凛「太陽のあなたに」

シェアする

凛-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 17:41:37.61 ID:KB51qqK6
屋上

海未「ワン、ツー、スリー、フォー」パンパン

海未「真姫!もう少し大きく動いてください!」パンパン

真姫「ヴェエ...!ハイ...ッ」タンタンッ

海未「ことり!少し遅いです!」パンパン

ことり「は、はぁいっ!」タタンッ

凛「よっ、ほ.....あっ!わわっ」グラッ

穂乃果「よ、ほ、っと...って、わぁあ!」ビクッ

ドンッ!!

凛「...っ~~...あっ!ご、ごめん穂乃果ちゃん!」アセアセ

穂乃果「っう...ん?あ、だいじょぶだいじょぶ!それより、凛ちゃん怪我ない?」ササッ

凛「え、あ...だいじょぶにゃ!」

穂乃果「それならよかった!さ、続けよ?」スッ

凛「......」

元スレ: 凛「太陽のあなたに」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 17:46:53.37 ID:KB51qqK6
ーーお昼ーー

凛「...穂乃果ちゃん」ボソ

花陽「凛ちゃん、また言ってる!」

凛「え?あ...」

花陽「まだ気になってるの?」

凛「気になってるっていうか、ちゃんと謝ってないから...」

花陽「...ふふっ、凛ちゃん可愛いっ」クスッ

凛「!なーんで笑うにゃー!」プンプン

真姫「あ、凛いた!」ガラッ

凛「へ?真姫ちゃん?」

真姫「穂乃果が呼んでる。屋上きて、だって」

凛「え.....っ」ドキ


花陽「......」
3: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 17:51:40.06 ID:KB51qqK6
屋上

穂乃果「...ん?あ、凛ちゃんーっ」

凛「ほ、穂乃果ちゃん。あの、ごめんね本当に...」

穂乃果「え?ああ、朝のこと?だいじょぶだって。それより.....」スッ

凛「へ........」

穂乃果「私、凛ちゃんに伝えたいことがあるの
.....」サラッ...

凛「っ.....」ドキッ

凛(...ドキッ?)


穂乃果「......あのね、凛ちゃん...っ」

凛「な、何......?」ドキドキ
4: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 17:56:50.91 ID:KB51qqK6
穂乃果「わ...私.....凛ちゃんのことが.....っ....」

ダダッ

グッ

凛「にゃっ!?」ドキン

穂乃果「凛ちゃんのことが...好き!!」

凛「っーーー?!」カァァ

穂乃果「と、突然でごめんね...でも、今日の朝のことがあって、その時、私が彼女として凛ちゃんを守らなきゃなって決心してーー」

凛「いやいやちょ、ちょっとまって!?」カァァ

凛「どどどういうことっ?穂乃果ちゃん、凛のこと......」アワアワ

穂乃果「あ、す...好き......だよ、恋愛的?に...//」

凛「ちょ、え、あっ.....あの凛そういうのよくわかんなくて...」アワアワ
5: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:01:48.92 ID:KB51qqK6
穂乃果「あ、あの返事は...いつでもいいからっ!!」ダダッ

凛「あっ!ちょ....」

凛「......どういうこと...?」

ーーーー

花陽「.......え、そんなことが...」

凛「...うん。凛、最初はからかってるのかと思ったけど...」

凛「穂乃果ちゃんの顔.....すごく真剣で...汗も、すごくて....」

凛「本気、なんだって...思うようにしたにゃ」

花陽「....へーぇ」
6: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:07:42.37 ID:KB51qqK6
花陽「...凛ちゃんは...どう、するの...?」

凛「えっ?凛、は.....べつに...」

凛「穂乃果ちゃんのことは好きだけど、たぶんそういうのとは...違うから」

花陽「そっ...か、じゃぁ...」スッ


花陽「花陽は、どうかな...?」ズイッ

凛「........え?かよちん...?」

凛「あ、かよちんも大好き!当たり前にゃ!」

花陽「..................そっか...」

花陽「..........えへ......嬉しいな」スッ

花陽「じゃあとりあえず...練習いこっか...!もう始まっちゃうっ」タッ

凛「あ、本当だ!」ダッ


凛(......なんだろ、かよちん...今)タッタッ
8: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:16:42.06 ID:KB51qqK6
校庭

穂乃果「よーし、頑張ろーっ!」

ことり「やる気だね、穂乃果ちゃん♪」

絵里「さ、みんな!まずは5周よー!」

にこ「えぇ~にこ疲れたぁ~~」

真姫「全然走ってないじゃない........」

にこ「う、うっさい!」

希「ほらほら2人とも、走るよ♪」タッ

にこ「んもぅ!」タッ

海未「相変わらずですね、にこは....」

穂乃果「あはは...あ、凛ちゃんと花陽ちゃん...」
9: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:21:11.37 ID:KB51qqK6
穂乃果「り、凛ちゃん」タタッ

凛「......」ボーッ

凛(穂乃果ちゃんの返事...どうしよ...)ボーッ

穂乃果「凛ちゃん...?あの...」スッ


穂乃果「へ、へんじ.....どう?」ボソボソッ

凛「ーーーッ!!?」カァァァ

凛「わ、あ、そ、ほのっ穂乃果ちゃっ!」アワアワ

穂乃果「だ、だいじょぶ?」

凛「ご、ごめっ、凛...っ」

凛「凛、保健室行ってくるねっ!?」ダダッ

穂乃果「え?あっ...」

ことり「それなら、ことりもついてくよ!」
10: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:26:12.72 ID:KB51qqK6
保健室

凛「ごめんね、ことりちゃん...」

ことり「いいえいいえ~ことり保健委員だし♪」

凛「........」

ことり「凛ちゃん、どういう理由で保健室きた?」

凛「えっ、あー、ちょっと頭くらくらするから...」

ことり「おっけー...ええと、時間はー」カキカキ

凛「......」

ことり「......穂乃果ちゃんに、告白された?」

凛「っ!?なんで知って...」ドキィ

ことり「やっぱり♪そうだと思ったんだぁ~」フフッ

凛「えっ...あ.....!」カァァ

ことり「......ことりね、穂乃果ちゃんが話してくれたんだけど」
11: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:29:00.67 ID:KB51qqK6
ことり「穂乃果ちゃんがね...」

~~~~

穂乃果『ことりちゃん、あのね...』

ことり『んー?』

穂乃果『...私、凛ちゃんのことが好きなんだ...。そろそろ、告白したくて』

~~~~

ことり「ーーって」

凛「そ、そうなんだ...//」

ことり「...それでね、穂乃果ちゃんこう言ってたの」

ことり「『凛ちゃんのことがすごく好き』」
12: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:36:42.47 ID:KB51qqK6
ことり「『元気で明るくて、周りも明るくさせて』」

凛「.....」

ことり「『でも本当は乙女で、恥ずかしがり屋なとこもあったり』」

凛「...!」

ことり「『自分に自信がなかったり、ほんとの気持ちが言えなかったり...だけどそんな凛ちゃんが』」

ことり「『そんな、可愛くてかっこいい凛ちゃんが...大好き』」

ことり「.....って。あれ、凛ちゃん?」

凛「........凛も」

凛(凛も、いつも明るくて、周りを明るくさせちゃって)

凛(可愛いところもあって、かっこいいところもあって...)

凛「おんなじ...気持ちだ」

凛(...凛は、太陽みたいな...)

凛(μ'sの、みんなの太陽のあなたがーーー)



凛「...凛も、穂乃果ちゃんが好き」
13: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:40:05.73 ID:KB51qqK6
ことり「...ふふ」

凛「ごめん、ことりちゃん!凛...」スクッ

凛「...凛、行(言)ってくる!」タッ

ことり「...いってらっしゃーい♪」フリフリ

ことり「........」クルッ

ことり「......海未、ちゃん」

海未「...行きましたか、凛は」ガラッ

ことり「うん...っ」


海未「......ことり」

ことり「えへ......」
15: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:46:50.29 ID:KB51qqK6
ことり「...海未ちゃん、私」

海未「.........」

ことり「私、頑張った、よね......」フルフル

海未「......ええ。」

海未「ことりは、十分頑張りました。」

海未「自分の気持ちを押し殺 してーー...」

ことり「ーーーッ!!」ダダッ ギュウーッ

ことり「ことり、がんばったんだ...がんばれた、んだ...っ」ボロボロ

ことり「ふたりの、ために.....っ!」ボロボロ

海未「......今だけですよ、抱きついていいのは」

ことり「うん...っうん...っうみちゃ...ほのか、ちゃ...っ」グスッ ヒック

ことり「っ...ぅあぁああぁあああ!!」ボロボロ

海未「っ...」フルフル...


好きだったよ、穂乃果ちゃん...。

好きでした...穂乃果。
16: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:53:00.03 ID:KB51qqK6
校庭

にこ「ったく、凛たち遅くない!?」プンプン

希「あの後、かよちんと海未ちゃんもいっちゃったし...どうしたんやろねえ」

絵里「まさかサボってたりしないわよね...」

にこ「ぜぇーったいそうよ!あいつら、グルなのよ!よりによって海未もっ...むんぐぅ~~!?!」ジタバタ

真姫「にこちゃんは黙ってなさい!」ガシィ

穂乃果「あははっ...。...うーん」

穂乃果(.....どうしたんだろう...?)


廊下

凛「はぁ、はぁっ...。ん...?」ゼェハァ

凛「.....か、かよちん...?」ハァハァ

花陽「うん、心配で見に来たけど...凛ちゃん、大丈夫だったの...?」
18: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 18:58:33.46 ID:KB51qqK6
凛「えっ、あーえと、だいじょぶにゃ!全然へーき!」

花陽「そうだったの...?なんだか、顔が赤かったけど.....」

凛「へっ?あ、ちょっとね...」ギクッ

花陽「......」


花陽「さっき穂乃果ちゃん、凛ちゃんに何て言ってたの?」グイッ

凛「へ.....っ//」ドキ

凛「べつに大したことじゃないよ?」

花陽「.....気になるよ。教えて?」

凛「あ.....わ、忘れちゃった!凛、最近忘れっぽくて.....」


花陽「告白とか、されたの?」ズイッ

凛「ひ、え...?」
19: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:05:29.61 ID:KB51qqK6
凛「いや、かよちんそれ...前言ったよ?」

花陽「え?」

凛「だから、前にかよちんに相談したじゃん...」

花陽「本当に、告白されてたの?」

凛「えっ...」

花陽「いやぁ、てっきり私ね、私が凛ちゃんに嫉妬してほしくて、凛ちゃんが告白されたって嘘ついたのかと思ってたよぉ」

凛「あはは...そんなことするわけないにゃー」

花陽「そっか...。でも、凛ちゃんは私のこと好きだから、嫉妬してほしかったんだと思っちゃったんだよ」

凛「そん.....え?」

花陽「ん?なあに、凛ちゃん?」

凛「...凛が、かよちんのことを好き、って.....」

花陽「......」
20: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:11:32.89 ID:KB51qqK6
花陽「...だってそうでしょ...?あの時、凛ちゃん私に『大好き』って言ってくれたよ?」

凛「そう、だけど...それは違う意味で......」

花陽「何が...違うの...?花陽のこと大好きでしょ...?」

花陽「それに凛ちゃん、いつも私にくっついてくるし」

花陽「私と一緒にお泊まりとか、常に私と一緒にいて...」

花陽「なんで?何が違うの?」ガッ

凛「.....かよちん、やめて...」

花陽「やだよ?凛ちゃん、おかしなこと言うもん...」

凛「やめて...」

花陽「...なんで?」

凛「とにかく早くやめて!!」

花陽「っ、」ビク

凛「...やっとやめてくれたにゃ...」
21: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:22:42.09 ID:KB51qqK6
凛「かよちん、何かおかしいにゃ...」

花陽「......ひどい、花陽を拒んだ...?」プルプル

凛「ちょっと、だから違うの!話きいて!」

凛「凛は...伝えに行かなきゃいけないの。大事なことを...。」

花陽「...穂乃果ちゃんに、断ってくるの?」

凛「ううん。...前は、そう思ってたけど...」

凛「今は違うの。凛は、凛は.....」


凛「...凛は、穂乃果ちゃんのことが好き...。
って、ようやく気づけたんだ。」

花陽「............。」

凛「...っごめんね、かよちん...。凛は、かよちんのことも大好きだから...。あっでも、そういうのとは違くて、ね...?」フルフル

凛「...あれ?なんだろ、これ.....」ポタッ

凛「......水...?」ポタポタ

花陽「...凛ちゃん」ギュッ

凛「かよ、ち.....」ドキ
24: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:29:24.98 ID:KB51qqK6
花陽「ごめんね、ごめんね、ごめんね凛ちゃん...っ」ギュゥ

花陽「わたし、おかしかった...凛ちゃんの気持ち、考えずに...っへんなこと、言っちゃった」

凛「そんな、こと...」ポタッポタッ

花陽「ごめんね、ごめんね......大好きだよ、愛してる、凛ちゃん...。」ギュウッ

花陽「幸せになってね、凛ちゃんっ...!応援、してるからっ!」ポロポロ

凛「かよ、ち...っうんっ...うん...っ」ポタポタ...

凛「かよちんも、水...。あ、これ、涙...?」ポタッ...


凛「...あ、そっか...。凛のこれ...。涙かぁ...。」ポロポロ

花陽「...!っりんちゃ...っ」ギュウゥ ボロボロ

凛「あ、かよちん...っ、あは、えへへ...っ...!」ボロボロ

凛「ごめんね、かよちん...っ応えてあげられない、から...っ...。」ボロボロ

花陽「大丈夫、大丈夫だよっ...」ボロボロ


花陽「...ッ」バッ
25: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:35:57.19 ID:KB51qqK6
凛「...え?かよちん...」

花陽「...凛ちゃん、さっき伝えに行かなきゃいけないって言ってたよね...?」

凛「あ、...あっ!」アセッ

花陽「早く、行かなきゃ!ごめんね...また邪魔しちゃった。」

凛「あ...。...っうん、ありがとうかよちん...全然邪魔なんかじゃなかったよ...」

凛「むしろ、ありがとうだよ...。凛なのこと、本当に好きでいてくれた...。しかも、背中も押してくれて。」

凛「...なんか、大事なことが分かった気がするにゃ。かよちんのおかげで...。」サラッ

花陽「え...っ」ドキ

凛「...凛、言ってくるね!」ダッ

花陽「!...うん、行ってらっしゃい!」フリフリ


花陽「...ありがとう、凛ちゃん...。」

花陽「.......本当に、綺麗だなぁ...。」
26: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:43:45.82 ID:KB51qqK6
校庭

にこ「ぜぇ、はぁ...疲れ.....あ!凛!!」バッ

真姫「やっと戻ってきたわね...。本当に気分でも悪かったの?大丈夫?」

凛「あ、2人とも...。ううん、凛は大丈夫にゃ!」タタッ


絵里「凛!いや、でもベッドで寝てたのよね?ことりが教えてくれたけど...。」

凛「え...?...あ!」バッ

ことり「うん!でも凛ちゃん、すぐ気分よくなったからベッド飛び降りちゃって。一応、もう少し寝てるように言ったんだけど...。」

凛「こ、ことりちゃん...」

ことり「...ふふ♪」ピース

凛「っ...!...ありがとう...。」ボソッ

希「........ふーん。凛ちゃんは本当に慌てんぼさんってことやね♪」ニヤッ

凛「え...//」

海未「...凛、頑張ってくださいね」ボソッ

凛「...ん?海未ちゃんなんか言った...?」

海未「...いえ、なんでもありませんよ」

凛「.....よし」
27: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:48:41.61 ID:KB51qqK6
凛「すぅ...。」スゥー...

凛「...っ穂乃果ちゃんっ!!」

穂乃果「ッ!?」ドキィ

凛「穂乃果ちゃん...!」タタッ

穂乃果「あ、え...?凛ちゃ...」

凛「...ごめんね、優柔不断で。」ギュッ

穂乃果「っ...」ドキ


凛「私も、穂乃果ちゃんのことが好き!!」


にこ「.....にこぉ...?」ポカーン

真姫「えぇ...?何言ってんのよ...?」

絵里「......っハラショー...//!」フルフル

希(...そういうことやったんやねぇ♪)フフッ


穂乃果「......え、凛ちゃ...」

穂乃果「...ーーーっ」ポロポロ
28: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:53:37.85 ID:KB51qqK6
穂乃果「私もっ、凛ちゃんのことが好きだよ!」ギュゥッ

凛「わわ、穂乃果ちゃん//それは知ってるにゃっ!//」カァァ

にこ「あ、あの子たちは一体何をやっちゃってんのよっ!?」

真姫「イミワカンナイんだけど.....ことりと海未何か知ってる?」

ことり「んー?...えへ。わかんないや...♪」

海未「私も、よく分かりませんね。...ふふっ」

絵里「の、希何か知ってるでしょ...!//」

希「んんー、そんなわけないやん!さっきからずーっとここで走ってたんやし...♡」

ザワザワ ザワザワ


穂乃果「.....」チラッ

凛「......ふふ」チラッ
29: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/12/17(日) 19:56:19.84 ID:KB51qqK6
穂乃果「...凛ちゃん、今わたしすっごい嬉しいよ...。」ギュッ

凛「凛も...。...ね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ん?なーに?」

凛「キス...とか、しちゃう?//」

穂乃果「...!.....いい、よ...っ//」

穂乃果「ん...っ//」

凛「んぅ.....//」


チュッ


おわり...かもしれない。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「太陽のあなたに」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。