にこ「後輩に支払わせるわけないでしょ?」真姫(かっこいい…///)

シェアする

にこまき-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 19:35:58.49 ID:2mauhygU.net
花陽「ふーん、それでご馳走になったんだ?」

真姫「ええ。でも、支払いのときのにこちゃんのお財布がマジックテープ式ので恥ずかしかったわ」

花陽「えぇ~、嘘~っ。高校三年生って大人だと思ってたけど、ちょっとそれはないかな~」

真姫「でっしょー?私、にこちゃんと付き合い続けること、ちょっと考えちゃって…」

花陽「そうなんだ。そういえば絵里ちゃんが、真姫ちゃんのことちょっといいかもって言ってたよ」

真姫「ほんと!?」

花陽「うん。絵里ちゃんはクォーターでスタイルもいいし、生徒会長やってた実績もあるし、有名大学への進学だろうから真姫ちゃんと釣り合う思うな」

真姫「絵里か・・・」

花陽「もし真姫ちゃんにその気があるならだけど、花陽が取り持ってあげようか?」

真姫「でも、にこちゃんが…」

花陽「試しに絵里ちゃんとデートしてみるだけでもいいんじゃないかな?それから決めたらいいよ」

真姫「そう…よね…。じゃあ、花陽、お願いできる?」

花陽「任せて♪」

元スレ: にこ「後輩に支払わせるわけないでしょ?」真姫(かっこいい…///)

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 19:44:36.32 ID:2mauhygU.net
真姫「ちょっと!どういうことなの、花陽!?」

花陽「どうしたの、真姫ちゃん?」

真姫「何で花陽がにこちゃんと付き合ってるの!」

花陽「え?だって、真姫ちゃんとにこちゃんが別れたからだけど」

真姫「それは…そうだけど…」

花陽「にこちゃんの事、付き合ってて恥ずかしいみたいに言ってたのに。もしかして今更惜しくなっちゃったの?」

真姫「…」
6: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 19:52:19.19 ID:2mauhygU.net
花陽「にこちゃんは花陽にと~っても優しいんだよ。真姫ちゃんがバカにしてたあのマジックテープのお財布だって、妹さんからのプレゼントだから大事に使ってるんだって。真姫ちゃんは絵里ちゃんに大事にしてもらってる?」

真姫「あんまり会ってないわ…。絵里は受験が近いし、負担になったら悪いし…」

花陽「そうなんだ?でも、この間、希ちゃんと二人で街を歩いてたよ」

真姫「えっ…」

花陽「もしかして真姫ちゃん、遊ばれてたんじゃないかなー」

真姫「花陽、もしかしてみんな知っててにこちゃんと別れさせたんじゃ…」

花陽「やだ、真姫ちゃん怖い…。花陽だって知らなかったんだからそんな怖い顔しないでよ」
16: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 20:10:40.43 ID:2mauhygU.net
花陽「それに、真姫ちゃんはにこちゃんのことそんなに好きじゃなかったんじゃないかな。花陽はそう思ってたけど」

真姫「どういうことよ…」

花陽「だって、花陽にするにこちゃんの話は、この間のお財布の話もそうだけど、にこちゃんと一緒だと恥ずかしいとかそういう事ばっかり」

真姫「それは…」

花陽「本当はファッション感覚でにこちゃんと付き合ってただけなんじゃない?」

真姫「違う!」

花陽「違わないよ」

真姫「違う…」
20: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 20:21:26.70 ID:2mauhygU.net
花陽「真姫ちゃん。花陽とにこちゃんが付き合ってるのを知って、にこちゃんじゃなく花陽に会いに来たのは何で?」

真姫「それは、花陽が私とにこちゃんを別れさせて自分がにこちゃんと付き合い始めたからでしょ!」

花陽「そう。真姫ちゃんと絵里ちゃんの最初のデートが決まったとき、真姫ちゃんが満更でもない顔してたのは置いておくとして…」

真姫「うぅ…」

花陽「本当ににこちゃんの事が好きなんだったら、まずはにこちゃんと会って話をするべきだったんじゃないかな」

真姫「あっ…」

花陽「もうわかるんじゃない?真姫ちゃんにとって大事なのはにこちゃんじゃない。にこちゃんが奪われて傷付けられた自分の心の方が大事だった。そういう事だよ」

真姫「…絶対に許さない」

花陽「残念だな。真姫ちゃんは大事なお友達なのに」

真姫「みんなに言うわよ」

花陽「それで真姫ちゃんの気が済むなら。でも、そうなれば真姫ちゃんがにこちゃんの事を恋人として恥ずかしいって下に見てた事とかがバレちゃうね。外聞を気にする真姫ちゃんには…」

真姫「もういい!花陽なんて大嫌い!」

花陽「残念だな…。花陽は真姫ちゃんの事、大切なお友達だと思ってたのに…」
27: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 20:37:20.99 ID:2mauhygU.net
凛「という夢を見たの」

穂乃果「そんな事あるわけないよ。それより、今日は穂乃果と凛ちゃんの結婚披露宴なんだから途中で寝たりしちゃダメだからね?」

凛「もう、凛は調理師免許だって持ってる大人なんだから披露宴の途中で寝たりしないよ」

穂乃果「うん。穂乃果と一緒に幸せになろうね」

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「後輩に支払わせるわけないでしょ?」真姫(かっこいい…///)』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。