にこ「親愛なる真姫ちゃんへ」

シェアする

にこ-アイキャッチ11
1: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:05:20.48 ID:alzz8G2Y.net
絵里「にこが認知症…?」

真姫「ええ。にこちゃんは今、記憶が曖昧な状態なの」

花陽「そういえば最近、にこちゃん物忘れ多いな~とは思ってたけど…まさか認知症だったなんて……」

希「それって本人に伝えても大丈夫なことなん?」

真姫「治療の為にも伝えておかなきゃいけないことよ」

にこ「………」

元スレ: にこ「親愛なる真姫ちゃんへ」

スポンサーリンク
3: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:06:46.22 ID:alzz8G2Y.net
病院!

真姫「はい。診察終わりよ」

にこ「ねえ、真姫…私って本当に認知症なの…?」

真姫「自覚症状がないのは当然よ。だって、忘れたことすら忘れるんだから」

にこ「私は、どうすれば…」

真姫「大丈夫よ。にこちゃんが毎日診察に来てくれれば、ちゃんと処方してあげるから」

にこ「真姫…!」
4: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:07:14.21 ID:alzz8G2Y.net
学校!

希「にこっち!英語の宿題写させて~!」

にこ「宿題…そんなのあった?」

希「あったよ?……あ、そっか。ごめん…」

にこ「…」



絵里「にこ!数学の宿題写させてもらうわよ!」

にこ「…」
6: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:08:11.00 ID:alzz8G2Y.net
海未「ワンツーワンツーニコ!そこのフリ間違えてますよ!」

にこ「ごめん…次で直すから…!」

海未「ではサビから…ワンツーニコ!」

にこ「はぁはぁ……ごめん…」


凛「やっぱりにこちゃんはもうダメだよ…」

花陽「そうだね。もう無理させない方がいいよ」

にこ「…」
7: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:09:06.08 ID:alzz8G2Y.net
矢澤家!

にこ(やっぱり私、もう普通の生活には戻れないのかな…)

にこ(………嫌だな…でもみんなに迷惑かけるのはもっと嫌だ…)

にこ(……ん?肩が腫れてる……なんでだろう…)

にこ(……そんなことも思い出せないなんて…!)

にこ(私、これからどうすればいいの…)
8: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:10:23.65 ID:alzz8G2Y.net
にこママ「にこ~!頼んでおいたメレンゲは~?」

にこ「え?…ごめん、今から作るね」

こころ「お姉さま!脚が攣った時の対処法はもう調べてくれましたか…!?」

にこ「…まだよ。後でいいかしら?」

ここあ「姉さま!ポケモン映画の前売り券、買ってきてくれた?」

にこ「…明日買ってくるわ」

虎太郎「にこ姉ちゃん。タイムマシン理論に関する論文はもうまとめてくれたかい?」

にこ「ごめん、今お姉ちゃん忙しいの…」
9: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:11:09.80 ID:alzz8G2Y.net
病院!

真姫「んー……」

にこ「真姫ちゃん…?診察は終わったの…?」

真姫「ええ。いつも通りみたいね」

にこ「そう…」


にこ(私が侵されたのは、忘れ続ける病気)

にこ(次は、何を忘れちゃうんだろう…)
11: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:12:11.53 ID:alzz8G2Y.net
学校!

希「にこっち!」

にこ「希…おはよう」

希「どや?調子の方は」

にこ「まあまあね。ただ気分はすぐれないわ」

希「まあそうやろうな~。でも安心しい!うちはにこっちの味方やで!」

にこ「希…!」
12: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:13:11.25 ID:alzz8G2Y.net
部室!

にこ(んー、何か忘れてるような…)

にこ(あ、そうだ。病院に行かないと!)

にこ(………なんで病院に行かないとって思うんだろう?)


ガチャ

穂乃果「にこちゃん!おっはよー!」

にこ「うわぁ!!誰よあんた!?」

穂乃果「え」

海未「にこ…?」

にこ「あんたら…何の用よ…!」
16: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:14:37.58 ID:alzz8G2Y.net
穂乃果「にこちゃん。もしかして私たちのこと…!」

絵里「どうしたの?早く部室に入りなさい」

にこ「はぁ!?ちょっと待ちなさいよ生徒会長!何勝手に入ろうとしてるのよ!」

絵里「え…?……にこ、もしかして…」


希「にこっち、まさかうちのことも…」

にこ「希!こいつら何なのよ!?」

希「あれれ?」

絵里「希のことは覚えてる…?」
17: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:15:34.77 ID:alzz8G2Y.net
希「なるほど。にこっちは今、1,2年生の頃に戻ってるんや」

絵里「だから私のことを生徒会長って呼ぶのね」

穂乃果「私たちの知ってるにこちゃんは、もう戻ってこないの…?」

花陽「そんなの…嫌です……!」

真姫「大丈夫よ。私が治してあげるから」

にこ「真姫ちゃん…」

凛「あれ?真姫ちゃんのことは覚えてるの…?」

真姫「にこちゃんが私のことを覚えてるのは、私による診察がにこちゃんの手続き記憶に納まってるからよ」
20: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:16:28.67 ID:alzz8G2Y.net
海未「ついに恐れていた事態が起きてしまいました…」

花陽「にこちゃんが私たちのことを…μ'sのことを、忘れちゃったなんて……!」

穂乃果「これからどうしよう…」

絵里「…解散はしないわ。にこの病状が回復すれば、すぐに練習再開するわよ」

希「じゃあそれまでの間はお休みってことやね…」

凛「また、みんなで練習できるよね…?」

にこ「…」
23: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:17:21.16 ID:alzz8G2Y.net
矢澤家!

にこ(私のせいで…私が欠けたせいで、みんなに迷惑がかかる…)

にこ(私は一体、何を忘れたっていうの!?)

にこ(………思い出せない…!)

にこ(…だって、忘れたことすら忘れちゃうんだから)

にこ(………仕方ない)

にこ(私には、関係ない…)
24: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:18:10.66 ID:alzz8G2Y.net
学校!

希「あれ、真姫ちゃん?どうかしたん?」

真姫「にこちゃんは?」

希「にこっちなら今日は来てないよ?」

真姫「なっ!?もしかして…!」

希「あ、真姫ちゃん!」

真姫「今日は練習も休むわ!みんなに伝えておいて!」



真姫「にこちゃん……にこちゃん!」
25: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:19:10.81 ID:alzz8G2Y.net
にこ「………」

にこ(私はどこに向かってるんだろう…)

にこ(ここ、どこなのかしら………)

金かみ「よぉ姉ちゃん!俺らと遊ぼうぜぇ?」

銀髪「おいら楽しいことたくさん知ってるんだぜぇ?」

にこ「ちょっと、やめてよ!離しなさい!」

金髪「いいじゃねえか!」

銀髪「ええやろ?」

にこ(力強っ!?抵抗できない…!)

にこ(誰か…助けて……!)
26: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:20:08.29 ID:alzz8G2Y.net
真姫「あなたたち。今すぐにこちゃんから手を離しなさい」

金髪「あぁ?なんだこのちゃんねえは?」

真姫「早くしなさい。これで撃つわよ」

銀髪「お?おもちゃの拳銃か!懐かしいもん持っとるなぁ!」


BANG!!

金髪「ひぎゃぁぁぁ!!目がぁぁぁ!!!」

銀髪「マジチャカかよ…」
27: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:21:37.63 ID:alzz8G2Y.net
にこ「ありがとう、真姫!でもどうして私の居場所が…?」

真姫「にこちゃんがいる場所なんてすぐに分かるわよ」

真姫「それより…どうして昨日、診察に来なかったの?」

にこ「…ごめん、ちょっと頭の中が混乱してて」

真姫「まあいいわ。今すぐ病院に行くわよ」

にこ「うん」
28: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:22:19.70 ID:alzz8G2Y.net
病院!

真姫「…」

にこ「真姫ちゃん。もう診察は終わり?」

真姫「ええ。寄り道せずに帰るのよ?」

にこ「うん!」

真姫「…これは試してみないことには……でもやっぱり……」

にこ「…?」
30: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:23:12.51 ID:alzz8G2Y.net
にこ「帰ったらママのお手伝いしないと…!」


「にこちゃん~!!!」

にこ「え?」

真姫パパ「はあ…はあ……ようやく見つけた…!」

にこ「真姫ちゃんのお父さん!どうしたんですか…?」

真姫パパ「君に話があるんだ。私の部屋に来てくれ」
31: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:24:03.52 ID:alzz8G2Y.net
にこ「話って…?」

真姫パパ「まずはこれを渡そう」

にこ「?…このカプセルはなんですか?」

真姫パパ「それは、記憶を戻す薬だ!」

にこ「え!?そんな物が…!」

真姫パパ「記憶を消す薬があるなら、それの抗薬も存在するんだよ」
32: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:25:14.44 ID:alzz8G2Y.net
真姫パパ「それを飲むと、君の記憶は全て戻る。さあ、早くそれを…!」

prrrr

真姫パパ「もしもし、西木野だ。…何!?…分かった、ちょうどいい機会だ。すぐに向かう!」

にこ「…あの」

真姫パパ「とにかく、すぐにその薬を飲んでくれ!私は娘の元へ向かう!」

にこ「…」



ゴクッ

にこ「っ!?」

にこ(記憶が、蘇ってくる………!!)
34: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:26:28.85 ID:alzz8G2Y.net
『アイドル、やりませんか?』

『にこちゃんとなら、どこへでも行けるよ!』

『にこちゃん~!』

『にこ先輩!よろしくお願いします!』

『音ノ木坂スクールアイドルのμ'sです!』

『にこ!』

『にこっち!』

『にこちゃん!』


にこ(あぁ、そうだ………みんな…!!)





『にこちゃん…』
36: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:27:41.07 ID:alzz8G2Y.net
『にこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃん
にこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃん
にこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃん』


にこ「うわぁぁぁ!!!」


『にこちゃんを見失わないようにしないと』

『私はずっとにこちゃんの側にいるのよ』


にこ(な、なによこれ…!!)

にこ(私は…記憶を………!?)
37: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:28:41.57 ID:alzz8G2Y.net
「おぎゃー!おぎゃー!」

にこ(!?な、何よ……!!)

「おぎゃー!おぎゃー!あんぎゃー!!」

にこ「うわぁぁぁ!?」


真姫パパ「おんぎゃー!おんぎゃー!!」

にこ「なによこれ…!なにが、どうなってるのよ……」



真姫「にこちゃん」

にこ「!?ま、真姫…ちゃん………!?」

真姫「どうしたの?そんなに怯えちゃって」

にこ「あ…あぁぁ………」

真姫「…もしかして………」



「記憶、取り戻しちゃった?」
38: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:29:19.73 ID:alzz8G2Y.net
にこ「い、いやぁぁ!!来ないで!!!」

真姫「ダメよ、私に逆らっちゃ」


にこ「いやぁ……お願い………」

真姫「にこちゃんにはお仕置きが必要ね」


にこ「お願いだから……」

真姫「口を開けなさい」



にこ「助けて………」

ゴクッ

………………………………………………
39: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:30:07.94 ID:alzz8G2Y.net
真姫「にこちゃん~!帰ったわよ~!」

にこ「まま!まんまぁ~!」

真姫「あらあらにこちゃん~!良い子にしてた?」

にこ「あうあー!」

真姫「そう~!そんなお利口さんのために、今日の夜ごはんはハンバーグにするわよ!」

にこ「うぇひひ、あうぅまんまぁー!!」










親愛なる真姫ちゃんへ

もしあなたに、少しでも善の心があるのであれば
どうか私を、普通の人間にしてあげてください
40: ◆aQrp5SsEyk (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 23:30:40.60 ID:alzz8G2Y.net
終わり

誰も死なない優しい世界
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「親愛なる真姫ちゃんへ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。