真姫「おかしい…」にこ「誘って来ない」

シェアする

にこまき-アイキャッチ8
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 00:23:35.41 ID:cA6WHdhLO
凛「ねえ?今日、穂乃果ちゃん達は?」

希「生徒会の仕事があるんやって」

凛「へ~、珍しいね。穂乃果ちゃんがちゃんとお仕事するなんて」

花陽「そ、そんな事はないと思うよ?穂乃果ちゃんだって…」

コンコン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516461815

元スレ: 真姫「おかしい…」にこ「誘って来ない」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 00:29:02.16 ID:cA6WHdhLO
理事長「失礼するわね」

絵里「理事長!?どうしたんですか?」

理事長「こないだのライブはお疲れ様」

絵里「こないだの?ああ…いえ…」

理事長「これね。ライブのお礼って。遊園地の無料入場券らしいの」

絵里「私達にですか?」

理事長「ええ。皆んなに楽しんで来て欲しいって」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 00:35:14.99 ID:cA6WHdhLO
絵里「と言う事で…この間のライブのお礼に遊園地の無料入場券を頂いたけど」

凛「皆んなで行こうよ!」

にこ「いいんじゃない?」

真姫「まあ…どっちでもいいけど」

希「賛成!お化け屋敷入ろうな?」

花陽「お、お化け屋敷?そ、それは…」

絵里「と、とりあえずお化け屋敷に入るかどうかは置いといて…」

希「置いとくんや?前向きに検討してな?」

絵里「……どうする?皆んなの予定を合わせて」

にこ「ん?」

希「どしたん?」

にこ「いや…このチケット…」

絵里「何?」

にこ「日時が指定されてるんだけど…」

絵里「え?」

希「本当?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 00:47:17.37 ID:cA6WHdhLO
絵里「えっと…あっ!?この日は…私はちょっと…」

にこ「え?ダメなの?」

絵里「ええ。用事があって。私抜きで行ってちょうだい」

凛「え~。そんなぁ。絵里ちゃん来ないのぉ。って…ああ…凛もこの日は無理だにゃ」

にこ「は?凛も?あんたなんて万年暇人でしょ?」

凛「にこちゃん失礼にゃ。凛だって予定くらいあるにゃ」

希「えりちと凛ちゃんとお化け屋敷入りたかったなぁ」

絵里「あ、あー残念だわ。すっごく楽しみだったのに」

希「じゃあ、別の機会に…」

プルルルル

希「ん?電話?……もしもし?あっ?お母さん?どうしたの?え?うん、うん。本当?お父さんも?うん。すっごく嬉しい。うん。楽しみにしてるね。うん。絶対だよ?約束だからね?うん。じゃあ」

にこ「あんた…キャラ変わり過ぎでしょ」

花陽「お母さんから?」

希「あっ、あのな…ウチも遊園地は行けないかなぁ…」

にこ「そうなの?」

希「うん。お母さんとお父さんがこっちに来るって言うから。ごめん」

にこ「まあ…仕方ないわよ。せいぜい親孝行して来なさい」

希「うん」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 00:55:30.71 ID:cA6WHdhLO
真姫「って事は…」

にこ「私と真姫と花陽の三人って事に」

花陽「そうだねぇ」

凛「ねえねえ、かよちん?この日って…」

花陽「えっ?ああっ!?」

にこ「な、何よ?」

花陽「この日は全国お米フェスティバルの日と被ってるよぉ」

凛「だよね?かよちん楽しみにしてたもんね?」

花陽「う、うん。でも…でも…私は…」

真姫「こっちはいいから。行って来なさいよ。楽しみにしてたんでしょ?」

花陽「で、でも…」

真姫「凛と私を相手に凄く嬉しそうに話してたじゃない。私達に気をつかう必要はないから…」

花陽「ま、真姫ちゃん…」

にこ「いいわよ別に。行って来なさい」

花陽「うん。ごめんね?ありがとう、真姫ちゃん、にこちゃん」

にこ「別に謝られる覚えも礼を言われる覚えはないわよ」

真姫「そうね。珍しくにこちゃんと同意見だわ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 01:01:47.55 ID:cA6WHdhLO
凛「あれ?って事は真姫ちゃんとにこちゃんの二人?」

絵里「確かに…」

真姫「え?」

にこ「た、確かに…」

凛「二人きりで行くの?」

希「いやいや…凛ちゃん。二年せ………!そうやんなぁ。二人きりやなぁ」

真姫(にこちゃんと二人かぁ)

にこ(真姫と二人きりかぁ)

真姫「どうする?」

にこ「え?いやぁ…二人で行ってもねぇ」

真姫「そうね。二人で行ってもね」

にこ「中止にしましょうか」

真姫「え?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 01:02:31.51 ID:cA6WHdhLO
真姫(え?中止にするの?)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 01:10:55.66 ID:cA6WHdhLO
真姫(え?中止にするの?ぶっちゃけ私はにこちゃんと二人で行ってもいいんだけど。 )

にこ(思わず中止なんて行っちゃったけど……。遊園地凄い行きたいぃぃぃ。遊園地大好きなんですけどぉぉぉぉ)

真姫(でも…私からは言えない。私から言ったらまるで…)

にこ(中止と言った手前やっぱり行こうなんて言えないわ。絶対に言えない。もし、やっぱり二人で行こうなんて言ったら…)

にこまき(二人で遊園地に行きたいみたいじゃない)

希「と言う事で穂乃果ちゃん達も居るんやけど」

凛「すっかり忘れてたにゃ」

希「面白いものが見れそうやから少し黙っておこうな?」

凛「うん。そうだね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 01:15:24.03 ID:cA6WHdhLO
真姫(どうしよう。このままじゃ中止になっちゃう。友達と遊園地なんて初めてなのに。こうなったら…)

にこ(遊園地行きたい。どうにかして行く方向に持って行かなくちゃ。仕方ないわね…)

にこまき(相手に行きたいと言わせるしかないわ)

希「って感じになってると思うんよ。二人の性格からして」

凛「あり得そうだにゃ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 20:52:04.24 ID:cA6WHdhLO
にこ「まあ、でもあれよね?」

真姫「え?」

にこ「チケットを無駄にするのは勿体無いわよね」

真姫「まあ…そうね。確かに勿体無いわよね」

真姫(やった!来た!にこちゃんの方から来たわ!)

にこ「まあ?私はどっちでもいいんだけどあんたが行きたいと言うなら行ってもいいわよ?」

真姫「え?」

にこ「だって行きたいんでしょ?あんた?」

真姫「そ、そんな事一言も言ってないじゃない」

にこ「だって、今一瞬嬉しそうだったわよ?いいわよ?行っても」

真姫(嘘?私そんな嬉しそうな顔してた?顔に出てたの?)

にこ(ふふふ、嘘も方便って言うものね)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 21:05:32.55 ID:cA6WHdhLO
にこ「じゃあ、どうする?朝から行きましょうか?あそこは9時から開園だから8時に駅に集合でいいわね?まあ、今回はあんたの分も弁当作って来てあげても…」

真姫「待って」

にこ「え?」

真姫「私は行きたいなんて一言も言ってない」

にこ「いや…もうよくない?」

真姫「よくない。私行きたいなんて一言も言ってない。にこちゃんが行きたいんでしょ?私と!二人で!」

にこ「は、はあ?なんでそうなるのよ?」

真姫「だって、そうじゃない。勝手に時間まで決めて。本当はにこちゃんが行きたいんでしょ?」

にこ「いや…私は…あんたが行きたそうな素振りを見せたから」

真姫「見せてない。そんな素振り見せてなんかない」

にこ「いや、見せたわよ。だから私は年長者としてあんたの気持ちを…」

真姫「μ’sは先輩禁止だからそんなの関係ないわよ。素直に言って。にこちゃんが行きたいって。それなら、私だって」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 21:14:49.82 ID:cA6WHdhLO
凛「二人とも素直な行きたいって言えばいいのにね?」

希「そうやろ?面倒くさい性格してるやろ?」

凛「凛だったら遊園地にいっきたいにゃ~って言って終わりなのに」

希「そうやね。それを言えないのがあの二人の可愛い所なんよ」

真姫「どうなの?行きたいの?行きたくないの?」

にこ「……」

真姫「どっちなのよ?」

にこ「私は…私は別に…」

真姫「別に何よ?別にじゃ分からない」

にこ「別に行きたい訳じゃないわ」

真姫「なっ!?素直じゃないわね」

凛「にこちゃんも真姫ちゃんに言われたくはないだろうね?自覚がないのかな?」

希「いやぁ…どうやろうね?」

花陽「凛ちゃんと希ちゃん…楽しそうだなぁ…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 22:21:12.78 ID:cA6WHdhLO
真姫(くっ、どうにかしてにこちゃんの方から行きたいと言わせなきゃ)

にこ(せっかく行く流れになったって言うのに…素直じゃないんだから)

にこ「あっ!ねえ、真姫ちゃん?」

真姫「何よ?」

にこ「知ってる?ここの遊園地?パレードが凄いって有名なのよ?」

真姫「へ~そうなの」

にこ「そうなの。なんでも、有名な作曲家が手掛けてるんですって。もしかしたら、作曲の参考になるかもね」

真姫「そうね」

にこ「でしょ?ちょっと気になるんじゃない?」

真姫「まあね」

にこ「まあ…μ’sの為でもあるし。付き合ってもいいわよ?ね?じゃあ、集合時間は…」

真姫「なるほど。μ’sの為に私を遊園地に連れて行きたいのね?」

にこ「は?」

真姫「そういう事でしょ?その為にわざわざパレードの話題を出したんでしょ?」

にこ「違うわよ。たまたま思い出したのよ!そしたら、あんたが食いついて来たから」

真姫「私がいつ食いついたのよ?」

にこ「食いついたじゃない!気になるって言ったわよ」

真姫「言ったとしても行きたいと言ったつもりはないわ」

にこ「そうよ。あんた素直じゃないからね。だから、私はあんたの気持ちを察して」

真姫「勘違いしないでよね。そんな風に思ってないから」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 22:28:53.58 ID:cA6WHdhLO
絵里「あ~、イライラする~」

真姫「は?」

にこ「え?」

希「ん?」

凛「へ?」

花陽「え、絵里ちゃん?」

絵里「二人で行けばいいじゃない」

真姫「絵里?」

にこ「ちょ、ちょっと?」

絵里「さっきから黙って聞いてればお互い牽制し合って。二人で行けばいいでしょ?」

真姫「だから別に…」

にこ「行きたい訳じゃ…」

絵里「何?二人で行くのが恥ずかしいの?自意識過剰よ。誰もあなた達の事なんて気にしてないから」

花陽「え、絵里ちゃん?絵里ちゃんが…」

希「いや、花陽ちゃん。大丈夫やって。えりちって本来あんな感じやから。普段大人ぶってるだけやから」

花陽「そ、そうなの?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 22:37:48.48 ID:cA6WHdhLO
真姫「だから…別に行きたい訳じゃないし」

にこ「そうよ。私だって…でも、絵里がそこまで言うなら」

真姫「そうね。絵里が…」

絵里「そう。二人とも行きたい訳じゃないのね。なら、いいわ。クラスの子にあげちゃうから」

にこ「ええ?なんでそうなるのよ?」

真姫「そうよ。意味分からない」

絵里「それはこっちの台詞よ。だって、行きたくないんでしょ?だったら、いいじゃない」

にこ「いや…ほら?せっかくμ’sの為にって頂いたのに人にあげるなんて失礼じゃない」

絵里「行かないで無駄にする方が失礼よ」

真姫「で、でも…」

絵里「でも?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 22:49:53.01 ID:cA6WHdhLO
真姫「でも…行くべきよ」

にこ「真姫?」

絵里「ふふっ、やっと素直になれたわね」

希「なんだ、もう終わりか」

凛「割とすぐに決着ついたね」

真姫「にこちゃんは行くべきだわ」

にこ「は?」

絵里「え?」

真姫「だって、行きたいんでしょ?本当は」

にこ「い、いや…だから、あんたは…」

真姫「私はいい。行かない。にこちゃんだけで行ってよ」

絵里「ええ?」

にこ「なんでそうなるのよぉぉ」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:05:48.62 ID:cA6WHdhLO
真姫「もう、本当に私はいいから。にこちゃん一人で行ってよ」

にこ「いやいや、どこの世界に一人で遊園地に行く女子高生が居るのよ」

真姫「大丈夫よ。にこちゃんなら」

にこ「大丈夫って何?何が大丈夫なの?」

絵里「もう。にこが素直に真姫と行きたいって言わないから拗ねちゃったじゃない」

にこ「そんな事言われても…別に真姫と行きたい訳じゃ」

絵里「誘いなさい」

にこ「は?」

絵里「にこから真姫を誘いなさい」

にこ「なんでそうなるのよ」

絵里「こう言う状況だからに決まってるでしょ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:15:53.07 ID:cA6WHdhLO
凛「あ~あ~。真姫ちゃん拗ねちゃったにゃ」

希「流石真姫ちゃんや」

凛「え?どう言う事?」

希「えりちを味方に付けてにこっちの逃げ場をなくしたんよ」

凛「なるほどにゃ」

絵里「さあ、にこ。言うのよ」

にこ「くっ…仕方ないわね」

凛「おおっ!にこちゃんが折れたにゃ」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:28:29.70 ID:cA6WHdhLO
にこ「真姫…二人で行きましょう」

真姫「…」

にこ「別にあんたと行きたい訳じゃないけど…」

絵里「にこ?」

にこ「わ、分かってるわよ。真姫と二人で行きたいの。ね?一緒に行きましょう?」

凛「希ちゃんの言う通りだったね」

希「な?言ったやろ?にこっちより真姫ちゃんの方が一枚上手やったな」

花陽「と、取り敢えずめでたし、めでたし…だよね?」

真姫「行かない」

にこ「は?」

絵里「え?」

凛「にゃ?」

花陽「真姫ちゃん…」

希「なんでそうなるんや…」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:37:48.03 ID:cA6WHdhLO
絵里「いや…真姫?にこが行きたいんだって」

真姫「もう、いいわよ。私は行かないから」

にこ「あのね。それじゃあ、私が折れた意味がないでしょ?」

真姫「だって、にこちゃんは絵里に言われて無理矢理言ったんだしょ?だから、もういい。私は行かない」

希「え~…嘘やろ真姫ちゃん…」

凛「凛が思ってるよりにこちゃんは大人だったし希ちゃんが思ってるより真姫ちゃんは子供だったね」

希「そうやね…ウチ、ビックリやわ」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:49:36.52 ID:cA6WHdhLO
にこ「あんたねぇ…なんでそうなるのよ?」

真姫「ふん」

にこ「行こうって言ってんのよ」

真姫「嫌」

にこ「意味わからないんだけど」

絵里「ま、真姫?にこは本当にあなたと行きたいのよ。ね?そうよね?」

にこ「そ、そうよ」

真姫「本当?」

にこ「…本当よ」

真姫「じゃあ…」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:52:42.24 ID:cA6WHdhLO
ガチャ

穂乃果「遊園地!!!」

にこ「ほ、穂乃果?」

真姫「あっ!?」

絵里「忘れてた…」

穂乃果「遊園地のチケット貰ったんでしょ?穂乃果行きたい!」

海未「穂乃果!!廊下を走ってはいけません」

ことり「焦らなくてもチケットは逃げないよ」

穂乃果「だってぇ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/21(日) 23:58:52.39 ID:cA6WHdhLO
ことり「お母さんからチケット受け取ったでしょ?」

絵里「え、ええ…」

穂乃果「皆んなで行こうよ!いつ?いつ行く?」

絵里「いや、それがね。日時指定のチケットで。私達は用事があるから」

穂乃果「え~行けないの?そんなぁ…」

にこ「いや…」

ことり「あっ!?この日は私も…」

穂乃果「え?ことりちゃんもダメなの?」

ことり「ごめんね?」

穂乃果「じゃあ、海未ちゃん、二人で行く?」

海未「私と穂乃果でですか?」

穂乃果「うん。久しぶり穂乃果とデートだよ?嬉しいでしょ?」

海未「まあ、仕方ありませんね。二人で行きましょうか」

穂乃果「本当は嬉しい癖に~このこの~」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 00:03:50.40 ID:2VkRKkgiO
にこ「穂乃果の性格が羨ましいわね…」

真姫「そうね。あんな性格だったら生きやすいでしょうね…」

穂乃果「いやぁ~楽しみだなぁ」

にこ「…」

真姫「…」

プルルル

絵里「あっ、電話…。もしもし?え?そう…分かったわ」

にこ「どうしたの?」

絵里「亜里沙から。あの…私も行ける事になったわ。遊園地」

穂乃果「え?本当?イェーイ」

にこ「……」

真姫「……」

凛「さっきのはなんだったんだろうね?」

希「まあ…面白かったし。ええんやない?」

凛「そうだね」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 00:04:38.27 ID:2VkRKkgiO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「おかしい…」にこ「誘って来ない」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「おかしい…」にこ「誘って来ない」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。