ルビィ「人の言葉を話さないまま終わった…」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ19
1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 21:48:14.47 ID:K7B0jQCu
ルビィ「せっかくSaint Snowの2人が来てくれたっていうのに…」

ルビィ「ルビィ、『おう!』しか言ってなかったよぉ…」


千歌「大丈夫だよ!」


ルビィ「千歌ちゃん…?」

元スレ: ルビィ「人の言葉を話さないまま終わった…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 21:51:30.14 ID:K7B0jQCu
千歌「ルビィちゃんの気持ちは…いや!」

千歌「ルビィラカンスちゃんの…2人を歓迎したい気持ちは、きっと伝わったよ…!」

ルビィ「いや伝わってないよ!」

曜「ある意味では伝わってたけどね…」


千歌「あ、曜ちゃん」


理亞『ルビィ、泣いてる…なんで、なんでこんなことをしなくちゃいけないの、って!』


曜「…って」

千歌「んぁあ、でもほら!こういうのは、ルビィちゃんにしかできないよ!」

ルビィ「どういうこと?」
3: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 21:53:52.11 ID:K7B0jQCu
千歌「お魚の心を知り、海のアジを開けとはよく言ったもので…」

曜「聞いたことないよ…っていうか、開いちゃってるし。アジ」

ルビィ「アジさんはきっと、開いてほしくないと思う…」

千歌「ほらそれだよ、ルビィちゃん」

ルビィ「ピギ?」

千歌「この時も、あの時もその時も!お魚の気持ちがわかってたのは、ルビィちゃんだけなんだよ!」

ルビィ「千歌ちゃん…」


曜「…いやいやいや!なにいい話風に終わろうとしてるの!?」


千歌「曜ちゃん?」

曜「…ダメだよ、ルビィちゃん」

ルビィ「ピギッ…曜ちゃん?」

曜「ここで終わったら、一生このままだよ!」

ルビィ「い、一生…!?」
6: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 21:57:05.91 ID:K7B0jQCu
曜「そう…一生、Aqoursのお魚担当として生きていくことになるかもしれないんだよ!?」

ルビィ「そ、そんな!」

千歌「やだなぁ曜ちゃん、大げさな…」

曜「大げさじゃないよ…いけすやに行った時だって、ルビィちゃんは…」


ルビィ『ア~ジ~…アジ、アジアジアジ~~!!!!』


曜「…って、バカみたいに」

ルビィ「バカじゃないよ!」

千歌「っていうかあれは、私じゃなくてルビィちゃんが…」

曜「ルビィちゃん!」

ルビィ「な、なに?」
8: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 21:58:55.57 ID:K7B0jQCu
曜「私たち…Aqoursを脱退しよう!」

千歌「えっ!?」

ルビィ「えぇっ!?」

曜「梨子ちゃんと一緒に!」

千歌「なんで梨子ちゃんも!?」


曜「ようりこルビ八郎の乱だよッ!!!」


千歌「…やだなぁ曜ちゃん、ねぇルビィちゃ」

ルビィ「…ルビィ、やります!」


千歌「え、えぇえ~~~~~~~!?!?」
11: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:02:34.71 ID:K7B0jQCu
曜「海に潜って生きる♪」

ルビィ「おれたちゃツッコミ人間なのさ♪」


曜「未だ安寧訪れぬ♪」

梨子「ツッコミのためのこのからだ♪」

千歌「!?」


ルビィ「早く人間に、なりた~い!」

曜「ボケの奴らをふきとばせ♪」


曜「よう!」

ルビィ「ルビ!」

梨子「りこ!」


ようりこルビ「ツッコミ人間♪」


千歌「ちょ、どこ行くの、3人とも!っていうか、梨子ちゃんどこから出てきたの!?」

千歌「おぉ~~~~い!!」
13: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:05:48.86 ID:K7B0jQCu
花丸「ということで、ルビィちゃんたちが離反してしまったずら」

ルビィ「ルビィたちはもうツッコむことに疲れたの!お姉ちゃんバイバイ!」

ダイヤ「るびぃ~~~~…」

鞠莉「梨子、戻ってきなさーい?」

梨子「イヤです!」

千歌「私たちを隔てる壁は厚い…」

鞠莉「間にあるのは長机だけ、だけどね?」

善子「くっ…私たちの何がいけなかったというの…!?」

梨子「だいたい全部よっ!」


曜「梨子ちゃん…」

梨子「はっ…ついツッコんでしまった…」
15: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:13:54.13 ID:K7B0jQCu
ルビィ「やっぱりルビィたちは、ツッコミからは逃れられぬ運命…」

曜「はぁ…どうせ私なんか…」

ルビィ「一緒にボケに落ちよう…姉貴…」

梨子「もうアクアもサンシャインもないんだよ…」

千歌「困っちゃったなぁ…」

果南「お前…今私を笑ったか…?」

ダイヤ「果南さん!?」

鞠莉「どうして果南まで!?」

果南「いや、さっき『海に潜って生きる』って歌ってたし」

果南「私も海に潜って生きたいなぁって」

千歌「それは替え歌の都合だよ!」
16: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:16:53.25 ID:K7B0jQCu
果南「なぁんだ、そうだったのかぁ」

果南「じゃあ私戻るね、早く帰って来るんだよ?」

ルビィ「ばいばーい」

善子「混沌としてきたわね…まさにカオス…!」

ダイヤ「善子さんも果南さんも、これ以上場をかき乱さないでくれます…?」


花丸「大丈夫ずら」


千歌「花丸ちゃん?」

花丸「ようりこルビ八郎の乱はきっと、失敗に終わるずら」
17: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:18:58.38 ID:K7B0jQCu
花丸「かの有名な大塩平八郎の乱も、失敗に終わっているずら」

花丸「その原因はずばり、決起直前に内通離反者が出たこと」


果南「つまり…」


善子「あの中の誰かが、内通者ってこと?」


………………………………。


花丸「それはわからないずら♪」


ダイヤ「ダメじゃありませんか!」
18: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:26:26.72 ID:K7B0jQCu
花丸「けれど」


千歌「曜ちゃん、ルビィちゃん、梨子ちゃん!!!」


梨子「…なに、千歌ちゃん」

千歌「戻 っ て き て よ!!!」

ルビィ「ルビィたちは疲れちゃったんだよ」

曜「不条理ギャグマンガみたいなボケに」

千歌「くっ…なんてことを…」


果南「おうおう、ルビ吉!!」


ダイヤ「果南さん!?」


ルビィ「…」
19: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:29:38.13 ID:K7B0jQCu
果南「てめー、あちきと交わした義兄弟の杯を忘れちまったのか!?」

ルビィ「…ああ、忘れたさ」

果南「!!!」

ルビィ「所詮あんな酒、ただのお遊戯だった…ってことさァ」

果南「ぐっ…」

ルビィ「…楽しかったぜ、カナト」

果南「ルビ吉ァ…!」

ルビィ「じゃあなァ…俺がいなくても…達者で暮らせよ…フッ」

果南「ルビ吉ィィイイイイイイイ!!!!」


千歌「果南ちゃんの妙な世界観の寸劇に乗ってきて、しかも軽く流すなんて…」

ダイヤ「今日のルビィは手強いですわ…!」

鞠莉「ここは私に任せて!」

善子「マリー…どうするつもり!?」
20: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:32:12.19 ID:K7B0jQCu
鞠莉「Hey、ヨウ!」

曜「なんだい、マリー?」

鞠莉「Youの笑顔は今日も、太陽よりもShinyネ☆」

曜「おいおいマリー、やめてくれよ。そんなこといわれたら…」

曜「キミのことも…(タメ)…照らしたくなっちゃうじゃないか♡」


鞠莉「…ぁっ、ぇへへ…♡」

ダイヤ「…ちょっと、鞠莉さん?」


曜「マリー…」グイッ

鞠莉「きゃっ…やだ、ちょっと…ヨウ、やめて…?みんなが見てる…」

曜「なんだよマリー、キミが先にっ…(長いタメ)…っ仕掛けてきたんだろ…?」

鞠莉「ヨウ…」

曜「マリー…」


千歌「ストップ、すとぉ~っぷ!!!」
22: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:41:43.82 ID:K7B0jQCu
曜「なんだい、チカ?」

千歌「なにしようとしちゃってるのぉ!?」

鞠莉「何って…キス?」

千歌「いやいやダメだよ!!女の子同士だよ!?同じグループのメンバーだよ!?アイドルだよ!?」

曜「おいおい、ミカンを食べ過ぎてついに頭の中までミカン色になっちまったか?」

千歌「やかましいよ!!っていうかどういう意味!?」

曜「女の子同士の恋愛なんて、この内浦じゃエブリディ・ティーライスだぜ☆」

千歌「エブリディ・ティーライス!?日常茶飯事ってこと!?」

曜「ま、私は幼馴染にすら素直になれないチェリーガールだけどな☆」

千歌「ちぇり…なに?」

鞠莉「もう!ヨウってば!」

曜「HAHAHA!」

鞠莉「゙ッハッハッハッハァ↑wwwwwwwww」


善子「このままではいけない…せめて梨子だけでも、取り戻してみせるわ!」

ダイヤ「善子さん!?」
23: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:49:29.28 ID:K7B0jQCu
善子「梨子は照れ屋で押しに弱い…簡単なことよ」


ヨハネ「あぁ、哀れなリトルデーモン…」

ヨハネ「堕天使との盟約を忘れ、魂の深淵に閉じこもってしまったのね」

ヨハネ「今、私が連れ出してあげる…リリー」


千歌「おぉ…なんか、梨子ちゃんの髪を撫でる善子ちゃんが、ちょっとえっちに見えるのだ…」

ダイヤ「妙に説明口調ですわね」


梨子「…ヨハネ様」


善子「えっ!?」
25: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:51:21.85 ID:K7B0jQCu
梨子「…どうなさったのですか、ヨハネ様」

善子「え、えっと…梨子?」

梨子?「私は梨子ではありません…」


リリー「私はあなたの忠実なる僕、リトルデーモン…リリーです」


善子「うぇえ!?」


リリー「…あぁ、ヨハネ様」

リリー「深淵から私を連れ出して…」

リリー「堕天使のものとは思えない…その罪深き、白く、細いその腕で…」

善子「うひぇやぁあああ!!!」


ダイヤ「あぁっ…善子さんまで…!」

果南「梨子ちゃん、ノリノリだね」

千歌「どういうこと…?梨子ちゃん、あんなことされたら普通…」


千歌「よ、善子ちゃぁん、やめてよぉ…!(妙にクオリティの高いモノマネ)」


千歌「…ってなるはずなのに!」
27: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 22:59:29.39 ID:K7B0jQCu
花丸「これは…トランス状態かもしれないずら」

ちかダイ「トランス状態?」

花丸「別名、変性意識状態。普段の日常的な意識状態から外れ…簡単に言えば、無意識に近い意識ずら」

果南「催眠術ってこと?」

花丸「平たく言えばそうなるかな」

花丸「今の梨子ちゃんの意識は、『桜内梨子』ではなく、完全に『リトルデーモン・リリー』となっているずら」

善子「どうすればいいのよ…」

ダイヤ「あぁ…せめてルビィだけでも戻ってきてくれれば…!」

花丸「…マルたちが今取るべき行動は、あちらのペースを少しでも崩すこと」


花丸「というわけで…ルビィちゃん」

ルビィ「なんでぃ、マル公」

花丸「戻ってこない?」

ルビィ「へん…あたいは戻らねえよ」
28: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:01:47.70 ID:K7B0jQCu
ダイヤ「…ダメですわ、全然言うことを聞いてくれません」

花丸「ていや!」ビシッ

ルビィ「ピギィ!」

ダイヤ「は、はは…花丸さん!!何をするんで…」

千歌「しっ…ダイヤさん、見て…ルビィちゃんの様子が…」


ルビィ「ま、マルちゃん…なにするの…!?」

花丸「…」

ルビィ「酷いよ…突然ルビィの頭を叩くなんて…」

花丸「ルビィちゃん、やっと話をしてくれたずら」

ルビィ「あ…えっと、その…」

花丸「…ルビィちゃん、戻ってきてくれないかな」

ルビィ「…」
30: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:07:08.70 ID:K7B0jQCu
花丸「オラ、ルビィちゃんが居ないと寂しいよ」

ルビィ「!」

花丸「…ルビィちゃん、突然叩いてごめんね」ギュッ

ルビィ「…マルちゃん」

花丸「でも、こうでもしないと…話、聞いてくれなそうだったから」


ルビィ「…ごめんね、マルちゃん」


花丸「ルビィちゃん…!」


ダイヤ「花丸さん…!やりましたわね!」


曜「…ヘヘっ、ルビィ。Youには、こっちの世界は似合わなかったってわけさ。You sorrow(ヨーソロー)」

鞠莉「は?」

ルビィ「曜ちゃん…」

梨子「お行きなさい、ルビエル…もう、堕天してはいけませんよ」

ルビィ「梨子ちゃん…」
32: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:21:17.86 ID:K7B0jQCu
千歌「曜ちゃん、梨子ちゃん」

曜「…」

梨子「…」


千歌「…Aqoursは、2人がいるからやっていけるんだよ」

千歌「ふたりが曜ちゃんとして、梨子ちゃんとして、Aqoursに居てくれるから」

千歌「私たちは私たちでいられるんだよ!」


果南「…たしかに、そうかもね」

鞠莉「いつもツッコミをしてくれるのは、曜と梨子だもんね」

ダイヤ「2人がいなければ、今頃わたくしも胃がボロボロになっていましたわ」

善子「湧き出る魔力を抑え込む、Aqoursの両翼…ということね。クク」
33: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:27:14.53 ID:K7B0jQCu
梨子「…なんか、うまく丸め込まれちゃったような気がするけど」

曜「…いつも通り、だね」

梨子「…ふふっ、そうだね」

曜「…そうだよね。私たちがいなかったら、誰が千歌ちゃんたちの暴走を止めるんだ~って感じだよね!」

千歌「曜ちゃん…梨子ちゃん…おかえりっ!!」

ようりこ「ただいまっ!」


千歌「ルビィちゃんもごめんね。私、これからはもう少し、周りのことを考えられるように…」

ルビィ「千歌ちゃん…」

千歌「がんばルビィ!」

ルビィ「取らないでよっ!!」


花丸「…ふふっ」

ルビィ「どうしたの、花丸ちゃん?」
34: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:30:39.77 ID:K7B0jQCu
花丸「さっき言いそびれたことなんだけど」

花丸「大塩平八郎の行動は全くの無意味だったというわけではなかったんだ」

ルビィ「失敗しちゃったのに?」

花丸「うん。人々は『幕府の』『元役人であった』大塩が反乱を起こしたという事実に衝撃を受け」

花丸「他の場所においても反乱が起きるきっかけとなったりしたずら」

ルビィ「…つまり?」

花丸「つまり、今回の騒動も」

花丸「曜ちゃんや梨子ちゃん、ルビィちゃん…」

花丸「比較的大人しい3人が、行動を起こしたということに意味があった…」

花丸「…と、いうことずら」


花丸「よかったね、ルビィちゃん♪」

ルビィ「…うんっ♪」
35: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:38:28.17 ID:K7B0jQCu
花丸「でも…」


千歌「そういえば、ルビィちゃん知ってる?」

ルビィ「なに?」

千歌「12月20日って、シーラカンスの日らしいよ!」

ルビィ「へぇ~」

千歌「ということでルビィちゃん!」

ルビィ「?」

千歌「…シーラカンス、いっとく?」


ルビィ「…シーラカンスになるのは、もうやだよー!!!!」


千歌「ルビィちゃん、ちょっと!どこ行くの!?待って、ルビィちゃーん!!!!」

ダイヤ「ちょ、ルビィ!?千歌さんもどこに行くんですの!?もぉ~!!!!」


花丸「…どこまでも我が道を往く千歌ちゃんには、そんなこと関係なかったのかもしれないね…」
36: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/12/20(水) 23:42:30.48 ID:K7B0jQCu
花丸「ちなみに、シーラカンスの日とは」

花丸「1952年12月20日、コモロ諸島のアンジュアン島でシーラカンスが捕獲され、学術調査が行われたことに由来するずら」

花丸「最初の標本は1938年12月22日に南アフリカ共和国で確認されていたものの、腐敗していたために充分な調査ができなかったずら…」

花丸「だから、学術調査が行われたのは、それが初めてだったんだぁ」

花丸「それ以前は、7500万年前に絶滅したと考えられていたんだって」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「人の言葉を話さないまま終わった…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)