千歌「そばたべたい」

シェアする

千歌-アイキャッチ36
1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 10:35:25.09 ID:MlT7bEd+
千歌「はー、今年も終わりだねー」テクテク

しいたけ「ワン」

千歌「何かあっという間に1年終わっちゃったよ」テクテク

しいたけ「ヘッヘッヘッヘッ」

千歌「しいたけもそう思うよね?」テクテク

しいたけ「ワンワンッ!」

千歌「だよねだよね!」テクテク

千歌「新しい年かぁ...」

千歌「あ、でもお正月になれば美味しいものたくさん食べられるんだ!」

千歌「おせち...お雑煮...お餅...」グ-

千歌「そんなこと考えてたらお腹空いちゃったよ~」

しいたけ「ワフー」

千歌「帰ろっか」

しいたけ「ワンッ!」

元スレ: 千歌「そばたべたい」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 10:40:29.82 ID:MlT7bEd+
千歌「あれー?ないよー」ガサゴソ

美渡「馬鹿千歌ー、なにやってんの」

千歌「美渡姉、ここに置いてたインスタントのおそば知らない?」

美渡「知らない」

千歌「えー、美渡姉食べたでしょ」

美渡「食べてないし」

千歌「おっかしいなー...あったはずなんだけどなぁ」

美渡「そばだったら夜食べるっしょ。それまで我慢しな」

千歌「今食べたいの!」

美渡「はぁ?」

千歌「なうで!そばが!食べたいの!」

美渡「しーらね。勝手にしな」テクテク

千歌「むー...絶対美渡姉だ」
5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 10:46:22.55 ID:MlT7bEd+
千歌「結局見つからなかった...」

千歌「おーそーばー!おそばが食べたいー!」ジタバタ

美渡「ほら見てよ。いい年してそばが食べたいって駄々こねてる」

志満「千歌ちゃん、おそばなら夜に作るわよ?」

千歌「今がいいの!ホントならインスタントがあったはずなのに...」

志満「!!??」ギクッ

志満「そ、そうなんだ~残念ねー」

千歌「私だけ今作ってくれる?」

美渡「わがまま言うなって」

千歌「...」

千歌「まさか、志満姉じゃないよ?」

志満「!!!!????」

志満「ち、ちががががが」アタフタ

美渡「あぁ...」

千歌「志満姉...」
6: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 10:52:04.52 ID:MlT7bEd+
千歌「まさか犯人が志満姉だったなんて」

千歌「結局そばも食べ損ねちゃったし...」

千歌「はぁ...冬休みの宿題しよ」

~数分後~

千歌「...」カリカリ

千歌「くぁー!そば食べたいー!」

千歌「そば食べないと宿題も手につかないよ~」

千歌「...」

千歌「そうだ!」

千歌「あの手があった!!」

千歌「」ピポパポピ

プルルルル

千歌「あっ、>>9?」
9: 名無しで叶える物語(茸) 2017/12/31(日) 10:55:27.26 ID:ieLZQURk
千歌大好き聖良
10: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 10:59:34.28 ID:MlT7bEd+
『あっ、千歌さん』

千歌「こんちかーっす」

『どうかされたんですか?』

千歌「今宿題してるんですけど、お腹空いちゃって」

『はぁ』

千歌「ぱぱーっといい感じのものを持ってきて欲しいかなーって」

『えっ...ま、まぁ構いませんけど』

『千歌さんのためなら...私は/////』

千歌「おねしゃーっす」ピッ

千歌「さてと、今日はどうやってくるのかなー」

千歌「あ」

千歌「そばもってこい言うの忘れた」
11: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 11:19:37.11 ID:MlT7bEd+
聖良「...よし」

Shift to VECTOR CANNON Mode

All energy lines connected

Landing gear and climbing
irons locked

Inner chamber pressure rising normally

Life-ring has started revolving

聖良「理亞、行ってきます」

理亞「姉様、ご無事で」


Ready to fire


聖良「千歌さーーーーん」
13: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 11:27:31.92 ID:MlT7bEd+
千歌「...」カキカキ

キランッ

ガッシャァァァァン!!!!!

千歌「」

聖良「...」

聖良「お待たせしました」

千歌「こ、こんにちは...」

聖良「ふぅ...少し荒っぽいですが、この方法が最も安全だったので」

千歌「そ、そうなんですか...」

聖良「それに...一刻も早く千歌さんにお会いしたくて/////」

千歌「えっ」

聖良「す、すみません...それよりも差し入れでしたね。はいどうぞ」スッ

千歌「わー!」

聖良「お口に合うかどうかわかりませんが」

千歌「おそばかな?おそばだよね!」

>>16 聖良の持ってきたもの
16: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 11:34:18.14 ID:vTduYH5H
手打ちそば(媚薬入り)
19: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 11:49:45.97 ID:MlT7bEd+
千歌「うわー!おそばだー!!」

聖良「年の瀬ですから」

千歌「聖良さん!ありがとうございます!」ダキッ

聖良「わっ/////」

千歌「私、ちょうどおそばが食べたかったんです!」

聖良「ふふ、だと思いました」

千歌「えっ」

聖良「さぁ、冷めないうちにどうぞ」

千歌「はいっ!」

千歌「うわー美味しそう!」

聖良「北海道はそばも有名なんですよ?」

千歌「へーそうなんですか!」

千歌「いただきまーす!」

千歌「」ズゾゾゾゾ

聖良「ちょっ...もっとゆっくり」
21: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 11:58:35.15 ID:MlT7bEd+
千歌「美味しい!」

千歌「こんな美味しいおそば食べたことないです!!」

聖良「ふふ、喜んでいただけてよかったです」

千歌「うわーおっきなサバ!」

聖良「にしんです」

千歌「にしん?」

聖良「ほら、数の子のお母さんですよ」

千歌「へー、これが数の子の」

聖良「こちらでは食べないんですか?」

千歌「そんなことはないと思うんですけど、食べるのは初めてです」

聖良「美味しいですよ」

千歌「」ハムハム

千歌「ふぉぉ!」

聖良「ね?」

千歌「はふぅ...あったかいおそば食べたから身体がポカポカしてきましたよ」

千歌「あれ...何でかな。頭がぼーっと/////」

聖良「ふふふ...」
23: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:10:46.46 ID:MlT7bEd+
聖良「千歌さん...」スッ

千歌「ひゃっ!」ビクッ

聖良「千歌さん...とても、可愛らしいです」アゴクイ

千歌「えっ...ど、どうしたんですかいきなり」

千歌「(あれ...何でだろう...身体が)」

聖良「もう我慢できません!」バッ

すっごいえっろな下着の聖良さん

聖良「千歌さん...私!」ハァハァ

千歌「えっ...でも」

聖良「ほら、千歌さん身体はもう」サワ

千歌「ひゃあうっ!」ビクビクン

千歌「な...何で...こんなに.../////」

聖良「もう...いいですよね?」

千歌「/////」コクン
25: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:21:12.72 ID:MlT7bEd+
聖良「千歌さん!」

千歌「アン!アン!アン!アン!」

パチッ!

聖良「ああ、気持ちいい...。いいですよぉ...ハァ、ハァ...アアッー、アッ、ンアッー、ンッ...ォゥ、ォウ、 オォン!アォン! ハァ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ...」�

千歌「もう...イッちゃ」

聖良「いいですよ...イッてください!」

千歌「ハァ...ハァ...ンンッ!」

聖良「ふふ...お粗末様でしt」ペロリ

ザンッ!

聖良「」



ボトリ

聖 ゴロン

梨子「...」

千歌「り...梨子...ちゃん?」

RIKO Wins

FATALITY
29: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:31:23.28 ID:MlT7bEd+
梨子「千歌ちゃん、大丈夫!?」

千歌「う、うん...」

梨子「ごめんね...私が隣にいながらこんなことに」

千歌「いや...何ともないよ」

聖良「ふぅ...あやうく死ぬところでした」カポ

梨子「聖良さん...貴女がこんなことをするなんて思いもしませんでしたよ」

聖良「私は千歌さんに差し入れをしただけですよ?」

梨子「そんなことない!千歌ちゃんは滅多なことで発情しないもの!絶対聖良さんが何かしたはずです!!」

聖良「...」

聖良「いいでしょう。全てお話します」

聖良「かくかくしかじか」

梨子「まるまるうまうま」

千歌「ええーっ!?聖良さんが私のことを大好きで持ってきたおそばに媚薬を入れてたー!?」

聖良「説明どうもです」
32: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:56:36.63 ID:MlT7bEd+
千歌「でもどうして?」

聖良「どうしてって、そりゃこれだけお呼ばれしているんですから」

梨子「いつの間にか好意に変わっていたと」

聖良「はい。まぁ色々ありましたが、それも愛情表現ということで」

千歌「愛情表現なんだ...」

梨子「とにかく!千歌ちゃんは穢れてはいけないんです!今度手を出したら許しまんよ!」

聖良「そうですね...2度目はくっつくかどうかわかりませんし」

聖良「では私はこれで。千歌さん、梨子さん、良いお年を」

千歌「良いお年を~」

梨子「...」

梨子「聖良さん、凄い格好で帰っていったね」

千歌「うん、美渡姉もあんなの着てないよ」

ケイサツダオトナシクシロ!

エ!?チョ!?ナンデスカ!?

ゲンコウハンタイホ!

ちかりこ「...」

千歌「梨子ちゃん、平和だね」

梨子「そうだね」
33: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 12:58:35.59 ID:MlT7bEd+
千歌「あっ、梨子ちゃん」

梨子「なぁに?」

千歌「今宿題の最中なんだよね」

梨子「あ、そうだったんだ」

千歌「ん」スッ

梨子「へ?」

千歌「ん!」スッ

梨子「はい」タッチ

千歌「はいじゃないが」

梨子「?」

千歌「差し入れだよっ!見りゃわかるでしょ!!」

梨子「あー!」

梨子「チョットマッテテ-」
34: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 13:03:53.11 ID:MlT7bEd+
梨子「持ってきたよー」

千歌「おおっ!早いっ!」

梨子「ちょうど差し入れに良さそうなのが見つかって」

千歌「なんだろなーなんだろなー」

梨子「はいどうぞ」

千歌「うわー」

>>37 梨子の持ってきたもの
37: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2017/12/31(日) 13:05:13.76 ID:7MMaXr9N
きしめん
38: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 13:13:33.58 ID:MlT7bEd+
千歌「惜しいっ!」

梨子「惜しいの!?」

千歌「私が食べたいのはおそばだったの!」

梨子「えぇっ!?じゃあ聖良さんで終わってたんじゃ...」

千歌「ほら、おそばなら何でも食べたいし」

梨子「いやー...」

千歌「まぁでもきしめんも美味しいからね」

梨子「ほら、きしめんって名物でしょ?」

千歌「えっ」

梨子「あれ?違ったっけ?」

千歌「きしめんは名古屋名物だよ...」

梨子「あっ/////」
40: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 13:25:52.59 ID:MlT7bEd+
千歌「うまー」

梨子「改めてみると太いね...」

千歌「久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しいよ」

梨子「よく食べるね...」

千歌「おなか空いてるからねー」

千歌「はい梨子ちゃん、あーん」

梨子「ふぇっ?」

千歌「あーん」

梨子「あ、あーん」

梨子「!!」

千歌「美味しいでしょ?」

梨子「...」

梨子「美味しい。うどんとは違う感じ」

千歌「ねー」
42: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 15:20:51.97 ID:MlT7bEd+
千歌「いやー食べた食べた。ごっそさん」ゲフ-

梨子「千歌ちゃん、汚いよ」

千歌「いっぱい食べたから眠くなって来たよ」ファァ

梨子「えっ、宿題は!?」

千歌「まだ大晦日だよ?へーきへーき」ゴロン

梨子「冬休みはそんなにないよ!ほら、起きて宿題しなきゃ!」

千歌「zzz」

梨子「もう寝ちゃってる!?」

梨子「千歌ちゃん起きて!ある意味野ざらしなんだから寝たら死んじゃうよ!」

ヒュゥゥゥ

梨子「寒っ!」

千歌「むにゃむにゃ」

千歌「あー、天ぷら食べたい」

梨子「まだ食べ足りないの...」
43: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 15:25:32.29 ID:MlT7bEd+
梨子「えっちょ...千歌ちゃん寝ちゃったんだけど」

梨子「どうしよう...」

梨子「...」

千歌「zzz」

梨子「可愛い寝顔」

梨子「じゃなくて!このままじゃ消化不良だよ~!」

梨子「私今お腹すいてないし...」

梨子「いや、これは試されてるのかもしれない」

梨子「私がどこまで内浦のみんなに受け入れられているのかを確かめるチャンスだわ」

梨子「千歌ちゃん、やり遂げるよ。最後まで」

梨子「よし、まずは>>46に電話しよう」
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/31(日) 15:32:45.61 ID:1xhHEZLQ
ダイヤ
47: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 15:41:07.09 ID:MlT7bEd+
梨子「もしもし...」

『あら、梨子さん』

梨子「あの、今大丈夫ですか?」

『ええ、特になにもしていませんわ』

梨子「よかった...」

梨子「ダイヤさん、もし良かったら千歌ちゃんの家に来ませんか?今宿題をやってて、少し分からないところがあって」

『わかりましたわ。すぐに向かいます』

梨子「あっ、その時に差し入れもお願いしたいなーって」

『...』

梨子「(あーやっぱり私じゃダメなのかも...)」

『了解ですわ。楽しみにしておいて下さいね』

梨子「はい!」

梨子「ほっ、よかった...」
48: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 15:47:50.13 ID:MlT7bEd+
~数分後~

ダイヤ「何なんですのこれは...」

千歌「ンゴゴゴゴwwwwww」

梨子「えぇと...既に千歌ちゃんはお眠でして」

ダイヤ「そっちではありませんわ。何故ぽっかりと穴が空いているのですか!?」

梨子「大晦日だから色んな厄が飛んでいったんだと思います...」

ダイヤ「まぁいいですけど、寒くないんですの?」

梨子「慣れました」

ダイヤ「コート着て正解でしたわ...」

ダイヤ「それで、わからないところというのは」

梨子「はい。ちっぽけな自分がどこへ飛び出せるのかわからなくて」

ダイヤ「それはわかりませんわね...」

ダイヤ「まぁ、何とかなると思いますわ」

梨子「ざっくりー!」
49: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 15:51:16.07 ID:MlT7bEd+
梨子「あっ、それで差し入れの方は...」

ダイヤ「すっかり忘れていましたわ」ガサゴソ

ダイヤ「大したものではありませんが、召し上がれ」

梨子「ありがとうございます!何だろう...」

ダイヤ「こういうのは千歌さんの専売特許ではなくて?」

梨子「千歌ちゃん、今回は最初で目的を達成したみたいで...」

ダイヤ「ルビィが持ってきたんですの?」

梨子「いえ、北海道の」

ダイヤ「そうですの...残念ですわ」

梨子「残念がるところなの!?」

>>52 ダイヤの差し入れ
52: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/31(日) 15:58:10.04 ID:2MJBRr5d
天ぷら
55: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 17:29:19.51 ID:MlT7bEd+
梨子「わっ、天ぷら」

ダイヤ「昼食が天丼でしたの」

梨子「天丼...いいなぁ」

ダイヤ「海老は絶品でしたわ」

梨子「黒澤家はお正月前でも豪華なんですね」

ダイヤ「黒澤家ですもの」

ダイヤ「これは余った分のお裾分けですわ」

梨子「ちなみに、何の天ぷらなんですか?」

ダイヤ「えぇと...これが>>56でこれが>>57、こっちが>>58ですわ」
56: 名無しで叶える物語(あら) 2017/12/31(日) 17:30:07.67 ID:FtW5dODA
ルビィ
57: 名無しで叶える物語(茸) 2017/12/31(日) 17:30:15.31 ID:d7YJZIeF
天かす
58: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/31(日) 17:32:21.53 ID:whtsaTtt
レモン
60: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 17:51:10.29 ID:MlT7bEd+
梨子「...」

ダイヤ「どうかされたんですか?」

梨子「あの、まともなものは...」

ダイヤ「まともなもの?梨子さん、貴女ルビィがまともではないと!?」

梨子「ルビィちゃんはまともですけどルビィちゃんの天ぷらはまともじゃないと思います」

ダイヤ「家の者はみな大好評でしたのに...」

梨子「えっ!?みんなで食べたんですか!?」

ダイヤ「えぇ、ルビィも美味しい美味しいとたくさん食べていましたわ」

梨子「えっ、待ってください...それはルビィちゃんの天ぷらですよね?」

ダイヤ「勿論ですわ」

梨子「それを食べたのもルビィちゃんなんですよね」

ダイヤ「家族ですもの。当たり前ですわ」

梨子「ウ-ン(昏倒)」
63: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 18:01:02.81 ID:MlT7bEd+
梨子「ルビィちゃんはもういいです。あとの天かすとレモンって何なんですか」

ダイヤ「余りものと言ったじゃないですか」

梨子「余りもの=カスってことですか!?」

梨子「そもそも、余るくらいならレモンなんて揚げないでください!」

ダイヤ「知りませんわよ!我が家の板長に言ってくださいまし!」

梨子「はぁーあ...ダイヤさんってホントいつもいつもロクなの持ってこないですよね」

ダイヤ「なっ...!」

梨子「妹はいつもいつも頑張ってるのに姉ときたら...」ハァ

梨子「ダイヤさんを信じた私が馬鹿でした」

ダイヤ「わ、私だってやる時はやりますわ!」

梨子「じゃあ見せてくださいよ!」

ダイヤ「見ていなさい梨子さん...」ピポパ

ダイヤ「もしもし?>>66さん?」
66: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 18:19:41.75 ID:Sg/Ixq45
すしざんまい
67: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 18:36:28.30 ID:MlT7bEd+
梨子「すしざんまいって...あの、あれですよね?」

ダイヤ「(シーですわ!)」ギロリ

梨子「アッハイ」

ダイヤ「えぇ、えぇ、そうですわ」

ダイヤ「住所は前に教えたところですわ。早急にお願いしますわね」

ダイヤ「では」ピッ

梨子「え、えと...もしかしてあの人来るんですか?」

ダイヤ「初競りの準備で忙しいとのことですわ。ですが、モノは頼みましたのですぐに来るとのことですわ」

ダイヤ「どうです?これがわたくしの本気ですわ」

梨子「おみそれしました」
68: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 18:38:12.26 ID:MlT7bEd+
ブロロロロ

ダイヤ「ご苦労様」

梨子「(凄い...大きな発泡スチロール)」

ダイヤ「よっと...これが真の差し入れですわ」

梨子「あ、ありがとうございます」

梨子「何だろう...」ドキドキ

パカッ

>>71 届いたもの
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/12/31(日) 18:51:04.56 ID:fIqEAzXT
コロッケ
73: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 19:24:54.00 ID:MlT7bEd+
梨子「コロッケー!?」

ダイヤ「あら、コロッケはお嫌いで?」

梨子「い、いえ...コロッケは好きですけど」

梨子「すしざんまいに電話までしてこーんな大きな箱に入ってたのにコロッケ...」

ダイヤ「コロッケ美味しいですわよ?」サクサク

梨子「何でダイヤさんが食べてるんですか!!」

梨子「私にください!」

ダイヤ「どうぞ」

梨子「」サクサク

梨子「おいひ」

ダイヤ「でしょう?すしざんまいですもの」

梨子「すしざんまい関係あるかな...」
74: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 19:30:52.69 ID:MlT7bEd+
ダイヤ「それではこれで失礼致しますわ」

梨子「あ、はい」

梨子「...」

梨子「これからはダイヤさんに頼らない様にしよう」

千歌「zzz」

梨子「にしてもよく眠るなぁ」

梨子「まぁでも果てた後は疲れるもんね」

梨子「ゆっくりおやすみ」

梨子「さて、次に行こう」

梨子「次は>>77で」
77: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 19:36:41.62 ID:UDZabXWQ
りゅびぃ
78: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 20:05:32.16 ID:MlT7bEd+
『梨子さん?どうしたんですか?』

梨子「ルビィちゃん、今暇?」

『は、はい。暇なのでお昼寝でもしようかと』

梨子「そうだったんだ...ねぇ、千歌ちゃんの家に来る気ない?」

『いいですよ。今から行ってもいいですか?』

梨子「うん!あ、あと来る時に何か1品持ってきて欲しいかな」

『差し入れですか?あれ?千歌さんは?』

梨子「千歌ちゃんは今寝ちゃってて...」

『そうなんですか...わかりました!ちょっと待っててくださいねー』
80: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 20:58:14.64 ID:MlT7bEd+
ルビィ「こんにちはー」

梨子「いらっしゃい」

ルビィ「千歌さんは?」

梨子「ほら、この通り」

千歌「zzz」

ルビィ「ほんとだ、おやすみなさい」

ルビィ「...というか、寒くないですか?この部屋」ガタガタ

梨子「あー、ほらあそこ」

ポッカリ

ルビィ「ピギッ...」

梨子「どうしてこうなったかは知らないんだけどね」

ルビィ「こんな寒いのによく寝ていられますね...」

梨子「ほんとにね」

ルビィ「梨子さん、言われた通り持ってきましたよ」

梨子「おー」

ルビィ「千歌さんが寝てるから今回は梨子さんなんですね」

梨子「そうなの」

ルビィ「どうぞ!」

>>83 ルビィの持ってきたもの
83: 名無しで叶える物語(茸) 2017/12/31(日) 21:02:09.63 ID:+rLPtuOF
>>81
81: 名無しで叶える物語(茸) 2017/12/31(日) 21:00:14.04 ID:4bqZlYMt
ルビィの天ぷら
85: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:09:58.89 ID:MlT7bEd+
ルビィ「とっても美味しいですよ♪」

梨子「ゲェーッ!?」

ルビィ「梨子さん?」

梨子「ル、ルビィちゃん...それって」

ルビィ「ルビィの天ぷらですよ?家族みんな大好物です!」

梨子「い、いや...貴女ルビィちゃんよね!?」

ルビィ「はい!黒澤ルビィですっ!」

梨子「じ、じゃあそれは...?」

ルビィ「これも黒澤ルビィですっ!」

梨子「?????」

ルビィ「梨子さん?」

梨子「ほ、本物のルビィちゃんよね...?」

ルビィ「はいっ!あ、天ぷらにも本物のルビィが使われてるんですよ!」

梨子「今いるのは本物のルビィちゃんで天ぷらにも本物のルビィちゃんが使われてて...」

梨子「ルビィちゃんはルビィちゃんだからルビィちゃんなのよね...?」

梨子「」パンッ

WASTED
楽な道を選んだ

ルビィ「梨子さん!?」
86: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:15:41.63 ID:MlT7bEd+
梨子「ハッ!」

ルビィ「あっ、起きました?」

梨子「ルビィちゃんは!?」

ルビィ「ピギッ...こ、ここですけど」

梨子「天ぷらは!?」

ルビィ「食べちゃいました。我慢できなくて」

梨子「ホッ...よかった」

ルビィ「何がですか?」

梨子「ううん、何も分からなくていいのよ」

ルビィ「うゅ?」

千歌「んん...」ムクリ

千歌「あれ?ルビィちゃん?」

梨子「あっ、千歌ちゃんおはよ」

ルビィ「おはようございます。お邪魔してます」

千歌「うん...ゆっくりしてって」
87: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:23:11.16 ID:MlT7bEd+
ルビィ「今回もちゃんとお呼ばれしました!」

千歌「おつとめごくろーさん」

ルビィ「押忍!」

梨子「何の関係なの...」

千歌「ウチに来たってことは、何持ってきたの?」

ルビィ「ルビィの天ぷらですっ!」

ルビィ「でも食べちゃいました...ごめんなさい」

千歌「えー!食べちゃったの!?」

梨子「えっ!?」

千歌「あれめっちゃ美味しいんだよね~。梨子ちゃんも食べた?」

梨子「食べるわけないでしょ!?ルビィちゃんなのよ!?」

千歌「うん、内浦名物のルビィの天ぷらでしょ?」

梨子「名物!?」

千歌「そっか...梨子ちゃん知らないのか~」

ルビィ「1度食べてみてください!絶対好きになりますから!」

梨子「む、無理だよ...だってルビィちゃんの頭がそのまま揚げられてるんだよ?」

千歌「あー!一番美味しいところだ!」
90: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:41:27.11 ID:MlT7bEd+
千歌「さてと、目覚めの1発と行きますか」

梨子「え、行くの...?」

千歌「今年最後ってことで、ね?」

梨子「うん...別に構わないけど」

千歌「誰にしよーかなー」

梨子「(ダメだ...ルビィちゃんの天ぷらが頭から離れない)」モゾ

梨子「ん?」

頭に引っ付いてたルビィの天ぷら「」

梨子「ぎゃあっ!」

千歌「あー!天ぷらー!いただきまーす!!」ガツガツ

ルビィの天ぷら「ピギッ...ピギャッ...オネイチャ...」

梨子「ひぃぃ...!」

千歌「んー!美味い!」

千歌「さてと、>>93に連絡しよーっと」
93: 名無しで叶える物語(泡盛【21:24 震度1】) 2017/12/31(日) 21:43:41.66 ID:avJgH8dD
かなーん
95: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:51:09.29 ID:MlT7bEd+
千歌「最初も果南ちゃんで、最後も果南ちゃん!何か運命的!」

梨子「あっ、そうだったんだ」

千歌「もしもーし?」

『やほー』

千歌「果南ちゃん?暇?暇だよね?」

『いや、暇だけど...そんなに強調されると何かやだなぁ』

千歌「暇ならウチ来ない?」

『いいよー』

千歌「じゃあ来るついでにいつものお願いねー」

『また?まぁいっか。大晦日だし』

千歌「よろしくー」

千歌「後は果南ちゃんを待つだけだね」

梨子「...」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「へ?ご、ごめん...ちょっと川を渡ってた」

千歌「もー、この時期の川は寒いよー?」
96: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 21:55:26.59 ID:MlT7bEd+
千歌「さてとー、来るまで宿題してよーっと」

梨子「うん、そうだね」

ピギ...ピギッ

梨子「!!??」

梨子「何!?どこから!?」

千歌「あー、天ぷら食べたから胃の中で騒いでるんだ」

千歌「美味しくて楽しいって一石二鳥だよね」

梨子「楽しくない...楽しくないよ全然!」

千歌「そうかな?」

チ-カ-!

千歌「あっ、果南ちゃんだ!」
97: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:00:01.81 ID:MlT7bEd+
果南「うぃーっす。お、梨子もいたんだ」

梨子「こんにちは」

千歌「寒いでしょー?入って、どうぞ」

果南「お邪魔しまーす」



果南「な、なんじゃこりゃ...」

千歌「いやー、いきなり聖良さんが飛んできて」

果南「核弾道ミサイルかなん?」

梨子「むしろそれでピンピンしてた聖良さんがヤバいような...」

千歌「北海道だからねー」

果南「北海道で済ますところ?」

千歌「それで、果南ちゃん」

果南「はいよ」

千歌「アレ」

果南「あいよ」

>>100 果南の差し入れ
100: 名無しで叶える物語(庭) 2017/12/31(日) 22:06:37.33 ID:AxFxT7Gx
なんか落ちてた媚薬
102: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:29:53.52 ID:MlT7bEd+
千歌「は?」

果南「来る途中に落ちててさ」

千歌「いや待ってよ。その辺に落ちてたって...家から持ってきてすらないの!?」

果南「大晦日だし」

梨子「大晦日関係あるんですか!?」

千歌「ほんっとに果南ちゃんだけは...!もー!もー!!」ポカスカ

果南「いてて」

千歌「折角いいものもってきてもらって締めようとしたのに!!バカバカ!」ポカスカ

果南「やめろっ!」バキイッ

千歌「ガフッ」

果南「叩きすぎ!」

千歌「」

梨子「首が一回転したような...」

果南「2錠あって1つしいたけにあげたんだけど、死にはしてないから大丈夫」

千歌「しいたけを実験台にしたの!?」
103: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:32:40.14 ID:MlT7bEd+
千歌「まぁいいや...いただきます」ヒョイパク

千歌「」ゴクン

千歌「...」

果南「どう?」

千歌「ウッ!」

梨子「千歌ちゃん!?」

千歌「ハァ...ハァ...」

梨子「凄い汗...」

果南「あわわ...これ、シャブよりヤバいんじゃ」

千歌「り...りこひゃん」トロ-ン

梨子「千歌ちゃん...?」

千歌「もう我慢できない...身体が熱いの...ねぇ、鎮めて?」ヌギヌギ

梨子「えっ、えぇぇ!?」

果南「あちゃー、媚薬だったんか」
105: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:38:26.52 ID:MlT7bEd+
千歌「梨子ちゃあん」ハァハァ

梨子「えっ...こ、心の準備が...!!」ドキドキドキ

果南「梨子、ファイティーン」

梨子「いやいやいや!何とかしてくださいよ!」

果南「何とかするって言われてもなぁ」

千歌「梨子ちゃあん...んっ...アソコが疼いて疼いて仕方ないよぉ/////」クチュクチュ

梨子「待って待って!果南さん助けてください!!」

果南「私が巻いた種だからなぁ...仕方ない」

果南「ほーら、離れて離れて」グイ

千歌「果南ちゃん...私としたいの?」キョトン

果南「お前レズかよぉ!」
106: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:49:55.35 ID:MlT7bEd+
果南「薬が切れるまで何とかやりすごさなきゃ」

千歌「なぁ...スケベしようや/////」

梨子「しーなーい!」

果南「てか力強っ!」グググ

梨子「千歌ちゃん!元に戻って!!」

戻りませんよ

果南「誰だお前は!?」

すっごいえっろな下着の聖良「地獄から来た女...鹿角聖良!」

梨子「聖良さん!?ホいつの間に!?」

聖良「警察に捕まる前に薬だけは置いていたのですが...まさか果南さんが拾ったとは」

聖良「まぁでも千歌さんがまた飲んだようでなによりです」

聖良「さぁ、千歌さん。さっきの続きをしましょう?」

千歌「聖良さん.../////」

聖良「ふふふ」

梨子「ダメよ千歌ちゃん...!」

果南「ダメよ~ダメダメ」
108: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 22:59:21.48 ID:MlT7bEd+
聖良「お二人は少しじっとしていてください」ドンッ

果南「ぐっ...身体が」

梨子「なんて力なの...!?」

聖良「邪魔は無くなりました。さぁ、楽しみましょう?」

千歌「ふぁ.../////」

聖良「綺麗ですよ...千歌さんの身体」サワッ

千歌「ひゃあんっ!」ビクビクン

聖良「では...いただきm」

グサッ!

聖良「そ...そん...な」ゴフッ

曜「何とか間に合ったヨーソロー」

かなりこ「「曜(ちゃん)!」」

曜「千歌ちゃん!早くこの薬を」グイ

千歌「曜...ちゃん?」ゴク

千歌「ウッ」バタリ

梨子「千歌ちゃん!?」

曜「寝ちゃっただけだよ」

果南「ありがとう、助かったよ」
109: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 23:07:13.21 ID:MlT7bEd+
聖良「ふふ...貴女の存在をすっかり忘れていましたよ」ユラリ

曜「まだっ...!」チャキ

聖良「いえ、もう降参です。これ以上は私の体力が持ちませんから」

聖良「梨子さん、曜さん、またお会いしましょう」

果南「どうやって帰るん?」

聖良「あっ」

梨子「何で帰り道のことを考えないんですか?」

曜「いつもこうだね...」

果南「さーて...どうやって帰してあげようか」

聖良「お、お手柔らかに...」
110: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 23:16:03.15 ID:MlT7bEd+
果南「いやー、帰ってったね」

梨子「まさかハイパードライブが使えたなんて」

曜「あるなら毎回使えばいいのにね」

千歌「うぅ...」ムクリ

千歌「あれ?もうこんな時間」

梨子「千歌ちゃん!」ダキッ

梨子「大丈夫?何ともない?」

千歌「私...果南ちゃんが持ってきた薬を飲んで、それで」

曜「大丈夫、もう大丈夫だよ」

果南「まさか媚薬だったとはね...ごめんね?」

千歌「ううん、いいの」

梨子「千歌ちゃん...」

千歌「年の瀬にこんなことあってもいいかなーって」

果南「いやよくないでしょ」
111: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 23:23:36.58 ID:MlT7bEd+
千歌「はぁー...色々あったけど、1年も終わっちゃうね」

梨子「本当に色々あったね」

曜「うん」

果南「曜は特にでしょ?」

曜「まぁねー」

千歌「さてと、来年もいい年になることを願って」

カンパーイ!ピギィ

梨子「えっ、待って待って!今の鳴き声...」

千歌「ん?なにか声がした?」

曜「んーんー?」

果南「気のせいでしょ」

梨子「...だといいんだけど」

梨子「(何か大晦日なのにバタバタしたなぁ...)」チラ

窓にびっしり引っ付いてるルビィちゃんの天ぷら「ピギギギギギギギギ」

梨子「ぎゃぁぁぁぁっ!!!!!」
112: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/31(日) 23:27:49.61 ID:MlT7bEd+
おしまい
良いお年を
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「そばたべたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)