勇気のプリン

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ29
ちか「だいやちゃんの好きな食べ物はなに?」

だいや「わたくしはグラタンとハンバーグが好きですわ」

ちか「わぁ!おしいもんね!」

pixiv: 勇気のプリン by バッツ

スポンサーリンク

だいや「ちかちゃんは?」

ちか「ちかはね、うーんとね、みかん!」

だいや「ちかちゃんらしいね」

ちか「そういえばグラタンってあんまり食べたことないんだよね」

だいや「じゃあ今度家に来て食べてみる?」

ちか「いいの?」

だいや「うん、ちかちゃんと一緒のご飯、嬉しいもん」

ちか「わーい!だいやちゃんとご飯だ!」

___

ちか「おじゃましまーす!」

黒澤母「あら、千歌ちゃん、いらっしゃい」

ちか「よろしくおねがいします!」

るびぃ「だれ?」

黒澤母「ダイヤさんのお友達ですわよ。今日は一緒にご飯を食べるの。ほら、挨拶して」

るびぃ「るびぃです。よろしくおねがいします・・・」

ちか「よろしくね!」

だいや「ちかちゃん、いらっしゃい」

___

黒澤母「さあ、料理が出来ましたよ。ダイヤさん、ルビィさん、運ぶのを手伝ってください」

だいや「はい」

るびぃ「うん・・・」

ちか「ちかも手伝います!」

黒澤母「千歌ちゃんはお客様だからいいのですよ?」

ちか「ううん、やっぱり何かやります!」

黒澤母「あらあら、それでは一緒に運ぶのを手伝ってください」

ちか「はい!」

だいや「るびぃ、きをつけてくださいね」

るびぃ「うん」

ちか「おっとっと」

だいや「ちかちゃん!?」

ちか「えへへ、だいじょうぶ!」

黒澤母「さあ、並べ終わりましたね。今日は千歌ちゃんのリクエストのグラタンとダイヤさんの好きなハンバーグです。どちらもダイヤさんの好物でしたね。明日はルビィさんの好きなフライドポテトでも作りましょう。それではいただきましょうか」

「いただきます!」

だいや「グラタンです!」

黒澤母「ああ!ダイヤさん、そんなに急いで食べたら・・・」

だいや「!!・・・あっつい・・・」グスン

黒澤母「もう、ほら冷水でお口をすすいできてください」

ちか「わぁ・・・そんなに熱いんだ・・・」

黒澤母「焦らずにふぅふぅすれば大丈夫ですわよ」

るびぃ「・・・」ヒョイパク

___

だいや「うぅ・・・お口の中が痛いです・・・ちかちゃんにかっこわるいところみせちゃった・・・もうグラタンなんて・・・」

___

黒澤母「あら、もう大丈夫ですの?」

だいや「はい・・・」

黒澤母「もういい具合にグラタンの冷めてますわよ。食べてください」

だいや「はい。・・・あれ、わたくしのハンバーグがありません・・・」

ちか「あれ?本当だ」

るびぃ「・・・」モグモグ

ちか「あれ?るびぃちゃんの口の周りにハンバーグのソースが・・・お皿にのってるのはまだ手がついてないのに・・・」

だいや「るびぃ!勝手に食べましたね!」

るびぃ「ひっ・・・うわぁああああん!」

黒澤母「ダイヤさん!」

だいや「でもるびぃが・・・」

黒澤母「あなたもお姉さんなのですから、あまり責めないであげてください・・・ルビィさんもしっかり謝ってください」

だいや「・・・もう知りません、ヒッグ、グスン」ダダッ

ちか「ああ、だいやちゃん・・・」

___

だいや「ヒッグ、せっかくちかちゃんが来てるのに・・・もうグラタンもハンバーグもきらいです・・・」

ちか「だいやちゃん?」

だいや「ちかちゃん?入ってこないで・・・」

ちか「うん、じゃあ、これへやのそとにおいておくね。後でいっしょに食べようと思って持ってきたけど・・・これ食べて元気出してね。るびぃちゃんともなかなおりして・・・」

だいや「はい・・・」

ちか「じゃあ、今日はちか、かえるよ・・・またあしたね・・・」

だいや「・・・はい」

だいや「ちかちゃんがいってしまいました・・・ごめんなさい・・・そういえばへやのそとに置いておくってなんでしょう・・・」ガララッ

だいや「これは・・・プリン?」パクッ

だいや「・・・おしいいです。とっても・・・あとがとう、ちかちゃん」ポロポロ

___

黒澤母「あら、ダイヤさん。もう大丈夫ですか?」

だいや「はい。あのるびぃ・・・」

るびぃ「・・・」

だいや「さっきはつよく言い過ぎました。ごめんなさい・・・」

るびぃ「るびぃも、かってにおねえちゃんのハンバーグ食べてごめんなさい・・・」グスン

だいや「もうおこってません」ギュ

るびぃ「えへへ、おねえちゃんだいすき」

だいや「わたくしもです」

___

次の日

ちか「だいやちゃん、おはよう!」

だいや「おはよう、ちかちゃん。きのうのプリンおいしかったです」

ちか「えへへ、なら良かった!るびぃちゃんとなかなおりできた?」

だいや「はい。ちゃんと謝りました。ちかちゃんがくれたプリンが勇気をくれたきがします」

ちか「勇気?」

だいや「はい。おいしくて、甘くて、やわらかくて、前に進む勇気をくれました」

ちか「だいやちゃんの力になれたならうれしいよ!」

_____
___
_

ダイヤ「今日の生徒会の仕事はこれくらいですわね・・・」

千歌「ダイヤちゃん、お仕事終わった?」

ダイヤ「はい、今丁度終わったところです」

千歌「じゃあ、一緒に帰ろう!」

ダイヤ「はい。ですがその前に・・・」

千歌「また?本当に好きだね」

ダイヤ「ええ、だって私に勇気をくれる食べ物ですから・・・」パクッ

千歌「美味しい?」

ダイヤ「ええ、とっても美味しいですわ」


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『勇気のプリン』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。