梨子「曜ちゃんのチョコレート」

シェアする

梨子-アイキャッチ2
梨子「美味しい」ペロペロ

曜「んほっ///んほぉぉおおおお!!」ビュルルルルッ

pixiv: 梨子「曜ちゃんのチョコレート」 by 大家

スポンサーリンク

梨子「やぁん♡ビターチョコレートと一緒にホワイトチョコレートまでくれるなんて♡太っちんね♡」レロレロ

曜「それを言うなら太っ腹ぁっ//」

曜(ああ、どうしてこんなことに……)

曜「んぉぉおおぉ……」ビュルッ


────────
──────
───

〜回想〜

曜「梨子ちゃん!おはヨーソロー!」

梨子「おはよう。曜ちゃん」

曜「梨子ちゃん!」

梨子「?なあに?曜ちゃん」

曜「はいこれ。バレンタインであります!」

梨子「あ……ありがとう///」テレッ

曜「えへへ。ホワイトデー楽しみにしてるね」

梨子「もう。気が早いよ」

曜「楽しみにする位いいでしょー」

梨子「そうだけど……」

曜「どうかした?」

梨子「いや……私バレンタイン用意したんだけど、家に忘れちゃって……」

曜「あー……でも今から取りに帰ったら……」

梨子「学校間に合わなくなっちゃう……」ションボリ

曜「じゃあ、学校の帰りに梨子ちゃんのお家に行けばいいね」

梨子「え……いや、いいよ。また今度渡すから」

曜「うーん、だめ!今日行くであります!」

梨子「えぇ……ウーン、来る位ならいいよ……」

曜「よし決まり。一緒にチョコレート食べよ」

梨子「うん……わかった。一応手作りのチョコはあるけど……期待しないでね」

曜「いやいや、梨子ちゃんの手作りチョコ、楽しみであります。むしろそれが楽しみなんだから」ニシシ

梨子「もう!現金なんだから」

曜「だめ?」

梨子「……だめじゃない」ボソッ

曜「よし!じゃあ決まり!放課後は梨子宅へヨーソロー!!」ケイレイ!

梨子「はいはい。じゃあまずは学校で授業ね」

曜「おや、こんな所に睡魔が……」

梨子「ふざけてないで早く行くよ。ほら」ギュッ

曜「仕方ないでありますなぁー」ギュッ

梨子「……♡」スタスタ

曜「……♡」テクテク

果南「……何あれ」

ダイヤ「いつものでしょ。もう慣れたわ」

千歌「今ならブラックコーヒー飲めるかも」


────────
──────
───


〜放課後〜

曜「お邪魔しまーす」

梨子「チョコと飲み物持っていくから、先にお部屋に行っといて」

曜「了解であります!」


曜(梨子ちゃんの部屋。少し久しぶり……かな)

曜(最近は練習も忙しかったし。今日は練習無いし梨子ちゃんとのんびりしようっと)

曜(おや?ピアノの横に何か落ちてる?)

曜(あ……まーた同人誌を買ったんだな……見なかったことにし)

梨子「曜ちゃ……」

曜「あっ」

梨子「……」

曜「……」

梨子「見た?」

曜「まだ見てない」

梨子「見るつもりだったの?」フルエ

曜「いや、見なかったことにしようと思った」

梨子「やっぱり見たのね!!」クワッ

曜「ん?食い違ってる!?読んでないってことだよ!?」

梨子「問答無用!」ガシッ

曜「うぇええ!?!!?」

梨子「悪い曜ちゃんにはお仕置きが必要ね……♡」ニヤッ

曜「い、一体何が始まるんです」

梨子「第三次バレンタイン大戦よ」

曜(意味がわからん)

梨子(意味がわからないわ)

曜「とりあえず離してよ。チョコ食べれないよ……」

梨子「ふふふ……私は食べれるよ♡」

曜「なぜ」

梨子「こうすれば良いのよ!」グルグル

曜「ふぎゃあ!何故縛られるの!?」シバラレ

梨子「ふふふふふ……♡準備するから待っててね♡」

曜(逃げたくても逃げれんわ)


─桜内準備中─

梨子「できたわ」スッ

曜「何ができたかは知らないけどできて欲しくなかった」

梨子「チョコレートフォンデュよ!」バァーン!

曜「思ったよりマトモだった」

梨子「これをつけて食べるの♡」

曜「あ、なんだ。良かった……」


─曜の脳内─

梨子「はい、曜ちゃん。あーん♡」

曜「は、恥ずかしいよ……自分で食べるから解いてよ……」

梨子「だーめ♡」

曜「そんなー……」

梨子「これが曜ちゃんへのバレンタインなの♡受け取って♡」

曜「うぅ……あーん……」

梨子「はい♡」

曜「……美味しい」モッモッ

梨子「良かった♡」


─妄想終わり─


曜「そんな……恥ずかしいよ……自分で食べるから……♡」テレテレ

梨子「じゃあチョコを付けるわね」

梨子「曜ちゃんのおちんちんに♡」

曜「まって」


────────
──────
───


〜回想終わり〜

曜「んんっ///もう無理っ!出ないよぉ……///」ピュ……ピュッ……

梨子「えーそんなぁ……♡」

曜「もう……限界だよぉ……♡」ハァハァ

梨子「もう一回だけ。ね?♡」シコシコ

曜「や、やだ……また勃っちゃう……///」

梨子「曜ちゃんのおちんちんはまだ出したいみたいだよ♡」ジュポジュポ

曜「おほっおおおお……もう舐めない……でぇ……♡」ピクピク

梨子「……♡♡」ジュルルルッジュッポジュッポ

曜「も、もうダメだってばぁ……!♡」ビクビク

梨子「知らなーい♡」ペロペロ

曜「やだっ先っちょ……ぉ♡」

梨子「曜ちゃんここ舐められるの好きだもんね♡いいんだよ♡好きなだけ出して♡好きなだけ舐めてあげるから♡」レロレロ

曜「んゃぁ!もう出ないぃ……!舐めないでぇ……」ハァハァ

梨子「んー……じゃあキスしたらフェラするの、やめてあげる」

曜「する……するから♡」ハァハァ

梨子「曜ちゃん……♡」

曜「梨子ちゃん……♡」

梨子「ちゅ……むっ……」

曜「んん……んむっ……」

梨子「ちゅむ……ちゅぱっ……♡」シコシコ

曜「んむっ!?んんんん!!」ビクビク

梨子「ちゅうううううう♡♡」シコシコシコシコ

曜「んんんっ♡んむっんんんん!!♡♡」ビュルルルルッビュルルルルルルルッ

梨子「ぷはっ……うふふ♡一番出たんじゃない?」

曜「もう……舐めないって言ったのに……♡」ハァハァ

梨子「舐めてはないよ♡手で曜ちゃんのおちんちんをなでなでしてあげただけだよ♡」

曜「もう今日はダメっ///おちんちん触るの禁止っ///」

梨子「はーい」

曜「解いてよぉ……」

梨子「うん」ホドキ

曜「もう。やっと自由だ。じゃあ今度こそ」

梨子「ん?」

曜「バレンタインのチョコ、頂戴」

梨子「覚えてたの……」

曜「そりゃ勿論!それがメインイベントだからね!」

梨子「え、えーと……」

梨子母「梨子?曜ちゃんに渡すチョコ、下に忘れてたわよ」ガチャ

梨子「うわあああああ!」

曜(間一髪でバレなかった……)ホッ

梨子母(なんて思ってるのでしょうね……においでわかるわよ……)

梨子「もう!持ってこないでよお……」

梨子母「何言ってるの。一晩かけて作ったんでしょ。はい」

梨子「はい……」

梨子母「じゃあね。……ごゆっくり……」

梨子「……」

曜「……それ」

梨子「ごめんね曜ちゃん……はいこれ。怒らないでね」

曜「?」シュルッ

曜(箱の中に何が入ってるの……?)パカッ

チョコ『濯ちゃん大好き♡』

曜「……あら。間違えちゃったんだね」

梨子「……ごめんなさい」シュン

曜「いいよ。ありがとう」ナデナデ

梨子「……///」

曜「いただきます」パクッ

梨子「……」ドキドキ

曜「うん。とっても美味しい!流石梨子ちゃん♡」

梨子「ほんと……?えへへ。嬉しい……///」ポッ

曜「さっき私を襲ったのはこれを隠すためだね」

梨子「……///」プイッ

曜「あはは。そんな所も可愛いよ」ナデナデ

梨子「もう!調子に乗らないでよね!///」

曜「梨子ちゃん」ギュッ

梨子「!?」

曜「ホワイトデー……楽しみにしててね……♡」ボソッ

梨子「!?!!?///」キュンキュン

曜「じゃ、また明日ね!ばいばい!」ケイレイ!

梨子「う、うん……///」

オジャマシマシタ-!

梨子(私……どうなっちゃうんだろ……♡)ドキドキ



ザ・エンドってね|c||^.-^||
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「曜ちゃんのチョコレート」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。