穂乃果「ほのちかの隠し芸」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ17
μ's & Aqours CHANNEL!!

μ'sとAqoursのライブ、PV、他にも楽しい動画をお届け!

輝くスクールアイドルたちを心ゆくまで堪能しよう!

pixiv: 穂乃果「ほのちかの隠し芸」 by 矢部野たかひろ

スポンサーリンク



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



穂乃果「どうも!μ'sの穂乃果です!」

海未「園田海未でございます」

千歌「はーい!Aqoursの千歌でーす!」

曜「ヨーソロー!曜だよ!」

穂乃果「μ's & Aqours CHANNELに来てくれて、みんなありがとう!」

うみちかよう「ありがとうございまーす」

穂乃果「このチャンネルは、私たちμ'sと、千歌ちゃんたちAqoursの共同チャンネルとして、ラブライブ運営さんが作ってくれました」

千歌「だから今まで、ライブ映像とかをアップしてきた訳だけど・・・」

穂乃果「今回は、そういったものとは違う動画を作って、よりみんなに楽しんでもらおうと!」

千歌「そうだね PVとかでは見られない、私たちの新しい一面を見せられると良いね」

穂乃果「で、今回がその第1弾ということで、何をしようか考えたんだけど・・・」


穂乃果「穂乃果の隠し芸を披露します!」


うみちかよう「いえーーい!!」パチパチパチ!

穂乃果「・・・って言っても、何をすれば良いのか全く聞いてないんだけど」

海未「ご安心を それは私が言います」

千歌「穂乃果ちゃんの隠し芸・・・何だろう?」

海未「・・・実は・・・穂乃果は・・・」


海未「利き餡子が出来ますっ!!」ババンッ!


ちかよう「利き餡子??」

穂乃果「うっ・・・」

海未「そう!利き餡子です」

海未「穂乃果は餡子を食べただけで、その餡子がどこで作られた小豆なのかを当てることが出来るのです」

千歌「嘘っ!? 凄ーい!!」

曜「え、それ結構凄いことだと思うよ!?」

穂乃果「いやぁ・・・アハハ・・・」

海未「という訳で、今からやっていただきます」

穂乃果「ええぇぇ~~~!?」

海未「嫌そうな顔をしないでください!」

穂乃果「餡子飽きたって言ってんじゃん!」

海未「これもファンの皆様に楽しんでいただく為!お願いしますよ」

穂乃果「も~しょうがないなぁ~」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



海未「・・・はい 穂乃果には一度部屋を出てもらいました」

海未「そして穂乃果に食べてもらうのは、こちらです」

テーブルの上には最中が3つ

曜「見た目は完全に同じだね」

海未「えぇ そして中身は全て粒あんです 純粋に味や食感だけで判別してもらいたいので」

千歌「中の餡子はどう違うの?」

海未「それぞれの餡子に使用されている小豆の生産元が違います」

海未「新田農園さん、ファーム・ミモリさん、そして内田農場さんです」

曜「えーっ 本当に当てられるの?」

海未「本当です 私も最初に見た時は驚きました」

海未「試しにまずは千歌さんに食べていただきましょう もう3個あるので」

千歌「やったー!」

ぱくっ もぐもぐ

千歌「んー♥ 美味しー♥ 甘ーい♥」

曜「千歌ちゃん、違い分かる?」

千歌「んー・・・んふふふふふwww 分かんない!」

曜「アッハハハハハ!」

千歌「分かんないよ!全部美味しいんだもん!」

海未「まぁ普通はこうでしょう では穂乃果!入ってきてください!」

ガチャッ

穂乃果「あらあらぁ 立派な最中ですこと」

千歌「さぁさぁ!穂乃果ちゃんの腕前を見せて!」

穂乃果「・・・あんまり見せたくないんだけどなぁ・・・」

穂乃果「いただきまーす」

ぱりっ

穂乃果「んー・・・あぁー・・・なるほどね」もぐもぐ

穂乃果「はいはいはい・・・慣れ親しんだ味だよ・・・」むぐむぐ

曜「もう分かってるっぽいね・・・」

海未「見ててください・・・」

穂乃果「ごちそうさまでした!」ごくん

千歌「分かったの?」

穂乃果「まぁね」

海未「それでは穂乃果、解答をお願いします!」

穂乃果「じゃ、左から・・・」


穂乃果「新田農園、ファーム・ミモリ、内田農場!」


海未「正解ですっ!!」ピンポンピンポーン!

千歌「わぁっ!凄い凄ーい!」キャッキャッ

曜「本当に当てた!凄いねぇ!」

穂乃果「ははは・・・まぁ小さい頃からずっと食べてるからね・・・」

千歌「私も食べたけど全然分かんなかったよ どんな風に違うの?」

穂乃果「まず新田農園さんの小豆は甘さが強すぎないから食べやすいんだ」

穂乃果「次にミモリさんのは他2つよりちょっとだけ粒が小さいんだよね あと味のコクが深い」

穂乃果「最後に内田農場さんのはこの3つの中で一番甘みが強い!」

海未「なるほど 穂乃果にはこういった違いが分かるんですね」

千歌「すごい・・・専門家みたい・・・」

曜「餡子ソムリエじゃん・・・なんで飽きちゃったの?」

穂乃果「いやいや曜ちゃん・・・これが出来るようになるくらい食べまくってきたから飽きたんだよ」

穂乃果「いや、美味しいんだよ? 美味しいんだけどさ、17年間ずっと食べてきたら飽きてもしょうがないじゃん?」

千歌「そういうものかな?」

穂乃果「・・・でも、うちの『穂むら』が成り立っているのは、農家の皆様のおかげです 本当にありがとうございます」ペコリ

千歌「あらまぁ、改まっちゃって」

曜「でも、食べ過ぎて飽き飽きしちゃうっていうのは分かるなぁ 私も刺身が嫌いでさぁ」

海未「・・・!?!?!?!?」ギロリ

穂乃果「うわぁ!海未ちゃんが!心底信じられないっていう顔を!」

海未「お刺身がぁ~~???嫌いぃ~~~???」

千歌「アハハハハハ!wwwwww」

海未「なんっっっって贅沢な好き嫌いですかぁああ~~~!?!?」

曜「そんなこと言われても~!しょうがないじゃ~ん!」あせあせ

穂乃果「ほら、曜ちゃんたちが住んでるところは港が近いからさ!こっちより魚いっぱい食べるんだよ!」

海未「だとしても!お刺身が嫌いだなんて貴方それでも日本人ですかぁ!?」

曜「いやいやいや!イギリス人にだって紅茶が嫌いな人くらいいるでしょ!」

海未「・・・・・・まぁ」

曜「あ、納得するんだ」

穂乃果「論破されちゃったwwwwww」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



穂乃果「という訳で、穂乃果の隠し芸は以上です」

海未「ありがとうございました」

穂乃果「じゃあ次、千歌ちゃんね」

千歌「・・・・・・えっ!?」

穂乃果「当たり前でしょ!穂乃果だけやって終わりなんてダメだよ!」

穂乃果「利きみかんとか出来ないの?」

千歌「出来ないよ!好きだけど判別出来るほど詳しい訳じゃないし!」

千歌「えぇ~?私なんか出来る芸あったっけ~?」

曜「・・・あるよ」

穂乃果「田中要次?」

曜「違う!HEROじゃなくて!」

曜「普段から、自分のことを普通海獣と言っている千歌ちゃんだけど・・・そんな千歌ちゃんの普通じゃない部分!それを教えましょう」

海未「それは一体?」

曜「それは・・・・・・」


曜「高速雑巾掛けですっ!」ババーン!


ほのうみ「雑巾掛けっ!?」

千歌「ぷっwww」

曜「千歌ちゃんの家って旅館じゃん?だからお手伝いとか昔からしてきたんだけど、そのおかげで床の雑巾掛けが異常に速いんだ」

千歌「んん~~~・・・・・・」

穂乃果「えー、見てみたい!」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



穂乃果「はい!ということで、海未ちゃんの家の廊下です」

千歌「そして私は、ジャージに着替えました!」

海未「スカートのまま雑巾掛けをすると下着が見えてしまいますからね!」

曜「なっがい廊下だなぁ、こりゃ雑巾掛けのし甲斐があるよ」

曜「じゃあこれ、濡れ雑巾」すっ

千歌「はい!位置につきました!」びちゃっ

海未「では・・・スタート!」

千歌「ふんッッッ!!!」シュバババババッ!!

穂乃果「うわっ!速いっ!」

曜「そうそうそう!これが千歌ちゃんの超スピード雑巾掛けだよ!」

海未「あ、Uターンしますよ!」

千歌「せいっ!」ダンッ!

海未「なんとっ!? 突き当たりの壁を蹴って、折り返す際の勢いを増した!?」

穂乃果「アッハッハッハッハッハ!! 面白ーい!」

千歌「おりゃあっ!!」ズズーッ!

曜「ゴォォーールッ!!」

穂乃果「すっごい!速い速い!初めて見たよあんなに速いの!」

海未「何かコツはあるんですか・・・?」

千歌「あのね、頭の位置が高いと、前を確認する時に顔を上げるので体力を使っちゃうから、なるべく頭は低く・・・」

穂乃果「ぷははwww 雑巾掛けのアドバイスを真面目に聞いてるの、なんか面白いなぁ」

千歌「いやぁ、うちの旅館の廊下はここよりもっと長くてさ、昔から掃除を手伝わされてきたんだよね」

千歌「特に雑巾掛けは疲れるから嫌で嫌で・・・だからすぐに終わらせたくて、いろいろ研究した結果こうなったよね」

海未「これ良いですね、トレーニングになる上に掃除も出来ますから一石二鳥です!明日からの練習に取り入れましょう!」

穂乃果「えええぇぇぇぇ~~~~~!?!? ちょっと千歌ちゃん何してくれとんじゃあ~!?」

千歌「私のせい!?」ガビーン!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



曜「はい!以上千歌ちゃんの隠し芸でした!」

千歌「芸・・・なのかな?」

海未「2人とも・・・家業の影響で出来るようになったことでしたね」

千歌「だね 体に染み付いてるんだろうな」

穂乃果「さて!私たちの隠し芸、楽しんでくれたかな?」

千歌「今回の動画はここまで!これからもμ's & Aqours CHANNELをよろしくね!」

穂乃果「それじゃ、ばいばーい!」

4人「ばいばーい!」




おしまい!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ほのちかの隠し芸」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)