梨子「新生カップルさん!」果南「いらっしゃ~い♪」

シェアする

梨子-アイキャッチ1
部室

梨子「あっ、よっちゃん来た~♪」

果南「来たね来たね♪」

善子「はっ?今日ギルキスの練習って…」

梨子「そんなのないです♪」

善子「はい?んじゃあ、なんで呼んだのよ!」

梨子「あとは…」

果南「もう来るみたいだよ」

梨子「おっけー♪」

善子「無視すんな!」

pixiv: 梨子「新生カップルさん!」果南「いらっしゃ~い♪」 by 鷹南。

スポンサーリンク

ガララッ

曜「いきなり場所変更なんて、果南ちゃん急…あれ?どういう状況?」

果南「やっほ、曜!」

曜「おはよ…。えっ?練習の打ち合わせだからって話だったよね?果南ちゃん言ったよね!?」

果南「言った!けど、嘘です!ごめんなさい!」

曜「いさぎよい!?」

善子「…」チラッ

曜「…」プイッ

梨子「じゃあ、役者も揃ったことだし始めよっか!」

果南「はいはーい!んしょっと…」スッ

ようよし「えっ…」

梨子「新生カップルさん!」

果南「いらっしゃ~い!」カチッ

~♪

ようよし「…」

梨子「さあ!始まりました!今回は「待て待て待てええええええええい!!!」…もう、なに?」

善子「色々ツッコミたいとこはあるけど…何よ!このふざけた企画は!?」

梨子「だって、曜ちゃんとよっちゃん付き合い始めたでしょ?だいたい1ヶ月前くらいから」

曜「…っ!」ビクッ

善子「なっ、何言ってるのよ!私と曜は…」

梨子「1つ。よっちゃん、曜ちゃんに『善子ちゃん』って言われても怒らなくなった。むしろ『もう!だから、ヨハネだってば~♪』…みたいな態度とって嬉しそう」

果南「梨子似てる~」パチパチ

梨子「えへへ♪」

善子「似てないわ!」

梨子「2つ。練習では隣り合わせ、けど組を作るときは毎日ではなく、ある程度のスパンで組んでる。休憩中はずっと話してるし」

善子「そ、そんなのただの仲良しで話が通るじゃない!勝手に憶測はやめてくれない?」

梨子「じゃあ…」

梨子「バスでさ、私と千歌ちゃんが降りた後どちらからともなく隣に座りに行ってるのは?」

善子「ちょっ…なんでそれ知ってるのよ!?」

梨子「あら?そうだったの?勝手な憶測だったんだけど…」クスッ

善子「カマかけかよおおおおおおお!!!」

梨子「観念なさい♪」

善子「そ、それも仲良しで通じる…」

曜「もういーよ…」グイッ

善子「えっ、でも…」

曜「善子ちゃんはわたしと付き合ってるってバレるの嫌……かな?」

善子「そんな訳ないでしょ!私はいつだって曜が大好きなんだから!!」ギュッ

曜「えへへ、良かった…//」

善子「もう…」クスッ

かなりこ「にゅふふ」ニヤニヤ

善子「はっ!」パッ

曜「あっ…うぅ」シュンッ

善子「あっ、ごめん、曜……って、もーーーう!!」

梨子「良かった、心配ないみたいね?」

果南「だね!ちゃんとお付き合いできてるみたい!」

善子「いったいなんなのよ…」

梨子「心配してたんだよ。二人ともなかなか言ってくれないしさ」

果南「わたしたちだけじゃなく、Aqoursのみんなもね」

曜「みんなにもバレてたんだ…」

梨子「今回のこの企画をしようとしたのも、二人を心配してのことだったんだ。驚かせてごめんね」

果南「曜はわたしの幼馴染みだし、善子も梨子と仲良しだし特にね」

善子「そうだったんだ…」

善子「じゃあ、そのふざけたフリップは片付けていいのよ?」

梨子「そうね。果南ちゃん?」

果南「ほいほい」

ようよし「…」

梨子「……という訳で、トラブルもありましたが!改めて始めたいと思います!」

果南「おー!」

善子「なんでよ!!?」

かなりこ「え?」

善子「え?…じゃないわよ!やるの!?」

かなりこ「やるよ」

善子「心配は無くなったんでしょ?だったら、こんな事しなくていいじゃない!」

梨子「ダメよ。この企画、Aqours恒例行事なんだからね!」

善子「Aqours恒例!?」

果南「ちなみに前回はダイヤと千歌がゲストだったよ」

曜「あの二人付き合ってたんだ…」

梨子「さらにビデオ撮影もしております!」

善子「嘘でしょ!?」

果南「やらなかったら、たぶんダイヤ怒ると思うよ~?」

善子「ぐぬぬっ」

果南「(ダイヤたちの時はダイヤの方がノリノリだったのはウケたけど…)」

曜「…」

曜「わかったよ、やる」

善子「曜!?」

曜「なんだかんだみんなには迷惑かけたみたいだし…。質問に答えるみたいな感じだよね?」

梨子「そうよ♪いくつか質問してお話するだけ!最後にボーナスゲームがあって、景品もあるわ!」

曜「まるっきり某番組のパクリだね…」

果南「そこは目をつぶってよ」

曜「わかった。じゃ、いいんじゃない?」

善子「そうだけどさ……相手わかってる?」

曜「え?果南ちゃんと梨子ちゃんでしょ?」

善子「…」

善子「メンバー全員認知のバカップルよ!?何言ってくるかわからないじゃない!!」

梨子「ば、バカップルなんて、そんな。照れちゃう…//」

果南「いやー、あはは」

善子「褒めてないわよ!!」

曜「わ、わたしたちだって負けないもん!」

善子「張り合ってどうすんのよ!?」

果南「よーっし!じゃあ、仕切り直しだね!」

梨子「はい!」

善子「もーーーーーう!!!」


◆────────◆────────◆


~♪

梨子「という訳で、やっと始まりました!新生カップルさんいらっしゃ~い!」

梨子「司会進行を務めます、果南ちゃん大好き桜内梨子と?」

果南「アシスタントの松浦果南で~す!」

曜「溢れ出る好き好きオーラが半端ないよ…!」

善子「大が付くほどのバカップルね」

梨子「そして、ゲストはこの二人!」

曜「あっ、えっと…善子ちゃん大好き……//」

善子「は、張り合わなくていいから//」カァァ

曜「むぅ……渡辺曜です」

善子「津島善子……えっ、曜?怒ってる?」

曜「ふんっ」プイッ

梨子「思わずよっちゃんも普通に善子って言うくらい気が動転してるみたいね」

果南「だね!じゃあ、進めていこっか!」

梨子「はーい!では、お二人の馴れ初めを教えてください!」

善子「まあ、来るわよね。こんな質問は軽く…」

果南「まあまあ!どんな感じだったの?」

善子「普通よ。話す機会や一緒にいる時も多かったし、徐々にお互いに惹かれ合ったって感じよ!」

梨子「ふむふむ…では、曜ちゃんにも聞いてみましょう」

曜「え、えっと。一目惚れ……です///」カァァ

果南「ほぉーほぉーほぉー!詳しく教えてくれるかなん?」

曜「沼津で一人でお買い物してたら、ファンの子たちに群がられちゃって対応に困ってた時に一喝してくれて…」

曜「ただ怒るんじゃなくて、ファンの子たちに優しく対応を説明したりとかしてさ。わたしは何も言えなかったのに、堂々と振る舞う姿がかっこよくて…//」

梨子「よっちゃん、イケメン…って、よっちゃん?」

善子「(聞いてないんだけど!?曜って、その頃から私を?う、嬉しいけど、これ私の公開処刑でしょ///)」

曜「そこから必死にアピールしていったんだぁ…えへへ♪」

果南「曜、乙女だ~」

曜「は、恥ずかしい…//」

梨子「最初から素晴らしい話が聞けたわね!」

梨子「じゃあ、次の質問!」

梨子「告白はどんな感じだったのかしら?どっちからだとか、場所とかさ…曜ちゃん?」

善子「な、なんで私に聞かないのよ!」

梨子「だって聞いてもごまかすでしょ?」

善子「うっ」

曜「え、えっと…バス停。告白は……わたしから//」

果南「ふむふむ、聞こうじゃない」

曜「バスに二人きりになってから、沼津に着く前にって考えてたら、どんどん迫って来ちゃって…」

曜「それで咄嗟に停車ボタン押して、無理矢理善子ちゃんと一緒に降りて…そ、それで、告白……///」

善子「/////」カァァ

曜「な、情けないけど泣いちゃってさ。でも、必死で大好きって伝えて。そしたら、善子ちゃんが優しく抱き締めてくれて……OK貰いました」

梨子「良いわね良いわね良いわねぇ!」

果南「羨ましいぞぉ、善子ー!」

善子「ヨハネッ!!!///」

曜「それでもうバスも来ないから、二人で歩いてお家まで帰ったんだ~。こ、恋人繋ぎというのを初めてしながら…幸せな時間だったであります…//」

果南「ちなみに手を繋ごうと言ったのは…?」

曜「……………………善子ちゃん//」

かなりこ「やるうううううううう!!!」

善子「うっっっさいわ、バカァ!!!///」

梨子「ただのヘタレだと思ってたわ。ごめんね、よっちゃん」

果南「本当だよ…。あとヘタレだと思ってごめん、善子」

善子「同じこと繰り返すな!どんだけヘタレだと思われてんだよ、私は!?」

曜「ギュッて力入れたら、ギュッて握り返してくれて…//」

かなりこ「ひゅーひゅーっ!!」

善子「う、うにゃああああああああ!!!///」

梨子「このテンションのまま最後の質問よ!」

梨子「ズバり!……せーのっ」

かなりこ「ファーストキスは!?」

曜「//////」カァァ

善子「梨子おおおおおおおおおおお!!!」

梨子「久しぶりに普通に呼ばれたわね」

善子「さすがにこれは言わなくていいでしょ?」

果南「でも、ダイヤたちもしっかり言ったよ?確か、ダイヤたちは…」

善子「良いわよ!//説明しなくていいから!!///」

梨子「まあ、ここは曜ちゃんに聞くのがいいでしょ」

善子「曜!ダメよ!恥ずかしいだけじゃない!」

曜「は、恥ずかしいけど…千歌ちゃんたちも言ったんだよね?」

梨子「ええ。キュンッてする良いお話だったわ」

曜「た、たぶんわたしと善子ちゃんのが……良いよ?//」

果南「お~?自信ありげじゃん!」

曜「思い出すだけで、特別だったなーって。胸がきゅーって締め付けられるような、だけど嫌じゃない。ポカポカするような気持ちになるんだ…//」

梨子「うわぁ…良いわね!教えてくれる?」

善子「だ、ダメ!さすがに恥ずかし過ぎ……ぐっ!?」

果南「はい、落ち着こうね~♪」ギュー

善子「曜、ダメぇぇぇーーーーー!!!///」

曜「……んと、付き合い始めて二週間くらいだったかな」

梨子「となると、結構最近ね!」

曜「いつも通り帰りのバスでみんないなくなって、隣同士に座って。何も言わなくても手を繋いで、特に会話もなくて。ガタガタッてバスが揺れるのに身を任せて…」

曜「それがすごく嬉しくて楽しくて。そしたら、善子ちゃんが夕焼けが綺麗って言うからそっちを向いた瞬間に……///」

果南「やるねー」ツンツン

善子「///」プシュー

曜「わたし、いきなりだったから訳わからなくなっちゃって、大声出しそうになって……そしたら、善子ちゃんがわたしの唇に指を置いて…」


善子『これであなたと私の契約は完了したわ。あなたと私の想いがたくさん詰まった場所だから、この契約は永遠だからね?』


曜「…って///」

かなりこ「…」

善子「な、何よ!文句ある!?」

かなりこ「ふぅ…」

かなりこ「堕天使だわぁ…」

善子「ほ、褒めてる?それ褒めてるの!?」

果南「うわぁ…梨子とのファーストキス思い出しちゃった」

梨子「甘酸っぱい思い出ね…。良い!」

善子「熟年夫婦かッ!!」

梨子「熟年夫婦なんて、そんな…。もう、バカよっちゃん!//」

果南「さすがに照れるかなん//」

善子「何言ってもダメだこの二人」

梨子「曜ちゃんがよっちゃんに堕天しちゃうのもよくわかるわ!」

曜「えへへ…//」

曜「改めて、言っておくね?」

曜「善子ちゃん、大好き…♡」

善子「うっ…//」

果南「ほら?善子は?」

善子「わ、私も曜のことが大好き…です///」

梨子「はい!思った以上にあまあまなカップルで、私もきゅんきゅんしちゃいました!」

果南「お二人ともありがとー!!」

かなりこ「末永くお幸せに!」

曜「…」チラッ

善子「ふふっ」ニコッ

ようよし「はい!」


おしまい


おまけ

善子「そういえばボーナスゲームって?」

梨子「はい、くじ引き」

曜「そこは普通なんだね…」

果南「この中には入ってるボールに書かれてある番号が景品になるよ!」

梨子「さあ、引いて」

善子「待ってよ!景品教えなさいよ!」

果南「みかんかサザエか旅館かホテルか」

善子「なんかここらへんでなんとか出来そうじゃない!」

梨子「まあまあ」スッ

曜「じゃあ、わたしが引くね。んしょっ…」

果南「何番?」

曜「2番」

梨子「おー!ホテル!ホテルよ!」

善子「これやらせじゃないわよね?」

梨子「という訳で淡島ホテル、カップル特別チケットを進呈でーす!」

善子「明らかな身内」

曜「まあいいじゃん!鞠莉ちゃんとこすごいし、一度泊まってみたかったんだ!」

善子「ならいいけど…」

果南「曜!曜!」

曜「なーに?」

果南「……防音、バッチリらしいよ?」ボソッ

曜「へっ//」

果南「頑張りな♪」

善子「ちょっと!曜に何言ったのよ!」

曜「よ、善子ちゃんと……うんっ//」

善子「よ、曜?」

梨子「という訳で!」

果南「解散ッ!」


おしまいヨーソロー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「新生カップルさん!」果南「いらっしゃ~い♪」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)