朝に溶けても

シェアする

ちかよし-アイキャッチ2
『ねえ、善子ちゃん』

『善子ちゃん、好きだよ』

『善子ちゃん』

『善子ちゃん』

『善子ちゃ・・・』

pixiv: 朝に溶けても by バッツ

スポンサーリンク
_____
___
_

「わぁ!」

なんて夢見てるのよ・・・

どうしてあなたはこんな時まで・・・

今何時かしら?まだ夜中の2時じゃない・・・
少し眠気が飛んだわね、少し風でも浴びたいわ。

「気持ちいい・・・」

夜風が吹き抜ける。家のベランダから感じる風はいつにも増して心地いい。
まったく、なんて夢見てるのよ。
もちろん嫌なわけじゃない。むしろ嬉しい。
家にいながらあなたに会えたんだから。
もし隣を歩けるなら・・・
なんて、それこそ夢よ。

不意に空を見上げる。
雲もほとんどない夜空には煌々とする星々が散りばめられていた。
まるで千歌、あなたみたいな輝きね。

「綺麗・・・」

あなたもこの空を見てるのかしら。
さすがに寝てるわよね・・・
ブブッ。
スマホが揺れる。

「これって、Aqoursのグループライン?」

千歌:みんな、もう寝ちゃった?今、とっても夜空が綺麗なの!

なんてタイミングがいいの。
あなたもこの空を見ていたのね。
他の人の反応は無し。どうやら寝てるみたいね。
千歌に個別に返信してみる。

千歌:わっ!善子ちゃん!起きてたんだね

善子:偶然よ。後ヨハネ

千歌:ねっねっ!星空!綺麗だよね

善子:ええ、本当に綺麗ね

千歌:輝いてる・・・。ねえ、善子ちゃん?

善子:なに?

千歌:私たちも輝けるかな・・・

輝き。それは私たちAqoursがずっと追い続けてるもの。
輝き。それって、1つしかないのかしら?
輝き。たくさんあってもいいわよね?
輝き。少なくとも、私は確実に1つ、出会っている。
輝き。きっと、これからももっと出会える。

善子:輝けるわ。この天界の星空に誓ってもいいわ

千歌:そう・・・だよね!ごめんね?変なこと聞いて。朝も早いし、そろそろ寝るよ。おやすみ!

善子:ええ、おやすみ

私が出会った輝き。
それは紛れもないあなたよ、千歌。
これから先、もっとたくさんの輝きに出会える。そんな気がする。
Aqousrが、あなたが、きっと教えてくれる。
それにしても、偶然千歌の夢を見て、あなたも起きてて、同じ星空を見てるだなんて。
これって・・・キセキ、かしら。
この勢いで告白でもすれば・・・って、ダメよ。今は本戦に集中しないと。
さて、私もそろそろ寝ようかしら。
おやすみ。千歌。

_____
___
_

「ううぅ・・・朝?」

あの後ぐっすりと眠れたみたい。
また外のベランダに出てみる。
もちろん星空はそこに無かった。
あるのは夜明けを告げる朝日だけ。

でも、星空が朝に溶けても、輝きはずっとそこにある。

千歌、あなたの輝きも。

全てが終わった後、この気持ち伝えられたらいいな。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『朝に溶けても』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)