花丸「>>3」

シェアする

花丸-アイキャッチ16
3: 名無しで叶える物語(庭) 2018/02/06(火) 19:39:15.82 ID:YRaxotln
おっぱいのみたい

元スレ: 花丸「>>3」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 19:43:13.32 ID:Hb4fiJ9J
花丸「おっぱいのみたいずらー」ポケー


善子「はいはい。おっぱいおっぱい」


ルビィ「うゅ...花丸ちゃん現実逃避してるよぉ...変だよぉ...」


善子「仕方ないんじゃない?>>6みたいな事があったんなら」

花丸「おっぱい飲みたいずらー」
6: 名無しで叶える物語(禿) 2018/02/06(火) 19:47:40.38 ID:MVFL2/V6
レイプ
8: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 19:54:13.07 ID:Hb4fiJ9J
善子「仕方ないでしょ...レイプだよ?」

善子「むしろ、学校にまだ来る事自体が、私はすごいと思うわ」

ルビィ「うぅ...花丸チャァ...」


花丸「...ズラぁ〜〜〜」


ルビィ「やっぱり...やっぱり、ルビィは花丸ちゃんを助けたい!」

善子「気持ちはわかるけど・・・私達に何ができるのよ?」


ルビィ「できるよ!花丸ちゃんの為に...」

>>10 犯人を探す! or 元に戻す方法を考える!
10: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/06(火) 19:55:18.39 ID:Um7B/RRw
探す!
11: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 19:59:20.05 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「犯人を探して...警察に突き出す!」

善子「ば、馬鹿言ってんじゃないわよ!相手はレイプ犯よ!」

善子「下手したら...私達も!」

ルビィ「でも、放って置けない!花丸ちゃんを悲しませた奴を...ルビィは逃さない!」

ルビィ「善子ちゃんは...来てくれる?」

善子「あぁん。もう!わかったわよ!...手伝えばいいんでしょ!?」

ルビィ「ありがとう!」

善子「まずは手がかりから探さないと...まずは、>>13に行きましょう」

ルビィ「うん!」

 
  
    

ルビィ「...待っててね、花丸ちゃん...」

花丸「おっぱい飲みたいずらー...」
13: 名無しで叶える物語(禿) 2018/02/06(火) 20:00:59.35 ID:MVFL2/V6
ことりちゃんの家
14: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:04:16.66 ID:Hb4fiJ9J
善子「ことりちゃんの家に行きましょう」

ルビィ「ことりちゃん...?」

善子「えぇ。これ、ズラ丸のスマホなんだけど...」

善子「LINEに頻繁に「ことりちゃん」って人からメッセージが来てるの」

ルビィ「よ、善子ちゃん勝手に...」

善子「緊急事態よ。パスワードかけてないほうが悪い」
15: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:07:03.71 ID:Hb4fiJ9J
善子「それとも何?何としても、見つけるんでしょ?犯人を」

ルビィ「う、うん!そうだった!」

ルビィ「でも、家なんて調べようがないよ...」

善子「でも、見て、このメッセージ...」

善子「秋葉原に来るように書かれている」

ルビィ「しかも日付は....レイプされた日!」

善子「鍵...握ってるんじゃないかしら?」

ルビィ「行こう...!ことりちゃんに会いに!秋葉原に!」
16: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:08:56.30 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「で、秋葉原までは来たけど...」

善子「どうやってことりちゃんを探すか...よね?」

ルビィ「交番に聞きにいく?」

善子「ばか、わかるわけないじゃない」

ルビィ「で、でも...」

善子「とりあえず、聞き込みよ!オネェさーん!」


>>18「ん?」
18: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/06(火) 20:09:30.12 ID:UfQSh1zN
あんじゅ
20: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:12:25.18 ID:Hb4fiJ9J
あんじゅ「あら?どうかした?迷子?」

善子「あ、いえ...その」

善子(でかい...)

ルビィ(サングラスをかけてるけど...どこかで見た事あるような...)

ルビィ「あの!今、聞き込み調査をしてて...!」

ルビィ「協力お願いします!」

あんじゅ「あら、可愛い...うふふ。いいわよ」
22: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:14:33.17 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「今、この...この子の足取りを追ってて...何かご存知ありませんか?」

あんじゅ「写真?...うーん、この茶髪の女の子ねぇ...」

あんじゅ「>>23 知ってる or 知ってない」
23: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/02/06(火) 20:15:47.73 ID:Hecb/TN6
知ってる
24: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:21:27.23 ID:Hb4fiJ9J
あんじゅ「あ、最近、この秋葉原の駅でウロウロしてたわね...」

善子・ルビィ「!」

善子(嘘でしょ...!一発目から当たり!?)

ルビィ「く、詳しく聞かせてくれませんか?」

あんじゅ「えっと、この子、ずっと駅でウロウロしてたの」

あんじゅ「ビルばかり見て、未来ズラーなんて言ってるから、心配になって声をかけたら...」

あんじゅ「ことり?を待ってるとか言ってたわ」

善子「やっぱり...ここで、ことりと会う予定だったんだ!」

あんじゅ「あら?ことりって名前だったのね」

あんじゅ「てっきり、小さい鳥に会いに来たなんて言うお電波ちゃんかと思ったわ」

ルビィ「そ、それで!その後は!」

あんじゅ「いえ、別れたわ。なんか、邪魔しちゃ悪いなって...」

あんじゅ「あ、でも、別れた後、すぐに...>>26色の髪の女性と会ってたわね」

ルビィ「!」
26: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/02/06(火) 20:23:10.43 ID:Hecb/TN6
シルバー
27: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:30:05.86 ID:Hb4fiJ9J
あんじゅ「シルバーの髪の女性と会ってたわね」

善子「し、シルバー...すごい、髪の色ですね」

ルビィ「白髪のおばあちゃんじゃないんですか?」

あんじゅ「いいえ、歳は取ってなかったわ。遠目だったけど...」

あんじゅ「あ、ごめんね、私まだ用事があるの」

ルビィ「いえ!引き止めて申し訳ありませんでした!」

善子「ありがとうございました」

あんじゅ「うふふ。頑張ってね。探偵さん」
28: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:31:58.90 ID:Hb4fiJ9J
善子「よし...幸先良いわね」

ルビィ「でも、シルバーだなんて...きっと凄いギャルだよぅ」

善子「あんまり、花丸とツルむ姿が見えないわね...」

善子「でも、探している人の姿がちょっと分かっただけでも前進よ」

ルビィ「そうだね!」
29: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:34:07.93 ID:Hb4fiJ9J
グゥ〜〜

ルビィ「ピギィ...」

善子「はぁ?今のお腹の音?」

ルビィ「何にも食べてなくて...」

善子「仕方ないわね。何か食べに行きましょ」

ルビィ「で、でも、ことりちゃんを見つけないと...」

善子「ばか。腹が減ってはなんとやらってやつよ」

善子「そうね>>31でご飯にしましょうか」
32: 名無しで叶える物語(家) 2018/02/06(火) 20:36:16.35 ID:Um7B/RRw
GOHAN-YA
33: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:42:31.16 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「いただきまーす!」

善子「いただきます...って...」

バクバク バクバク オイシー アイカワラズニャー

善子「あっちに、やたら白飯かきこんでる女性いるわね...」

ルビィ「ん?」モグモグ...

ルビィ「!」

善子「何よ、あの米の量...どこに入るのよ...」

ルビィ「あ、あわ、わ、あわ、あわ....」

善子「あわ?これは米よ?」

ルビィ「は、はなよちゃんだぁぁぁぁぁ!」

花陽「え?」

凛「んー?」
34: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:46:23.64 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「μ'sの...花陽ちゃんのだいファンです!握手してください!」

花陽「え、えぇ!?あ、は、はい!!握手ですね!」

凛「うわぁー。熱心なファンだにゃー」

善子「ちょ、る、ルビィ!食事中にすいません!」

凛「良いよ。良いよ。かよちんも満更じゃなさそうにゃ」


凛「それより、凛とも握手するかにゃ?」

善子「え...べ、別に大丈夫です」

凛「傷つくにゃー」
35: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:49:34.25 ID:Hb4fiJ9J
--- --- ---
--- ---
---

花陽「で、ルビィちゃん達は、その女の子の足取りを追ってるんだ」

凛「行方不明だなんて可哀想だね」

善子「はい」

善子(流石にレイプの事は避けておこう...)

ルビィ「で、銀の髪の女性と会っていたって事までは分かったのですが...」

凛「銀とはまた、派手だね」

花陽「ウンウン」
36: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:52:30.71 ID:Hb4fiJ9J
善子「で、どうやら、その女はLINEの名前に「ことり」ってつけてたんです」

凛「ん?ことり?」

花陽「り、凛ちゃんもしかして...」

凛「んー。銀と言うよりは髪はアッシュグレーだけど...」

凛「銀と言えば銀かもしれないにゃ」

ルビィ「こ、心当たりがあるんですか!?」

花陽「え、えぇー...μ'sにもことりって子いたでしょ?」

ルビィ「え?」

ルビィ「... ....あ!」
37: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:55:35.35 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「南ことりちゃん!」

花陽「うん!私は、今の情報で、ことりちゃんが浮かんだなー」

凛「凛も」

善子「あ、あの!合わせてもらえませんか?」

花陽「え、えっと...で、でも...」

凛「うーん。無理だと思うにゃー」

善子「な、何がですか?」

凛「ことりちゃんと花丸ちゃんが会う事だよ」

花陽「だって、ことりちゃんは今...>>38だもん」
>>38 場所でも 状態でも
38: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 20:59:04.38 ID:p0JquNwx
鳥になった
41: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:02:42.18 ID:Hb4fiJ9J
花陽「鳥に...鳥になったんだもん」

ルビィ「...」

善子「...え?」

凛「察するにゃ」

善子「...あ」

花陽「えへへ。ちょっと詩ぽかったかな?」

善子「な、なんかごめんなさい...」

ルビィ「ピギィ...」

凛「と言うわけだから、おそらく、このことりって言う奴はなりすましてる可能性が高いにゃ」
42: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:07:01.30 ID:Hb4fiJ9J
花陽「許せないよ...ことりちゃんの名前を使って誘拐だなんて」

凛「凛もだよ」

善子(誘拐じゃないけど...似たようなもんか)

善子(て言うか、なんか花陽さんとルビィ似てるなぁ...)

花陽「ルビィちゃん!協力したい!そのLINE見せてくれない?」

ルビィ「う、うん!」

花陽「ふむふむ...確かに秋葉原に来るように書いてあるね」

凛「ことり、銀の髪、秋葉原...どんだけ、なりすましたんだにゃ」

花陽「...あ!でも、この、ことりちゃん。すごい顔文字を多用してる!」

凛「んにゃ。確かに。でも、この顔文字、ことりちゃん使わないにゃ」

>>43 使われている顔文字(・8・) 以外
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/06(火) 21:07:27.70 ID:gU7Rcl/s
|c||^.- ^||
45: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:13:28.06 ID:Hb4fiJ9J
花陽「この、|c||^.- ^||...やっぱり、ことりちゃんは使ってなかったよね」

凛「うん」

ルビィ「花丸ちゃんが冗談を言った時によく使われてるみたいですね...」

善子「あんまり見ない顔文字だけど...なんなのかしら?」

凛「うーん...普通 ( ´∀`) こう言うのが主流だもんね...」

凛「あ。でも、凛、この顔文字、別の誰かとの会話で見た覚えがあるにゃ」

花陽「ほ、本当!?」

ルビィ「お、思い出してもらえませんか!」

凛「まつにゃ。..... あ、>>46ちゃんとの会話で、使われてるにゃ」
46: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:15:04.94 ID:p0JquNwx
絵里
47: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:19:38.04 ID:Hb4fiJ9J
凛「あ、絵里ちゃんとの会話で使われるにゃ」

凛「ほら、LINE見て見て〜」

ルビィ「本当だ...黒子があるのも一緒だ」

善子「こんな顔文字、使う人はあんまりいない...」

ルビィ「無理を承知ですみませんが...」

ルビィ「絵里って人に合わせてもらえますか?」

花陽「!」

花陽「う、うん...で、でも...」

凛「誘拐するような子じゃないよ?疑って欲しくないにゃ」

ルビィ「っ...!」
48: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:22:31.28 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「でも、私達には、もう、ヒントがないんです!」

ルビィ「お願いです!お話しするだけでいいんで...!」

凛「どうする...?」

花陽「協力するって言っちゃったし...」

花陽「私も、ちょっと絵里ちゃんが気になるし...」

花陽「私達も一緒って条件でいいかな?」

ルビィ「ありがとうございます!」

凛「じゃ、向かうにゃー」
49: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:23:55.04 ID:Hb4fiJ9J
善子「留守...みたいですね」

凛「うん。ま、休日だし、アポとってないし」

凛「ラインするにゃ」

ルビィ「ありがとうございます」

凛「お、返信早。>>50に居るってさ」

花陽「じゃ、行こうか」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/06(火) 21:24:31.83 ID:gU7Rcl/s
UTX
51: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:28:25.79 ID:Hb4fiJ9J
花陽「UTXの校内に居るんだよね?」

凛「らしいけど...」

花陽「なんで、絵里ちゃんがUTXに居るんだろう」

凛「さぁ?また高校やり直すんじゃないかにゃー?」

善子「んな、適当な...」

花陽「でも、UTXは学校だから、もう社会人の私達は入れないんだよね...」

ルビィ「いえ!ここまで連れてきてくれてありがとうございました!」

善子「さ、入るわよ。ルビィ」

ルビィ「うん!」
52: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:30:33.90 ID:Hb4fiJ9J
凛「バイバーイ」

花陽「...花丸ちゃんだっけ?見つかるといいね」

凛「うん」

凛「あ、私達が会うわけじゃなくなったから...」

凛「絵里ちゃんにLINEしとかないと...」

凛「...沼津から2人、お客さんが来たよー...っと」

凛「送信にゃ」
53: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:33:50.89 ID:Hb4fiJ9J
--- --- ---
--- ---
---

ルビィ「広い...」

善子「迷子になるわね。さすが、東京の高校...」

ルビィ「あ、でも、ここだよね。くるように言われてたカフェテリア」

善子「ひえぇ...高校のカフェテリアの規模じゃないくらい綺麗...」

絵里「あら、あなた達かしら?」

絵里「沼津からのお客さんって...」

ルビィ・善子「!」ビクゥ!



ルビィ「...絵里...さん」
54: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:35:49.59 ID:Hb4fiJ9J
絵里「あら?どうしたの?怯えてるの?」

ルビィ「い、いえ...」

絵里「ふふふ。可愛い。キスしちゃいたいぐらい」

ルビィ「!」

善子(く...なんていうプレッシャーよ...!)

善子(声が...出せない...!)
55: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:40:06.69 ID:Hb4fiJ9J
絵里「で、要件は何かしら?」

ルビィ「えと、その....私達...女の子の行方を追ってて...」

絵里「女の子?」

ルビィ「この写真の女の子です...」

絵里「...!」

絵里「ふーん。なるほどね」

 
  
   
      
絵里「花丸ちゃん...ね?」
56: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:43:19.84 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「っっ!!や、やっぱり!貴方が!!」

善子「ま、まさか女性から、暴行を受けていたなんて...!」

絵里「ふふ。美味しく頂いたわ」

絵里「最初は、やめるズラーって叫んでいたけど」

絵里「最後は、壊れちゃったみたいに、おっぱいって言ってたわ」

ルビィ「こ、こ、この、くそ女ぁぁあ!」ダッ

善子「ま、ルビィ!待ちなさい!」
57: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:44:43.61 ID:Hb4fiJ9J
ガシィ!!

ルビィ「え!?」

善子「な!」

あんじゅ「暴力は ノンノン」

善子「あ、貴方は駅で会った...!」

あんじゅ「はーい。あんじゅでーす」
58: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:48:02.27 ID:Hb4fiJ9J
絵里「なに?会ってたの?あんじゅ」

あんじゅ「えぇ。駅でね」

絵里「なるほどね。なんで、私をUTXに呼んだのか理解したわ」

あんじゅ「ふふふ。賢そうに見えたから、ここまで辿り着くんじゃないかって」

ルビィ「離して!離して!」

あんじゅ「うふふ。とっても非力」

あんじゅ「ほーら。おっぱいホールド」 ガシィ

ルビィ「むぐぅ...!!」

善子「えっろ...」
59: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:50:26.91 ID:Hb4fiJ9J
善子「って、言ってる場合じゃない!」

善子「ルビィを離しなさい!」

あんじゅ「離すわけないじゃない」

絵里「飛んで火にいるなんとやら...ってね」

絵里「ここで、何人もの女の子が食べられてるって知らずに...」

善子「っく...!」
60: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:55:52.87 ID:Hb4fiJ9J
善子「じゃあ、貴方達は...私達もレイプするつもりなのね!?」

絵里「声を張らないでよ」

絵里「そうよ。もう私達なしでは生きられないくらいにね」

あんじゅ「安心して?すぐに虜になるんだから?」

善子「へ、へへ...貴方達二人に挟まれたら...確かに気持ち良さそうね」

絵里「でしょ?」

あんじゅ「案外乗り気?」
61: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 21:58:44.21 ID:Hb4fiJ9J
善子「じゃあ、まだ理性のある冥土の土産に...」

善子「何をするか、教えてよ!」

絵里「ふふ。穴という穴を犯すに決まってるじゃない?」

善子「それは、私の意思とは関係なくよね?」

絵里「もちろん。手足を拘束して...ね?」
 
善子「ふ、ふふ...拘束して...か」
 
  
   
   
   
  
善子「みたいな事をするみたいですよ!?花陽さん!凛さん!!」

絵里「!?」
62: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:02:40.80 ID:Hb4fiJ9J
ルビィのポケット『絵里ちゃん...信じてたのに』

ルビィのポケット『最低だにゃ...』

あんじゅ「な!?声が!!」 ガバッ

ルビィ「ぷはぁ!やっと、息ができた!」

善子「掛かったわね!!ルビィがあんたに殴りかかったのはフェイク!」

善子「本当はあんたの小さい声でも、ルビィの携帯に声が届くように近づいただけ!」

絵里「!」

ルビィ「しっかり、花陽ちゃん達に届けたよ...!あんたの本性を!」

あんじゅ「っく...本当に、頭のいい子ね...」
63: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:09:11.57 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「凛さん、警察は!?」

ルビィの携帯『呼んだにゃ』

絵里「凛!」

あんじゅ「...もう終わりね。いつもは携帯をすぐに取り上げるのに...」

絵里「まだ、逃げられる!私はまだ!」

ルビィの携帯『絵里ちゃん...やめて。自首しよう?』

ルビィの携帯『凛達もつきそうにゃ』

絵里「いやよ!私は...憎んでる!」

絵里「ことりを...ことりにひどい事をした、レズを!」

ルビィ「...」
64: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:15:32.00 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「...ここまで来る道中...話は花陽さん達から聞きました...」

ルビィ「ことりちゃんがレズにレイプされてから、絵里ちゃんがおかしくなったって」

絵里「おかしく?いたって平然よ!」

絵里「私はレズの掲示板に巣食う悪魔どもを釣り出して...」

絵里「同じ目に合わせていただけ...!」

絵里「あいつらは悪魔よ!悪魔をやっつけて何が悪いのよ!」

ルビィ「悪いに決まっています!」

ルビィ「同じ行為をしている、絵里さんが、既に悪魔だってなんでわからないんですか!」

絵里「!」
65: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:16:45.17 ID:Hb4fiJ9J
ルビィ「そんな事をしても、ことりさんは浮ばれません...」

ルビィ「自首してください。絵里さん...」

絵里「う、うぅ...ことりぃ....」

--- --- ---
--- ---
---
66: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:19:52.02 ID:Hb4fiJ9J
ウーウー... ウーウー...

善子「逮捕....されちゃったわね....」

ルビィ「うん...」

ルビィ「花陽さん、凛さん、ありがとうございました」

花陽「うーうん...こちらこそ、絵里ちゃんを止められなくて、ごめんね」

凛「凛達が手を差し伸べてあげてたら...こんな事にならなかったかもしれないにゃ」

ルビィ「...」
67: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:24:32.76 ID:Hb4fiJ9J
花陽「ルビィちゃん達は、もう戻るの?」

ルビィ「はい...特に、することもないので」

善子「ま、こんな後じゃ、観光もね」

凛「そっか...」

凛「花丸ちゃんだっけ?ちゃんと支えてあげるんだよ?」

ルビィ「はい...」

花陽「私達のようには...ならないでね」

善子「はい。花丸は...正気に戻します」

凛「うん。よく言ったにゃ」

凛「花丸ちゃんを元に戻す。約束の握手するにゃ」

善子「...えぇ。必ず、守るわ」


がしっ...
68: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:25:25.57 ID:Hb4fiJ9J
--- --- ---
--- ---
---




花丸「おっぱい飲みたい」    終わり
70: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/06(火) 22:31:17.88 ID:Hb4fiJ9J
ありがとうございました!


初の安価スレ&書きだめ無しの挑戦で、
安価を沢山投げれなくて...申し訳ありませんでした。><


折角のエロワードも私の腕では、発展できず...難しいです。

元スレ: 花丸「>>3」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「>>3」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。