押しに弱い鞠莉ちゃん

シェアする

鞠莉-アイキャッチ11
鞠莉「・・・」

鞠莉「・・・」

千歌「~♪」

鞠莉「ねえ?」

千歌「?」

鞠莉「どうしてちかっちが理事長室にいるのかしら」

千歌「えー?」

pixiv: 押しに弱い鞠莉ちゃん by まっつ~

スポンサーリンク

鞠莉「おかしくない?」

千歌「おかしくないよ~♪」

鞠莉「そう?」

千歌「うん!」

鞠莉「・・・」

千歌「~♪」

鞠莉「いやおかしいわよ!」

千歌「うわぁ!?びっくりした・・・」

鞠莉「何で理事長室にいるのよ!」

千歌「えっとー・・・休み時間だから?」

鞠莉「休み時間でもここにいるのはおかしい」

千歌「じゃあ・・・まりちゃんに会いたかったから・・・かな♪」

鞠莉「それはうれしいけど」

鞠莉「今仕事中だからまたあとでね?」

千歌「わかったー」

鞠莉「・・・」

千歌「~♪」

鞠莉「あれ?今私あとでって言ったよね?」

千歌「言ったよー」

鞠莉「ならよかった」

千歌「うん」

鞠莉「・・・」

千歌「~♪」

鞠莉「ねえ?」

千歌「どうしたの?」

鞠莉「どうしてまだいるの?」

千歌「ふぇ?」

鞠莉「私あとでって言ったよね?」

千歌「うん!」

鞠莉「なのにまだいるの?」

千歌「終わるまで待っててって意味じゃないの?」

鞠莉「終わるまで待ってたら休み時間終わっちゃうじゃない」

千歌「おー」

千歌「じゃあチカ帰るね!」

鞠莉「ええ・・・」

千歌「じゃあねー」

鞠莉「ばーい・・・」

鞠莉「なんだったのかしら・・・」


鞠莉「・・・ねえ?」

千歌「なーにー?」

鞠莉「仕事あるから練習出れないって言ったよね」

千歌「聞いたよー」

鞠莉「なのになんでいるの?」

千歌「なんかみんな都合合わないから今日練習休みなんだって」

千歌「だから」

鞠莉「だから・・・?」

千歌「いちゃダメ?」

鞠莉「ダメじゃないけど・・・いても暇じゃない?」

千歌「真剣な顔のまりちゃん見てるから暇じゃないよ?」

鞠莉「え、なにそれ///」

千歌「顔真っ赤になってるよ?」

鞠莉「む・・・み、見ないで」

千歌「珍しいまりちゃんだ・・・」

鞠莉「・・・///」

千歌「かわいい!」

鞠莉「・・・」ムスッ

千歌「ほっぺ膨らんじゃった・・・」

鞠莉「ちかっちが意地悪だぁ・・・」

千歌「えぇ!?そんなつもりないのにー!」

鞠莉「うう・・・」ウルウル

千歌「な、なんで泣いてるのー!?」アタフタ

千歌「え、えーっと・・・」

千歌「ぎゅ、ぎゅー?」ギュー

鞠莉「ちかっち・・・」ウルウル

千歌「な、泣かないでよぉ・・・」ナデナデ

鞠莉「ちかっちかーわいい♪」

千歌「なっ!?」

鞠莉「慌てちゃってー♪」

千歌「ま、まりちゃぁーん・・・?」

鞠莉「ごめんごめん♪」

鞠莉「お詫びに何かしてあげるわ」

千歌「ほんとー?」

千歌「じゃあまりちゃんの家にお泊りしたいかな」

鞠莉「マリーの部屋に?」

千歌「うん」

鞠莉「別にいいけど・・・そんなのでいいの?」

千歌「そんなのがいいな♪」

鞠莉「そっか・・・」

鞠莉「じゃあ行きましょうか」

千歌「お仕事は?」

鞠莉「そっちはいつでもできるからね」

鞠莉「ちかっちが泊まりに来るのは今日だけだから」

千歌「チカは毎日行ってもいいよ?」

鞠莉「いっそマリーの妹になる?」

千歌「うぇぇ!?」

鞠莉「じょーだんよ♪」

千歌「も、もぉぉぉ・・・」

鞠莉「じゃあ行きましょうか」

千歌「あ、待ってー!」


千歌「ひろーい・・・」

鞠莉「そう?」

千歌「そうだよー!」

鞠莉「まあ適当にくつろいで」

千歌「じゃあ・・・」ギュー

鞠莉「え、えっと・・・?」

千歌「えへへ♪」

鞠莉「ちかっちは甘えん坊さんなのね?」

千歌「そ、そんなことはないと思うけどぉ・・・」

鞠莉「妹が出来たみたい♪」

千歌「そ、それはちょっとやだなぁ・・・」

鞠莉「ええ?マリーショックだわ・・・」

千歌「だって・・・」

鞠莉「だって?」

千歌「・・・なんでもない」

鞠莉「?」

千歌「それより・・・さ」

鞠莉「どうしたの?」

千歌「お腹すいちゃった・・・」

鞠莉「それもそうね・・・」

鞠莉「何か持ってくるわね」

千歌「まりちゃんが?」

鞠莉「ええ」

千歌「そっかぁ」シュン

鞠莉「?」


鞠莉「お待たせーってあら?」

千歌「すぅ・・・」

鞠莉「疲れてたのね」ツンツン

千歌「んん・・・」

鞠莉「起こすのも悪いし私は・・・」

千歌「ん・・・」ギュー

鞠莉「・・・服つかまれちゃった」

鞠莉「離れてほしくないってことかしら」

千歌「まりちゃ・・・」

鞠莉「着替えてくるからちょっと待っててね?」ナデナデ

千歌「ん・・・」


鞠莉「おまたせー♪」

鞠莉「お邪魔するわね~♪」

千歌「すぅ・・・」

鞠莉「ちかっちと添い寝するのは初めてね」

千歌「まりちゃ・・・」ギュー

鞠莉「ちかっちって寝てても人に抱き着くのね」

鞠莉「マリーは横にいますよ~♪」

千歌「すき・・・」ギュー

鞠莉「・・・」

鞠莉「!?」

鞠莉(今好きって言った!?)

鞠莉(・・・!?)

鞠莉(色々引っかかったのはそういう事!?)

千歌「んーん・・・」ギュー

鞠莉「な、なんか・・・///」

鞠莉(意識しちゃうんだけど・・・///)

千歌「ん・・・」

千歌「まりちゃん・・・?」

鞠莉「お、起きたのね・・・///」

千歌「んー・・・どうしたのぉ・・・?」

千歌「かおまっかだよぉ・・・?」ジー

鞠莉「ち、ちかっち・・・///」

鞠莉「かおちかい・・・///」

千歌「なんかかわいい・・・」

鞠莉「ぅ///」

千歌「かわいいからちゅーしちゃうのだー・・・」

鞠莉「うぇっ!?ち、ちかっち!?」

千歌「じょーだんなのだぁ・・・♪」

鞠莉「ね、寝ぼけてるのね・・・」

千歌「えへへぇ・・・」ギュー

鞠莉「あんまり年上をからかっちゃダメよ・・・?」

千歌「からかってないよぉ・・・?」

鞠莉「ぅぅ・・・」

千歌「えへへ~まりちゃんかわいい~♪」ギュー

千歌「んー・・・」

千歌「すぅ・・・」

鞠莉「ね、寝たの?」

千歌「すぅ・・・」

鞠莉「ちかっちって・・・恐ろしいわね・・・」ナデナデ

千歌「んにゃぁ・・・」

鞠莉「私も寝ていい?」

千歌「ん・・・」

鞠莉「なんて・・・聞いても答えられないわよね」

千歌「まりちゃ・・・」

鞠莉「なーに?」

千歌「隙ありなのだ~♪」チュッ

鞠莉「!?」

千歌「えへへ~♪」

鞠莉「ちかっち!?」

千歌「まりちゃんの初めてゲットなのだ~♪」

鞠莉「え・・・え?」

千歌「すぅ・・・」

鞠莉「今・・・」

鞠莉「初めて奪われた?」

鞠莉「ち、ちかっちー・・・」

鞠莉「何普通に寝てるのよぉぉぉぉっ!」

千歌「うわぁっ!?ま、まりちゃんどうしたの!?」

鞠莉「どうしたのじゃない!」

千歌「ま、まりちゃん・・・怒ってる顔もかわ

鞠莉「ちかっちっ!!」

千歌「うわー!ごめんごめんー!!!」

鞠莉「・・・そういうことはちゃんと手順踏まないと」

千歌「まりちゃんってやっぱりピュアピュアだよね」

鞠莉「ちかっち・・・」

千歌「ご、ごめん・・・」

鞠莉「・・・べ、別に怒ってはないから」

千歌「まりちゃん・・・」

千歌「もっとしていい!?」

鞠莉「えっ!?」

千歌「いい!?」

鞠莉「だ、だからこういうのは手順を踏んで・・・」

千歌「よし!」

千歌「まりちゃん私と付き合って!!」

鞠莉「そ、そんな突然!?」

千歌「ダメ?」

鞠莉「いやダメってわけじゃ」

千歌「付き合おう!」

鞠莉「かおちかっ・・・///」

千歌「キスする?」

鞠莉「まだしない!」

千歌「まだ?」

鞠莉「ぅ・・・ちかっちのばかぁぁ!」ポカポカ

千歌「いたい!いたいよまりちゃんっ!」

鞠莉「もう知らない・・・」

千歌(すごく子供っぽくなるなぁ・・・♪)

千歌「まーりちゃん」ギュー

鞠莉「ちかっち・・・」

千歌「チカと付き合ってくれませんか?」

鞠莉「・・・」

鞠莉「大事にしてくれる・・・?」

千歌「もちろん♪」

鞠莉「・・・じゃあ」

千歌「よし!まりちゃん!キスしよう!」

鞠莉「いま大事にするって言ったよね!?」

千歌「じゃあ一緒に寝よう!」

鞠莉「まあ・・・ベッドはひとつしかないし・・・」

千歌「今夜は寝かさないよ!」

鞠莉「大事にする気微塵もないじゃないっ!!」


鞠莉「うぅ・・・」

千歌「ご、ごめんってぇ・・・」

鞠莉「年下にあんな風にされるなんてぇ・・・」

千歌「まりちゃん可愛かったぁ・・・」

鞠莉「・・・みんなには内緒にしといてね」

千歌「もちろーん!あのまりちゃんはチカだけの宝物だもん♪」

鞠莉「うぅ・・・///」

千歌「・・・やっぱりかわいいな」

鞠莉「ふぇ・・・?」

千歌「よし!もう一回しよ!」

鞠莉「えっ!?ちょっとまっ

鞠莉「ちかっちいいいいい!!」

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『押しに弱い鞠莉ちゃん』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。