梨子 「お年玉を貰わない理由なんて決まってるじゃない…♡」

シェアする

梨子-アイキャッチ17
梨子 「同人誌出したらそれで儲けられるようになったから♪」

梨子 「東京の時はなかなか良い素材が無かったけど…コッチは格別ね…♡」

梨子 「まず同学年が最高にいい素材してる」

梨子 「別に素材として見てる訳じゃないのよ!本当に好き!大好き!だからこそ最高の素材になってしまうの…!」

梨子 「幼馴染カプで曜ちゃんは私に千歌ちゃんを取られたように思って嫉妬しちゃう…あぁ…♡最高のシチュ…♡」

pixiv: 梨子 「お年玉を貰わない理由なんて決まってるじゃない…♡」 by アルト

スポンサーリンク



ーー
ーーー

曜 「最近さ、梨子ちゃんと仲いいよね?」

千歌 「え?そうかなぁ〜、でも確かに梨子ちゃん色々な事教えてくれるからずっと一緒にいるかも!」

曜 「…ずっと一緒に…ね」

千歌 「この間も面白いこと教えてもらったんだけど…曜ちゃんには秘密♡」

曜 「」プツン

グイッ

千歌 「きゃっ!」

曜 「じゃあ私もイイコト教えてあげる♡」

千歌 「え…な、何するの曜ちゃん!ねえ!止めてやめ──んむっ!」

曜 「…んっ…ぷはっ…あは♡そんなこと言っちゃうお口にはお仕置きしなきゃだよね?」

千歌 「やめてよ曜ちゃん…そんな事しないでいつもみたいに二人で遊ぼうよ…?」ナミダメ

曜 「…あぁ…♡最高の顔してる…♡」ゾクゾクッ

曜 「いつもみたいに遊ぶけどいつもとは違うことして遊ぼう?ね?千歌ちゃん…♡」

千歌 「お願い…やめてよ、曜ちゃん…」

曜 「…千歌ちゃんがいけないんだよ」

曜 「いっつも梨子ちゃん梨子ちゃんって…私のこと忘れたように話して…」

千歌 「そ、そんなこと…」

曜 「そんなことある!口を開けば梨子ちゃんなんだもん!だからそんな口なんか開かなくていい!」グイッ

千歌 「…んっ…ぃや…あっ…♡」

曜 「さっきもそうだよ、梨子ちゃんから面白いこと教えて貰ったとか言っちゃってさ!しかも二人だけの秘密にしちゃってさ…!」

曜 「…私を見てよ?」ポロポロ

千歌 「曜ちゃん…」

曜 「うっ…うっ…」

千歌 「…ごめん、ごめんね、曜ちゃん」ギュッ

曜 「やめてよ…!そんな形だけの謝罪なんて要らないから!それならいっそのことひて──」チュッ

千歌 「……」ギュゥ

曜 「…んんっ…!!んっ…!!」ジタバタ

千歌 「…ぷはっ…♡暴れないで、曜ちゃん…」

曜 「千歌ちゃん…」ナミダメ

千歌 「私、曜ちゃんのこと大好きだから…梨子ちゃんよりもずっと…ずっと…」

千歌 「だって昔から一緒に居てくれて、いつも助けてくれて…ごめんね、素直になれなくて…」

千歌 「だから…そんなに悲しそうな顔をしないで?」ギュッ

曜 「うっ…うぁ…千歌ちゃぁぁぁん!!」ポロポロ

千歌 「ごめんね曜ちゃん…不安にさせて…キスするのは曜ちゃんだけだから…ね?」

曜 「ごめんね千歌ちゃぁん!!私がこんなに重いから迷惑ばっかりかけちゃって!!私バカ曜だから…!」

千歌 「曜ちゃんはバカじゃないよ!だから…だからもっと私達にしかできないこと…しよ?♡」ニヤァ

曜 「千歌ちゃん…♡♡」ウットリ


ーー
ーーー

梨子 「あぁ…♡この二人のためならいくらでも悪役になっちゃう…♡このまま二人は愛し合って…私は蚊帳の外になって…二人は二人の世界で愛し合って…」ゾクゾクッ

梨子 「うふっ…♡顔が蕩けちゃう…♡」

梨子 「だけど私は王道を征くラブストーリーな二人も大好きなのよ」キリッ

梨子 「病んでりゃいいってもんじゃないのよ、普通怪獣らしく普通の恋をするあの二人も最高のシチュよ!」



ーー
ーーー

ピンポーン

曜 「はーい」ガチャ

千歌 「おっはよーちゃん♪」

曜 「あれ?どうしたの?」

千歌 「暇だったから遊びに来ちゃった!」

曜 「もー、今日は宿題やるって言ってたじゃん!」

千歌 「それがね!もう終わらせてきちゃったんだよ!」

曜 「えっ!?はやっ!凄いね千歌ちゃん!」

千歌 「えっへへ〜、曜ちゃんと遊びたかったから!」

曜 「そういうことなら私も宿題終わらせなくちゃ!部屋で待ってて!」

千歌 「やった〜♪」


ーー
ーーー

曜 「その辺で寛いでていいよ〜」

千歌 「うぁ〜」ゴロゴロ~

曜 「えーっと、ここはこれで──」

千歌 「…ん?あっ!この写真懐かしい!」

曜 「えっ?あっ!ダ、ダメ!」パタン

千歌 「えぇ〜!?なんで〜!?」

曜 「だって恥ずかしいじゃーん!///」

千歌 「そんなことないよ〜!この時の曜ちゃんめちゃくちゃ可愛かったし!」

曜 「そういうのが恥ずかしいのっ!」ブンブン

千歌 「今の曜ちゃんはかっこいいからたまには可愛い曜ちゃん見たいって思っちゃうよー」

曜 「そういうのは家で一人で見てよ〜!もう〜っ!///」フイッ

曜 (千歌ちゃんサラッとこういうこと言うんだもん…///)

千歌 「でもなんであの写真飾ってるの?」

曜 「そ、それは…ほら!ちょうど手頃な写真だったからさぁ〜!」

千歌 「なに〜手頃な写真って〜」ムゥ…

曜 「い、いや!別に悪い意味じゃないからっ!」

千歌 「じゃあどういう意味なの〜!?」

曜 「そ、それは…」

千歌 「…」ジーッ…

曜 「お、同じだよ…///」

千歌 「何が?」

曜 「…ち、千歌ちゃん可愛かったから…いつも見れるようにって…///」

千歌 「………へ?///」

曜 「この時の千歌ちゃんのこと忘れないように〜みたいな…あはは…///」

千歌 「も、もう!何言ってるの〜!変な事言って誤魔化してっ!///」カァァ

曜 「ご、ごめんっ!し、宿題やっちゃうねっ!///」ササッ

千歌 「……曜ちゃんのへタレ…///」ボソッ

曜 「え?な、なんか言った…?」

千歌 「うるさいっ!もう千歌帰るからっ!///」

曜 「あっ!千歌ちゃん──」

バタン

曜 (うぅ…千歌ちゃん怒っちゃった…ほんとのことなのに…///)


ーー
ーーー

梨子 「あぁ^〜」タラー

梨子 「ここで終わらせるのは惜しいわね!」

梨子 「うふふ…もっと、もっとよ!」


ーー
ーーー

千歌 「…はぁ」

千歌 「どうしてあんなこと言っちゃったのぉぉぉ!!!」ゴロゴロ

千歌 「…曜ちゃん///」ハァ

コツン

千歌 「…ん?」

コツン

千歌 「…な、なに?」

シーン

千歌 「あれ?止まっ──」

バリーン

千歌 「どぅわぁぁぁぁ!?!?」ビクビクッ

曜 「千歌ちゃんっ!!!」

千歌 「は、はいっ!?」

曜 「……ごめんね」

千歌 「…えっと、それは窓ガラスを割ったことに対してのごめんだよね?」

曜 「違うっ!!」

千歌 「どうしてだろう、ある意味求めてた返答なんだけどこうもキッパリ違うって言われると複雑な気持ち」

曜 「…私が気を使えないばっかりに千歌ちゃんに嫌な思いさせちゃったね…」

千歌 「今もだけどね?」

曜 「だから…言うね!千歌ちゃん!大好き!」

千歌 「…ど、どうせ友達としてとか言うんでしょ!知って──」

ギュッ

曜 「…こ、恋人としてじゃ…ダメですか?///」

千歌 「えっ…?」

曜 「…///」ギュッ

千歌 「……いいよ///」

曜 「…ありがと///」


ーー
ーーー

梨子 「そしてそのあと、なんであんなとこから〜ってなって私という恋のキューピットに気づいた千歌ちゃんはお礼をしにくる──」

梨子 「かと思いきや窓ガラスを割ったことの共犯として私は弁償させられるのよ!」

梨子 「そのまま私は千歌ちゃんに責め堕とされる…♡」ハァハァ

梨子 「ふ、踏まれて…「こんなことされて嬉しいの?梨子ちゃん気持ち悪ーい♡」って言われて「…そ、そんなこと…♡」って……書こうかしら?」

梨子 「…ふふ…最低で最高のオチね!」

梨子 「だけどダメだわ!もっとロマンチックにならなくては!」

梨子 「ロマンチックと言えば海でしょ海!」


ーー
ーーー

「覚えていますか?私を──」

「夕焼けの中、砂浜を走る貴女を毎日のように目で追っていました」

「貴女のことを考えなかった日は一度もありません」

「貴女は私にいつも微笑みかけてくれました」

「その笑顔はまるで太陽のようで、私はいつもその笑顔が眩しかった」

「これからも──私の横でその笑顔を私へと向け続けてくれますか──?」








海未 「…穂乃果?」


ーー
ーーー

梨子 「あっ、間違えた、海未違いだった」ケシケシ


ーー
ーーー

ザザァー

曜 「…ここ来たの小学校以来だよね」

千歌 「…もうそんなに経っちゃったんだね」

曜 「あはは、早いよね〜私達もう二十歳だよ」

千歌 「どうしてここに来ようと思ったの?」

曜 「……なんでだろ、昔を思い出したくなったなって、かな」

千歌 「………約束、覚えてる?」

曜 「約束?うーん…なんだっけ?」

千歌 「………そっか、忘れちゃったか」

曜 「でも言ったよね?」

千歌 「なにが?」

曜 「思い出すためにここに来た、って…」

千歌 「…ほんとは覚えてるんでしょ?」クスッ

曜 「…どうだろうね?」ニコ



ちか『もうかえるじかんだって〜』

よう『えぇ〜!はやいよ〜!』

ちか『またくればいいんだよ!』

よう『でも〜!』

ちか『つぎにここにきたときにはなすことかんがえよう!そうすればすぐだよっ!』

よう『…わかった!』

ちか『じゃあ、つぎにここにきたらなんのおはなししよっか?』

よう『うーん…じゃあすきなひとのはなしっ!』

ちか『す、すきなひとぉ!?』

よう『うんっ!つぎにここにきたときはわたしたちがすきになったひとのはなしをしようっ!』

ちか『う…うんっ!はずかしいけどわかった!』

よう『じゃあわすれないようにやくそくっ!』

ちか『うんっ!』



千歌 「…次に二人でこの海岸に来る時はお互いの好きな人について語り合おうって言ったじゃん」

曜 「…ようやく思い出せたよ」ニコ

千歌 「…うそつきっ!」ニコ

曜 「…そうだね」クスッ

千歌 「ほら、やっぱり」

曜 「…千歌ちゃん」

千歌 「ん?なに、曜ちゃん?」

曜 「…もしかして忘れちゃった?」

千歌 「…え?」

曜 「うそついたら──」ニコ



ちか『うんっ!ゆびきりげんまんうそついたら…えーっと、なににしよっか?』

よう『うーん…あっ!わかった!』

ちか『なに〜?』

よう『ゆびきりげんまんうそついたら──』



曜 「──私が千歌ちゃんにプロポーズする、って」ニコ

千歌 「……るわけない」

曜 「…」

千歌 「……忘れるわけ…ないよ…!」ポロポロ

曜 「…良かった」ニコ

千歌 「もうっ…曜ちゃんのバカっ!ほんとに…ほんとに忘れちゃったかと思ったんだからっ!」

曜 「忘れるわけないよ…だってあの日から私はずっと決めてたんだもん」

曜 「千歌ちゃんにプロポーズしようって」

千歌 「曜ちゃん…」ポロポロ

曜 「だから、千歌ちゃん──」スッ

曜 「──私と結婚してくれますか?」

千歌 「──はいっ、喜んでっ!」ポロポロ

曜 「ありがとう千歌ちゃん…大好きだよ…」ギュッ

千歌 「うんっ…!私もっ…!私も曜ちゃんが大好きっ!」グスッ

曜 「千歌ちゃん…」

千歌 「曜ちゃん…」

静かな空間を漣の音が通り過ぎてゆく。

唇を重ね合わせると微かに漏れる吐息や声が漣の合間を縫って聞こえてくる。

水平線の向こうから私たちを見つめる太陽は赤面しながらゆっくりと顔を伏せていった。


ーー
ーーー

梨子 「うふふ、やっぱり曜ちゃんが王子様な展開が私は好きだなぁ〜」

梨子 「とはいえやっぱり女の子な曜ちゃんも可愛いし萌える…」ハァハァ

梨子 「普段はハイスペックイケイケな曜ちゃんが千歌ちゃんにだけ見せるしおらしい態度に読者は悶絶必死ね」

梨子 「あの二人…やっぱり逸材だわっ!」ギラッ


ーー
ーーー

曜 「…はっ…はっ…!」ダムダム

敵1 (大丈夫…気づかれてない!ここなら…捕れるっ!)サッ

曜 「…!」トゥルルルリリン

曜 「…見えるっ!」クルッ

敵1 「なっ…!」

敵2 「まだよっ!」キュッ

曜 「見えてるよっ!」キュッキュッ

敵2 「くっ…!」

敵1 「ナイスよっ!ブロックに入る」バッ

曜 「…決めてみせるっ!」フワッ

敵1 (なっ…!フェイダウェイっ!)

敵2 (嘘でしょっ!?センターライン超えてないのよっ!?)

曜 「…っ!」ヒュッ

パスッ

ピーッ

モブ1 「やったー!ブザービート!!」

55-54

曜 「ありがとうございました〜!」

曜 「ふぅ…疲れたぁ〜」フキフキ

モブ1 「曜ちゃん、お疲れ様〜」

曜 「うん!ありがと〜!」

モブ2 曜 「にしても曜ちゃんハイスペックだよねぇ〜、競泳選手の癖にバスケもできるし…スポーツ何でも出来ちゃうじゃん!」

曜 「まあ私運動が取り柄みたいなところあるからね〜」アハハ

モブ1 「あれ?曜ちゃんまだ帰らないの?」

曜 「うん、先帰ってていいよ〜」

モブ1 「そっか、じゃあね〜」フリフリ

曜 「ばいばーい」フリフリ

曜 「ふぅ…」ガチャ

千歌 「曜ちゃん!」

曜 「あっ!千歌ちゃんっ!見に来てくれてありがとね!」

千歌 「曜ちゃんカッコよかったよ〜!」

曜 「えへへ…千歌ちゃんに言われると凄く嬉しいな…///」

千歌 「じゃあ帰ろっか!」

曜 「うんっ!」


──バス車内──


千歌 「にしても曜ちゃんほんとにスポーツなんでもできるよね」

曜 「それさっきモブ2ちゃんにも言われたけど、私だってあんまり得意じゃないのあるんだよ?」

千歌 「例えば?」

曜 「卓球はあんまり千歌ちゃんに勝てたことないでしょ?」

千歌 「それは千歌が得意なスポーツだからだよ〜!ほんとに曜ちゃん女の子とは思えない程の運動神経してるよ〜!」

曜 「…そっか」

千歌 「ほんとカッコいいんだもん!千歌にも少しそのカッコよさ分けて欲しいよ〜」

曜 「…あ、あのさ」

千歌 「ん?どうかした?」

曜 「私って…女の子っぽくないかな?」

千歌 「曜ちゃんが?」

曜 「だって…みんな私のことカッコいいとは言ってくれるけど、可愛いとは言ってくれないんだもん…///」モジモジ

千歌 「……可愛いよ、曜ちゃん」ニコ

曜 「っ〜!///」

曜 「…も、もっと言って…///」

千歌 「ふふ…曜ちゃん、可愛いよ」ナデナデ

曜 「千歌ちゃぁん…///」ギュウ

千歌 「いっつも皆の前だとあんなに凛々しいのに私の前ではこんなに女の子なんだもん、可愛いに決まってるじゃん♡」

曜 「………してほしい」

千歌 「えっ?」

曜 「…ひざまくら…してほしい…///」

千歌 「…いいよ、おいで」スッ

曜 「…気持ちいい♡」ムニュ

千歌 「もぉ〜、ほんとに甘えんぼさんなんだから♡」ナデナデ

曜 「えへへ…♡」スリスリ

千歌 「…ふふ」ナデナデ

曜 「…すぅ…すぅ…」スヤスヤ

千歌 「…今日はお疲れ様、私に甘えてくれる曜ちゃんも凛々しい曜ちゃんも大好きだよ♡」チュッ


ーー
ーーー

梨子 「母性に溢れる千歌ちゃん最っ高…」ダラダラ

梨子 「こういうのは家でやりなさいよっ!……でもバスの運転手も悪くなさそうね…免許頑張ろうかしら…?」

梨子 「なによりやっぱり曜ちゃんのギャップでしょ、ギャップに萌えすぎて何回鼻血を垂らしてしまったか分からないわ」

梨子 「千歌ちゃんに可愛いって言ってほしいけどストレートに言えない曜ちゃん最っ高」

梨子 「でもやっぱり言ってほしいからスイッチ入っちゃって求めちゃうところも最っ高」

梨子 「膝枕求めてスリスリする曜ちゃんとそれを撫でる千歌ちゃん…!んぁぁぁぁぁっ!!尊すぎるぅぅぅ!!」ゴロゴロ

梨子 「ふぅ…この二人はとりあえずこんなところかしら?このままじゃキリがないし…」

梨子 「うふふ…次は誰を書こうかしら…?」

桜内先生の同人誌制作はこのようにして行われているのである。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子 「お年玉を貰わない理由なんて決まってるじゃない…♡」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)