善子「梨子さん、アレ取って」

シェアする

善子-アイキャッチ10
曜(期末試験を明後日に控えた今日は!スクールアイドルたる者赤点はぶっぶーですわ!というわけで部室でみんなで勉強をしているのであります!!ヨーソロー!!!)


善子「梨子さん、アレ取って」

梨子「また忘れたの?はい」

善子「ありがと」カキカキ

千歌「…………」

pixiv: 善子「梨子さん、アレ取って」 by ュキドケ

スポンサーリンク


ーー
ーーー

梨子「あっ、善子ちゃん」

善子「だからヨハネよ」

梨子「私のバックからアレ、取ってきてくれない?」

善子「全く、仕方ないわね」テクテク

善子「はい、これでしょ」

梨子「ありがとう善子ちゃん」

善子「うん」



千歌「ちょっと待った」

善子「なに?」

梨子「どうしたの千歌ちゃん?」

千歌「あのさ、さっきから二人のやりとり見てたんだけどさ…」

千歌「なんで二人とも『アレ』で求めてる物がわかるの?」

曜「あっ、たしかに。さっき二人とも完全に意思疎通してたよね?」

梨子「そう?」

善子「普通じゃない?」

千歌「普通じゃないよ!まるで熟年カップルみたいなやり取り見せられてたよ!」

善子「そんな熟年カップルって、私たち女の子よ?」

梨子「そうよ、女の子同士が付き合うなんてありえないじゃない」

千歌「梨子ちゃんには言われたくないセリフだったなぁ…」

ダイヤ「ほらみなさん、手が止まってますわよ」

千歌「えぇーダイヤさんは気にならないの?今のやりとりー?」

ダイヤ「別にいいじゃありませんかそれくらい出来ても、ねぇ曜さん」

曜「うん、よくあることじゃないかな?」

千歌「えぇ〜そうかなぁ?」

花丸「そのくらいならまる達もできるずら!」

千歌「えっ!そうなの!?」

花丸「そうずら!ねっ、ルビィちゃん!!」

ルビィ「うゅ!!」

花丸「ルビィちゃん!今オラが食べたい食べ物は!!!」

ルビィ「のっぽパン!!」

花丸「大正解ずら流石ルビィちゃん!!」

ルビィ「任せルビィ!!」

千歌「いや、それなら千歌にも出来るような…」


ガチャ


鞠莉「ソーリー!遅れちゃったわ!」

果南「ん?みんなして何してるのかなん?」

千歌「あっ!聞いてよ二人とも実はね!」

カクカクジカジカ



果南「ふーんなるほどねぇ」

鞠莉「それなら私と果南でも余裕デース!」

千歌「好きな食べ物とかはだめだよ?」

鞠莉「もちろん!果南!理事長室からア・レ取って来てほしいな♡」

果南「任せて鞠莉!ちょっと待っててね!」ピュ-



千歌「ねぇねぇちなみに鞠莉ちゃんは何頼んだの?」

鞠莉「ふふふ、この前二人で遊んだ時に買ったお揃いの写真立て♡私と果南のツーショット写真が入ってる大切な大切な思い出の詰まった物だから間違いないわ♡」

ダイヤ「あなた理事長室になんてもの置いてますの…」

果南「おまたせ鞠莉!!」

千歌「早っ!?」

鞠莉「オーケー果南!!さぁ私と果南の愛を見せてあげましょう!!」



果南「この前出掛けた時に買った私の大好物!わかめキャンディー!!」

鞠莉(無言のビンタ)パシ-ン

果南「」ヒリヒリ

千歌(うわぁー!本気のやつだぁーー!)

鞠莉「私が…!」

鞠莉「私が果南を思う気持ちを!甘く見ないで
!!」

千歌(あぁー!名シーンが台無しだぁー!!)

果南「だったら…だったら素直にそう言ってよ!」

果南「アレとかソレとかじゃなくて…ちゃんと言ってよ!!」

千歌「いや、それだと意味が…」

鞠莉「だよね…」

鞠莉「だから……」ホッペスッ

果南「…………」スッ

千歌(ドキドキハラハラ…)

鞠莉「…………」グッ

果南「…………」




鞠莉『ねぇ、果南あの写真立て可愛くない?』

千歌「えぇっ!?回想入るのぉ!?!?」

果南『うーん、たしかに可愛いけどちょっと恥ずかしくない?』

鞠莉『えぇー!そんなことナッシング!お揃いで買お?』

果南『でもなぁー』

鞠莉『もう!買わないならいつものアレしないよ!』

果南『えぇー!それはずるいよぉ鞠莉!』

鞠莉『ふふ、じゃあ購入決定デース!』

果南『もう鞠莉は…』

鞠莉『じゃあ約束のアレしてもいいよ?』

果南『えっ!ここで?』

鞠莉『そうよ!ほらっ!』

果南『全く…ほらっ鞠莉』



果南『ハグ……しよ?」

鞠莉「……!」

鞠莉「かっかなぁーーーん!!!」ハグ-

果南「ごめんね鞠莉…写真立て。一緒に取りに行こ?」

鞠莉「果南!?わかってくれたの…!」

果南「うん、気づかなくてごめんね」

鞠莉「いいの…ノープロブレムよ果南」

果南「鞠莉…」







ダイヤ「良い話ですわ…」ホロッ

千歌「えぇ〜……」

鞠莉「じゃあみんなごめんね!私達理事長室に戻るわ!」

千歌「今日はもうそのまま解散でいいですよ…」

果南「ほんと?なんかごめんね」

鞠莉「じゃあねみんなー!」

果南「また明日ねぇー!」



ガチャ


千歌「はぁ…なんか疲れた…」

ダイヤ「千歌さん、いつまで遊んでるんです?早く勉強に戻りなさい」

曜「そうだよ千歌ちゃん!次は数学だよ!」

千歌「えぇー!?ダイヤさんもさっき泣いてたじゃん!?」


ーー
ーーー

ダイヤ「じゃあ今日はここまでにしましょう」

曜「そうだね!もう外も真っ暗だし!」

千歌「全然進まなかった…」

ダイヤ「自業自得ですわ」

千歌「えぇー!」

ダイヤ「ほらみなさん、片付けて帰宅の準備ですわよ」

ハ-イ!

梨子「善子ちゃんは勉強進んだの?」

善子「このヨハネの手にかかれば勉強なんで造作もないわ」

梨子「ほんとに?」

善子「うっ…………」

梨子「…………」


ーー
ーーー

ダイヤ「じゃあ私達はここで」

花丸「また明日ずら!」

ルビィ「じゃあねー!」

マタアシタ-!




曜「あっ!待ってダイヤちゃん!」

千歌(ダイヤ……ちゃん!?)

ダイヤ「よっ曜ちゃん!そんなみんなの前でダイヤちゃんと呼ばないで///」ヒソヒソ

曜「ごめんごめん!これこの前旅行行った時の写真だよ!」ヒソヒソ

ダイヤ「まぁ…!ありがとうございます曜ちゃん!」ヒソヒソ

曜「今度遊び行く時はアレ持って行くね!」ヒソヒソ

ダイヤ「まぁ!とっても楽しみですわ!」ヒソヒソ

曜「じゃあまた今晩電話するね♡」ヒソヒソ

ダイヤ「はい!お待ちしてますわ♡」ヒソヒソ



曜「みんなお待たせー!」テクテク

千歌「よっ曜ちゃん、曜ちゃんってもしかしてダイヤさんと…」

曜「んっ?どうしたの千歌ちゃん?」

千歌「いや、何でもないないやぁ…ははは」

曜「ん?変な千歌ちゃん♪」

千歌「はははー……」


ーー
ーーー

曜「あれ?善子ちゃん今日はバスじゃないの?」

善子「ヨハネ!今日はこのまま梨子さんの家で勉強していくわ」

千歌「えっ!それってまさか!」

曜「お泊まり勉強会!いやぁ!熱々ですなぁー!」

梨子「そんなんじゃないわよ。善子ちゃんがこのままだと赤点になりそうだから私が仕方なく見てあげるの」

善子「何仕方なくって。別に私は頼んでなんかないからこのまま帰ってもいいんだけど?」

梨子「そう?なら帰れば?」

善子「は?本気で言ってんの?」


千歌(二人共涙目じゃん……)


曜「わー!わー!ごめんねからかっちゃって!!じゃあ善子ちゃんも梨子ちゃんも勉強頑張ってね!バス来たから私帰るね!じゃーねぇー!」

千歌「曜ちゃんまたねー!」

千歌「じゃっじゃあ私達も家まで帰ろうか」

梨子「そうね」(涙目)

善子「えぇ…」(涙目)

千歌(空気が…)


ーー
ーーー

梨子「じゃあまたね千歌ちゃん」

千歌「うん!梨子ちゃんも善子ちゃんも勉強頑張ってね!」

善子「ふふふ、勉強?そんなものしなくても私の堕天使の力があれば」

梨子「早くしないと置いてくわよ〜」テクテク

善子「あっ!ちょっちょっと待ちなさいよ!!また明日ー!」

千歌「ははは、善子ちゃんまたね〜」


ーー
ーーー

梨子「ただいまぁ」

善子「おっおじゃまします」

梨子ママ「おかえりなさい。あっ善子ちゃんまた来てくれたの?」

善子「すいません、前の休みの日にもお邪魔したのにまた来ちゃって…」

梨子ママ「うちは全然平気よ!それに善子ちゃん来ると梨子も嬉しそうだし♪」

梨子「なななに言ってるのよママ!?もう!私達部屋で勉強してるから入って来ないでね!」

梨子ママ「はいはーいごゆっくりぃ〜♪」



トタトタ

ガチャ


梨子「…………」

善子「…………」

梨子「よ………」

善子「リ………」

梨子「よっちゃーーーーーーん!!」ダキッ

善子「リリィーーーーー!!」ダキッ

梨子「ごめんねよっちゃん!さっきあんな冷たい言い方しちゃって!!よっちゃんに来て欲しくないなんて私これっっっっぽっちも思ってないから!!」

善子「私もよリリー!私リリーの家に行きたくないなんて思ったことないから!ほんと毎日一緒に居たいと思ってるからね!!」

梨子「うわぁーーーん!よっちゃーーん!!」

善子「うわぁーーん!リリーーー!!」


ーー
ーーー

梨子「…よっちゃん落ち着いた?」

善子「うん…リリーは?」

梨子「私も、ごめんね制服シワついちゃった?」

善子「大丈夫よ…私リリーに嫌われたんじゃないかって心配で心配で…」

梨子「私がよっちゃんを嫌いになるわけないじゃない、私も心配だったんだからね?」

善子「私もリリーを嫌いになるわけないでしょ?貴女と私の契約は永遠よ…」

梨子「よっちゃん……」

善子「リリー……」



梨子「…………」グイッ

善子「だっダメよリリー…このまましたら制服が…」

梨子「私よっちゃんの制服がはだけた姿も見てみたいな…」

善子「もう…困ったリトルデーモンなんだから…」

梨子「私のかわいいかわいい堕天使さん…♡」


アッ♡




ーーーーーー

千歌(せめてカーテンは閉めてほしかったなぁ…)


ーおわりー





[おまけ]

千歌「だぁぁー!てかなんだこれ!?Aqoursっていつからこんな百合百合になってるんだ!?」

千歌「鞠莉ちゃんに果南ちゃん。ルビィちゃんに花丸ちゃん。曜ちゃんとダイヤさん。梨子ちゃんと善子ちゃん…」

千歌「…あれ?Aqoursでノーマルなの私だけ?」

プルルルル

千歌「あっ、電話」

千歌「もしもし?」

聖良「聖良です。お久しぶりです千歌さん。」

千歌「聖良さん!お久しぶりです!」

聖良「どうですかその後練習の方は?」

千歌「いやぁ〜それが大変で大変で」

聖良「もうすぐライブですもんね。そういえばこの前話してたアレはどうでした?」

千歌「あぁー!アレすごくよかったですよ!聖良さんの言う通りでした!!あとアレとアレも良かったですね!」

聖良「ほんとですか!アレの組み合わせもいいですからね!千歌さんがアレを気に入ってくれたみたいでよかったです!」

千歌「はい!アレが………アレ……あぁーーーー!!!」

聖良「わっ!?どうしたんですか千歌さん!?」

千歌「こういうことだったのか…」

聖良「ん?千歌さん?」

千歌「聖良さん!!」

聖良「はっ!はい!!」

千歌「せっ聖良さんって……女の子同士の恋愛ってどう思いますか……///」

聖良「えっ……えぇぇぇぇーーー!!!!!」

ネ-サマウルサイッテ-


ーおまけおわりー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「梨子さん、アレ取って」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)