ほのゆき「漫才…?」

シェアする

ほのゆき-アイキャッチ3
『音ノ木坂町内漫才大会』

穂乃果「なんで漫才なんか…」

雪穂「お母さんが勝手に漫才大会にエントリーした、なんておかしいよ…」

穂乃果「”出る以上しっかりしなさい”って言われて本気で漫才の練習させられたし…」

雪穂「そしてなおかつ出番が最後…」

穂乃果「でもやるしかないよ…!」

「それでは最後のエントリーです!”ほのゆき”のお二方、どうぞ!」

穂乃果「さあ、いこう!」

雪穂「うん!」

pixiv: ほのゆき「漫才…?」 by tsugarulefthors

スポンサーリンク





ほのゆき「よろしくお願いしまーす!!」

穂乃果「”ほのゆき”です!」

ほのゆき「改めて皆さんよろしくお願いします!!」

雪穂「拍手ありがとうございます!」

穂乃果「向かって左の私が姉の高坂穂乃果です!」

雪穂「向かって右の私が妹の高坂雪穂です!」

穂乃果「私達、戸籍上の姉妹です!」

雪穂「…ちょっと待って」

穂乃果「どうしたの?」

雪穂「”戸籍上の”って言葉は余計でしょ?」

穂乃果「えっ!?もしかして雪穂…」



穂乃果「戸籍ないの!?」

雪穂「あるよ!戸籍謄本に思いっきり書かれているから!」

穂乃果「じゃあ戸籍上の姉妹でいいじゃん!」

雪穂「よくないよ!なんか私達の関係が複雑みたいに思われちゃうでしょ!?」

穂乃果「関係が複雑?」

雪穂「例えば再婚相手の連れ子とかさ」

穂乃果「えっ!?もしかして雪穂…」



穂乃果「竹から生まれたの!?」

雪穂「そんなわけないでしょ!私はかぐや姫じゃないよ!」

穂乃果「じゃあ桃から生まれた」

雪穂「桃太郎でもない!」

穂乃果「こうのとりが運んできた」

雪穂「それも違う!お母さんのおなかから生まれたよ!」

穂乃果「そういえば雪穂とはお父さんもお母さんも同じ人物だったもんね」

雪穂「他人事みたいに言わないでよ!れっきとした実の姉妹だから!」

穂乃果「わかったわかった、うるさいなあ」

雪穂「うるさくもなるよ!ただ”姉妹です”ってだけでここまで長くさせるんだから!」

穂乃果「とまあ私達は本当に実の姉妹です」

雪穂「まったく…」



穂乃果「さて私の通う高校は音ノ木坂学院なんですけれども」

雪穂「皆さんもよく御存知の、地元の高校ですね」

穂乃果「ただその音ノ木坂学院がですね、廃校しそうになったんです」

雪穂「そうだね」

穂乃果「このまま廃校は嫌だ!ってことで、廃校阻止のために始めたことがあります」

雪穂「何を始めたんだっけ?」

穂乃果「…何だったっけ?」

雪穂「自分で始めたことを忘れたの!?」

穂乃果「皆さん、冗談ですよ冗談」

雪穂「どんな冗談なのさ…」

穂乃果「スクールアイドル、ってものを始めたんです」

雪穂「知らない方もいると思うから、お姉ちゃん説明して」

穂乃果「スクールアイドルというのはですね…」



穂乃果「スクールつまり学校のアイドルです」

雪穂「…あまり説明になってないよ!」

穂乃果「スクールバスとかスクールゾーンと同じようなものだと思ってください」

雪穂「それで終わらせない!」

穂乃果「真面目に説明しますね」

雪穂「最初からそうしてよ…」

穂乃果「高校生が自分たちで曲とか衣装とかを作って、アイドル活動するんです」

雪穂「早い話が、アマチュアのアイドルです」

穂乃果「吹奏楽とか軽音楽とか、そういう活動に似ています」

雪穂「とはいえアイドル活動だなんて、ちょっとびっくりしませんか?」

穂乃果「ただ、いろんなアイドルがいてもいいと思うんですよ」

雪穂「それはなんで?」

穂乃果「昔からアイドルはいますからね」

雪穂「言われてみれば、確かにそうですよね」

穂乃果「古くは小野小町」

雪穂「古すぎるよ!というかこの人、和歌を詠んだ美人だけどアイドルではないでしょ!」

穂乃果「そして最近でいえば、キタサンブラック」

雪穂「…馬なの!?人間のアイドルがたくさんいるでしょ!?」

穂乃果「なんてったってアイドル♪」

雪穂「突然歌わないで!」

穂乃果「私はアイドル♪」

穂乃果・観客「You are an idol!」

雪穂「いきなり小泉今日子さんの曲を歌わないで!」

雪穂「お客さんもコールしなくても大丈夫ですからね!?」

穂乃果「雪穂!みんなとの一体感もアイドルには大事なんだよ!?」

雪穂「だからってステージのマイクをお客さんに向けなくてもいいでしょ!」

雪穂「というか今漫才の最中だからアイドル関係ないよ!?第一一体感って何!?」

穂乃果「まったく雪穂はうるさいんだから」

雪穂「お姉ちゃんが原因だからね!?」



穂乃果「アイドルといえば、近所の秋葉原にもアイドルグループがいますよね」

雪穂「いますね」

穂乃果「AKB48ですよ」

雪穂「かなり有名になりましたね」

穂乃果「ところで皆さん、”AKB48”ってどういう意味か御存知ですか?」

雪穂「ああ、これはわかる方もいらっしゃると思いますね」



穂乃果「赤ん坊生後48か月」

雪穂「2歳の赤ちゃんじゃないよ!どういうアイドルグループなの!?」

雪穂「”AKB”は”秋葉原”のことだよ!48も”生後48か月”って意味じゃないからね!?」

穂乃果「へー」

雪穂「関心を持って!」



穂乃果「まあ最初のスクールアイドルの話題ですけれども」

雪穂「しっかりしてよね…」

穂乃果「スクールアイドルとはいえ、歌とダンスができなければいけないわけです」

雪穂「アイドルですからね」

穂乃果「そこで、せっかくですので少しだけ歌とダンスを披露させていただきますね」

(客席から拍手)

ほのゆき「拍手ありがとうございます」

穂乃果「それでは、いきます!」



穂乃果「めでためーでーたーのー♪わかーまーつさーまーよー♪」

雪穂「ストーップ!」

穂乃果「なんで止めるのさ!」

雪穂「何の曲なのこれ!?」

穂乃果「花笠音頭って山形の民謡だけど?」

雪穂「まさか民謡を歌うとは思わなかったよ!ダンスというか踊りだし!」

穂乃果「山形県出身の方だっていらっしゃるかもしれないでしょ!」

雪穂「そうかもしれないけどアイドルの話題から民謡歌う!?」

穂乃果「やっぱり民謡より演歌の方がよかったかな?」

雪穂「そういう問題じゃないよ!」

穂乃果「もう!雪穂はさっきから怒ってばかりだよ!」

雪穂「全部お姉ちゃんのせいだからね!」

穂乃果「えっ!?もしかして雪穂…」



穂乃果「漫才終わらせたいの!?」

雪穂「そうだよ!」

穂乃果「雪穂!いい加減にして」

雪穂「私の台詞だよ!止めさせてもらうからね」



ほのゆき「ありがとうございました!!」





穂乃果「終わった…」

雪穂「普通にμ’sメンバーとその家族がいたね…」

穂乃果「A-RISEさんもいたよ…」



ことり「優勝かなあ…」
海未「優勝でしょう…」
凛「優勝だろうね…」
花陽「優勝だね…」
真姫「優勝だわ…」
希「優勝やん…」
絵里「優勝よ…」
亜里沙「優勝かも…」
にこ「優勝よね…」
こころ「優勝です…」
ここあ「優勝だよね…」
こたろう「ゆうしょう…」
ツバサ「優勝ね…」
英玲奈「優勝だな…」
あんじゅ「優勝かしら…」



雪穂「全員期待してるような顔してる…」

穂乃果「あはは…」

「さあ結果発表ですが…今回はなんと!審査員の意見は満場一致です!」

穂乃果「へえ…すごい」

雪穂「誰なのかな?」

「音ノ木坂町内漫才大会優勝は…」



「”ほのゆき”の高坂穂乃果さん、高坂雪穂さんの姉妹コンビです!」



ほのゆき「えっ」

ほのゆき「ええーーっっ!!??」



「おめでとうございます!協議に入ってすぐに審査員が全員…」

「”ほのゆきの姉妹漫才が優勝だ”ということで一致しました!」

穂乃果「ありがとうございます…」

雪穂「あ、ありがとうございます…」

「それでは優勝賞品を差し上げます」

穂乃果(そういえば、賞品なんて聞いてなかったね)

雪穂(まあ、優勝したんだから堂々ともらおうよ)



『穂むらの饅頭1週間分』



ほのゆき「」

高坂母「あら、うちの娘が優勝?ばつが悪いから、1週間限定で特売しましょう」

高坂父「…(そうだな)」

「そして副賞がこちらです!」



『ロシア料理店”赤いサラファン”御食事券 兼 名物ピロシキ優先券』



ほのゆき「」

観客席のえりあり「ハラショー」

「そして漫才の様子は、Youtubeにノーカットで掲載させていただきます!」

「なお、保護者の方からは個人情報使用及び肖像権等について既に同意いただいておりますことを申し添えます」

ほのゆき「」



ほのゆき漫才動画は瞬く間に驚異的な再生回数を記録したとかしないとか…

その後の、μ’sのラブライブ!優勝にも貢献したとかしないとか…?





ありがとうございました。(了)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ほのゆき「漫才…?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。