ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:03:58.18 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「ほら梨子さん、グラスが空ですわよ? 私が注いであげますわ」

梨子「えっ、そそ、そんな、悪いですよー」

ダイヤ「まぁまぁそう遠慮なさらずに、どんどん飲んでくださいな」

梨子「えへへ、ありがとうございます――んんーっ! うまいっ! やっぱりハイボールはさっぱりしてていいね!」

ルビィ「お姉ちゃん? 曜ちゃんのグラスも空になってるよ?」

ダイヤ「ああっ!? す、すみません曜さんっ! 私としたことが、気が付きませんでしたわ……」

曜「い、いえ、そんな気にすることでは……」

ルビィ「お姉ちゃんっ! ちゃんと曜ちゃんに謝って?」

ダイヤ「も、申し訳ございませんでした~!」

曜「ちょっ! や、やめてよダイヤちゃん! 顔を上げてよ……」

梨子「曜ちゃんっ! 先輩になんてことさせるの!」

曜「い、いや違くてー……」

曜(……なんでこんなことになったんだっけ?)

元スレ: ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:07:59.92 ID:6kKh0A/A
1時間前くらいの話――


ダイヤ「……しかし、急なお話でしたわね。『一緒にお酒が飲みたい』だなんて」

梨子「いやまぁほら、最近なかなか会う時間ってなかったじゃないですか。もしよかったらどうかなーと思って」

曜「梨子ちゃんがいきなりごめんなさい……あの、嫌でした?」

ダイヤ「いえ、そういうわけではありませんが……」

ルビィ「お姉ちゃん、すっごい嬉しいそうでした!」

ダイヤ「ちょっ、ルビィ何を言って――!」

ルビィ「だってお姉ちゃん、物凄いニヤついてたじゃん! ルビィには分かるよ……お姉ちゃん、なかなか人から誘われたことないから、すっごい嬉しかったんだって!」

梨子「そうですか、なら問題なさそうですね」

ダイヤ「何をあっさりと……はぁ、まぁ仕方ないですわね」

曜「ごめんね、ほんといきなりで……でも、私もダイヤちゃんに会えて、今日は嬉しいよっ。せっかくだし、盛り上がっちゃおう?」

ダイヤ「曜さん……ま、まぁ? 私もお二人に会えて嬉しいですし……せっかく、ですしね?」

ルビィ「ふふ、お姉ちゃん、素直じゃないんだから」

梨子「よーし、そうと決まれば早速飲もう! 朝まで飲んじゃおう!」

曜「毎回言うけど梨子ちゃんはセーブしてね?」
3: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:14:32.35 ID:6kKh0A/A
梨子「というかルビィちゃん、お酒飲めるの?」

ルビィ「の、飲めますよ! ルビィももう二十歳ですよ? お酒の1つや2つくらい飲みます!」

ダイヤ「私も意外だったのですが……こう見えてルビィ、なかなかお酒に強いようなのです」

曜「へぇ~そうなんだ。ちなみに2人は好きなお酒とかあるの?」

ダイヤ「私はこれといって好きなのは……まぁ、強いて言えば日本酒でしょうか」

梨子「なんかすごい似合いますね、日本酒。ルビィちゃんは?」

ルビィ「好きなお酒ですか……? えと……最近はハイボールとかよく飲みます!」

曜「ハイボールかぁ……実は飲んだことないんだよね」

ルビィ「そうなんですか? とってもさっぱりしてて、私は飲みやすいと思うんです! シュワシュワ~って感じで、飲んでて気持ちいいですよ?」

曜「ほえ~そうなんだ……今度試しに飲んでみようかな」

梨子「曜ちゃん、今度といわず今飲めばいいじゃない」

曜「えっ、でもうちにハイボールはなかった気が――」

ドンッ

梨子「……」ニコニコ

曜「……なにこれ?」

梨子「シャイニー角・ウィスキー」

曜「……名前どうにかならなかったのかな?」
4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:20:45.15 ID:6kKh0A/A
曜「というかいつの間に買ってきてたの? 今までなかったよね、これ?」

梨子「この間買い物行ったときについでに買ったの。大丈夫、ちゃんと炭酸も買ったよ?」

曜「何が”ちゃんと”なのさ……家計が厳しくなってきたのに……」ブツブツ

ルビィ「ま、まぁいいじゃないですか! ルビィ、ハイボール飲みたかったので嬉しいです! 今日はパーッと飲みましょうよ!」

梨子「お、ルビィちゃん分かってるねー。じゃあ張り切って作っちゃおうかな?」

ダイヤ「あのぉ……私のもその、はいぼーるをいただけませんか? ルビィがそこまで好きなお酒なので、少し気になりまして……」

梨子「もちろんいいですよ? 曜ちゃんも飲む?」

曜「うん、せっかくだし飲んでみようかな」

梨子「よしっ! じゃあ今日はおいしいハイボールを皆に作りましょう! ハイボール作りなら、この梨子ちゃんにお任せあれ!」

ルビィ「うわぁ、楽しみ~」

ダイヤ「やたら張り切ってますのね……」

曜「梨子ちゃん、2人と一緒の飲めるのが嬉しいみたい。いつかこうして、Aqoursのメンバーとお酒が飲めればなって、ずっと言ってたから」

ダイヤ「そうでしたの……」

曜「うん、だから今日は楽しんでいってよ。私も、一緒に飲みたかったのは確かだし」

ダイヤ「……ええ、今日は、少し羽目を外させていただきますわ。ねぇ、ルビィ?」

ルビィ「うんっ! ルビィもすっごい楽しみだったので、今日はとことん付き合いますっ!」

曜「ふふ、ありがとう……あ、でも梨子ちゃんには気を付けてね? きっと面倒くさいから」

ダイヤ・ルビィ「「……?」」
5: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:28:12.93 ID:6kKh0A/A
梨子「はい、2人ともお待たせー。梨子ちゃん特製のハイボールです」

ルビィ「ありがとうございます! では早速いただきますね」

ダイヤ「では私も……」

ゴクゴク――

梨子「……どう?」

ルビィ・ダイヤ「「お、おいしい!」」

梨子「ふふ~ん、そうでしょ?」

ルビィ「はいっ、何て言うか……お店で飲むハイボールみたいです!」

ダイヤ「ええ、私も初めて飲みましたが、なかなかいけますわね」

梨子「そうでしょ? ウィスキーをおいしく飲むなら、やっぱりハイボールだよねー。――ぷはぁ! 炭酸が染みわたるー!」

曜「うーん、確かにさっぱり……でも、やっぱりウイスキーの感じがあるね。私はちょっと苦手かもなぁ……」

梨子「なるほど……じゃあこれならどうかな?」

曜「ん? これは……」

梨子「ジンジャーエールでウィスキーを割った、”ジンジャーハイボール”だよ? これなら結構飲みやすくはなるはず……はい、どうぞ。飲んでみて?」

曜「ありがとう……――あっ、これなら飲みやすいかも!」

梨子「ふふ、よかったぁ。他にもコーラで割る飲み方もあるから、いろいろ試してみるといいよ」

ダイヤ「ふむ……では私はコーラで割って飲んでみましょうか」

ルビィ「あっ、じゃあルビィはジンジャーハイボールが欲しいです……!」

梨子「はいはい、ちょっと待っててねー」
7: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:36:53.51 ID:6kKh0A/A
曜「うーん、ウィスキーでも結構いろんな割り方があるんだね」

ダイヤ「ええ、なかなかおいしかったですわ」

ルビィ「ルビィも初めて飲んだけど、こういう飲み方もいいですね!」

梨子「もちろん炭酸だけじゃなくて、他にも色んな飲み方はあるけど……ま、それはまた今度ということで。それよりも皆さん、お腹が空いてきたんじゃないの?」

ダイヤ「そういえば……そうですわね」

ルビィ「え、えと……実はルビィも……」

梨子「ふふ……実は曜ちゃんには、このお酒にぴったりの料理をお願いしていたのです。曜ちゃん、そろそろ”アレ”持ってきてもらえる?」

曜「ん? ……あー、はいはい。アレね、ちょっと待っててー」

ルビィ「アレ? アレってなんですか?」

梨子「まぁまぁ、見たら分かるって」

曜「――はい、皆さんどうぞー」

ルビィ「えと、これは……」

ダイヤ「……鶏のから揚げ、ですか?」
9: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:48:21.80 ID:6kKh0A/A
梨子「そう、鶏のから揚げ! ハイボールには本当によく合うんです!」

曜「それで私に作らせたのか……」

梨子「鶏のから揚げを食べて、ハイボールで喉を潤す――ぷはぁっ……」

梨子「……さいっこう」

ルビィ「!? た、確かにすごいです、これ!」

ダイヤ「こ、これは……驚きましたわ」

曜「そんな大げさな……普通のから揚げだよ?」

梨子「まぁまぁ、曜ちゃんも一緒に食べてみてよ」

曜「うん……――うおっ、すっごいおいしい! 確かに、このお酒にすごく合うね、から揚げって」

梨子「でしょでしょ? しかも作ったのが曜ちゃんだし……うまくないわけがない!」

曜「……素直に照れることさらっと言うね、梨子ちゃん」

梨子「だって本当のことだよ……曜ちゃんが作ってくれたから、こんなにおいしいんだよ? 」

曜「は、恥ずかしいよ、2人が見てる前なのに……」

ダイヤ「……」

ルビィ「……」

ダイヤ「love、ですわ、ルビィ」

ルビィ「love、だね、お姉ちゃん」
14: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 00:53:10.59 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「ゴホン! ちなみにですが……」

曜・梨子「「……?」」

ダイヤ「そのー……やはりお2人は、そういう関係ですのね? 鞠莉さんや果南さんから聞いてはいましたけど……」

曜「えっ!? あ、いやまぁ、その……何というか……私たちは――」

梨子「恋人同士でーす!」

ルビィ「やっぱりそうなんだっ!」

曜「梨子ちゃんっ!? そ、そんな堂々と言わなくても……」

梨子「でも本当のことじゃん」

曜「それは……そうなんだけどさぁ……」

ダイヤ「別に恥ずかしがることではありません……お互いに想い合うということ、とても素晴らしいことだと思いますわ」

ルビィ「うんっ、ルビィも良いと思う! 2人のこと、 応援してるからっ!」

梨子「ありがとう、ダイヤさんにルビィちゃんっ! もう、曜ちゃんは照れ屋なんだからー」ワシャワシャ

曜「わわっ、頭わしゃわしゃするなー!」

ダイヤ「……だからといって目の前でイチャつかれると、なんだか困りわすわね」

ルビィ「ルビィもそう思う……でも、照れてる曜さんってなんか珍しい……かわいいですね!」

梨子「そーでしょ? かわいいでしょ? 照れ屋な曜ちゃんはほんっとかわいいのよー」ナデナデ

曜「頭撫でなるなー!」

梨子「んんーもう曜ちゃんかわいい~……すきすきぃ~」

曜「……」

ルビィ「ていうか梨子ちゃん、すごい酔ってる……?」

ダイヤ「梨子さん、酔うとこうなるのですか?」

梨子「にへぇ~、酔ってないですよ~」

ダイヤ「……酔ってますわよね?」

曜「うん……これがいつも通りですね……」
15: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:00:35.70 ID:6kKh0A/A
梨子「ねぇ曜ちゃ~ん、次の料理はぁ?」

曜「あーはいはい、今持ってくるから待っててー……それにしても、大分減ったなぁ料理」

ルビィ「はっ! 気が付いたらさっきからお箸が止まっていなかったです……」

ダイヤ「いえ、あのっ……あまりにも料理がおいしかったので……つい食べ過ぎてしまいましたわ」

曜「ううん、気にしないで。私も喜んでもらえて嬉しいから。でもダイヤちゃん、さっきからずっと飲んでるし食べてるね……実は大食い?」

ダイヤ「いえ、普段はそうでもないのですが、何ででしょう……曜さんの作った料理がおいしいからでしょうか?」

梨子「ダイヤさんにも分かりますか、曜ちゃんの料理の良さが!」

ダイヤ「なんですか急に……確かに、すごくおいしいと思いますよ、曜さんの料理は」

梨子「ですよねっ! いつもすごいもの作ってくれるから、毎日の夜ご飯がもう楽しみで楽しみで……幸せなんです……」

ダイヤ「……なんですか、惚気ですか」

ルビィ「でも本当においしいよね、曜ちゃんのお料理! ルビィも、これくらい作れるようになりたいなぁ」

曜「あ、そしたら今度料理教えてあげようか? 曜ちゃん直伝の海鮮料理を教えてあげるよ!」

ルビィ「本当? やったぁ!」

梨子「ずるーい、曜ちゃん私には教えてくれないくせにー」

曜「梨子ちゃん、料理覚える気ないじゃん……」

梨子「だってー……曜ちゃんの料理を毎日食べたいし、私、そんなに上手じゃないし……」

曜「梨子ちゃんの料理も食べてみたいんだけどなー」

梨子「チンでいいならできるよ?」

曜「それ料理じゃないからね……」
19: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:05:24.75 ID:6kKh0A/A
梨子「……う、うぃ……ぃ……」

曜「梨子ちゃん、大丈夫?」

梨子「うぅ……飲み過ぎたし、食べ過ぎた……」

曜「さっきからずーっと飲んでたもんね……それに比べて2人は、まだまだ大丈夫そうな感じなんだけど」

ダイヤ「わ、私ですか? まぁ、お酒は強い方ですので」

ルビィ「ルビィもまだまだいけます!」

梨子「くっ……まさか黒澤姉妹に負けるとは……」

曜「梨子ちゃんそもそも強くはないでしょ……でも、2人が強かったのは意外かも、特にルビィちゃんは」

ルビィ「そうかなぁ? これくらい普通だと思うけど。さて、ルビィはもう一杯……あれっ? もうウイスキーがない?!」

曜「あ、本当だ、もう空になっちゃってる。随分飲んだもんねー」

ルビィ「うゆ……まだ飲みたかったのに……」

曜「あーちょっと待って? 確か冷蔵庫にまだチューハイが残ってたはず……」

ルビィ「……お姉ちゃん?」

ダイヤ「はい? な、なんですか、ルビィ」

ルビィ「……買ってきて?」

ダイヤ「……はい?」

曜「……ん?」

ルビィ「……お酒、新しいの買ってきて?」

ダイヤ「……はいい?」
20: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:08:22.29 ID:6kKh0A/A
ルビィ「お姉ちゃん、新しいお酒、買ってきてよ」

ダイヤ「いや、あの……曜さんが持ってきてくれるではないですか、チューハイを」

ルビィ「ルビィ、ハイボールが飲みたいの」

ダイヤ「は、はぁ、そうですか……でももうウイスキーは空になってしまいましたから――」

ルビィ「お姉ちゃん、買ってきてくれるよね?」

ダイヤ「えっ……あの……」

ルビィ「……買ってきて、くれるよね? お姉ちゃん?」

ダイヤ「あ、あ……」

曜「ちょ、ちょっとルビィちゃんどうしたの? お酒だったら私が買ってきて――」

ダイヤ「……よ」

曜「……よ?」

ダイヤ「……喜んで買いに行かせていただきますわー!」ダッシュ

曜「……へ?」

ルビィ「えへへ、優しいお姉ちゃんだぁいすきぃ……えへへ」

梨子「……どったのルビィちゃん、なんかスイッチ入ってない?」

曜「う、うん……なんかちょっと変だね……」

ルビィ「えへ……えへへ……」
21: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:12:52.30 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「買ってまいりましたわー!」

ルビィ「あっ、お姉ちゃんおかえりー」

曜「はやっ! も、もしかして走ってきたの……?」

ダイヤ「ええ、愛しい妹の為ですもの……当然ですわ。それよりもルビィ、買ってきましたわよ、新しいお酒を」

ルビィ「わーっ、ありがとうお姉ちゃんっ! ルビィの為に偉い偉い」ナデナデ

ダイヤ「る、ルビィに褒めてもらえるなんて光栄ですわぁ……」

曜「……な、なんか上下が逆転してる?」

梨子「というか……主従関係みたいになっちゃってるね」

ルビィ「さぁお姉ちゃん? ルビィの為にハイボールを作ってくれるかな?」

ダイヤ「ええ、もちろんですわ! 黒澤家最速のドリンカー、黒澤ダイヤにお任せくださいませ!」

曜「範囲せまっ! っていうか最速のドリンカーって何基準なのさ……」

ダイヤ「……さぁ、できましたわよルビィ。このダイヤ特製ハイボールを飲んでくださいな」

ルビィ「わぁいハイボール、ルビィハイボール大好き!」

ダイヤ「喜んでもらえて嬉しいですわ」

梨子「……なかなか恐ろしい光景になってるわね」

曜「……うん」
22: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:17:23.24 ID:6kKh0A/A
ルビィ「ゴクッ、ゴクッ――んんー! お姉ちゃんの作ってくれたハイボールおいしい! さすがお姉ちゃん!」

ダイヤ「ふっ、私にかかればおいしいハイボールを作ることなど容易いことですわ」

ルビィ「じゃあ作ってくれたお礼に、ルビィがお姉ちゃんにハイボール作ってあげるね?」

ダイヤ「えっ、本当ですの?」

ルビィ「うんっ! ……ねぇ梨子ちゃん。ウイスキーと炭酸の比率って、どれくらいがいいの?」

梨子「えっ、比率? んーと確か……4:1が一番ベストだといわれてるけど……」

ルビィ「4:1ね、分かった! えーと、じゃあまずはウイスキーを注いで……」

曜「……ん?」

梨子「ちょ、ちょっとルビィちゃん? ウイスキー、入れ過ぎじゃ……」

ルビィ「そして炭酸を注いで……これで完成です! ルビィ特製、お姉ちゃんの為のハイボール!」

曜「ちょっと待って! それ、明らかにウイスキーの方が多いような……」

ルビィ「え? だって4:1だよ? ウイスキー:炭酸=4:1」

曜「逆逆! 炭酸が4でしょ!? さすがにそれはキツイって!」

ダイヤ「ありがとうございますわ!」

曜「って喜んでる!? ダメだよダイヤちゃん! こんな濃いの飲んだら……」

ダイヤ「愛すべき妹が私の為に作ってくれたもの……無条件で受け入れるのが姉というものですわ!」

曜「まずい、正常な判断ができなくなってきてる……梨子ちゃんも止めてよ!」

梨子「盛り上がって参りましたー!」

曜「こっちもダメだった!」

ルビィ「さぁお姉ちゃん、飲んで?」

ダイヤ「はい、ではいただきます……――んぐっんぐっ!」

曜「ああっ!? そんなに飲んだら……!!」
23: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:23:15.48 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「――んぐっ、んぐっ……はぁ……はぁ……」

梨子「すごっ、ダイヤさんの飲みっぷり……惚れそうだわ」

曜「だ、大丈夫、ダイヤちゃん……?」

ダイヤ「――ふぅ……大変おいしゅうございましたわ」

ルビィ「本当? よかったぁ……じゃあおかわり作ってあげるね?」

曜「え゛っ!? 間髪入れず2杯目!?」

ダイヤ「いただきますわ!」

曜「ってこっちもええっ!? ちょ、ちょっとまずいよダイヤちゃん!」

ダイヤ「何も問題ありませんわ! ノープロブレムですわ!」

梨子「すごいぞー! かっこいいぞーダイヤさん!」

曜「あーもう梨子ちゃんまで乗っちゃって……止めてあげてよ!」

梨子「えー、でもなんか見てて面白いから止めたくないなぁ……それに、ちょっとSっ気ルビィちゃんにゾクゾクしちゃうし……」

曜「何言ってるの梨子ちゃん!?」

ルビィ「うふふ、梨子ちゃんにも作ってあげようか?」

曜「それは絶対ダメー!」
24: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:29:51.75 ID:6kKh0A/A
ダイヤ「――ぷはぁっ! やはりルビィの作ってくれるお酒、おいしいれすわぁ……」

ルビィ「ふふ、嬉しいなぁ、お姉ちゃんが喜んでくれて」

梨子「……2人とも、しっかり出来上がってるみたいだねー」

曜「うん……梨子ちゃんと同等か、それ以上に大変なことになってる……」

梨子「曜ちゃんも酔うと相当変なことになるけどね……良い意味で」

曜「どういう意味?!」

ルビィ「? 2人で何こそこそ話して……あれお姉ちゃん、梨子ちゃんたちのグラスが空だよ? お酒、作ってあげなきゃね?」

ダイヤ「はっ! 私としたことが……すみません、気が付くことができずに……今すぐお作り致しますわ!」

曜「い、いや私たちはもうお酒は――」

梨子「ありがたく頂戴します!」

曜「って梨子ちゃん! さっき飲み過ぎたって言ってたでしょ? もう飲まない方がいいんじゃ……ダイヤちゃんも別に作らなくていいから!」

梨子「大丈夫だってぇ、曜ちゃんは心配性だなぁ……あ? それだけ私のこと考えてくれてるってこと? えへへ、うれしいなぁ……」

曜「……既に大丈夫じゃないじゃん」

梨子「まーだまだ余裕だって。ありがとう、ダイヤさん」ゴクゴク

ダイヤ「あ、それ私の……」

梨子「……え?」

曜「ダイヤちゃんの、ということは……」

梨子「……」

梨子「…………」バタン!

曜「梨子ちゃんが倒れた!?」
25: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:33:29.21 ID:6kKh0A/A
梨子「あ、ああ……あ……」ピクピク

ダイヤ「あらあら、私の濃過ぎるハイボールを飲んで、倒れてしまったようですわね」

曜「あわ、わわわ、どうしよう……き、聞こえる、梨子ちゃん?」

梨子「あ、あぅ……よ、曜ちゃん……?」

曜「良かった! 意識はあるみたい! 梨子ちゃん大丈夫?」

梨子「……大丈夫じゃない」

曜「そ、そりゃそうか、あんな濃いやつ飲んじゃったし……」

梨子「……人工呼吸」

曜「……ん?」

梨子「大丈夫じゃないから、人工呼吸してくれないと死んじゃうー、あーたすけてー」

ルビィ「……え?」

ダイヤ「んまーっ!」

曜「……」

梨子「たすけてー、ちゅー、ちゅー……」

曜「……しばらく寝てるといいよ、梨子ちゃん」

ダイヤ「え? してさしあげないのですか?」

曜「うん……多分大丈夫だから……すぐ寝ると思うし」

梨子「んちゅー、ちゅぅ……くぅ、くぅ……」
26: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:41:14.30 ID:6kKh0A/A
梨子「ぐぅ……ぐぅ……」

ダイヤ「あら、本当に寝てしまいましたわ……少し期待していたのですけれど」

曜「いや期待しないでよ!」

ダイヤ「では私が代わりに人工呼吸を」

曜「それもやめてよね?!」

ルビィ「お姉ちゃん……ルビィも、お姉ちゃんに人工呼吸してほしいなぁ……」

ダイヤ「んまーーっっ!」

曜「ルビィちゃんまで何言ってるの?」

ルビィ「ってそんなわけないじゃん! ピギィ!」バシィ!

ダイヤ「痛いっ! ありがとうございますっ!」

ルビィ「ピギィ!」バシバシィ!

ダイヤ「2回も! ありがとうございますっ……――」パタリ

曜「ああっ! だ、ダイヤちゃんまで倒れた!」

ルビィ「あー……なんかルビィも眠たくなってきた……ぅゅ」

曜「ちょ、ルビィちゃん!?」

ルビィ「うぅ……おやすみ……」パタリ

曜「え……え?」

梨子「……」

ダイヤ「……」

ルビィ「……」

曜「……」

曜「……どうすんだ、これ」
27: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:44:57.05 ID:6kKh0A/A
果南「よいうしょっと……ふぅ、じゃあ2人は私が連れて帰るから」

曜「ありがとう果南ちゃん……急に呼び出してごめんね?」

果南「いいっていいって。それにしても2人と飲んでたとはね……大変だったでしょ?」

曜「うん……ダイヤちゃんとルビィちゃん、飲ませるとこんなになるんだね……かなり意外だったかも」

果南「しかし倒れるまで飲んでたか……こりゃ鍛え直さないとな」

曜「え? 鍛える?」

果南「ああ、こっちの話。じゃあ後は任せておいて、曜は梨子ちゃんの様子でも見てあげな。それじゃあね」

曜「うん、それじゃ」

バタン

曜「……」

梨子「……」

曜「……さっきまでの賑やかさが嘘みたいに静かになったなー……梨子ちゃんも寝てるし」

梨子「……」

曜「……おーい、梨子ちゃーん。大丈夫かー?」

曜「……って、寝てるか。しばらくはそっとしておいた方がいいかな?」

梨子「……んん、ん……曜ちゃん?」

曜「あれ、起きちゃった?」
28: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:50:11.99 ID:6kKh0A/A
梨子「んっ……うぅ、曜ちゃん……おはよ……」

曜「朝じゃないよ、梨子ちゃん。まだ夜中」

梨子「んぇ……あれ、本当だ。私、確かダイヤさんたちと飲んでて……」

曜「途中で特濃ハイボール飲んで、ぶっ倒れたんだよ?」

梨子「あー……確かすっごいキツいの飲んだ記憶がある……」

曜「びっくりしたよ、突然倒れるから」

梨子「うん、それで倒れて……あれ、それからどうなったの?」

曜「ああ、あの後2人も倒れちゃったんだよねー、おそらく飲み過ぎてたんだと思うけど……困って果南ちゃんに連絡したら来てくれて、そのまま2人を連れて帰ってもらったよ」

梨子「そ、そんなことになってたとは……あっ、ていうか曜ちゃん!」

曜「ん? なぁに?」

梨子「……なんで人工呼吸してくれなかったの?」

曜「ぶーーっ!」

梨子「」

曜「す、するわけないでしょ! ルビィちゃんとダイヤちゃんの目の前だったし……」

梨子「別に今更恥ずかしがることないじゃん、いっつもしてる――」

曜「わーわー! 何言ってるの梨子ちゃん!」

梨子「もう、相変わらずヘタレなんだから……さっきのルビィちゃんみたく、強気な曜ちゃんもたまには見たいんだけどなぁ」

曜「まだヘタレ言うか……でもあれは驚いたよね……」

梨子「うん……ああ、よかったなぁ、あのルビィちゃん」

曜「……そんなによかったの?」
29: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 01:56:06.53 ID:6kKh0A/A
梨子「うん……私、どっちかといえば”受け”っぽいから、ああいう感じ……ちょっとドキドキしちゃう」

曜「ふぅん……そうなんだぁ」

梨子「……ねぇ、曜ちゃん」

曜「……なに」

梨子「……私になんか命令してみてよ」

曜「……いきなり何を言うんだい、梨子ちゃん。しかも命令って……」

梨子「だって! 好きな人に……曜ちゃんに、ちょっと無理やりされたいお年頃なの!」

曜「お年頃って……同い年じゃん」

梨子「ねー1回だけ! 1回だけでいいから! 何でもいいよ? エッチなのでもいいよ?」

曜「え、エッチなのはしない!」

梨子「なーんだ、しないのか……ともかく、何か命令してみてよ。これはさすがに! ってのでもいいよ? むしろそっちの方がゾクゾクしそうというか……」

曜「う、うーん、急に言われてもな……あっ、そうだ。ひとつ、梨子ちゃんにぴったりの命令があった!」

梨子「え、本当!? 私にぴったりって何だろう……ワクワク!」

曜「うん、まさにぴったりなやつ! じゃあ梨子ちゃん、今から命令するよ……梨子ちゃんへの命令は――」

梨子「……命令は?」

曜「――しばらくお酒禁止」

梨子「……」

梨子「……え?」
30: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 02:01:27.98 ID:6kKh0A/A
梨子「……あー、えー……え?」

曜「あれ? 聞こえなかったかな? じゃあもっかい言うよ、しばらくお酒き――」

梨子「いや聞こえてる、聞こえてるから。ていうか何、お酒禁止って」

曜「だって命令なら何でもいいって言ったから、じゃあこれかなーって」

梨子「そういう感じ? そういう感じなの? いや確かに私にとってはキツイけど……ねぇ曜ちゃん? もう1回考えなおさない? ほら、もっといいのあるはずだし……こう、ちょっとムフフなやつとかね……?」

曜「……梨子ちゃん?」

梨子「は、はいっ?」

曜「……私の言うこと、何でも聞くんだよね?」

梨子「へっ? あっ、あの……は、はい」

曜「命令、聞けないの?」

梨子「いっ!? い、いや、そういうわけでは、なななくて……」

曜「梨子ちゃんは私の言うこと、聞いてくれるよね?」

梨子「え、えと、あの、その……」

曜「……梨子ちゃん?」

梨子「……」ゾクゾク

梨子「……は、はいぃ……」


ちなみに禁酒は3日も持たなかったとさ。
おわり。
31: 名無しで叶える物語(湖北省) 2018/02/05(月) 02:04:56.39 ID:6kKh0A/A
前から細々とやらせてもらっている酒飲みシリーズ、今回は黒澤姉妹編です。
キャラ崩壊が激しくてすみません……。

また折を見て投稿します。ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「お酒をお注ぎいたしますわ」曜「きょ、恐縮です……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。