ダイヤ「AZALEAが黒澤家でわいわいするだけのお話」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ14
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:46:18.25 ID:/taCJ60RO

ダイヤ「暇ですわー」

花丸「暇ずらー」

果南「暇なら走りにいこうよ!……って、言いたいけどこの寒さだと躊躇しちゃうなー」

ダイヤ「あなた冬でも海に飛び込んでるじゃないですか」

果南「それはちゃんと装備した上だし。それに海の中の方があったかいんだよ」

ダイヤ「聞いたことはありますが…というか、果南さん?少しそちらに寄ってくださいません?全然ストーブが当たらないんですが」

果南「やだよー。寒いもん」

花丸「女子高生3人がストーブの前にたむろしてるなんて変な感じだねー」

ダイヤ「たむろと言うのはやめてください」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514454378

元スレ: ダイヤ「AZALEAが黒澤家でわいわいするだけのお話」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:48:07.90 ID:/taCJ60RO

果南「で、なんで集まったんだっけ?」

ダイヤ「寒いからじゃないんですか?」

果南「いやいや。なんで3人で集まったのかなって」

花丸「たまにはユニットで集まっておしゃべりしたいと思ってマルが召集したずら」

ダイヤ「おしゃべりと言いましても…」

果南「マル~、こっちおいで~」

花丸「なんずら~?」

果南「いいからいいから♪わたしの前に座って!」

花丸「はーい」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:48:58.49 ID:/taCJ60RO

果南「ほいっ!ハグぅ~♪」ギュー

花丸「あはは!果南ちゃんくすぐったいよ~♪」

ダイヤ「ナチュラルにイチャつかないでくださいまし」

果南「えー?こうすればあったかいし~!えへへ、マルぬくぬく~♪」ギュー

花丸「マルも果南ちゃんにハグされてポカポカずら~♪」

ダイヤ「ふーん……あぢっ!!?」

花丸「ストーブの前にいすぎるとよくあるヤツずら」

果南「大丈夫~?」

ダイヤ「くぅ~」ヒリヒリ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:49:48.41 ID:/taCJ60RO

花丸「危うく焼き石ならぬ、焼きダイヤさんになるとこだったずら」

ダイヤ「うるさいですわ!」

果南「まあまあ。マル?ダイヤを慰めたげて?」

花丸「えー?マル、果南ちゃんにハグされてたいずら~」

果南「嬉しいこと言ってくれちゃってぇ~!うりゃうりゃー」

花丸「あははは!ひ、卑怯ずら!この状態でくすぐるのは反則ずら~!」

ダイヤ「…」ムスー

果南「……およ?ダイヤ?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:50:22.60 ID:/taCJ60RO

花丸「ふぅ、ふぅ……ん?どうしたの?」

ダイヤ「なんです?続ければいいじゃないですか?」

果南「おや?」

ダイヤ「仲良くて結構じゃないですか、はい」

花丸「おやおや?」

ダイヤ「ふんっ」プイッ

かなまる「へぇ~??」

ダイヤ「な、なんですの?」

果南「ダイヤ~…もしかして、妬いた?」

ダイヤ「はい?」

花丸「マルと果南ちゃんのイチャイチャに妬いちゃったずら?」

ダイヤ「はい~?」

果南「ダイヤは寂しがり屋だもんね~」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:51:05.66 ID:/taCJ60RO

ダイヤ「勝手なこと言わないでください!あなた方が目の前で仲良くしてようがこれっぽっちしか思いませんわ!」

花丸「これっぽっちは気にするんだ」

ダイヤ「あ、ちがっ…あなた方がどうしてようが羨ましいとか微塵も思っていませんわ!」

果南「もはや隠す気ないじゃん」

ダイヤ「だいたい!わたくしの家に集まっているのです!甘えるなら家主!つまり長女であり、次期黒澤家後継者のわたくし黒澤ダイヤにこそ甘えるべきでしょう!!」

果南「開き直りが壮大だよ」

ダイヤ「花丸さん、いつも果南さんばかりに甘えて寂しいんですもの…」

果南「なんか急に素直になったね。そう言われてるけど、マルはどうしたい?」

花丸「マル?ん~……」

ダイヤ「さあ!花丸さん!!大好きはもう隠さなくていいのです!ダイヤお姉ちゃんの胸に飛び込ん「果南ちゃんがいい~♪」…食い気味!!」

果南「だっよね~♪ぎゅ~!」

ダイヤ「なぜなのです…?」ガクッ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:52:04.21 ID:/taCJ60RO

果南「あらま。あからさまに落ち込んでる」

ダイヤ「Aqoursの1、2年生のスーパーお姉ちゃんであるこのわたくしが…」

花丸「その自信どこから来るずら」

ダイヤ「ならば…!」シュタッ

果南「およ?」

ダイヤ「見ていなさい!」タタッ

ピシャッ!

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:52:31.99 ID:/taCJ60RO

花丸「行っちゃった…」

果南「マルも意地悪だな~」

花丸「なんのことずら~?」

果南「ふふっ。そういうことにしたげる♪」

花丸「果南ちゃんも人のこと言えないよ?」

果南「マルってば~……あっ、帰ってきたみたい」

サーッ!

ダイヤ「花丸さん!今日のためにわたくしが調達した美味しいプリンですわ!わたくしと食べましょう!」

花丸「おー!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:53:09.24 ID:/taCJ60RO

果南「ちっちゃい頃プッチンプリンの容器がお気に入りで、工作もそれを使った可愛いインテリアを作ってきたプリン大好きお嬢様が他の人にプリンを譲るですってぇ~?」

ダイヤ「うるっさいですわ!//いいでしょう、別にッ!それより花丸さん!どうされますか?」

花丸「それ、マルにくれるの?」

ダイヤ「はい♪さらに、わたくしが一口ずつ口に運んであげますわ♪」ニコニコ

花丸「自分で食べたいずら」

ダイヤ「で、でもほら、これ食べたいでしょう?」アセアセ

花丸「別にそこまでずら」

ダイヤ「なっ…」

果南「あっ」

花丸「ん?どうしたの、果南ちゃん?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:53:55.45 ID:/taCJ60RO

果南「ちょっと離れるけどいい?」

花丸「寒いからすぐだよー」

果南「はいはい」ニコッ

ダイヤ「寒いならわたくしがハグを…」

花丸「果南ちゃんがいいずら」

ダイヤ「がーん…」

果南「口に出ちゃったかー」

花丸「何してたの?」

果南「今日マルに会うし持って来てたんだ~、ほいっ」

花丸「あ~!のっぽパン!!」

果南「マルが好きな味とかわかんないからウチにあったの何個か持って来ただけなんだけど…」

花丸「なんでも食べるずら~♪もらっていいの?」

果南「もちろん♪」

花丸「わーい!果南ちゃん大好きずら~!」

ダイヤ「なぜですの…」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:54:33.90 ID:/taCJ60RO

果南「よいしょっと……って、ありゃ?」

花丸「マル、果南ちゃんのとこがいいずら♪」

果南「あはは!嬉しいけど食べてるとき邪魔にならない?」

花丸「むしろ安心できるずら」

果南「そ?」

花丸「もごもご」

果南「食べてる時のマルを見ているとこっちも幸せな気持ちになれるなー」

ダイヤ「ストップ!!!」

花丸「もがっ!?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:55:14.60 ID:/taCJ60RO

ダイヤ「花丸さん。ここで1つはっきりさせましょう。わたくしと果南さん、どちらがあなたの姉に相応しいかを!」

果南「うわっ、ダイヤが乱れた」

花丸「ごくんっ!各駅にて影響が出ます。ご了承をお願いしますずら」

果南「ぴんぽんぱんぽーん♪」

ダイヤ「このAqoursの姉であるわたくし、黒澤ダイヤに敵うとお思いですか!果南さん!!」

果南「すごい。直進した」

花丸「でも、誕生日的に言えばAqoursで1番のお姉さんは鞠莉ちゃんだよね」

果南「確かに」

ダイヤ「やかましいッ!!……ですわ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:56:07.31 ID:/taCJ60RO

果南「それで?ダイヤはどうしたいの?」

ダイヤ「AZALEA!花丸さんの姉は誰?チキチキ!…チキチキ、チッチキチ~……冬の陣!!」

果南「古いな~」

花丸「あとダサい」

ダイヤ「今からわたくしと果南さんで花丸さんを対応します。花丸さんはどちらの方が安心できるか決めてください」

花丸「果南ちゃん」

ダイヤ「せめてしてから言ってください!」

花丸「えー」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:56:53.40 ID:/taCJ60RO

果南「まあまあ!楽しそうだし、やってみようよ!」

花丸「果南ちゃんが言うなら…」

ダイヤ「マイナスからのスタートでも負けません…!」

花丸「で、どうすればいいの?」

ダイヤ「そうですわね。では、一度廊下に出てもらってから『ただいま~』という形から始めましょうか」

花丸「しょうがないなー。んしょっと」

果南「大丈夫?マル、寒くない?」

花丸「果南ちゃんのおかげでぽっかぽかずら!」

果南「ほんと?良かった♪」

ダイヤ「では、先にわたくしが…ってイチャイチャしない!!」

花丸「ぶー」ムスー

ピシャッ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:57:39.52 ID:/taCJ60RO

ダイヤ「果南さんはそちらで黙ってご覧になっていてくださいな。わたくしの姉力というものを!!」

果南「はいはい」

花丸『いいずらー?』

ダイヤ「こほんっ……はーい♪」

スーッ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:58:25.53 ID:/taCJ60RO

花丸「ただいま~」

ダイヤ「お帰りなさい、花丸さん!」ニコニコ

花丸「うん」

ダイヤ「お疲れでしょう?ほ~ら!姉であるわたくしに甘えていいのですよ?ハグだって膝枕だってなんでもしてさしあげますよ♪」

花丸「別にいいずら」

ダイヤ「な、なら…お話!お話をしましょう!」

花丸「まあ、うん」

ダイヤ「花丸さんのお話、聞かせてくれますか?」

花丸「じゃあ……クラスメイトのルビィちゃんのことなんだけどね?」

ダイヤ「ルb…は、はい」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:59:03.01 ID:/taCJ60RO

花丸「最近、ますます綺麗になってきたなーって思って聞いてみたんだけどね」

ダイヤ「え、えぇ…」

花丸「なんでも『憧れている人がいるから、少しでも近づきたくて頑張ってるんだー!』って言われてね。あっ、その時の笑顔もキュートだったずら」

ダイヤ「ほうほう。そのルビィさんが憧れているのはさぞかし立派な方なのでしょうね。はてさて?いったいどこのどなたなのでしょう?」

花丸「誰かも聞いたんだけどね、マルも納得の人物だったずら。ルビィちゃんが憧れるのもわかるずら~……」

ダイヤ「なるほど、なるほど。ちなみにその方とはいったい誰なのでしょう?あまり興味はありませんが聞かせていただいても?」

花丸「曜ちゃん」

ダイヤ「渡辺ぇ、ゴルゥアアアーーー!!!」

果南「はい、おしまーい」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 18:59:50.74 ID:/taCJ60RO

花丸「姉の威厳もなにもないずら」

ダイヤ「なぜ…なぜルビィが曜さんを……」

花丸「やっぱりユニットが一緒だったり、衣装作りとかで関わること多いし。それに曜ちゃんのあっけらかんとした性格が羨ましいんだって」

果南「わたしも曜なら納得だなー」

ダイヤ「ぐぬぬ…」

花丸「(でも、1番大好きで憧れてるのはダイヤさんっていうのは言わないでおくずら。ルビィちゃん自身にも言われたし)」

ダイヤ「ぅゆゆ…」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:00:45.42 ID:/taCJ60RO

果南「それじゃ、次はわたしの番かな?」

ダイヤ「ふふっ、見せてもらおうじゃないですか…」

果南「マル、もっかいお願いね」

花丸「はーい」

ピシャッ

果南「さて…」ファサッ

ダイヤ「あー、そういうことします?」

果南「なんか姉っぽいってわかんないし」ニコッ

ダイヤ「姉というより…いえ、なんでもありません」

花丸『いいー?』

果南「おっけー」

スーッ

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:01:34.44 ID:/taCJ60RO

花丸「ただい…」

果南「お帰り♪」ニコッ

花丸「果南ちゃんの勝ちぃー!!!」

果南「やたー♪」

ダイヤ「納得いきませんわああああああ!!」

花丸「えー?もうすでに溢れてるずら、果南ちゃんから。お姉さんオーラ!」

ダイヤ「確かに出てるかもしれませんが…振る舞い!そんな一言と見た目だけじゃ姉力は測れないでしょう!?」

花丸「たぶん自分の首を絞めることになると思うずら」

ダイヤ「そ、そんなの見てみないとわからないでしょう?ほら、果南さん!」

果南「んー…まあ、やってみるよ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:02:17.30 ID:/taCJ60RO

花丸「じゃあ最初から……ただいま~」

果南「お帰り、マル~♪」ニコッ

花丸「うん!」

果南「疲れたでしょ?邪魔しちゃ悪いし、わたし向こうにいるから何かあったら呼んでね?」

花丸「わかったずら」

ダイヤ「えっ…」

花丸「…」ソワソワ

果南「…」ニコニコ

花丸「うーん…」ソワソワ

果南「うふふ♪」ニコニコ

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:02:53.69 ID:/taCJ60RO

花丸「果南お姉ちゃん…?」

果南「ん?どうしたの、マル?」

花丸「え、えっと…マルがお邪魔しても、いい?」

果南「ふふっ、いいよ!ほら、おいで♪」パッ

花丸「お姉ちゃ~ん!!」ギュー

ダイヤ「いやいやいやいやいや!!」

果南「やっぱマル可愛いな~!わたしも妹欲しいな~!」

花丸「果南ちゃんがいいならお姉ちゃんって呼びたいずら」

果南「ほんとに?」

花丸「うん♪」

ダイヤ「なぜです!?果南さんなんで妹にかまわないのですか!」

果南「えっ?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:03:30.92 ID:/taCJ60RO

ダイヤ「愛しき妹が帰ってくるのですよ?そんな淡白な対応でなぜ喜ばれるのですか!?」

果南「なんとなくベタベタするのはあれかなって」

花丸「ダイヤさん、正直姉としてはめんどくさいずら」

ダイヤ「なっ」グサッ

果南「あちゃー、言っちゃった」

花丸「あくまで仮定だけど、疲れて帰って来てるのにとやかく言われるのはイラっとするずら」

ダイヤ「ぐっ」グサッ

花丸「それにグイグイ来るのは年下としては困ることが多いずら」

ダイヤ「はっ」グサッ

花丸「大好きなのはわかるけど、ちゃんと妹側のことも考えるの大事ずら」

ダイヤ「ぴぎゃん…」チーン…

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:04:18.38 ID:/taCJ60RO

花丸「それに…」

果南「マル、もうやめたげて。ダイヤのライフはもう限りなく0だよ」

ダイヤ「と、ということは。ルビィもわたくしのことをうざったく思っていたのでしょうか…?」

花丸「それはないずら♪」ニコッ

ダイヤ「ほ、本当ですか…?」

花丸「理由は……秘密ずら」

ダイヤ「え?いや!気になるではないですか!教えてください、花丸さん!!」

花丸「ダメ!ダイヤさんは妹心っていうものをしっかり理解しなきゃダメずら!」

ダイヤ「そんな~……」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:04:57.96 ID:/taCJ60RO

果南「まあまあ。今まで通りで良いってことだよ、ダイヤお姉ちゃん?」ニコッ

ダイヤ「からかわないでください…//」

果南「実際わたしより早く生まれてるんだし~!ダイヤお姉ちゃ~ん!」ギュー

ダイヤ「や、やめてください~!」

花丸「じゃ、マルも~♪」ギュー

ダイヤ「全く…わたくしの妹はルビィだけで手いっぱいですわ」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:05:27.08 ID:/taCJ60RO

花丸「さて、と…」

ダイヤ「ん?」

花丸「ダイヤさんで遊んだし、次はなにしよっか?」

ダイヤ「はい?」

果南「そうだね~。あっ!じゃあ、さっきダイヤが持って来たプリンを食べさせっこする?」

花丸「するする~!」

ダイヤ「ちょっ…!それはわたくしのプリンですわああああああああああああああ!!!」


おしまい

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 19:06:10.83 ID:/taCJ60RO

AZALEA流行れ、もっと流行れ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ダイヤ「AZALEAが黒澤家でわいわいするだけのお話」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「AZALEAが黒澤家でわいわいするだけのお話」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。