼みたいことがあるのだけれど…」

にこ「えっ?」

ツバサ「ここで出会ったのも何かの運命…」

ツバサ「私たち…A-RISEに…」

にこ「(えええ!?ま…まさかA-RISEに加入しろだなんて誘い!?)」

にこ「(だ…だめよ…にこにー…!!今のにこにはμ'sがあるんだから…)」

にこ「(で…でも…ずっと昔から憧れだったし…)」

にこ「(どうしよう…)」
216: 名無しで叶える物語 2017/11/19(日) 04:17:57.23 ID:uY2vDf1D.net
ツバサ「…にこさん?」

にこ「は、はぃぃ!!」


ツバサ「私たち…私たちA-RISEに…」

ツバサ「スクフェスACを教えてくれないかしら?」


にこ「…へ?」
224: 名無しで叶える物語 2017/11/20(月) 06:20:20.94 ID:Ds6PxE/O.net
======

にこ「で、では、第1回スクフェスAC講座を開催しまふ…」カチコチ

あんじゅ「うーん…固いわねぇ」

ツバサ「にこさん?」

にこ「は、はい!?」

ツバサ「私たち同い年でしょ?タメ口使ってくれて構わないのよ?」

英玲奈「うん。矢澤にこが畏る姿は…あまり見たくない」

あんじゅ「そうよ~いつも通りの可愛いにこにーを見せて♪」

にこ「そ、そんな急に言われてもっ///」
225: 名無しで叶える物語 2017/11/20(月) 06:21:16.22 ID:Ds6PxE/O.net
ツバサ「…にこ?お願い?」

にこ「に、にこ!?」

ツバサ「ふふっ、私もこれからにこって呼ばせて貰うから…」

ツバサ「だから、いいでしょう?ね?」

にこ「ツ…ツバサちゃん…」

にこ「…わ、わかったわ!」

ツバサ「そうこなくっちゃ♪」

あんじゅ「にこにー先生よろしくお願いします♪」

英玲奈「お手柔らかに頼む」

にこ「う…うん!!///」

にこ「…それじゃあ、第1回にこにーのスペシャルスクフェスAC講座を開講するわっ!!」
226: 名無しで叶える物語 2017/11/20(月) 06:22:40.36 ID:Ds6PxE/O.net
にこ「まずは、設定を変えるところからスタートにこっ」

あんじゅ「設定とかあったのね」

ツバサ「確か選曲後のメンバー選びと同じところにあったわよ」

にこ「ツバサちゃん正解☆」

にこ「初期設定だと、ライブ映像が明るすぎてノーツが見難いの」

にこ「だから画面の明るさ設定で「明るさ-2」あたりに設定するのがおすすめ♪」

ツバサ「確かにさっきはノーツがよく見えなかったわ…」
227: 名無しで叶える物語 2017/11/20(月) 06:23:59.17 ID:Ds6PxE/O.net
にこ「あとはノーツの速度設定もあるんだけど」

にこ「初心者の場合はとりあえずそのままで良いと思うわ」

あんじゅ「遅ければ遅いほどやり易いんじゃないの?」

にこ「そうとは限らないわ」

にこ「ノーツの速度は確かに遅くなるけど、ノーツの量自体は変わらない」

にこ「だから、ノーツとノーツの間隔が短くなって、画面上のノーツ量が増えてタイミングが取りづらくなるの」

英玲奈「ふむ」

にこ「だから、ノーツの速度についていけるなら、逆に速度が速い方が実はやりやすい」

にこ「にこは速度MAXに設定してるしね」

にこ「初心者はデフォルトで慣れてきたら、徐々にノーツを速くしていけば良いと思うわ♪」

ツバサ「明るさ設定は-2で、速度設定は慣れてきたら徐々に上げていくのね、了解」
228: 名無しで叶える物語 2017/11/20(月) 06:26:03.84 ID:Ds6PxE/O.net
にこ「皆さっきイヤホン使ってた?」

英玲奈「いや…持ってるのは持ってるが使っていなかったな」

あんじゅ「そっか、曲が聴き取りづらいと思ってたけどイヤホン使えば良かったのね」

にこ「イヤホンはスクフェスACでは必須にこっ☆」

にこ「隣の筐体の曲と混じって聴き取りづらくなるから」


ツバサ「にこ…私イヤホン持ってくるの忘れちゃった…」

にこ「そ、そうなの?」

ツバサ「うん…」

にこ「じゃ、じゃあ特別ににこのイヤホン貸したげるっ」

ツバサ「ほんと!?ありがとう!にこっ!」モッギュー

にこ「!? ど、どういたしまして///」カァァーー
233: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 05:33:14.45 ID:KtLxnRo2.net
にこ「最後はノーツを押すタイミングね」

にこ「スクフェスACは他の音ゲーに比べて判定がかなり緩いから、ノーツの速さにさえついていければ案外コンボ続いたりするの」

にこ「コツは、ノーツにタイミング合わせようとするよりも、曲のテンポに合わせてノーツを叩くようにするといいにこっ」

英玲奈「確かにコンボが途切れたと思ったら、案外続いてたこともあったな」

にこ「うん。だからミスったと思っても余り動揺しない事が肝心よ?」
234: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 05:34:52.46 ID:KtLxnRo2.net
にこ「それよりも慣れが必要なのは…ボタンの配置ね」

にこ「ボタンを見ながら押すと画面から目が離れちゃうから失敗の元になっちゃう」

にこ「理想はボタンを全く見ずに押せる事。これができるようになれば、かなりコンボ続けれるようになると思うわ♪」

ツバサ「にこはプレイするとき、どこを見てるの?」

にこ「にこは、ぼーっと全体を見つつも、基本的にはノーツの出所をずっと見てる」

にこ「challengeはそうしないとノーツに追いつかないから…」

ツバサ「さっきの速さ凄かったものね?にこのプレイに感動しちゃった♪」

にこ「ま、まぁあれくらいにこにーにとったら当然にこっ!///」

ツバサ「ふふっ、とっても参考になったわ♪にこ、ありがとう!」ギュッ

にこ「お、お礼はいいから早速実践してみるわよ///」
235: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 05:36:04.32 ID:KtLxnRo2.net
=======

にこ「みんな凄い上達したにこね☆」

あんじゅ「にこちゃんの教えを意識したら、途端にコンボ繋がるようになったわ」

英玲奈「ああ、にこは良い指導者になれる」

ツバサ「ほんとにね♪ついでにダンスも教えてもらおうかしら?」

にこ「あ…A-RISEにダンス教えるなんて無理にこっ…!!///」

あんじゅ「え~もっとにこちゃんに色々教えてもらいたかったなぁ」
236: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 05:37:46.19 ID:KtLxnRo2.net
ツバサ「にこ、ダンスは無理としても、最後にもう一つお願いがあるんだけど…」

にこ「な、何?」

ツバサ「その、連絡先交換してもらえないかしら?」

ツバサ「また今度一緒に遊びに行きましょう♪」

にこ「え!?にこなんかと…ツバサちゃんが…そんな///」

ツバサ「にこなんかじゃない、にこがいいの!」

あんじゅ「ふふっ、こうなったツバサは手強いわよ~。諦めて観念しなさいにこちゃん♪あ、私とも交換してね♡」

英玲奈「私も頼む。スクフェスACももっと上手くなりたいしな」

にこ「あ…A-RISEはいつも強引にこっ///」

にこ「…はい!これが私のアドレスっ///」

ツバサ「ふふっ、ありがとうにこ♪また連絡するわね♪」


にこ「そ…その…」

ツバサ「うん?」

にこ「にこの方から…連絡…してもいい?」

ツバサ「良いに決まってるわ♪なんたって私たち、もう友達なんだから♪」

にこ「…うん!」
237: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 05:40:30.41 ID:KtLxnRo2.net
=====

あんじゅ「面白かったわね~」

英玲奈「正直想像の何倍も楽しかった」

ツバサ「にこさんと出会えてお友達になれたのが嬉しいわ」

ツバサ「ゲームの中のにこさんも可愛いけど、やっぱり本物が一番よね♪」



ツバサ「そろそろ3時ね。少し…小腹が空かないかしら?」

あんじゅ「そうね、私パフェしか食べてないし」

英玲奈「スクフェスAC、思ったよりも体力使ってしまったな」

ツバサ「前から一度行きたかった所があるんだけど、いいかしら?」

あんじゅ「いいけど、どこかしら?」

ツバサ「それは…みんな大好き和菓子屋さん、その名も『穂むら』よ♪」
246: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:09:25.15 ID:KtLxnRo2.net
=========

【穂むら】

雪穂「おねえちゃーーん!!そろそろ店番変わってよー!!」

穂乃果「えー、3時まであと5分あるじゃん」

雪穂「見たいテレビ番組があるのっ!!ちょっとくらいいいでしょー!」

穂乃果「穂乃果の貴重な5分間を盗ろうだなんて甘いよ雪穂!穂むまん並みの甘さだよっ!」

雪穂「ほむまん食べ飽きてもう甘く感じないもーん」

雪穂「いいから早く降りてきてよー!」

穂乃果「んもう!しょうがないなぁ…」ヨイショット…
247: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:10:42.21 ID:KtLxnRo2.net
ガラララー


雪穂「あ、いらっしゃいませー」

ツバサ「どうも、失礼するわね」

雪穂「…え?」

あんじゅ「すごーい!レトロさが残ってていいお家ね~」

英玲奈「なんたってこの辺りでは文化遺産に登録されている建造物だからな」

雪穂「あ…あああああ…あら…あら…」

雪穂「A-RISE!?」

ツバサ「ふふっ、今日このリアクション何回目かしら?」

あんじゅ「あっ、あなたもしかして穂乃果ちゃんの妹さん?」

英玲奈「確かに…目のあたりに面影があるな」

ツバサ「確か高坂…雪穂さん、だったかしら?」

雪穂「ふ…ふゎい!!」ドキドキ…

ツバサ「ほんと穂乃果さんにそっくりね♪」

雪穂「…少しの間、お待ちください」



雪穂「…おねえちゃーーん、やっぱり交代いいやぁ」

穂乃果「ううぇ!?いいのー!やった~!」

穂乃果「ゆっきーの分もだらだらしといてあげる~」
248: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:25:35.05 ID:KtLxnRo2.net
======

雪穂「お待たせしましてすみません…」

雪穂「…あ、あの///私ずっと前から…その///ツバサさんの大ファンでっ!///」

雪穂「それでその…よろしければ…あ…ああ…握手して貰えませんか!?」


あんじゅ「ツバサったらホント高坂家にモテモテね♪」

英玲奈「嫁いだら穂むまん奢ってもらいたいな」

ツバサ「何馬鹿な事言ってるのよ…」ハァ…
249: 名無しで叶える物語 2017/11/21(火) 23:27:06.41 ID:KtLxnRo2.net
ツバサ「雪穂さん?」

雪穂「は、はいぃい!!///」

ツバサ「握手、いいかしら?」

雪穂「あ、ありがとうございますっ!!/////」ギュッ

ツバサ「あら…雪穂さんの手、冷たいわね?」

雪穂「そ、そうなんです…。昼からずっと店番やってて、少し厨房にも入っていたので…」

ツバサ「そうなんだ、まだ中学生なのに偉いわね?」

雪穂「お、お店のためですから…」

英玲奈「今日は穂乃果さんはいないのか?」

雪穂「おねえちゃ…あ…姉は…お店番全然変わってくれないんですっ!!ほんと困った姉ですっ!(お姉ちゃんごめんっ)」

あんじゅ「あらあら」



穂乃果「」クッスン!!!

穂乃果「く…くしゃみが…とまらない…」クッスン!!!
258: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:29:31.92 ID:DqDHJNaK.net
雪穂「今日はどうなさいましたか?」

ツバサ「前から一度穂むらには来たいと思っていてね」

ツバサ「おやつにもいい時間だし、穂むらのお饅頭を頂こうと思って♪」

雪穂「そ…それはありがとうございます!」パァーッ!

雪穂「何十個でも何百個でも持っていって下さいっ!!」

ツバサ「あはは…ありがたいお話だけど今回は遠慮しておこうかしら」

雪穂「それは残念です…売り上げはお小遣いに反映されるので…」ガックリ
259: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:30:42.30 ID:DqDHJNaK.net
雪穂「おやつ程度でしたら、この6個セットがおススメです!」

雪穂「そちらにテーブルもありますので、ゆっくりしていってくださいっ」

ツバサ「ありがとう。じゃあその6個セットをもらおうかしら?いい?」

英玲奈「ああ、2つくらいなら全然食べれる」

雪穂「毎度ありがとうございます!!」

雪穂「あ、寒いのでストーブそちらに持っていきますねっ」ヨイショッ

ツバサ「あら、暖かくて気持ちいいわ」ニコッ
260: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:31:33.20 ID:DqDHJNaK.net


雪穂「お待たせしました!」

雪穂「こちら穂むら名物穂むまん6つとお茶になります!」

英玲奈「美味しそうだ」

あんじゅ「雪穂ちゃんありがとう♪」

雪穂「それではごゆっくりしていって下さい」ペコリ

雪穂「」ハァー サムサム
261: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:32:18.24 ID:DqDHJNaK.net
ツバサ「…」

ツバサ「あの、雪穂さん?」

ツバサ「よろしければ貴方も一緒にどうかしら」

雪穂「え!?そ、そんな…A-RISEの皆さんと一緒だなんて…悪いです///」

ツバサ「ふふっ、遠慮しなくていいのよ。そっち寒いでしょう?」

あんじゅ「お店他に誰もいないしお話しましょ~♪」

英玲奈「穂乃果さんの弱みでも聞くチャンスだな」

雪穂「…///じゃ…じゃあお言葉に甘えて…///失礼します…///」チョコン
262: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:33:48.21 ID:DqDHJNaK.net
あんじゅ「雪穂ちゃん可愛い~♪よく考えると私たちと3つも年離れてるのよね」

英玲奈「ああ、とてもしっかりしている」

雪穂「そ…そんな…///…でもお姉ちゃんよりはしっかりしてると思います!!」

ツバサ「穂乃果さんはしっかりしてるのかしてないのか、よく分からないところが不思議ね」

雪穂「そうなんです。…あ、でも、μ'sやってるお姉ちゃんは、その…かっこよくて…大好きです///」

雪穂「こ、これお姉ちゃんには内緒でお願いします///」

ツバサ「ふふっ、私も同感だわ♪」

あんじゅ「…あら?」

あんじゅ「噂をすれば♪」
263: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:34:26.26 ID:DqDHJNaK.net
ガラララ-

穂乃果「ゆーきほー、なんか雪穂宛に宅急便届いたよぉー」

穂乃果「…」

穂乃果「…え?」

雪穂「…///」

穂乃果「ツ…ツバサさん!?英玲奈さん!あんじゅさん!…と雪穂!?」

ツバサ「ふふっ、やっと顔が見れたわね♪穂乃果さん♪」
264: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 00:35:13.65 ID:DqDHJNaK.net
穂乃果「今日はどうしたんですか!?」

ツバサ「前から穂むらには一度来たいと思っていたの」

ツバサ「丁度近くを通りがかったから、穂むらのお饅頭を頂こうと思って♪」

穂乃果「そ…それはありがとうございます!」パァーッ!

穂乃果「何十個でも何百個でも持っていって下さいっ!!」

ツバサ「あはは…今回はこの6個で遠慮しておこうかしら」

穂乃果「そ、それは残念です…売り上げはお小遣いに反映されるので…」ガックリ

あんじゅ「(何かどこかで聴いたことあるセリフね…)」
271: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:06:13.13 ID:DqDHJNaK.net
穂乃果「ゆっきー何で言ってくれないのさー」

雪穂「だってお姉ちゃんあんまり店番やりたそうじゃなかったし?」

穂乃果「雪穂だって見たいテレビがあるからって早く代われってうるさかったじゃん」

雪穂「いついかなるどんな時だってお客様が一番だよ!神さまなんだよ!お姉ちゃん!!」

穂乃果「へー、この前交代間際にお客さん来たとき、普通に私に交代せがんできたゆっきーがそれ言っちゃうんだ~」

雪穂「それを言うならお姉ちゃんだって、海未ちゃんとことりちゃんが客で来た時に、他の客ほったらかしだったよね~」

穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんの接客で忙しいんだから仕方ないじゃん」

雪穂「ただ喋りたいだけじゃん」

雪穂「それに私だって苦手なお客さんくらいいるんだから」

穂乃果「神さまのお客様を選り好みしちゃダメだよゆっきー!」

雪穂「選り好みしてるのはお姉ちゃんのほうでしょ!」

穂乃果「」ギャーギャー

雪穂「」ギャーギャー
272: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:06:58.49 ID:DqDHJNaK.net
ほのママ「…」

穂乃果・雪穂「…ん?」

ほのママ「…あ、あなたたち…」プルプル…

穂乃果・雪穂「あ…お…お母さん…!」アワワワワ…

ほのママ「最近真面目に店番やるようになったと思ったら…」

穂乃果・雪穂「…」

ほのママ「…一ヶ月間お小遣い半額っ!!!」ピシャッ!!


シーン…
273: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:08:19.54 ID:DqDHJNaK.net
穂乃果・雪穂「…」

雪穂「あ…あのぉ…」

穂乃果「ツバサさん…」

ツバサさん「?」

雪穂「6個と言わず…」

穂乃果「お土産に50個くらいいかがでしょうか…?」


ツバサ「…」ププッ

ツバサ「アハハハハハッ!」

ツバサ「…貴方達、ほんと最高ねっ!笑いすぎて涙出ちゃったっ」

穂乃果「そんなぁ…」

雪穂「わ、笑い事じゃないです…(切実)」
274: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:09:46.55 ID:DqDHJNaK.net
ツバサ「いいわ?50個は買えないけど、お土産にいくつか買ってあげる」

穂乃果「ほ、ほんとですか!?」

ツバサ「ええ。さっき頂いたお饅頭、とても美味しかったから」

ツバサ「他になにかおすすめあるかしら?」


穂乃果「それなら私と雪穂がそれぞれ考えたお饅頭があります!」

雪穂「ついに出す時が来たねっお姉ちゃん!」

穂乃果「それがこちらです!!」

穂乃果「これが穂乃果が考えたお饅頭。中に>>2つ下が入ってるんです♪」

雪穂「それでこっちが私が考えたお饅頭です!中に>>3つ下が入っててとても美味しいんです♪」

※現実的な食べ物限定でお願いします。そうじゃない場合は安価下で。
276: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:12:27.79 ID:mzz4RYS+.net
カレー
277: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:13:12.54 ID:VHefrHBM.net
おしるこ
279: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:23:10.49 ID:DqDHJNaK.net
穂乃果「じゃじゃーーん♪」

穂乃果「これが穂乃果の自信作っ!」

穂乃果「お饅頭の中に皆大好きカレーを入れた…その名もカレーまんです!!」

ツバサ「カ、カレーまん!?」

ツバサ「…な…なんて素敵な響きなのかしら!!」

ツバサ「誰もこんな組み合わせ思いつかない…素晴らしいわ穂乃果さんっ!!」

穂乃果「えへへっ///」

あんじゅ「(コンビニに売ってそう)」

英玲奈「(コンビニに売ってそう)」
280: 名無しで叶える物語 2017/11/23(木) 22:35:13.91 ID:DqDHJNaK.net
雪穂「わ、私のも是非食べて欲しいんですっ!」

雪穂「このお饅頭…なんと中におしるこが入ってるんです♪」

ツバサ「お饅頭の中にあんこではなく、おしるこ!?」

雪穂「そうなんです!あんこを作る時に出るお汁って実はとっても美味しいんですっ」

雪穂「じゃあそのお汁も一緒にお饅頭に閉じ込めちゃえばいいんじゃないかって発想です!」

ツバサ「お汁の風味を逃さず閉じ込めたいからお汁ごと皮の中に閉じ込めて焼き上げる!?」

ツバサ「誰もこんな発想思いつかない…素晴らしいわ雪穂さんっ!!」

雪穂「えへへっ///」

あんじゅ「(横浜中華街に売ってそう)」

英玲奈「(横浜中華街に売ってそう)」
294: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 08:51:27.75 ID:Iscl6yX9.net
=====

ツバサ「こんなにたくさん貰っちゃって大丈夫なのかしら」

雪穂「いいんです。試作品なので安く提供させて下さい」

穂乃果「よければUTXの皆さんにも食べてもらえれば!」

ツバサ「ええ、同級生の皆にも配っておくわ」

ツバサ「食べた中身がカレーだったら皆驚くでしょうね」フフッ

英玲奈「お小遣いはこれで元に戻りそうか?」

穂乃果「まだまだ先は長いと思います…うう…」
295: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 08:52:48.47 ID:Iscl6yX9.net
ツバサ「もしμ'sの活動に支障が出そうなら言って?」

ツバサ「A-RISEの昔の衣装なら貸してあげられるかも」

ツバサ「ね、あんじゅ?」

あんじゅ「うん♪一度μ'sにもA-RISEの衣装着て欲しいな~って思ってたの♪」

穂乃果「ほ、ほんとですか!」

穂乃果「A-RISEの衣装かっこよくて可愛くて…一度着てみたいと思ってたんです!」

ツバサ「ふふっ、じゃあ決まりね♪」
296: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 08:55:06.56 ID:Iscl6yX9.net
穂乃果「…あ、それじゃあ今度衣装交換の合同ライブやりませんか?」

穂乃果「何曲か限定ですけど、μ'sはA-RISEの衣装でA-RISEの曲を踊って、A-RISEはその逆をやるんです!」

あんじゅ「え~!すっごい面白そ~♪」

英玲奈「μ'sはいい曲が多いからどれを歌うか悩ましいな…」

ツバサ「とてもいい案だと思うわ♪μ'sの衣装も可愛らしくてずっと着てみたいと思っていたの」

英玲奈「…ツバサは密かにμ'sの曲練習しているしな」ボソッ

ツバサ「ちょ///ちょっと///今そんなこと言うのは反則///」

穂乃果「?」

ツバサ「と、とにかくうちの学校にも掛け合ってみるわ!」
297: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 08:57:05.83 ID:Iscl6yX9.net
穂乃果「ちなみに雪穂はA-RISEに衣装着て歌ってほしい曲ある?」

穂乃果「どっちもファンのユッキーから見て!」

雪穂「え?そうだなぁ…」

雪穂「普段A-RISEの皆さんの曲はカッコイイ系が多いので…」

雪穂「もぎゅっとLoveで接近中!とか観てみたいですっ」


ツバサ「も、もぎゅっと!?」

あんじゅ「あ、あれは私たちには可愛すぎるんじゃないかしら///」

英玲奈「二人はいけるかもしれないが私には無理だ…」

穂乃果「そんなこと無いです!絵里ちゃんも海未ちゃんもやってましたから!」

雪穂「もぎゅっとの海未ちゃん、最初は恥ずかしがってたのに最後はノリノリだったねぇ~」ニシシ

穂乃果「そもそもあんなピュアッピュアな歌詞を一人で考えておいて、いざ歌うとなったら恥ずかしくなるのがおかしいんだよ…」

ツバサ「海未さんらしいわね」フフッ
298: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 08:57:53.86 ID:Iscl6yX9.net
ツバサ「いいわ、もぎゅっと、A-RISEで良いモノに仕上げてあげる」

英玲奈「こ…これは事故だ…」

あんじゅ「でもあんな可愛い衣装着れるなんて…少し楽しみになってきたわ♪」

穂乃果「じゃあ約束ですね!μ'sの皆にも言っておきます」

ツバサ「ええ、よろしくお願いするわ」
299: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 09:00:04.76 ID:Iscl6yX9.net
ツバサ「それじゃあ、そろそろおいとまさせてもらうわね」

雪穂「今日は色々買っていただいて、話も聞いていただいて…本当にありがとうございました!」

ツバサ「ふふっ、来年UTXに入学したくなったら、いつでも相談に来て♪」ウインク

雪穂「えっ///」

穂乃果「あー!ダメですよツバサさん!!」

穂乃果「ユッキーは音ノ木坂が一番似合ってます!」

ツバサ「あら?私はUTXの制服が似合うと思うけど?ねぇ雪穂さん?」

雪穂「も、もう!///二人ともやめてくださいっ///」

雪穂「うぅ…またどっちにしようか凄く迷ってきました…」


穂乃果「雪穂、ごめんね。本当は雪穂が選んだ道なら、私はどっちだって賛成だよっ」

穂乃果「雪穂自身が自分で決めなきゃ、ね?」

ツバサ「ええ。私も穂乃果さんも、自分で選んで、自分を信じて、今こうしてここに立っている」

ツバサ「雪穂さんは芯が強いから、私は何も心配していないけれどね♪」

雪穂「二人とも…ありがとうございます」ニコッ
300: 名無しで叶える物語 2017/11/25(土) 09:00:59.07 ID:Iscl6yX9.net
=======

ガララララー

アリガトウゴザイマシター!
アリガトウゴザイマシター!


英玲奈「何かホッコリしてしまったな」

あんじゅ「雪穂ちゃんみたいな妹、私も欲しくなっちゃった♪」

ツバサ「来年、UTXに来てくれると嬉しいわね」

ツバサ「…あの娘はきっと、大人気スクールアイドルになれる」
310: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 05:40:34.84 ID:vDG366US.net
英玲奈「そろそろ16時、か」

あんじゅ「今日は楽しすぎて時間がすぐに過ぎちゃうわ」

ツバサ「…ほんとにね」


ツバサ「英玲奈、あんじゅ」

ツバサ「今日は私の突拍子も無い思いつきに付き合ってくれて、ほんとありがとう」

英玲奈「…礼を言うのはこちらの方だ」

英玲奈「友達と一緒に一日中思い切り遊ぶ…こんな当たり前のことを体験させてくれて…感謝の言葉しかない」

あんじゅ「私からもありがとう、ツバサ」

あんじゅ「入学してからずっと、この3人でここまで頑張り続けてきたからこそ、この一日がすっごく楽しいんだと、思う」

ツバサ「英玲奈…あんじゅ…」


ツバサ「…最後に、この3人で、海、見に行かない?」

英玲奈「海…か。もうここ何年も見ていない気がする」

あんじゅ「忙しすぎて、潮の香りを感じる暇なんてなかったもの」

ツバサ「ふふっ、それじゃあ行きましょう?」
311: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 05:41:19.64 ID:vDG366US.net
======

【海岸】

ザザァー

ザザザァー

あんじゅ「海…ね」

英玲奈「夕焼けが水平線に映えて…本当に美しい」

ツバサ「風も心地いいわ」
312: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 05:42:23.55 ID:vDG366US.net
ツバサ「…私ね、思うの」

ツバサ「思い返せば私たち、青春の思い出ってホント少なくて…」

ツバサ「入学した時から、レッスンとライブの繰り返し」

ツバサ「それが楽しくないわけじゃない」

ツバサ「でも、もっと色んなモノ、色んな景色をこの3人で見れていたら…って」


ツバサ「…だから、怒らないで、聞いてくれる?」

英玲奈「内容による」

あんじゅ「ふふっ、英玲奈らしいわね」
313: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 05:43:36.92 ID:vDG366US.net
ツバサ「私たち、ラブライブに負けて、それで良かったんじゃ無いかって」

ツバサ「…もちろん悔しい気持ちはその何倍もある」

ツバサ「負けたその日の夜は、何も考える気が起きなかったしね」


ツバサ「…でも、そのおかげで、残り少ない学生生活」

ツバサ「こうして3人で一緒に過ごせる時間ができた」

ツバサ「これは、神様が最後にくれた時間だと思うの」


英玲奈「神様が最後にくれた時間、か」

あんじゅ「ふふっ、その神様はとりわけ、音楽の女神様達ってことかしら?」

ツバサ「そうなるわね」クスッ
318: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:19:39.69 ID:vDG366US.net
ザザザァー


あんじゅ「…あと2ヶ月で卒業なのね」

英玲奈「ああ、長いようで短かったな…この3年間」

英玲奈「思い返せば苦しいことしか無かった…」

ツバサ「あら?英玲奈でもそう思うの?」

英玲奈「私を機械か何かと勘違いしているのか?」

英玲奈「この学校のスクールアイドルの練習量は…はっきり言って異常だ」

あんじゅ「まぁ同じことをもう3年やれって言われるとゾッとするわね」

ツバサ「それだけ努力をしてきたからこそ今の私たちがあるのよ」
319: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:22:52.19 ID:vDG366US.net
ツバサ「私たちは決して天才じゃない。努力の量なら、どのスクールアイドルにも負けない自信があるわ」

英玲奈「思い返せば1年生の初練習の時、ツバサの踊りがロボットみたいで笑ってしまったのを覚えている」

あんじゅ「そうそう!100人を超える部員の中で、トップクラスに踊り下手だったわよね!」

ツバサ「し、しかたないでしょ///中学校時代まで殆ど音楽の勉強しかしてこなかったんだから…」

英玲奈「そして、あんじゅは全く体力が無く、私は歌が本当に下手だった」

あんじゅ「あの頃は『落ちこぼれ3人組』なんて馬鹿にされてたわね」クスッ

ツバサ「A-RISEの名前の由来が、A、つまり、1から起き上がる、だなんて、今の私たちからじゃ誰も想像できないでしょうね」
320: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:25:11.88 ID:vDG366US.net
ツバサ「…二人はなんで、ここまで練習頑張れたの?」

あんじゅ「私?私は…ツバサのピアノを初めて聴かせてもらった時…この人が作った曲で踊れたら素敵だなって…」

あんじゅ「…だから毎日練習後にツバサのピアノ練習をこっそり聴いたり、曲を想像しながら衣装を作ったり…本当に楽しかった」

英玲奈「私は…あんじゅが作ってくれる衣装が毎回とても楽しみだった」

英玲奈「その…お世辞でも普段オシャレとは言えない私が、あんじゅの衣装を着たとたん、世界が変わるんだ」

英玲奈「先ほどはμ'sの衣装を着る話も出ていたが、やっぱり私はあんじゅの作った衣装で…これからも踊りたい」

ツバサ「私は、私の作った曲に命を吹き込んでくれる英玲奈の歌詞が大好き」

ツバサ「いつも英玲奈の作詞する姿を思い浮かべながら作曲しているの。こんな曲調だったら、英玲奈はどんな歌詞にするんだろう…ってね」

あんじゅ「…なーんか私たち、お互いを褒め合ってて気持ち悪いわね」

ツバサ「こんなにシンドイ3年間だったんだもの。たまに褒め合うくらい無いと割に合わないと思わない?」

英玲奈「同感だ」クスッ
321: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:27:13.77 ID:vDG366US.net
ザザザァー


英玲奈「もうすぐ…日が暮れる」

あんじゅ「夕陽が綺麗ね…」


ツバサ「…」

英玲奈「…」

あんじゅ「…」


ツバサ「…」

ツバサ「ねぇ…英玲奈、あんじゅ」

英玲奈「ん?」

あんじゅ「んー?」


ツバサ「私ね、卒業してからのこと、最近ずっと考えていたの」

あんじゅ「大学生になった後のこと?」
322: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:29:18.05 ID:vDG366US.net
ツバサ「…んーん」

ツバサ「私…大学の推薦、辞退しようかと思ってるの」

英玲奈・あんじゅ「…」


ツバサ「…なんでか、聞かないの?」

あんじゅ「んー、なんとなく答え分かっちゃったから」

英玲奈「ツバサが何を考えているか分かるほどには、この3年間一緒に過ごしてきたつもりだ」


ツバサ「…そっか」

ツバサ「じゃあ、改めて言うわ」


ツバサ「私…卒業したら、プロのアイドルになりたい」

ツバサ「そして…今度はプロの世界でトップに輝いてみたい」
323: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:30:13.57 ID:vDG366US.net
あんじゅ「うん…」

英玲奈「ツバサ…らしいな」


ツバサ「それで…」

ツバサ「A-RISEのリーダーとして…皆へ、最後のワガママを言わせて欲しい…」


ツバサ「英玲奈…あんじゅ…」


ツバサ「私と…私と一緒に…卒業してからも…ずっと一緒にアイドルを続けて下さい!!」


英玲奈・あんじゅ「…っ!」
324: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:32:05.95 ID:vDG366US.net
ツバサ「正直…成功するかどうかなんて私にも分からない…!」

ツバサ「プロの世界がそんなに甘くない事も分かってる…!」

ツバサ「もしかしたら皆の人生を台無しにするかもしれない…!」

ツバサ「でも…でも!やっぱり…私にはこの3人じゃなきゃ…ダメ…!」

ツバサ「ダメ…なの…」グスッ…



あんじゅ「」クスッ


あんじゅ「…ツバサ、顔を上げて?」

ツバサ「あん…じゅ…」

あんじゅ「ほらっ、笑ってよツバサ!可愛い顔が台無しだぞっ♪」

ツバサ「…」グスッ…
325: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:33:33.18 ID:vDG366US.net
あんじゅ「…今日の神田明神で、私が引いたおみくじに何て書いてあったか憶えてる?」

ツバサ「え…?」

あんじゅ「『願事: 人に任せるが吉』」

ツバサ「…」

あんじゅ「…んーん、やっぱり答えをおみくじ任せにするのはずるいよね」


あんじゅ「ツバサ」

あんじゅ「私も…これからもずっと…ツバサについて行きたいっ!!」

あんじゅ「私の人生は私が決める!!だから台無しにするとかツバサに心配される覚えはない!!」

あんじゅ「ツバサは…良い子すぎるんだから…ほんと」ギュッ…

ツバサ「あんじゅ…」

ツバサ「ありがとう…」ギュッ…
326: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:35:02.93 ID:vDG366US.net
英玲奈「フフッ、見せつけてくれるな、お二人さん」


英玲奈「ツバサ」

英玲奈「貴方の先ほどの言動には一つ明確な誤りがある」

ツバサ「えっ…?」


英玲奈「貴方は先ほど、A-RISEのリーダーとして最後のワガママだと言った」

英玲奈「だが私には、とても最後とは思えない」

ツバサ「…」


英玲奈「だって、卒業してからも、ずっと私達にワガママを言うに決まっているからな、『A-RISEのリーダーとして』」


ツバサ「…っ!」

英玲奈「私は最初から、ずっとツバサについていくつもりだ」

ツバサ「英玲奈…」

英玲奈「だから、これからも貴方の曲に詩をつけさせてくれないか?」

ツバサ「…うん!!」ニコッ
327: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:36:20.70 ID:vDG366US.net
=======

【クロージング】


ツバサ「さてっ、これから忙しくなるわね!」

英玲奈「忙しくなる割には嬉しそうだな、ツバサ」

あんじゅ「今からでもプロのオーディション受けれるのかしら?」

英玲奈「どうだろう…遅すぎる気もするが…」


ツバサ「まーいいじゃない、なんとかなるでしょ」

英玲奈「そうだな」

あんじゅ「気楽にいきましょう」


A-RISE「『落ちこぼれ3人組』として♪」



おわり
328: 名無しで叶える物語 2017/11/26(日) 22:39:33.13 ID:vDG366US.net
これにて執筆予定だった内容は終了になります

遅筆にもかかわらず多くの方にコメント&保守頂き大変励みになりました
本当にありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ツバサ「μ'sの感動回をA-RISEもやってみた」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。