美渡「妹ができる?」志満「うん」

シェアする

美渡-アイキャッチ1
美渡「妹って、みとに?」

志満「うん、私たちに妹が出来るの」

美渡「……」

志満「嬉しくないの?」

美渡「んー、ちょっと複雑……」

志満「なんで?」

美渡「だって、みとはしまねえの妹なのに妹ができるってなんだか変な感じで」

志満「そっか、美渡ちゃんは産まれてからずっと私の妹だもんね」

美渡「うん……。だからみとがお姉ちゃんになるのって想像できなくて」

pixiv: 美渡「妹ができる?」志満「うん」 by しゆう

スポンサーリンク

美渡「ねえ、しまねえ。妹がいるってどんな感じなの?」

志満「うーん、どんな感じかー」

志満「とっても大切な存在、かな」

美渡「大切?」

志満「うん、私にとって美渡ちゃんは大好きで、大切な存在だから」

志満「かわいくて仕方ないの」ニコッ

美渡「でもみと、いっつもしまねえに迷惑かけてる……」

志満「いいの、妹はお姉ちゃんに迷惑かけるものなんだから」ナデナデ

美渡「嫌いになったりしないの?」

志満「時々は憎らしいって思うときもあるよ? けど、それ以上にかわいいの」

志満「今はわからないかもしれないけど、お姉ちゃんにとって妹ってすごく特別なものなの」

美渡「……。みともちゃんとお姉ちゃんになれるかな?」

志満「私もお姉ちゃんになれたんだから大丈夫」ナデナデ

美渡「しまねえ」ギュッ

志満「ふふ、でも今のままの甘えん坊だったらちょっとだけ難しいかも」クスクス

美渡「み、みと甘えん坊じゃないもん!」

志満「そう? じゃあ今日から一緒に寝なくて大丈夫?」

美渡「そ、それとこれとは話が違うもん!」ギュッ

志満「まったく、美渡ちゃんったらやっぱり甘えん坊なんだから」ナデナデ

――

数ヵ月後

美渡「ただいまー」

志満「あ、おかえり美渡ちゃん」

美渡「千歌ちゃんは?」

志満「今は寝てる」

美渡「そっか、じゃあしまねえとゆっくり話せるね」ニコッ

志満「ふふ、そうだね。千歌ちゃんが産まれてからあんまり2人の時間ってとれなかったもんね」

美渡「うん……」

志満「どう? お姉ちゃんになって」

美渡「まだわかんない」

志満「そっか」ナデナデ

美渡「あ、そうだ、しまねえ。あのね――」

千歌「うわああああああん」

志満「あらあら、千歌ちゃんどうしたの?」トテトテ

美渡「……」

志満「おむつ交換しようねー」

千歌「きゃっきゃ」

志満「ふふ、すっきりしたね」ニコッ

志満「ほんと千歌ちゃんの笑顔かわいいよね、美渡ちゃん?」

美渡「かわいくない」

志満「え?」

美渡「全然かわいくない!」ダッ

志満「ちょっと美渡ちゃん!?」

――

美渡(千歌ちゃんなんて全然かわいくない)

美渡(みとからしまねえを横取りして)

美渡(泣けばなんでもしてもらって)

美渡(しまねえだけじゃない、お母さんもお父さんも千歌ちゃん千歌ちゃんって)

美渡(千歌ちゃんなんて、ほんとかわいくない)

コンコンコン

美渡「……」

志満「美渡ちゃん、入るよ?」

美渡「なに?」

志満「美渡ちゃん、千歌ちゃんに嫉妬してる?」

美渡「嫉妬?」

志満「うん、千歌ちゃんが羨ましいっていうか、もやもやしてるんでしょ?」

美渡「……うん」

志満「私とかお母さん、お父さんが千歌ちゃんに取られちゃったって思った?」

美渡「……」コクッ

志満「そっか、そうだよね」

志満「私はね、千歌ちゃんも美渡ちゃんも大好き」

志満「私は2人のお姉ちゃんだもん」

美渡「みとは、お姉ちゃんとかわかんない……」

志満「美渡ちゃんも今は戸惑ってるだけ」

志満「きちんと心の整理をしてみて」

志満「いつでも話は聞いてあげるから」ギュッ

志満「私は美渡ちゃんのお姉ちゃんなんだから」ニコッ

美渡「……うん」

――

さらに数ヵ月後

美渡「ただいまー」

志満「あっ、美渡ちゃんちょうどよかった!」

美渡「え?」

志満「ちょっと用事があって出かけなきゃいけないんだけど、お母さんもお父さんも今手が離せなくて」

志満「千歌ちゃんの面倒見ててあげて!」

美渡「え? みとが面倒見るの!?」

志満「用事すませたらすぐ帰ってくるから、お願いね!」

美渡「……千歌ちゃんの面倒見るって言ったって」

千歌「だあ?」

美渡「ほんとかわいくない」コツン

千歌「う……」

美渡「あっ」

千歌「うわああああああああああん」

美渡「う、うっさい! ちょっと小突いただけでしょ!?」

美渡「もう、ごめんって、泣かないで」ナデナデ

千歌「ぐすっ……」

美渡「うるさいしかわいくないし……」ハァ

千歌「すぅ……」

美渡「泣き止んだと思ったらすぐ寝ちゃったし」

美渡「まあ、寝ててくれた方が楽だけど」

――

千歌「うわあああああああああああああん」

美渡「もう、今度は何!?」

美渡「ミルク飲む?」

千歌「だあ!」バシッ

美渡「ミルクじゃないならおむつ?」

千歌「うわああああああああああああ」

美渡「でもなさそう」

美渡「えー、ただ機嫌悪いだけ?」

美渡「なきやめー」トントン

千歌「わああああああああああああ」

美渡「泣き止まないし」

美渡「んー、いないいない」カクシッ

千歌「?」

美渡「ばあっ!」

千歌「……」

美渡「ダメかぁ……」

千歌「きゃっきゃっ」

美渡「あっ」キュン

千歌「だー」

美渡「……」ナデナデ

千歌「♪」

美渡「うわあ、手ちっちゃいなあ」

千歌「?」キュッ

美渡「指つかんだ」

千歌「だー♪」チュパチュパッ

美渡「あっ、こら。みとの指舐めるなー」ニコニコ

千歌「きゃっきゃっ♪」

美渡「ふふ、かわいい」ツンツン

――

志満「美渡ちゃん、ごめんねー。大丈夫だった?」

志満「……美渡ちゃん?」

千歌「すぅ、すぅ……」

美渡「ちかぁ……」

志満「あら、こんなに仲良くなっちゃって」クスクス

志満「ちゃんとお布団かけないとかぜひいちゃうよ?」スッ

――

数日後

美渡「それでさ、しまねえ」

志満「うんうん」

千歌「うわあああああああああああああん」

志満「あっ、ごめんね美渡ちゃ」

美渡「まったく千歌のやつまた泣いてる」

志満「……あら?」

美渡「今度は何? ミルク? おむつ?」

千歌「だー」

美渡「……もしかして寂しかった?」

千歌「きゃっきゃっ♪」

美渡「まったく、そんなんで泣かないの」ナデナデ

千歌「えへへー♪」

志満「美渡ちゃんもすっかりお姉ちゃんね」クスクス

美渡「まあ、私のたった一人の妹だし」

志満「ふふ、一人称がみとから私になってる」

美渡「千歌のお姉ちゃんだからね、そっちの方がお姉ちゃんっぽいでしょ?」

美渡「ねー、千歌ー? みとねえだもんね?」

千歌「えへへ、みとねー」

美渡「っ! しまねえ、今千歌がみとねえって!」

美渡「千歌、もう一回。みとねえだよー」

千歌「みとねー!」ニコニコ

美渡「千歌ー!」ダキッ

千歌「だー♪」

志満「もう、2人ともかわいいなー」ニコニコ

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『美渡「妹ができる?」志満「うん」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)