千歌「鍋たべたい」

シェアする

千歌-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:31:51.15 ID:J3auWbu6.net
AM 5:00

千歌「おはよーこざいます」ヒソヒソ

千歌「時刻は現在午前5時でございます」ヒソヒソ

グツグツ

千歌「えー今日は鍋パーティー当日なんですけども、参加者は誰一人来ていません」

千歌「皆になんにも言ってないし、当たり前なんだけどね」

千歌「いざパーティと行きたいところなんですが、なんとお鍋にはダシしか入っておりません」

千歌「そ、こ、で」

千歌「今から皆に具材を持ってきてもらおうと思います」

千歌「呼び出すもよし、起こしに行くのもよしのこの企画」

千歌「Aqoursのみんなはどんな具材を持ってきてくれるのでしょうか?」

千歌「さてさて、記念すべき最初のメンバーは...」

千歌「>>3にしたいと思います!」

元スレ: 千歌「鍋たべたい」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:33:21.80 ID:EFql9EHU.net
ルビィ
8: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:38:14.50 ID:J3auWbu6.net
千歌「取り敢えずルビィちゃんだよね~」

千歌「取り敢えず困ったらルビィ。鉄板だよね」

千歌「いやほんとありがたい存在だよー」

千歌「ご褒美の飴ちゃんもいーっぱい貰ったし」

千歌「さてと、どうしようかな」

千歌「起こしに行ったらダイヤさんもついでに来るし...1人ずつ呼びたいんだよね」

千歌「でも折角買った爆竹も使いたいしなぁ...」

千歌「うーん」

呼び出す?起こしに行く?

>>10
10: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:39:32.21 ID:0Qw4V8QA.net
呼び出そうとしたら既に到着している
11: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:45:58.33 ID:J3auWbu6.net
千歌「呼び出そう。爆竹は他の人に使えばいっか」

千歌「さてさて」プルル

千歌「出るかな...」

『もしもし?』

千歌「あっ、ルビィちゃん?おーはー」

『おはようございます』

千歌「あれ?寝起きじゃない?」

『はい、この時間はもう起きてます』

千歌「ババアかよ」

千歌「まぁいっか。ねぇ、今から鍋パーティーやるんだけど具材がないんだよね」

『あっそうなんですか?』

アッソウナンデスカ?

千歌「ほぇ?二重に声が聴こえるんだけど」

『何となく呼ばれるだろうなーって思って家の前にいますよー』

千歌「流石」

『入ってもいいですか?』

千歌「いいよー」
12: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:48:44.96 ID:J3auWbu6.net
ルビィ「うわ...もう準備万端」

ルビィ「というかお姉さん達は大丈夫なんですか...?」

千歌「うん、まだ寝てるし」

ルビィ「そういうこと聞きたいわけじゃないんですけど」

千歌「怒られるときはみんな一緒だから。ね?」

ルビィ「ね?じゃないです」

千歌「それでそれで、何か具材持ってきた?」

ルビィ「あ、はい。ここに...」

>>14 ルビィの持ってきたもの
14: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:50:27.62 ID:CPODQxAM.net
おでん
16: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 00:59:56.55 ID:J3auWbu6.net
千歌「おでん!」

ルビィ「はい!」

千歌「偉いねぇ~鍋といえばおでんだもんね~」ナデナデ

ルビィ「うゅゅ」

千歌「はい、じゃあご褒美に飴ちゃんあげるね」

ルビィ「わぁい!」ペロペロ

ルビィ「...」

ルビィ「なんすかこれ」

千歌「納豆」

ルビィ「ゲェーッ!」
18: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:05:04.54 ID:J3auWbu6.net
千歌「いやー、朝だから丁度いいかなーって」

ルビィ「良くないですよ!何でこう毎回毎回マッズイ飴ちゃんしか持ってないんですか!」

千歌「そんなん知らないよ!お客さんに文句言ってよ!」

千歌「というか美渡姉起きて来るから大きな声ださないで」ヒソヒソ

ルビィ「ピギッ...ごめんなさい」

千歌「よし、取り敢えずおでんは確保出来たから次行ってみよーか」

ルビィ「はい」

千歌「今何時だっけ」

ルビィ「10分ですね」

千歌「10分か...まだ暗いもんね」

千歌「さてと、次は誰にしよっかな」

ルビィ「>>21はどうですか?」

千歌「おっ、いいね~」
21: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:07:29.89 ID:8ZtxkKE1.net
梨子
22: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:14:06.11 ID:J3auWbu6.net
ルビィ「お隣ですし」

千歌「そうだね。近場から攻めていこうか」

千歌「あっ、今のは「かかってないです」

千歌「...」

ルビィ「ささ、いきましょう姉御」

千歌「姉御...」

千歌「何かかっこいいかも!」

千歌「あっでも待って」

ルビィ「はい?」

千歌「一応確認だけとっとかないと...呼び出すのか起こしに行くのか」

ルビィ「あーそうですね。まだ寝てるかもしれないですし」

>>25 呼び出す?起こしに行く?
25: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:15:30.17 ID:8LdomFxx.net
起こす
29: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:22:44.12 ID:J3auWbu6.net
千歌「起こしに行こっか」

ルビィ「はいっ」

~梨子の部屋~

梨子「...zzz」

千歌「おーよく寝てますね」

ルビィ「い、今...ど、どうやって入ったんですか...?」ガタガタ

千歌「よくあることだよ」

梨子「...んん」ゴロン

ちかるび「!!」

千歌「(シーで)」

ルビィ「(シーですね)」

千歌「(よし、じゃあ持ってきた爆竹を鳴らすよ...ルビィちゃん、耳栓おK?)」

ルビィ「⌒°( ・ω・)b °⌒」

千歌「それじゃ...」

梨子「千歌ちゃん...」

千歌「!!!!!!!」ドッキ-ン

梨子「なんていやらしい穴なのかしら...」ムニャムニャ

千歌「」フ-

千歌「何だ...寝言か」

千歌「よし、じゃあ改めて...」シュボ
30: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:26:55.08 ID:J3auWbu6.net
ちかるび「...」

パンッ!パパパパパパン!!!!パンッ!パパンッ!

梨子「!!!!????」ガバ

梨子「あつっ!あっつ!!」ジタバタ

梨子「へ?何!?ち、千歌ちゃん?」キョトン

千歌「おはようございます」

梨子「え?待って...ちょっと、何で私の部屋に千歌ちゃんいるの?」

梨子「起きてる?ねぇ私起きてる?というか今の何!?なぁホント何なの?」

ルビィ「梨子さん落ち着いてください」

千歌「えぇと、今から鍋パーティーしようと思って梨子ちゃん起こしにきたんだー」

梨子「今何時...?」

AM 5:18

梨子「は?」

千歌「でも具材が無くってさ、梨子ちゃんにお鍋の具材持ってきて欲しいんだよねー」
31: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:32:12.78 ID:J3auWbu6.net
梨子「ねぇ、やっていいことと悪いことの区別つかない?」

千歌「ドッキリドッキリ」

壁DON!

梨子「千歌ちゃんさ、自分やられたらどう思うの?ぐっすり寝てる時にさぁ!」

千歌「さ、さぁ~?どうだろうねぇ」

ルビィ「あわわ...梨子さん本気で怒ってる」

梨子「二度とやらないでよね」

千歌「はい...」

梨子「もう目、覚めちゃったよ。はーぁ、今日は何も無いからゆっくり寝てたかったのに」

千歌「じゃあ早速鍋パーティを!」

ルビィ「この状況で言うんですか!?」

千歌「当たり前じゃん、何のために梨子ちゃんの部屋まで来てるの?」

梨子「そもそも不法侵入よね」

梨子「取り敢えず着替えたら具材持って千歌ちゃんちに行くから」

千歌「はーい」
32: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:37:35.48 ID:J3auWbu6.net
千歌「いやー面白かったねぇ、見た?梨子ちゃんの本気のリアクション」

ルビィ「いや...怖くなかったんですか?梨子さんマジ切れでしたけど」

千歌「美渡姉に比べたら屁でもないよー」

ルビィ「確かに、胸ぐら掴むのかと思ったら壁ドンでしたもんね」

千歌「梨子ちゃんだからねー」

梨子「あら、私だってやる時はやるわよ?」

千歌「あ」

梨子「こんな時間に起きたの、いつ以来だろう」

千歌「ささ、こたつ入ってこたつ入って」

梨子「よいしょと」

千歌「おお、これが梨子ちゃんの差し入れ」

梨子「...ダシだけ用意してよく鍋パーティーしようなんて思いつくね」

ルビィ「ですよね」

千歌「ほらほら、親睦会?的な」

>>35 梨子の持ってきたもの
35: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 01:39:41.70 ID:sx2kOenH.net
たまご
39: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:03:49.51 ID:J3auWbu6.net
梨子「こんなのしか無かったけど」

千歌「おおっ、卵だ!」

ルビィ「完全におでんですね」

梨子「あ、ルビィちゃんはおでん持ってきたのね...こんな子にまで早く起こすなんて」ギロ

千歌「え、冤罪冤罪」

ルビィ「この時間はもう起きてるんです」

梨子「えぇっ!」

梨子「私なんて捗ってたらこんな時間に寝る時あるのに」

千歌「不健康はよくないよ?」

梨子「気をつけます」

梨子「さてと、早速食べましょう」

千歌「えっ」

梨子「えっ」

梨子「食べないの?」

千歌「梨子ちゃんは全員揃ってないのに食べる気なの?」

梨子「いや...というか全員呼ぶの!?」

千歌「当たり前じゃん!何のための鍋パーティーなの!?」

梨子「いやいやいや...時間考えようよ」
40: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:08:58.97 ID:J3auWbu6.net
千歌「いーや全員呼ぶからね!何があっても呼ぶ!」

ルビィ「千歌さん...大きな声だしたら」

千歌「っと、そうだったそうだった」

梨子「...とにかくこのおでんは全員揃うまで食べないでおくつもりなのね」

千歌「うん」

ルビィ「というかもうおでんで行くんですか?」

千歌「うーん...一応おでんもお鍋で出来るからなぁ」

梨子「ちゃんとした趣旨のお鍋だったら具材持ってきてくれると思うよ?ほら、いつも見たいにお鍋!だけだと変なの持ってこられるかもしれないし」

千歌「例えば?」

梨子「えっ」

梨子「...」

梨子「ち、チーズケーキとか?」

千歌「ないない!そんな人いないって!」

梨子「例えばの話よ!」

ルビィ「あの...次行きませんか?」

千歌「そうだね。じゃあ次は>>43にしよっか」
43: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:10:32.48 ID:A6zBDvLB.net
かなーん
45: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:16:05.77 ID:J3auWbu6.net
梨子「果南さんか...」

千歌「ほら、朝1のダイビングしてそうじゃない?もしくはランニング」

ルビィ「確かに」

梨子「果南さん、でも大丈夫かな...あんまりまともなもの持ってきてる記憶ないんだけど」

ルビィ「はい」

千歌「流石におでん指定なら持ってくるでしょ。多分」

千歌「さてと、果南ちゃんはどうする?」

梨子「どうするって?」

千歌「起こすか呼び出すか」

梨子「私それで起こされたのね...呼んでくれた方が良かった」ホロリ

>>48 起こす?呼び出す?
48: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:20:58.24 ID:7eSJvhwE.net
呼び出す
50: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:30:44.47 ID:J3auWbu6.net
千歌「さっき起こしたし、次は呼び出そう」プルル

梨子「出るのかな」

ルビィ「ドキドキ」

プルルル プルルル

千歌「...あーやっぱねてるかな」

『...はい』

千歌「あっ、果南ちゃん?」

『今何時だと思ってんの』

千歌「んーとね、5時半」

『取り敢えず死ね』

ツーツー

千歌「えっ...」

梨子「何て?」

千歌「取り敢えず死ねだって」

梨子「うん、その気持ちわかる」

ルビィ「それで、切られちゃったんですか?」

千歌「ムカつくからもう1回かけ直す」プルルル

『...なんなん』

千歌「あのさあのさ、今からおでんパーティやるんだよね」

『は?今から?』

千歌「それで、果南ちゃんにも来て欲しいの」

『...無理、眠いし』

千歌「おねがーい!」

『...』

千歌「ほら、ルビィちゃんも梨子ちゃんもいるしさ」

『わかった。今から行くよ。二人が可哀想だから』

千歌「あっ、来る時おでんの具も何か持ってきてくれたらいいなー」

『ん』ピッ

千歌「来てくれるって!」
52: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:36:28.83 ID:J3auWbu6.net
果南「ふぁぁ...千歌ー、来たよー」

千歌「おーはー」

果南「ねぇ、取り敢えず一発殴らせて?人が寝てたのに電話なんか寄越しやがって」

千歌「ごめんごめん」

果南「2人もよく来たよね」

梨子「私も被害者なので...」

果南「え、呼び出し?」

梨子「爆竹で起こされました」

果南「うっわ...」

千歌「ちなみに起こしに行くんだったら白い布かぶって起こすつもりだったよ~」

果南「あーよかった。それやられてたらAqoursやめてたわ」

千歌「そこまで!?」

果南「あ、取り敢えずこれね。おでんの具材」

千歌「おぉー」

ルビィ「お魚かな」

梨子「おでんに魚はちょっと...」

>>55 果南の持ってきたもの
55: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 02:38:35.34 ID:uQKp7Cyw.net
昆布
60: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 10:45:10.22 ID:J3auWbu6.net
果南「昨日の残り物で悪いんだけど...」

千歌「おおっ!昆布巻き!」

ルビィ「昆布もおでんに入りますね」

千歌「やっと果南ちゃんからまともなもの貰ったよ~」

梨子「確かに、果南さんが指定通りのもの持ってきたの初めてかも」

果南「え、そうだっけ?」

千歌「そうだよ!いっつもいーっつも変なのしか持ってこなかったじゃん!」

果南「えーそんな気がするだけだって」
61: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 10:50:53.98 ID:J3auWbu6.net
果南「ねぇ、おでん食べないの?」

千歌「全員揃ってから」

果南「お腹すいたんだけど...てか眠い」ファァ

千歌「もうちょいだから我慢して」

梨子「もう6時前か...」

ルビィ「明るくなってきましたね」

千歌「さぁさ、どんどん呼ぶよー!」

果南「元気だねぇ...」

千歌「うん!4時に起きて準備してたから!」

果南「馬鹿かなん?」

梨子「馬鹿ですね」

ルビィ「バーカ」

千歌「ひどい...」グスン

果南「で、次は誰呼ぶの?」

千歌「うーん」

梨子「今思ったんだけど、このメンツでいること多いよね」

果南「うん、よく見る梨子とルビィってメンバーだよね」

ルビィ「ルビィは舎弟ですから」

果南「舎弟なんだ...」

千歌「よし決めた。>>64を呼ぼう」
64: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 10:52:39.13 ID:N7bcBUby.net
美渡姉
65: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 10:57:17.53 ID:J3auWbu6.net
ルビィ「えっ、Aqoursの人じゃないんだ...」

梨子「何でわざわざ自分から地雷踏みに行くの...?」

千歌「ティーンエイジャー特有のちょっとした冒険心ってやつだよ」

果南「要は馬鹿ってことか」

千歌「ちがうもん!」

梨子「それで、お姉さん起きてるの?」

千歌「どうかな?今日は久々の休みだって言ってたから寝てるかも」

ルビィ「え...それヤバくないですか?」

千歌「ヤバいと思う。でもそのヤバさを乗り越えた時に得られる達成感を私は欲しいんだよ」

ルビィ「えぇ...」

果南「で、どうするの?起こすん?」

千歌「うーん...」

>>68 起こす?呼び出す?
68: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:01:30.07 ID:rUPoVJaw.net
起こす
70: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:09:50.77 ID:J3auWbu6.net
千歌「よし、起こそう!」スック

梨子「うん!頑張れ!」ズボ

ルビィ「ルビィ達はおでんの管理しておきます!」ズボ

果南「応援してるよ!」ズボ

千歌「なんで3人ともこたつから出ないの...?」

梨子「だって寒いし」

ルビィ「死ぬのはまだ早いかなーって」

果南「わざわざ自分からライオンの目の前にはいかないでしょ」

千歌「何で!?みんなで行けば怖くないじゃん!!」

梨子「集団自殺、よくない」

果南「ほら、私達なんかよりも可愛い妹に起こしてもらった方が美渡姉も喜ぶでしょ?」

ルビィ「」コクコク

千歌「うぅ...」

果南「決めたからには行きなよ。ほらほらほら」

千歌「わかったよ!行くよ!」
71: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:13:06.20 ID:J3auWbu6.net
~美渡の部屋~

美渡「...zzz」

千歌「(うー...1人だと怖い)」ソロ-リ

千歌「(よし、寝てるね)」チラ

美渡「...」モゾ

千歌「(!!!!!)」ビックウ

千歌「(寝返りうっただけか...)」

千歌「(さてと...)」

千歌「(どうやって起こそうか)」

千歌「(爆竹はAqoursのみんなに使いたいし、かと言って布を被るのもなぁ)」

千歌「(うーん...)」

>>74 どうやって起こす?
74: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:15:41.65 ID:agr7d66F.net
布団ダイブ
75: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:23:02.16 ID:J3auWbu6.net
千歌「(やっぱり定番の布団ダイブだよね!)」

千歌「...」

千歌「(Aqoursのグループに遺書だけ書いとくか)」

Aqours(9)

千歌:すまんな

千歌「...よし」

美渡「...zzz」

千歌「大丈夫...よく寝てるもんね」

千歌「1...2の、3」バッ

美渡「...」パチ

美渡「仕事行かなきゃ...」

千歌「美渡姉!おっはー!!」

美渡「え?何?千歌?」

ドーーーーーン!!!!!!






しばらくお待ちください
76: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:29:03.65 ID:J3auWbu6.net
果南「あっ、千歌から何かきてる」

梨子「ほんとだ...『すまんな』」

ルビィ「どういう意味ですかね...」

~!!

果南「多分今上で起きている現状だろうね」

梨子「うわっ!今思いきり壁にぶつかりましたよ」

ルビィ「千歌さん大丈夫かな...」

果南「まぁ久しぶりの休みだってのに朝早い時間から起こされたら誰だって怒るよね」

千歌「グスッ...ヒック」ポロポロ

梨子「あ、降りてきた」

ルビィ「千歌さん大丈夫ですか?」

千歌「」ブンブン

梨子「でしょうね」

果南「口切れてるよ?顔洗ってきたら?」

千歌「」トボトボ

梨子「...」

果南「何故だろう。可哀想と思えない」

ルビィ「ルビィだってもしかするとこうなるかも...」

梨子「ルビィちゃんは大丈夫だと思うけど...ダイヤさん優しいし」
77: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:33:57.34 ID:J3auWbu6.net
美渡「あれっ、みんなどしたの?」

梨子「お、おはようございます」

美渡「おはよー...ていうか何そのお鍋」

果南「千歌が朝から鍋パーティーしようって」

ルビィ「それで...おうちに呼ばれて」

美渡「あいつそんなしょうもないことしてるの?それでみんな起こされたんでしょう?」

美渡「本当にごめんね」

梨子「いえいえ!今日は予定もないですし」

ルビィ「こういうのちょっと楽しいですから」

美渡「多分そろそろ志満姉が起きてくるから朝ごはん作ってくれるよ」

果南「え、大丈夫だよ。おでん食べるから」

美渡「おでん?朝から?」

千歌「そうだよ」

美渡「あ?」
80: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:40:45.32 ID:J3auWbu6.net
千歌「美渡姉、おでんの具なんかない?」

美渡「はぁ?」

千歌「おでんの具」

梨子「あれだけやられてもおでんを要求するんだ...」

ルビィ「千歌さん、ある意味凄い」

果南「まぁ、伊達にAqoursのリーダーじゃないよね」

美渡「そんなん冷蔵庫探せば見つかるっしょ」

千歌「もしかしたら他に使うかもしれないじゃん。美渡姉が買ってきたのでいいからさ」

美渡「おっと、もっかい蹴られたいか?」

千歌「ごめんなさい。お願いします。なにか恵んでください」

美渡「...」

美渡「期待しないでよ。冷蔵庫みてくるから」

美渡「はーぁ、最悪の朝だわ」テクテク

千歌「...」

千歌「えへへ、死にはしなかったよ」

梨子「うん、美渡さん優しいね」
81: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:51:32.63 ID:J3auWbu6.net
千歌「そろそろ起きてる人はいるかなー?」

果南「どうだろう。特に何も無いからみんな寝てるんじゃない?」

梨子「まだ6時過ぎですもんね」

ルビィ「うゅ」

美渡「おーい」

美渡「コーヒーいれてきたけど、みんな飲めたっけ?」

梨子「大丈夫です」

ルビィ「ありがとうございます」

果南「あちち」

千歌「私コーヒー飲めない!」

美渡「誰がアンタにいれるって言った?」ズズ

千歌「むー」プク-

美渡「あ、あとはい」ポイッ

千歌「っと」

美渡「期限切れそうだっから持ってきてやった」

>>84 美渡の持ってきたもの
84: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 11:53:13.50 ID:IVYxNTcZ.net
ちくわ
88: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 13:43:34.71 ID:J3auWbu6.net
果南「お、ちくわじゃん」

ルビィ「ちくわもおでんに入りますね」

梨子「よかったね、千歌ちゃん」

千歌「美渡姉...!」

美渡「ちゃんと火通して食べなよ」

千歌「美渡姉ありがと!大好き!」バッ

美渡「ちょっ...コーヒー飲んでるから危ないって!」

梨子「...やっぱり姉妹なのね」

果南「いいねぇ、こういうの」

ルビィ「ルビィもおねいちゃあ大好きだもん」

美渡「早いけどしいたけの散歩行ってくるわ」

千歌「行ってらー」

千歌「よし、どんどん具材が増えていってるね」

果南「奇跡的におでんしてるよね」

梨子「でもここからが問題よ...」

ルビィ「次は誰にするんですか?」

千歌「>>90で」
90: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 13:49:44.28 ID:rbgwDij/.net
ヨハネ
91: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:05:10.49 ID:J3auWbu6.net
果南「おー善子か」

梨子「よっちゃんならちゃんとしたもの持ってきてくれるもんね」

ルビィ「そうなんですか?」

千歌「うん、善子ちゃんがいつも一番近いもの持ってきてくれるもん」

千歌「それに比べてこの二人はね」チラ

果南「何のことやら」

梨子「さぁ?」

千歌「こら、目逸らさないで」

ルビィ「それで、善子ちゃんも起こしに行くんですか?」

千歌「沼津までは遠いから起こしに行くのはキツいかな」

千歌「だから呼び出します!」

梨子「そんな声を上げていうこと?」

千歌「起きてるかなー」プルル

千歌「...」

果南「まぁ、善子だろうし起きないよね」

梨子「よっちゃんのよは夜更かしのよですから」

ルビィ「初めて聞いたんですけど」
92: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:10:22.92 ID:J3auWbu6.net
『もしもし?』

千歌「あっ善子ちゃん?」

果南「出た!?」

梨子「よっちゃん起きてたの!?」

ルビィ「ビックリだよ」

『こんな朝から何か用?』

千歌「うん!今からおでん食べようよ」

『おでん?』

千歌「おでん!梨子ちゃん達もいるし」

『はぁ...じゃあ今から行くわ』

千歌「あっ、おでんに入れる具も持ってきてくれたら嬉しいなって」

『はいはい。それじゃまた後でね』ピッ

千歌「よし、これで善子ちゃんは大丈夫」

千歌「あっ、今のは善子ちゃんを「かかってないかかってない」

千歌「...」

梨子「千歌ちゃん、よっちゃん来るまでに時間かかるしもう一人呼んだら?」

果南「結構遠いもんね」

千歌「そうだね。じゃあ>>95を」
95: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:13:33.81 ID:gWqiVtqb.net
ダイヤ
96: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:20:48.19 ID:J3auWbu6.net
ルビィ「おねいちゃあですか?」

千歌「うん」

果南「ダイヤってあんまり呼ばれてないよねー」

梨子「焼き芋の時に見たくらいです」

果南「前は来てたけどね」

ルビィ「おねいちゃあ千歌さんに呼ばれなさすぎて泣いてましたから」

果南「えっ、そうなん」

梨子「千歌ちゃん呼んであげなよー」

千歌「いやー、つい忘れちゃうんだよねー」

千歌「さてと、ダイヤさんは起こしに行きますか」

ルビィ「あっ、多分もう起きてると思います」

千歌「え?今何時?」

果南「6時半だね」

千歌「黒澤家は年寄りばっかりなの?」

ルビィ「そういうわけじゃ」

梨子「じゃあ電話したら来てくれるのね」

ルビィ「はい」

千歌「じゃあ電話しよ。外寒いから手間が省けたよー」プルル
97: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:26:13.56 ID:J3auWbu6.net
『おはようございますわ』

千歌「おっはー」

『千歌さんがこんなに早起きだなんて、今日は嵐でも来るのかしらね』

『そう言えばルビィ知りませんか?散歩に出かけたきり帰ってこなくて』

千歌「ウチにいますよー」

『なんと!何故ですの!?』

千歌「おでんパーティやるんですよー。ダイヤさんも来ます?」

『朝からおでんだなんて...』

『ですがルビィがいるんでしたら、わたくしも参加しますわ。ではそちらに向かいますわね』

千歌「はーい」

千歌「あっ、あとおでんの具材もお願いしますね」

『わかりましたわ』

梨子「ダイヤさんも来るのね」

ルビィ「何持ってくるのかな...」

果南「前は手ぶらだったんだよねー」

ルビィ「なめとんのか」

梨子「えっ」
98: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:28:57.00 ID:J3auWbu6.net
ダイヤ「来ましたわよー」

千歌「あっ、いらっしゃーい」

ルビィ「おねいちゃあおはよ」

ダイヤ「ルビィ!帰ってこないからびっくり致しましたわ」

ルビィ「連絡送ったんだけどな...」

ダイヤ「え?そうですの?」

ダイヤ「...ホントですわ。それと、千歌さん何ですのこれ」

千歌「色々ありまして」

ダイヤ「というか、朝も早いのに皆さん結構お揃いですのね」

梨子「まぁ」

果南「ルビィが一番ヤバいけどね」

千歌「ささ、こっちこっち」

ダイヤ「お邪魔しますわ」
99: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:33:18.06 ID:J3auWbu6.net
ダイヤ「はふぅ...」ヌクヌク

梨子「これで善子ちゃんも合わせて半分は来ましたね」

果南「あとは鞠莉と花丸、曜だけか」

梨子「曜ちゃん、最近アーカムに入ったって聞いたんですけど」

果南「あれ?知らないっけ。ちょっと前に出てきたよ」

梨子「そうだったんですかー」

ルビィ「曜さんは何をやったんですか...」

ダイヤ「お鍋まで用意して...準備万端ですのね」

千歌「それでそれでー、ダイヤさんは何持ってきてくれたんですか?」

ダイヤ「えぇと...大したものは用意できませんでしたが」

千歌「なんだろう?」

>>102 ダイヤの持ってきたもの
102: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:35:30.39 ID:dQVfFqSZ.net
牛すじ
106: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:47:39.90 ID:J3auWbu6.net
千歌「牛すじだ!!」

果南「全然大したことあるじゃん」

梨子「少なくとも私達の持ってきたものが霞むくらいは」

ダイヤ「そうなんですの?ほら、もっと面白みのあるものを持ってきた方が...」

千歌「そういうのはダイヤさんじゃなくていいんですよ!」

ダイヤ「そ、そうですの...」

ルビィ「おねいちゃあ大好き!」ギュ

|c||^.- ^||

果南「いやーここまでいいのが来るとは思わなかったね」

梨子「おでんに花が咲きましたね」

ダイヤ「この前手ぶらで来たのにカニをいただいたから」

千歌「ダイヤさんは最高だよ!」

ダイヤ「今のところ、何がありますの?」

果南「私が昆布で」

梨子「私は卵」

ルビィ「ルビィは色々持ってきたよ」

ダイヤ「えらいでちゅね~」ナデナデ

ルビィ「えへへ」
109: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:54:39.05 ID:J3auWbu6.net
ピンポ-ン

善子「千歌さーん」

千歌「あっ、善子ちゃんだ!」

善子「おはヨハネよ!」

千歌「おはよしこー」

梨子「よっちゃんおはよー」

果南「うぃーす」

ルビィ「善子ちゃんおはー」

ダイヤ「おはようございますわ。善子さん」

善子「えっ、何これみんないるじゃない!まだ7時よ!?」

千歌「朝からやってるんだよー」

善子「ホントわけわかんないわよ!」

梨子「よっちゃん朝から元気ね」

果南「堕天使って朝は弱いイメージあるんだけど」

善子「たっ、たまたま早く起きただけよ!」

千歌「それでそれで、善子ちゃんは何を持ってきてくれたのかな?」

善子「はいどうぞ」

>>110 善子の持ってきたもの
110: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 14:55:24.70 ID:aEEwwc/h.net
黒はんぺん
112: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:05:04.51 ID:J3auWbu6.net
千歌「おー定番」

果南「これが無きゃ始まんないよねー」

梨子「何ですかこれ」

善子「えっ、リリーしらないの?」

梨子「うん...すり身かな?」

ダイヤ「まさか...はんぺんを知らないなんて」

梨子「はんぺんって白じゃ...」

善子「はんぺんは黒でしょ!?白の方がおかしいわよ!」

ルビィ「おかしくはないと思うけど...」

梨子「えぇーっ!?」

千歌「善子ちゃん」ポン

千歌「都会の人ははんぺんと言ったら白なんだよ...」

善子「くっ...そうみたいね。リリーは私達と違って都会生まれ、きっと田舎者の私達を『何言ってんだこいつ』と思ってるんだわ」

梨子「そんなこと思ってないから!」
113: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:07:47.22 ID:J3auWbu6.net
果南「にしてもみんなどうしたのさ、何でこんなに優秀なの?」

ダイヤ「知りませんけど、おでんという1つの目的があるからじゃないんですの?」

善子「まずいおでんなんて食べたくないし」

梨子「あっおいし」モグモグ

千歌「でしょー?」

善子「ちょっと!先に食べないでよ!」

ルビィ「次は誰を呼ぶんですか?」

千歌「そうだなぁ」

ダイヤ「>>115なら起きてそうですが」

千歌「じゃあそーしよー」
115: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:11:20.58 ID:8LndieGM.net
鹿角姉妹 一人だけなら妹
118: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:19:37.21 ID:J3auWbu6.net
果南「えっ、また呼ぶの?」

善子「またってことは...何度か来たことあるのね」

千歌「...」プルル

『もしもし?』

千歌「あっ理ツーツー

千歌「切られた...」

梨子「なんで!?」

果南「あー...もしかしたらこの前のが」

千歌「えぇ、あれで怒ってんの?」

ダイヤ「何をしたというのです」

果南「ちょっと一緒に遊んだだけだよね」

千歌「そうそう」

善子「じゃあ間違えて通話終了に手が当たっただけでしょ。かけ直したら?」

千歌「そだね」プルル

『ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい...』

ルビィ「ピギッ...」

梨子「明らかに怖がってるんだけど...」

千歌「理亞ちゃーん?おでん食べt『すぐに行きますから殺さないでぇ!!』

千歌「来てくれるんだって」

ダイヤ「ですが北海道からどうやって」

果南「鹿角家はドッキリハウスだから、きっとまた面白いきかたするんだろうなー」
120: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:27:08.25 ID:J3auWbu6.net
聖良「...」

理亞「」ブルブル

千歌「よーこそー」

聖良「もう何も驚かないです。はい」

果南「今日はどんなふうに来たの?」

聖良「トラックに撥ねられてそのままここまで」

理亞「怖かった...」グス

梨子「あららー」

善子「災難ね」

ルビィ「こたつあったかいよ?入ろ?」

理亞「」コクリ

聖良「こんな朝早くからお鍋ですか」

果南「おでんだよおでん」

聖良「あぁ、そう言えば電話で言ってましたね」

千歌「具材持ってきてくれました?」ワクワク

ダイヤ「それしかないんですの?」

千歌「それしかないです!」

聖良「はい、私はこれを」

理亞「ん...」スッ

>>122 聖良
>>123 理亞
122: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:29:02.90 ID:6rHgHc7U.net
123: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:29:11.12 ID:5+949yDq.net
羊肉
127: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:37:07.14 ID:J3auWbu6.net
千歌「聖良さんは鮭で」

梨子「妹の方は...お肉?」

理亞「ひつじよ」

果南「おおっ、ラム肉か」

ダイヤ「ジンギスカンですわね」

善子「おでんに合うの...?」

理亞「知らない」

ルビィ「美味しそう...」

千歌「いやーありがとうございます」

聖良「いえいえ、全然ちゃんとしたもの持ってくることできませんでしたから」

理亞「毛ガニのお詫びよ」

果南「そうだったんだ。かにかま美味しかったけどね」

千歌「いよーし、結構色々揃ったね!」

果南「さぁ、どんどん行こうや」

千歌「そうだね。時間的にももうみんな起きてそうだし」

梨子「それじゃ、>>130は?」

千歌「うん!そうしよう!」
130: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:38:57.86 ID:aEEwwc/h.net
まるちゃん
131: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 15:54:34.42 ID:J3auWbu6.net
『もしもし?』

千歌「やほー」

『あっ、おはようございます』

千歌「ねぇ花丸ちゃん、おでん食べたくない?」

『おでん?食べたいずら!』

善子「やっぱりね」

千歌「今さ、おでんパーティしてるから花丸ちゃんもおいでよ」

『すぐに行きます!』

千歌「具材もよろしくねー」ピッ

千歌「ふぅ」

聖良「もうマイナスなってるんですよ」

梨子「うわー寒そ」

聖良「これからが本番ですから」

果南「はいドロー2」

理亞「私も!」

ダイヤ「わたくしもですわ」

ルビィ「緑指定で」

善子「クッソー!!」
132: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:00:50.18 ID:J3auWbu6.net
ワイワイガヤガヤ

花丸「おはよーございます」

花丸「...」

花丸「てんやわんやしてるなぁ」

花丸「ちーかーさーん!」

千歌「あっ、花丸ちゃん!入って入って!」

花丸「お邪魔します」

善子「来たわねずら丸!」

果南「おおー、あと二人だ」

聖良「こんにちは」

花丸「あっ、なんとかなんとかの2人...」

聖良「セイントスノーです」

花丸「どっちがセイントさんでどっちがスノーさん?」

聖良「いや、そんな漫才コンビみたいな...」

花丸「冗談ずら」

ルビィ「理亞ちゃんバフかけて」スッスッ

理亞「ちょっと!何でピヨってるの!?」

梨子「まだ8時前かー」

果南「早いのか遅いのかわかんないね」

千歌「花丸ちゃん、例のブツは?」

花丸「ここに」スッ

千歌「よーし」

>>135 花丸の持ってきたもの
135: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:03:12.62 ID:7eSJvhwE.net
大根
137: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:30:16.06 ID:J3auWbu6.net
花丸「とれたての大根ずら」

千歌「」ダキッ

花丸「わっ」

千歌「なんて素晴らしい子なの...」

花丸「え、だっておでんには大根が一番だし」

善子「何持ってきたの?」

千歌「大根。それも立派な」

善子「おぉー!」

果南「花丸流石」

梨子「1年生は本当に優秀ですね」

ダイヤ「素晴らしいですわ」

聖良「あとはどなたが来ていないんですか?」

千歌「えっと...鞠莉さんと曜ちゃんだけだね」

聖良「なるほど」

ルビィ「何だかみんなが集まっていくのって、Aqoursができるときみたいで楽しいね!」

善子「そうね。ピースが1つ1つ埋まっていく感があるわね」

梨子「ささ、花丸ちゃんどうぞ」トクトク

花丸「いやー申し訳ないずら」キュ

花丸「はふぅ...しみる」

千歌「さてと、次は>>140だね」
140: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:32:39.15 ID:BEyyKBAQ.net
ノξソ・ω・ハ6
142: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:43:22.18 ID:J3auWbu6.net
果南「鞠莉か...」

ダイヤ「ここにきて最大の試練ですわね...」

梨子「鞠莉さんの持ってくるもの次第で貯金がぶっ飛ぶ可能性ありますもんね」

聖良「あのお金持ちっぽい人ですか?」

千歌「ぽいじゃなくてガチ金持ち」

理亞「ほら、ホテルの」

聖良「あー!」

千歌「というか戦闘機で運んでもらってましたよね」

理亞「うっ頭が...」ズキン

善子「どんだけトラウマなのよ...」

ルビィ「鞠莉さんは何を持ってくるのかな?」

花丸「どうせ馬鹿みたいに高いものを持ってくるよ」

ルビィ「でも食べるんでしょう?」

花丸「もちろん!」

『ハーイ☆』

千歌「あっ鞠莉さん?」

『ちかっち、モーニン☆どうかしたの?』

千歌「はい。今からおでんパーティやるんですよ」

『おでん?何かしら』

千歌「えっ」

善子「【悲報】金持ち、おでんを知らない」

梨子「日本人なら誰でも知ってそうなのに...」

『冗談よ。朝からパーリーなんて楽しそうね。私もすぐに行くわ☆』

善子「【やっぱり】金持ち、おでんを知っていた【理事長】」

花丸「さっきから何言ってるの?」

善子「べ、別にいいでしょ!」
144: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:49:31.25 ID:J3auWbu6.net
千歌「でさー、この前のドラマが」

果南「あー見た見た」

聖良「ちょっ、それまだ来週なんで今は話さないで」

花丸「お茶美味いずら」

善子「堕天使的には朝はコーヒーなんだけど」

梨子「ブラック?」ニヤニヤ

善子「っ!そうよ!」

ルビィ「そう思って志満さんから貰ってきました」

善子「...」

理亞「飲めないんだ」ニヤ

善子「飲むわよ!」グイ

善子「><」

梨子「(かわいい)」

キキーッ!

ガチャバタン

鞠莉「ハーイ☆ちかっちー来たわよー」

千歌「鞠莉さーん!」ド-ン

鞠莉「ぐふっ...朝からハイテンションネ」

ダイヤ「おはようございます」

果南「おはよ、鞠莉」

鞠莉「ダイヤも果南も来てたのね!」

果南「みんないるよ」

ワイワイガヤガヤ

鞠莉「オウ!」

聖良「あっ、おはようございます」

鞠莉「あらー、ナントカセイントの」

聖良「セイントスノーです」

千歌「鞠莉さん、持ってきたものは...」

鞠莉「あるわよー...じゃっじゃーん!」

>>147 鞠莉の持ってきたもの
147: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 16:50:51.06 ID:6rHgHc7U.net
ロブスター
150: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:01:38.07 ID:J3auWbu6.net
千歌「え...ここにきてザリガニ」

果南「うわーないわー」

ダイヤ「鞠莉さんホント空気読めませんわね」

梨子「普通におでんの具材でしょ」

ルビィ「信じてたのに」

善子「理事長...」

花丸「そりゃこんな無能がヘッドなら廃校もやむなしずら」

鞠莉「うつだしのう」

鞠莉「というかザリガニじゃないわよ!ロブスター!」

千歌「ハムスター?」

果南「へけっ!カニ太郎なのだ!」

善子「もういいわよ」

鞠莉「ローブースーター!」

聖良「オマール海老のことですよね?」

鞠莉「イエース!さっすがセイントスノーね!」

鞠莉「ねぇ今から2人共浦の星にこない?ちょうど人数揃うのよ」ヒソヒソ

鞠莉「3年15億でどう?」

理亞「」ゴクリ

聖良「円じゃないですよね?」

鞠莉「ドルよ」

聖良「!!??」

聖良「ちょっと両親に相談を...」
151: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:05:30.08 ID:J3auWbu6.net
千歌「よし...と」

千歌「これで全員集合かな」

果南「そうだね」

梨子「やっと食べられるんですね」

ルビィ「長かった...」

千歌「善子ちゃん!コンロオッケー?」

善子「ヨハネよ!」

花丸「大丈夫ずら」

聖良「こっちも大丈夫です」

カチッ

千歌「えー...では、改めておでんパーティを開始したいと思います」

ダイヤ「ちょっとお待ちなさい!」

みんな「!?」

ダイヤ「何か大事なことを忘れているような...」

ルビィ「大事なこと?」

ダイヤ「ここまで出ているのですが...」

鞠莉「じゃあ出してあげる」ドムッ

ダイヤ「オッホ」

ダイヤ「って、物理で何とかなるものではありませんわ!!」

千歌「大事なことかぁ...うーん」
153: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:10:30.94 ID:J3auWbu6.net
梨子「あっ!」

千歌「梨子ちゃんどうしたの?」

梨子「私、わかったかも」

善子「ホント?リリーなに?」

梨子「ほら...人数かぞえて」

千歌「1、2、3...」

千歌「ホントだ!」

果南「千歌もわかったん?」

千歌「うん!」

千歌「こんな大事なことを忘れるなんて...私、どうかしてたよ」

千歌「自分のお皿を忘れてましたー!」

曜「ちっがーう!!」

千歌「曜ちゃん!?」

曜「私でしょ!?Aqoursは何人なの!?」

千歌「えぇと...9人」

曜「で、呼び出したのは!?」

千歌「8人」

曜「セイントスノーは除いて!」

聖良「私達ハブられるんですね...」

理亞「辛いです」

曜「そういう意味じゃなくて...」

曜「と、に、か、く!私も読んで欲しかったの!!」

果南「じゃあなんで来たん?」

曜「梨子ちゃんがストーリーに上げてたから」
155: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:13:04.41 ID:J3auWbu6.net
千歌「ごめんねー」カタモミ

曜「んもう、幼馴染を忘れるなんて重罪だよ」

千歌「忘れてないよ!思い出せなかっただけ」

梨子「どっちもどっちなんじゃ...」

ダイヤ「これで全員集合ですわね」

鞠莉「じゃあパーティの始まりね☆」

花丸「いい感じに煮詰まってきたずら」

ルビィ「うゅ...いい匂い」

千歌「あっ、因みに曜ちゃんなんか持ってきた?」

曜「もちろん!私はこれ!」

>>158 曜の持ってきたもの
158: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:13:44.84 ID:4NYJihSk.net
ヤクルト1年分
162: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:20:55.84 ID:J3auWbu6.net
千歌「ヤクルト...?」

曜「飲み物ないかなーって思ったから」

善子「でかっ...何このヤクルト」

曜「1年分だよ?」

梨子「1年分!?」

果南「こんなに飲んだら逆にお腹壊すよ...」

花丸「だから幼馴染に忘れられるんだよ?」

ルビィ「そういうところですよ、曜さん」

ダイヤ「ほら、早く座りなさいな。セイントスノーの2人を待たせているんですから」

聖良「いえそんな、お気になさらずに」

理亞「劇団Aqoursのコント面白いから」

鞠莉「わかるわかる。道産子にはわかるわよー」

ダイヤ「貴女は北海道出身でもないしこちら側でしょう!?」グイ

鞠莉「テヘ☆」

千歌「まぁ変なものじゃないからいっか。さ、食べよう!」
164: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:26:56.94 ID:J3auWbu6.net
AM 9:16

千歌「えーでは只今より、鍋パーティー改めておでんパーティを始めたいと思います!」

パチパチパチパチパチパチ

千歌「皆さん、ヤクルトは持ちましたか?」

スッ

千歌「えーそれでは、乾杯の音頭をとらせていただきます」

千歌「ここは私のかんかんみかんから取りまして、かんかんの後に乾杯のコールをお願いします」

千歌「では...せーの!かんかん!」

かんぱーい!!!!!!!



果南「うーん!美味い!牛すじ最高!」

ルビィ「花丸ちゃんの大根も味が染みてて美味しい」

梨子「黒はんぺんっておでんにしても美味しいんだ」

善子「当たり前よ」

ダイヤ「」パキッ

ダイヤ「さぁルビィ、剥けましたわよ~」

ルビィ「あーん...おいひい」

ダイヤ「かわいいでちゅねー」ナデナデ

理亞「(さりげなく拭いたな...)」
165: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:30:36.70 ID:J3auWbu6.net
千歌「鮭美味しい!これって密漁なんですよね?」

聖良「スーパーで買ったものです」

鞠莉「いくら高いものね。大変よ...」

聖良「そうなんですか?」

鞠莉「キロ単価が高い高い」

曜「あっ、花丸ちゃんそれ私が食べたかったお肉なのに!」

花丸「早い者勝ちずら」

花丸「うっ」

曜「花丸ちゃん?」

花丸「...」

曜「...」

花丸「曜さん食べていいですよ」

曜「そんなリアクションされたら食べにくいよっ!!」

梨子「曜ちゃん食べてる?」パシャ

曜「わっ!くひにはいっへるのに!」モグモグ

梨子「ふふ、可愛い」
170: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:38:41.75 ID:J3auWbu6.net
美渡「おーやってるやってる」

美渡「おーい千歌、飲み物買ってきてやったぞ」

千歌「あっ美渡姉!」

美渡「お茶とジュースな」

千歌「ありがとう!」

梨子「あの...美渡さん」

美渡「ん?」

梨子「写真撮りたいんですけど、撮影いいですか?」

美渡「おっけー任せて!」

千歌「写真撮るからみんなこっちに来て!」

美渡「よしー...いくぞーはいチーズ」カシャ

美渡「もいっちょ」カシャ

梨子「ありがとうございました」

美渡「楽しそうだね」

梨子「はい、お陰様で」

美渡「あっそうだ。今朝梨子ちゃんとこからすっごい音したけど...」コツン

ヤクルト「ほな」

鍋「あっ...(察し)」

ドボボボボボ

美渡「...」

梨子「...」

美渡「何かあったん?一瞬目が覚めたからさ」

梨子「(スルー!?)」
171: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:45:40.92 ID:J3auWbu6.net
美渡「そ、それじゃ楽しんでね!」スタコラ

梨子「あっちょ...」

梨子「...」

梨子「かき混ぜたらなんとかなるかな」グルグル

千歌「よーし、お鍋の続きーって梨子ちゃん何やってるの?」

梨子「!!!!!」

梨子「な、何でもないよ?」

千歌「お鍋かき混ぜてなかった?」

梨子「い、いやーおつゆが染み渡る裏技?的な感じのそれだよ」

千歌「へぇー」

曜「あれ?ヤクルトめっちゃ減ってない?」

梨子「!!!!!!!??????」

曜「梨子ちゃんヤクルト...」

梨子「飲んだ飲んだ!もう靭帯なんかめっちゃ強くなってるよ!!」

曜「大丈夫...?」

鞠莉「何かおつゆが甘くなったような気がシマース...」

聖良「そうですね...まろやか?」

花丸「まるで誰かがヤクルトを入れたような味がするずら」

果南「えぇーこっちは普通だけど」

梨子「...」ガクガクガク

梨子「も、もう!曜ちゃんったら!」バシ

曜「痛!」

ダイヤ「わたくしは結構好きですが」

善子「まぁいいんじゃない?」

千歌「そうだね」

梨子「」ホッ
172: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 17:50:15.00 ID:J3auWbu6.net
千歌「ふぅー食べた食べた」ポン

ダイヤ「ほら、ゆっくりする前に片付けですわよ」

聖良「あの...本当にありがとうございました。ごちそうさまです」ペコリ

千歌「いいっていいって。私と聖良さんの仲じゃないですか」

理亞「ありがと」

千歌「こっちこそ朝からありがとう!」

鞠莉「帰りは私が用意してあげたわ☆」

聖良「ま、まさか...」

理亞「折角美味しいお鍋食べられたのに...」ウル

鞠莉「ノンノン、今回はスペーシャルなジェットよ☆安心して」

聖良「ほっ」

善子「ずら丸!いい加減にしなさいよ!」

花丸「まだちょっと残ってるずら!」

ルビィ「花丸ちゃん、いじらしいよ...」

花丸「やめるずら」

善子「何よそれ!」
174: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 18:02:10.04 ID:J3auWbu6.net
果南「ねぇねぇ、おまんじゅうあったけど誰かもってきたん?」

千歌「どこに?」

果南「玄関だけど」

曜「私じゃないよ?」

鞠莉「マリーもノンよ」

千歌「美渡姉じゃないの?」

果南「さっき聞いたんだけど、違うって」

善子「じゃあ一体誰が」

花丸「お客さんのものとか?」

ダイヤ「でしたら食べない方がよいですわね」

果南「かもね」

千歌「えー?今日は誰も泊まってないよ?」

梨子「えっ」

曜「謎のおまんじゅうだね...」

ポトリ

ルビィ「あっ、お手紙...」

千歌「なになに...?」ペラ

ー 叶え、私たちの夢 叶え、あなたの夢 叶え、みんなの夢 ー

千歌「?」
175: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 18:02:38.20 ID:J3auWbu6.net
???「ファイトだよっ!」
177: 名無しで叶える物語 2017/12/03(日) 18:04:54.51 ID:J3auWbu6.net
おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「鍋たべたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。