梨子「うぃーひっく……」曜「梨子ちゃん飲み過ぎだよ……」

シェアする

曜-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:35:27.34 ID:DLgCWHwC
※二十歳超えてる設定です。お酒は二十歳になってから!


曜・梨子「「かんぱ~い!」」


曜「いや~まさかこうして梨子ちゃんとお酒を飲む日が来るとはね」

梨子「うん……こうして会うの、ちょっと久しぶりだしね……千歌ちゃんは?」

曜「おうちの方が忙しいみたいで今日はパス。まぁ、また近くにでも飲もうよ」

梨子「そうだね。千歌ちゃんともお酒、飲んでみたいし。というか、今日は曜ちゃんの家でよかったの?」

曜「いいのいいの。こっちの方が安く済むしね~。おつまみは曜ちゃんにお任せ!」

梨子「ふふっ、楽しみだな~」

曜「ちなみに梨子ちゃんって、お酒強いの?」

梨子「私? 多分強くはないけど……普通かなぁ?」

曜「へぇ~、そうなんだぁ……」

元スレ: 梨子「うぃーひっく……」曜「梨子ちゃん飲み過ぎだよ……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:39:01.22 ID:DLgCWHwC
梨子「――あぁー飲まなきゃやってらんない! 時代が悪いのよ時代がぁ!」

曜「お、落ち着いて梨子ちゃん……」

梨子「これが落ち着いてられるかってーの! ゴクッゴクッ……うぃーひっく」

曜「梨子ちゃん飲みすぎだよ……」

梨子「飲み過ぎてないもん! 酔ってないもん!」

曜「ええ……」

曜(まさか梨子ちゃんが悪酔いするタイプだったとは……なんか学校で嫌なことでもあったんだろうか)

梨子「うぃー……にしても曜ちゃん……」

曜「……うん?」

梨子「……すっごいかわいくなったね~」

曜「……はい?」
5: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:44:36.91 ID:DLgCWHwC
梨子「高校の頃からすっごいかわいかったけどさー……卒業してからもっとかわいくなったよね」

曜「え、えー、そんなことないよー……」

梨子「ちょっと大人っぽくもなったし……ついでに、ここも大きくなったし」

曜「ひゃっ! ど、どこ触ってるの梨子ちゃん!」

梨子「いいじゃな~い、減るもんじゃなしー……。彼氏とかいたりするの?」

曜「えっ? い、いないけど……?」

梨子「うっそー! こーんなにかわいいのに? こんなにかわいいのに?」

曜「なんで2回も言ったの……それを言ったら、梨子ちゃんだって、すごい綺麗になったよね」

梨子「ホント? 惚れちゃった?」

曜「ほ、惚れてはないけど……梨子ちゃんこそ、恋人とかいないの?」

梨子「……」

曜(あ、聞いちゃまずかったかな……)
6: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:48:16.87 ID:DLgCWHwC
梨子「……いないよ、そういう人」

曜「あっ……そう、なんだ……」

梨子「……あーあ、曜ちゃんみたいな良い人がいれば、すぐにでも恋人にしたいんだけどなぁ」

梨子「というか曜ちゃん、彼氏いないんなら私と……」

曜「へ、変な冗談言わないでよ~」

梨子「……冗談じゃなかったとしたら?」

曜「え……?」

梨子「……う、うそうそうそ! 冗談でした! 梨子ちゃんジョークでした!」

曜「ははは! だ、だよね!」

梨子「……」

曜「……」

梨子「……もう1本飲む!」プシュ!

曜「ちょ! 梨子ちゃん飲みすぎだってばー!」

梨子「飲まなきゃやってらんないのよー!」
8: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:51:32.98 ID:DLgCWHwC
梨子「うぃーひっく……ふふ、曜ちゃぁん……」

曜「り、梨子ちゃん……べろんべろんに酔ってるね……」

梨子「えへへ、酔ってないですー……」

曜(さっきから追加で数本飲んでもはやこんな状態……抱き着いて絡んでくるのでちょっと面倒です……)

梨子「それにしても曜ちゃん……ホントかわいい……ホントに彼氏いない?」

曜「い、いないよ? さっきも言ったでしょ?」

梨子「ふぅん……じゃあ……」

曜「……?」

梨子「……曜ちゃんとちゅーしたい!」

曜「は、はは、はぁ?!」

梨子「ちゅーしたーい!」

曜「はいいいい?!」
12: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 22:54:32.25 ID:DLgCWHwC
梨子「ちゅーだよちゅー? ちゅー……」

曜「だ、ダメダメ! ダメだよその……き、キスとかぁ!」

梨子「なんで? 別にちゅーくらいいいじゃんー……それとも曜ちゃん、私のこと嫌い……?」ウルウル

曜「き、嫌いじゃないけど! ないけどぉ……」

梨子「……ないけど?」

曜「ほ、ほら! キスとかはさ、恋人同士でするものだから! 私たち、そういうのじゃないじゃん?」

梨子「ふぅん、そっか……そうだよね……」

曜「分かってくれた?」

梨子「うん、分かった」

曜「ほっ……」

梨子「じゃあ梨子ちゃん、今から曜ちゃんと恋人になりまーす!」

曜「分かってねえええええ!」
15: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 23:01:51.65 ID:DLgCWHwC
梨子「なんで? 恋人同士ならキスしていいんだよね?」

曜「そ、そうですけど……」

梨子「じゃあ恋人になればいいんだよ!」

曜「た、確かに間違ってない! 盲点だった!」

梨子「ふふっ……じゃあこれで曜ちゃんとちゅーできるね」

曜「ま、待った待った! 恋人ってさぁ、そんな簡単にはなれないでしょ? お互いに好き合うとじゃないとさぁ……」

梨子「私、曜ちゃんのこと好きだよ?」

曜「……へ?」

梨子「曜ちゃんのこと、好き。曜ちゃんは、私のこと、好き?」

曜「え、ええ? い、いや、あの……」

梨子「ねぇ……好き?」

曜「……す、好き、かも……」

梨子「じゃあ、これで恋人だね……」

曜「え、あ……」

梨子「……」

曜(うわああああ梨子ちゃんが近づいてくる――!)

曜「…………あれ?」

梨子「……あっつい」

曜「……?」

梨子「……シャワー浴びてくる」

曜「……え?」
18: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 23:06:18.95 ID:DLgCWHwC
梨子「汗かいた! シャワー浴びる!」

曜「え、ああ……しゃ、シャワー……」

梨子「じゃあお風呂借りるねー!」

曜「ど、どうぞ……」

ドタドタ
ヌギヌギ

曜「……じ、自由だなー、梨子ちゃん……まさかこんなに面倒な酔い方するとは……」

曜「……そ、それにしてもなんだったんだ、さっきのは……あやうく梨子ちゃんと……///」

梨子「ようちゃ~ん?」

曜「は、はいい!? ななな、な~に?」

梨子「あのねー、今から私お風呂入るんだけどー」

曜「う、うん」

梨子「……覗かないでね?」

曜「え、なに?」

梨子「私の裸みたいからって、絶対に覗かないでね? いい? 絶対だからね?」

曜「う、うん、分かった……」

梨子「絶対だからね!」

曜「……?」
25: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 23:17:10.39 ID:DLgCWHwC
曜「はぁぁぁ……な、なんかどっと疲れた気がする……いつもあんななのかな、梨子ちゃん」

曜「これは次飲むかどうかも考えものだな……千歌ちゃんは知ってるのかな、梨子ちゃんの酒癖」

曜「……すごい変な汗かいたなぁ……私も後でシャワー浴びよ」


……30分後


曜「……ていうか……」

曜「……シャワー長くね?! い、いや、女の子ってこんなもんかな……」

曜「すごい酔ってるし、心配だな……大丈夫かな?」


曜「梨子ちゃ~ん、おーい、おーい」コンコン

シーン……

曜「梨子ちゃん……まさか!?」ダッ!

曜「梨子ちゃん!? 梨子ちゃんっ?!」

梨子「うぅ……う……あ、曜ちゃん……やっと来てくれた……」

曜「梨子ちゃん大丈夫!? すごいぐったりして……」

梨子「もぉ……覗かないでって言ったら、覗きに来るのが普通でしょ? 来るのが遅いよ、曜ちゃん……」

曜「梨子ちゃんが何言ってるか分かんないよ……」

梨子「えへへ……裸見られちゃった……これはもう責任取ってもらわないとね……」

曜「訳分かんないこと言ってないで! 早くお風呂から出よう!」

梨子「う、うぅ……うう……」
28: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 23:22:37.50 ID:DLgCWHwC
梨子「――う、うーん……」

曜「あ、やっと起きた、梨子ちゃん」

梨子「曜ちゃん……? 私、いつの間にか寝ちゃってた……?」

曜「うん……お風呂場でのぼせてたんだよ」

梨子「そうだったんだ……ごめん、迷惑かけて……」

曜「別にいいよ、梨子ちゃんが無事なら」

梨子「ありがとう、曜ちゃん……て、ていうか、これ、膝枕……」

曜「こ、これは不可抗力ってやつ!」

梨子「……えへへ、ちょっと得した気分かも」

曜「こっちはすごい心配だったんだからね!」

梨子「ごめんごめん、以後気を付けます」

曜「まったくもう……梨子ちゃんがあんなに悪い酔い方するタイプとは思わなかったよ」

梨子「……恥ずかしいところ見られちゃったね」

曜「こっちもすごい恥ずかしかったんだからね!」

梨子「? どういうこと?」

曜「お、覚えてないのー!?」
34: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/10(日) 23:38:14.76 ID:DLgCWHwC
曜「梨子ちゃん、酔っ払ってる時にすっごい私に迫ってきて」

梨子「うん……それで?」

曜「それでいきなりあんなこと言いだして――こ、この先は恥ずかしくて言えない!」

梨子「ええー! 何それ、私何したの?」

曜「わ、忘れた梨子ちゃんが悪いよ! ……自分だけ恥ずかしい思いしたみたいで悔しい……」

梨子「ね、ねぇ曜ちゃん? 私、まずいことした?」

曜「かなり危なかったんだからね!」

梨子「危なかったの!? ますます何したか気になるんだけど……」

曜「ああもう……あの時のあれは全部嘘だったの……?」

梨子「そ、そんな目で見られても……」

曜「うう……梨子ちゃんのバカ!」

梨子「あ、あー……でも、曜ちゃん、私ね……」

曜「もう何! 梨子ちゃん! 本当に恥ずかしか――」

チュッ

梨子「……ちゅーしたいってのは、本当のこと、かな?」

曜「……」ポーッ


曜(……お酒くさ)


初めてのキスはお酒の味だったとさ
おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「うぃーひっく……」曜「梨子ちゃん飲み過ぎだよ……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)