穂乃果「な、なんだ…」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ43
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 12:47:42.18 ID:UaLrhi6rO
ジャーン

穂乃果「え?どこ?ここどこ?」

アナウンサー「さあ、いよいよ決勝戦です」

穂乃果「は?決勝戦?」

海未「穂乃果…やはり、あなたはここまで来ましたか」

穂乃果「え?海未ちゃん?何してるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514951262

元スレ: 穂乃果「な、なんだ…」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 12:51:32.70 ID:UaLrhi6rO
アナウンサー「それでは決勝戦始めたいと思います。ファイト」

穂乃果「え?え?」

海未「……」

穂乃果「な、何?なんなの?」

海未「構えなさい、穂乃果」

穂乃果「え?」

海未「それとも何ですか?私相手に構える必要もないと?」

穂乃果「いやいや」

海未「ふふっ。私も随分と舐められたものですね。……武道家に対しての侮辱ですよ?」

穂乃果「いや、だから…なんなの?海未ちゃんいつ武道家になったの?」

海未「後で吠え面かいても知りませんからね」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 12:55:00.27 ID:UaLrhi6rO
海未「いいでしょう。こっちから行きます。たぁーー」

穂乃果「ちょっ…待って」

海未「でやぁぁぁ」

穂乃果「わっ、危な。怪我するって」

海未「たぁ、たぁ、たぁ。はぁーーーー」

穂乃果「ちょ、ちょっと」

海未「何ですか?さっきから避けてばかりで。私なんて攻撃するまでもないと?」

穂乃果「いや、違うよ。びっくりしてるんだよ」

海未「は?何をですか?」

穂乃果「いや、攻撃してくるから」

海未「これは武闘会ですよ?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 12:59:20.57 ID:UaLrhi6rO
穂乃果「でも、海未ちゃんは親友だし」

海未「だったら」

穂乃果「へ?」

海未「私の事を友だと思うのなら…手を抜か無いでください」

穂乃果「海未ちゃん…」

海未「私は…負ける事よりあなたに手を抜かれる事の方が辛いです」

穂乃果「海未ちゃん…分かったよ。穂乃果も全力でいくよ。ダァァァ」

海未「はぁーーーー」

シュピン

穂乃果「甘い」

海未「ならば…ラブアローシュートォォォ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 14:41:55.18 ID:UaLrhi6rO
穂乃果「波ーーーーーー!!!!」

海未「なっ!?」

にこ「穂乃果の奴…海未のラブアローシュートを相殺したわ」

海未「やはり、この程度の技ではあなたには通用しない様ですね」

穂乃果「海未ちゃんこそ」

海未「こうなったらお互い身一つで闘うしかありませんね」

穂乃果「そうだね」

ダッ

海未「行きますよ」

ダッ

バシッ

穂乃果「くっ…くくっ…」

海未「くっ…」

凛「二人のパンチがクロスに入ったにゃ」

海未「穂乃果…あなたは…あなたは最高です」

バタン

穂乃果「ふふっ…海未ちゃんこそ」

バタン

アナウンサー「おーーっと。両者同時に倒れたぁ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 14:47:02.61 ID:UaLrhi6rO
穂乃果「くっ…早く立たなきゃ」

アナウンサー「10…9…8…7…6…」

海未「くっ…私は…負けません」

アナウンサー「5…4…3…2…1…」

凛「え?」

アナウンサー「両者共立てません」

にこ「じゃあ…試合はどうなるの?」

アナウンサー「この場合、先に立ち上がって優勝しちゃったもんねーと宣言した方が優勝です」

にこ「はあ?何よそれ?」

穂乃果「くっ…ぐぬぬっ」

海未「うっ…くっ…」

凛「穂乃果ちゃーん。頑張れーーー!」

ダッ

穂乃果「優勝しちゃった…もん…」

バタン

にこ「穂乃果!?」

凛「穂乃果ちゃん!?」

ダッ

海未「優勝しちゃったもんねっ」

凛「あっ…」

アナウンサー「優勝は園田海未選手ーーーー!!」

穂乃果「くっ…悔しい…」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 14:48:01.86 ID:UaLrhi6rO
穂乃果「悔しいよぉぉぉぉ」

バッ

穂乃果「………ん?」

シーン

穂乃果「あれ?……なんだ…夢か…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 14:54:42.16 ID:UaLrhi6rO
ガチャ

ことり「先生、今日はありがとうございました。はい。じゃあ…」

ブーーン

ことり「……はあ」

海未「ことり…」

ことり「海未ちゃん…」

海未「今の…先生ですよね?」

ことり「……」

海未「何故先生の車からあなたが降りて来たのですか?」

ことり「それは…」

海未「ことり。あなたは間違っています」

ことり「……」

海未「相手は先生なのですよ?あなたは生徒で…なのに…」

ことり「別に…別に海未ちゃんが思ってる様な事はしてないよ?ただ、食事に行っただけ…」

海未「それに、先生は既婚者で…」

ことり「間違ってるのは分かってるよ」

海未「ことり…」

ことり「間違ってるのは分かってる。私だって先生だから好きになったんじゃない。既婚者だから好きになったんじゃないの。あの人だから…」

海未「それでも」

ことり「海未ちゃんに何が分かるの?」

海未「………」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 14:58:36.12 ID:UaLrhi6rO
ことり「こんなに…胸が苦しくなる程人を好きなった事なんてないでしょ?」

海未「私は…」

ことり「だったらそっとしておいてよ」

海未「……」

ことり「私だって…私だってどうして良いかなんて分からないんだから…。それほど、あの人の事が…」

海未「ことり…」

ことり「ごめん。海未ちゃんに当たっても仕方ないのにね。海未ちゃんは親友なのに…ごめん…」

海未「いえ…」

ことり「私…帰るね」

海未「……」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 15:03:33.22 ID:UaLrhi6rO
そう言って彼女は暗闇の中に消えて行きました。

海未「ことり…私は…私はただ…あなたに幸せになって…」

彼女は何も分かっていない。私だって好きな人が幸せになれるなら黙っていた。今までだってずっと我慢して来た。でも…

海未「私だって苦しいです。胸が苦しくて苦しくて仕方ありません。だって…」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 15:05:00.71 ID:UaLrhi6rO
海未「私は…ことりの事が…」

バッ

海未「ん?」

シーン

海未「……なんだ。夢でしたか。随分と変な夢を見ました」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 15:09:35.59 ID:UaLrhi6rO
ことり「……あれ?私はさっきまで部屋で本を読んでた筈なのに…」

穂乃果「イェーイ。今日は大切な記念日だよ」

ことり「今日は大切な記念日なの?」

凛「そうだにゃ。今日は大切な記念日にゃ」

ことり「今日は何記念日なの?」

穂乃果「今日は穂乃果の」

凛「今日は凛の」

ほのりん「何でもない日なのさ」

ことり「何でもない日?」

穂乃果「そうだよ。今日は穂乃果の誕生日でもテスト100点記念日でも何でもない。だから、何でもない日なんだ」

ことり「それは確かに何でもない日だけど。それはおかしいよ?だって、何でもない日はお祝いをしないもん」

凛「そんな事ないよ?だって今日は何でもない日だからお祝いをするんだよ」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 17:44:42.08 ID:UaLrhi6rO
穂乃果「フー、何でもない日ばんざーい」

凛「ここで良かったー!プレゼントは持って来た?」

ことり「え?ごめんね。プレゼントは用意してないの」

穂乃果「え?今日は大切な記念日なのに」

凛「終わらないパーティなのに」

ことり「ごめんなさい」

凛「まあ、いいや。そんな事よりパーティをしよう」

穂乃果「うん。パーティは始まったばかりだし、そもそも終わらないからさ」

ことり「あの…でも、私行かなきゃ行けないの」

穂乃果「どこに?」

凛「何しに?」

ことり「えっと…何だったけ?」

穂乃果「まあいいや」

凛「そんな事よりパーティにゃ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 17:48:35.07 ID:UaLrhi6rO
ことり「でも…」

穂乃果「え~だってパーティ終わらないよ?」

凛「そうだよ。だって今日は何の日だっけ?君の誕生日?」

穂乃果「違うよ。君の誕生日だよ」

凛「え?違うよ。そうだ!今日は何でもない日だよ。誰の?」

穂乃果「私のだ!」

凛「私もそうだよ。じゃあ、お祝いをしないと。プレゼントは持って来た?」

ことり「え?え?ご、ごめんなさい」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 23:31:24.55 ID:UaLrhi6rO
凛「え?プレゼントを持って来てないの?」

穂乃果「いや、そんな事ないよ。きっと持って来てるよ。さあ、プレゼントを出して?」

ことり「あの…プレゼントは今度持ってくるから」

穂乃果「え?ダメだよ。だって穂乃果の何でもない日は今日なんだから」

凛「そうだよ。明日になったら手遅れだよ」

ことり「でも、明日も二人にとっては何でもない日でしょ?」

穂乃果「そうだよ。明日は穂乃果の何でもない日だよ」

凛「じゃあ、お祝いをしなきゃ」

ことり「そうでしょ?なら明日でも」

穂乃果「でも何でもない日は今日だから」

凛「プレゼントは今日必要だよ」

ことり「ええ?どうすれば」

穂乃果「プレゼント」

凛「プレゼント」

穂乃果「プレゼント」

凛「プレゼント」

ことり「え~」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 23:32:10.10 ID:UaLrhi6rO
ことり「助けて~」

バッ

ことり「はあ…はあ…何だ…夢か…」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 09:39:12.80 ID:O9+v3QimO
真姫「もう嫌」

凛「え?」

真姫「もう嫌なの。クルクルが」

凛「クルクル?」

真姫「そうよ。私はストレートにする」

凛「ストレート?髪の毛の話?」

真姫「他に何があるのよ?」

凛「いっぱいあると思うけど…」

真姫「ストレートにならないくらいなら私は髪の毛を切るわ」

凛「やめた方がいいよ。可愛いよ?」

真姫「いいえ。私は髪の毛を切るから」

凛「ダメだよ。じゃあ、せめてストレートパーマをかけなよ」

真姫「そんなお金ないもの」

凛「真姫ちゃんお金持ちでしょ?」

真姫「いいえ。ないものはないの」

凛「う~ん。でも…」

真姫「先生に切って貰うわ」

凛「先生?先生って誰なの?」

真姫「先生は先生よ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 09:43:05.28 ID:O9+v3QimO
凛「え~」

真姫「先生お願いします」

チョキチョキチョキチョキ

凛「あ~真姫ちゃんの髪の毛がぁ」

真姫「あースッキリするわ」

凛「いくら何でも切り過ぎだよ」

真姫「そんな事ないわ。凛も切って貰ったら?」

凛「いや、いいよ。凛は元々短いし」

真姫「もっと短くすればいいのよ」

凛「いやぁ…このままでじゅうぶんだよ」

真姫「先生お願いします」

凛「え?」

チョキ…チョキ…チョキ…チョキ

凛「や、やめ」

チョキ…チョキ…チョキ…チョキ

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 09:43:55.65 ID:O9+v3QimO
凛「来ないでぇぇぇぇ」

バッ

凛「はあ…はあ…はあ…何だ…夢か…怖かったにゃ」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 22:49:00.82 ID:jwenM9eCO
米「まーてー」

真姫「いやぁぁぁ」

米「どうして逃げるの~」

真姫「何なのよぉぉぉ」

米「わぁぁぁぁ」

ドテッ

真姫「はあ…はあ…はあ…どうにか逃げ切れた…」

米「やっと追いついた」

真姫「え?」

米「逃げないでよぉぉぉぉ」

真姫「い、いやぁぁぁぁぁ」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 22:54:12.65 ID:jwenM9eCO
米「捕まえた」

真姫「キャァァァ」

花陽「待って」

真姫「花陽!?」

花陽「真姫ちゃん。お米は怖くない。お米は怖くないの」

真姫「だって…」

米「ぶわぁぁぁぁ」

真姫「いやぁぁぁぁぁ」

花陽「真姫ちゃん。ほら、よく見て?怖くないよ?お米は友達なの。ね?」

真姫「でも…」

花陽「ね?友達だから…美味しく食べてあげよう?」

米「何もかけないでね?」

花陽「うん」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 22:55:13.14 ID:jwenM9eCO
真姫「イミワカンナイ」

バッ

真姫「はあ…はあ…何だ…夢だったのね…」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:02:43.01 ID:jwenM9eCO
絵里「ふふふん」

花陽「あっ!?絵里ちゃんだ。絵里ちゃーーん」

絵里「хорошо」

花陽「おはよう」

絵里「ふふっ…」

花陽「あれ?どうしたの?」

絵里「Я не могу говорить по-японски」

花陽「え?日本語が喋れなくなっちゃったの?」

絵里「Правильно」

花陽「それじゃあ…今日の授業はどうするの?」

絵里「Во всяком случае, я возьму выходной.」

花陽「そっか。じゃあ、練習は?」

絵里「Я пойду на практику」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:06:19.50 ID:jwenM9eCO
花陽「でも大丈夫かな?」

絵里「Все в порядке.」

凛「にゃー」

花陽「あっ、凛ちゃん」

凛「にゃーにゃー」

花陽「え?凛ちゃんも日本語が喋れないの?」

凛「にゃー」

絵里「Я опоздаю.」

凛「にゃー?」

絵里「Вы закончили домашнее задание?」

凛「にゃー」

花陽「あれ?二人が何を言ってるか分からない…」

凛「にゃー」

花陽「あれ?あれあれ?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:07:47.13 ID:jwenM9eCO
花陽「ど、どうしよう。ダレカタスケテェ」

バッ

花陽「あれ?……なんだ…夢か………お腹すいちゃった」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:15:36.87 ID:jwenM9eCO
希「あっ、絢瀬さん。おはようございます」

絵里「え?絢瀬さん?」

希「え?」

絵里「いや…希…そんなよそよそしい」

希「え?私と絢瀬さんはそんな仲じゃ」

絵里「え?……ああ…そうだったわね」

穂乃果「希ちゃん!?おっはよう」

希「おはよう、穂乃果ちゃん」

絵里「穂乃果、あなたまた遅刻よ?」

穂乃果「えっと…どなたでしたっけ?」

希「生徒会長だよ」

穂乃果「え?そうだったんですか?」

絵里「え?ああ…ごめんなさい。そうよね。初めて話すものね」

穂乃果「いやぁ…まさか生徒会長が私の事を知ってるとは」

希「穂乃果ちゃん有名人だもん」

穂乃果「え?そうかなぁ?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:20:49.17 ID:jwenM9eCO
海未「穂乃果ーーー。希ーーーー」

穂乃果「あっ、海未ちゃんが呼んでる」

絵里「え?海未が?」

希「絢瀬さんは海未ちゃんと知り合いなの?」

絵里「あっ…いえ…初めて…」

穂乃果「私達8人でアイドルやってるんです」

絵里「8人?μ’sは9人じゃ?」

穂乃果「μ’s?μ’sって何ですか?」

絵里「あれ?μ’sって何かしら?」

穂乃果「まあ、いいや。あれ?生徒会長?大丈夫ですか?」

絵里「え?」

希「絢瀬さん…泣いてるの?」

絵里「あれ?え?どうして?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:24:13.79 ID:jwenM9eCO
穂乃果「はい。ハンカチです。涙拭いてください。それじゃあ」

希「それじゃあ」

絵里「私はどうして泣いているのかしら?」

にこ「もう、あんた達遅いわよ」

凛「早く練習するにゃ」

穂乃果「ごめん」

海未「あなたは普段から遅刻ばかりで…」

ことり「まあまあ」

花陽「お、お腹空いたよぉ」

真姫「まだ、練習始まってもないんだけど…」

絵里「違う。何かが違うわ」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:25:48.65 ID:jwenM9eCO
絵里「違うのよ」

バッ

絵里「……何だ。夢か…………どうしよう…トイレに行きたい…暗い…」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:31:55.69 ID:jwenM9eCO
にこ「おはよう」

希「あっ、にこっち。おはようさん」

にこ「あら?あらら?希?どうしたの?」

希「え?何が?」

にこ「胸が萎んでるわよ?」

希「えーー?そんな訳ないやん……ってホンマや」

海未「これは大変ですね」

希「海未ちゃん?」

凛「可哀想な希ちゃん」

希「いやぁ…そうかな?別に気にしないけど」

海未「そうですね。胸が小さくても人は生きていかなければいけません」

にこ「気を強く持つのよ」

希「いや。それに胸が萎んでもそれでも三人よりはあるし」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:34:38.81 ID:jwenM9eCO
にこ「な、なんですって?」

海未「それは大変です」

凛「だったらもっと空気を抜かなきゃ」

海未「凛。針を持ってきて下さい」

希「え?何をするん?」

にこ「空気を抜くのよ」

希「え?もしかして針を刺すの?」

にこ「当たり前よ」

凛「持って来たにゃ」

海未「それでは刺します」

希「ちょっ…」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:36:32.57 ID:jwenM9eCO
希「ストップーーー!?」

バッ

希「あれ?……なんだ…夢か…。にこっち達のせいで変な時間に起きてしまったなぁ」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:43:53.54 ID:jwenM9eCO
にこママ「にこ?あなた明日テストでしょ?」

にこ「そうだよ」

にこママ「ちゃんと勉強してる?」

にこ「うん。大丈夫」

にこママ「そう。ならいいけど。勉強してる様子がなかったから。」

にこ「ママが帰ってくる前にやったから」

にこママ「そっ。さて、季節外れの台風が来る前に雨戸を閉めちゃいましょう。」

にこ(なんて勉強はしてないけど…明日の朝は台風直撃が確実だって言うし明日は学校休みに決まってるわ。テストも中止よ)
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:46:28.37 ID:jwenM9eCO
ちゅんちゅん ちゅんちゅん

バッ

にこ「……」

にこママ「台風が逸れたみたいで良かったわね」

にこ「な、なんだ……夢…か…」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:47:28.95 ID:jwenM9eCO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「な、なんだ…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「な、なんだ…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)