>>3「今日こそ>>4に想いを伝えよう」

シェアする

花丸-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 12:43:00.23 ID:bfJJVIlr
μ’sでもAqoursでもどちらでも

元スレ: >>3「今日こそ>>4に想いを伝えよう」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/02/11(日) 12:48:56.12 ID:2G2KpBwp
花丸
13: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 12:52:22.19 ID:9FP9KRiv
从c*•ヮ•§
18: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 12:55:33.14 ID:bfJJVIlr
千歌「どうしたの?急に呼び出して…」

花丸「じつは…おら、千歌ちゃんのことが…」

花丸「>>21
21: 名無しで叶える物語(あら) 2018/02/11(日) 12:59:33.74 ID:A3/RmmsX
苦手
24: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 13:03:20.12 ID:bfJJVIlr
花丸「千歌のこと、苦手ずら…」

千歌「…え?」

花丸「で、でも勘違いしないで!決して嫌いってわけではなくて…」

千歌「そっか…」

花丸「だからなんというか…もっと千歌ちゃんのことを好きになりたくて…だからこうやって本音を話したずら」

千歌「うん、花丸ちゃん、正直に話してくれてありがとう。私は花丸ちゃんのこと…」

千歌「>>27
27: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 13:07:56.26 ID:oHlLsP0r
愛してる
29: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 13:16:24.09 ID:bfJJVIlr
千歌「私は花丸ちゃんのこと…愛してるよ」

花丸「…え?」

千歌「ごめん、でももう抑えきれなくなっちゃって…私はずっと、花丸ちゃんのことが好きだったの…だから…だから…」

花丸「千歌ちゃん…」

千歌「苦手だなんて言わないでよ…」ポロポロ

花丸「千歌ちゃん、おらは…」

千歌「ごめんね…こんなこと言って…じゃあ私、先に練習行ってるから…」ダッ

花丸「千歌ちゃん…」


~練習後~

果南「はい!今日はここまで!」

ルビィ「ふー、疲れたー」

梨子「みんなお疲れさまー」

曜「ちーかちゃん!一緒に帰ろ?」

千歌「えっと…今日は…ごめん、先に帰ってて」

曜「そっか…うん、分かった!またねー!」

千歌「あの…花丸ちゃん」

千歌「>>31
31: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 13:17:49.51 ID:YQbv4q7x
これから私の家に泊まってかない?
32: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 13:28:36.72 ID:bfJJVIlr
千歌「これから私の家に泊まっていかない?」

花丸「…え?千歌の家に?」

千歌「…ああ、別に、無理して来なくてもいいんだよ!?でも、もしよかったら…どうかな?」

花丸「ええと…」

花丸(さっきあんなこと言われたばっかりなのに、泊まりになんて気まずいずら…)

花丸(でも、さっきの泣いてる千歌ちゃんの顔を見ちゃったら…)

花丸(断れないずら…)

花丸「…じゃあ、行こうかな」

千歌「ほんと!?ありがとう!じゃあ一緒にうちまで帰ろう!」


~千歌宅~

花丸「お、おじゃましまーす…」

千歌「どうぞどうぞ、上がってくださいな」

千歌「ここが千歌の部屋だよ」

花丸(なんか…いい匂いがするずら)

千歌「まあ、適当に座ってよ。いまお菓子とか持って来るから」タッタッタッ

花丸「あ、お構いなく…」

花丸「どうしよう、結局来ちゃったずら…」

花丸「でもこれはチャンスかもしれないずら。千歌ちゃんのさっきの言葉の本意を問う、チャンス…」
33: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 13:35:56.79 ID:bfJJVIlr
千歌「おまたせー。はい、お茶どうぞ」

花丸「あ、ありがとう」

花丸「千歌ちゃんは…その、気まずくないの?さっきあんなことになったのに…」

千歌「…そりゃ、気まずいよ。でも、このままってわけにもいかないから、だから今日は花丸ちゃんに泊まってもらったんだ」

千歌「だから今日はお互いにいろいろ話そうね」

花丸「分かったずら」

千歌「でもその前に…」

千歌「>>36
35: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 13:36:58.07 ID:MbzuKPGC
晩ごはんにしよっか
62: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 14:08:13.74 ID:bfJJVIlr
千歌「その前に、晩御飯食べよう!」


~食卓~

花丸「今日はお姉さんたちは?」

千歌「ああ、今日はどっちも出かけてて…だから今夜は二人きりだよ♪」

花丸「そうずらか」

千歌「はい、おまたせ!ご飯できたよ!」

~食後~

花丸「ふー、もうお腹いっぱいずら。ごちそうさま、千歌ちゃん。とっても美味しかったずら♪」

千歌「ふふっ、よかった!」

千歌「じゃあ…>>65
65: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 14:12:44.28 ID:Eps0UQip
お風呂、一緒に入ろう♡
71: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 14:17:51.11 ID:bfJJVIlr
千歌「お風呂、一緒に入ろう?」

花丸「い、一緒に!?」

千歌「だって、花丸ちゃんに私の全てを知ってもらいたくて…ダメかな?」

花丸「うぅ…ええっと…」

花丸「いいずらよ」

千歌「やった♪じゃあ早速入ろう!」


~お風呂~

千歌「あぁ~、あったまるー…」

花丸「そ、そうずらね~…」

花丸(うぅ…今千歌ちゃんと一緒の湯船に浸かってるずら…)

千歌「花丸ちゃん…>>75
75: 名無しで叶える物語(禿) 2018/02/11(日) 14:28:28.09 ID:ER7DqLO4
洗いっこするのだ
76: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 14:35:26.43 ID:bfJJVIlr
千歌「洗いっこするのだ!」

花丸「うん、じゃあまるがまず千歌ちゃんの背中洗うね」

千歌「分かった!お願いしまーす」

花丸「この辺気持ちいいですかー?」ゴシゴシ

千歌「うん!いい感じでーす♪」

花丸(千歌ちゃん…何を考えてるんだろう…)

千歌「じゃあ次は私が花丸ちゃんの背中をゴシゴシするね!」

花丸「うん、お願いするずら」

千歌「どうですかー?」ゴシゴシ

花丸「気持ちいいずらー♪」

千歌「では流しまーす」バシャ-

花丸「ありがとずら、千歌ちゃんっ」

千歌「うん♪花丸ちゃんも!」


~千歌の部屋~

千歌「お風呂気持ちよかったね」

花丸「うん!いい湯だったずら」

千歌「じゃあ、落ち着いたところで…」

花丸(千歌ちゃんの目が真剣になったずら)

千歌「私の…どこが苦手かな?」

花丸「えっと、それは…>>80
80: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 14:38:32.18 ID:Wy04aJZB
馬鹿
81: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 14:40:51.55 ID:bfJJVIlr
花丸「えっと…馬鹿なところ…かな」

千歌「馬鹿なところか…そっか…じゃあ、それ以外は?」

花丸「…>>85
85: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 14:42:50.28 ID:AVNflv8c
マルのこと性的な目で見てるでしょ
87: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 14:49:18.10 ID:bfJJVIlr
千歌「まるのこと性的な目で見てるでしょ?」

千歌「そ、それは…だって、花丸ちゃんのことが好きだから…」

花丸「そ、それは…///」

千歌「…///」

千歌「じゃあ、馬鹿は出来るだけ直すようにする…あと、性的な目で見るのも極力控えるよ…」

千歌「でも、花丸ちゃんのことが好きだっていう気持ちは変わらないから」

花丸「それは…じゃあ、逆に千歌ちゃんはまるのどこが好きなの?」

千歌「それは…>>91
91: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 14:50:49.13 ID:AVNflv8c
顔と体付きが最高♡ハァハァ
92: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 15:00:44.19 ID:bfJJVIlr
千歌「顔と体つきが最高だから…」ハアハア…

花丸「千歌ちゃん…?」

千歌「ごめん花丸ちゃん…私もう我慢できないよ…!」ガシッ

花丸「千歌ちゃん…だ、だめずら…離して…」

千歌「花丸ちゃん…花丸ちゃん…花丸ちゃん!」

花丸「離してって…言ってるずら!」

千歌「きゃっ!?」

花丸「なんでこんなことするの…まるだって…千歌ちゃんのこと好きになろうとしてるのに…うぅ…」

千歌「…花丸ちゃん…ごめんね…反省する…」

花丸「千歌ちゃん…じゃあ…>>96
96: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 15:03:22.05 ID:AVNflv8c
千歌ちゃんでAqoursの処女コンプできるからいいよ
98: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 15:13:50.10 ID:bfJJVIlr
花丸「まあ、千歌ちゃんでAqoursの処女コンプできるからいいけど」

千歌「…え?」

花丸「あーあ、ここまで持ってくるの、大変だったずら」

千歌「花丸ちゃん…?」

花丸「千歌ちゃんがまるのことを好きになるようにわざと色気出したり、今日だってそうずら」

花丸「千歌ちゃんにあえて苦手って言って千歌ちゃんから告白させたり…でもここまでこれたからいいずら」

千歌「な、なにいってるの…?」

花丸「だから、言葉通りの意味ずら。千歌ちゃんとエッチしたらまるはAqours全員に手を出したことになるずら♪」

千歌「そ、そんな…じゃあ、梨子ちゃんや曜ちゃんも…」

花丸「ああ、あの二人ももうとっくに。二人とも美味しかったずら♪」

花丸「さあ、千歌ちゃんもこっちに来るずら」

千歌「い、いや…こないで…!」

花丸「なんでずら?千歌ちゃんもこれを望んでいたはずずら」

千歌「でも…こんなのって…こんなのって…」

千歌「>>102!」
102: 名無しで叶える物語(茸) 2018/02/11(日) 15:21:55.34 ID:AVNflv8c
ご主人様ァ!ハッハッハッ
104: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 15:29:49.27 ID:bfJJVIlr
千歌「ご主人さまぁ!」ハッハッ

花丸「…え?」

千歌「私、こういうの憧れててたんだ…!だから早く私に命令してください!」

花丸「いや、えっと…ごめん、ちょっと引くずら…」

千歌「ああああああそういうのも良いですぅ~!」

花丸「ええ…」

千歌「はやく…はやく命令を…」

花丸「む、無理ずら…これは…」

千歌「…命令だしてくれないの?」

花丸「…え?」

花丸(千歌ちゃんの目が一気に光を失っていくずら…)

千歌「じゃあこっちから行くね…ふふ…ふふふ…」

花丸「ちょ、ちょっと待つずら…ちょっと…」

千歌「覚悟!」

花丸「だ…誰か助けて~!」
105: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/02/11(日) 15:30:22.65 ID:bfJJVIlr
終わりです
こんなss見てくれてありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『>>3「今日こそ>>4に想いを伝えよう」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。