善子「憧れのあなたに想いを込めて」

シェアする

善子-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:19:26.99 ID:C6m7E1Dj
善子「行ってきまーす!」

善子「(急がなきゃ、いつものバスに乗り遅れちゃう!)」タタタタタッ

善子「(やっば!もうバス来ちゃうじゃない!)」

善子「(あ~、もう!)」

善子「(朝からいきなりドライヤーが壊れるとか不幸すぎるでしょ!!)」

善子「はぁはぁ!」

善子「ああ~、そのバス待って~!!」

善子「(あっ、曜さん今日もバスの前で待ってくれてる・・・。)」

曜「おーい!善子ちゃーん!!」

元スレ: 善子「憧れのあなたに想いを込めて」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:20:03.18 ID:C6m7E1Dj
曜「早くしないとバス出ちゃうよ!!」テフリフリ

善子「(もうちょっと!)」

善子「(後ちょっとだから、もっと早く動いて私の足!!)」

ガッ

善子「え!?」

善子「うわぁ~!!」

バターン

善子「ぐっ・・・、痛い・・・。」

プシュー バタン ブロロロロ・・・
3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:20:38.35 ID:C6m7E1Dj
善子「(ああ~、バスが行っちゃった・・・。)」

善子「(これで遅刻決定ね・・・。)」

善子「(それよりも曜さんと一緒にバスに乗れなかった・・・。)」

善子「(何で?私は何でこんなに間が悪いの・・・。)」

善子「(朝のわずかな幸せ時間すら私から逃げていくの?)」

善子「(本当に不幸だわ・・・。)」

曜「おおーい!」

曜「善子ちゃん大丈夫だった?」

善子「え?」
4: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:21:11.99 ID:C6m7E1Dj
善子「よ、曜さん!?なんで?」

善子「どうしてバスに乗らなかったの!?」

善子「遅刻しちゃうじゃない!!」

善子「何やってるのよ!!」

曜「遅刻なんて今はどうでもいいよ!」

曜「目の前で善子ちゃんが転んじゃったのに置いていけるわけないじゃない!」

善子「(・・・、曜さんが駆け寄ってくれただけで嬉しすぎて死にそう・・・///)」

曜「ほら?立てる?」テサシノベ

善子「え!?///」
5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:21:32.38 ID:C6m7E1Dj
善子「(な、何このリア充イベント!?///)」

善子「(憧れの先輩に助けてもらうって、ギャルゲーじゃないんだから!?///)」

曜「どうしたの?」キョトン

善子「だ、大丈夫よ・・・///、イタッ」

曜「うわ・・・、思ったよりも膝摺りむいちゃってるね・・・。」シャガミ

曜「痛そう・・・。」

善子「(ちょっ!///)」

善子「(目の前でしゃがまれるとパンツが見えるわよ!///)」

善子「(今日は水色か・・・。じゃなくって!!///)」
7: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:22:01.85 ID:C6m7E1Dj
曜「大丈夫?ず~っとぼーっとしてるけど、よっぽど痛いのかな?」

善子「これくらい平気よ!///」

善子「私を誰だと思ってるの!」

善子「堕天使ヨハネよ!」ギランッ

曜「はいはい、怪我をしたヨハネ様は一人で立てないんだよね?」

善子「立てるわよ!」グッ

善子「~~つぅ・・・。」ナミダメ

善子「(本当に痛くて立てない・・・。)」

善子「(情けなさ過ぎるわ・・・。)」
8: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:22:59.46 ID:C6m7E1Dj
曜「仕方ないな~。」

曜「よっと!」オヒメサマダッコ

善子「ちょっと!!///」

善子「何してるの!!///」カオマッカ

善子「(何してるのこの人は!?///)」

善子「(お姫様だっこって!?///)」

曜「だって、あのまま道路で寝てたら邪魔になるじゃん!」

曜「それに怪我した善子ちゃんを放っておけるほど私は薄情じゃないよ!」

曜「バス停のベンチまで連れて行ってあげるヨーソロー!!」
10: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:23:23.21 ID:C6m7E1Dj
善子「///」

善子「うん///」

善子「お願いします///」

曜「うんうん!素直なのは良い事だよ!」

善子「(はぁ・・・、不幸だと思ったけど曜さんのおかげで幸せだわ・・・。)」

善子「(本当にこの人は全く///)」

曜「全速前進ヨーソロー!!」

善子「色々と恥ずかしいから止めて!!///」

善子「(私の心臓バス停までもつかしら・・・///)」
11: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:23:51.17 ID:C6m7E1Dj
―バス停

曜「さってと、じゃあベンチに下ろすね。」

曜「危ないから最後までしっかりつかまっててね?」

善子「わかったわ///」ギュッ

曜「ふふふ、そうそうそんな感じ♪」

ストン

曜「到着~!」

善子「ありがとう曜さん。」

善子「正直ちょっと立つのがつらかったから助かったわ。」
12: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:25:42.57 ID:C6m7E1Dj
曜「平気平気!」

曜「私腕力はそれなりにあるし!」

曜「それに善子ちゃん軽かったから全然疲れなかったよ!」

曜「ちゃんと食べてる?」ノゾキコミ

善子「(何で覗き込むのよ・・・///)」

善子「ちゃんと食べてるわ///」ウツムキ

曜「それならいいけど・・・。」

曜「じゃあ傷の手当しちゃおっか!」

曜「ええっと、流石に消毒液は無いしな・・・。」
13: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:26:49.06 ID:C6m7E1Dj
曜「仕方ない。」

曜「水で洗うだけにするね!」

曜「ちゃんとした治療は保健室でやろう。」

善子「わかったわ。」

善子「後で保健室に行くことにする。」

曜「染みるけど我慢してね?」チョンチョン

善子「~~つぅ・・・。」ナミダメ

曜「ああ~、見た目よりはマシか・・・。」

曜「跡が残ったりはしないと思うよ!」
14: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:27:20.36 ID:C6m7E1Dj
曜「良かったね!」

善子「ありがとう・・・。」

善子「(そういえばさっき拭いてくれたものって!?)」チラッ

善子「って、それ曜さんのハンカチじゃない!」

善子「私の血で汚れちゃってる・・・。」

曜「うん?」

曜「ああ、別にいいよ。」

曜「洗えばいいだけだし!」

善子「でも・・・。」
15: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:27:59.94 ID:C6m7E1Dj
曜「もう、そんなことで気にしないで!」

曜「後は絆創膏貼って・・・っと。」

曜「はい!お~わり!!」

善子「曜さん、ごめんなさい。」

善子「遅刻はさせるし、ハンカチは汚しちゃうし、飲むための水も使わせちゃった・・・。」

善子「私の不幸に巻き込ませちゃったね・・・。」

善子「ごめんなさい・・・。」

善子「(本当に間が悪い・・・。)」

善子「(こんなんじゃいつか曜さんに嫌われちゃう・・・)」ジワッ
16: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:29:04.18 ID:C6m7E1Dj
曜「はぁ・・・。」

善子「・・・。」ビクッ

善子「(やっぱり曜さん怒ってる・・・。)」ウツムキ

曜「いい?」

曜「さっき善子ちゃんが言ったことは全部勝手に私がやったことなの!」

曜「だから善子ちゃんは全く気にしなくていいの!」

曜「それに・・・。」ナデナデ

曜「ごめんなさいって言葉よりもありがとうって言葉を聞きたかったなぁ~。」

善子「(ああ~、私はこの人が大好きだ・・・。)」
17: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:30:35.52 ID:C6m7E1Dj
善子「そうね///」

善子「ありがとう曜さん!」

曜「うん!よく出来ました~♪」ナデナデ

曜「よしよしよ~しこ~♪」

曜「えらいぞ~♪」

善子「変な掛け声でなでるな!!」

善子「それにヨハネ!!」

善子「(ちょっと変わってるのもいいところなのかしら?)」

善子「(まあどんな曜さんでも私はいいんだけれど///)」
18: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:31:34.56 ID:C6m7E1Dj
―1時間目・休み時間

善子「はぁ・・・、朝から怒られちゃった・・・。」

花丸「善子ちゃん今朝どうしたの?」

花丸「遅刻するなんて珍しいずら・・・。」

善子「まあ大したことじゃないんだけど。」

ルビィ「寝坊でもしちゃったとか?」

善子「寝坊ではないんだけど・・・。」

花丸「なんでそんなに歯切れが悪いの?」

花丸「やましいことでもしてたずら?」
19: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:32:49.30 ID:C6m7E1Dj
ルビィ「ピギィッ!」

ルビィ「やましいことしてたのぉ!?」

善子「してるか!!」

花丸「怪しいずら・・・。」

バァーン

モブ達「!?」

ルビィ「ピギィッ!?」

花丸「ずらぁ!?」

善子「ヨハァ!?」
20: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:33:23.16 ID:C6m7E1Dj
曜「よーしこー!いるー?」スタスタ

善子「よ、曜さん!?」

善子「(なんでここに曜さんが来てるの!?)」

曜「もーダメだよ!」スタスタ

曜「今朝の続きまだ終わってないんだから!」ギュッ

善子「(なんで手を握ってるの!?///)」

善子「え///?」

善子「ちょっ、なんなの///!?」

曜「ほら今朝約束したじゃない!」
21: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:34:53.89 ID:C6m7E1Dj
善子「(な、何の話///!?)」

善子「え?え?」

曜「あっ!分かった!」

曜「まだ痛いんだね?」

善子「(いや、本当に何の話なの///!?)」

曜「じゃあよいしょっと!」オヒメサマダッコ

善子「なぁ!?///」

善子「(これってデジャブ///!?)」

善子「(本当になんなのこの人は///!!!)」
22: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:36:37.17 ID:C6m7E1Dj
曜「それじゃあ全速前進!ヨーソロー!!」タタタタタッ

善子「ちょっ!///」

善子「やめて!!///」

善子「降ろして~!!///」

バタン シーン

ザワザワ

花丸「・・・あれは何だったずら?」

ルビィ「・・・ルビィにもわかんないよぉ・・・。」

花丸「でも遅刻の原因は曜さんも何か絡んでるみたいだね。」
23: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:38:18.68 ID:C6m7E1Dj
ルビィ「曜さん善子ちゃんに痛いんだねって言ってたよぉ?」

花丸「つまり痛いことされたってことずら!」

ルビィ「善子ちゃん顔真っ赤だったよぉ?」

はなまるびぃ「・・・。」

はなまるびぃ「///!?」ボンッ

ルビィ「どどどどどうしよう!///」

ルビィ「善子ちゃんと曜さんってそんな関係だったの!?///」ビギィ

ルビィ「しかも朝からなんてぇ///!!!」ビギャー

花丸「おちおちおち落ち着くずら!///」
24: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:39:26.38 ID:C6m7E1Dj
花丸「ここは落ち着くのが一番ずら!!///」

花丸「まだそうと決まったわけじゃないよ!///」

ルビィ「でもぉ・・・。」

ルビィ・花丸「う~ん・・・。」

ルビィ・花丸「はぁ・・・。」

花丸「まあいいずら!」

花丸「放っておこう!」ズラッ

ルビィ「だねぇっ!!」ガンバルビィ

ザワザワザワザワ
25: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:56:07.53 ID:C6m7E1Dj
―保健室

曜「はい!とーちゃーく!!」

善子「(いままで生きてきた中で一番恥ずかしかった・・・///)」

善子「何でお姫様だっこなの!!///」

善子「色んな人に見られちゃったじゃない!!///」

曜「え~、だってそっちのほうが早いじゃん!」

善子「早いとか早くないとかの問題じゃないの!///」

曜「はいはい。」

曜「時間もないし、ちゃっちゃと治療しちゃおう!」
26: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:56:47.41 ID:C6m7E1Dj
善子「今朝のあれって曜さんがやってくれるってことだったのね///」ボソボソ

善子「嬉しい///」ボソボソ

曜「え?何か言った?」

善子「言ってないわよ!///」

曜「それじゃあ消毒からやるから足出して。」

善子「くくくっ、愚かな人間がこのヨハネの足を清めるなど・・・。」

曜「・・・。染みるよ?」チョンチョン

善子「ひぃ!」

善子「痛い!痛いって!!」
27: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:57:19.57 ID:C6m7E1Dj
曜「あれぇ?」

曜「ヨハネ様は堕天使だから人間ごときが使ってる消毒液なんてなんともないよね?」チョンチョン

善子「~くっ・・・。」

善子「そうヨハネは崇高な堕天使・・・。」

善子「消毒液くらいで屈するわけがなぁ~~~!!!」

善子「痛い!曜さん痛い!!」

曜「仕方ないじゃない。」

曜「結構範囲が広いんだからそれだけ消毒しないと。」

善子「ふ、不幸だわ・・・。」ナミダメ
31: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 21:59:12.22 ID:C6m7E1Dj
曜「消毒は終わりっと!」

曜「後はちょこっとだけ血を滲ませて・・・。」

善子「え?ガーゼで乾かさないの?」

曜「ああ~、あれやっちゃうと逆に治りが遅くなったり、跡が残っちゃうんだよね。」

曜「逆に乾かさないで絆創膏貼ったほうがいいんだよ?」

善子「へぇ~、知らなかった。」

善子「意外と物知りなのね。」

善子「(本当に意外だったわ・・・。)」

善子「(怪我なんてつばでもつけて治してるもんだと思ってたから・・・。)」
32: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:00:06.60 ID:C6m7E1Dj
曜「意外とは余計な気がするヨーソロー・・・。」ジー

曜「それにちょっと馬鹿にしてたでしょ!」プンプン

善子「ご、ごめんなさい・・・。」アセアセ

曜「あはは、冗談だって!」

曜「私昔っから擦り傷とか多いからちょっと詳しくなってね♪」テキパキ

曜「よし!絆創膏貼り終わったよ!」

善子「曜さんありがとう。」

善子「本当に頼りになる先輩だわ。」

曜「えへへ~、善子ちゃんに言われたら嬉しいよ!」ニコッ
33: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:00:57.18 ID:C6m7E1Dj
善子「~~///」

善子「(ああ~もう///!!!)

善子「本当にずるいわ・・・///」ボソッ

キーンコーンカーンコーン

曜「あっ、授業が始まった!」

曜「善子ちゃん行こう!」ギュッ

善子「わかったわよ///」

善子「(どうしよう/// 益々好きになっていく・・・///)

善子「(曜さん・・・この想い伝えられるといいな・・・///)」
34: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:01:56.98 ID:C6m7E1Dj
―放課後

善子「はぁ・・・、やっと放課後になったわ・・・。」

花丸「善子ちゃん今日はツいてなかったね。」

善子「ほんとっサイアクだわ!!」

善子「教科書は間違えて持ってくるわ。」

善子「お弁当は忘れてくるわ。」

善子「せっかくやってきた宿題のページ間違えるわ。」

ルビィ「それって善子ちゃんが悪いんじゃぁ・・・。」

善子「あぁ~、これも天界からの試練!」
36: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:03:41.84 ID:C6m7E1Dj
善子「ヨハネの美しさを妬んだ神の悪戯!」

善子「くっ、でもこれしきのことで挫けるヨハネではありません!」

善子「魔界より魔力を集めてきっとこの仕打ちに対する報復を・・・。」

花丸「やめるずら。」チョップ

善子「ヨハァ・・・。」

善子「痛いじゃないの!!」ウガ~

ルビィ「あははは・・。」

花丸「そういえば今日は練習ないみたいずらよ?」

善子「え?そうなの?」
38: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:05:13.95 ID:C6m7E1Dj
ルビィ「果南ちゃんも鞠莉ちゃんもおねぇちゃんもみんな用事があるみたいだったから。」

ルビィ「それに2年生も千歌ちゃんはお家のお手伝い、梨子ちゃんもお家の用事で帰っちゃってぇ

・・・。」

善子「あらら、見事に全滅なのね。」

善子「(曜さんもきっと水泳部に行ってるわよね・・・。)」

善子「(残念だわ・・・。)」

善子「じゃあ一緒に帰る?」

花丸「マル達は図書室でちょっと仕事をしないといけないずら。」

善子「それなら私も手伝おうか?」

善子「どうせ暇だし?」
39: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:07:22.17 ID:C6m7E1Dj
花丸「ううん。」

花丸「そんなにかからないと思うから大丈夫だよ。」

ルビィ「わざわざ手伝ってもらうのも悪いし・・・。」

ルビィ「二人でがんばルビィしちゃいます!」フンス

善子「分かったわ。」

善子「それじゃあちょっと部室に寄ってから帰ることにするから。」

善子「二人ともまたね。」

花丸「また明日ずら!」

ルビィ「またね善子ちゃん!」
40: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:08:31.29 ID:C6m7E1Dj
―部室

善子「あれ?」

善子「電気がついてる?」

善子「誰かいるのかしら?」

ガチャッ

善子「ヨハネ今日も華麗に降臨!!」

曜「あれ?善子ちゃん?」

曜「どうしたの?」

曜「今日は練習お休みだよ?」
41: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:09:39.76 ID:C6m7E1Dj
善子「よっ、曜さん!?」

善子「(何でここにいるの///!?)」

善子「(でも会えると思ってなかったから嬉しい・・・///)」

善子「わ、私はちょっと部室に用があって・・・。」

曜「ふぅ~ん。」

善子「何よ!何か言いたいことでもあるの!」

曜「いやいや何も無いよ!」

善子「・・・」ジトー

曜「本当に何もないって!」アセアセ
42: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:10:54.63 ID:C6m7E1Dj
善子「まあいいけどね。」

善子「それで曜さんはどうしたここに?」

善子「千歌さんと梨子さんはもう帰ったんでしょ?」

曜「よく知ってるね!」

曜「よしよーし!偉いぞよーしこー!」ナデナデ

善子「意味わかんないからやめなさい!///」

善子「あとヨハネ!!///」

曜「はいはい、ヨハネ様ナデナデしてもいいでしょうか?」ナデナデ

善子「もうやってるし!///」
43: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:11:57.67 ID:C6m7E1Dj
善子「やーめーてー!!///」

善子「(うぅ~/// なんでこんなに普通にナデナデしてくるのよ///!)」

曜「あははは、やっぱり善子ちゃんといると楽しいね!」ニコニコ

善子「からかってるのかしら///!」

曜「まさか!」

善子「(底抜けに明るすぎるでしょこの先輩///)」

善子「で、どうしてここにいるの?」

善子「水泳部とかなかったの?」

曜「ま、まあ水泳部もあったんだけど・・・。」
44: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:13:49.32 ID:C6m7E1Dj
曜「ええっと・・・。」

善子「(うん?珍しく歯切れが悪いわね。)」

曜「あっ、そうだ!」

曜「衣装だよ衣装!」

曜「衣装の案を考えようかなって思ったんだ!」

善子「衣装?」

善子「この間ようやく案がまとまったって言ってなかったかしら?」クビカシゲ

曜「う・・・、それはそうなんだけど・・・。」アセアセ

善子「まあいいわ。」
45: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:15:58.92 ID:C6m7E1Dj
善子「衣装ということなら私もアイディア出し手伝ってあげる!」

曜「え?いいの?」

曜「善子ちゃん用事あったんじゃないの?」

善子「(本当はせっかく早く帰れそうだったから積ゲーの消化したかったんだけど・・・。)」

善子「(はっきりいって積ゲーなんかよりも曜さんと一緒にいるほうが大切!///!)」

善子「くくく、目の前で困っているリトルデーモンがいるのに放っておくほどこのヨハネは冷たく

わないわ!」

善子「存分に頼っていいのよ!」ギラン

曜「さっすがヨハネ様♪」

曜「頼りになるでありあます!」ダキッ
46: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:17:49.69 ID:C6m7E1Dj
善子「ちょっ///!」

善子「(なんでいつも急に抱きついてくるのよ!///)」

善子「(やばい///)」

善子「(お願いだから私の心臓静かになって///)」

善子「(このままだったらドキドキしてるのばれちゃう・・・///)」

曜「どうしたの善子ちゃん?」

曜「顔が赤いよ?」

善子「何でもないわよ!!///」

曜「そう?それじゃあ時間も勿体無いし、早速始めよう!」

善子「ええ、わかったわ。」
47: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:28:27.25 ID:C6m7E1Dj
―――
――


曜「あ、もうそろそろいい時間になったね。」

曜「終バスも来るし、今日は帰ろっか!」

善子「え?もうそんな時間なの?」

善子「(楽しすぎてあっという間に終わった感じね・・・。)」

善子「(少し残念だわ・・・。)」シュン

曜「・・・、ねえ善子ちゃん?」
48: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:29:28.98 ID:C6m7E1Dj
善子「何?」

曜「また今日みたいに手伝ってくれないかな?」

曜「1人で考えるのもいいんだけど、やっぱり誰かと考えてるほうが楽しいかなってね!」

曜「ダメかな?」ポリポリ

善子「ダメなわけないじゃない!」バンッ

曜「!?」ビクッ

善子「ヨハネは迷えるリトルデーモンを導くのも大切な使命の内の1つ!」

善子「存分に頼るがいいわ!」ギランッ

善子「(どうしようどうしようどうしよう!!!)」
49: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:30:22.46 ID:C6m7E1Dj
善子「(何!何なの!何で今日はこんな幸せが舞い降りるの!)」

善子「(今日私この幸せの反動で死ぬかもしれない・・・。)」

善子「(でも悪い気はしないかも///)」

曜「本当!?」

曜「やったー!!」ギュ~

曜「ありがとう善子ちゃん!」

善子「だから急に抱きつくなー!!!///」

善子「後、ヨハネ!!///」

善子「(ああ~、顔がにやけてしまう・・・///)」
50: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:31:16.18 ID:C6m7E1Dj
―善子の部屋

善子「あ~いいお湯だった~。」ベッドニダイブ

善子「(あの後バスの中でも普通に会話が出来た!)」

善子「(しかも週末に2人っきりで遊ぶ約束もしたわ!)」

善子「(ああ~、これがリア充なのね!)」

善子「(やばいやばい!)」

善子「(本当にやばいって!)」バタバタ

善子「(浦女にくるまでは高校生活なんてきっといいこと1つもないって思ったけど。)」

善子「(Aqoursのみんなのおかげ、ううん。)」
51: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:32:32.85 ID:C6m7E1Dj
善子「(それもあるけどやっぱり曜さんのおかげで毎日が幸せすぎる///)」

善子「この気持ちってあれよね?///」

善子「恋なのかしら///」

善子「~~~~っ////」バタバタバタ

善子「(何考えてるのかしら///)」

善子「(私らしくもないわ!!)」

善子「そう!私はヨハネ!!」ガバッ

善子「天界から堕とされた孤高の堕天使!!」

善子「人間ごときに心を奪われることなんてないのです!」キメッ
52: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:33:18.34 ID:C6m7E1Dj
善子「・・・、って1人で何やってるんだろ私・・・。」ポスン

善子「はぁ・・・、曜さん・・・。」

善子「好きな人いるのかな・・・。」

善子「いるわよね・・・、だって華の高校生かつ超絶リア充だもんね・・・。」

善子「・・・、やめよ・・・。」

善子「やめやめやめ!!」

善子「今はこの幸せな気分に浸っていればいいのよ!」グッ

善子「はぁ・・・、ちょっと早いけど寝よう・・・。」

善子「お休み。」カチッ
53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:33:54.48 ID:C6m7E1Dj
―ある日の放課後

善子「ふぅ~、何なのよあの先生!」

善子「ちょっと忘れ物しただけで怒ることないのに!」プンプン

善子「はぁ・・・、早く部室に行きましょ・・・。」

善子「うん?部室から声がする・・・。」

千歌『朝様子がおかしいと思ったら、よーちゃんまたラブレター貰ったんだって!』

千歌『流石浦女のスーパーヒーローはモテますな~♪』ニヤニヤ

曜『うぅ・・・///』

曜『別にそんなんじゃないよ///』
54: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:34:25.03 ID:C6m7E1Dj
善子「(!?)」

善子「(曜さんラブレター貰ったの!?)」ピタッ

千歌『まあまあ、そんなに照れなくてもいいじゃん!』

曜『そうは言ってもこういうのは慣れないんだよ~』

千歌『で、今回はどうするの?』

善子「!?」ガタッ

千歌『うん?何か音がしたような?』

千歌『まあいいや!どうなのよーちゃん!?』

曜『やっぱり今回もお断りしようかな~って』ニガワライ
55: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:35:17.79 ID:C6m7E1Dj
千歌『ええ~、よーちゃん断ってばっかじゃん!』

千歌『チカが知ってるだけで今までで10人くらいは断ってるでしょ?』

曜『そんなにいたかな・・・』

善子「(10人・・・、曜さんってやっぱりモテるのね・・・。)」

千歌『他に好きな人でもいるの?』

曜『そういうわけじゃないんだけど・・・』

善子「っ!」ズキッ

千歌『なんか歯切れ悪いな~。』

曜『ラブレターって言ってもここ女子高だよ?』
56: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:37:09.10 ID:C6m7E1Dj
千歌『あれ?よーちゃんは同姓はダメなの?』

曜『いや・・・。ダメってわけじゃないんだけど・・・。』

千歌『ならいいじゃん!』

曜『今日の千歌ちゃんはグイグイくるね///』

千歌『だって~。』

千歌『幼馴染の恋って気になるじゃん♪』

曜『ゼッタイニオモシロガッテルヨネ・・・』ボソボソ

千歌『さあさあさあ!!』ジリジリ

曜『う~ん///』

曜『でもせっかくだったらパパみたいな男の人がいいかな~って思ったりも・・・///』
57: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:38:51.49 ID:C6m7E1Dj
善子「っ!?」

善子「(なに?いまなんっていってたの?)」

善子「(よくわからない・・・。)」

善子「(ようさんはおんなのこだめなの?)」

善子「(だめなにもかんがえたくない。)」

善子「(かんがえられない・・・。)」

千歌『はぁ・・・、あれだけ多くの女の子を惚れさせて・・・。』

千歌『全く罪作りな女の子だよねよーちゃん♪』

曜『まるで私が女たらしみたいな言い方だね・・・』
58: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:39:14.76 ID:C6m7E1Dj
曜『それにそういうことしてるつもりないって///』

善子「(・・・。)」

花丸「あれ?」

花丸「善子ちゃんどうしたの?」

ルビィ「どうして部室に入らないのぉ?」

善子「・・・。」ポロポロ

花丸「どうしたの善子ちゃん!?」

花丸「どうして泣いてるずら!」ガシッ

善子「っ!!」バシッ
59: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:40:06.77 ID:C6m7E1Dj
花丸「!?」

ルビィ「ピギィ!!」

ルビィ「ど、どうしたの善子ちゃん・・・。」

善子「ナンデモナイ・・・。」ボソッ

ルビィ「え?」

善子「カエル・・・。」トボトボ

花丸「帰るって・・・、ちょっと待つずら!」

善子「放っておいて!!!」タタタタタ

花丸「善子ちゃん・・・。」
60: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:40:26.53 ID:C6m7E1Dj
ルビィ「善子ちゃんどうしたんだろ・・・。」

ガチャッ

千歌「どうしたの?」

曜「何か騒がしかったけど?」

花丸「わからない・・・。」

曜「え?」

ルビィ「善子ちゃんが部室の前で泣いてたの・・・。」

千歌「どういうこと!?」

花丸「本当にわからないずら・・・。」
61: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:41:33.98 ID:C6m7E1Dj
花丸「マルたちも来たばっかりで・・・。」

花丸「部室の前で善子ちゃんが固まってたから声をかけたの。」

ルビィ「そうしたら善子ちゃん顔が真っ白で涙をながしてて・・・。」

ルビィ「ルビィたちが声をかけたらルビィたちを振り払ってかえっちゃってぇ・・・。」ポロポロ

ルビィ「どうしてかルビィたちにもわからないよぉ・・・。」ポロポロ

花丸「ルビィちゃん・・・。」ギュ~

曜「・・・、私善子ちゃんを追うよ。」

曜「なんかそうしたほうがいい気がする。」

千歌「よーちゃん・・・。」
62: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:42:33.60 ID:C6m7E1Dj
曜「そんな顔しないで千歌ちゃん。」ナデナデ

曜「ちゃんと会って話してくるから!」

千歌「わかった。」

千歌「よーちゃんお願い!」

千歌「花丸ちゃんとルビィちゃんは私たちに任せてもらって大丈夫だから!」

ルビィ「曜さんおねがいします!」ペコリ

花丸「善子ちゃんをお願いします!」ペコリ

曜「お願い!」

曜「それじゃあ!」タタタタタ
63: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:43:04.03 ID:C6m7E1Dj
―バス停

曜「おかしい・・・。」

曜「善子ちゃんがバス停にいない・・・。」キョロキョロ

曜「まだバスに乗れていないはずなのに・・・。」

曜「ってことはバスに乗らずに帰ったの!?」

曜「いくらなんでも無茶だよ!」

曜「歩いてなんて帰れる距離じゃない・・・。」

曜「とにかく早く見つけないと!」

曜「とりあえず走って探そう!」ダッ
64: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:44:32.53 ID:C6m7E1Dj
―???

善子「(なんでなのかしら?)」

善子「(むかしっからほんとうにそう・・・。)」

善子「(ちょっときぼうをもつといつもいつもだめになる・・・。)」

善子「(わたしがきたいしすぎたの?)」

善子「(ようさんだっておんなのこじゃない。)」

善子「(ばかよね・・・。)」

善子「(ほんとうにこっけいだわ・・・。)」

善子「(ぶざまよね・・・。)」
65: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:45:25.66 ID:C6m7E1Dj
ガッ

善子「いたっ!」

善子「うぅ・・・。」

善子「なんなの!」ドン

善子「なんでこうなのよ!!」ポロポロ

善子「私が何をしたって言うのよ・・・。」ポロポロ

善子「答えてよ・・・、誰か・・・。」ポロポロ

善子「お願いだから・・・。」ポロポロ

善子「もう不幸なのは嫌なの・・・。」ポロポロ
66: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:46:02.09 ID:C6m7E1Dj
曜「はぁはぁはぁ・・・。」

善子「(なんで?)」

善子「(なんで曜さんがここにいるの?)」

曜「やっと見つけた・・・。」

曜「善子ちゃんまたこけたの?」

曜「大丈夫?」シャガミ

善子「・・・。」

善子「コナイデ・・・。」

曜「?」
67: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:46:57.15 ID:C6m7E1Dj
善子「帰って!」

曜「善子ちゃん?」ソッ

善子「触らないで!!!」

曜「善子ちゃん・・・。」

善子「今あなたに会いたいくないの!」

善子「声を聞きたくないの!」

善子「お願いだから帰って・・・。」ポロポロ

善子「もう私に優しくしないで・・・。」ポロポロ

曜「・・・。」
68: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:48:20.29 ID:C6m7E1Dj
曜「いやだ!!」

曜「悪いけど、何を言われようと善子ちゃんを見捨てていかないよ!」

曜「さあ行こう!」オヒメサマダッコ

善子「何するの!」

善子「離して!!!」バタバタ

善子「なんで私なんかにかまうの!!!」バタバタ

善子「降ろして!!」バタバタ

曜「ちょっ、暴れたら危ないって!」ギュ~

善子「うぅ・・・。」
69: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:48:46.77 ID:C6m7E1Dj
曜「ちょっとだけだからね?」

曜「今の善子ちゃんを放っておけないの。」

曜「どれだけ暴れても絶対に離さない。」

曜「私のこと嫌いだったらそれでもいいから。」

曜「バス停までの間だけだから。」

曜「ね?」

善子「・・・。」コクン

善子「(何でなの?)」

善子「(あんなのひどいこと言ったのに・・・。)」

善子「(曜さん・・・。)」
70: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:49:15.03 ID:C6m7E1Dj
―――
――


曜「到着!」

曜「そういえば最近こんなことあったよね?」

善子「・・・。」

曜「あははは・・・。」

善子「・・・。」

曜「ねえ?善子ちゃん?」
71: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:49:39.35 ID:C6m7E1Dj
善子「・・・。」

曜「ごめんね?」

曜「私何かやっちゃったんだよね?」

曜「花丸ちゃんとルビィちゃんがね、善子ちゃんが部室の前で泣いてたって聞いて。」

曜「何とかしないとって思って追ってきたんだよ。」

曜「でもね。」

曜「さっきの善子ちゃんの様子を見てわかったんだ。」

曜「善子ちゃんを泣かせた原因って私にあったんだなって。」

曜「だからごめんね・・・。」ウツムキ
72: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:50:03.98 ID:C6m7E1Dj
曜「本当にごめん・・・。」ポロポロ

善子「(私何やってるんだろ?)」

善子「(勝手に好きになって、勝手に振られたって思って。)」

善子「(その上泣かせてる・・・。)」

善子「(最低だ・・・。)」

善子「・・・、謝らないで曜さん。」

善子「悪いのは私なの。」

善子「だから曜さんが謝る必要は全く無い。」

善子「もういいの・・・。」
73: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:52:23.37 ID:C6m7E1Dj
善子「いいのよ・・・。」

ブロロロロ・・・

善子「さあ、バスが来るわよ。」

善子「曜さん先に帰って。」

善子「私は後で帰るから・・・。」

善子「(これでいいのよ・・・。)」

善子「(ここで今日はもうおしまい・・・。)」

善子「(明日からは普通に接すればいいだけだから・・・。)」

曜「・・・。」
74: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:53:08.20 ID:C6m7E1Dj
キキー プシュー

運転手「乗りますか?」

善子「はい、乗りま・・・。」

曜「いいえ、ごめんなさい。」

曜「次のバスにするので行ってください。」

運転手「分かりました。」

プシュー バタン ブロロロロ・・・

善子「ちょっと!何やってるのよ!!」

善子「私は先に帰ってって言ったのよ!」
75: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:54:04.84 ID:C6m7E1Dj
善子「何で・・・。」

曜「でも私は帰るって言ってないよ?」

曜「こうなったら私も退かない。」

曜「善子ちゃんが話してくれるまで絶対に善子ちゃんのそばから離れない!」

曜「だからね?」

善子「何で?」

善子「何でなの?」

善子「私は曜さんにひどいこと言ったのよ?」

善子「もう放っておいてよ・・・。」
76: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:54:23.78 ID:C6m7E1Dj
善子「私の心の中にに入ってこないで・・・。」ポロポロ

善子「お願い・・・。」ポロポロ

善子「明日には普通の私に戻ってるから・・・。」ポロポロ

曜「・・・。」

曜「分かった。」

曜「最後にちょっとだけ付き合って。」

曜「それで諦めるから・・・。」

善子「(・・・、最後・・・。)」

善子「・・・。」コクン
77: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:55:35.89 ID:C6m7E1Dj
―海岸

曜「う~ん。やっぱり風が気持ちいいね。」

曜「もう夕焼けか・・・。」

善子「・・・、それで?」

曜「あはは・・・、せっかちだね・・・。」

曜「ふぅー。」

曜「善子ちゃん!」

善子「っ!」ビクッ

曜「もうこれで最後だから正直に話して!」
78: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:56:04.79 ID:C6m7E1Dj
曜「なんで部室の前で泣いてたの?」ジー

善子「(ここで誤魔化したら一生後悔すると思う・・・。)」

善子「(きっと気持ち悪がられるんだろうな・・・。)」

善子「(もう今までみたいに優しくもしてもらえない・・・。)」

善子「(話もしてもらえない・・・。)」

善子「(・・・。)」

善子「(迷うな!)」

善子「(私は堕天使ヨハネ!)」

善子「(孤高の存在よ!)」
79: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:56:39.27 ID:C6m7E1Dj
善子「(元のボッチに戻るだけ・・・、それだけなんだから!)」

曜「善子ちゃん?」

善子「私が部室で泣いてたのはね、あなたと千歌さんの話を盗み聞きしてたからなの。」

善子「それだけで何で泣くの?って思うわよね?」

善子「あなたのある言葉が私の心を突き刺したから。」

曜「私の言葉?」

善子「あなた今日ラブレター貰ったのよね?」

曜「うん・・・。」

善子「その後で千歌さんとこんな会話してたわよね?」
80: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:56:58.05 ID:C6m7E1Dj
=======================================================================================

曜『ラブレターって言ってもここ女子高だよ?』

千歌『あれ?よーちゃんは同姓はダメなの?』

曜『いや・・・。ダメってわけじゃないんだけど・・・。』

曜『せっかくだったらパパみたいな男の人がいいかな~って思ったりも・・・。』

=======================================================================================

曜「確かにそう言ったけど・・・。」

曜「別におかしなこと言ってないと思う・・・。」

善子「ええ、確かに普通の人には普通の会話だわ。」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
81: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:57:27.88 ID:C6m7E1Dj
善子「でもね? 私は普通じゃなかった。」

曜「どういうこと?」

善子「・・・。」ガタガタ

善子「(やばい・・・、いざとなったら震えが止まらない・・・。)」

善子「(言葉が詰まる・・・、怖い・・・、怖いよ・・・。)」

フワッ

善子「!?」

曜「大丈夫。」ギュッ

曜「絶対に私は逃げないから。」
82: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 22:57:52.12 ID:C6m7E1Dj
曜「善子ちゃんの全てを受け止めてあげるから。」

曜「ね?」

善子「私は普通じゃないの!」

善子「女の子なのに、女の子とあなたを好きになってしまったの!」

善子「愛しているの!」

善子「気持ち悪いでしょ?」

善子「こうやって抱きついてもらって嬉しくてしかたないのよ?」

善子「ドキドキするの。」

善子「あなたのこと考えると夜も眠れないのよ?」
84: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:00:16.57 ID:C6m7E1Dj
善子「ただ出かけるだけでも、ひょっとしてデートかもって思ったりもしてるの。」

曜「・・・。」ギュ~

善子「恋人同士になりたい。」

善子「手を繋ぎたい。」

善子「お昼を一緒に食べて、あ~んってやってほしい。」

善子「週末はデートをしたい。」

善子「そして夜はお互いの家で泊まりたい。」

善子「キスもしたいしそれ以上のこともしたい。」

善子「そんなことを思ってるの・・・。」
85: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:00:41.38 ID:C6m7E1Dj
善子「だからこうやって抱きしめてもらえる資格なんて無いの・・・。」

善子「ごめんなさい・・・。」

善子「曜さん好きになってごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「・・・、そっか・・・。」

善子「ごめんなさい・・・。」ポロポロ

曜「・・・。」ナデナデ

善子「!?」

善子「なんでなでるの!」

善子「気持ち悪いでしょ!」
86: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:01:11.03 ID:C6m7E1Dj
善子「こんな私優しくしても意味ないのよ!」

曜「止めて!!」

曜「お願いだから自分のことそんな風に言わないで・・・。」

曜「善子ちゃんが私のことそれだけ想ってくれて嬉しいよ。」

善子「っ!」パシッ

善子「気休めはよして!」

善子「男の子が好きなんでしょ!」

曜「違うんだ。」

善子「嘘!」
87: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:01:34.28 ID:C6m7E1Dj
曜「嘘じゃないよ!」

善子「じゃあなんなの!」

善子「曜さんは私のこと愛してくれるの!」

善子「私の恋人になってくれるって言うの!!」

曜「うん。」

善子「え?」

善子「曜さん今なんて言ったの?」

曜「うん。って言ったよ!」

曜「私は善子ちゃんのこと好きだよ。」
88: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:01:59.02 ID:C6m7E1Dj
曜「もちろん善子ちゃんと同じ意味で。」

善子「嘘よ!嘘嘘!!!」

善子「だったらなんで男の子が良いなんて言ったのよ!」

曜「あれは・・・。」

曜「だって恥ずかしいじゃん///」

曜「千歌ちゃんから『普通に女の子が好きじゃなかったの?』なんて聞かれて///」

曜「『はいそうです』なんて言えるわけないじゃん!!///」

曜「しかもその相手が後輩の善子ちゃんだよ!///」

曜「絶対にからかわれるってわかるもん!///」
89: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:02:18.78 ID:C6m7E1Dj
善子「な、なにそれ!!!」

善子「そんなことで私あんなに悩んで泣いて落ち込んでたの!!!」

善子「訳わかんないわよ!!」

曜「うぅ~。ごめんなさい・・・。」シュン

善子「ダメ!」

善子「絶対に許さない!!」

曜「そんな~。」

善子「許して欲しい?」

曜「も、もちろんであります!」
90: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:04:04.67 ID:C6m7E1Dj
善子「なんでもしてくれる?」

曜「私の出来ることなら・・・。」

善子「だったら私と付き合って・・・///」

曜「それって?」

善子「ちゃんと言うわ///」

善子「渡辺曜さん、私はあなたのことが好きです///」

善子「愛してます///」

善子「最初は優しくしてくれたあなたに憧れてた///」

善子「でもその憧れは恋心に変わってしまったの///」
91: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:04:34.32 ID:C6m7E1Dj
善子「私の想いを受けてとめてくれますか?///」

曜「もちろん。」

曜「善子ちゃんの想い伝わったよ。」

曜「私も善子ちゃんのこと好き、愛してるよ。」

曜「私たち付き合おう!」

善子「私変なこと言うかもしれないわよ?」

曜「ふふふ、今更だよ。」

善子「嫉妬深いと思う。」

曜「私も負けないよ?」

曜「善子ちゃんが誰かに振り向いたら拗ねるかも♪」

善子「泣き虫だし、不幸に巻き込まれるかも・・・。」
92: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:04:59.87 ID:C6m7E1Dj
曜「ああ~もう!!」

曜「大丈夫!全部!ぜぇ~んぶ私が受け止めてあげる!!」

善子「ありがとう・・・。」ポロポロ

善子「好きよ・・・、曜さん・・・。」ポロポロ

善子「ずっと一緒にいましょうね。」ポロポロ

曜「うん!ずっとだよ!」ギュッ

善子「(想いが届いて良かった・・・。)」

善子「(想いを諦めなくてよかった・・・。)」

善子「(曜さんありがとう・・・。)」

善子「(今までも、そしてこれからもずっと愛してるわ!)」

Fin
93: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/26(金) 23:05:49.95 ID:C6m7E1Dj
以上です
最後はちょっと駆け足になってしまいました
ようよしっていいですよね!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「憧れのあなたに想いを込めて」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。