にこ「人狼ゲームよ!」凛「にゃ?」穂乃果「へ?」

シェアする

にこ-アイキャッチ53
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:26:05.92 ID:FqRIprAf0
穂乃果「じんろーげーむ?」

凛「新しいドロケイかなんかかにゃ?」


にこ「違うわよ!まったく…ダメね。世間の流行に疎い人たちは」


穂乃果「むぅー」

凛「疎くないよ!じゃあそのじんろげーむってゲームを詳しく教えてよ!」


にこ「人の狼と書いて人狼…。すなわち、人狼が人間を食べる恐ろしいゲームよ!」


ほのりん「えぇぇぇぇぇ!!!」

凛「なんて恐ろしいゲームにゃ」
穂乃果「物騒だねー」

凛「ねぇ!その人狼ゲームってどんなゲームなの?早速3人でやってみるにゃ!」


にこ「ふっ…まだ子供ね。そんなに慌てなくてもそのつもりよ」


にこ「えっと…あぁ、あった。ゲームの説明書ね。えっと…」


にこ「!!」


穂乃果「にこちゃん?」
凛「どーしたの?」


にこ「べ、別に何でもないにこー」


ほのりん「??」



にこ「(っていうかルール説明長っ)」


にこ「…」


くしゃくしゃくしゃ…ポイッ


にこ「さっ!やるわよ!」



穂乃果「おー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517311565

元スレ: にこ「人狼ゲームよ!」凛「にゃ?」穂乃果「へ?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:28:40.82 ID:FqRIprAf0
凛「人狼ゲームにゃー!テンション上がるにゃー!」


穂乃果「で、どんなゲームなの?」

にこ「まず…割り箸の先に人間と人狼を書いて…はい!好きな割り箸を引いて!」


穂乃果「任せて!」
凛「いっくにゃー!」


にこ「いいわね?じゃあ…いくわよ!」


ほのりん「うん!」

にこ「引いたわね?では、せーのっ!」



人狼だーれだっ!


穂乃果「はいはーい!穂乃果が人狼でーす」


凛「やー!穂乃果ちゃんが人狼にゃー!」


にこ「こわいこわい!だめだめっ!可愛いにこを食べないでほしいにこー」


穂乃果「ふむふむ。けれどしかし…私は人狼。人を食べずにはいられない!じゃあ1番の人…」


にこ「1番…」
凛「…ごくり」ぶるぶる


穂乃果「穂乃果が食べちゃうぞー!」



凛「わー!」


にこ「とぅあいへん!凛が人狼穂乃果に食べられちゃったじゃない!」


穂乃果「がぶがぶ」

凛「あははっ!やめて!こしょぐったいにゃーあはははははっ!」


パンっ


にこ「はい。人狼ゲーム終了」


穂乃果「嘘だ!今やったのは絶対に人狼ゲームじゃないよ!」


凛「そうにゃ!こんなゲームが流行るわけないにゃ!」


にこ「いい?ブームなんてそんなものよ」


凛「意味わかんないよ!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:30:01.73 ID:FqRIprAf0
穂乃果「本当にこんなゲームなの?ルール説明の紙…あったあった」


にこ「ちょっ!やめなさい!」

凛「本当はどんなゲームなの?」



穂乃果「えっと…」


穂乃果「…」


穂乃果「(字が多い…)」


クシャクシャ…ぽいっ!


穂乃果「うん!大体わかったよ!」


にこ「はぁぁぁ!!あんた絶対読んでないでしょ!穂乃果があの文章をこんな短時間で読んで理解できるわけないじゃない!」


穂乃果「わ、分かるよ!!」


凛「それで?本当の人狼ゲームはどんなゲームなの?」


穂乃果「人狼が誰なのかを当てるゲームなんだって!」


にこ「ぬぁんですって!」

凛「王様ゲームみたいに挙手制じゃないの?」


穂乃果「うん!そうなんだって!大丈夫…だってそこの部分だけはちゃんと読んだもん!」


凛「えっ…そこの部分?えっ?」

にこ「全部読みなさいよ!」


穂乃果「にこちゃんにだけは言われたくないよ!はいっ!じゃあ早速人狼ゲームをはじめよう!」

にこりん「おぉぉー!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:32:19.39 ID:FqRIprAf0
穂乃果「では、今から人狼ゲームをはじめます!すごく長い説明だったから複雑なルールだけど…みんなでやれば楽しいよ!」


穂乃果「では人狼ゲーム…開始です!」


にこりん「わー」ぱちぱちぱち


穂乃果「では凛さん、あなたは人狼ですか?」


凛「いいえ。私、星空凛は人狼ではありません。人間です」


穂乃果「本当ですか?」
凛「はい。本当ですか」


穂乃果「凛さん。ごきげんよう」
凛「穂乃果さん。ごきげんよう」



にこ「では、凛さんの好きな食べ物はなんですか?」


凛「ラーメンです」


穂乃果「ふむふむ…ラーメン。それは人間を食べる人狼の食べるものではありませんね」


にこ「はい。よって星空凛さんに10人間ポインツが入ります」


星空凛 10人間ポインツ



凛「わーい!10人間ポインツにゃー!」


にこ「ですがラーメンにはチャーシューが入っています」


穂乃果「はい。凛さんは無類のお肉好きなようですね。お肉が好きな人はほぼ人狼ということで、凛さんに30人狼ポインツが入ります。」


凛「にゃー!!」


星空凛 30人狼ポインツ


にこ「凛さん、ごきげんよう」
凛「ごきげんよう。にこさん」


穂乃果「では、次はにこさん」

にこ「よろしくお願いします」


凛「ではにこちゃ…に、にこさん!にこさんの好きな食べ物はなんですか?」


にこ「はい。チョコレートにこー」


穂乃果「さすがにこさんですね。こんな場でも自分らしさを忘れない」


凛「いかにも人間っぽいですね」

にこ「はい。ありがとうございます」


穂乃果「にこさんに10人間ポインツが入ります」


矢澤にこ 10人間ポインツ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:35:26.99 ID:FqRIprAf0
凛「ですがにこさん、噂によるとアイドルが好きだそうで」


穂乃果「アイドルは人間。いつか食べてしまうおつもりですね」


にこ「いいえ。私はアイドルを食べるつもりなどありません」



穂乃果「怪しいですね。アイドルを食べようとしてる人が食べるつもりですなんて言わないですからね」


凛「はい。ここはにこさんに180人狼ポインツなんてどうでしょう」



にこ「待ってください凛さん!確かに私はアイドルが好きです…ただ、アイドルが好きで人狼だというのなら…小泉花陽さんも人狼だと、そう言いたいんですね?」



穂乃果「へ?」


凛「かよちんが人狼なわけないにゃ!!!」


穂乃果「凛ちゃん!?」



凛「アイドルが好きなかよちんは人狼ではありません。かわいいかわいいアイドル好きの高校生。よって、にこさんに180アイドル好き人間ポインツが入ります」


矢澤にこ 180アイドル好き人間ポインツ


にこ「ありがとうございます。しかし、アイドルが好きというだけで人狼だと疑う姿勢…怪しくないですか?」


穂乃果「確かに…よって、凛さんに180人狼ポインツ」


星空凛 180人狼ポインツ


凛「うぅ…墓穴を掘ったにゃ」

にこ「ごきげんよう」
凛「ごきげんよう」


にこ「では次、穂乃果さん」

穂乃果「はい、高坂穂乃果です」


凛「好きな食べ物は?」

穂乃果「イチゴです。あっ、パンも好きです」


にこ「では穂乃果さんに聞きます。ソーセージの入ったパンは好きですか?」


穂乃果「はい」


にこ「ソーセージはお肉です。穂乃果さん、10人狼ポインツ」



高坂穂乃果 10人狼ポインツ


凛「穂乃果ちゃ…さんに聞きます!ハムが入っているパンは好きですか?」


穂乃果「大好きです!」


凛「ハムはお肉です。よって、穂乃果ちゃんさんに10人狼ポインツ」


高坂穂乃果 10人狼ポインツ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:38:13.55 ID:FqRIprAf0
にこ「穂乃果さん、ベーコンの入ったパンは…」


穂乃果「お言葉を返すようですがにこさん。」
にこ「なんですか穂乃果さん」


穂乃果「たしかに、ソーセージやハムやベーコンが入っているパンは好きです。ですがそれはパンが好きだからです。イチゴも好きです。ピーマンは嫌いです」


にこ「穂乃果さん…嫌いなものまでアピールするところ…実に人間らしい主張でした。穂乃果さんに150人間ポインツ」


高坂穂乃果 150人間ポインツ


にこ「ごきげんよう」
穂乃果「ごきげんよう」
凛「ごきげんよう」


穂乃果「では、結果発表を行います」


にこ「いよいよですのね」
凛「緊張しちゃいますね」


ドドドドドドドド…ドンっ!


穂乃果「ざっくり計算で約210人狼ポインツを獲得した星空凛さん…あなたが人狼です!」


にこ「あなただったのね!」

凛「なんか凛だったみたいにゃ!」


穂乃果「さぁ!人狼の凛ちゃん!あなたは誰を人狼しますか!」


凛「凛が人狼するのは…!!」





花陽「ほぇ?」


凛「凛は人狼にゃー!」


花陽「いやぁぁぁ!ダレカタスケテェェェ!!」


凛「がぶがぶがぶ」

花陽「うふふっ、くすぐったいよぉ…ふふっ、もう凛ちゃんってば」

凛「にゃー」


穂乃果「うん!大体こんな感じかな!」


にこ「深い!深いわね!これは流行るはずよ!」

穂乃果「うん。このゲームって相手が持つ人狼ポインツを聞き出すのが必勝パターンだね」

にこ「そうね。そう言えば、穂乃果の切り返しもすごかったわよ。ベーコンの切り返しはなかなかだったわ」

穂乃果「本当に!?」

にこ「敵ながらあっぱれだったわ!」



穂乃果「にこちゃんに褒められた…にこちゃんに褒められたよ!」


にこ「調子に乗るんじゃないわよ!穂乃果なんてまだまだよ!」

穂乃果「うん!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:42:24.60 ID:FqRIprAf0
花陽「ねぇ、何してたの?」
凛「うん!人狼ゲームだよ!」


花陽「人狼ゲーム?あっ、聞いたことあるよ。大人数でやるゲームのことだよね?」


にこほのりん「へ?」
花陽「えっ?」


にこ「人狼ゲームは3人じゃダメですか?」


花陽「えっ…えっと…」


凛「おかしいよ!3人でも結構楽しかったよ!」

にこ「おかしい…何かがおかしいのよ」


花陽「えっと…私もよく知らないし、もしかして3人でも結構楽しめるゲームなのかも…」


穂乃果「うーん…それともあれかな?やっぱりやり方間違えてたかな?」

にこ「間違えてたかな?じゃないわよ!通りでおかしいと思ったわ」


穂乃果「えぇぇ!さっきまで言ってた言葉と違う!」

にこ「あそこまでアホっぽいゲームなんてあるわけないわね。うん」

穂乃果「あんなに褒めてくれたのに…」


凛「にこちゃんも穂乃果ちゃんもルールの説明書をちゃんと読まないからこういうことになるんだよ!ねっ、かよちん」


花陽「えっ?う、うん…。って、読んでないのにやってたの?」


にこほのりん「うん!」
花陽「うぇぇ…?」


凛「説明書はちゃんと読まないと!えっと…あっ、あった。くしゃくしゃになった説明書にゃ」

凛「えっと…」

花陽「ねぇ、どんなルールなの?私もよく知らなくて」


凛「んんと…」

凛「(字が多い…)」


花陽「凛ちゃん?」

凛「う、うん…えっと…あっと…」


花陽「どうしたの…?」


凛「(漢字も多い…)」

花陽「凛ちゃん?」


凛「にゃぁぁぁぁぁ!!!」

花陽「りんちゃんっ?!」


ビリビリビリ!

ポイッ


穂乃果「あぁ!凛ちゃんがビリビリに破いた!」

にこ「ちょっ!どーすんのよ!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:45:57.67 ID:FqRIprAf0
凛「漢字が多かったの…文字も多くて…凛、すごく怖くって…」

花陽「大丈夫。こわくないこわくないよ」なでなで


にこ「花陽!甘やかすのもいい加減にしなさいよね!」


穂乃果「けどどうする?人狼ゲーム…」

にこ「説明書がないんじゃ出来ないじゃない」

凛「だって…漢字が…」


花陽「ネットで調べる?」
にこ「それをしたら負けよ!」


花陽「そ、そうなんだ…」


穂乃果「どうするの!人狼ゲームしたい!したいよにこちゃん!」

凛「凛もしたいにゃ!」


にこ「じゃあまじめに説明書を読みなさいよね!」


凛「にこちゃんにだけは言われたくないにゃ!」

穂乃果「そうだよ!にこちゃんだってまじめに読まなかったくせに!」

にこ「ぬぁんですって!」


花陽「切れ端を集めてテープで張り合わせる?一応全部集めてみたけど…」


にこほのりん「そこまでしなくていいよ!」

花陽「っぇぇ!う、うん…」


凛「貼り合わせてもきっとまた破いちゃうにゃ」

花陽「あ…そっか。そうだよね…」


にこ「それで納得する花陽もどーなのよ!」


穂乃果「そうだよ!ここだっていう切れ端をみんなが一枚ずつチョイスして、その部分だけ読んでみる?」


花陽「えっ…でもそれじゃちゃんとしたルールが分からないんじゃ…」



凛「それにゃ!」

花陽「へっ!?」

にこ「うん!字が多い問題も解決ね!」

花陽「そうなの!?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:52:55.19 ID:FqRIprAf0
穂乃果「うん!じゃあ穂乃果はこの切れ端をチョイスするよ!」


穂乃果「えっと…『人狼を見つけ出し、人間達が人狼を追い出せば人間達の勝利です』だって!」



穂乃果「ほら!やっぱり人狼を見つけ出すゲームなんだよ!」


にこ「ふーん。じゃあやっぱり人狼は人狼であることを人間たちに隠してるってわけね…」


凛「人間の格好をした狼だもん!隙をみせたら食べられちゃうにゃー」


にこ「その前に人間達が人狼を追い出せばいいのね!」


穂乃果「わぁ!なんかそれっぽいゲームになってきたね!」


凛「すっごく楽しそうにゃ!けどこれだけじゃまだわからないにゃ…」



にこ「じゃあ私も選ぶにこー」

ほのりん「うん、」


にこ「これよっ!えっと…『人狼、人間の他に占い師、騎士、霊媒師、多重人格などさまざまな役職があり…」


凛「えぇぇ!人狼と人間との戦いじゃないの!」

にこ「人類皆狼とはよく言ったものね…うんうん」

穂乃果「うん!よく言うよく言う!」



凛「じゃあ最後は凛にゃ!えーっと…どの切れ端にしようかなー…これにゃ!最後はね!」


凛「えっと…『大変楽しいゲームです』にゃ!」


にこ「楽しいゲームならやらない理由はないわね!」

穂乃果「よぉぉし!そうと決まればみんなを呼んでみんなでやろう!」


花陽「えっ…けどこれだけじゃやっぱりよく分からない…」

穂乃果「やろう!」
にこ「やるわよ!」
凛「やるにゃー!」

花陽「えっと…」






穂乃果「人狼ゲーム…それは、人狼、人間、占い師、騎士、霊媒師、多重人格などになります。」


にこ「いい?ただし人狼は人狼であることを隠しているわ。あの手この手を使い、人狼を見つけ出し人狼を追い出す…」


凛「大変楽しいゲームにゃー」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 20:57:29.35 ID:FqRIprAf0
穂乃果「では始めます!みんな、配役のカードは引いたね!」


にこ「引いたわ!」
凛「引いたにゃ!」

希「うちも引きましたー♪」
ことり「私も引いたよっ」
花陽「うんっ、私も引いたよ。」

海未「引きました」
絵里「引いたわ。」
真姫「引いたけど…くだらないゲームね」


にこ「くだらない?ふーん。別に強制参加じゃないけどー」

真姫「や、やるわよ!」


凛「人狼カードは2枚、人間は3枚、占い師、騎士、霊媒師、多重人格は1枚ずつ!」


穂乃果「では人狼ゲーム…はじめ!」


ピーッ

にこ「あの手この手を使って人狼をみつけだすわよ!まず…花陽!」

花陽「ピャア!」


にこ「花陽は人狼なのね?」

花陽「えぇぇ!ち、違うよ!」

にこ「凛、判定は!」

凛「指を合わせてない…かよちんはシロにゃ!」


にこ「分かった!花陽に3000人間ポインツよ!」


小泉花陽 3000人間ポインツ


凛「けど何か隠してる感じはするにゃ…」

にこ「ふーん。じゃあ普通の人間ではなさそうね…もう少しさぐるわよ!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:19:18.89 ID:FqRIprAf0
穂乃果「うん!じゃあ希ちゃんに質問するよ!」

希「うんっ!なんでもしてみて」

穂乃果「好きな食べ物は!」

希「お肉やね!」


にこ「ふーん、人間の?」
希「そこは…秘密や」

にこ「怪しいわね…」

凛「お肉好きの希ちゃんに100人狼ポインツにゃ!」

東條希 100人狼ポインツ


希「疑われてるー♪」
真姫「どうして嬉しそうなのよ!」

絵里「ちょっと待って!お肉が好きだからといって人狼と疑うのはおかしいわ!」


にこ「ん?ヤケに庇うのね」

凛「もしかして…人狼だから?」

穂乃果「きっと、人狼同士てLINEグループとか作ってるんだよ!」

にこ「通りで普段から仲がいいはずよ!」
絵里「普段からは関係ないと思うわ」
穂乃果「うーん。怪しい…」

絵里「ぅぇぇ…?」
希「あー!疑われてるー♪」

真姫「だからどうしてそんなに嬉しそうなの!」


凛「希ちゃんと絵里ちゃんに50人狼ポインツにゃ!」


東條希 人狼50ポインツ
絢瀬絵里 人狼50ポインツ


ことり「2人だけならグループ作る必要ないと思うけど…」

穂乃果「いや、分からないよ!」

にこ「そうよ!人狼の絆を甘くみないほうがいいわ!」

凛「誰を食べるか、食べたかを毎日LINEで報告し合ってるだよ!」


希「してないってー」にやにや
絵里「希…あなた全力で楽しんでるでしょ?」

希「えーっ」にこにこ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:26:06.95 ID:FqRIprAf0
にこ「あっ、あと凛はラーメンが好きだから300人狼ポインツね」

穂乃果「チャーシューはお肉だからね!」

星空凛 300人狼ポインツ


凛「うぅぅ…ラーメン好きなばっかりにいつも疑われちゃうよぉ」


ことり「落ち込まないで。そんな凛ちゃんの運勢を私が占ってあげましょー」

凛「あっ!ってことは、ことりちゃんは占い師だね?」


穂乃果「うん!ことりちゃんに10000占い師ポインツ!」

南ことり 10000占い師ポインツ


花陽「ことりちゃんは何占いをするの?」

ことり「チーズケーキ占いだよ!こうやって一口食べて…」


ぱくっ

ことり「んんんー♪おいしいー」


真姫「占ってないじゃない」

ことり「あっ…えへへっ」


穂乃果「じゃたことりちゃんに100000チーズケーキポインツをあげるね!」

南ことり 10000チーズケーキポインツ

ことり「わぁ!ありがとう!100000チーズケーキポインツだっ」


穂乃果「今度穂乃果のことも占ってね」

ことり「うん!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:28:25.71 ID:FqRIprAf0
絵里「待って!ことりが本当に占い師という保証はないわ」


凛「あっ…人狼が嘘ついて占い師を演じてるのかも」


真姫「追い出されない為に…ってわけね」



穂乃果「うん…たしかにその線もあるかも…深い!深いよこのゲーム!」

凛「本当にゃ!深海の水のように深すぎるにゃ!」


にこ「そんな怪しいことりに10人狼ポインツ!」


南ことり 10人狼ポインツ


ことり「…」にこっ


希「意味深の笑顔がまた怖いね」にこにこ


にこ「希!あなたの疑いも晴れたわけじゃないわよ!」


希「えー!そんなぁー」にこにこ

海未「…っ、うっ」


穂乃果「あれ?海未ちゃん…?」

海未「あ…頭が…」


ことり「海未ちゃん!」
穂乃果「大丈夫?少し休んだ方がいいのかも…」


海未「…頭が。はぁぁっ!?」

ことほの「海未ちゃん!」


海未「みんなのハートを撃ち抜くぞっ…いえ、私はこんな性格ではないっ…あぁぁぁぁ頭が痛い!痛いですっ!」

穂乃果「まるで多重人格みたいな…はぁっ!」


ことり「まさか海未ちゃん…」

にこ「多重人格は海未ね!」

凛「海未ちゃん、30000多重人格ポインツ獲得にゃ!」


園田海未 30000多重人格ポインツ


海未「もしかしたら私は人狼なのかもしれません…」

にこ「ここに来て厨二発言…みんな気をつけて!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:30:37.42 ID:FqRIprAf0
花陽「海未ちゃんの人狼発言も何か関係あるのかな?」


絵里「ええ。恐らく海未のもう1人の人格は悪人。」


にこ「ふーん。海未のもう1人の人格は人狼の味方ってわけね」


ことり「じゃあ海未ちゃんに50人狼ポインツだね」


園田海未 50人狼ポインツ


にこ「ま、それも演技かもしれないけど。」

凛「うぅぅ…みんなのことが信じられないにゃ」


花陽「大丈夫!凛ちゃんが人狼に食べられそうになったらこの私が助けてあげるからね!」


凛「かよちん…」


花陽「大丈夫!凛ちゃんのことは私が守る!こう見えても…強いんだよ」にこっ



凛「なんて心強いんだろう…」

海未「まるで人狼から凛を守る騎士みたいですね」



にこ「騎士…なるほど…花陽は騎士ね!」


穂乃果「そうだ…花陽ちゃんは騎士だ!」


にこ「そんなこんなで花陽に87400騎士ポインツよ!」


小泉花陽 87400騎士ポインツ


花陽「私が守ってあげるね」
凛「うん!かよちん大好きにゃー!!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:32:59.36 ID:FqRIprAf0
絵里「騎士は花陽…いや、凛と花陽の2人が人狼だとすると演技だとういう可能性もあるわ」


希「あれ?人狼の人はもう1人の人狼が誰か分からないんじゃない?」


穂乃果「2人は幼馴染だもん!そのくらいの壁乗り越えられるよ!」

にこ「そうね。凛と花陽にならできることね!」


りんぱな「ねー」


絵里「凛に花陽…恐ろしい子たちね」


穂乃果「あっ、でさー。急になんだけど特に何も関係ないこと聞いていい?」


ことり「関係ないこと?」

海未「なんですか急に…意味深ですね」



穂乃果「えっ?意味なんて何もないよ。本当にすごーくちっともこれっぽっちも無関係な質問なんだけど…」


ことり「うん」
海未「勿体ぶらないでなんでも話してください」



穂乃果「じゃあ聞くけど、何をしてれば人狼っぽくなく見えるのかな?」


ことうみ「…」


穂乃果「なんとなーくだよ!そう思っただけ…あっ、ももももも勿論!穂乃果が人狼 ってわけじゃないよ!」


ことうみ「…」


穂乃果「じゃじゃじゃじゃじゃないよ!」


穂乃果「あたふたあたふた」


にこ「…」

にこ「穂乃果」にこっ

穂乃果「へ?なーに」


にこ「穂乃果に人狼確定ポインツ」


穂乃果「えぇ!!」


高坂穂乃果 人狼確定ポインツ


穂乃果「どこで気づかれちゃったんだろ…言葉巧みにさりげなく人狼っぽくみえなくなるコツを聞き出したのに」


海未「どこが言葉巧みにですか」
希「自分で名乗ってたよ」
穂乃果「えっ?本当に?
にこ「ふっ…まだまだね!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:36:42.63 ID:FqRIprAf0
真姫「残る人狼はあと1人…」
にこ「一体誰なの…」

穂乃果「野菜好きアピールして人狼じゃないアピールでもしとこうかな」
海未「もう手遅れですよ」


絵里「少し話をしていいかしら?」

ことり「えっ?」


絵里「ここだけの話。私は…もう1人の人狼を真姫だと考えている」


穂乃果「えぇっ!?真姫ちゃん!」


真姫「…」


穂乃果「ちなみにもう1人の人狼って誰だと思って…」


絵里「穂乃果よ」



穂乃果「あーやっぱり…?うーん」

にこ「もう諦めなさいよ」
海未「自分で蒔いた種です」

穂乃果「そんなことない!まだワンチャンあるもん!」

希「ないんやない?」
穂乃果「そんなことないよ!」


絵里「話を戻すわね。どうしたの真姫…やけに口数が少ないじゃない?」


真姫「別に…私はいつも通りしてるだけよ」


絵里「自分が人狼だと悟られないよう静かにしているんじゃなくて?」


真姫「そういう絵里は?私に疑いをかけようとしてるんじゃない?自分が人狼だから」



絵里「そう…そうくるのね」

真姫「そっちこそ!」



穂乃果「すごい…なんか心理戦っぽいね」
希「むしろ本来そういうゲームやし」

穂乃果「へ?」
希「ん?」

にこ「とりあえず、2人に150人狼ポインツ」


西木野真姫 150人狼ポインツ
絢瀬絵里 150人狼ポインツ

真姫「ふんっ、なんで私が人狼なのよ」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:41:49.65 ID:FqRIprAf0
穂乃果「ねぇ真姫ちゃん」
真姫「なに?」


穂乃果「穂乃果にだけこっそり教えて。真姫ちゃんは本当に人狼なの?」


真姫「はぁぁ?人狼だとしても穂乃果にだけは教えない!って、別に私は人狼じゃないけど!」


穂乃果「ひどい…」


にこ「いや、私でも言わないわよ」


穂乃果「そうなの?うぅ…1人で人狼は寂しいよぉ…」

花陽「もう否定しないんだ…」
希「確定ポインツとられてるしね」


ことり「じゃあ、私が人狼やる!」

花陽「えぇっ!?」

穂乃果「ことりちゃん!」

ことり「穂乃果ちゃんに寂しい想いなんてさせないもんっ!」


穂乃果「ことりちゃんありがとう!すごく嬉しいけど…占い師はどうするの?」


ことり「占い師が人間とは限らないっ!」

穂乃果「なるほど!」

絵里「限らないの…?」

ことり「うん!限られないの!」


希「じゃあことりちゃんに1000自主人狼ポインツやね」


南ことり1000自主人狼ポインツ


凛「じゃあ凛もかよちんと一緒に騎士やる!」

花陽「凛ちゃん!!」


凛「凛は普通の人間だけど…かよちんの力になりたい…かよちんを守りたい!凛をかよちんの騎士の仲間に入れてほしいにゃ!」

花陽「…うんっ!」


穂乃果「負けないよ…花陽ちゃん、凛ちゃん!」

ことり「負けないよー!」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:45:42.07 ID:FqRIprAf0
凛「凛たちだって負けないにゃ!かよちんと同じ騎士になる!凛に10000自主騎士ポインツにゃ!」

星空凛 10000自主騎士ポインツ


凛「2人で戦うにゃー」
花陽「うん!二人組だし…。ふふっ。私たち騎士団みたいだね?って少し言い過ぎかな?」


凛「そんなことないにゃ!騎士団か…じゃあ大勢の方がいいね!真姫ちゃんもやる?」

花陽「うん!メンバーは随時募集中だよ!」


真姫「はぁぁ?騎士団なんてやらないわよ。それに私は騎士にはなれな…」


凛「へ?」
花陽「真姫ちゃん…?」

真姫「あっ…別に。なんでもないわ。気にしないで」


花陽「真姫ちゃん…まさか本当に…」


真姫「…」


ビビーッ!!


海未「時間ですね」

にこ「じゃあ、結果の前に今の得点をおさらいするわよー」


・・・・・・・・・・・・・・・。


穂乃果「獲得ポインツ…メモるの忘れてたね!」

絵里「うかつだったわ…」
花陽「どうしようか…」

凛「もういいよ!今のやり取りでみんなが人狼だと思う人の名前を言っていこう!」

ことり「そうだね。じゃあ…」


穂乃果「みなさんご唱和ください!」

せーのっ!!!


「「「「「「「「「「人狼だーれだっ!!!」」」」」」」」」


にこ「絵里っ!」

絵里「真姫!」

希「エリチ?」

穂乃果「凛ちゃん!」

ことり「絵里…ちゃん?」

海未「絵里です」

凛「希ちゃん!」

花陽「ま…真姫ちゃん…」

真姫「絵里!」


にこ「とっ!!」

せーのっ!


絵里海未真姫にこ「穂乃果!!」
希ことり凛花陽「穂乃果ちゃんっ!!!」
穂乃果「私ですっ!!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:50:09.22 ID:FqRIprAf0
にこ「では、奇跡的に9票獲得した穂乃果と、5票を獲得した絵里…みんなが選んだ人狼はあなた達2人よ」


絵里「そう…」


穂乃果「うぅ…穂乃果たちをどーするつもり?」


にこ「さぁここから追い出すわ!」


絵里「分かったわ…」

花陽「絵里ちゃん…」


絵里「負け惜しみに聞こえるかもしれない。けれど、これだけは事実よ…私は人狼ではないわ」

凛「絵里ちゃん…」


にこ「…出て行きなさい。いいから早く!」


絵里「…」
穂乃果「絵里ちゃん…いこう?」


絵里「えぇ。そうね」
穂乃果「うん!」


絵里「みんなに神のご加護を…」


バタンッ


海未「出て行きましたね」
花陽「うん…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:55:27.02 ID:FqRIprAf0
真姫「何落ち込んでるの?これでこの部屋から人狼がいなくなったのよ?」

海未「そうです。むしろここは1番安全な場所です」


花陽「う、うん…」
凛「そう…なのかな」

ことり「そう…だよ。きっと」


希「待って!」

ことり「希ちゃん?」


希「何か違和感がある。それもとてつもなくすごい違和感が…」


海未「違和感…ですか?」


希「うん…何か、すごい違和感が」


花陽「ん?」

ギロリッ!


花陽「ピャア!!」
凛「どうしたの?」


花陽「い…いま…すごい殺気が…」

ことり「えぇっ!」


希「もしかして…うちも含めみんな人狼に弄ばれたのかもしれない」

真姫「どういうことよ!」


花陽「うぅ…こわいよぉ」
凛「かよちん落ち着いて!怖くないにゃ!」


希「待って…。今思えば、誰からも疑われずにここまできた人がいる…!」

凛「えっ…!」

真姫「疑われていない人…そんなのいないんじゃない?」

凛「違う…いるよ!誰からも疑われてないし、自分からアピールしてない人物が1人!それは絵里ちゃんでも真姫ちゃんでもないにゃ!」

ことり「えっ…じゃあ、まだ人狼はこの中に?」


花陽「うぅ…ううぅっ」
凛「かよちんどうしたの!しっかりするにゃ!」


「騎士にしか分からない殺気を感じてるんじゃない…?」


希「ま…まさか」
真姫「っ…!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 21:59:10.43 ID:FqRIprAf0
凛「くぅぅ…ではみんなもう一度行くにゃ!」

はいっ!

凛「せーのっ!」


人狼だーれだっ!!



にこ「人狼は…この私!矢澤にこよ」にこっ




花陽「ひぃぃっ!?」

希「やっぱり!」

ことり「にこちゃんが人狼!?」


真姫「まさか…にこちゃんが人狼だったなんて!」


凛「今考えると誰からも頼まれてないのに進行役をやってたのが怪しすぎるにゃ!」

真姫「たしかに…他の人に人狼ポインツを割り振ってたくせに自分は何もアクションを起こしてない!」

希「口数を少なくすれば真姫ちゃんのように疑われる…適度に発言をして自分に疑いがかからないように進める…さすがにこっちやね」



にこ「何とでもいいなさい!じゃあ…行くわよ穂乃果!」

穂乃果「がおー!!」



ことり「あっ!みんなで追い出したはずの穂乃果ちゃんがっ!」

希「まさか…じゃあエリチは!」


絵里「うっ…」バタッ


希「エリチ!」
りんぱな「絵里ちゃんっ!!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:01:03.55 ID:FqRIprAf0
希「しっかり…しっかりして!エリチ…!」

海未「すごい傷…追い出したあと穂乃果にやられたんですね」


花陽「そんなぁ!」

絵里「みん…な…」

希「ごめん…うち、エリチを疑って…信じてあげてたらこんなことに!」

真姫「私も…絵里を疑ったりしたから!」

海未「絵里…しっかりしてください!」


絵里「いいの…みんな…私はただの人間だけど…みんなのことを恨んではいないわ」

希「エリチ…」


絢瀬絵里 人間確定


凛「絵里ちゃん!」

花陽「しっかりして!!絵里ちゃん!」


絵里「みんな…生き…て…」

希「エリチィィィ!!」
真姫海未「絵里!」
凛花陽真姫「絵里ちゃん!!」


にこ「さぁ…次はあんた達よ」
穂乃果「がおー!」


矢澤にこ 高坂穂乃果 人狼確定
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:05:17.65 ID:FqRIprAf0
凛「た…食べられちゃう!このままだと凛達食べられちゃうよ!」

にこほの「がるぅぅぅぅぅ」


真姫「だめ…にこちゃん正気になって!」

ことり「穂乃果ちゃんも自分を取り戻して!本当は優しい人間…そうでしょ?」


穂乃果「がるぅぅ!」
にこ「そんな大昔のこととうに忘れたわ!」


凛「ひぃ!」

ことり「そんな…」


真姫「私たち…どうなるの」

希「エリチのようにみんな…」

海未「…」



花陽「大丈夫!みんな!私の後ろに隠れて!」

凛「かよちん!」


花陽「わたしがみんなを守る!」


にこ「…花陽。やっぱりあんたは騎士だったのね」

花陽「うん!」


小泉花陽 騎士確定


花陽「みんなを守ってみせる!」

凛「かよちん!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:12:14.41 ID:FqRIprAf0
にこほの「がるぅぅぅぅぅ!!!!!」

花陽「ひぃぃっ!?けど怖いよぉ…」


ことり「無理しないで!」

希「そうやね。無理は禁物や」


花陽「ううん。けどここで無理しないとダメなんだよ…私は騎士。みんなを人狼から守ります!」


凛「かよちん…!」


真姫「待ちなさい!」

花陽「真姫ちゃん…!危ないよ!私の後ろに隠れて!」


真姫「私も手伝うわ!人狼にやられてばかりなんて性に合わないし」


花陽「えっ…」


海未「真姫…?あなたの正体は一体…」


真姫「ふん!見てなさい人狼…。私の除霊的な力でやっつけてやる!」


りんぱな「!!!」

花陽「除霊…ってまさか」

凛「真姫ちゃん…霊媒師だったの?」


真姫「そう…私は霊媒師よ!」


西木野真姫 霊媒師確定
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:17:44.26 ID:FqRIprAf0
凛「霊媒師って除霊もできるんだ…」
希「びっくりやね」


花陽「ごめん真姫ちゃん…それなのに私…一度でも人狼だって疑ったりして…」

真姫「謝るなら後でにして!今、私達がやることを考えるのよ!」

花陽「そうだ…私がやることは…うん!」

真姫「立ち去りなさい…はんみゃー…ぶつぶつ…立ち去りなさいっ!!」


にこ「っ…!霊媒師がいかにも振っていそうな棒のやつを持って応戦ってわけね!」


穂乃果「うぅ…鏡餅の飾りみたいな白い紙のやつがくっついてる棒のやつを振られたんじゃ近づけないよ!くぅぅ…霊媒師真姫ちゃんめ…」


真姫「2人とも立ち去りなさい!」


凛「やったぁ!これで人狼を一網打尽にゃ!」


海未「真姫、危ないっ!」

ギュッ


真姫「ッヴェェ?な、なによ!急に抱きついたりなんかして!」


凛「まさか愛の告白!?」
花陽「えぇ!!」
希「ううん…違うっ。まさか…!!」


海未「今です!穂乃果!」

真姫「はぁぁ?裏切るってわけ!」


海未「はい。そのつもりです」にこっ

穂乃果「海未ちゃん!」

にこ「あんた…なんでこんなこと!」


海未「ふふっ…ははっ、あーっはっはっは!」

凛「海未ちゃんがおかしいにゃ!」

希「恐らく…あれはもう1人の海未ちゃん。」

ことり「やっぱり海未ちゃんは…」

海未「今の私は海未ではありません。海未ではない…もう1人の私」


ことり「多重人格!」


園田海未 多重人格確定
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:28:15.78 ID:FqRIprAf0
海未「海未なら何と言うか分かりませんが、今の私はこう思います。何もかもなくなればいい…さぁ穂乃果!出番です!」


穂乃果「うん!いっくよぉぉ!がぶっ!!」

真姫「きゃあっ!」


花陽「真姫ちゃん!」
凛「真姫ちゃーん!!」


真姫「っ…みんな…逃げて…」バタッ


りんぱな「真姫ちゃん!」

希「真姫ちゃんまで…」
ことり「そんな…」

穂乃果「ナイスフォローだよ!海未ちゃん!」
海未「はいっ」


にこ「…ふっ」


がぶっ!


海未「っ!!」

穂乃果「えっ…海未ちゃん!!」

ことり「海未ちゃん!」


海未「何故…わ…たしを…」バタッ


凛「海未ちゃぁぁぁん!!!」

穂乃果「どうして海未ちゃんを…」

にこ「いい?私たちは人狼…私達に人間の仲間なんていないし人間の味方なんていらない!」


穂乃果「それは…」

にこ「忘れたの?私達がされてきた仕打ちを…人狼だというだけで嫌われ傷つけられてきた。それも全て人間のせい!私は人間を許さない…たとえそれが味方でもね」


穂乃果「…うん。そうだね。人間なんていつも…」


ことり「それでも…穂乃果ちゃんの未来は明るいよ」



穂乃果「えっ…」

ことり「だってほら、私が何度占っても穂乃果ちゃんには幸せな未来しか待ってないから」


穂乃果「…そんなはずないよ。だって今までずっと…」

ことり「私の占い…すごく当たるんだよ?だって占い師だもん」


南ことり 占い師確定
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:32:32.21 ID:FqRIprAf0
ことり「ねぇ穂乃果ちゃん…一緒にきて…この先ずっと2人で生きていこう」

穂乃果「…」


ことり「どんなに酷いことされても私だけは穂乃果ちゃんの味方…ううん。私と海未ちゃんはずっと穂乃果ちゃんの味方だよ」

穂乃果「ことりちゃ…」


ことり「…ねっ?ほら、私の手を握って」

穂乃果「ことりちゃん…うん!」


「裏切り者」

穂乃果「へっ…」


にこ「がぶっ!」
穂乃果「うわぁ!やーらーれーたぁぁ…」バタンッ

ことり「ほのかちゃん!」

にこ「こっちもがぶーっ」

ことり「はぅぅぅ…ん!」バタッ


花陽「ことりちゃん!穂乃果ちゃん!」

希「なんてことを…」

凛「一度に2人も…それに、穂乃果ちゃんは仲間でしょ!」



にこ「言ったはずよ。私達に仲間なんていない。たとえそれが同じ人狼だとしても」


花陽「ひどい…ひどいよ!」

にこ「…」


穂乃果「…ことりちゃ」
ことり「はぁはぁ…ほのかちゃ…」

穂乃果「…向こうの世界で謝ったら絵里ちゃん許してくれるかな?」

ことり「うん…あたりまえだよ。」


穂乃果「本当に?穂乃果…ひどいことしちゃったから」


ことり「大丈夫。許してくれるよ…絵里ちゃんも海未ちゃんも…」


穂乃果「ことりちゃん…ずっと一緒だ…」

ことり「…うん。ずっと一緒…」


穂乃果「ことりちゃん…穂乃果、すごく幸せだよ…」
ことり「ふふっ…ほら、言った通りだったでしょ?」


穂乃果「うん…そうだ……っ…」

ことり「っ……っちゃ…」


凛「ことりちゃん!穂乃果ちゃぁぁん!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:38:10.28 ID:FqRIprAf0
にこ「ふんっ。くだらないわね」

希「くだらない…?」

にこ「くだらないでしょ?人間に情を持つからこうなるのよ…ばっかじゃない」

花陽「ばか…?」
にこ「そうよ。ばかみたい」


花陽「…許さない。これ以上、犠牲者は出しません!」


にこ「ふぅん…花陽1人で私に勝てる?」



凛「1人じゃないにゃ!凛は人間だけど…それでもかよちんのお手伝いくらいならできる!」


星空凛 人間確定


希「うちもごく普通の人間やけど…エリチの敵…それに、みんなの敵をとる!」


東條希 人間確定


にこ「ふんっ…だったらかかって…んっ!」

がしっ!ギュッ!


にこ「んっ…!なによこれ…んっ!!」


凛「あれ…にこちゃんの様子がおかしいにゃ」


にこ「か…体が動かない…なんでなの!」


「今よ!花陽!」

花陽「この声は…」


のぞりんぱな「真姫ちゃん!!」


真姫(透)「さぁ!私が抑えてる間に人狼にこちゃんにとどめを刺して!」

花陽「真姫ちゃん!」


希「真姫ちゃんは霊媒師…やられてもなんやかんやで霊媒師の力を使ってこの地上に戻ってきたんやね!」


真姫(透)「そう!霊媒師の力を使ってちょっと透けてるけど、透けてるついでにちょっとの間だけ生き返ったの!」


凛「真姫ちゃんナイスにゃ!」

真姫(透)「花陽…ほら早く!!」

希「花陽ちゃん!」


凛「かよちんいっくにゃぁぁぁぁ!!!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:40:04.58 ID:FqRIprAf0
花陽「うん!いきます!!」


にこ「いいいいいいやぁぁぁぁぁぁ!!!」


花陽「ピャア!」


ぺち


にこ「うぅっ!」


花陽「あっ…ごめん…痛かった?」



にこ「いぃぃやぁぁぁらぁぁぁれぇぇたぁぁぁ…がくっ」


バタッ


花陽「あっ…勝った」

凛「勝った…勝ったよみんな!」


希「うんっ。では結果発表をお願いします」


にこ「任せなさい!!」むくっ

凛「あ、起きた」


穂乃果「任せたよにこちゃん!」


にこ「ドキッ!μ's対抗人狼ゲーム大会勝者は…人間たちの勝ち!!」



凛「わーい!やったにゃー!」

希「大勝利やね」

花陽「やったね、凛ちゃん」

凛「うんっ!」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:49:07.34 ID:FqRIprAf0
絵里「特別功労賞は真姫ってところかしら」

海未「はい。穂乃果に命を奪われたにも関わらず霊媒師として生き返る場面は脱帽でした」


にこ「ふんっ。ま、今回だけ特別功労賞をあげてもいいわ」

穂乃果「だって、真姫ちゃん!人狼ゲーム特別功労賞は真姫ちゃんだよ!」

凛「みーんな納得の功労賞にゃー」


真姫「別に嬉しくないけど」

凛「またまたー、素直じゃないにゃー」


真姫「はぁぁ?ちょっと凛、それどういうこと!」

花陽「ふふっ、おめでとう!真姫ちゃん」


希「もちろんっ。最下位は1番最初に疑われたエリチやね」


にこ「そこは私も同意見だわ」

絵里「そうね…何も言い返せないわ」

凛「これもみーんな納得にゃー」


あはははははははー


ことり「では…今回の結果のまとめをお願いします」


穂乃果「うん!では、人狼ゲームを終わらせるための人狼ゲーム川柳を作りました。」

にこ「川柳は人狼ゲームを終わらせるのに必要不可欠なものですわね、穂乃果さん」
穂乃果「そうですね。にこさん」


にこ「ごきげんよう」
穂乃果「ごきげんよう」
凛「ごきげんよう」

絵里「な…何?それは?」
海未「なんでしょうか…」


穂乃果「オホンッ。ではいきます」


霊媒師
ちょこっと透けて
戻ったよ


穂乃果「です!以上!人狼ゲーム終わり!」

りんぱな「わー」ぱちぱち
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:51:46.20 ID:FqRIprAf0
穂乃果「ふぅ…さすがにあれだけ長い説明書だった分、ルールが複雑だったねー」

にこ「そうね。即興寸劇パートなんか鬼気迫るものもあるし…やりながらこのゲームは流行ると実感したわ」


凛「ねぇみんな!もう一回やろうよ!」


希「うん!賛成!」

ことり「うん!楽しかったしもう一度やろうやろうー」

真姫「別にいいけど…あと一回だけよ?」

絵里「次は負けないわ」

海未「そうですね。次は最後まで生還していたいものです」


花陽「じゃあみんなでがんばろー!」


にこ「ほら、みんなで配役のカードを引きなさい!」

ひきました!


にこ「じゃあいくわよ…!」

穂乃果「では人狼ゲーム…はじめ!」


ピーッ

にこ「あの手この手を使って人狼をみつけだすわよ!まず…凛!」

凛「にゃ?」

にこ「好きな食べ物は?」


凛「ラーメンにゃ!…あっ」


海未「ラーメンにはチャーシューが入っています」

希「よって!」


花陽「凛ちゃんに300人狼ポインツだよ」

凛「うぅぅ…相変わらずラーメン好きには不利なゲームにゃー」


あはははははー


おしまい
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/30(火) 22:52:25.67 ID:FqRIprAf0
以上です
ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「人狼ゲームよ!」凛「にゃ?」穂乃果「へ?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「人狼ゲームよ!」凛「にゃ?」穂乃果「へ?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。