千歌「曜ちゃんが他の女と仲良くしてる…」

シェアする

千歌-アイキャッチ12
千歌「はぁ~…」

善子「なによクソデカため息なんてついちゃって」

千歌「言葉遣いが汚いよ善子ちゃん」

善子「ヨハネよ」

千歌「はぁ~…」

善子「…で、どうしたの?悩みとかなら聞いてあげるわよ」

千歌「善子ちゃんは善い子だね」

善子「聞いてほしくないなら別にいいわよ」

千歌「あー言う言う!言いますー」

善子「ならよろしい」

pixiv: 千歌「曜ちゃんが他の女と仲良くしてる…」 by しずく饅頭

スポンサーリンク

千歌「あのねー実を言うと恋の悩みってやつなんだよね」

善子「こ、恋!?」

千歌「最近わたしの好きな人がね?わたし以外の人といちゃいちゃしてることが多い気がして…」

善子「そんなのさっさと告白するなりなんなりして意識させちゃえばいいのよ」

千歌「ちょっと!まだ悩み話し始めたばっかりだよ!」

善子「自分以外へ向けられてる目を自分に向けたいなら、やっぱ告白するしかないわよ。中途半端なアプローチなんてその他に紛れるだけよ」

千歌「うぐ…なんか的を射てる…善子ちゃんのくせに」

善子「一言余計よ!」

千歌「もしかして、善子ちゃんは好きな人いるの?」

善子「いるわよ」

千歌「おお…即答。てっきり恥ずかしがるかと思ったのに」

善子「ま、千歌みたいな片想いならいざ知らず、わたしはすでに両想いだからね。余裕があるのよ」ドヤァ

千歌「嘘!?だ、誰なの!?」

善子「それは言えないけど、そうね…お家デートもしたし手も繋いだし…そろそろキスしちゃおうかなー」

千歌「うがああああ!羨ましいいいい!」

ガラッ

曜「ヨーソロー!あれ、二人だけ?珍しいね」

千歌「あ、よーちゃん!」ピコン

曜「ふたりとも何の話してたの?」

善子「千歌の好きな「ぶえっくしょおーい!」

曜「わわ!千歌ちゃん大丈夫?」

千歌「う、うん!誰か噂してるのかな?余計なこと言わないでほしいよー」ジロッ

善子「あっ…」

曜「風邪とかひきやすい時期だし、千歌ちゃんも気をつけてね?」

千歌「うん、ありがとう曜ちゃん」

曜「わたしは元気な笑顔でいる千歌ちゃんを見てるのが、一番好きだから」ナデナデ

千歌「あ、ありがと…♡」テレテレ

善子(なるほどね…そういうことだったの)

───
──


次の日

千歌「お昼だー!」

曜「あ、わたしちょっとトイレ行ってくる。ついでに購買」

千歌「はーい」

梨子「うら若き乙女がトイレって…」

千歌「トイレはトイレでしょ?」

梨子「そうなんだけど…うーん」

千歌「あ、ねえ梨子ちゃん…ちょっとお願いがあるの」

梨子「どうしたの?」

千歌「今日は曜ちゃんと二人きりでお昼食べたいの…ダメ?」

梨子「いいよ。何か曜ちゃんに話したいことがあるんでしょ?」

千歌「ありがとう梨子ちゃん!」

梨子「どういたしまして」クスッ

千歌「じゃあいい天気だし中庭に誘ってくる!」

梨子「いってらっしゃい」フリフリ

───
──


千歌「よーちゃんどこかな~♪」

曜「あははっ」

千歌「あ、いた!」

果南「もー、笑い事じゃないよ」

曜「ごめんごめん!でも、あの果南ちゃんが…くふふっ」

果南「あっ!もうまた!」

曜「だってー」

果南「そんなやつはこうしてやる!」ハグッ

曜「ひゃっ」

果南「ふふふ…ひゃっだなんて曜も可愛い声出すんだね?」

曜「う~…///」

果南「それそれ~♪」ギュー

曜「も、もう!恥ずかしいよー!」

果南「おねーさんをからかうからそうなるんだよ」

曜「うー///このっ!」ムギュ

果南「きゃんっ///」

曜「へっへー!果南ちゃんだって可愛い声だすじゃん!お尻触られてきゃんっ!だって!」

果南「このっ///」

曜「わぷっ!んー!」ジタバタ

果南「どうだ、参ったか」

曜「んー!んー!」バシバシ

果南「ほい」パッ

曜「ぷはっ!もー果南ちゃん窒息させる気?」

果南「これに懲りたらわたしをからかうのはやめることだね」

曜「はーい」

果南「じゃあわたし行くね。また放課後」

曜「うん!あとでねー」

千歌「…なにあれ」

曜「おっと、はやく購買行って戻らなきゃ」

千歌「あ、曜ちゃ…」

「曜ちゃーん」

曜「ん?」

千歌「ん?」

花丸「ここにいたずら」

曜「花丸ちゃん?わたしに用事?」

花丸「はい、これどうぞ!」

曜「これ…お弁当?」

花丸「うん!」

曜「どうして急に?わたし、なにか約束してたっけ?」

花丸「え、えっと…こ、これは日頃のお礼ずら!」

曜「お礼?」

花丸「曜ちゃんはいつもかっこよくて、明るくて…昨日なんてオラがうまく振り付けを覚えられなくても熱心に教えてくれたりして、あの…ありがとうの気持ちを、つ、伝えたくて…///」

曜「花丸ちゃん…」

花丸「だ、だからその、特別な意味とかそういうのを期待してるわけじゃ…!」

曜「ありがとー!」モッギュー

花丸「ずらああああ!?」

曜「花丸ちゃんはほんっといい子だね~すっごく嬉しいよ!」ナデナデ

花丸「あぅ…///」プシュー

曜「今日は丁度購買で済ませちゃおうと思ってたから、ありがたく頂戴するであります!」

花丸「よ、喜んでくれたならオラも嬉しいずら…///」

曜「それじゃあ、わたしは教室に戻るね。また放課後!」ケイレイッ

花丸「う、うんっ♡」

千歌「」ポカーン

曜「いやー嬉しいなぁ~…ん、千歌ちゃん?どうしたのこんなところで」

千歌「…」

曜「千歌ちゃん?」キョトン

千歌「うわあああああ!」パシーン

曜「!?」

千歌「よーちゃんのばかああああああ!」ダッ

曜「…へ?」ヒリヒリ

───
──


よしみ「で?最近噂の後輩ちゃんとはどう?」

いつき「もう付き合ってるの?」

梨子「よっちゃんとはそういうんじゃないよぉ///」ハワワ

よしみ「嘘付け!絶対付き合ってるでしょ!」

梨子「ほ、本当にただのお友達だよ?」

ガラッ

曜「…」フラフラ

梨子「…え?曜ちゃん?」

曜「…」

梨子「ど、どうしたの?千歌ちゃんと一緒にお昼食べてたんじゃなかったの?」

曜「千歌ちゃんにビンタされた…」

梨子「えぇ!?なにしたの!?」

曜「なにもしてない…」

梨子「それなのにビンタされたの…?」

曜「わたし、何かしちゃったのかな…」ウルウル

梨子「わ、泣かないで曜ちゃん!」アセアセ

曜「千歌ちゃんが意味もなくこんなことするなんて思えないし…」

梨子「そうだよね…うわ、かなり強く叩かれたんだね。真っ赤になってる…」ピト

曜「あ…梨子ちゃんの手、ひんやりしてて気持ちいい…」スリスリ

梨子「ひゃっ///」

曜「痛みが引いていくみたいだよー…」サワサワスリスリ

梨子「あ、あの///曜ちゃん、もう…///」

曜「お願い、もう少しだけ…ダメ?」ウワメ

梨子「う…///」

曜「梨子ちゃんの手すごいね…すべすべしてて、柔らかくて…ずっと触っていたいくらい」

梨子「恥ずかしいよぉ…///」

───
──


千歌「よーちゃんめ…追いかけてきてもくれないなんて…」プンスカ

千歌「もういいもん。梨子ちゃんとお昼ご飯食べるもん」

ガラッ

曜「ねえ、食べさせてあげるよ」

梨子「い、いいよ、恥ずかしいもん…」

曜「だって、梨子ちゃんの手ふさがってるし」

梨子「それは…曜ちゃんが離してくれないから…」

曜「えへへ、だからはい。あーん」

梨子「もう…あー…んっ」パクリ

曜「ふふっ…梨子ちゃんに餌付けしてるみたい。可愛いなぁ」

梨子「っ!?///」カアア

梨子「もうっ!曜ちゃん!///」

曜「あははっ」

千歌「は?」

善子「」

───
──


放課後

千歌「」ズーン

善子「」ズーン

ダイヤ「…あの二人は一体どうしたの?」

鞠莉「わたしが来たときにはすでにあの状態だったわよ?」

ルビィ「なんか、善子ちゃんはお昼に『ちょっとリトルデーモンに施しを与えてくるわ!』って言って出て行って、帰ってきたらあの状態だったよ」

果南「千歌も相当落ち込んでるね…二人とも何か知らない?」

梨子「それが、わたしも心当たりなくて…」

曜「なんかお昼にいきなりビンタされたと思ったらあの状態で教室に帰ってきたよ」

果南「ビンタって…何したの?」

曜「なにもしてないよ!」

果南「なにもしてないのにビンタされたの?」

曜「うん」

果南「そんな馬鹿な」

曜「わたしだってそう思ってるよ」

ダイヤ「本当に心当たりはないのですか?」

曜「うん…お昼休みに入って教室を出るまではいつもの千歌ちゃんだったよ」

鞠莉「そのあとは何してたの?」

曜「トイレに向かって、果南ちゃんと会って話して、花丸ちゃんからお弁当もらって…」

花丸「わぁぁ!」

ルビィ「ん?」

花丸「曜ちゃん、それは秘密にしててほしかったずらー!///」

曜「え?なんで?」

ルビィ「マルちゃん、今日のお昼AZALEAの打ち合わせがあるって言ってなかった…?」

花丸「えと、それは…」

ルビィ「曜ちゃんに、会いに行ってたの?お弁当を持って?」

花丸「うん…///」

ルビィ「」


千歌「」ズーン
善子「」ズーン
ルビィ「」ズーン


果南「なんか増えたね」

ダイヤ「なぜですの…」

梨子「ああ、なるほど…」

鞠莉「ちかっちがこうなった原因は、やっぱり曜ね」

曜「わたし!?」

果南「なんで?曜悪いことしてないじゃん」

鞠莉「Shut Up!ハグ魔は引っ込んでなさい」

果南「えぇ…」

鞠莉「ズバリ、ちかっちは曜と仲良くしたみんなに嫉妬ファイヤーしてたのよ」

曜「千歌ちゃんが?」

鞠莉「yes!」

曜「もしかして、果南ちゃんにハグされたところとか花丸ちゃんにお弁当もらって嬉しさのあまり抱きついちゃったところとか見られてたのかな」

鞠莉「事の一端を担いでるじゃないこのハグ魔!」パシーン

果南「理不尽だ!」

ダイヤ「それでいくとルビィは花丸さんが曜さんと仲良くしていたから…では、善子さんは?」

鞠莉「梨子が曜と仲良くしてる場面でも見たんじゃない?」

梨子「あ…もしかしてあのとき」

曜「あー…」

鞠莉「心当たりあるのね」

ダイヤ「見境ないですわね」

梨子「まあ…その…」

鞠莉「なるほど…これで原因が判明したし、あとはfollowに回るだけね」

ダイヤ「花丸さんはルビィ、梨子さんは善子さん、そして曜さん!」

曜「は、はい!」

ダイヤ「あなたはくれぐれも追い討ちをかけないように」

曜「お、追い討ち?」

ダイヤ「いいですわね!」

曜「わかりました…?」

鞠莉「不安だわ…」

果南「」ヒリヒリ

───
──


花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「…どうせルビィなんて曜ちゃんみたいにかっこよくもないしダンスも教えられるほど上手くないし…」

花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「…?」

花丸「そんなこと言わないでほしいずら。ルビィちゃんの良さは、また別にあるんだよ?」

ルビィ「ルビィの良さ?」

花丸「うん。ルビィちゃんはね、人一倍練習してるずら」

ルビィ「それは、ルビィが下手だから…」

花丸「違うよ。それはルビィちゃんが誰よりも意識が高いからずら。ルビィちゃんはどんなに上手くなっても、その自分に満足できてないんだよ」

ルビィ「そうなのかな…」

花丸「そうずら!その証拠に、ルビィちゃんは練習が大好きだよね?」

ルビィ「うん。練習して少しずつでも上手くなれたらみんなに並べるって思うと…それが楽しいんだぁ」

花丸「そんなルビィちゃんが、オラはかっこいいと思うずら」

ルビィ「マルちゃん…!」ウルウル

花丸(たしかに、曜ちゃんは浦女のヒーローかもしれないけど…オラにとって一番のヒーローは、本だけの世界から外へと連れ出してくれたルビィちゃんなんだよ)

ルビィ「マルちゃんごめんね!ルビィ、やきもち妬いて、それで…!」

花丸「気にしてないずら」ギュッ

ダイヤ「うっ…視界が滲んで…っ!」

果南「大げさだよ~」ウルウル

───
──


梨子「よっちゃん」

善子「リリー…」

梨子「えっと、なんでそんなに落ち込んでるの?」

善子「リリー!」ガバッ

梨子「ひゃぁっ///」

善子「…」ギュッ

梨子「よ、よっちゃん///」ドキドキ

善子「リリーはわたしのリトルデーモンよね?ただのお友達なんかじゃないわよね?」

梨子「いや…えっと」

ダイヤ(追い討ちをかけてはいけませんわ!合わせて!)ヒソヒソ

梨子「うん、そうだよ。わたしはよっちゃんのリトルデーモンだよ」

善子「…じゃあ契約更新する」

梨子「え?契約更新?」

善子「…」

梨子「よっちゃん、一体なにを…んむっ!?」

善子「…」チュー

ダイヤ「んまーっ!」

果南「おおー」

鞠莉「あら♡」

梨子「んんー///」ジタバタ

善子「ぷはっ」

梨子「な、なななな///」プシュー

善子「リリーの魂にわたしの所有物である印を刻んだわ!だから、あんまり他の人…見ないでよ」シュン

梨子「」キュン

ダイヤ「」キュン

果南「」キュン

鞠莉「」キュン

善子「…」

梨子「馬鹿…」ギュッ

善子「リリー…」

梨子「ファーストキスだったのに…ムードもなにもないし、無理矢理だし…」

善子「あ…ご、ごめんなさ…」ウルッ

梨子「でも、よっちゃんらしくてこれはこれでよかったかも」

善子「え…」

梨子「今度はちゃんと告白してから、契約更新してほしいな…?」

善子「リリー…!」ダキッ

梨子「わわっ!いきなりすぎるよぉ!」

───
──


曜「千歌ちゃん」

千歌「あ゛?」ギロッ

曜「ひっ」ビクッ

千歌「なに?曜ちゃんは果南ちゃんや花丸ちゃんや梨子ちゃんといちゃいちゃするのに忙しいんじゃないの?」

曜(どうしよう…面倒くさい)

千歌「わたしの気も知らないでさ、他の女の子と抱き合ったり手作りのお弁当受け取ったり食べさせ合いっこしたりしてさ、チカのことは追いかけてもくれなかったくせにさ」

曜「いや、わたしだっていきなりビンタされて落ち込んでて…」

千歌「曜ちゃんが悪いんだもん」

曜「むっ…」カチン

千歌「ふーんだ」

曜「まーたそうやって自分勝手なことばっかり言うよね」

千歌「え?」

曜「わたしの気も知らないで?そんなのお互い様じゃん」

千歌「どこがお互い様なの?わかってないのは曜ちゃんのほうじゃん!」

ダイヤ「…!」ハラハラ

鞠莉「…!」ハラハラ

果南「…」ニッコリ

曜「じゃあ千歌ちゃんはわたしの気持ち考えたことあるんですかー!」

千歌「曜ちゃんのことなんていっつも四六時中考えてますー!」

曜「わたしのことじゃなくてわたしの気持ちだっていってるの!」

千歌「それ、は…!」

曜「ほら!」

千歌「ど、どうせ女の子のことしか考えてないに決まってるよ!」

曜「そうやっていつもいつも千歌ちゃんは自分に自信持ってないんだ!」

千歌「はぁ!?今の流れでなんでそれが関係あるわけ!」

曜「もう怒った!どうなっても知らないからね!」

千歌「なん…っ!」

チュッ

曜「…」

千歌「…へ?」

曜「ふんっ」

千歌「へええええええええええええええええ!?!?!?」

千歌「な、な、なんっ…///はぁ!?」マッカ

曜「ほら、どうせ千歌ちゃんのことだから、わたしがずーっと千歌ちゃんのことばっかり考えて生活してること気付いてないと思った」

千歌「え、よ、ようちゃ…///」

曜「何?」

千歌「やぁ…い、今の…き、キス///」

曜「もう一回いっとく?」ガシッ

千歌「や、やさしくしてください…///」

ダイヤ「…」アングリ

鞠莉「…」アングリ

果南「…」ニッコリ

───
──


千歌「…♡」ギュー

曜「歩きづらいよ千歌ちゃん」ナデナデ

千歌「でも嬉しいでしょ?」

曜「当たり♡」チュッ

千歌「やんっ♡もー♡」

ダイヤ「なんなんですの、この状況」

善子「リリー!契約の上書き…しましょ?」

梨子「その前に告白してほしいな」

善子「ふえっ!?そ、そんなのこの前やったじゃん…」ゴニョゴニョ

梨子「声が小さかったからもう一回♡」

善子「あう…///」

鞠莉「すっかりcoupleだらけね」

花丸「…///」モジモジ

ルビィ「…///」モジモジ

ルビまる「…」チラッ

ルビまる「っ!///」ボンッ

ルビまる「///」

果南「天使かな?」

ダイヤ「当然ですわ」

鞠莉「Aqours内がピンクの空気に染まっちゃったわね~」

果南「じゃあ、わたしたちもイチャラブしよっか」

鞠莉「賛成~♪」

ダイヤ「…仕方ありませんわね///」


こうして愛の力により一段と結束を固めたAqoursはラブライブ優勝を果たした。



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「曜ちゃんが他の女と仲良くしてる…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。