受け取ってください

シェアする

千歌-アイキャッチ5
千歌「ふぅ・・・千歌特性!プリンチョコと抹茶チョコの完成なのだ!これでダイヤちゃんも喜んでくれるよね?」

千歌(ダイヤちゃんのために作ったチョコ。初めて作って、あんまり上手に作れなかったけど、千歌の愛情はたっぷり詰まってるのだ!この手紙を一緒に入れて・・・えへへ///明日が楽しみです♪)

千歌「でもどうやって渡そうかな・・・直接は恥ずかしいし・・・」

pixiv: 受け取ってください by バッツ

スポンサーリンク
___

バレンタイン当日。生徒会室。

千歌「失礼しまーす・・・」

千歌(予想通り、この時間はダイヤちゃんがいないね・・・この隙に・・・)

千歌「受け取ってください」

千歌(空っぽの片付けてね☆boxの中に千歌特性のチョコを入れる。ダイヤちゃんなら気づいてくれるよね。直接渡すのが恥ずかしいからこんな卑怯な手を使ってごめんなさい。でもダイヤちゃんの手元に届かないのが一番苦しいからね・・・)

千歌「そろそろダイヤちゃんが来る頃かな・・・ばれないうちに抜けだそう・・・)

___

ダイヤ(さて今日も生徒会の仕事ですわね。ここに来るまでに先生方に仕事を頼まれてしまいました。しかし量が多いですわね・・・。こういときのための片付けてね☆boxですわ。優先して処理すべき仕事をあの中に入れておくことで、効率的に仕事を進めることができます。昨日の時点では空だったはずです。確認はしなくていいですわね)

片付けてね☆box「」パサッ

ダイヤ「さて上から片付けていきましょう・・・」

鞠莉「ダーイヤ!」

果南「お疲れ様。はいこれ」

ダイヤ「これは?」

鞠莉「もう!今日はバレンタインデーよ?」

ダイヤ「そうでしたわね」

果南「それとも最初に受け取るのが私たちだと不満?」

ダイヤ「いえ、そういうわけでは。ありがとうございます」

鞠莉「最初は愛しの千歌っちからが良かったんだよねー?」

ダイヤ「なっ///」

果南「わかりやすいねー」

鞠莉「ダイヤも持ってきたの?」

ダイヤ「ええ、一応は・・・」

果南「どんなチョコ?」

ダイヤ「わたくしはチョコではありませんわ。わたくしらしさを残すために一輪の花と決めているのですわ」

鞠莉「さっすがダイヤね。どんな花?」

ダイヤ「それは秘密ですわ」

果南「ダイヤから渡さないの?」

ダイヤ「・・・その、やっぱり千歌さんから渡して欲しくて///」

果南(かわいい)

鞠莉(かわいい)

果南「早く告白しなよ」

鞠莉「千歌っちもきっと同じ想いよ?」

ダイヤ「と、とにかく!お2人とも、チョコありがとうございます」

果南「感想聞かせてね」

鞠莉「ダイヤもファイトよ!」

___

放課後。

千歌(・・・おかしい。この時間に来てって手紙に書いておいたのに・・・仕事が長引いてるのかな?それとも、ここに来ないのが返事ってこと?)グスン

千歌「もうちょっと待ってみよう・・・」

___

ダイヤ「今日の仕事も全て片付きました。これで片付けてね☆boxも空に・・・あら?何か入ってますわね。これは・・・」

ダイヤ「チョコ・・・ですわね。手紙も入ってますわ」

『今日の放課後、17時にびゅうおに来てください』

ダイヤ「って、もう過ぎてるではありませんか!それにこの字は・・・」

ダイヤ(大切な人を待たせるだなんて・・・わたくしは最低ですわね。急ぎましょう!)

___

びゅうお。

ダイヤ「千歌さん!」

千歌「・・・あっ」グスン

ダイヤ「お待たせして申し訳ありません・・・」

千歌「・・・ごめんね」

ダイヤ「どうして千歌さんが謝るのですか?」

千歌「罰が当たったんだと思った・・・直接渡せない千歌は臆病だから・・・それでダイヤちゃんも来ないのかもって・・・」ポロポロ

ダイヤ「千歌さん・・・」

千歌「言いたいこと・・・どこかに行っちゃった・・・」

ダイヤ「わたくしは待ってます。言いたいことが戻ってきたら、教えてください」

千歌(言いたいことはちゃんとある。でも勇気がどこかに行ったの。せっかく来てくれたのに・・・やっぱり千歌は臆病だ・・・)

ダイヤ「千歌さん。見てください」

千歌「えっ?・・・わぁ・・・綺麗」

千歌(びゅうおの中にいても分かる。ここがライトアップされていて、その美しい姿はまさに沼津の守り神のように神々しい。それにバレンタイン仕様でいつもとは違う輝きだった。ありがとう、勇気でたよ)

千歌「ダイヤちゃん、言いたいこと戻ってきたよ」

ダイヤ「はい・・・」

千歌「ダイヤちゃん、私はダイヤちゃんのことが好きです。付き合ってください」

ダイヤ「千歌さん。わたくしの話も聞いてくださいますか?」

千歌「はい・・・」

ダイヤ「どうか、これを受け取ってください」

千歌(ダイヤちゃんが取り出したのはオレンジ色の花)

ダイヤ「これはパンジーという花です。この花に込められた意味は『私を思ってください』。そしてオレンジ色には『永遠の愛情』という意味があるそうです。わたくしと千歌さんの想いは1つみたいですわね」

千歌「え、じゃあ・・・」

ダイヤ「わたくしもあなたをお慕いしております」

千歌「グスン、うぅ、ダイヤちゃん!」

ダイヤ(告白を推奨する日、そのような世間の流れは昔は好きではありませんでした。ですが、今は感謝します。だって、そうでもしないときっと勇気が出なかったから。バレンタインに感謝します)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『受け取ってください』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。