果南ちゃん奮闘記

シェアする

果南-アイキャッチ23
ある日の昼休み

果南「ほら見て見て!行くよ~!ふんぬぬぬぬぬぬ///」グィー

果南「ほ、ほら!瓶の蓋は素手でなんか開けられないよ!てか、痛いし!」ハアハア

果南「それに手刀でスパッととかムリムリ!あはははは!!!」ナミダメ

ダイヤ「(それはそうでしょう…)」

鞠莉「(泣くの我慢してる…かわいい)」

※このSSは果南ちゃんの『最強』について
何が最強なのかについて考えるSSです。

pixiv: 果南ちゃん奮闘記 by 鷹南。

スポンサーリンク


『10回クイズ』

千歌「果南ちゃ~ん!!!」モギュッ

果南「千歌~♪どうしたの?」ニコッ

千歌「10回クイズをしよー!引っ掛かったら罰ゲームだよ!」

果南「また唐突だね…いーよ♪」

千歌「じゃあピザって10回言って!」

果南「ピザ、ピザ、ピザ…(これ、肘指して膝って言わせる気だな~♪)………ピザ!」

千歌「じゃあ、ルビィちゃんが叫ぶのは?」

果南「肘………え?」キョトン

千歌「わーい!引っ掛かったー!」ピョンピョン

果南「ち、ちょっ!?卑怯だよ、千歌~!」

千歌「思い込みはダメだよ~、果南ちゃん♪」

千歌「と~いうことで罰ゲームタ~イム!果南ちゃんには………!」

果南「………」ゴクリコ

千歌「全力でルビィちゃんの物真似をしてもらいま~す!!!」ワーイ

果南「は、はぁ!?///む、無理!絶対に無理だよ!!!///」

千歌「罰ゲームは絶対なのだ~♪ほら、ついでに髪もツインテに~♪」

果南「あ~もう!//こら!やめっ…///」

千歌「はい!果南ちゃん!どうぞ!」ワクワク

ツインテ果南「な、なんで//」

千歌「う~!果南ちゃ~ん!!!」ナミダメ

ツインテ果南「…だー!//やればいいんでしょ!やれば!///」

千歌「おー!」キラキラ

ツインテ果南「こ、こほん…//」

ツインテ果南「る、ルビィ…自信ないけど、みんなのためにもがんばルビィ!///」

千歌「(…かわいい)」

ツインテ果南「ちょ!///なんか言ってよ!うぅ…///」カァ

ボトッ…

ルビィ「………」←ジュースを落とした人

ちかなん「………あ」

ツインテ果南「る、ルビィ…?も、もしかして見てたのかなん…?」

千歌「き、今日も良い天気だなー!(棒読み)」

ルビィ「えと、うんと…が、がんばルビィ!」

ツインテ果南「………//」プルプル

ルビィ「あはは…」ニガワライ

ツインテ果南「ピギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!///////」

その声は学園中に響いた…


『努力の裏側』

梨子「果南さん、さっきからしきりに瞬きしてどうしたんですか?」

果南「気づいてた?ダイヤから『アイドルたる者、ウインクくらいできないとダメです!』って言われて練習してるんだけど、なかなか出来なくて。うーん……」パチッ

梨子「(どう見ても両目つぶってる…かわいい)」

果南「それで、パチパチするのが癖になっちゃって!」

梨子「(パチパチ…!)」

果南「こないだダイビング中にもしちゃって涙出てきて、1回陸に引き返すハメになっちゃったよ〜」ハハハ

梨子「無理する必要はないと思いますけど」

果南「いや!やるったらやるもんね!ダイヤに言われっぱなしはやだし!よし!」パチパチ

梨子「(で、できてないよ~果南さん……でもかわいい!)」

果南「ねぇ梨子~?できてる?えいっ!」パチッ

梨子「え~っと…もう一回!」

果南「う、うん!ふんっ!」パチッ

梨子「惜しい!もう一回!」

果南「はいっ!」パチッ

梨子「もうちょっとです!もう一回!」

果南「え、えぇ!?まだやるの?え、えいっ!えいっ!」パチッ パチッ

梨子「(ああ~…先輩のこういう姿っていい!)」

果南「ねぇ~?あと何回やるの~?」

梨子「果南さんができるまでです!」パチッ☆

果南「ああっ!もう、簡単にやらないでよ~」


『ほすぴたりてぃー』

※ジングルの『包丁人ルビィ』の帰宅中で!

果南「クリスマスパーティー…絶対ヤバい!ヤバくなるよ!曜!!!」

曜「だ、だから果南ちゃん!」アセアセ

果南「なんたってヤバコーヒーだもん!絶対にヤバいって!ヤバくなる曜!!!」

曜「だから…もう!てか、ヤバくなる曜って…。それより、果南ちゃん?聞きたいことがあるんだけど…」

果南「ん?なに?この果南ちゃんにお任せだよ!なんでも聞いて!」ニコッ

曜「やっぱり今日の果南ちゃん変…」

果南「そんな事ないって!さあさあ!」

曜「いや、あの、ルビィちゃんがいないしはっきり聞こうと思うんだけどさ…」

曜「ホスピタリティーって………何?」

果南「………」

曜「果南ちゃん…?」

果南「さ!今日も遅いし、明日はルビィちゃんに活け作り教えなきゃだし帰るね!またあs」

曜「逃がさないからね?」ガシッ

果南「いや~…船の時間が…」ダラダラ

曜「今日は打ち合わせのためにダイヤさんちに泊まりに行くんでしょ?ほら!教えてよ、ホスピタリティー!」ニヤニヤ

果南「ぐぬぬぬぬ…///」

曜「さあさあ!」ニヤニヤ

果南「ホスピタリティーは…!」

曜「ホスピタリティーは…?」

果南「………」

曜「………いや、私も知らないからね」

果南「び………」

曜「び?」

果南「病院!!!」

曜「いや、それhospitalだから」

果南「うにゃあああああ!!!///」ダダダッ

曜「あ!待て待て~!教えろ~!」タタタッ

※ちなみにホスピタリティーの意味は同ドラマCDで鞠莉ちゃんが花丸ちゃんに提案しています!ここでかなまりかよ!と思いましたね!


『せいんとSNOW』

ルビィ「えへへ~♪」ニコニコ

果南「ル~ビィ!何見てるの?」ギュッ

ルビィ「ピギャアア!?か、果南さん!びっくりしたぁ…」

果南「ごめんごめん♪で、それ何?」ズイッ

ルビィ「あ、これですか?これはSNOWってアプリでかわいく写真が撮れちゃうんです!」

果南「へー!あっ!ルビィとマルに猫耳が付いてる!かわいいね!」

ルビィ「えへへ///ほら!こっちは善子ちゃんの写真です!」

果南「ぷぷっ!普段目立つのに意識して撮られるのは慣れてないんだね!かわいい堕天使♪」

ルビィ「他にもいろんな機能があって楽しいんですよ!これとか~………」スッ

果南「ふーん…」

数日後、Aqoursグループラインにて…

かなん🐬:じゃ、今後の練習メニューとスケジュールをまとめたから貼っとくね

かなん🐬:松浦果南が画像を送信しました。

ちかっち:かわいい!!!

かなん🐬:あ

マル:猫さんと果南さんの写真ずらぁ!

かなん🐬:ちがあ、また

マリー:お魚くわえたのら猫ちゃんが2匹かしら~!So cute♪

かなん🐬:違う!違う消した消したから!

リリー:果南さん、削除されるのは自分のとこだけですよ

ヨーソロー🚢:これスノーってやつだよね?果南ちゃん…( *´艸`)

かなん🐬:消せ!消して!

ヨハネ👿:ふっ…ついに果南もダークサイドに堕ちてしまったようね…

ダイヤ:ルビィ?保存はどうするのですか?

ルビィ:普通に聞きに来てよ!

かなん🐬:あああああ

かなん🐬が退出しました。

ルビィ:果南さん…

そのあと果南ちゃんはSNOWをアンインストールしたらしいです。


『軽いストレート』

果南「ねぇねぇ、善子?」

善子「私はヨハネ!…でなんの用?」

果南「いや~、別に勘違いならいいんだけど…善子って私のこと………苦手?」

善子「ふっ…我がリトルデーm」

果南「どうなのかな?」

善子「むぅ!//に、苦手な訳ないわよ!む、むしろ頼りにしてるわ!///」プイッ

果南「よ、善子ぉ!」モギュッ

善子「んにゃ!?//ちょ、放してってば!//」

果南「だって嬉しいし!ね?」ニコッ

善子「むぅ///」

果南「(あ、おとなしくなった)」

善子「まあ………この際だから言うけどね…私、果南には感謝してるの」

果南「そうなの?」

善子「私、こんな性格だし、堕天使だし、敵を作ることが多くてね。でもAqoursのみんなに会えて私も変わってきた」

善子「優しい先輩や同級生に囲まれて…ほんとに幸せだと思う。でも、それでも私時々ナイーブな時があったりするし」

善子「そんな時果南は自然に話しかけてくれる。リリーとはまた違うけどハグしながら『どうしたの~?』ってね。恥ずかしいけどすごく安心できてね」

果南「///」カァ

善子「私も果南みたいに…とは言えないけど誰かを安心させるような存在になっていけたらなって…だから」

善子「いつもありがと、果南///」プイッ

果南「///」パッ

善子「へっ?」←ハグ終わってちょっと寂しい

果南「へ、平気な素振りでそんな真面目なこと急に言うなぁ!///バカ善子ぉぉぉ!!///」ダッ

善子「いや、あの、ちょ…果南さ~ん!?」

それから恥ずかしくて約2週間くらい善子ちゃんにハグするのを躊躇う果南ちゃんがいたそうです。




おまけ

千歌「か、果南ちゃん?あのさ…」

果南「ん?どしたの、千歌?」

千歌「いやぁ、あのさ?この前説明会の時にさ、レバーを…」

果南「錆びてたの」

千歌「あ、うん。でも、今回のはさすがに…」

果南「錆びてたの!」

千歌「いくら、てこの原理とかあってもさ…」

果南「錆びてたんだもん!確かに力は込めたけど折れたのは偶然運が悪かっただけだもん!」

千歌「あはは…」

果南「違うもん、うぅ…」


終わりかなん?
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南ちゃん奮闘記』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。