ダイヤ「甘えん坊船長」

シェアする

曜-アイキャッチ14
3年教室

ダイヤ「わかりません…」

果南「ありゃ?どしたのダイヤ?」

鞠莉「頭抱えちゃってぇ!また生徒会の仕事をためちゃったのかしら~?」

ダイヤ「うるっさいですわね!仕事はちゃんとしていますわ!」

鞠莉「Oh!とっても元気でーす!」

果南「どうどう!でも、悩んでたみたいだけどなんかあったの?」

ダイヤ「まあ、少々…」

pixiv: ダイヤ「甘えん坊船長」 by 鷹南。

スポンサーリンク

鞠莉「なになに~?ダイヤでも解決出来ない悩みって何かしら~?」

ダイヤ「果南さん…まあ、鞠莉さんも例外ではありませんか。少し、お聞きしたいことがありますの…」

果南「うん」

ダイヤ「曜さんってどんなお方です?」

かなまり「…」

かなまり「はい?」

果南「え?どゆこと?」

鞠莉「まさか、記憶喪失…!?」

ダイヤ「違いますわ!渡辺曜さん!2年生!水泳部所属のAqoursの衣装製作担当!ヨーソロー♪が口癖の元気なお方ですわ!」

果南「ダイヤがヨーソローって…w」

鞠莉「ふふっ…w」

ダイヤ「あなた方が余計なこと言うからでしょう!!?」

果南「ごめんごめん。で、なんで曜のことを聞きたいってことになったの?」

ダイヤ「わからないからです…」

鞠莉「いやいや。さっき元気な子だって言ってたじゃん?」

ダイヤ「それはそうなのですが…。まあ話した方が早いでしょう」

鞠莉「聞こうじゃないですか…!」

果南「なんで鞠莉が偉そうにしてんのさ。うん、聞かせて!」

ダイヤ「ここ最近の曜さんの様子が変なんですが…」

─────────

生徒会室

ガララッ

曜『ダイヤさーん!!』

ダイヤ『あら、曜さん。ごきげんよう。どうかなさいましたか?』

曜『ダイヤさん何してるかなーって思って。もうお昼ご飯食べました?』

ダイヤ『やらなければいけない仕事がありましたので。丁度終わりましたから、今から食べようと思っていたところですわ』

曜『ほんと!?じゃあ一緒に食べてもいいですか?』

ダイヤ『はい…いいですけど。千歌さんたちと一緒しなくてよろしいのですか?』

曜『んしょっと…!隣いいですよね?』

ダイヤ『か、かまいませんけど…』

曜『今日は早起きしてハンバーグ作った…あっ!ダイヤさんハンバーグ嫌いでしたね…』

ダイヤ『あの、あの曜さん?』

曜『次はダイヤさんが好きそうな和食を…あ、はい!なんですか?』

ダイヤ『いや……近くないですか?』

曜『ほうですか…?』モグモグ

ダイヤ『…って、ぶっぶーですわ。口に含んだまま喋るのは行儀が悪いですよ』

曜『ごくんっ…。えへへ♪』

ダイヤ『全く…』パカッ

曜『わぁ!綺麗なお弁当!』

ダイヤ『こ、こんなの普通でしょう?いただきます…』

曜『…』ジーッ

ダイヤ『…』モグモグ

曜『ほぇー…』ボーッ

ダイヤ『あ、あの!食べているところをじっと見つめられるのは恥ずかしいのですが//』

曜『あっ!ごめんなさい!ダイヤさんが食べてるの改めて見ると、上品だなーって見とれちゃいまして…』

ダイヤ『こ、これくらい黒澤家の娘として当然のことですわ』ポリポリ

曜『あっ。またほくろかいてる…♪』

ダイヤ『ぴぎっ//』

曜『誤魔化したい時に出る癖なんですよね?可愛いです!』

ダイヤ『んなっ…///』

ダイヤ『せ、先輩をからかうのはあまり気に食いませんわ!』

曜『すみません♪ほら!早く食べないとお昼休み終わっちゃいますよ?』

ダイヤ『そうですわね…って、まだまだ食べるには時間はありますが?』

曜『むぅー!お話!せっかくここまで来たんだからお話するんです!』

ダイヤ『なら、ゆっくり食べながら…』

曜『食べながらは行儀が悪いんですよね?』

ダイヤ『えぇ…』

曜『卵焼きもらいっ!』

ダイヤ『ちょっ!?曜さん!』

曜『おいひ~』モグモグ

ダイヤ『まったく…ん?』

曜『…』チラチラッ

ダイヤ『あの…なぜ、あなたのお弁当をこちらに寄せているのです?』

曜『…』ジーッ

ダイヤ『よ、曜さん?』

曜『むぅー!』

ダイヤ『そんな顔されてもわからないものはしょうがないのです……が!?』パクッ

曜『……どうですか?』

ダイヤ『…』モグモグ

ダイヤ『いい腕前で…』

曜『良かった…♪』ニコッ

ダイヤ『ん?ん~??』

曜『えへへ♪』

─────────

ダイヤ「と、まあこんな感じで。急にわたくしの所に来たかと思えば昼食を共にし、お喋りをして解散という感じで…って2人とも?」

かなまり「あ~~ね~~~」

ダイヤ「なんですか、その適当な応対は!」

果南「いや、なんていうかさ。そだね…」

鞠莉「ダイヤじゃムリよ。抜け出せやしないわ、ムリムリ」

ダイヤ「なんの話ですか!」

果南「まあまあ。ダイヤ?それだけじゃないんでしょ、どうせ」

ダイヤ「そ、そうですけど…」

鞠莉「ほら、話して話して」

ダイヤ「はぁ…他にはですね……」

─────────

屋上

ダイヤ『はい!では各自組を作ってストレッチと振りの確認を一通りしてください!』

善子『リトルデーモンリリーよ。我と結託し、次なる審判に向けて…』

梨子『はいはーい。よっちゃん、向こうでやるよー』

善子『雑ぅ!!』

果南『マル!一緒にやろっか!』

花丸『うん、果南ちゃん♪』

鞠莉『今日は誰が3人組になるのかしら?』

千歌『CYaRonで固まるのはな~。よーちゃん、どうする?』

曜『そうだねー…』

ダイヤ『じゃあ、わたくしと鞠莉さんとルビィで…』

曜『わたしがダイヤさんと組むから、千歌ちゃんとルビィちゃんは鞠莉ちゃんと組みなよ!』

ダイヤ『えっ』

ルビィ『よ、よろしくお願いします!』

千歌『鞠莉殿上人!』

鞠莉『そのネタまだ引っ張ってたんだ…』

ダイヤ『あ、あら~?』

曜『よしっ!じゃあ、始めましょっか!』

ダイヤ『良かったのですか?千歌さんとじゃなくて…』

曜『なんでです?』

ダイヤ『なんでって…あなただいたい千歌さんか梨子さんかルビィと組んでいたでしょう?』

曜『それはまあ…気分ですよ♪』

ダイヤ『は、はぁ…』

曜『それより早く早く!』

ダイヤ『ん~?』

─────────

ダイヤ「その日から曜さんと組むことが多くなりましたね。組めない日はぶーたれてましたが、どうしてでしょうか?」

果南「なるなる」

鞠莉「ほどほど」

ダイヤ「…真面目に聞いてます?」

かなまり「聞いてる」

ダイヤ「どうだか…」

果南「…」

果南「確かに最近曜はダイヤと組みたがるようになったよね~?」チラッ

鞠莉「!」

鞠莉「そうね。何かきっかけになるようなことがあったんじゃないかしら?」

ダイヤ「きっかけ…ですか?」

果南「なんか曜と関わることとかなかった?」

ダイヤ「曜さんと関わること、と言えば前に三津シーパラダイスでお手伝いをした時に…」

鞠莉「あー!ダイヤちゃん!」

ダイヤ「うるさいです…!//」

果南「んで、その時何があったの?」

ダイヤ「あなた方に自分から攻めなきゃと言われたから…曜……ちゃん、と」

かなまり「あー」

ダイヤ「あー、ってなんです!?」

果南「で、そのあと見事に幼稚園児を統率させて…」

鞠莉「ダイヤがダイヤたることを知らしめたと…」

果南「そのあとはなし崩し的にダイヤさんに落ち着いたし、ダイヤもダイヤでみんなのこと変わらずにさん呼びだし」

鞠莉「結局、ちゃん呼びしたのは曜とついでに善子だけと」

ダイヤ「まあ、そうなりますわね」

かなまり「ふむふむ…」

果南「それあれだよ、ダイヤ」

鞠莉「うんうん」

ダイヤ「はっきり言ってくれないですかね!こっちは気になってしょうがないのです!」

果南「曜に好かれたんだよ」

鞠莉「うんうん!」

ダイヤ「…………はい?」

鞠莉「例えばなんだけど…」

鞠莉「廊下とかでばったり曜と会って、話して別れたら普通に付いてきたりしない?」

果南「用もないのにね……べ、別にかけてないよ?//」

ダイヤ「…」

─────────

廊下

曜『あ!ダイヤさん!』

ダイヤ『あら、曜さん。ごきげんよう』

曜『こんにちは!』

ダイヤ『むっ!リボンが少しずれていますわ…これでよし、と』

曜『あっ、すみません。ちょっと朝バタバタしちゃって…』

ダイヤ『大好きな制服なんでしょう?しっかり着こなさなくては♪』クスッ

曜『わぁ…♪はいっ!』

ダイヤ『では、失礼しますね』

曜『…』

ダイヤ『…』テクテク

曜『…』

ダイヤ『……』テクテク

曜『……』

ダイヤ『………曜さん?』

曜『あっ、はい!』

ダイヤ『こちらに用があるのですか?』

曜『いや、別に…』

ダイヤ『そうですか。では…』

曜『…』

ダイヤ『…』テクテク

曜『…』

ダイヤ『……』テクテク

曜『……♪』

ダイヤ『(んー?)』

─────────

ダイヤ「ああ…ありました」

鞠莉「やっぱり!」

果南「あちゃー!この時期に捕まったらもうダメだね!」

ダイヤ「いや、訳がわからないんですが!」

鞠莉「なんていうかさ、曜ってワンちゃんみたいなのよね♪」

果南「わかるー!かまってあげるとパァーって笑顔になってね!」

鞠莉「最近、曜があまり絡んでこないのはそういうことでーすか。せっかくぶっちゃけトークしたのにー!ちょっと悔しいでーす…」

果南「わたしなんか中学の頃だし。また曜に気に入られないかな~」

ダイヤ「だから!勝手に話を進めないでください!結局、わたくしは曜さんにどういう対応をすればいいのです?」

果南「そんなのダイヤ次第だよ。可愛い後輩じゃん!」

鞠莉「そうそう!でも、気を付けてね…?」

ダイヤ「な、なぜです?」

鞠莉「ハマったら抜けれなくなるわよ…!」

ダイヤ「は、ハマるとは…?」

果南「あんまりかまいすぎると引き返せなくなるよ?」

ダイヤ「どういう意味ですか…」

果南「まあ節度は守ってねってこと!」

ダイヤ「は、はぁ…」

鞠莉「それよりさ…」

ダイヤ「なんです?」

鞠莉「さっきからすごい視線感じるんだけど、これって…」

「むぅ…」

ダイヤ「はい?……って曜さん!?」

曜「お昼一緒にって約束…」

ダイヤ「あっ……」

曜「もう知らないもん!」プイッ

ダイヤ「え、えっと…!」バタバタ

ダイヤ「き、今日はたまたまで!そんな拗ねないでください!ね?」アセアセ

曜「……じゃあ、だし巻き2つ」

ダイヤ「わ、わかりました!わかりましたからご機嫌を直してくださいな!」

曜「だったら…許してあげます♪」

ダイヤ「ふぅ…」

曜「じゃ、行こ?」ギュッ

ダイヤ「ちょ、曜さん!?」

「急かさないでください!」

「約束忘れてたんだから聞きません」

かなまり「…」

果南「あはは。手遅れかもしんないね」

鞠莉「そーねー、にゅふふ♪」


生徒会室

曜「おいひ~♪」

ダイヤ「だし巻き玉子、今日は2つしか入れてませんでした…」

ダイヤ「(でも…)」チラッ

曜「もう1つは最後に食べよっと」ニコニコ

ダイヤ「(曜さんのこんな眩しい笑顔を近くで見れるなら、安いものでしょう)」クスッ

曜「そういえば、なんの話してたんですか?」

ダイヤ「え?」

曜「果南ちゃんと鞠莉ちゃんと話してたでしょ?なんなのかな~って」

ダイヤ「あ、ああ。そうですわね…」

ダイヤ「(正直に言うべきなのでしょうか?『あなたの話をしていました!』と…)」

ダイヤ「(いやいや!それは失礼なのではないのでしょうか?)」

ダイヤ「べ、別にたいしたことはありませんわ。ただの世間話です…」ポリポリ

曜「はい、嘘ですね♪」

ダイヤ「あっ//」

曜「ほんっとダイヤさんわかりやすい!」クスッ

ダイヤ「もう…//」

曜「ほらほら!ほんとは何話してたんですか?曜ちゃんに教えてください!」

ダイヤ「曜さんには敵いませんわね…」

曜「えへへ♪」

ダイヤ「お気に触ったらすみませんが…あなたの話をしていたのです」

曜「わたしの話?」

ダイヤ「はい。曜さんは最近、その…わたくしとよく関わってくれるでしょう?それはなぜなのだろうと…」

曜「あ、あー…」

ダイヤ「(やはりまずかったでしょうか…)」

曜「え、えーっと…まあ、ダイヤさんならいっかな?」

曜「わたし、お父さんが船の船長さんしてるから、家で甘えられる人がお母さんしかいなくてね」

曜「だから優しくされたりかまってくれたりすると、つい嬉しくなっちゃって…」

曜「果南ちゃんや鞠莉ちゃんにもそんな感じで…あはは」

ダイヤ「そうだったのですね」

曜「でも、ダイヤさんは少し違うって言いますか…」

曜「あの時、曜ちゃんって呼んでくれた時。最初はびっくりしちゃったけど、思い出すとなんかくすぐったくて。ちょっとドキドキしちゃった♪」

曜「それから幼稚園の子たちをまとめてさ…あの日はダイヤさんにドキドキしっぱなしだったんだ!」

ダイヤ「え、えっと…//」カァァ

曜「正直それまでは難しい先輩だなって思ってました。けど、ダイヤさんの魅力をあの日たくさん知れて、とっても嬉しくなったんです!」

曜「ほくろかく癖とか、意外と寂しがりやだとか、なんにでも真っ直ぐなとことか、それにあとは…」

ダイヤ「も、もういいですわ…///」プシュー

曜「あと結構恥ずかしがりやさん♪」

ダイヤ「意地悪が過ぎますわ…//」プイッ

曜「でも…」


曜「そのおかげでダイヤさんのこと大好きになれました!」ニコッ


ダイヤ「」ピシッ

曜「これからもこうやってお話したり、甘えてもいいですか?」

ダイヤ「もちろん!もちのろんですわ!!」

曜「良かったぁ…」フゥ

ダイヤ「あっ。早く食べてお話をしましょう。お喋りは…」

曜「行儀が悪い!」

ようダイ「…」

ようダイ「あはははは!」



数日後…

ダイヤ「そろそろですかね…」

ガララッ

ダイヤ「!」パァ

曜「ヨーソロー!渡辺曜、到着しました!」

ダイヤ「いらっしゃい!さあ、お昼にいたしましょうか!」

曜「うん…!」


曜「ダイヤちゃん…♡」


ダイヤ「」ダイヤチャン…チャン…チャン…♡

ダイヤ「でへへ…」

曜「ん?」

見事、渡辺沼にハマったダイヤ様でした。


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「甘えん坊船長」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。