千歌「ケーキたべたい」

シェアする

千歌-アイキャッチ35
2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:25:20.91 ID:RyAKNfaa
千歌「はいじゃあマスドライバーでカエル射出しておしまいね」

千歌「ぬわーやーらーれーたー」

千歌「...」

千歌「1人先攻ワンキルごっこほど虚しくなるものはないね。2度とやらないでおこう」

千歌「はーぁ、それにしても暇だなぁ」ゴロン

千歌「」スマホスイスイ

千歌「うわぁ...美味しそうなケーキ」

千歌「ケーキかあ...前に食べたのいつだったかな」

千歌「何だか食べたくなってきちゃった」

千歌「よーし、いつものアレやりますか」スック

千歌「まずは>>5を呼ぼう!」

元スレ: 千歌「ケーキたべたい」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/12/14(木) 00:30:07.18 ID:rK03bKbA
ルビィ
5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2017/12/14(木) 00:30:10.18 ID:bglbkV6F
ルビィ
7: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:34:43.98 ID:RyAKNfaa
千歌「取り敢えずいつもの」プルル

『はい』

千歌「あっルビィちゃん?あのね」

『言わなくてもわかってます』

千歌「あ、やっぱり?」

『うゅゅ...今回は多分』

『コロッケ!』

千歌「ケーキだよ」

『ピギッ...間違えちゃった』

千歌「何でもいいからダッシュね。そんじゃ」ピッ

千歌「ふぃー...間隔空いたからかな。ルビィちゃん、私の食べたいものを当てられなかったよ」

千歌「一発シメとかなきゃ」シュッシュ
9: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:39:26.20 ID:RyAKNfaa
千歌「ルビィちゃんまだかなー」

チカサ-ン!

千歌「おっ、きたきた」ドタドタ

ルビィ「お...お待たせしました」ハァハァ

千歌「いやー、ありがとね」

ルビィ「いえいえ、千歌さんにパシられることは喜ばしいことですから」

千歌「流石!それでこそルビィちゃんだよ!Aqoursの犬!」

ルビィ「えへへ」

千歌「あ、でも私が食べたいものを当てられなかったのはマイナスポイントかなー」

ルビィ「ごめんなさい!まさかここに来て甘いものだと思わなくて」

千歌「私の気持ちを読み取れないルビィちゃんには気合いを入れ直してもらうよ!」

ルビィ「ピギッ...き、気合いの入れ直しですか?」

千歌「ていっ」マワシゲリ

ルビィ「あうっ」
10: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:41:22.98 ID:RyAKNfaa
千歌「はい、これでおーしまい」

ルビィ「お、おす!」

千歌「さてさて、頼んだものは持ってきてくれた?」

ルビィ「あ、はい」

ルビィ「どうぞ」

千歌「おぉー!もしかして最速で終わる?終わっちゃう?」パカ

>>13 ルビィの持ってきたもの
13: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/14(木) 00:42:47.24 ID:DdJeICZt
コロッケw
15: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:47:59.02 ID:RyAKNfaa
千歌「は?」

ルビィ「ごめんなさい!実はもう用意してて...」

千歌「ねぇ待ってよ。私ケーキって言ったよね?何でコロッケなの?」

ルビィ「うゅ...」

千歌「あーあ、これじゃあルビィちゃんは舎弟失格だよ」

ルビィ「そんな...!千歌さんの舎弟じゃなくなったらルビィは...ルビィは」

千歌「んー、ただの可愛い後半かな?」

ルビィ「!!!!」ガ-ン

ルビィ「ピギッ...ピギッ」ポロポロ

ルビィ「ピギャァァァァァ!!!!!」ビエ-

千歌「えっ!?」

千歌「あぁごめん!うそうそ!大丈夫!大丈夫だから落ち着いて!!」

ルビィ「ルビィは後輩!ルビィはもう舎弟じゃないんだー!!」ビエ-

千歌「美味しい美味しい!コロッケ美味しいよ!ほら!あつあつサクサクでお腹にちょうどいい感じ!」
17: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:51:10.17 ID:RyAKNfaa
千歌「いやー!さっすがルビィちゃん!こんな美味しいコロッケ持ってきてくれるなんてやっぱりルビィちゃんは私の舎弟だよ!!」

千歌「ほら、コロッケのおかげでティラノサウルスのものまねもこんなに上手に!」ノッシノッシ

ルビィ「ほ、ほんと...?」ウルウル

千歌「ホントホント!こんなのルビィちゃんしか持ってきてくれないもん!」

ルビィ「グスッ...よかった。ルビィ、舎弟のままでいいんですね」

千歌「もちろん!」ギュ

ルビィ「千歌さん、次は必ず頼まれたものを持ってきます!」

千歌「うん!よろしくね!」
18: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 00:53:11.10 ID:RyAKNfaa
千歌「はぁーあ、ホント使えるんだか使えないんだか」モグモグ

千歌「にしても美味いな...やっぱり金持ちはコロッケからも違うもの食べてるんだろうなー」

千歌「よし、次行ってみよう!」

千歌「えっと...次は」

千歌「>>21にきーめた」
21: 名無しで叶える物語(家) 2017/12/14(木) 00:56:05.62 ID:B3sSfA+s
23: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:00:40.75 ID:RyAKNfaa
千歌「曜ちゃんは定期的に呼んどかないとヤバいことがわかったもんね...」プルル

『もしもーし?千歌ちゃん?』

千歌「曜ちゃん今暇ー?」

『今トレーニング中だけど、もうそろそろ切り上げるつもり』

千歌「あっ、そうだったんだ」

『どうかしたの?』

千歌「いやー、無性にケーキが食べたくなっちゃって」

『ケーキかぁ...うんわかった。今学校だから帰りに千歌ちゃん家に寄るね』

千歌「はいはーい」

『それじゃまたあとでー』ピッ

千歌「トレーニングかぁ...やっぱりアスリートだなぁ」

千歌「それに比べて私は...」プニ

千歌「ま、まぁ一般的な高校生レベルだよね。うん!」
24: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:04:04.19 ID:RyAKNfaa
ピ-ンポン

千歌「おっ、曜ちゃんかな?」

千歌「はーい」

タカミサ-ンタッキュウビンデ-ス

千歌「(宅急便か)」

千歌「ハンコハンコ...」

千歌「あ、どうもご苦労様です」

千歌「美渡姉か...何買ったんだろう?やけに軽いけど」

千歌「ま、いっか。この辺おいとこ」ポイッ

曜「千歌ちゃ~ん」

千歌「あっ曜ちゃん!」
25: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:06:20.16 ID:RyAKNfaa
千歌「お疲れ様ー」

曜「いやー疲れた」

千歌「ごめんねわざわざ呼んじゃったりして」

曜「いいよいいよ。私も甘いもの食べたかったし」

千歌「お、じゃあ私って気が利く?」

曜「うーん、ケーキ代も出してくれるなら」

千歌「それはちょっと...私の財布的に」

曜「もー千歌ちゃんったら」

千歌「それでそれで買ってきてくれた?」

曜「うん!はいどうぞ」

>>28 曜の持ってきたもの
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/14(木) 01:08:40.90 ID:NdJYe1QD
ジャイロコンパス(航海計器)
31: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:14:02.31 ID:RyAKNfaa
千歌「えっ、何これ...」

曜「あれっ?」

千歌「曜ちゃん...すごくお洒落なケーキだね」

曜「ち、違うよ!これはケーキじゃなくてコンパス!」

千歌「へー」

曜「嘘待って...買ったあと手に持ってたはずなのに」

曜「違う違う...これは違うよ千歌ちゃん」

千歌「そりゃそうでしょ。とんでもない馬鹿でもない限りケーキとコンパスを間違えたりしないよ」

曜「バスに置き忘れたのかな...あーもう最悪だ」

千歌「仕方ない...これを切り分けるか」グイグイ

曜「地味に高いからやめて!」
32: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:18:07.96 ID:RyAKNfaa
千歌「あーあ、曜ちゃん信じてたのに」

曜「ごめん!本当にごめん!!」

千歌「もういいよ。疲れてたんだししょうがない」

曜「千歌ちゃん...」

千歌「まだまだ人はいるんだから、一緒に食べようよ。ね?」

曜「うん!」ギュ

千歌「え、何でここで抱きつくん?おかしくない?」

曜「...」

千歌「塩素臭いから離れて」グイ

千歌「ほら、次の人呼ぶから」

曜「次は誰にするの?」

千歌「うーん...」

千歌「>>35で」
35: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:24:16.54 ID:4pkM3A2L
梨子
38: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:29:10.56 ID:RyAKNfaa
千歌「梨子ちゃんなら美味しいケーキの1つや2つ持ってそうだよね」

曜「わかる。ピアノを弾いたあと一息つくためにストックしてそう」

千歌「というわけで呼び出そうか」

ピポピポピポピポピポピポ-ン

梨子「インターホン壊れるからやめて!」

千歌「うぃーっす、どうもー千歌でーす」

曜「ヨーソロー!」

梨子「曜ちゃんまで...どうかしたの?」

千歌「梨子ちゃん今暇?」

曜「暇だったらお願いがあるんだよね」

梨子「お願い?まさか...」

千歌「そう!そのまさか!」

曜「我々はケーキを欲するのであります!」
39: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:32:11.48 ID:RyAKNfaa
梨子「ケーキ!?」

千歌「今とっても食べたくて食べたくて」

梨子「で、曜ちゃんは呼ばれたのね」

曜「うん、でもバスに置いてきちゃって」

梨子「はーつっかえ」

梨子「それじゃ、千歌ちゃんちで待ってて。あったら用意してくるから」

千歌「わーい!」

曜「さっすが梨子ちゃん!アソコに痺れる憧れるゥー!」ビクビクン

梨子「あったらよ?」

千歌「じゃ、戻ってよか」

曜「そだね」
40: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 01:36:47.41 ID:RyAKNfaa
千歌「梨子ちゃんまだかなー」

曜「確かに、ケーキ用意するだけなのに遅いねー」

千歌「何ケーキかな?」

曜「やっぱり苺のショートケーキだよ!」

千歌「王道を征くなぁ」

曜「千歌ちゃんは?」

千歌「うーん...今はケーキなら何でもいいかな」

曜「実は私も」

梨子「入るよー?」ガチャリ

梨子「お待たせー」

千歌「んもぅ遅いよ!」

梨子「あら、そんなこと言うならナシでもいいんだけど?」

千歌「うそうそ!ありがとね梨子ちゃん!」

曜「何かな何かなー」

>>43 梨子の持ってきたもの
43: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2017/12/14(木) 01:41:43.97 ID:bglbkV6F
一平ちゃんショートケーキ味
52: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 21:55:16.34 ID:RyAKNfaa
千歌「...」

曜「...」

梨子「え、何その反応」

千歌「梨子ちゃん、梨子ちゃんはこれがショートケーキに見えるの?」

梨子「いや、カップ焼きそばだけど...」

曜「はいっ!梨子ちゃんの頭がおかしいに1票であります!」

千歌「梨子ちゃんは気が狂ってるに1票です!」

梨子「頭もおかしくないし気も狂ってない!」

千歌「じゃあ何!?これは何なの!?」

梨子「ケーキ味でしょ!?ケーキなら何でもいいじゃない!」

曜「んなわけあるかよ」

千歌「あーあ...梨子ちゃんケーキ持ってきてくれると思ったのに」

梨子「ケーキあるじゃん。食べなよ」

曜「梨子ちゃんは剥き出しの地雷にヒップドロップするの?」

千歌「どう見てもマズいでしょ...食べないよ。私」

梨子「じゃあいいわよ!私だけ食べるから!!美味しくてもあげないからね!!」

曜「おー食え食え」
53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 22:01:52.08 ID:RyAKNfaa
梨子「作ってきたよ!」

千歌「うっ...なにその匂い」

曜「千歌ちゃん、そろそろ作曲出来る子を探した方がよさそうだよ」

梨子「わーおいしそーだなー」

梨子「うーんいいにおいだなー」

千歌「すっげー棒読み」

梨子「さ、さぁ食べるぞー!」プルプル

曜「手、震えてますよ?」

梨子「武者震いよ!」プルプル

千歌「今の内に他の人呼んどこ」

梨子「」ズゾゾ

梨子「!!」

梨子「...」

曜「あっ、手の震えが止まった」

梨子「」サ-

千歌「梨子ちゃんが真っ白に!!」

曜「そら(目に見えた地雷を踏んだら)そう(真っ白にもなる)だよ」
54: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 22:19:18.51 ID:RyAKNfaa
梨子「あー、何か違う世界が見えた」

千歌「おかえり」

梨子「くそぅ...このマズさを2人にもわかってもらいたい」

曜「絶対やだよ」

千歌「これ食べるくらいなら死んだ方がマシかな」

梨子「2人がケーキ食べたいって言うから持ってきたのよ!?なら食べるべきだと思うんだけど!?」

千歌「梨子ちゃん自分から食べ出したじゃん」

曜「全部食べなよ?」

梨子「無理無理無理!絶対無理だよ!」

千歌「梨子ちゃん」

千歌「ファイトだよっ!」
55: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 22:20:44.05 ID:RyAKNfaa
梨子「」チ-ン

曜「惜しい仲間を亡くしちゃったね」

千歌「うん、都会出身にしてはいい子だったよ」

曜「さてと、次行こっか」

千歌「そだね」

千歌「次はえっと...>>58で」
58: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/14(木) 22:22:40.82 ID:+aNcedR1
かなん
59: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 22:32:27.01 ID:RyAKNfaa
曜「果南ちゃんかー」

千歌「果南ちゃんもよく呼んでるから、呼びやすいんだよね」プルル

『もしもし?』

千歌「あっ果南ちゃん?暇でしょ?」

『勝手に決めつけないでよ』

千歌「もしかして忙しい?」

『超暇』

千歌「だよね!果南ちゃんのお店にお客さんいることないもんね!」

梨子「しれっと毒吐くなぁ」

『で、何か用かなん?』

千歌「ケーキ!ケーキ食べたい!」

『ケーキ?』

『ごめん、今月ピンt「よろしくー!」

千歌「流石果南ちゃん。二つ返事でOKしてくれたよ」

曜「持つべきものは幼馴染だよね!」

梨子「OKしてたの!?」
60: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 22:36:09.46 ID:RyAKNfaa
梨子「そう言えば曜ちゃんの持ってきたものって何?」

曜「ジャイロコンパスだよ」

千歌「曜ちゃんったら、食えもしないもの持ってきやがったんだよね」

曜「これしかなかったんだよぅ」

梨子「あー、ケーキと計器をかけたのね」

千歌「へ?」

曜「え?」

梨子「いや...ケーキと計器でしょ?」

千歌「おー!そう言う意味だったのか!」

曜「いやいや!そんなことないよ!梨子ちゃんよく思いついたね~!」

千歌「私と一緒にいるおかげで梨子ちゃんもセンスが磨かれてきたね」

梨子「えぇ~」
63: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 23:04:17.94 ID:RyAKNfaa
果南「やほー」

千歌「あっきたきた」

果南「んもー、話はまだ終わってなかったのに」

千歌「まぁまぁ、果南ちゃんだったら来ると思ってたし」

果南「ホントに今月ピンチなんだってば」

曜「でも来てくれたんだ」

果南「それは...千歌が可哀想だと思ったから」

千歌「そうなんだよ!私、可哀想なの!幼馴染は無能で隣に住む都会っ子は頭おかしい!」

果南「そりゃ災難だね」

曜「私人殺しなんて初めてだから緊張しちゃうなー」

梨子「2人だから平気だよ~」

果南「わーお」

千歌「で、持ってきてくれた?ケーキ」

果南「...」

果南「期待しないでよね?」

>>66 果南の持ってきたもの
66: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2017/12/14(木) 23:08:30.77 ID:/7rLxM4F
マリから貰ったイエローケーキ
73: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 23:38:14.80 ID:RyAKNfaa
千歌「何これ」

梨子「すっごい黄色い...」

果南「イエローケーキだって。この前鞠莉に貰ったんだけどウチじゃよくわかんなくて」

千歌「これ、ケーキなの!?」

梨子「いやー千歌ちゃんの求めるケーキとは違うような」

曜「イエローケーキはウラン鉱石精製の過程の濾過液から得られるウラン含量の高い粉末なんだよ」

千歌「ほぇー」

曜「鉱石の種類により様々な製法が用いられるけど、通常は鉱石を粉末状にし、化学処理して刺激臭を持つ粗粉末を作るの。これは水に不溶で約80%の酸化ウランを含み、約2880℃で融解するんだって」

曜「鉱石は破砕機でパルプ状に粉砕され、その後さらに濃酸、アルカリまたは過酸化物溶液で処理されるんだよ。これを乾燥、濾過した後に残ったものがイエローケーキだよ」

梨子「コピペ乙」

千歌「じゃあ食べられないのか~残念」

果南「ケーキなのにケーキじゃないとは」

曜「ロクなの持ってこないね。毎回毎回」

果南「あ?」

梨子「千歌ちゃん、どうするの?」

千歌「うーん...親戚が飼ってるガボラにでもあげよう」
77: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 23:49:14.59 ID:RyAKNfaa
千歌「うーん...中々ケーキにたどり着かないなぁ」

曜「梨子ちゃんの頭が正常なら」

梨子「曜ちゃんがバスに忘れるような馬鹿じゃなかったら」

(*> ?E*)三⊃)^ノ。 ^リ∴:. ガッ


ボカスカ

千歌「くよくよしてても仕方ないよ!次行こう次!」

千歌「次は>>78に!」
78: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2017/12/14(木) 23:49:45.35 ID:ocvW8y7N
シャイニーお姉さん
80: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/14(木) 23:57:47.18 ID:RyAKNfaa
千歌「ここは鞠莉さんだよ!」

曜「おっ、ここにきて強そうなのが」

梨子「鞠莉さんなら美味しいケーキ持ってきてくれそうだよね」

千歌「うん!」プルルル

『あらちかっち、どうかしたの?』

千歌「鞠莉さん、今暇ですか?」

『んー、今病院の娘さんとロー○スロイスでチキンレースしてるの』

千歌「クソが死ねよ」

『えっ』

千歌「いやー楽しそうでいいですねー」

『私の聞き間違いかしら?今クソが死ねよって』

千歌「えー?聞き間違いですよー?」

『な、ならいいんだけど...取り敢えず終わったらそっち行くから。何か欲しいものある?』

千歌「はい、ケーキ持ってきて欲しいです」

『ケーキねわかったわ。それじゃ』

ヴェェェェ!!!!!

グシャッ

ドカーーーーーーン!!!!!

千歌「...」

千歌「(携帯の向こうから爆発音が聞こえたんだけど大丈夫なのかな)」
81: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 00:52:56.88 ID:FicggV0S
曜「チキンレース!?」

梨子「鞠莉さんらしいなぁ...」

千歌「しかも相手はお医者さんだって!」

曜「金持ちの考えることはよくわかんないよ...」

鞠莉「曜も金を持てば良くわかるわよ?」モミッ

曜「わひゃあっ」プシャッ

鞠莉「チャオー☆」

梨子「ホいつの間に!?」

千歌「あの...大丈夫ですか?色々と」

鞠莉「んー?私は至って正常よ?」

梨子「常におかしいんですね」

鞠莉「ぶん殴るわよ?」

千歌「まーりさんっ!約束のものは...」

鞠莉「そうだったわね。はい、どうぞ」

>>84 鞠莉の持ってきたもの
84: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/15(金) 00:56:59.43 ID:q8SRLim9
フォークが刺さらないぐらいカッチカチに凍ったアイスケーキ
88: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:05:48.40 ID:FicggV0S
千歌「おおっ!ケーキだ!!」

曜「えっホント!?」

梨子「ガチのマジでケーキだよ...」

鞠莉「チキンレースの報酬にって、相手方から貰ったのよ☆」

千歌「ありがとうございます!」

梨子「やったね千歌ちゃん!」

曜「やっとケーキが食べられるよー」

千歌「あ、しかも普通のケーキじゃなくてアイスケーキだ」

鞠莉「シャレオツでしょ?」

千歌「初めて食べます」

曜「このクソ寒いのにアイスケーキとか舐めてんのかって思いますね」

鞠莉「ねぇ曜、私のこと嫌い?さっきおっぱい触ったから?」
89: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:10:14.72 ID:FicggV0S
千歌「よしじゃあ切り分けるよ」

曜「ナイフ大丈夫?」

梨子「間違えて指とか切らないでね...」

千歌「その時はロウソク代わりってことで」

鞠莉「何本逝く気よ」

千歌「ぐぐぐ...固いなこれ」

鞠莉「溶けないようにしっかり凍ってるのね」

千歌「とりゃー!」バキッ

クルクルクルクルッ

ブスッ

梨子「」

曜「わぁっ!梨子ちゃんの方に包丁が飛んでった!!」

千歌「ごめん梨子ちゃん!まさかこんなに固いとは思わなかった!!」

梨子「」

鞠莉「白目剥いてるわよ」

曜「包丁が折れるほど固いアイスケーキって...」
90: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:15:13.48 ID:FicggV0S
千歌「うー...ダメだ。フォークも刺さんない」カチカチ

曜「カッチン鋼で出来てるケーキなのこれ?」

鞠莉「そんな訳ないわよ!」

千歌「こうなったら...チェーンソーで!」ギュインギュイン

曜「いつ買ったの!?」

千歌「いやー13日の金曜日ごっこしたくなった時用に」

曜「そんなの買うからお金無くなるんでしょ?馬鹿なの?」

千歌「」スッ

ギュインギュイン

曜「ごめんなさいゆるしてください」

千歌「じゃあ行くよ...」

ガガガガガガガガ!!!!!!

鞠莉「傷一つ付いてないわね」

千歌「このっ!とりゃ!切れろ!」

ガガガガガガガ!!!!!!

プスンプスン

千歌「んなぁ!?」

曜「チェーンソーの歯がボロボロだよ...」

鞠莉「ごめん、頭痛くなってきた」

梨子「」
91: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:19:26.08 ID:FicggV0S
千歌「仕方ない、程よく溶けるまで待とう」

曜「そうだね」

鞠莉「じゃ、私はそろそろ行かなきゃダメなところにあるから行くわ」

千歌「またチキンレースですか?」

鞠莉「ノンノン、今度はとある生徒会長とのロシアンルーレットよ!」

鞠莉「何とトカレフで勝負なの!テンション上がるわぁ!」

曜「千歌ちゃん、こりゃ本格的に部員の補充が必要になりそうだね」

千歌「うん、最期になりそうだから拝んどこ」ナムナム

曜「楽しかったですよ。鞠莉さんとのスクールアイドルごっこ」

鞠莉「ちゃんと帰って来るから!普通にわさびのお寿司だから!!」

梨子「」
92: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:22:38.37 ID:FicggV0S
梨子「ハッ!」

千歌「お目覚めかい?お嬢ちゃん」

梨子「鞠莉さんは!?」

曜「馬鹿やりにどっか行ったよー」

梨子「そうなんだ...それで、ケーキは?」

千歌「溶かしてるんだけど、一向に溶ける気配がないんだよね」

曜「溶けるどころかどんどん凍っていってるんだよ...」

梨子「絶対口に入れちゃいけない物質だと思う」

千歌「うん、だから>>95を呼んどいた」

曜「次こそまともなケーキが欲しい」

梨子「そうだね」
95: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2017/12/15(金) 01:23:57.76 ID:6ZKpbmG1
北海道妹
98: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:30:01.96 ID:FicggV0S
曜「理亞ちゃんか...」

梨子「何気に常連よね。セイントスノー」

曜「わざわざ北海道からよく来てくれるよ」

梨子「そうnガッシャァァァァァン

梨子「えっ!?何!?」

理亞「」

千歌「理亞ちゃんおっすー」

曜「ミサイルみたいに飛んで来たよ!?」

理亞「ミサイルそのもの...射出されて来た」

梨子「あっ、Jアラート鳴ったんだ」スマホチラ

理亞「もう何も驚かない。私は色んな意味で強くなった」

千歌「感謝してよね?」
100: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:34:19.90 ID:FicggV0S
梨子「千歌ちゃん、窓ガラスどうするの?」

千歌「寒っ!風が直撃だよ!!」

理亞「シベリアはもっと寒い」

曜「函館だろ」

理亞「...」

理亞「ボケたのよ/////」

千歌「あははー」

梨子「可愛いわね」

千歌「で、ケーキの方は」

理亞「ん」スッ

千歌「おーどれどれ?」

>>103 理亞の持ってきたもの
103: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/15(金) 01:35:20.03 ID:tl0X8Jbc
白い恋人
104: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:45:16.42 ID:FicggV0S
千歌「あーそっちかー」

曜「おおっ、ド定番!」

理亞「ケーキは爆散するからと姉様にこれを持たされた」

梨子「ケーキじゃないけどここに来てようやくまともなものが来たね」

千歌「うん、ありがど」ボロボロ

理亞「!?」

千歌「やっと...甘いものが手に入った...!」グスッヒック

理亞「ケーキじゃないの?」

曜「ほら、Aqoursってろくでなしばかりでしょ?私と千歌ちゃんを除いて」

梨子「千歌ちゃんのお願いを聞かない馬鹿ばっかりなのよ。私と千歌ちゃんを除いて」

理亞「なるほど」

千歌「ありがとう!ホントにありがとう!!」ギュ

理亞「わぷっ」

理亞「/////」
105: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:49:37.00 ID:FicggV0S
千歌「さてと、理亞ちゃんも無事に帰せたし最後にもうひとり呼ぼう」

梨子「無事だったのかなー?」

曜「ちゃんとガムテープ貼ったんだし。途中で浸水することはないでしょ」

千歌「さてと...気になる最後の一人は~?」

梨子「誰も気にしてないよ?」

曜「一々構ってられないから早くして欲しいかも」

千歌「酷い言われようだ」

千歌「はいじゃあ>>108ね」
108: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/15(金) 01:51:28.29 ID:SBqlw1V4
110: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 01:56:37.93 ID:FicggV0S
梨子「え、誰?」

曜「わかんない」

千歌「あっもしもし?うん、うん!よろしくー」

千歌「来てくれるみたいだよ!」

梨子「千歌ちゃん、今呼んだ人って」

千歌「あ、そっか。梨子ちゃん知らないよね。昔仲良かった人なんだ~。今は仕事であちこち飛び回ってるんだけど、久しぶりに内浦にいるんだって」

曜「あ、あー!思い出した!正月に1万円くれる人か!」

千歌「そう!その人!!」

曜「うわー久々だなぁ!」

梨子「1万円か...」

千歌「今は1万円よりもケーキだよ」

梨子「1万円あったらたらふくケーキ食べられると思うけど...」

千歌「ハッ!」
111: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 02:01:04.08 ID:FicggV0S
ピンポ-ン

千歌「久しぶりっ!!」

千歌「ささ、入って入って~」

曜「お久しヨーソロー!」

曜「相変わらず老け顔だなぁ」

梨子「...ど、どうも」

千歌「あ、この子はお隣に住んでる梨子ちゃんです」

梨子「桜内梨子です」ペコリ

千歌「都会っ子って感じでしょ?」

梨子「そんなことないよ!」

曜「ねぇねぇ、また仕事の話し聞かせて欲しいなー!」

千歌「あ!あとあと連絡した時に言ったよね!?」

千歌「さっすがー!」

曜「ケーキかな?ケーキであってよ」

梨子「(無口な人だなぁ...)」

>>114 俺君の持ってきたもの
114: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2017/12/15(金) 02:10:33.17 ID:6ZKpbmG1
ウェディングケーキ×3
118: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 13:20:23.10 ID:FicggV0S
千歌「これって...結婚式とかで出てくるケーキだよね!?」

梨子「すご...」

曜「3つあるってことは私達一人分なんだよね?」

千歌「いいの!?こんなに立派なケーキ...」

梨子「ウェディングケーキって結構いい値段するような」

千歌「うわーい!ありがとう!!」

曜「ね?食べていい?」

梨子「ウェディングケーキって食べれるのかな...というか勿体なくて切り辛い」

千歌「よし、さっきのチェーンソーで」

ギュインギュイン

曜「普通に包丁使おうよ!!」

千歌「えーだって取りに行くのめんどくさい」

ギュインギュイン

曜「危ないから電源切って!」
119: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 13:24:42.73 ID:FicggV0S
千歌「」グッショリ

曜「ほらやっぱり」

梨子「チェーンソーなんかで切るからだよ」

千歌「んもー!何でこうなるのー!?」

曜「こうなるも何も千歌ちゃんが悪いと思うよ...」

梨子「千歌ちゃん、私のあげるから元気出して」スッ

曜「私の!私のあげるから!!」

梨子「あ?」

曜「は?」

千歌「ごめんなさい...次からちゃんと食べます」

ギュッ

千歌「ほぇ?」

千歌「うん...ありがとね」
120: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 13:27:42.43 ID:FicggV0S
曜「ぎゃーっ!腕が!腕がぁ!!」

梨子「あーはっはっは!」

ギュインギュイン

曜「こっちだって!!」

梨子「ちょっ...頚動脈はダメだって!!」ブシャァァァァ

ギュインギュイン

千歌「...」モグモグ

千歌「ケーキおいひ」ニッコリ
121: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/15(金) 13:28:33.23 ID:FicggV0S
おしまい

曜ちゃんと梨子ちゃんは次はピンピンしてます
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「ケーキたべたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。